最新情報

山梨でM4.0、石川加賀で2連続、茨城・種子島でも小規模な地震(2021/10/22〜10/23)

2021/10/22〜10/23にかけて山梨富士五湖周辺でM4.0、石川加賀で2連続、茨城・種子島でも小規模な地震が発生。 それぞれを時系列で列挙すると次の通りです(記事公開時点までの最新順)JTNDc3R5bGUlM0V0YWJsZS50YWJsZS1lcWRhdGFzJTIwdGglN0J0ZXh0LWFsaWduJTNBY2VudGVyJTNCJTdELmNlbnRlclBvaW50JTdCdGV4dC1hbGlnbiUzQWxlZnQlM0IlN0QlM0MlMkZzdHlsZSUzRSUzQ3RhYmxlJTIwY2xhc3MlM0QlMjJ0YWJsZSUyMHRhYmxlLWVxZGF0YXMlMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMnRleHQtYWxpZ24lM0FjZW50ZXIlM0IlMjIlM0UlM0N0aGVhZCUzRSUzQ3RyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJiYWNrZ3JvdW5kLWNvbG9yJTNBJTIzZGRkJTNCJTIyJTNFJTNDdGglM0UlRTclOTklQkElRTclOTQlOUYlRTYlOTclQTUlRTYlOTklODIlM0MlMkZ0aCUzRSUzQ3RoJTNFJUU5JTlDJTg3JUU2JUJBJTkwJTNDJTJGdGglM0UlM0N0aCUzRSVFOSU5QyU4NyVFNSVCQSVBNiUzQyUyRnRoJTNFJTNDdGglM0UlRTglQTYlOEYlRTYlQTglQTElM0MlMkZ0aCUzRSUzQ3RoJTNFJUU2JUI3JUIxJUUzJTgxJTk1JTNDJTJGdGglM0UlM0N0aCUzRSVFNSU4QyU5NyVFNyVCNyVBRiUyQyUyMCVFNiU5RCVCMSVFNyVCNSU4QyUzQyUyRnRoJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlM0MlMkZ0aGVhZCUzRSUzQ3Rib2R5JTNFJTBBJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUyMGNsYXNzJTNEJTIyZGF0ZVRpbWVPY2N1cnJlbmNlJTIyJTNFMjAyMSUyRjEwJTJGMjMlMjAxOSUzQTUwJUU5JUEwJTgzJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUyMGNsYXNzJTNEJTIyY2VudGVyUG9pbnQlMjIlM0UlRTclOUYlQjMlRTUlQjclOUQlRTclOUMlOEMlRTUlOEElQTAlRTglQjMlODAlRTUlOUMlQjAlRTYlOTYlQjklM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwY2xhc3MlM0QlMjJtYXhTZWlzbWljSW50ZW5zaXR5JTIyJTNFMSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlMjBjbGFzcyUzRCUyMm1hZ25pdHVkZSUyMiUzRU0yLjglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwY2xhc3MlM0QlMjJkZXB0aCUyMiUzRSVFNyVCNCU4NDEwa20lM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwY2xhc3MlM0QlMjJsYXRMb25nJTIyJTNFMzYuNyUyQyUyMDEzNi43JTNDJTJGdGQlM0UlM0MlMkZ0ciUzRSUwQSUzQ3RyJTNFJTNDdGQlMjBjbGFzcyUzRCUyMmRhdGVUaW1lT2NjdXJyZW5jZSUyMiUzRTIwMjElMkYxMCUyRjIzJTIwMTUlM0E1MCVFOSVBMCU4MyUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlMjBjbGFzcyUzRCUyMmNlbnRlclBvaW50JTIyJTNFJUU1JUIxJUIxJUU2JUEyJUE4JUU3JTlDJThDJUU2JTlEJUIxJUU5JTgzJUE4JUUzJTgzJUJCJUU1JUFGJThDJUU1JUEzJUFCJUU0JUJBJTk0JUU2JUI5JTk2JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUyMGNsYXNzJTNEJTIybWF4U2Vpc21pY0ludGVuc2l0eSUyMiUzRTIlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwY2xhc3MlM0QlMjJtYWduaXR1ZGUlMjIlM0VNNC4wJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUyMGNsYXNzJTNEJTIyZGVwdGglMjIlM0UlRTclQjQlODQyMGttJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUyMGNsYXNzJTNEJTIybGF0TG9uZyUyMiUzRTM1LjUlMkMlMjAxMzguOSUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlMEElM0N0ciUzRSUzQ3RkJTIwY2xhc3MlM0QlMjJkYXRlVGltZU9jY3VycmVuY2UlMjIlM0UyMDIxJTJGMTAlMkYyMyUyMDA4JTNBMjMlRTklQTAlODMlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwY2xhc3MlM0QlMjJjZW50ZXJQb2ludCUyMiUzRSVFNyVBOCVBRSVFNSVBRCU5MCVFNSVCMyVCNiVFOCVCRiU5MSVFNiVCNSVCNyUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlMjBjbGFzcyUzRCUyMm1heFNlaXNtaWNJbnRlbnNpdHklMjIlM0UyJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUyMGNsYXNzJTNEJTIybWFnbml0dWRlJTIyJTNFTTIuOCUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlMjBjbGFzcyUzRCUyMmRlcHRoJTIyJTNFJUU3JUI0JTg0MTBrbSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlMjBjbGFzcyUzRCUyMmxhdExvbmclMjIlM0UzMC41JTJDJTIwMTMwLjklM0MlMkZ0ZCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTBBJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUyMGNsYXNzJTNEJTIyZGF0ZVRpbWVPY2N1cnJlbmNlJTIyJTNFMjAyMSUyRjEwJTJGMjIlMjAyMSUzQTUxJUU5JUEwJTgzJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUyMGNsYXNzJTNEJTIyY2VudGVyUG9pbnQlMjIlM0UlRTclOUYlQjMlRTUlQjclOUQlRTclOUMlOEMlRTUlOEElQTAlRTglQjMlODAlRTUlOUMlQjAlRTYlOTYlQjklM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwY2xhc3MlM0QlMjJtYXhTZWlzbWljSW50ZW5zaXR5JTIyJTNFMiUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlMjBjbGFzcyUzRCUyMm1hZ25pdHVkZSUyMiUzRU0zLjMlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwY2xhc3MlM0QlMjJkZXB0aCUyMiUzRSVFNyVCNCU4NDIwa20lM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwY2xhc3MlM0QlMjJsYXRMb25nJTIyJTNFMzYuNyUyQyUyMDEzNi43JTNDJTJGdGQlM0UlM0MlMkZ0ciUzRSUwQSUzQ3RyJTNFJTNDdGQlMjBjbGFzcyUzRCUyMmRhdGVUaW1lT2NjdXJyZW5jZSUyMiUzRTIwMjElMkYxMCUyRjIyJTIwMTElM0EzOSVFOSVBMCU4MyUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlMjBjbGFzcyUzRCUyMmNlbnRlclBvaW50JTIyJTNFJUU4JThDJUE4JUU1JTlGJThFJUU3JTlDJThDJUU1JThDJTk3JUU5JTgzJUE4JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUyMGNsYXNzJTNEJTIybWF4U2Vpc21pY0ludGVuc2l0eSUyMiUzRTElM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwY2xhc3MlM0QlMjJtYWduaXR1ZGUlMjIlM0VNMy4yJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUyMGNsYXNzJTNEJTIyZGVwdGglMjIlM0UlRTclQjQlODQxMGttJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUyMGNsYXNzJTNEJTIybGF0TG9uZyUyMiUzRTM2LjglMkMlMjAxNDAuNiUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlMEElM0MlMkZ0Ym9keSUzRSUzQyUyRnRhYmxlJTNF石川県では最近能登地方での地震の発生頻度が高めですが、今回は加賀地方です。そして今回の注目は山梨県東部。   山梨県に被害を及ぼす地震は、主に相模トラフ・駿河トラフと南海トラフ沿いで発生する海溝型巨大地震と陸域の浅い場所で発生する地震です。歴史的資料からは、県内陸域の浅い場所で発生した地震で顕著な被害が発生したものは知られていません。相模トラフ付近(プレート境界)で発生した過去の巨大地震としては、1923年の関東大震災を引き起こした関東地震(大正関東地震)、1703年の元禄関東地震があります。1923年の関東地震はM7.9、1703年の元禄関東地震はM8.2。いずれも大きな被害を出す巨大地震でしたが、大正関東地震では山梨県東部が震度6となり、県内では死者20名と多数の家屋全壊などの被害が発生しました。   南海トラフ沿いで1854年に発生した安政東海地震では山梨県内の大半が震度6相当の揺れとなり、特に甲府では町屋の70%・鰍沢(現在の富士川町)では住家の90%が潰れる被害が出たとされています。1944年には東南海地震(M7.9)が発生し、山梨県内では家屋の全半壊する被害が生じています。また「南海トラフ巨大地震 + 富士山の噴火」という一見あり得なさそうな現象は、江戸時代中期の1707年に実際に起きています。宝永地震からの宝永大噴火です。   宝永地震では南海トラフのほぼ全域に渡ってプレート間の断層破裂が発生、山梨県内では富士川あたりを中心に大規模な土砂災害が発生しました。そして宝永地震の49日後から富士山は大規模な噴火を開始。約2週間のあいだ噴火が続きました。   今後、ふたたび南海トラフ巨大地震が発生した際には富士山の再噴火も十分有りえます。決して荒唐無稽な話でないことは、東日本大震災の大津波や原発事故などを見れば明らかです。   想定震源域内で大規模地震や地殻変動など異常な現象が観測された場合には、気象庁より『南海トラフ地震臨時情報』が発表されることになっています。その場合は即座に避難行動に移る必要があります。避難先や経路、家族の集合場所などは事前に各家庭で決めておく必要があります。あああああ

東海道沖でM5.8の異常震域を伴う深発地震発生(2021/10/21)

2021/10/21は東海道沖でM5.8の異常震域を伴う深発地震と、山口東部と宮城沖でも小規模な地震が発生。 それぞれを時系列で列挙すると次の通りです(記事公開時点までの最新順)JTNDc3R5bGUlM0V0YWJsZS50YWJsZS1lcWRhdGFzJTIwdGglN0J0ZXh0LWFsaWduJTNBY2VudGVyJTNCJTdELmNlbnRlclBvaW50JTdCdGV4dC1hbGlnbiUzQWxlZnQlM0IlN0QlM0MlMkZzdHlsZSUzRSUzQ3RhYmxlJTIwY2xhc3MlM0QlMjJ0YWJsZSUyMHRhYmxlLWVxZGF0YXMlMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMnRleHQtYWxpZ24lM0FjZW50ZXIlM0IlMjIlM0UlM0N0aGVhZCUzRSUzQ3RyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJiYWNrZ3JvdW5kLWNvbG9yJTNBJTIzZGRkJTNCJTIyJTNFJTNDdGglM0UlRTclOTklQkElRTclOTQlOUYlRTYlOTclQTUlRTYlOTklODIlM0MlMkZ0aCUzRSUzQ3RoJTNFJUU5JTlDJTg3JUU2JUJBJTkwJTNDJTJGdGglM0UlM0N0aCUzRSVFOSU5QyU4NyVFNSVCQSVBNiUzQyUyRnRoJTNFJTNDdGglM0UlRTglQTYlOEYlRTYlQTglQTElM0MlMkZ0aCUzRSUzQ3RoJTNFJUU2JUI3JUIxJUUzJTgxJTk1JTNDJTJGdGglM0UlM0N0aCUzRSVFNSU4QyU5NyVFNyVCNyVBRiUyQyUyMCVFNiU5RCVCMSVFNyVCNSU4QyUzQyUyRnRoJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlM0MlMkZ0aGVhZCUzRSUzQ3Rib2R5JTNFJTBBJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUyMGNsYXNzJTNEJTIyZGF0ZVRpbWVPY2N1cnJlbmNlJTIyJTNFMjAyMSUyRjEwJTJGMjElMjAxNyUzQTM3JUU5JUEwJTgzJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUyMGNsYXNzJTNEJTIyY2VudGVyUG9pbnQlMjIlM0UlRTYlOUQlQjElRTYlQjUlQjclRTklODElOTMlRTUlOEQlOTclRTYlOTYlQjklRTYlQjIlOTYlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwY2xhc3MlM0QlMjJtYXhTZWlzbWljSW50ZW5zaXR5JTIyJTNFMyUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlMjBjbGFzcyUzRCUyMm1hZ25pdHVkZSUyMiUzRU0lM0NzcGFuJTIwc3R5bGUlM0QlMjJjb2xvciUzQSUyM2YwMCUzQiUyMiUzRTUuOCUzQyUyRnNwYW4lM0UlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwY2xhc3MlM0QlMjJkZXB0aCUyMiUzRSUzQ3NwYW4lMjBzdHlsZSUzRCUyMmNvbG9yJTNBJTIzZjAwJTNCJTIyJTNFJUU3JUI0JTg0Mzgwa20lM0MlMkZzcGFuJTNFJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUyMGNsYXNzJTNEJTIybGF0TG9uZyUyMiUzRTMyLjElMkMlMjAxMzguNSUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlMEElM0N0ciUzRSUzQ3RkJTIwY2xhc3MlM0QlMjJkYXRlVGltZU9jY3VycmVuY2UlMjIlM0UyMDIxJTJGMTAlMkYyMSUyMDE2JTNBNDQlRTklQTAlODMlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwY2xhc3MlM0QlMjJjZW50ZXJQb2ludCUyMiUzRSVFNSVBRSVBRSVFNSU5RiU4RSVFNyU5QyU4QyVFNiVCMiU5NiUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlMjBjbGFzcyUzRCUyMm1heFNlaXNtaWNJbnRlbnNpdHklMjIlM0UyJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUyMGNsYXNzJTNEJTIybWFnbml0dWRlJTIyJTNFTTMuNyUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlMjBjbGFzcyUzRCUyMmRlcHRoJTIyJTNFJUU3JUI0JTg0NTBrbSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlMjBjbGFzcyUzRCUyMmxhdExvbmclMjIlM0UzOC45JTJDJTIwMTQyLjAlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTBBJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUyMGNsYXNzJTNEJTIyZGF0ZVRpbWVPY2N1cnJlbmNlJTIyJTNFMjAyMSUyRjEwJTJGMjElMjAxMSUzQTI5JUU5JUEwJTgzJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUyMGNsYXNzJTNEJTIyY2VudGVyUG9pbnQlMjIlM0UlRTUlQjElQjElRTUlOEYlQTMlRTclOUMlOEMlRTYlOUQlQjElRTklODMlQTglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwY2xhc3MlM0QlMjJtYXhTZWlzbWljSW50ZW5zaXR5JTIyJTNFMSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlMjBjbGFzcyUzRCUyMm1hZ25pdHVkZSUyMiUzRU0zLjQlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwY2xhc3MlM0QlMjJkZXB0aCUyMiUzRSVFNyVCNCU4NDEwa20lM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwY2xhc3MlM0QlMjJsYXRMb25nJTIyJTNFMzQuMyUyQyUyMDEzMi4wJTNDJTJGdGQlM0UlM0MlMkZ0ciUzRSUwQSUzQyUyRnRib2R5JTNFJTNDJTJGdGFibGUlM0UlMEE=今回の注目は東海道南方沖での異常震域を伴った深発地震です。このあたりでは 9/14 にもM6.2・最大震度3を観測し、今回同様に震源から遠く離れた場所で揺れを観測しました。   深発地震は震源の深さが深い地震ではありますが、明確な定義はされていません。おおむね深さ60kmまでの地震を浅発地震、60kmから200kmまでの地震を稍(やや)深発地震、200km以深で発生する地震を深発地震と位置づけています。この深発地震が起きた際には、震源から遠く離れた場所で大きな揺れを観測する「異常震域」が発生することがあります。異常震域とは、地盤の状態やプレート構造等により震源地より遠方で震度が高くなる震度分布・現象です。   「異常震域」は震源の深さが深い「深発地震」で起きる傾向があるようで、海洋プレートがマントル内に沈んでスラブ(地球の地殻とマントル最上部の固い岩盤を併せた部分)となる過程で、深さが数百km付近まで沈んだところで熱や圧力により構造などが変化した時に発生すると考えられています。   深発地震も異常震域も決して稀有な現象ではないので、必要以上に不安を感じる必要はありません。   これを機会として備災・防災用品の確認や備蓄品の消費期限のチェックと補充などをおこなっておきましょう。また、緊急時の家族の連絡手段や集合場所の選定なども。イザというときにはネットやスマホが使えなくなるものです。公衆電話が自宅周辺のどこにあるのか、また公衆電話と伝言ダイヤルサービスの使い方なども把握しておくと良いでしょう。【トカラ列島近海】 2021/10/21 23:18頃, 震度1, M2.8, 深さ30km, 北緯29.3度, 東経129.0度 【茨城県北部】 2021/10/21 22:55頃, 震度1, M2.9, 深さ10km, 北緯36.8度, 東経140.6度

秋冬キャンプにオススメの記事!

