fbpx
トップ タグ コット

タグ: コット

備災&キャンプに!簡易ベッド「コット」5種、実際に買って徹底検証!

キャンプでの就寝時に熟睡できると人気のアウトドア用ベッドである「コット」。 主にアルミポール・フレームに身体を横たえるためのシートとなる布地を張ったシンプルな構造で、地面から数センチ〜数十センチほど浮いた状態で寝ることができ、耐荷重性に優れたものが大半であるため体重がそれなりあるかたでも快適な睡眠を得られます。 また自宅での来客時の簡易ベッドやオフィスでの仮眠用などにも使え、災害発生時にやむを得ず地面や床に寝ることになった場合にも活用できるので、「寝るためのアイテム」として1つ持っておくととても重宝します。『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。米国では毎年のように、大型のハリケーンや竜巻による被害が出ており、大規模災害時には「メガ・シェルター」と呼ばれる数千人を収容できる避難所が開設され、避難者のための生活空間や医療サービスが提供されます。 日本でも震災などの大規模災害時に各地の学校の体育館や公民館などが避難所として開放されますが、就寝環境としては基本的に床での「ざこ寝」です。 しかし米国では、このように大量の「コット」が用意され、避難者が床で寝ないで済むような施策を取る避難所もあります。 このように備災・防災用としても、キャンプなどのアウトドアでも、日常使いでも活用できるのがコットの便利な点です。 (上記画像出典:KERA NEWS より)オススメするには実際に試してみないと説得力がありませんよね。というわけで、実際に複数のコットを購入してみました。すべて編集部スタッフがキャンプで使っています。 さて、今回検証したコットは次の5種類。ITOITO-STYLE編集部の独断と偏見によって、目的別のオススメ順に並べてみました。 このまま読み進めていただいても構いませんが、気になるコットがあれば、下記の青色のリンクから個別のレビューを直接ご覧ください。 (各レビュー記事は次ページ以降となります)■キャンプに最適、軽量で持ち運びやすく組み立てやすい順(女性や子供でも簡単に組立可能) ① Qualz 「2WAYライトビームコット」 ② Helinox 「ライトコット」 ③ Desert Walker 「折りたたみ式キャンピングベッド」 ④ Helinox 「タクティカルコット・コンバーチブル」 ⑤ LOGOS 「FDコットDX」   ■自宅やオフィスでの簡易ベッドに最適な順(据え置き向きで収納しやすく丈夫であること) ① Qualz 「2WAYライトビームコット」 ② LOGOS 「FDコットDX」 ③ Helinox 「タクティカルコット・コンバーチブル」 ④ Helinox 「ライトコット」 ⑤ Desert Walker 「折りたたみ式キャンピングベッド」   ■とにかく価格重視派にはリーズナブルな価格順(価格は記事執筆時のものが基準) ① Desert Walker 「折りたたみ式キャンピングベッド」:約1万円弱 ② LOGOS 「FDコットDX」:約12,000円 ③ Qualz 「2WAYライトビームコット」:約14,000円弱 ④ Helinox 「ライトコット」:約31,000円 ⑤ Helinox 「タクティカルコット・コンバーチブル」:約42,000円■キャンプに最適、軽量で持ち運びやすく組み立てやすい順(女性や子供でも簡単に組立可能) ① Qualz 「2WAYライトビームコット」 ② Helinox 「ライトコット」 ③ Desert...