最近の地震・噴火・災害情報

必読!災害や感染症に備えよう

首都直下地震や南海トラフ巨大地震だけではない、これから日本が直面する大災害に備える

2020年は阪神淡路大震災から25年、そして東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)から9年の月日が流れました。被災地での復興はまだまだ掛かります。東日本大震災は「1000年に一度」と言われますが、それはM9級の地震が起きると言う意味での1000年に一度。 改めて今後30年内では、M7〜M8クラスの地震の発生が想定されています。   【今後30年内の発生が想定されている地震】 ① 南海トラフ巨大地震 ② 首都直下型地震 ③ 北海道沖地震 ④ 東北〜関東の日本海溝沿いで起きるM7〜8の地震画像出典:Wikipedia 想定震源域では数十年前から起きると言われ続けて未だに起きていない、巨大地震。周期性と連動性が特徴です。特に東海地方にお住まいの方々は、人によっては子供の頃から幾度もの防災訓練を経験されてきたかたも多いのではないでしょうか。   南海トラフ沿いで発生する地震はフィリピン海プレートとユーラシアプレート(アムールプレート)の境界で発生し、フレート自体は年間6.5cm程度で動いています。巨大地震はおよそ90〜150年程度の周期で発生し、東海地震・東南海地震・南海地震の震源域が毎回数時間から数年の期間をおいて、あるいは時間を置かずに3つの地震が同時かつ連動していることが定説となっています。   地震研究の最前線では、南海トラフ巨大地震の発生の可能性が高まるのは、一説には2030年代からという見方が出ています(特に2030年代後半〜2040年代にかけて)。画像出典:Wikipedia 「南関東直下地震」とも言われ、関東地方の南部(神奈川県・東京都・千葉県・埼玉県・茨城県南部)で歴史的に繰り返し発生するM7クラスの巨大地震。相模トラフから北側をも含めた関東地方南部では、M7クラスの地震が平均して数十年に1度程度の割合で発生しています。   上の図は、首都直下型地震のモデルになっている1855年の江戸で起きた「安政江戸地震」での被害状況を伝える絵。M7クラスで死者は1万人とされています。千島海溝に沿って発生が想定されるM8.8規模の巨大地震。想定震源域は十勝沖〜根室沖にかけて300km以上の広範囲に及び、今後30年内の発生確率は最大40%ですが「切迫性が高い」という評価です。   北海道根室沖を中心とする地震に関しては、発生間隔がおよそ340〜380年周期となっていますが、前回の発生からはすでに400年以上が経過しており、いつ起きてもおかしくないとされています。関東〜東北の太平洋側は今後も大地震発生確率が高いエリアで、日本海溝に沿って北は青森県東方沖から南は房総半島沖にかけての広範囲で、M7〜8クラスの大地震が今後30年内に起きる確率が90%以上とされています。   ・M9クラス:東日本大震災のような超巨大地震の発生確率は「0%」 ・M7.9程度:沿岸が高い津波に襲われる・宮城県沖で20%、青森・岩手で5〜30% ・M7.0〜M7.5:青森・岩手沖で90%以上、宮城沖で90%、茨城沖で80%   いずれも「どの場所でいつ起きる」という精度の高い予測は難しく、海溝型地震よりも内陸部の断層型地震のほうが予測困難です。過去に起きた大地震として、熊本地震・大阪府北部地震・北海道胆振東部地震などは内陸部の断層型地震で、予測の範囲外だったと言えます。画像出典:Hi-net自動処理震源マップ 日本列島は太平洋プレート・北米プレート・ユーラシアプレート・フィリピン海プレートの4枚のプレートが重なり合う場所に存在します。プレート自体は地球上に16枚あるとされ、そのうちの1/4の境界が日本の下に集中していることになります。   また、世界で起きる地震の約10〜15%が日本周辺で発生しており、M6以上に限れば20%が日本で発生。人体で感じる有感地震は年に1,100回以上発生し、人体で感じないものまで含めれば1日に数百回起きています。   日本列島は太平洋の周囲を取り巻く火山帯である「環太平洋火山帯」に含まれますが、この環太平洋火山帯に沿って、ほぼ毎日大きな地震は発生しています。発生した場所がたまたま日本で地震の規模が大きかった場合に、大きな被害が発生することになります。画像出典:Wikipedia:平成26年8月豪雨による広島市の土砂災害 日本で生活する上では、大地震だけを考えるわけにはいきません。   ・台風被害 ・豪雨災害 ・火山噴火   などの自然災害も多く、近年は特に台風や大雨による土砂災害なども頻発するようになってきました。併せて、各地での火山活動も活発化する傾向にあるため、地震災害と同様に備えていく必要があります。   ネット上でもよく「○月○日までにどこそこで大地震が起きる」という噂話しが流れることがありますが、科学的にはそのような詳細な時期を指定しての発生予測は不可能というのが現状の結論です。そのような話しに一喜一憂せず、日頃からの備えが何よりも重要です。画像出典:Wikipedia: 「東日本大震災」から、宮城県東松島市の指定避難所を襲った津波の犠牲者 近年の自然災害は事前の予測が困難であったり、発災後は被害が大規模化する傾向にあります。災害対策の基本は「自助」ですが、平成30年版の防災白書によれば大地震に対する備えとして「特に何もしていない」という方々が約10%も存在します。   大きな災害が起きたら避難所へ行けばなんとかなる・救急車や消防車を呼べばいい、警察や自衛隊が何とかしてくれる考えてしまうかもしれませんが、災害の規模が大きければ大きいほど、初動での公的な助けは来ないと考えておくべきでしょう。   救急消防への電話が殺到しても、救急隊や消防隊の対応には限りがあります。南海トラフ巨大地震レベルになれば、自衛隊ですら助けに来られない場所も多数発生するでしょう。   例えば熊本地震では「九州は地震安全地帯」という認識のもと、地震に対する備えをしていなかった方々が避難所へ多数詰めかけましたが、水食料の配給が追いつかず、オニギリ1個を得るために2時間も並ぶというケースがありました。   より大規模な災害ともなれば、水も食料も無い状態で救援を待つ間に病死や餓死といったケースが実際に発生する可能性もあります。『いざその時』がやってきた場合、備えの有無でその後の被災生活の内容や質は大きく変わります。そして自助があって初めて共助が成り立ちます。   極限状況に陥った場合、備えをしていた人たちの中だけで共助がおこなわれ、備えをしていなかった人は何も無い状況下での生活を余儀なくされる場面も実際に出てくるでしょう。   「喉元過ぎれば熱さを忘れる」とは言いますが、日頃からの情報収集と備えが生死を分けることになります。「まだいいや」で済まさず、明日起きても対応できるように、備えだけはしておきましょう。

突然の災害やパンデミックに対する「家庭備蓄」できてますか?

私たちの生活は電気・ガス・上下水道などの社会インフラや日々の買い物をするための商店・物流サービスなど、様々な便利なモノで成り立っています。しかもそれは空気のように「当たり前に存在する」ものとして、普段は便利という意識すらしないでしょう。   しかし現代社会は意外と脆弱(ぜいじゃく)です。震災や豪雨災害によって、電気・ガス・水道などの生活インフラが止まり、それまでの快適な生活から一転して不便な生活を余儀なくされる場合があることはご存知のとおりです。   また新たに懸念されているのは、新型インフルエンザや新型コロナウイルスという感染症のパンデミック。特に2020年初から、中国の武漢を「震源地」とする新型コロナウイルスが世界的に拡散しており、日本国内でも死者と多数の感染者を確認する状況となっています。   特に新型コロナウイルスによる爆発的な感染が拡大している中国では、各地で交通規制や外出制限が実施される事態となっています。 (外務省・海外安全ホームページ「中国における新型コロナウイルスに関する注意喚起(その10)」)   日本国内においても災害時に備えるだけでなく、すでに「新型インフルエンザ」のパンデミックを想定して感染を避けるために不要不急の外出をしないという前提において、食料備蓄ガイドが農林水産省から公開されています。JTNDc3R5bGUlM0UlMEEudV9tdGJfMCUyMCU3Qm1hcmdpbiUzQTBweCUyMGF1dG8lMjAlMjFpbXBvcnRhbnQlM0IlN0QlMEEudV9wZGdfTDQwJTIwJTdCcGFkZGluZy1sZWZ0JTNBJTIwNDBweCUyMCUyMWltcG9ydGFudCUzQiU3RCUwQSUzQyUyRnN0eWxlJTNF 新型インフルエンザに備えた家庭用食料品備蓄ガイド 災害時に備えた食品ストックガイド 要配慮者のための災害時に備えた食品ストックガイド こうした備蓄は、もし新型コロナウイルスによる国内感染が多発した際にも感染リスクを小さくして自分自身と家族の生活を守るためにはとても重要です。 備蓄はそのまま、災害時に備えるためにも活用できます。2010年あたりからの状況で見ても、日本は東日本大震災をはじめとして多くの大地震や豪雨災害などに見舞われてきました。   いくつかの震災と豪雨災害において電気・ガス・水道のインフラが受けた被害状況と復旧までの期間を見てみましょう。期間はさまざまですが、かなり長期間にわたって使えなくなる場合があります。災害による被害が大きいほどそれは顕著であり、同時に交通網の麻痺や寸断・道路の破壊などによって物流が止まり、買い物すらできない状況となります。特に、最初の数日〜1週間は水・食料が入手困難となるため、備蓄がないと健康や生命に影響が出る可能性があります。 そして、平成29年(2017年)11月に内閣府がおこなった「防災に関する世論調査」の結果が公開されています。   これによれば、「大地震が起こった場合に備えて食料や飲料水、日用品などを準備している」人の割合は、まだ 45.7% しかありません。つまり、災害に対する備蓄をおこなっている方々は国民の半数にも満たないことになります。画像出典:内閣府「防災に関する世論調査」 さらには、同調査で「特に何もしていない」と答えた人の割合も 10.4% あるのです。   つまり大災害が起きた場合、水も食料も備えていないために被災生活が困窮したり最悪の場合は健康や生命に危険が及ぶ可能性のある人たちが、全国民の1割もいることになります。昔から「備えあれば憂いなし」「転ばぬ先の杖」などと言いますが、備蓄を日常生活の一部に取り入れておくことは、自然災害大国である日本に住む以上は必須事項と言えます。まずは「自助」です。災害やパンデミックが起きた場合、自助ができている人たちの間でこそ「共助」が成り立ちます。   自治体や政府・国などの公的機関による「公助」は、災害の規模が大きくなるほど初動に遅れが生じます。阪神淡路大震災では、各地で生じた火災なども消火が間に合わない・消防車が来ないという状況が大量に発生しました。東日本大震災や豪雨災害による河川決壊による水害などを思い起こしても明らかですが、大規模災害時では公助機能が限界に達しやすいのです。   しかし倒壊した家屋からの救出が地域住民の手によっておこなわれたり、備えていた人々が自主的に被災生活を乗り切るためにみずから考え行動したり、助け合ったりしたことも事実。 『公助が機能し始めるまでの間を、自助と共助で乗り切る』 という考え方が重要になってきます。まず備蓄の基本は「水と食料」です。備蓄の入門編とも言えます。 基本的に何を備えておけばよいか、というのは農林水産省が公開している資料にも明記されています。まずはこれを基準として備えてみましょう。   しかし、本格的に備えるにはこれでは不十分です。感染症対策としての備蓄は、電気・ガス・水道が停止しない前提です。災害時に備える場合、これらのインフラも停止する前提で備えなければなりません。   災害時を想定して「最低限、これだけは用意しておくべき備蓄品」は次の通りです。 ① 飲料水と水汲み容器 ② 食料:保存食と備蓄可能な野菜類 ③ 簡易トイレ・トイレットペーパー・防臭袋 ④ ウェットティッシュ・除菌用アルコール・ゴミ袋 ⑤ LEDヘッドライトやランタン ⑥ ポータブルラジオ ⑦ カセットコンロ・カセットガスボンベ ⑧ モバイルバッテリー・ポータブル電源 ⑨ 軍手や使い捨てのビニール手袋 ⑩ 毛布類やその代わりになるもの ⑪ 新生児や要介護者がいる場合は紙オムツ、女性の場合は衛生用品 ⑫ 救急セットと常備薬 これらの備蓄品に関しては次の記事でそれぞれ詳しくご紹介していますので、ぜひ「何も無い平時に」早めの備蓄をおこなっておきましょう。   次の写真は、編集部スタッフが実際に備えている備蓄品の中から食料品と燃料のごく一部です。水・食料に加えて各種燃料に簡易トイレ・消耗品や電源類など、電気・ガス・水道が停止し、孤立しても最低2週間は支援無しでもなんとか生活できることを想定し、様々な備蓄を実践しています。   いままで備蓄を意識していなかった場合、新たに日常生活の中に備蓄とローテーション消費を加えていくのは不慣れなことも多いですが、シンプルに考えれば「日常生活に必要なものが、常に一定期間ぶんストックされている」というだけのことです。   初期は備蓄がつねに目につく場所にあるようにして、毎月賞味期限をチェックして期限が来たら消費する、ということを意識付けるようにすれば期限が切れる前に対応できますし、慣れてしまえば家の中の複数箇所に分散してストックしても巧くローテーション消費できるようになります。   まだ備蓄をされてない場合は、まず始めてみましょう。すでに備蓄されている場合は、過不足をチェックして最適化を。

【防災士監修】繰り返される自然災害や感染症拡大。「次」に対応する備蓄と装備を!

1995年(平成7年)1月17日の早朝、5時46分52秒。兵庫県沖の明石海峡を震源としてM7.3・最大震度7の大規模な地震「兵庫県南部地震」が発生しました。この地震によって引き起こされた災害が『阪神淡路大震災』です。   近畿地方を中心に6,434人もの人命が失われ、3名の行方不明者、負傷者は43,792人とされ、被害総額は約10兆円という巨大災害となりました。   当時は現在のように高速なインターネットではなく、もちろんスマホもありませんでした。当然、TwitterもLINEもfacebookもinstagramも存在していません。   国内のインターネットはようやく商用や個人利用が始まったばかりの頃で、スマホや携帯電話ではない「固定電話回線」を使った「パソコン通信ネットワーク」と呼ばれるインターネットとは別のものを利用し、電子掲示板サービスなどを使って被災情報などの交換がおこなわれました。   2020年は阪神淡路大震災から26年、あの日から四半世紀。   この26年の間にも日本では地震をはじめとするいくつもの大きな自然災害が繰り返し発生し、そのつど多くの人命が再び失われていきました。新潟県中越(沖)地震、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)、熊本地震、大阪府北部地震、北海道胆振東部地震 ...   そしてこの先の30年内にも、首都直下型地震や南海トラフ巨大地震など、複数の大規模災害の発生が予想されています。2019/09/08〜09/09には台風15号が首都圏を直撃、特に千葉県を中心に大規模な停電が発生。台風通過時〜直後にはおよそ80万戸を超える停電となり、千葉県内では君津市で大型の送電線の鉄塔が2基倒壊。   停電に関しては9/11の19時で40万軒、9/13の朝9時でも20万軒を超える規模で電力が復旧していないと言う、深刻な状況となっています。   併せてインターネット回線も不通となったためスマホやテレビなどが使えない状況となり、ポータブルラジオなどを備えていた方々以外は支援に関する情報の入手が困難となってしまいました。   そして思い出されるのが2018/09/06に発生した「北海道胆振東部地震」。日本海を北上した「台風21号」が地震発生前日に北海道付近を通過、その影響で停電発生。特に道内全域で停電するブラックアウトが発生し、1951年の北海道電力創設以来、初の大規模停電となりました。『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。2020年初から中国の武漢を「震源地」とする新型コロナウイルスが現在進行系で世界規模の感染拡大中となっており、2021/01/17午前時点での全世界の感染者数は約9413万人・死者数は約201万人。感染力の高い変異種の拡大も始まっており、日本国内でも変異種の感染者が確認されています。   2021/01/08には国内二度目の「緊急事態宣言」が発出されました。 まずは東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県の1都3県で2021/01/08〜02/07まで、 栃木県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県でも01/14〜02/07となっています。   しかしながら2021/01/16までの国内における感染状況は拡大の一途をたどっており、収束する気配は感じられません。すでに経済的な影響も深刻化しつつあり、中小規模や個人経営の飲食業を中心とするサービス業の閉店や廃業だけでなく、大手飲食チェーンなどでも不採算店舗の閉店や従業員解雇なども相次いでいることと、さらには周辺産業への影響も出ています。   状況はもはや「パンデミックに起因する経済災害」と言える状況です。そして、もしこの状況下で震災級の大きな地震が発生したら、状況の深刻さは想像を絶することになる可能性が高くなるでしょう。 過去の震災例を顧みても発災後の初動時の避難所は混乱し、開放された各地の体育館などでは避難者が家族ごとに仕切られることもない「密な雑魚寝」の状態になりました。コロナ禍の状況であれば避難所でクラスターが発生する可能性が高くなるのは間違いありません。   自宅が無事であれば、まずは「在宅避難」を優先すべきです。ここでは大震災を例に取り、発災直後にほぼ必ず起きる状況と、次の大地震に備えて最低限、備蓄しておくべき物資をご紹介します。   ITOITO-STYLE編集部には日本防災士機構認定の防災士が在籍しており、東日本大震災における自身の生活困窮の経験のもとづいて実際に実践しているものばかりです。   なお、備蓄品の調達は大地震が起きてからでは遅いのです。何も無い平時に調達しておきましょう。2018年に発生した「北海道胆振東部地震(ほっかいどういぶりとうぶじしん)」の発生は、2016年の熊本地震からたったの2年です。   これまで北海道で想定されてきた大地震は、千島海溝でのプレート移動に起因する海溝型のM8〜9クラスの巨大地震でした。しかし、北海道胆振東部地震の震源はそこではなく、やや内陸部の北海道胆振地方で断層型のものでした。画像出典:Wikipedia: by Mikenorton プレート移動による海溝型の地震は将来必ず起きると言っていいと思いますが、やっかいなのはこの断層型です。   日本国内には確認されている活断層は約2000箇所ありますが、未知の断層帯(隠れ断層帯)に関してはその倍の約4000箇所が存在すると言われています。   すでに「将来の発生確率がゼロ%」とされた箇所でも大きな地震が起きていることや、海溝型である南海トラフ巨大地震の発生予測に関してもすでに現実は「科学的に高確度な予測は困難」という結論が出ており、次の大震災がいつ・どこで起きるかを議論するのは、一般庶民レベルでは大きな意味を持たないと言えるかもしれません。   であれば、備えるのみです。   ここでは大地震直後にほぼ必ず起きる状況と、次の大地震に備えて最低限、備蓄しておくべき物資をご紹介します。   ITOITO-STYLE編集部には日本防災士機構認定の防災士が在籍しており、東日本大震災における自身の生活困窮の経験のもとづいて実際に実践しているものばかりです。   なお、備蓄品の調達は大地震が起きてからでは遅いのです。何も無い平時に調達しておきましょう。発災直後は、次のような状況が高確率で現実化します。 ① 停電(電気が止まる) ② 断水(水道が止まる) ③ 都市ガスの供給停止 ④ 物流が止まりお店から商品がなくなる ⑤ ガソリンや灯油などの燃料が入手困難に ⑥ 住居などの建物の破損や倒壊 ⑦ 交通網の麻痺 ⑧ 震災の場合は地盤の液状化で泥(泥水)が路上に出てくる ① 停電(電気が止まる) 震災直後は停電が発生し、場合によっては復旧まで数日を要し、復旧しても節電を余儀なくされる状況がしばらく続くことになります。 特にオール電化住宅などでは電気が復旧するまでの間、IH方式の調理器具なども使えなくなります。 ② 断水(水道が止まる) 上水道の送水設備の停止や敷設された水道管の破損などにより、水道が使えなくなります。 キッチンやバスルームなどで水が出なくなり、水洗トイレや洗濯機も使用不可能となります。 ③ 都市ガスの供給停止 都市ガスを利用している家庭や事業所・店舗などではガスを使った調理器具や給湯機器・暖房設備などが使えなくなります。 大きな災害時は、まずガスの元栓を忘れずに閉めましょう。 ④ 物流が止まりお店から商品がなくなる 過去の震災事例でも100%発生している状況です。 地震の発生直後から人々が店舗に殺到し、飲料水や食料・各種消耗品などが短時間で売り切れになります。買い占めなども起きます。 そして、その後は数日〜1週間程度は商品の補充も困難となります。 ⑤ ガソリンや灯油などの燃料が入手困難に ガソリンスタンドへのガソリンの定期供給が一時的に途絶えるため、スタンドへの沿道ではガソリンを求める車で行列ができます。 石油ストーブの燃料となる灯油もガソリンスタンドで供給されることが多いですが、こちらも在庫限りの状況となります。 ⑥ 住居などの建物の破損や倒壊 各地で建物の破損・全半壊・倒壊などの状況が発生します。 特に、住宅の裏が崖や山である場所などでは、地震の影響で崩れた土砂によって住宅が飲み込まれるケースが発生します。 2019年の台風15号では暴風により千葉県内の送電線の大型の鉄塔が2基、倒壊する事態となりました。 ⑦ 交通網の麻痺 道路の陥没や地割れ、崖崩れなどによって通行不能となる道路がいくつも生じます。停電により信号機なども停止します。 鉄道路線も、線路の歪みや曲がり・軌道上の敷石の流失や設備破損により場合によっては長期間の運行停止となります。 空の便も空港設備や滑走路の破損などによって運行停止となります。 ⑧ 震災の場合は地盤の液状化で泥(泥水)が路上に出てくる 震災と呼べる規模の地震が起きた際は、沿岸部の埋立地や河川沿いの低地・地下水の豊富な地質の周辺では地盤の液状化が発生し、土や砂を多く含む泥水が地表に噴出します。 噴出が収まった後には水分を多く含む泥が堆積し、復旧作業や通行の障害となることが多くあります。上記のような状況になったとしても、個人や家庭で事前にやれる対策はいくつもあり、また個人レベルでは対応不可能はものも当然あります。   順不同となりますが、次の順番に解説します。 A. そもそも個人では対応不可能なもの:⑦〜⑧ B. 条件付きである程度の備えが可能なもの:⑤〜⑥ C. 個人や家庭で備えが可能なもの:①〜④⑦ 交通網の麻痺 ⑧...

備災・防災にも役立つキャンプのノウハウ

簡易トイレ特集:災害時だけでなくキャンプ・野営・長距離ドライブにも!

『備災メシ』...備蓄食材で作る極旨飯。アウトドアでも簡単調理!

今おすすめの記事!

2018/11/20付で京都大学防災研究所を含む国際研究チームから少し気になる発表が出ました。 「2017年メキシコ沖巨大地震がプレート全体を破壊したことを解明」 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2018/181001_3.html 本記事は、京都大学防災研究所を含む国際研究チームによる発表資料を参考に、ITOITO-STYLE編集部で独自に構成したものです。ここで中米の太平洋側を震源とする過去の地震で「M7.0を超えるもの」をいくつかピックアップしてみます。 2018年02月17日 08時40分頃, メキシコ、オアハカ州, M7.2 2017年09月20日 03時14分頃, メキシコ中部, M7.1 2017年09月08日 13時49分頃, メキシコ、チアパス州沖, M8.2 2016年11月25日 03時44分頃, 中央アメリカ沖, M7.2 2014年10月14日 12時52分頃, 中央アメリカ沖, M7.4 2014年07月07日 20時24分頃, メキシコ、チアパス州沿岸, M7.1 2014年04月18日 23時27分頃, メキシコ、ゲレロ州, M7.2 2012年11月08日 01時36分頃, メキシコ、チアパス州沿岸, M7.4 2012年09月05日 23時42分頃, コスタリカ, M7.6 2012年08月27日 13時37分頃, 中央アメリカ沖, M7.3 研究に該当する巨大地震は2017年09月08日の13時49分頃に、メキシコ・チアパス州沖で発生したM8.2のものです。ここで破壊されたプレートはココスプレートという比較的小さなもので、メキシコはこの「ココスプレート」と「カリブプレート」がぶつかり合う場所に位置しています。 特にココスプレートは太平洋側にあり環太平洋火山帯に属するプレートで、海側は太平洋プレートの下に沈み込み、陸側はメキシコ南部の大陸地殻(カリブプレート)の下に沈み込みながら「中央アメリカ海溝」を形成しています。この中央アメリカ海溝・ココスプレート・カリブプレート・北米プレートの境界では大きな地震が多く起きていることで知られています。 ココスプレートは数千万年後あたりには完全に北アメリカプレートの下に沈み込むと考えられてきましたが、2017年の巨大地震でプレート全体が破壊されたとなると、そうした想定も変わってくる可能性があります。このM8.2の巨大地震のすぐ後である2017年09月20日の03時14分頃(現地時間:2017年9月19日 13時14分頃)にもメキシコ中部でM7.1の大地震が起きています。 この9月20日という日は、遡ること32年前にもメキシコで大地震が発生した日ということもあり、午前中から各地で大規模な防災訓練・追悼式などが行われていたところを襲った地震となり、この日の防災訓練が午後には現実のものとなってしまったのです。画像出典:CNN『メキシコシティでの地震後、崩壊した建物から瓦礫を取り除く人々』 「メキシコ中部地震」と呼ばれるこの大地震では首都メキシコシティなどを含めて20以上の建物が崩壊し、死者361人・負傷者4,683人という大きな被害を出しています。 この地震の時、日本からも「国際緊急援助隊」が派遣されています。日本政府は地震が発生したその日のうちに隊と救助チームの派遣を決定し、翌21日の午後には成田から出発しました。メキシコを含む中米周辺も日本と同じ環太平洋火山帯に含まれるため、文字通りの「対岸の火事」ではありません。 もし、北海道沖で千島海溝を形成する太平洋プレートの沈み込み面や、南海トラフに沈み込むフィリピン海プレートの沈み込み面で大規模なプレート破壊が起きたらどうなるのか。 房総沖には太平洋プレート・北米プレート・フィリピン海プレートが接するプレート境界があり、近年その付近で長さが300kmと160kmの長大な断層帯が発見されています。 いずれの場所で海溝型地震が起きても、M8〜M9クラスの巨大地震となる可能性が指摘されています。 またあまり報じられませんが、依然として地震が頻発している房総沖〜青森県東方沖での日本海溝でも同様の現象が起きたらどうなるのか(東北〜北関東の太平洋側では地殻の隆起が続いています)。現代の科学技術ではこれらの巨大地震について、発生の想定はできていても「いつ起きるのか」という重要な点については確度の高い予測は困難という状況があります。 「その日」への備えについては、個人・家庭・地域や自治体・国レベルで、それぞれにできることとできないことがあります。 東日本大震災を超えるような巨大地震となった場合は警察・消防だけでなく自衛隊ですら十分に機能できなくなり、国の政治や経済に関しても大きなダメージを受ける可能性もあります。 おそらく十年前くらいであれば、「そのような話しは荒唐無稽で現実的ではなく、オカルトやSF、ハリウッドの災害パニック映画の中だけのフィクションだ」という認識を多くの方々が持っていたはずですが、東日本大震災でのあの津波被害と原発事故を経験してしまった今、もはや絵空事ではなくなってしまいました。その日・その瞬間が来てしまった場合は「まずは生き残ること」を念頭においた行動を。 生き残れた人々がまずは自助活動をおこない、そうした人々が集まって互助・共助をおこうコミュニティを作ることが重要になります。そこから「生き抜く」という活動が改めてスタートすることになるはずです。 だからといって、今から個人レベルでできることは限られています。まずは1週間分の生活物資の備蓄から。 次に、公共の電気ガスの無い生活を体験する「普通のキャンプ」を(一般的なキャンプ場であれば、水道とトイレはだいたいあります)。普通のキャンプに慣れたら、いよいよ「備災キャンプ」を。飲料水・生活用水と簡易トイレまで自前で用意して、個人や家族で「孤立した生活」を楽しみながら体験するものです。 備蓄食糧や備災(防災)用品は、揃えて収納して安心するものではありません。消費ペースや道具の使い方などは日頃から慣れておく必要があります。 地域や企業で実施される防災訓練は必要なものではありますが、やはり啓蒙的かつ形式的なものになってきていますし何より楽しいものではありません。 楽しみながら大きな災害に備える・乗り越えるノウハウと知恵を個人レベルで身につけるという点では、キャンプは最適な活動と言えます。 すでにキャンプを楽しんでおられるかたは、ぜひ次に「備災キャンプ」を。キャンプは未体験という方は、ぜひ時期を見てキャンプデビューしてみてください。 (ITOITO-STYLE編集部のスタッフは、冬でも万全の体制でキャンプに行っております)

最新の「備災」記事から

容量622Whポータブル電源『miLIn』+100Wソーラパネル徹底レビュー![PR]

震災や台風などの自然災害による停電時やアウトドアシーンで大活躍の「ポータブル電源」。近年では家電量販店に特設コーナーができるほど、認知度とユーザー数が急増中です。特に最近では、折りたたみ式で携行可能なソーラーパネルと組み合わせて「電力を自分で作って使う」という取り組みも。   今回は miLIn Life さんから実用的ポータブル電源の新製品『miLIn ポータブル電源 622Wh』をご提供いただいての徹底レビューです。【miLIn Life 公式サイト "miLIn ポータブル電源" 製品ページ】 https://w78976.wixsite.com/milin 【miLIn Life 公式Makuakeプロジェクト】 https://www.makuake.com/project/milin/ 【miLIn Life 公式Facebook】 https://www.facebook.com/Milinjp-106278168092486 【miLIn Life 公式Twitter】 【miLIn Life 公式Instagram】 https://www.instagram.com/milinlife2021/   そして今回もいつも通り、ITOITO-STYLEの製品レビュー・ポリシー『徹底的なユーザー目線』によって、忖度なしのメリット・デメリットあわせてしっかりとレビューしていきます。 『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。 目次 ・次の災害が発生する前に備えよう ・大地震だけではない、毎年起きる「台風・大雨による停電」 ・停電対策の最適解は「ポータブル電源 + 折りたたみ式ソーラーパネル」 ・実用容量622Wh!「miLIn ポータブル電源」 ・どう使う? miLInポータブル電源 + 純正ソーラーパネル ・複数の充電方法と、急速充電対応 ・実際にさまざまな家電製品を動かす ・災害時、避難所で手持ちのポータブル電源を個人的に使えるか? ・備考とメリット&デメリット ・まとめ画像出典:Wikipedia「東日本大震災」2011/3/11に発生した東日本大震災は「1000年に1度の巨大地震」と言われ、発生時点において日本周辺における観測史上最大の地震となりました。「1000年に1度だから、今後はそれほど心配せずとも大丈夫?」と思われるかもしれませんが、それは「M9.0・最大震度7の巨大地震」としての目安です。   あの震災以降の10年間に日本で観測された大地震として「最大震度6強以上」のものを見てみましょう。JTNDc3R5bGUlM0V0YWJsZS50YWJsZS1lcWRhdGFzJTIwdGglN0J0ZXh0LWFsaWduJTNBY2VudGVyJTNCJTdEJTNDJTJGc3R5bGUlM0UlM0NoNSUzRSVFMyU4MCU5MCVFNiU5RCVCMSVFNiU5NyVBNSVFNiU5QyVBQyVFNSVBNCVBNyVFOSU5QyU4NyVFNyU4MSVCRCVFNCVCQiVBNSVFOSU5OSU4RCVFMyU4MSVBNyVFNyU5OSVCQSVFNyU5NCU5RiVFMyU4MSU5NyVFMyU4MSU5RiVFNiU5QyU4MCVFNSVBNCVBNyVFOSU5QyU4NyVFNSVCQSVBNjYlRTUlQkMlQjclRTQlQkIlQTUlRTQlQjglOEElRTMlODElQUUlRTUlOUMlQjAlRTklOUMlODclRTMlODAlOTElM0MlMkZoNSUzRSUzQ3RhYmxlJTIwY2xhc3MlM0QlMjJ0YWJsZSUyMHRhYmxlLWVxZGF0YXMlMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMnRleHQtYWxpZ24lM0FjZW50ZXIlM0IlMjIlM0UlM0N0aGVhZCUzRSUzQ3RyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJiYWNrZ3JvdW5kLWNvbG9yJTNBJTIzZGRkJTNCJTIyJTNFJTNDdGglM0UlRTclOTklQkElRTclOTQlOUYlRTYlOTclQTUlRTYlOTklODIlM0MlMkZ0aCUzRSUzQ3RoJTNFJUU5JTlDJTg3JUU2JUJBJTkwJTNDJTJGdGglM0UlM0N0aCUzRSVFNiU5QyU4MCVFNSVBNCVBNyVFOSU5QyU4NyVFNSVCQSVBNiUzQyUyRnRoJTNFJTNDdGglM0UlRTMlODMlOUUlRTMlODIlQjAlRTMlODMlOEIlRTMlODMlODElRTMlODMlQTUlRTMlODMlQkMlRTMlODMlODklM0MlMkZ0aCUzRSUzQ3RoJTNFJUU2JUI3JUIxJUUzJTgxJTk1JTNDJTJGdGglM0UlM0N0aCUzRSVFNSU4QyU5NyVFNyVCNyVBRiUyQyUyMCVFNiU5RCVCMSVFNyVCNSU4QyUzQyUyRnRoJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlM0MlMkZ0aGVhZCUzRSUzQ3Rib2R5JTNFJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRTIwMjElMkYwMiUyRjEzJTIwMjMlM0EwOCVFOSVBMCU4MyUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlMjBzdHlsZSUzRCUyMnRleHQtYWxpZ24lM0FsZWZ0JTNCJTIyJTNFJUU3JUE2JThGJUU1JUIzJUI2JUU3JTlDJThDJUU2JUIyJTk2JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSUzQ3NwYW4lMjBzdHlsZSUzRCUyMmNvbG9yJTNBJTIzZjAwJTNCJTIyJTNFNiVFNSVCQyVCNyUzQyUyRnNwYW4lM0UlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJTNDc3BhbiUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjNmMDAlM0IlMjIlM0U3LjMlM0MlMkZzcGFuJTNFJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSUzQ3NwYW4lMjBzdHlsZSUzRCUyMmNvbG9yJTNBJTIzMDBmJTNCJTIyJTNFJUU3JUI0JTg0NjBrbSUzQyUyRnNwYW4lM0UlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFMzcuNyUyQyUyMDE0MS43JTNDJTJGdGQlM0UlM0MlMkZ0ciUzRSUzQ3RyJTNFJTNDdGQlM0UyMDE5JTJGMDYlMkYxOCUyMDIyJTNBMjIlRTklQTAlODMlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwc3R5bGUlM0QlMjJ0ZXh0LWFsaWduJTNBbGVmdCUzQiUyMiUzRSVFNSVCMSVCMSVFNSVCRCVBMiVFNyU5QyU4QyVFNiVCMiU5NiUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlM0NzcGFuJTIwc3R5bGUlM0QlMjJjb2xvciUzQSUyM2YwMCUzQiUyMiUzRTYlRTUlQkMlQjclM0MlMkZzcGFuJTNFJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSUzQ3NwYW4lMjBzdHlsZSUzRCUyMmNvbG9yJTNBJTIzZjAwJTNCJTIyJTNFNi43JTNDJTJGc3BhbiUzRSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTclQjQlODQxMGttJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRTM4LjYlMkMlMjAxMzkuNSUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlM0N0ciUzRSUzQ3RkJTNFMjAxOCUyRjA5JTJGMDYlMjAwMyUzQTA4JUU5JUEwJTgzJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUyMHN0eWxlJTNEJTIydGV4dC1hbGlnbiUzQWxlZnQlM0IlMjIlM0UlRTglODMlODYlRTYlOEMlQUYlRTUlOUMlQjAlRTYlOTYlQjklRTQlQjglQUQlRTYlOUQlQjElRTklODMlQTglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJTNDc3BhbiUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjNmMDAlM0IlMjIlM0U3JTNDJTJGc3BhbiUzRSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlM0NzcGFuJTIwc3R5bGUlM0QlMjJjb2xvciUzQSUyM2YwMCUzQiUyMiUzRTYuNyUzQyUyRnNwYW4lM0UlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU3JUI0JTg0NDBrbSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0U0Mi43JTJDJTIwMTQyLjAlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRTIwMTYlMkYwNCUyRjE2JTIwMDMlM0E1NSVFOSVBMCU4MyUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlMjBzdHlsZSUzRCUyMnRleHQtYWxpZ24lM0FsZWZ0JTNCJTIyJTNFJUU3JTg2JThBJUU2JTlDJUFDJUU3JTlDJThDJUU5JTk4JUJGJUU4JTk4JTg3JUU1JTlDJUIwJUU2JTk2JUI5JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSUzQ3NwYW4lMjBzdHlsZSUzRCUyMmNvbG9yJTNBJTIzZjAwJTNCJTIyJTNFNiVFNSVCQyVCNyUzQyUyRnNwYW4lM0UlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJTNDc3BhbiUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjNmMDAlM0IlMjIlM0U1LjglM0MlMkZzcGFuJTNFJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNyVCNCU4NDEwa20lM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFMzMuMCUyQyUyMDEzMS4yJTNDJTJGdGQlM0UlM0MlMkZ0ciUzRSUzQ3RyJTNFJTNDdGQlM0UyMDE2JTJGMDQlMkYxNiUyMDAxJTNBMjUlRTklQTAlODMlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwc3R5bGUlM0QlMjJ0ZXh0LWFsaWduJTNBbGVmdCUzQiUyMiUzRSVFNyU4NiU4QSVFNiU5QyVBQyVFNyU5QyU4QyVFNyU4NiU4QSVFNiU5QyVBQyVFNSU5QyVCMCVFNiU5NiVCOSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlM0NzcGFuJTIwc3R5bGUlM0QlMjJjb2xvciUzQSUyM2YwMCUzQiUyMiUzRTclM0MlMkZzcGFuJTNFJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSUzQ3NwYW4lMjBzdHlsZSUzRCUyMmNvbG9yJTNBJTIzZjAwJTNCJTIyJTNFNy4zJTNDJTJGc3BhbiUzRSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTclQjQlODQxMGttJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRTMyLjglMkMlMjAxMzAuOCUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlM0N0ciUzRSUzQ3RkJTNFMjAxNiUyRjA0JTJGMTUlMjAwMCUzQTAzJUU5JUEwJTgzJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUyMHN0eWxlJTNEJTIydGV4dC1hbGlnbiUzQWxlZnQlM0IlMjIlM0UlRTclODYlOEElRTYlOUMlQUMlRTclOUMlOEMlRTclODYlOEElRTYlOUMlQUMlRTUlOUMlQjAlRTYlOTYlQjklM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJTNDc3BhbiUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjNmMDAlM0IlMjIlM0U2JUU1JUJDJUI3JTNDJTJGc3BhbiUzRSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlM0NzcGFuJTIwc3R5bGUlM0QlMjJjb2xvciUzQSUyM2YwMCUzQiUyMiUzRTYuNCUzQyUyRnNwYW4lM0UlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU3JUI0JTg0MTBrbSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UzMi43JTJDJTIwMTMwLjglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRTIwMTYlMkYwNCUyRjE0JTIwMjElM0EyNiVFOSVBMCU4MyUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlMjBzdHlsZSUzRCUyMnRleHQtYWxpZ24lM0FsZWZ0JTNCJTIyJTNFJUU3JTg2JThBJUU2JTlDJUFDJUU3JTlDJThDJUU3JTg2JThBJUU2JTlDJUFDJUU1JTlDJUIwJUU2JTk2JUI5JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSUzQ3NwYW4lMjBzdHlsZSUzRCUyMmNvbG9yJTNBJTIzZjAwJTNCJTIyJTNFNyUzQyUyRnNwYW4lM0UlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJTNDc3BhbiUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjNmMDAlM0IlMjIlM0U2LjUlM0MlMkZzcGFuJTNFJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNyVCNCU4NDEwa20lM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFMzIuNyUyQyUyMDEzMC44JTNDJTJGdGQlM0UlM0MlMkZ0ciUzRSUzQ3RyJTNFJTNDdGQlM0UyMDExJTJGMDQlMkYwNyUyMDIzJTNBMzIlRTklQTAlODMlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwc3R5bGUlM0QlMjJ0ZXh0LWFsaWduJTNBbGVmdCUzQiUyMiUzRSVFNSVBRSVBRSVFNSU5RiU4RSVFNyU5QyU4QyVFNiVCMiU5NiUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlM0NzcGFuJTIwc3R5bGUlM0QlMjJjb2xvciUzQSUyM2YwMCUzQiUyMiUzRTYlRTUlQkMlQjclM0MlMkZzcGFuJTNFJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSUzQ3NwYW4lMjBzdHlsZSUzRCUyMmNvbG9yJTNBJTIzZjAwJTNCJTIyJTNFNy40JTNDJTJGc3BhbiUzRSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTclQjQlODQ0MGttJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRTM4LjIlMkMlMjAxNDIuMCUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlM0N0ciUzRSUzQ3RkJTNFMjAxMSUyRjAzJTJGMTUlMjAyMiUzQTMxJUU5JUEwJTgzJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUyMHN0eWxlJTNEJTIydGV4dC1hbGlnbiUzQWxlZnQlM0IlMjIlM0UlRTklOUQlOTklRTUlQjIlQTElRTclOUMlOEMlRTYlOUQlQjElRTklODMlQTglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJTNDc3BhbiUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjNmMDAlM0IlMjIlM0U2JUU1JUJDJUI3JTNDJTJGc3BhbiUzRSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlM0NzcGFuJTIwc3R5bGUlM0QlMjJjb2xvciUzQSUyM2YwMCUzQiUyMiUzRTYuMCUzQyUyRnNwYW4lM0UlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU3JUI0JTg0MTBrbSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UzNS4zJTJDJTIwMTM4LjclM0MlMkZ0ZCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRTIwMTElMkYwMyUyRjEyJTIwMDMlM0E1OSVFOSVBMCU4MyUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlMjBzdHlsZSUzRCUyMnRleHQtYWxpZ24lM0FsZWZ0JTNCJTIyJTNFJUU2JTk2JUIwJUU2JUJEJTlGJUU3JTlDJThDJUU0JUI4JUFEJUU4JUI2JThBJUU1JTlDJUIwJUU2JTk2JUI5JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSUzQ3NwYW4lMjBzdHlsZSUzRCUyMmNvbG9yJTNBJTIzZjAwJTNCJTIyJTNFNiVFNSVCQyVCNyUzQyUyRnNwYW4lM0UlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJTNDc3BhbiUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjNmMDAlM0IlMjIlM0U2LjYlM0MlMkZzcGFuJTNFJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNyVCNCU4NDEwa20lM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFMzcuMCUyQyUyMDEzOC42JTNDJTJGdGQlM0UlM0MlMkZ0ciUzRSUzQ3RyJTNFJTNDdGQlM0UyMDExJTJGMDMlMkYxMSUyMDE0JTNBNDYlRTklQTAlODMlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwc3R5bGUlM0QlMjJ0ZXh0LWFsaWduJTNBbGVmdCUzQiUyMiUzRSVFNCVCOCU4OSVFOSU5OSVCOCVFNiVCMiU5NiUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlM0NzcGFuJTIwc3R5bGUlM0QlMjJjb2xvciUzQSUyM2YwMCUzQiUyMiUzRTclM0MlMkZzcGFuJTNFJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSUzQ3NwYW4lMjBzdHlsZSUzRCUyMmNvbG9yJTNBJTIzZjAwJTNCJTIyJTNFOS4wJTNDJTJGc3BhbiUzRSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTclQjQlODQxMGttJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRTM4LjAlMkMlMjAxNDIuOSUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlM0MlMkZ0Ym9keSUzRSUzQyUyRnRhYmxlJTNF10年間になんと10回も発生しているのです。最大震度6弱以上で見た場合は、10年間に「28回」も発生。2000年代に入って日本を含む「環太平洋火山帯」が活発化していると言われる昨今、次の巨大地震がいつ・どこで発生するのかは、現代の最先端科学をもってしても予測することは不可能という結論がでています。   そこで重要になってくるのは「次が起きたときに、(命や自宅が無事なら)備えがあるかどうか」という点です。 食料品や飲料水などの備蓄や一般的な防災用品を備える方々はだいぶ増えていますが、意外と見落としがちなのが「断水時に使えるトイレ」と併せて「実用的な容量の電源・電力の確保」です。   東日本大震災や熊本地震などで発生した停電においてもインターネット自体は利用できる状態だったため、スマホが極めて重要な情報インフラとして機能しました。通勤通学用のバッグに手軽に入れて持ち運べる小型の「モバイルバッテリー」を外出先などで活用されている方も多くなりましたが、停電時に自宅内での生活を実用的に賄う用途には足りないものです。例えば2018年9月6日に発生した「北海道胆振東部地震」では、被災地だけでなく北海道全域が停電となる「ブラックアウト」が起き、大きな問題となりました。 (この北海道でのブラックアウトに関する詳細にご興味のあるかたは、資源エネルギー庁が公開している情報『日本初の“ブラックアウト”、その時一体何が起きたのか』をご覧ください) そして停電となるのは大きな地震だけではありません。特に近年は地球温暖化の影響で発生する台風の規模や勢力が大型化しており、梅雨時期を含めて豪雨による河川の決壊や停電が毎年のように発生しています。   2019年9月9日には、台風15号(令和元年房総半島台風)の上陸によって送配電設備が広範囲にわたり損壊、千葉県や茨城県など1都6県で合計93万戸が停電。 2018年9月30日には、台風24号(平成30年台風第24号)の上陸によって送配電設備が広範囲にわたり損壊、中部電力管内で「平成最大の大停電」として、のべ254万戸が停電しています。画像出典:Wikipedia「令和元年房総半島台風」さらに現在、日本国内ではすべての原子力発電所が運転を停止しているため発電の大部分を火力に頼っていますが、2020〜2021年にかけての冬の記録的な寒波で暖房向けの電力需要が急増、火力発電の燃料となっている液化天然ガス(LNG)の在庫が減少して一時は大規模停電の危機に曝されました。   今後は夏の猛暑で冷房向けの電力需要のひっ迫による、真夏の大停電の可能性も指摘されています。もしもの停電時に、少なくともサーキュレーターや扇風機などを動かすことのできる電力は、各ご家庭レベルで備えておくべきでしょう。停電時や電源がない場所での100V供給には以前であればガソリン式の小型発電機が使われてきましたが、大型で音も大きくガソリン駆動のため一酸化炭素を含む排気ガスも発生するなど家庭内で使えるものではなく、どちらかと言えば工事現場やイベント会場などで屋外に設置して使用するものでした。しかし、やむを得ない事情により自宅内でガソリン発電機を使い、残念ながら命を落とす事故も発生しています。   ...

東日本大震災から10年、映像で振り返るあの日の記憶

2011年3月11日 14時46分。M9を観測した超巨大地震「東北地方太平洋沖地震」が発生、東北地方を中心に巨大津波が襲った東日本大震災。死者19,747人、行方不明者2,556人、負傷者6,242人。数多くの人命と財産を奪い丸ごと壊滅した地域も発生するなど、現代の日本では他に類を見ない激甚災害となりました。被害総額は震災被害のみで16〜25兆円。   「あの日」からちょうど10年目。1つの節目とはなりますが、あの日のまま心の時計が止まったままの方もいれば、新たな歩みを進められている方もいるでしょう。   「喉元過ぎれば熱さを忘れる」とは言われますが、多くの皆さんの記憶に強烈に焼き付いているあの日の光景。今後の備災・減災につなげるためにも、あの日の気持をいま一度、記録映像で振り返ってみます。 ※ これ以降の動画には、東日本大震災当日の地震や津波の映像が多く含まれます。視聴される際はその点をご了承の上、御覧ください。 ※ なお各動画は、報道機関各社がyoutubeで公開している動画をyoutubeの利用規約に従った形で引用したものです。 最後にあの日から「もう10年」と捉えるか「まだ10年」と感じるかは、あの瞬間から今日までの10年間を皆さんがどのように生きてこられたかで様々な受け止め方があるかと思います。 しかしその10年間にも日本では多くの大震災規模の地震が幾度も発生しており、今後も南海トラフ巨大地震や首都直下地震、北海道根室沖巨大地震など、新たな震災の脅威にさらされています。   次の巨大地震がいつ・どこで・どのくらいの規模で発生するのかに関しては、現代の最先端の科学力をもってしても確度の高い予測は不可能という結論が出ている以上、「いつ起きるのか?」を問うても回答はありません。重要なことは「次が起きた時、命が無事ならその後を乗り切るための備えがあるか?」ということです。   この10年間で防災用品や非常食なども充実し、災害時に使える様々なノウハウや道具や仕組みの整備も進んできましたが、特に南海トラフ巨大地震や首都直下地震に関しては想定被害規模が巨大であるため、政府や行政による「公助」だけを頼るわけにはいかない現実があります。   まずは自分自身や家族単位で乗り切るための「自助」、次にご近所や地域単位で助け合う「互助・共助」が機能するようにあらかじめ備えておくことが重要です。まずは備えましょう。次の「Xデー」は必ずやってきます。JTNDc3R5bGUlM0UlMEEuaXRvX2hlYWRlcl9saW5rLW5ld3MlMjAlN0IlMEElMjAlMjBkaXNwbGF5JTNBbm9uZSUzQiUwQSU3RCUwQS5uZXdzX3RpdGxlX3dyYXBwZXIlMjAubmV3c190aXRsZSUyMCU3QiUwQSUyMCUyMG1hcmdpbi1ib3R0b20lM0ElMjAwJTNCJTBBJTIwJTIwcGFkZGluZy1ib3R0b20lM0ElMjAwJTNCJTBBJTdEJTBBLm5ld3NfdGl0bGVfd3JhcHBlciUyMC5uZXdzX3RpdGxlJTIwLnZjX21lc3NhZ2VfYm94LWljb24lM0VpJTIwJTdCJTBBJTIwJTIwdG9wJTNBJTIwNjQlMjUlM0IlMEElN0QlMjAlMjAlMEElNDBtZWRpYSUyMCUyOG1heC13aWR0aCUzQSUyMDc2N3B4JTI5JTIwJTdCJTBBJTIwJTIwLm5ld3NfdGl0bGVfd3JhcHBlciUyMC5uZXdzX3RpdGxlJTIwLnZjX21lc3NhZ2VfYm94LWljb24lM0VpJTIwJTdCJTBBJTIwJTIwJTIwJTIwbGVmdCUzQSUyMDMwcHglM0IlMEElMjAlMjAlN0QlMjAlMjAlMEElN0QlMEElMEEubmV3c19saXN0JTIwJTdCJTBBJTIwJTIwbWFyZ2luJTNBJTIwMCUyMDAlMjAwJTIwMCUzQiUwQSU3RCUwQS5uZXdzX2xpc3QlMjAubGtjLWV4dGVybmFsLXdyYXAlMkMlMEEubmV3c19saXN0JTIwLmxrYy1pbnRlcm5hbC13cmFwJTIwJTdCJTBBJTIwJTIwbWF4LXdpZHRoJTNBJTIwMTAwJTI1JTNCJTBBJTIwJTIwYm9yZGVyJTNBJTIwMXB4JTIwc29saWQlMjAlMjNkOGQ4ZDglM0IlMEElN0QlMEEubmV3c19saXN0JTIwLmxrYy1leHRlcm5hbC13cmFwJTIwLmxrYy1jb250ZW50JTJDJTBBLm5ld3NfbGlzdCUyMC5sa2MtaW50ZXJuYWwtd3JhcCUyMC5sa2MtY29udGVudCUyMCU3QiUwQSUyMCUyMGhlaWdodCUzQSUyMDEwMnB4JTNCJTBBJTdEJTBBLm5ld3NfbGlzdCUyMC5sa2MtaW50ZXJuYWwtd3JhcCUyMC5sa2MtbGluayUyMC5sa2MtY2FyZCUyMC5sa2MtaW5mbyUyMC5sa2MtZGF0ZSUyMCU3QiUwQSUyMCUyMGRpc3BsYXklM0ElMjBub25lJTIwJTIxaW1wb3J0YW50JTNCJTBBJTdEJTBBLm5ld3NfbGlzdCUyMC5sa2MtZXh0ZXJuYWwtd3JhcCUyMC5sa2MtY29udGVudCUyMC5sa2MtdGl0bGUtdGV4dCUyQyUwQS5uZXdzX2xpc3QlMjAubGtjLWludGVybmFsLXdyYXAlMjAubGtjLWNvbnRlbnQlMjAubGtjLXRpdGxlLXRleHQlMjAlN0IlMEElMjAlMjBmb250LXNpemUlM0ElMjAxNHB4JTNCJTBBJTdEJTBBLm5ld3NfbGlzdCUyMC5sa2MtZXh0ZXJuYWwtd3JhcCUyMC5sa2MtY29udGVudCUyMC5sa2MtdXJsJTJDJTBBLm5ld3NfbGlzdCUyMC5sa2MtaW50ZXJuYWwtd3JhcCUyMC5sa2MtY29udGVudCUyMC5sa2MtdXJsJTIwJTdCJTBBJTIwJTIwZm9udC1zaXplJTNBJTIwOHB4JTNCJTBBJTdEJTBBLndwYl90ZXh0X2NvbHVtbi5uZXdzX2xpc3QlMjAlM0UlMjAud3BiX3dyYXBwZXIlMjAubGlua2NhcmQlMjAubGtjLWV4dGVybmFsLXdyYXAlMjBhJTJDJTBBLndwYl90ZXh0X2NvbHVtbi5uZXdzX2xpc3QlMjAlM0UlMjAud3BiX3dyYXBwZXIlMjAubGlua2NhcmQlMjAubGtjLWludGVybmFsLXdyYXAlMjBhJTIwJTdCJTBBJTIwJTIwdGV4dC1kZWNvcmF0aW9uJTNBJTIwbm9uZSUyMCUyMWltcG9ydGFudCUzQiUwQSU3RCUwQS53cGJfdGV4dF9jb2x1bW4ubmV3c19saXN0JTIwJTNFJTIwLndwYl93cmFwcGVyJTIwLmxpbmtjYXJkJTIwJTJCJTIwYnIlMjAlN0IlMEElMjAlMjBkaXNwbGF5JTNBJTIwbm9uZSUzQiUwQSUyMCUyMGhlaWdodCUzQSUyMDRweCUzQiUwQSU3RCUwQSUzQyUyRnN0eWxlJTNF

【防災士監修】繰り返される自然災害や感染症拡大。「次」に対応する備蓄と装備を!

1995年(平成7年)1月17日の早朝、5時46分52秒。兵庫県沖の明石海峡を震源としてM7.3・最大震度7の大規模な地震「兵庫県南部地震」が発生しました。この地震によって引き起こされた災害が『阪神淡路大震災』です。   近畿地方を中心に6,434人もの人命が失われ、3名の行方不明者、負傷者は43,792人とされ、被害総額は約10兆円という巨大災害となりました。   当時は現在のように高速なインターネットではなく、もちろんスマホもありませんでした。当然、TwitterもLINEもfacebookもinstagramも存在していません。   国内のインターネットはようやく商用や個人利用が始まったばかりの頃で、スマホや携帯電話ではない「固定電話回線」を使った「パソコン通信ネットワーク」と呼ばれるインターネットとは別のものを利用し、電子掲示板サービスなどを使って被災情報などの交換がおこなわれました。   2020年は阪神淡路大震災から26年、あの日から四半世紀。   この26年の間にも日本では地震をはじめとするいくつもの大きな自然災害が繰り返し発生し、そのつど多くの人命が再び失われていきました。新潟県中越(沖)地震、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)、熊本地震、大阪府北部地震、北海道胆振東部地震 ...   そしてこの先の30年内にも、首都直下型地震や南海トラフ巨大地震など、複数の大規模災害の発生が予想されています。2019/09/08〜09/09には台風15号が首都圏を直撃、特に千葉県を中心に大規模な停電が発生。台風通過時〜直後にはおよそ80万戸を超える停電となり、千葉県内では君津市で大型の送電線の鉄塔が2基倒壊。   停電に関しては9/11の19時で40万軒、9/13の朝9時でも20万軒を超える規模で電力が復旧していないと言う、深刻な状況となっています。   併せてインターネット回線も不通となったためスマホやテレビなどが使えない状況となり、ポータブルラジオなどを備えていた方々以外は支援に関する情報の入手が困難となってしまいました。   そして思い出されるのが2018/09/06に発生した「北海道胆振東部地震」。日本海を北上した「台風21号」が地震発生前日に北海道付近を通過、その影響で停電発生。特に道内全域で停電するブラックアウトが発生し、1951年の北海道電力創設以来、初の大規模停電となりました。『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。2020年初から中国の武漢を「震源地」とする新型コロナウイルスが現在進行系で世界規模の感染拡大中となっており、2021/01/17午前時点での全世界の感染者数は約9413万人・死者数は約201万人。感染力の高い変異種の拡大も始まっており、日本国内でも変異種の感染者が確認されています。   2021/01/08には国内二度目の「緊急事態宣言」が発出されました。 まずは東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県の1都3県で2021/01/08〜02/07まで、 栃木県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県でも01/14〜02/07となっています。   しかしながら2021/01/16までの国内における感染状況は拡大の一途をたどっており、収束する気配は感じられません。すでに経済的な影響も深刻化しつつあり、中小規模や個人経営の飲食業を中心とするサービス業の閉店や廃業だけでなく、大手飲食チェーンなどでも不採算店舗の閉店や従業員解雇なども相次いでいることと、さらには周辺産業への影響も出ています。   状況はもはや「パンデミックに起因する経済災害」と言える状況です。そして、もしこの状況下で震災級の大きな地震が発生したら、状況の深刻さは想像を絶することになる可能性が高くなるでしょう。 過去の震災例を顧みても発災後の初動時の避難所は混乱し、開放された各地の体育館などでは避難者が家族ごとに仕切られることもない「密な雑魚寝」の状態になりました。コロナ禍の状況であれば避難所でクラスターが発生する可能性が高くなるのは間違いありません。   自宅が無事であれば、まずは「在宅避難」を優先すべきです。ここでは大震災を例に取り、発災直後にほぼ必ず起きる状況と、次の大地震に備えて最低限、備蓄しておくべき物資をご紹介します。   ITOITO-STYLE編集部には日本防災士機構認定の防災士が在籍しており、東日本大震災における自身の生活困窮の経験のもとづいて実際に実践しているものばかりです。   なお、備蓄品の調達は大地震が起きてからでは遅いのです。何も無い平時に調達しておきましょう。2018年に発生した「北海道胆振東部地震(ほっかいどういぶりとうぶじしん)」の発生は、2016年の熊本地震からたったの2年です。   これまで北海道で想定されてきた大地震は、千島海溝でのプレート移動に起因する海溝型のM8〜9クラスの巨大地震でした。しかし、北海道胆振東部地震の震源はそこではなく、やや内陸部の北海道胆振地方で断層型のものでした。画像出典:Wikipedia: by Mikenorton プレート移動による海溝型の地震は将来必ず起きると言っていいと思いますが、やっかいなのはこの断層型です。   日本国内には確認されている活断層は約2000箇所ありますが、未知の断層帯(隠れ断層帯)に関してはその倍の約4000箇所が存在すると言われています。   すでに「将来の発生確率がゼロ%」とされた箇所でも大きな地震が起きていることや、海溝型である南海トラフ巨大地震の発生予測に関してもすでに現実は「科学的に高確度な予測は困難」という結論が出ており、次の大震災がいつ・どこで起きるかを議論するのは、一般庶民レベルでは大きな意味を持たないと言えるかもしれません。   であれば、備えるのみです。   ここでは大地震直後にほぼ必ず起きる状況と、次の大地震に備えて最低限、備蓄しておくべき物資をご紹介します。   ITOITO-STYLE編集部には日本防災士機構認定の防災士が在籍しており、東日本大震災における自身の生活困窮の経験のもとづいて実際に実践しているものばかりです。   なお、備蓄品の調達は大地震が起きてからでは遅いのです。何も無い平時に調達しておきましょう。発災直後は、次のような状況が高確率で現実化します。 ① 停電(電気が止まる) ② 断水(水道が止まる) ③ 都市ガスの供給停止 ④ 物流が止まりお店から商品がなくなる ⑤ ガソリンや灯油などの燃料が入手困難に ⑥ 住居などの建物の破損や倒壊 ⑦ 交通網の麻痺 ⑧ 震災の場合は地盤の液状化で泥(泥水)が路上に出てくる ① 停電(電気が止まる) 震災直後は停電が発生し、場合によっては復旧まで数日を要し、復旧しても節電を余儀なくされる状況がしばらく続くことになります。 特にオール電化住宅などでは電気が復旧するまでの間、IH方式の調理器具なども使えなくなります。 ② 断水(水道が止まる) 上水道の送水設備の停止や敷設された水道管の破損などにより、水道が使えなくなります。 キッチンやバスルームなどで水が出なくなり、水洗トイレや洗濯機も使用不可能となります。 ③ 都市ガスの供給停止 都市ガスを利用している家庭や事業所・店舗などではガスを使った調理器具や給湯機器・暖房設備などが使えなくなります。 大きな災害時は、まずガスの元栓を忘れずに閉めましょう。 ④ 物流が止まりお店から商品がなくなる 過去の震災事例でも100%発生している状況です。 地震の発生直後から人々が店舗に殺到し、飲料水や食料・各種消耗品などが短時間で売り切れになります。買い占めなども起きます。 そして、その後は数日〜1週間程度は商品の補充も困難となります。 ⑤ ガソリンや灯油などの燃料が入手困難に ガソリンスタンドへのガソリンの定期供給が一時的に途絶えるため、スタンドへの沿道ではガソリンを求める車で行列ができます。 石油ストーブの燃料となる灯油もガソリンスタンドで供給されることが多いですが、こちらも在庫限りの状況となります。 ⑥ 住居などの建物の破損や倒壊 各地で建物の破損・全半壊・倒壊などの状況が発生します。 特に、住宅の裏が崖や山である場所などでは、地震の影響で崩れた土砂によって住宅が飲み込まれるケースが発生します。 2019年の台風15号では暴風により千葉県内の送電線の大型の鉄塔が2基、倒壊する事態となりました。 ⑦ 交通網の麻痺 道路の陥没や地割れ、崖崩れなどによって通行不能となる道路がいくつも生じます。停電により信号機なども停止します。 鉄道路線も、線路の歪みや曲がり・軌道上の敷石の流失や設備破損により場合によっては長期間の運行停止となります。 空の便も空港設備や滑走路の破損などによって運行停止となります。 ⑧ 震災の場合は地盤の液状化で泥(泥水)が路上に出てくる 震災と呼べる規模の地震が起きた際は、沿岸部の埋立地や河川沿いの低地・地下水の豊富な地質の周辺では地盤の液状化が発生し、土や砂を多く含む泥水が地表に噴出します。 噴出が収まった後には水分を多く含む泥が堆積し、復旧作業や通行の障害となることが多くあります。上記のような状況になったとしても、個人や家庭で事前にやれる対策はいくつもあり、また個人レベルでは対応不可能はものも当然あります。   順不同となりますが、次の順番に解説します。 A. そもそも個人では対応不可能なもの:⑦〜⑧ B. 条件付きである程度の備えが可能なもの:⑤〜⑥ C. 個人や家庭で備えが可能なもの:①〜④⑦ 交通網の麻痺 ⑧...

【コラム】阪神・淡路大震災の記憶とともに考える「ワタシの防災訓練」

上記写真出典:'Wikipedia:日本における地震対策と体制'から、東北地方太平洋沖地震発生後の東京都・新宿駅南口の様子(2011年3月11日16時頃撮影)写真出典:神戸市・阪神・淡路大震災「1・17の記録」 1995年1月17日の未明、淡路島北部沖の明石海峡を震源としてマグニチュード7.3の巨大地震が発生しました。近畿圏の広域が大きな被害を受け、犠牲となられた方々のうち死者は6,435名・負傷者は43,792名を数え、戦後の地震災害としては東日本大震災に次ぐ規模の激甚災害となりました。   記録によると、地震発生当日に死亡した5,000名を超える方々の8割近くが地震発生から1時間以内に死亡。9割が圧迫死だったそうで、早朝の発生ということもあり自宅での就寝中、特に建物の1階で圧死した方が多かったそうです。   震災発生直後には最大時30万を超える加入電話(固定電話)に障害が発生。特に神戸には局所的な被害が集中し通信手段や交通網も寸断されてしまったため、被災情報を発信することができなくなってしまったのです。このことも、当時の政権の初動対応の遅れにつながったとされています。街なかで大きく傾いた柏井ビルや倒壊した阪神高速道路の映像を覚えている方も多いのではないでしょうか。日常的には、テレビや新聞などで阪神淡路大震災に関する報道を目にするのは、毎年1月17日前後ですが、たとえばYouTubeなどに行けば、当時の様々な映像記録を今でも観ることが可能です。『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。20世紀末。いわゆる「ノストラダムスの大予言」などでは「1999年に世界が終わる」などの世界終末論などがテレビや雑誌などで話題になったりしていた時代です。   日本のインターネット通信はまだ黎明期で今ほど普及しておらず、携帯電話はようやくアナログからデジタル化への移行期。twitterやLINEどころか、スマートフォンそのものが当時は存在していなかったため、現在のようなネットを活用した安否確認などは不可能な状況でした。   そうした経験をきっかけに、震災時対応に関して多方面・多角的な整備が進んでいったことも事実です。企業や地域、一般家庭などでも震災に向けた備蓄の必要性が認識され、防災訓練の重要性も改めて問われるようになりました。写真出典:陸上自衛隊・平成25年度五條市総合防災訓練平成 25 年度五條市総合防災訓練   「防災訓練」と聞いて、どのようなイメージを思い浮かべるでしょうか? 学校や職場、各地域では少なくとも年に1回は防災訓練を実施しているのが普通ですから、参加した経験のあるかたも多いでしょう。防災訓練の主なものとしては、地震や火災が発生した想定の「避難訓練」や「消火訓練」、それに付随する「救出・救護訓練」などがありますが、これらの訓練によって身に付いた知識やスキルはあるでしょうか?   筆者は、学校では先生の指導に従い参加、職場では上司からの指示で参加、地域では町内会などで動員されて参加と、いずれも義務的に参加したものの、現実的には何も覚えていない・何も身についていないというのが正直なところです。   消防署の職員の方などの専門的な知識やスキルを持った方が指導してくれる、貴重な機会を全く生かしきれていなかったと感じています。過去の自分を振り返ってみると、なぜ防災訓練が必要なのか、防災訓練には何の意味があるのか、問題意識を持たずに参加していたために、何も残っていないことに気が付きました。写真出典:Wikipedia:阪神・淡路大震災:柏井ビル倒壊 推移1 傾いていた頃   人は、自分が経験したことのない出来事に遭遇した時、困惑したり動揺するのが普通であり、状況に適した行動を迅速に行えないことがほとんどです。だからこそ、防災訓練に参加したり備蓄などの災害への備えを行うことで、少しでもそうした状況に対応できるように準備しているのです。   しかし、いつ遭遇するかわからない・遭遇しないかもしれない災害を「自分ごと」として捉えることはなかなか容易ではありません。これまでおこなわれてきた防災訓練はどちらかといえば「啓蒙型」のもので、実感を持って積極的に取り組むにはちょっと恥ずかしかったりやりにくかったりといった性質のものが多かったように思います。ITOITO-STYLEのカテゴリ「備災FUN!」は、そうした問題に『楽しむ』というエッセンスを加えることによって、災害への備えを自分ごとにしようという試みです。   つまり、「キャンプを楽しむ → 知識やスキルが備わる → 被災時にどのよう使えるのかを考える → 防災に関する問題全般を考える → 防災に取り組む(行動する)→ キャンプを楽しむ …」という循環が生まれ、防災への取り組みが自分ごとになり、日常化するというわけです。 その結果、従来型の防災訓練への見方も変わり、せっかく参加するなら、自分に役立つ知識やスキルを学ぶ場にしようと思って参加するようになったのです。   ITOITO-STYLEが、みなさんにとってもそうしたきっかけになると嬉しいのですが、最近では様々な団体や地域でもなかなか面白い防災プログラムが実施されているので、そうしたプログラムに参加することで防災問題をより自分ごとにすることができるかもしれません。そこで、そうした取り組みを少2つほど紹介しておきたいと思います。写真出典:イザ!カエルキャラバン! NPO法人プラス・アーツ が開発した、地域の防災訓練プログラム「イザ!カエルキャラバン!」は、おもちゃの交換会と防災訓練をミックスした内容で、子どもたちが楽しみながら、防災知識を養えるという内容になっています。   例えば、消火訓練についても、単に消火器の使い方の説明を受けるという内容ではなく、水消火器で的を狙うというゲーム感覚で体験できる、防災に関する知識についても、防災かるたや防災すぐろくを使って学べるというように「楽しみながら」をキーワードに工夫が施されています。   「イザ!カエルキャラバン!」は、例年全国で開催されています。参加費無料、事前申込不要なので、当該地域にお住まいでお時間のかる方はお子さんと一緒に参加してみてはいかがでしょうか。写真出典:埼玉県和光市・市民協働推進センター公式ブログ 埼玉県和光市でプレイパーク事業を行っているNPO法人わこう子育てネットワークと防災啓発活動を行っている任意団体和光ボウサイ部が連携して、防災とプレイパークを組み合わせたイベントが実施されています。   子供たち向けの「外あそび」の中に防災訓練的なプログラムを組み込んだ内容になっており、2017年11月26日に開催された際には、段ボールを使ったテントづくりやごみ袋を使ったポンチョづくりで寒さや雨をしのぐ方法を学ぶなど、遊びと学びが詰まったイベントだったようです。細心の防災訓練の状況としては、従来の啓蒙的・義務参加的なものからよりリアルで緊迫感を実感できるものが登場してきています。 その中で、Youtubeで観ることができる体験型のものの映像を2つほどご紹介しておきます。こちらは、愛知工科大学工学部 板宮研究室が公開している津波体験ドライビングシミュレーターの映像です。ヘッドマウントディスプレイを用いて、津波や洪水体験が可能になっています。続いてこちらは、JAF公式チャンネルから「360度動画でVR体験!水没車両からの脱出」というもの。冠水し水没していく自動車の助手席の視点から、動画を操作できるようになっています。 もし津波や洪水に襲われた場合にどうなっていくのか、自分自身がこの助手席に座っていたら、という視点で見ると、なかなか恐ろしい動画になっています。「防災訓練」と聞くと、その必要性と重要性は重々認識してはいるものの、心のどこかでは堅苦しかったり退屈だったりといった感情もあると思います。しかし、実際の防災訓練は様々な形で取り組んだり体験することが可能です。   ITOITO-STYLEの「備災FUN!」で取り組んでいるのも、アウトドア活動やキャンプをそのまま、防災訓練と意識してしまうことです。電気・ガス・水道などの社会インフラが無いキャンプ場を被災地と見立てて、テントは仮設住宅、備蓄食材のストックローテーションを兼ねた食事を作って食べるといったアクティビティに慣れることで、いざ災害となった場合でも命が無事なら対応しやすいスキルやノウハウが身につくはずです。   防災とは「災害を防ぐ」と書きますが、実際のところ自然災害は防ぐことができません。防げないのであれば、災害に備える・被害を減らすという観点の「備災・減災」がこれからの重要なキーワードであり、取り組むべきスタイルと言えます。   その点、衣食住のうち「食住」を自前で賄うキャンプは、個人や家庭における防災訓練(備災訓練)としても楽しく取り組める活動です。「キャンプは不便を楽しむもの」という言葉がありますが、これまでに起きた震災直後の不便な生活を顧(かえり)みるキッカケにもなり、また、次に起きるであろう南海トラフ地震や首都直下型地震などへの備えにつながるとも考えられます。   すでに趣味としてのキャンプを楽しまれている方も、時々はキャンプを防災訓練と位置づけてやってみるのはいかがでしょうか。また、まだキャンプに行ったことがない方は、これを機会にぜひ体験してみてください。
【コラム】これまでの大震災を振り返る
 
【コラム】震災後の在宅避難とアウトドア道具の活用
 
【コラム】東日本大震災を振り返り、次の巨大地震に備えよう。
 
【更新】被災したとき、ペットはどうなるの?
 
【コラム】過去の震災を振り返り、次の震災・災害に備えよう!

LiFePO4搭載ポータブル電源『BLUETTI EB70』最速レビュー![PR]

JTNDc3R5bGUlM0UlMEEuaW5kZXglN0IlMEElN0QlMEEuaW5kZXhfaXRlbSU3QiUwQSUyMCUyMGZvbnQtc2l6ZSUzQSUyMDE4cHglM0IlMEElMjAlMjBsaW5lLWhlaWdodCUzQSUyMDMycHglM0IlMEElN0QlMEElM0MlMkZzdHlsZSUzRQ==近年の災害対策・防災シーンや車中泊・キャンプ用途などで広く普及が進んでいる「ポータブル電源」。身近な防災グッズとして台風や豪雨時に停電が発生した際にも活躍するなど、その利便性の高さで購入する人が急増中です。   たとえば2018年9月6日に発生した「北海道胆振東部地震」では、最大震度7を記録し北海道全域が停電となる「ブラックアウト」が発生。画像出典:朝日新聞デジタル 『北海道全域がブラックアウト スマホ充電求めて長蛇の列』より   当日はスマホなどの充電が可能なスペースを開放した札幌市役所に多くの住民が集まるなど、現代人の生活がいかに電力に依存していたかを白日の下に晒すこととなりました。 特にコロナ禍においてこの状況を考えた場合、この「密」な状況になることは避けなければなりません。停電時に個人レベルでいかに電源を確保するかというのは、今後極めて重要な課題になります。 そんなときに備えてあれば、慌てなくて済むのがポータブル電源です。今回ご紹介するポータブル電源は新製品『BLUETTI EB70』。 前回の「BLUETTI AC100 1000Wh」に続き「BLUETTI」日本公式、パワーオーク株式会社さんから『BLUETTI  EB70』をご提供いただいてのレビューとなります。 【BLUETTI 公式サイト EB70製品ページ】 BLUETTI EB70 小型ポータブル電源 716Wh/700W 【BLUETTI amazon EB70販売ページ】 https://amzn.to/38IdvyL 【BLUETTI 楽天ショップ EB70販売ページ】 https://item.rakuten.co.jp/bluetti/eb70/ とは言え、いつもどおりITOITO-STYLEの製品レビュー・ポリシーは『徹底的なユーザー目線』です。メリットだけでなく、ちょっと気になるポイントも忖度無しで併せてしっかりとレビューしていきます。『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。ポータブル電源に内蔵されている電池は、いまのところ「リチウムイオン電池」が一般的ですが、2019年あたりから少しずつ増えているのが「リン酸鉄リチウム(LiFePO4)電池」を採用したモデル。 リン酸鉄リチウム電池は従来のリチウムイオン電池に比べて、低温・高温での安定性と安全性が向上したものです。 特にリチウムイオン電池は寒さに弱く、スマホを真冬の暖房を切った室内に置いておいたら、いつの間にかバッテリー残量がかなり少なくなっていた、と言う経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。   「BLUETTI EB70」 では、そのようなリチウムイオン電池の弱点を克服した「リン酸鉄リチウム(LiFePO4)電池」を採用しながら普及価格帯となり、家庭用コンセントからの急速充電や高出力ソーラーパネルによる効率的な充電に対応するなど、より実用的かつ意欲的な仕上がりとなっています。 より安全な「リン酸鉄リチウム(LiFePO4)電池」を採用 大容量716Wh、定格出力700W 急速充電を含む4つの充電モード スマホなどのワイヤレス充電対応 PD3.0対応の急速充電が可能なUSB-Cポートを2つ搭載(100Wまで) 不要な電力消費を抑える「エコモード」を搭載 最大12台の機器に同時充電可能 3種類のカラーリング リン酸鉄リチウム電池は、電池内部で発熱が起きても結晶構造が変化・崩壊しにくいため、一般的に使用されているリチウムイオン電池よりも安全な電池です。 ■ リン酸鉄リチウム(LiFePO4)電池とは?画像出典:wikipedia『Lithium iron...

【続報】神奈川で続く異臭騒ぎ、その原因は?

JTNDc3R5bGUlM0UlMEEubGtjLWRhdGUlN0IlMEElMjAlMjBkaXNwbGF5JTNBJTIwbm9uZSUyMCUyMWltcG9ydGFudCUzQiUwQSU3RCUwQSUzQyUyRnN0eWxlJTNF2020年5月あたりから神奈川県内で定期的に「異臭」が発生し、10月12日にはJR横浜駅周辺でも異臭に関する通報が相次ぎました。しかし、10月半ばに至っても原因が特定できない状況が続いています。   前回の記事   ただ、10月12日の異臭に関しては空気の採取と分析ができたようで、翌10月13日に横浜市の会見で ・ガソリンなどの燃料の蒸発ガスに含まれるイソペンタン・ペンタン・ブタンなどを検出 ・それらの成分は、通常の大気中と比べて高濃度で存在した ・化学製品などを燃やした際に発生するエチレン・アセチレンなども検出 という情報が公表されました。   以下、報道です。 現在、異臭の原因に関して報道だけでなくネット上でも、様々な推測や憶測が飛び交っています。 ・断層や海底の動きなどによって、地下から発生したガス。大地震の前兆では? ・臨海部は工業地帯ということもあり、過去に埋設された何らかの物質が漏れ出している? ・横須賀の米軍基地で使用されている燃料が何らかの原因で漏洩・気化して流れ出した? など。   ただ注目すべきは、今回は成分分析が実現したという点です。 ・ガソリンなどの燃料の蒸発ガスに含まれるイソペンタン・ペンタン・ブタン ・化学製品などを燃やした際に発生するエチレン・アセチレン   こうした成分から編集部が推測した原因の可能性があるのは、 『船舶の排ガス洗浄に使われるスクラバー装置を経た排水に含まれる成分では?』 という点です。 この「スクラバー装置」とは、船舶の排ガスに含まれる人体に有害な硫黄酸化物SOxを取り除く仕組みのことです。   こちらの画像は「海上技術安全研究所の「排ガス洗浄に係る国際規格化への取り組み」という論文」に掲載されているスクラバー装置の構成図です。 出典:https://www.nmri.go.jp/_src/21902/PNM21190204-00.pdf またこちらの画像は「三菱重工技報 Vol.53 No.2 (2016) 船舶・海洋特集」で紹介されている 「国際海事機関(IMO)による排ガス SOx 規制に対応した船舶用ハイブリッド SOx スクラバーシステムの開発と実船搭載」 という技術論文に掲載されている図です。 出典:https://www.nmri.go.jp/_src/21902/PNM21190204-00.pdf 特に、湿式スクラバー(オープンループ式)の場合は海水を利用するもので、船舶のエンジンから出た硫黄酸化物SOxを含む排ガスに対して海水を噴射し、不純物処理等をおこなった上で処理水は海に排出される仕組みとなっています。 この処理済の排水は海水に放出しても海洋環境に害は無いとのことです。   船舶が浦賀水道を通って東京湾に入ってくる際に、排ガスをスクラバー処理して出た排水が異臭の原因である可能性ではないか・・・と考えたわけです。(もちろん確証も証拠もありませんが)   お伝えしたいこととしては、何か気象に関する異常な現象が起きた場合には、安直に「大地震の前兆ではないか?」と考えず、様々な可能性を検討すべきであるということです。   これまでの異臭騒ぎだけでなく、地震雲や動物の異常行動なども大地震の前兆と考えてしまいがちですが、大きな地震には常日頃から備えた上で、何かあっても冷静に様々な可能性を考えてみてはいかがでしょうか。あああああ

大容量ポータブル電源『BLUETTI AC100 1000Wh』徹底レビュー![PR]

近年ユーザーが急増している「ポータブル電源」。屋外や停電時にも家電製品が使える大型バッテリーとして以前からアウトドア派に人気がある製品で、特に近年は災害対策として購入するユーザーが増えています。 今回は「BLUETTI」日本公式、パワーオーク株式会社さんから『BLUETTI AC100 1000Wh/600W』という大容量モデルをご提供いただいての徹底レビューです。   なおITOITO-STYLEの製品レビュー・ポリシーは『徹底的なユーザー目線』です。メリット・デメリットあわせてしっかりとレビューしていきます。『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。JTNDc3R5bGUlM0UlMEEuaW5kZXhMaW5rJTdCJTBBJTIwJTIwcGFkZGluZyUzQSUyMDVweCUyMDAlMjA1cHglMjAxNnB4JTNCJTBBJTIwJTIwbWFyZ2luLWJvdHRvbSUzQSUyMDBweCUyMCUyMWltcG9ydGFudCUzQiUwQSUyMCUyMHRleHQtaW5kZW50JTNBJTIwMjBweCUzQiUwQSU3RCUwQS5pbmRleExpbmtJdGVtJTdCJTBBJTIwJTIwY29sb3IlM0ElMjAlMjM0ZGIyZWMlMjAlMjFpbXBvcnRhbnQlM0IlMEElMjAlMjB0ZXh0LWRlY29yYXRpb24lM0ElMjB1bmRlcmxpbmUlMjAlMjFpbXBvcnRhbnQlM0IlMEElMjAlMjBmb250LXdlaWdodCUzQSUyMGJvbGQlM0IlMEElN0QlMEElM0MlMkZzdHlsZSUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyaW5kZXhMaW5rcyUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ3AlMjBjbGFzcyUzRCUyMmluZGV4TGluayUyMiUzRSUzQ2ElMjBjbGFzcyUzRCUyMmluZGV4TGlua0l0ZW0lMjIlMjBocmVmJTNEJTIyJTIzMDElMjIlM0UlRTMlODMlQkIlRTMlODMlOUQlRTMlODMlQkMlRTMlODIlQkYlRTMlODMlOTYlRTMlODMlQUIlRTklOUIlQkIlRTYlQkElOTAlRTMlODElQTglRTMlODElQUYlRUYlQkMlOUYlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGcCUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ3AlMjBjbGFzcyUzRCUyMmluZGV4TGluayUyMiUzRSUzQ2ElMjBjbGFzcyUzRCUyMmluZGV4TGlua0l0ZW0lMjIlMjBocmVmJTNEJTIyJTIzMDIlMjIlM0UlRTMlODMlQkIlRTUlODElOUMlRTklOUIlQkIlRTUlQUYlQkUlRTclQUQlOTYlRTMlODElQUIlRTYlOUMlODAlRTklODElQTklRTMlODElQUElRTMlODMlOUQlRTMlODMlQkMlRTMlODIlQkYlRTMlODMlOTYlRTMlODMlQUIlRTklOUIlQkIlRTYlQkElOTAlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGcCUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ3AlMjBjbGFzcyUzRCUyMmluZGV4TGluayUyMiUzRSUzQ2ElMjBjbGFzcyUzRCUyMmluZGV4TGlua0l0ZW0lMjIlMjBocmVmJTNEJTIyJTIzMDMlMjIlM0UlRTMlODMlQkIlRTUlQTQlQTclRTUlQUUlQjklRTklODclOEYlRTMlODMlOUQlRTMlODMlQkMlRTMlODIlQkYlRTMlODMlOTYlRTMlODMlQUIlRTklOUIlQkIlRTYlQkElOTAlRTMlODAlOENCTFVFVFRJJTIwQUMxMDAlMjAxMDAwV2glRTMlODAlOEQlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGcCUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ3AlMjBjbGFzcyUzRCUyMmluZGV4TGluayUyMiUzRSUzQ2ElMjBjbGFzcyUzRCUyMmluZGV4TGlua0l0ZW0lMjIlMjBocmVmJTNEJTIyJTIzMDQlMjIlM0UlRTMlODMlQkIlRTUlOUYlQkElRTYlOUMlQUMlRTclOUElODQlRTMlODElQUElRTQlQkQlQkYlRTMlODElODQlRTMlODElOEIlRTMlODElOUYlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGcCUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ3AlMjBjbGFzcyUzRCUyMmluZGV4TGluayUyMiUzRSUzQ2ElMjBjbGFzcyUzRCUyMmluZGV4TGlua0l0ZW0lMjIlMjBocmVmJTNEJTIyJTIzMDUlMjIlM0UlRTMlODMlQkIlRTMlODAlOENCTFVFVFRJJTIwQUMxMDAlMjAxMDAwV2glRTMlODAlOEQlRTMlODIlOTIlRTMlODIlQkQlRTMlODMlQkMlRTMlODMlQTklRTMlODMlQkMlRTMlODMlOTElRTMlODMlOEQlRTMlODMlQUIlRTMlODElOEIlRTMlODIlODklRTUlODUlODUlRTklOUIlQkIlRTMlODElOTklRTMlODIlOEIlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGcCUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ3AlMjBjbGFzcyUzRCUyMmluZGV4TGluayUyMiUzRSUzQ2ElMjBjbGFzcyUzRCUyMmluZGV4TGlua0l0ZW0lMjIlMjBocmVmJTNEJTIyJTIzMDYlMjIlM0UlRTMlODMlQkIlRTQlQkQlQkYlRTclOTQlQTglRTUlOEYlQUYlRTglODMlQkQlRTMlODElQUElRTUlQUUlQjYlRTklOUIlQkIlRTglQTMlQkQlRTUlOTMlODElRTMlODElQUUlRTQlQkUlOEIlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGcCUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ3AlMjBjbGFzcyUzRCUyMmluZGV4TGluayUyMiUzRSUzQ2ElMjBjbGFzcyUzRCUyMmluZGV4TGlua0l0ZW0lMjIlMjBocmVmJTNEJTIyJTIzMDclMjIlM0UlRTMlODMlQkIlRTglQTglQUQlRTUlQUUlOUElRTMlODMlQkIlRTMlODElOUQlRTMlODElQUUlRTQlQkIlOTYlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGcCUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ3AlMjBjbGFzcyUzRCUyMmluZGV4TGluayUyMiUzRSUzQ2ElMjBjbGFzcyUzRCUyMmluZGV4TGlua0l0ZW0lMjIlMjBocmVmJTNEJTIyJTIzMDglMjIlM0UlRTMlODMlQkIlRTMlODElQkUlRTMlODElQTglRTMlODIlODElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGcCUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRQ==ポータブル電源の登場以前はガソリンを使った「ポータブル・インバーター発電機」がありましたが、サイズと合わせて稼働音も騒音レベルに大きく、ガソリン燃料で稼働するため排気ガスも発生するなど、イベント会場や工事現場などが主な活用場所で個人や家庭レベルで使うには難しいものがありました。   そして2000年代に入りモバイル電子機器用として急速に普及したのが、リチウムイオン電池を採用した「モバイルバッテリー」です。スマートフォンの充電用などにも適したものが市販・多用されるようになりました。   ポータブル電源はそのリチウムイオン電池を大容量化・多機能化したもので、現在では供給電力として家庭用コンセントと同様の「AC100V」出力を備えたものがほとんどです。小電力・小容量なら小型軽量、1000Wh以上の大容量多機能なものでも10kg〜10数kg程度で持ち運び可能。なんと言っても発電機と異なり静音仕様かつ排気ガスの心配も無いため、屋外だけでなく室内使用にも向いています。ポータブル電源があれば電力の無い状況でも家電製品が使えるようになったため、以前よりキャンプや車中泊などのアウトドア派を中心に人気を博してきました。 そして近年は台風や豪雨などによる停電時の電源確保や、災害時の自家用車を用いた車内避難などの際にも防災用品として活用できる知見が広がり、ユーザー数は増加傾向。文字通り「一家に一台備えておきたい」防災アイテムとなっています。   それを裏付けるかのように、ポータブル電源市場におけるアンケート調査の結果がPRTIMESで公開されています。   『【アンケート調査結果】急成長するポータブル電源市場のユーザー像、ポータブル電源メーカーSUAOKIが調査結果発表』 ■ポータブル電源の所有率:68% ■ポータブル電源の利用場面は防災グッズとして、また車中泊がメイン ■ポータブル電源購入時に特に重視する点は容量と出力 ■所有・希望のポータブル電源の容量は約半数が400Wh以上の大容量志向 画像出典:PRTIMES公開記事下部:プレスリリース素材ダウンロードリンクより特に近年は豪雨や台風などによる被害が年々大規模化していることと、真夏の猛暑下での停電が実際に発生していることなどを考えると、家庭レベルでの非常用電源の確保がますます重要になってきています。2020年9月6日〜7日にかけて「伊勢湾台風や第二室戸台風に匹敵する勢力」と想定された台風10号の接近・通過に伴い、九州地方では47万6千戸(ピーク時)にのぼる停電が発生しました。これは2016年に発生した熊本地震による停電、47万7千戸とほぼ同等となる大規模な停電となりました。 9月とは言え残暑厳しい時期に停電になるとエアコンや扇風機が使えません。報道された避難所の映像には、昔ながらの「うちわ」を扇ぐ避難者のかたがたの姿が映し出されていました。 台風10号の影響による停電は9月9日になっても続き、朝7時の時点でも九州地方では3,700戸を超える停電状況となりました。2019年は7月31日に全国的な梅雨明けとなりましたが、翌8月1日に東京都の稲城市・清瀬市をはじめ、埼玉・新潟・静岡・長野・奈良・沖縄など各地で停電が発生しました。稲城市では約3700軒、清瀬市では約1500軒、埼玉の川越市では約2800軒、静岡の浜松などでは約1160軒とかなり大規模な停電です。   そして同年9月8日〜9月9日にかけては、台風15号が首都圏を直撃。静岡から上陸・首都圏を直撃し、大型の送電線の鉄塔を倒壊させ、メガソーラーの発電パネルから火災が発生するなど大きな被害が発生しました。台風一過後も東京電力管内では約80万戸以上が停電。9月9日の東京の最高気温は37℃という猛暑日となっています。   2018年9月6日に発生した「北海道胆振東部地震」では、被災地だけでなく北海道全域が停電となる「ブラックアウト」が起き、大きな問題となりました。 この北海道でのブラックアウトに関する詳細にご興味のあるかたは、資源エネルギー庁が公開している情報『日本初の “ブラックアウト” 、その時一体何が起きたのか』をご覧ください。そのような状況下で電力が使えないと、最悪の場合は健康や生命そのものに影響が出る可能性があります。特に近年は熱中症で病院へ搬送されるお子さんやお年寄りのかたが増えていることもあり、真夏の停電時は最低でもサーキュレーター(扇風機)が使えるか使えないかで生活の質に大きな違いが出ます。   そんな時に備えておくと安心できるのがポータブル電源です。今や高出力なソーラーパネルと直結して太陽光充電できる製品の選択肢も増え「太陽光で充電して家電製品を使う」という手法も一般的になりつつあります。今回ご紹介するポータブル電源は『BLUETTI AC100 1000Wh』です。家庭用コンセントにつなぐ家電製品が使えて、1万mAhの大容量モバイルバッテリー27個ぶんの超大容量、高効率なソーラーパネルからの充電性能。実用性とメリット、そしてデメリットもしっかり見ていきます。 ■ BLUETTI日本公式サイト・AC100 1000Wh製品ページ https://www.bluetti.jp/products/ac100 ■ BLUETTI AC100の購入先 ① amazonで見る ② 楽天で見る ■ BLUETTI AC100 仕様概略 電力容量:1000Wh(14.8V) 定格出力:600W 出力制限:680W(総出力がこの電力量を超えると給電が停止します) 充放電回数:2500回以上 USB出力 Type-A:QCタイプ = BC1.2, 2連装・5V 3Aずつ USB出力 Type-C:QCタイプ = PD2.0 (45W) シガーソケット出力:13V・9A ソーラー充電:可能(DC8mm入力、パネル側MC4接続可)電力容量はモバイルバッテリーの3.7V換算で270,270mAh(27万270...

【コラム】過去の震災を振り返り、次の震災・災害に備えよう!

TOP画像出典:Wikipedia:南海トラフ巨大地震毎年9月1日は「防災の日」。この日は1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災にちなんだものです。例年、全国各地で防災の日を意識したイベントや取り組みがなされる日であり、学校や企業でも「避難訓練」が実施されたりします。   従来「防災」とは言ってきたものの、現実的に考えると「災害を防ぐ」という観点からの「防災」は、こと大規模な自然災害などに対してはなかなか難しいものがあるのも事実。 地震予知の研究も進んではいますが、精度の問題やそもそも「科学的に予知できるのか?」という課題はまだまだ解決できそうにはありません。『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。2018年には、北海道胆振東部地震(最大震度7、M6.7)や大阪府北部地震(最大震度6弱、M6.1)が発生。 北海道胆振東部地震では43人、負傷者782名、全壊家屋469棟、半壊・一部損壊家屋は15,000棟を超えました。そして大阪府北部地震では、大阪府内で死者6名、2府5県で負傷者462名、全半壊・一部損壊の住家は6万棟を超える被害となりました。   2016年には熊本地震が発生、住宅の全壊8,667棟・半壊34,719棟、一部破損が163,500棟にも上る甚大な被害を出しています。 さらに遡ること2014年の御嶽山噴火においては、死者58人・行方不明者5人という大惨事になりましたが、火山性地震は噴火の約2週間前から増加していたものの、火山性微動が観測されたのは噴火のわずか11分前でした。   こうなると事前に防ぐのはもはや不可能に近く、こうしたケースにおいては「いかに備えるか(登山・山行の中止も含め)」が重要になってくると考えられます。 そこで近年では、「防災から『備災』へ」という考え方に移り変わってきており、防げないならどう備えるべきか、という考え方へシフトしつつあります。画像出典:Wikipedia:防災の日「喉元過ぎれば熱さを忘れる」とは言いますが、阪神淡路大震災・新潟県中越地震・東日本大震災・熊本地震という現代に生きる私たちにとって身近な大震災も、直接的に被害を受けなかった人たちにとっては、はやくも記憶の片隅に追いやられているとも感じます。   「避難訓練」や「防災訓練」という取り組みも、実際のところ形骸化していないでしょうか。毎年の恒例行事として同じフォーマットで実施されていることが多いと感じます。小中学校などの避難訓練では、どちらかと言えば子どもたちはお祭り気分で「避難行動」をおこない、企業における避難訓練では「仕事が忙しいのに、そんな時間は取れない」と、訓練実施時間中も業務を続けられる方々を多く目にしてきました。   一般市民レベルで見ると、地域ごとの行政主導の防災訓練などで防災に対して関心のある人たちのみが、ようやく危機感を持って取り組んでいるレベルに縮小しているように感じることも否めません。ただ啓蒙活動的な避難訓練や防災訓練という位置づけだと、実感や危機感を持って取り組むというのはなかなか難しいものがあり、ついつい「なおざり」や「おざなり」になってしまいがちです。   また、今後発生が想定されている首都直下地震における被害の最悪の想定ケースは、死者23,000人・消失または全壊に至る建物は61万棟。最大800万人の帰宅困難者が発生し、避難者は発災2週間後には最大で720万人。食料は3,400万食が不足。   東京都内における昼間人口は1500万人を越えますが避難所の収容人数は362万人程度と、1000万人を超える人々が「避難所に入れない」可能性が指摘されています。   そのような状況だからこそ防災から備災へ、備えるための活動自体は啓蒙的なものだけでなく「楽しさや親しみ」が持てるものを取り入れることも必要ではないでしょうか。出典:米国地質調査所(USGS)気象庁が公開している日本国内の地震情報や、米国地質調査所(USGS)などが公開している世界の地震情報を見たことはありますか?揺れを感じる地震はたまにしか発生しないイメージがあるかもしれませんが、体で感じない規模の地震は、実は毎日数多く発生しています。   南海トラフ巨大地震や首都直下型地震の発生が想定される今、それが起きるのは数十年後かもしれませんが、もしかしたら明日かもしれません。 また近年では大雨による大規模な水害なども珍しくなく、2020年7月には「令和2年7月豪雨」が発生、九州や中部・東北などで河川の決壊などを含む甚大な被害が発生した件は記憶に新しいところです。また2017年7月には「平成29年7月九州北部豪雨」が発生し、死者36人・負傷者21人という被害規模となっています。   いまでは大規模な災害の発生時には、被災地には即座にいくつもの避難所が開設される体制が整ってきてはいますが、被害の規模が大きいほど政府や行政の対応には遅れが出ることが想定されます。これまでのコラムの中でも触れていますが、過去の震災時の避難所での生活を振り返ると、「備えていなかった方々」がいかに苦労したかの経緯が伺える記録が数多く残っています。   大震災の際にはほぼ例外なく、水道・ガス・電気などの便利な社会インフラや、住む場所・寝る場所、食料の供給などが途絶えることになります。いざその時が来た際に命さえ無事であれば、その後の生活を再建していくための備えを、今からできるかぎり進めておきましょう。ITOITO-STYLEの中でも注力している「備災FUN!」のコーナーから、これまでご提供してきたコラムやレビューから、備災・防災に役立つ記事を厳選してお届けします。 各記事へは、それぞれ記事タイトルをタップ(クリック)してください。   JTNDc3R5bGUlM0UlMEEuaXRvX2hlYWRlcl9saW5rLW5ld3MlMjAlN0IlMEElMjAlMjBkaXNwbGF5JTNBbm9uZSUzQiUwQSU3RCUwQS5uZXdzX3RpdGxlX3dyYXBwZXIlMjAubmV3c190aXRsZSUyMCU3QiUwQSUyMCUyMG1hcmdpbi1ib3R0b20lM0ElMjAwJTNCJTBBJTIwJTIwcGFkZGluZy1ib3R0b20lM0ElMjAwJTNCJTBBJTdEJTBBLm5ld3NfdGl0bGVfd3JhcHBlciUyMC5uZXdzX3RpdGxlJTIwLnZjX21lc3NhZ2VfYm94LWljb24lM0VpJTIwJTdCJTBBJTIwJTIwdG9wJTNBJTIwNjQlMjUlM0IlMEElN0QlMjAlMjAlMEElNDBtZWRpYSUyMCUyOG1heC13aWR0aCUzQSUyMDc2N3B4JTI5JTIwJTdCJTBBJTIwJTIwLm5ld3NfdGl0bGVfd3JhcHBlciUyMC5uZXdzX3RpdGxlJTIwLnZjX21lc3NhZ2VfYm94LWljb24lM0VpJTIwJTdCJTBBJTIwJTIwJTIwJTIwbGVmdCUzQSUyMDMwcHglM0IlMEElMjAlMjAlN0QlMjAlMjAlMEElN0QlMEElMEEubmV3c19saXN0JTIwJTdCJTBBJTIwJTIwbWFyZ2luJTNBJTIwMCUyMDAlMjAwJTIwMCUzQiUwQSU3RCUwQS5uZXdzX2xpc3QlMjAubGtjLWV4dGVybmFsLXdyYXAlMkMlMEEubmV3c19saXN0JTIwLmxrYy1pbnRlcm5hbC13cmFwJTIwJTdCJTBBJTIwJTIwbWF4LXdpZHRoJTNBJTIwMTAwJTI1JTNCJTBBJTIwJTIwYm9yZGVyJTNBJTIwMXB4JTIwc29saWQlMjAlMjNkOGQ4ZDglM0IlMEElN0QlMEEubmV3c19saXN0JTIwLmxrYy1leHRlcm5hbC13cmFwJTIwLmxrYy1jb250ZW50JTJDJTBBLm5ld3NfbGlzdCUyMC5sa2MtaW50ZXJuYWwtd3JhcCUyMC5sa2MtY29udGVudCUyMCU3QiUwQSUyMCUyMGhlaWdodCUzQSUyMDEwMnB4JTNCJTBBJTdEJTBBLm5ld3NfbGlzdCUyMC5sa2MtaW50ZXJuYWwtd3JhcCUyMC5sa2MtbGluayUyMC5sa2MtY2FyZCUyMC5sa2MtaW5mbyUyMC5sa2MtZGF0ZSUyMCU3QiUwQSUyMCUyMGRpc3BsYXklM0ElMjBub25lJTIwJTIxaW1wb3J0YW50JTNCJTBBJTdEJTBBLm5ld3NfbGlzdCUyMC5sa2MtZXh0ZXJuYWwtd3JhcCUyMC5sa2MtY29udGVudCUyMC5sa2MtdGl0bGUtdGV4dCUyQyUwQS5uZXdzX2xpc3QlMjAubGtjLWludGVybmFsLXdyYXAlMjAubGtjLWNvbnRlbnQlMjAubGtjLXRpdGxlLXRleHQlMjAlN0IlMEElMjAlMjBmb250LXNpemUlM0ElMjAxNHB4JTNCJTBBJTdEJTBBLm5ld3NfbGlzdCUyMC5sa2MtZXh0ZXJuYWwtd3JhcCUyMC5sa2MtY29udGVudCUyMC5sa2MtdXJsJTJDJTBBLm5ld3NfbGlzdCUyMC5sa2MtaW50ZXJuYWwtd3JhcCUyMC5sa2MtY29udGVudCUyMC5sa2MtdXJsJTIwJTdCJTBBJTIwJTIwZm9udC1zaXplJTNBJTIwOHB4JTNCJTBBJTdEJTBBLndwYl90ZXh0X2NvbHVtbi5uZXdzX2xpc3QlMjAlM0UlMjAud3BiX3dyYXBwZXIlMjAubGlua2NhcmQlMjAubGtjLWV4dGVybmFsLXdyYXAlMjBhJTJDJTBBLndwYl90ZXh0X2NvbHVtbi5uZXdzX2xpc3QlMjAlM0UlMjAud3BiX3dyYXBwZXIlMjAubGlua2NhcmQlMjAubGtjLWludGVybmFsLXdyYXAlMjBhJTIwJTdCJTBBJTIwJTIwdGV4dC1kZWNvcmF0aW9uJTNBJTIwbm9uZSUyMCUyMWltcG9ydGFudCUzQiUwQSU3RCUwQS53cGJfdGV4dF9jb2x1bW4ubmV3c19saXN0JTIwJTNFJTIwLndwYl93cmFwcGVyJTIwLmxpbmtjYXJkJTIwJTJCJTIwYnIlMjAlN0IlMEElMjAlMjBkaXNwbGF5JTNBJTIwbm9uZSUzQiUwQSUyMCUyMGhlaWdodCUzQSUyMDRweCUzQiUwQSU3RCUwQSUzQyUyRnN0eWxlJTNF

三浦半島の原因不明の異臭は大地震の前兆…?

続報: 2020/07/17に横須賀や久里浜周辺で「海の方からガス臭がする」という通報が相次ぎました。2020/06/04にも横須賀を中心とする神奈川県の三浦半島の広い範囲で異臭に関する通報が多数発生していますが、いまだに原因不明となっています。   以下、報道です。 ■2020/07/17の報道   ■2020/06/04の報道   2020/07/17の異臭と関連して報じられたのが、7/10に横須賀市の野比海岸の岩場に漂着したザトウクジラと思われるクジラの死骸です。 これは7/17に横須賀市によって東京湾外に曳航(えいこう)され、深海に沈めて「水葬」が行われましたが、異臭との関連は依然として判っていません。また三浦半島では5/31にも三浦市内で「ガス臭い」という異臭に関する119番通報がありましたが、消防が駆け付けると臭いが消えており、こちらも原因不明のままとなっています。   ネット上ではニュースやSNSなどで「大地震の前兆では?」という噂話しが拡散しています。 『原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か(日刊ゲンダイDIGITAL)』   この記事では立命館大学の教授への取材となっていますが、当該教授の過去の「予測」としては「週刊女性2017年5月23日号」に掲載のこのような記事があります。   『大地震を連続的中させた高橋教授から「5・13博多に警戒」とメールが届いた』   2017年のゴールデンウィーク明け、特に5月13日前後に博多・北九州周辺で大規模地震が起きる可能性があることを予測したものですが、結果としてそのような地震は発生していません。   試しに三浦半島における確認済の断層帯と各所轄署への異臭通報件数を重ねてみたのが冒頭の図です。この情報だけで見ると、通報件数が約30件と他に比べて少なめだった三崎署管内における断層対は南下浦断層・引橋断層の2つですが、通報件数が多かった浦賀署管内・横須賀署管内においては「衣笠・北武山断層帯」「武山断層帯」の断層群主部が広範囲に密集しながら存在することが判ります。   今回通報があった異臭の特徴をピックアップしてみると   「ガス臭い」 「ゴムが焼けたような臭いがする」 「プラスチックが燃えたよう」 「化学薬品のようなにおい」 「にんにくのようなにおい」   となっており、異臭の原因について、横須賀市消防局・警察・海上保安庁・東京ガスによる調査では初めに通報があったときは風速3メートルの南風で、短時間のため臭いを分析できず、結果的に原因は不明なままとなっています。ちょうど2度めの異臭通報が相次いだ7/17の翌日、7/18には相模湾でM3.5の小規模な地震がありました。   【相模湾】 2020/07/18 00:57頃, 震度1, M3.5, 深さ120km, 北緯35.2度, 東経139.5度   震源の深さ120kmという「深発地震」の部類になります。 深発地震は震源の位置が深い地震を示しますが、明確な定義はありません。概ね深さ60kmまでの地震を浅発地震、60〜200kmまでの地震を稍(やや)深発地震、200kmより深い位置で発生する地震を深発地震としています。「災害前に発生する異臭」として判明しているのはガケ崩れや土砂崩れの前に、崩壊が進む土壌の中から植物の腐ったような臭いや土壌内の微生物が有機物を分解して発生した硫化水素が空気中に拡散し、異臭となって漂うことはありますが、異臭が通報された範囲や報じられているニオイの質から考えると、そういうものとは明らかに異なります。   東京湾沿岸では、千葉市内などで2019年5月8日夜に「ガス臭い」「ゴムが焼けたような臭いがする」「プラスチックが燃えたよう」といった同様な異臭騒ぎで約120件の119番通報があり、消防が出動して調査したものの、このときも原因は判らずじまいでした。 『「焦げ臭い」原因分からず 8日夜、千葉市で通報相次ぐ(千葉日報)』   2019年に関しては、東京周辺での大きな地震は発生していません。 (ただし、6/18に山形県沖を震源とするM6.7・最大震度5弱の地震がありました)   「原因不明の異臭と地震」の例としては、海外になりますが2017/01/13に韓国・釜山で「原因不明のアンモニア臭」「ガスの臭い」との通報」が相次いだものの、結論として原因は不明。その年の11/15に韓国における観測史上最大の「浦項地震(ポハンじしん)M5.4」が発生し、82名の死者が出ています。 『韓国・釜山でまた異臭騒ぎ、息ができないほどのアンモニア臭に「地震の前兆か」と不安広がる』 『浦項地震』   地震に関連したガスとしては天然に存在する「放射性のラドンガス」があり、地震の震源域の岩盤内などに割れ目が多量に発生した際に岩石中からラドンガスが放出されて地下水の動きなどに伴って地表へ上がってくることがありますが、ラドンガスは無味無臭ものですので、三浦半島の異臭の原因とは考えにくいでしょう。 また、関東地方には「南関東ガス田」と呼ばれる日本最大の水溶性ガス田が存在しますが、主に千葉県を中心とした南関東一帯に分布していますので、三浦半島で集中的に地下のメタンガスが噴出するケースも考えにくいと思われます。 上図のように、異臭の通報が相次いだ三浦半島は「首都直下地震」の想定震源域に入っており、1703年の元禄地震・1923年の関東大震災のいずれの震源域内にも位置しています。   ただ、「いつ起きるのか?」と必要以上に不安になる必要はありませんし、発生する詳細な場所と時期と地震の規模は現代の最先端の科学力を用いても予測不可能という現状ですので、そこを一般市民レベルで突き詰めて考えることに大きな意味があるとは思えません。   今回の異臭も本当に前兆かどうかは実際に起きてみなければ検証はできませんし、検証しても因果関係が証明できるとは限りません。ただし、こうした状況や情報は「備えるためのキッカケ」として利用することは有意義です。   ひとつはっきりしていることは「起きたときに命が無事なら、その後を乗り切るための備えが無ければ生活に困窮する可能性が高い」ということです。   今回の異臭騒ぎや「大地震の前兆かも?」といった話題を「喉元過ぎれば熱さを忘れる」で忘れてしまうのではなく、これをキッカケとして必要な備災・防災グッズなどを確認しておきましょう。 JTNDc3R5bGUlM0UlMEEubGtjLWRhdGUlN0IlMEElMjAlMjBkaXNwbGF5JTNBJTIwbm9uZSUyMCUyMWltcG9ydGFudCUzQiUwQSU3RCUwQSUzQyUyRnN0eWxlJTNF

備蓄食料は真空パックで長期保存!実際に試して徹底レビュー

災害対策として日頃から食料備蓄をされているかたも多いと思いますが、2020年初旬は新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛要請によって備蓄を始めたかたも多いと思います。報道などを観る限りでは、主食面ではコメやパスタ・インスタントラーメンなどに需要が集中したようです。   大量に備蓄した場合の課題は「賞味期限切れを忘れる」こと。解決手段の1つとして、ローテーション消費と併せて「真空パック」を活用してみましょう。『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。真空パックと聞くと、なんとなく個人や家庭レベルでは難しそうなイメージがあるかもしれませんが、今は本格的な真空パック用の機器が手軽かつ安価に入手できます。通販サイトなどでは数千円レベルからの商品も。(写真は編集部スタッフが災害対策として実際に備蓄している食料の一部)   「お米やパスタ類を大量に備蓄してしまったけど、賞味期限を考えて消費する自信が無い」という場合は、こうした手頃な真空パック機を購入して、とりあえずパックしてしまいましょう。   というわけで、いつものように編集部スタッフが実際に購入して愛用している真空パック機器を用いて、具体的な活用方法をご提案します。各社から様々なモデルが発売されており価格も様々。どれを選べば良いのかわかりにくいのですが、独断と偏見による選択基準は次の4点。   ① 使用する「袋」は専用品以外も使える(低ランニングコスト) ② 汁物や水分を含むものでもパックできる(調理済み惣菜などにも対応) ③ 内部洗浄とメンテナンスがしやすい(特に食材から出た水分を吸った場合に) ④ 使用方法が解りやすくサポートが手厚い 以上の基準で選択したのが、「FOOD SHIELD(フードシールド)JP290-Plus」。上記をすべて満たし使い勝手も簡単かつ良好です。特に汁物や水分を含むものでも、安心してパックできる「大容量集水カップ」が付いたモデルを使用しました。図解のわかりやすい日本語の取扱説明書も添付され、様々な使いかたを実演する 公式YouTubeチャンネル も開設されています。 (※真空パック機器の使用時は商品に同梱されている取扱説明書を読み、ご理解の上で正しくお使いください)JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyTnhaek1CJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRm0ubWVkaWEtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY3MVRyRGVZb2JlTC5fQUNfVUwzMjBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyTnhaek1CJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTMlODMlOTUlRTMlODMlQkMlRTMlODMlODklRTMlODIlQjclRTMlODMlQkMlRTMlODMlQUIlRTMlODMlODklRTclOUMlOUYlRTclQTklQkElRTMlODMlOTElRTMlODMlODMlRTMlODIlQUYlRTUlOTklQTglRTMlODMlQkIlRTQlQjglOEElRTQlQkQlOEQlRTclODklODglM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFNCVCOCVCQiVFMyU4MSVBQiVFNCVCOSVCRSVFNyU4NyVBNSVFNSU5MyU4MSVFMyU4MiU5MiVFMyU4MyU5MSVFMyU4MyU4MyVFMyU4MiVBRiVFMyU4MSU5OSVFMyU4MiU4QiVFMyU4MSU5MyVFMyU4MSVBOCVFMyU4MSU4QyVFNSVBNCU5QSVFMyU4MSU4NCVFMyU4MSVBQSVFMyU4MiU4OSVFMyU4MCU4MSVFMyU4MSU5MyVFMyU4MSVBMSVFMyU4MiU4OSVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGM2RENk9OViUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZtLm1lZGlhLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNTFPVXBRUldFU0wuX0FDX1VMMzIwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGM2RENk9OViUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUUzJTgzJTk1JUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTg5JUUzJTgyJUI3JUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJUFCJUUzJTgzJTg5JUU3JTlDJTlGJUU3JUE5JUJBJUUzJTgzJTkxJUUzJTgzJTgzJUUzJTgyJUFGJUU1JTk5JUE4JUUzJTgzJUJCJUU0JUI4JThBJUU0JUJEJThEJUU3JTg5JTg4JUVGJUJDJTg4JUU1JUE0JUE3JUU1JUFFJUI5JUU5JTg3JThGJUU5JTlCJTg2JUU2JUIwJUI0JUUzJTgyJUFCJUUzJTgzJTgzJUUzJTgzJTk3JUU0JUJCJTk4JUUzJTgxJThEJUVGJUJDJTg5JTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTYlQjAlQjQlRTUlODglODYlRTMlODIlODQlRTYlQjElODElRTYlQjAlOTclRTMlODElQUUlRTMlODElODIlRTMlODIlOEIlRTMlODIlODIlRTMlODElQUUlRTMlODIlOTIlRTUlQTQlOUElRTMlODElOEYlRTMlODMlOTElRTMlODMlODMlRTMlODIlQUYlRTMlODElOTklRTMlODIlOEIlRTMlODElQUElRTMlODIlODklRTMlODElOTMlRTMlODElQTElRTMlODIlODklRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0UlMEE=長期備蓄を目的として初めてでも手軽にパックしやすいものは、何と言っても「お米と乾麺・乾物」でしょう。   無洗米・パスタ・インスタントラーメン・乾燥ワカメやヒジキなど(水分を含まないもの)。(写真は無洗米を2合づつ真空パック)   真空パックの練習用にも適しており、そのまま長期備蓄品として保存できます。お米や乾麺・乾物なら真空パックしてしまえば腐敗などの心配は最小限です。   なお、これらをパックした後の賞味期限の考えかたとしては、表示されている賞味期限の約1.5〜2倍程度としてください。真空パックと言えども過信は禁物です。さらに万全を期したい場合は、乾燥剤や脱酸素剤を同封して真空パックするのもいいでしょう。(写真は早ゆでタイプのマカロニ)   パスタの場合、備蓄に向いているのはマカロニに代表されるショートパスタが真空パックにオススメ。早ゆでタイプなら水や燃料費なども節約になり、災害備蓄だけでなくキャンプなどのアウトドア用の食材としても活用されています。インスタントラーメン(袋麺)をパックする場合は、インスタントラーメン自体の包装袋に2箇所程度切れ込みを入れてからパックします。包装袋内にある程度の空気が入っているため、そのままだと包装袋内部にある空気が残ったままになってしまいます。日本の食卓に欠かせない主食が「お米」。保存性も良く備蓄用にも最適な食材の1つです。停電して電子炊飯器が使えなくても、固形燃料やカセットコンロで炊くこともでき、キャンプなどのアウトドア愛好家なら「焚き火」での炊飯も定番です。   そんなお米も、空気中の酸素と結合して酸化したり吸湿して劣化していきます。スーパーなどで売られているお米が入っている樹脂系素材の袋には空気抜きのための微小な穴が空いているため、酸化やコクゾウムシなどの虫が入らないように長期備蓄には注意する必要があります。そんなお米の家庭での長期保存には、真空パックが最適です。   実際のパック方法は次のとおりです。炊飯1回ごとの使い切りサイズでナイロンポリ袋にお米を入れます。使用している真空パック機はポリ袋なら何でも使えるタイプですが、今回は真空パック用途で汎用のナイロンポリ袋「クリロン化成(株)の彊美人(きょうびじん)」シリーズから140mm × 200mmサイズのタイプを使い、2合づつパックすることにしました。JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYzZUUySkt0JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRm0ubWVkaWEtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY0MSUyQjBDbWNsVGpMLl9BQ19VTDMyMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjNlRTJKS3QlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFMyU4MiVBRiVFMyU4MyVBQSVFMyU4MyVBRCVFMyU4MyVCMyVFNSU4QyU5NiVFNiU4OCU5MCUyOCVFNiVBMCVBQSUyOSVFMyU4MSVBRSVFNSVCRCU4QSVFNyVCRSU4RSVFNCVCQSVCQSVFRiVCQyU4OCVFMyU4MSU4RCVFMyU4MiU4NyVFMyU4MSU4NiVFMyU4MSVCMyVFMyU4MSU5OCVFMyU4MiU5MyVFRiVCQyU4OSVFMyU4MiVCNyVFMyU4MyVBQSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiVCQSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU3JTlDJTlGJUU3JUE5JUJBJUUzJTgzJTkxJUUzJTgzJTgzJUUzJTgyJUFGJUUzJTgxJUFCJUU0JUJEJUJGJUUzJTgxJTg4JUUzJTgyJThCJUU2JUIxJThFJUU3JTk0JUE4JUUzJTgzJThBJUUzJTgyJUE0JUUzJTgzJUFEJUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJTlEJUUzJTgzJUFBJUU4JUEyJThCJUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTIxLS0lMjAuLi4uLi4uLi4uLiUyMC0tJTNFJTBB真空パック機の圧着フタを開けて準備。中央は脱気用ノズルを出したところ、横方向に伸びる銅色のラインはポリ袋を加熱して溶着させるためのヒーターです。   ノズルを覆うようにポリ袋をセットします。この際、ノズル部分に空気の通り道ができるように、食材を近づけたり袋にシワを作ることがコツ。空気の通り道が塞がれてしまうと、うまく脱気できません。圧着フタを閉じて真空パックを開始。吸気を抜くための脱気時間と、ヒーターでポリ袋を溶着する時間は1秒単位で調整できます。無洗米2合分の真空パック完了、フタを開けて取り出すだけです。パック時にエージレスなどの脱酸素剤などを同封すれば、より保存性が高まります。2合(1合150g × 2)づつパックして、10パック完成。お米1合を炊くと2人前弱程度ですので、2合は3人前強〜4人前弱くらいの量です。パックした日時とお米袋に記載の賞味期限は書いておくと便利です。   購入したままのお米の標準的な保存期間は、気温と湿度が上がる春〜夏なら精米後1ヶ月。逆に秋〜冬なら2ヶ月が目安。 真空パックすれば常温でおよそ1年、冷蔵庫なら2年程度鮮度を保つことができるとされます。編集部スタッフは自宅でよく「サラダチキン」を作っていますが、その際にも真空パック機を活用しています。生の鶏むね肉に味付けをしたら、そのまま真空パックしてそのまま70度以上の熱湯で60分程度ボイル(食中毒を防ぐなら80度で30分間以上または100度なら数分以上)。粗熱が取れたら冷蔵庫へ。これなら食中毒のリスクも最小限に抑えられますし、保存期間も伸ばすことができます。   しっかりと火を通した調理済み食品の冷蔵保存時の賞味期限は、食材の鮮度や状態にもよりますが清潔な状態でおおむね3日程度。これを1週間までは伸ばせます。こちらは自家製の菜の花の漬け物を真空パック。素材を軽くボイルしてから漬け汁となる調味液と一緒にパックします。パック後には殺菌のため再度短時間ボイルして冷蔵庫へ。「割干し大根」なども保存食として作りやすくなります。写真は空気が乾燥する冬に編集部スタッフが仕込んだ割干し大根。厚切りで機械乾燥ではない完全天日干しです。1週間程度で干し上がり。実は大根の重量の95%は水分です。幅広・分厚くカットした大根も、干してしまえばかなり小さく軽くなります。念のため乾燥剤を同封して真空パックしました。乾燥野菜は、まとめて作って普段遣いできる「備蓄野菜」としても使いやすい食材です。 他にも休日に自家製のカット野菜の真空パックをある程度まとめて作って冷蔵保存しておくと、平日の料理がラクだったりと、料理の幅が広がり効率化も可能です。災害時、被災生活がある程度長引く場合の食事でこれまで指摘されたのは「野菜不足」。解決策はいくつかありますが、1つは「乾燥カットわかめ」の備蓄です。入手しやすく保存性も高い食材。 市販の乾物は賞味期限が半年〜2年程度と比較的長めに設定されていますが、徳用サイズを購入して1回ぶん程度づつ小分けして真空パックするとさらに長期保存も期待でき、使い勝手も良く高コスパ。 (※甲状腺疾患をお持ちの場合、海藻に含まれるヨウ素の摂取が制限される場合がありますので、該当される場合は先に主治医にご相談ください)乾燥カットわかめと一緒に備えておきたいのが、インスタントラーメンの真空パックです。備蓄食料としても大きな立ち位置を確立した便利食ですが、そのままではほぼ炭水化物のみ。 乾燥わかめや缶詰の焼き鳥などを加えれば、備蓄食料としても一定の栄養バランスが期待できる組合わせです。 (※袋入りインスタントラーメンを真空パックする際は前述のとおり、包装袋に切れ込みを入れて内部の空気も同時に脱気されるようにするのがコツです)真空パックした食材であっても、常温保存するとボツリヌス菌が増える場合があります。ボツリヌス菌は酸素が少ない状態でも増殖して毒素を出し、食中毒の原因となる細菌のひとつです。   自家製を含む惣菜類を真空パックする際は、パック後にしっかりとボイルなどで加熱しておきましょう。また惣菜類などは真空パックしたからと言ってそれを過信せず、早めに消費し切るようにしましょう。 (ボツリヌス菌に関する情報や食材別の賞味期限目安などは、参考情報として記事末にリンクを記載)真空パックして便利なものは食材に限りません。たとえば医薬品・タオルなどの布類・嫌気性の接着剤などのパックにも活用できます。【医薬品の保存】 常備薬などが余ってしまった場合、真空パックして保存することもできます。備災・防災用として非常用持ち出し袋に入れておくのも良いでしょう。 病院での処方薬は基本的に用法用量を守ればすべて飲みきることが前提ですが、万が一余ってしまって保存したい場合は、主治医に確認した上で真空パック保存を検討してみてください。 なお病院などで処方された医療用医薬品は、製造後、未開封の状態で3〜5年が使用期限とのこと。 (参考情報:製薬協「Q29くすりの使用期限と上手な保管方法は。」) 市販薬の賞味期限についてはパッケージを確認してください。【タオルなどの布類】 旅行などに行く場合や非常用持ち出し袋にタオルなどを入れておく場合に、真空パックすればコンパクトにできます。 写真は、真空パック用の袋ではなく一般的なチャック付きポリ袋で真空パックした例。今回使用した機器であれば、表面が滑らかな素材のポリ袋であれば比較的どれでも真空パック用に使うことができます。【空気に触れさせたくない接着剤や補修剤などの保存】 接着剤や補修剤などにおいては、一度開封してしまうとフタをしめても微妙な隙間から空気中の水分を取り込んで、固化して使えなくなったりフタが開かなくなってしまうものがあります。 これは編集部スタッフがキャンプ用品の補修などに使っている「シームグリップ」という防水補修剤。使用開始後は使いかけを放っておくとすぐに固まってフタが開かなくなってしまうので、保存は極力空気に触れないようにして冷蔵保存するなどの工夫が必要です。しかし、これも真空パックしてしまえば安心。真空パック機「FOOD SHIELD(フードシールド)JP290-Plus」は専用の真空パック袋は必要としないのが特徴の1つです。ジップロックに代表されるいわゆる「チャック付きポリ袋」でも真空パックできます。 市販のナイロンポリ袋なら何でも使えるので、あらかじめ100毎単位で購入しておくといいでしょう。ただナイロンポリ袋にも多くのサイズがあるので、どれを購入すればよいか迷うところです。編集部スタッフも当初どれを買えばよいか迷ったので、サイズが異なる大〜小のナイロンポリ袋を5種類ほど実際に買って試してみました。 ナイロンポリ袋は、真空パックに使える市販のナイロンポリ袋でもっともスタンダードとされる「クリロン化成 彊美人(きょうびじん)」というシリーズがオススメです。初めて買うなら、この3サイズが良いでしょう。JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyTkFXbWZtJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRm0ubWVkaWEtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkYyMWZaU0hPVnc4TC5fQUNfVUwzMjBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyTkFXbWZtJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTUlQkQlOEElRTclQkUlOEUlRTQlQkElQkElMjAyMDBtbSUyMHglMjAyMzBtbSVFRiVCQyU4OFhTLTIwMjMlRUYlQkMlODklM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUyMHN0eWxlJTNEJTIyZm9udC1zaXplJTNBMTZweCUzQiUyMiUzRSVFOCVBMiU4QiVFNSU4NSVBNSVFMyU4MiU4QSVFMyU4MSVBRSVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyVCMyVFMyU4MiVCOSVFMyU4MiVCRiVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU4OCVFMyU4MyVBOSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyVBMSVFMyU4MyVCMyVFMyU4MiU5MiVFMyU4MSVBRiVFMyU4MSU5OCVFMyU4MiU4MSVFMyU4MSVBOCVFMyU4MSU5NyVFMyU4MSU5RiVFMyU4MCU4MSVFMyU4MiU4MiVFMyU4MSVBMyVFMyU4MSVBOCVFMyU4MiU4MiVFNSVBNCU5QSVFNyU5NCVBOCVFOSU4MCU5NCVFMyU4MSVBQiVFNCVCRCVCRiVFMyU4MSU4OCVFMyU4MiU4QiVFMyU4MSU4QSVFNiU4OSU4QiVFOSVBMCU4MyVFNCVCOCU4NyVFOCU4MyVCRCVFMyU4MiVCNSVFMyU4MiVBNCVFMyU4MiVCQSVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSU5OSVFMyU4MCU4MiUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMk5CeHh6SSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZtLm1lZGlhLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGODFURHVXbUdSZUwuX0FDX1VMMzIwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMk5CeHh6SSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUU1JUJEJThBJUU3JUJFJThFJUU0JUJBJUJBJTIwMTQwbW0lMjB4JTIwMjAwbW0lRUYlQkMlODhYUy0xNDIwJUVGJUJDJTg5JTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMmZvbnQtc2l6ZSUzQTE2cHglM0IlMjIlM0UlRTMlODElOEElRTclQjElQjMlRUYlQkMlOTIlRTUlOTAlODglRTMlODElQjYlRTMlODIlOTMlRTMlODElQUElRTMlODElQTklRTMlODAlODElRTMlODIlQjMlRTMlODMlQjMlRTMlODMlOTElRTMlODIlQUYlRTMlODMlODglRTMlODElOTUlRTMlODElQTglRTUlQUUlQjklRTklODclOEYlRTMlODIlOTIlRTQlQjglQTElRTclQUIlOEIlRTMlODElOTclRTMlODElOUYlRTMlODElODQlRTUlQTAlQjQlRTUlOTAlODglRTMlODElQUIlRTMlODIlQUElRTMlODIlQjklRTMlODIlQjklRTMlODMlQTElRTMlODElQTclRTMlODElOEQlRTMlODIlOEIlRTMlODIlQjUlRTMlODIlQTQlRTMlODIlQkElRTMlODAlODIlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjNkRVRkOEMlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGbS5tZWRpYS1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjUxSWdUcUg2dnRMLl9BQ19VTDMyMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjNkRVRkOEMlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFNSVCRCU4QSVFNyVCRSU4RSVFNCVCQSVCQSUyMDEyMG1tJTIweCUyMDE3MG1tJUVGJUJDJTg4WFMtMTIxNyVFRiVCQyU4OSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJmb250LXNpemUlM0ExNnB4JTNCJTIyJTNFJUU1JUI4JUI4JUU1JTgyJTk5JUU4JTk2JUFDJUUzJTgyJTg0JUU1JUIwJThGJUU3JTg5JUE5JUUzJTgwJTgxJUU1JUIwJThGJUU1JUFFJUI5JUU5JTg3JThGJUUzJTgxJUFBJUUzJTgyJTgyJUUzJTgxJUFFJUUzJTgyJTkyJUU1JUI1JUE5JUU1JUJDJUI1JUUzJTgyJTg5JUUzJTgxJTlBJUUzJTgxJUFCJUU3JTlDJTlGJUU3JUE5JUJBJUUzJTgzJTkxJUUzJTgzJTgzJUUzJTgyJUFGJUUzJTgxJTk3JUUzJTgxJTlGJUUzJTgxJTg0JUU1JUEwJUI0JUU1JTkwJTg4JUUzJTgxJUFCJUU2JTlDJTgwJUU5JTgxJUE5JUUzJTgxJUFBJUUzJTgyJUI1JUUzJTgyJUE0JUUzJTgyJUJBJUUzJTgwJTgyJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTIxLS0lMjAuLi4uLi4uLi4uLiUyMC0tJTNFより大きいサイズもありますが慣れないと(空気が吸い出される際の通り道が作れないなど)うまく脱気できなかったりするので、まずはこの3サイズから使い慣れるのがオススメです。お米や乾麺などの水分をほとんど含まない食材をパックする場合はあまり気にすることもありませんが、惣菜類などの水分や汁気を含むものをパックすると空気を抜くための機器内の部品内に吸った汁気が残ってしまいます。それらをキレイにするには、温水(お湯)を吸わせて内部をクリーニングします。メンテナンス用のチューブが付属するので「吸気(脱気)用ノズル」に装着して温水を吸わせ、内部に残った汁気を洗浄します。香りの強いものに含まれる汁気の場合は、食洗機用の洗剤などを溶かした温水を吸わせた後に「すすぎ」用の温水を吸わせてクリーニングすると良いでしょう。終わったらしっかりと乾燥させてから収納してください。 (写真は洗浄用のお湯を吸わせ、吸ったお湯が真空パック機に取り付けた「集水カップ」に排出された状態。このカップは大容量であると手入れもやりやすいです)今回使用した真空パック機「FOOD SHIELD(フードシールド)JP290-Plus」は、背面にメンテナンス用スペースがありフタを開けてアクセスします。白いボックスの下側が吸気ノズル、ボックス内には左側の黒いスポンジ状のフィルターが入っています。 汁物をパックした際に汁に含まれる微小な固形物などはここに集められるので、定期的にここもクリーニングすると良いでしょう。白いボックスの右から延びているチューブは、集水カップへ繋がっています。過去のいくつかの震災を経験された方々などは既に家庭備蓄を進めていると思いますが、2020年の新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛や「STAY HOME」をキッカケとして備蓄をはじめたかたも多いでしょう。   編集部スタッフの周囲でも、無洗米・パスタ・インスタントラーメンなどは缶詰やレトルト食品と並んで備蓄している人が多い食材です。しかし同時に多く聞く話は、ローテーション消費を心がけていながらも、ついつい賞味期限が切れてしまったというもの。   その点、お米やパスタなど、乾燥度合いがかなり高く保存時の酸化程度が気になる食材であれば、真空パックすることで保存性をより高めることができます。   自家製惣菜の日々の真空パックなどは後のメンテナンスを考えるとちょっとだけ面倒だったりしますが、長期備蓄食品の保存性を高めるための真空パックはかなりオススメできます。特に無洗米などを備蓄されている場合は、真空パック機の導入を検討してみてください。   ■参考情報リンク ・北海道石狩振興局「真空パック等の密封食品の保存に注意しましょう!」 http://www.ishikari.pref.hokkaido.lg.jp/hk/cth/boturinus.htm ・東京都福祉保健局「食中毒を起こす微生物・ボツリヌス菌」 https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/shokuhin/micro/boturinu.html ・大作商事株式会社「食品別真空保存期間 目安表」 https://www.daisaku-shoji.co.jp/p_freshpackpro_store.html ・石島商事株式会社「真空包装機で食材を保存するときの目安期間」 https://ishijimashoji.com/free/shinkuuhousouki-shinkuupack ・全国食肉事業協同組合連合会「期限表示(消費期限・賞味期限)」 https://www.ajmic.or.jp/kumiai/2013pdf/p38-40.pdf ・愛知県尾張農林水産事務所「安心・安全な浅漬けの加工方法と消費期限の検討」 https://www.pref.aichi.jp/nogyo-keiei/nogyo-aichi/gijutu_keiei/ippan1103.pdfJTNDaDIlMjBjbGFzcyUzRCUyMndwYl9oZWFkaW5nJTIwd3BiX3NpbmdsZWltYWdlX2hlYWRpbmclMjIlM0UlRTUlODIlOTklRTglOTMlODQlRTklQTMlOUYlRTYlOTYlOTklRTMlODElQTUlRTMlODElOEYlRTMlODIlOEElRTMlODElQUIlRTUlQTQlQTclRTYlQjQlQkIlRTglQkElOEQlRUYlQkMlODElRTclOUMlOUYlRTclQTklQkElRTMlODMlOTElRTMlODMlODMlRTMlODIlQUYlRTYlQTklOUYlRTMlODIlOTJhbWF6b24lRTMlODElQTclRTglQTYlOEIlRTMlODIlOEIlRUYlQkMlODElM0MlMkZoMiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMk54WnpNQiUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZtLm1lZGlhLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNzFUckRlWW9iZUwuX0FDX1VMMzIwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMk54WnpNQiUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUUzJTgzJTk1JUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTg5JUUzJTgyJUI3JUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJUFCJUUzJTgzJTg5JUU3JTlDJTlGJUU3JUE5JUJBJUUzJTgzJTkxJUUzJTgzJTgzJUUzJTgyJUFGJUU1JTk5JUE4JUUzJTgzJUJCJUU0JUI4JThBJUU0JUJEJThEJUU3JTg5JTg4JTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTclQjclQTglRTklOUIlODYlRTklODMlQTglRTMlODIlQUElRTMlODIlQjklRTMlODIlQjklRTMlODMlQTElRTMlODAlODIlRTQlQjglQkIlRTMlODElQUIlRTQlQjklQkUlRTclODclQTUlRTUlOTMlODElRTMlODIlOTIlRTMlODMlOTElRTMlODMlODMlRTMlODIlQUYlRTMlODElOTklRTMlODIlOEIlRTMlODElOTMlRTMlODElQTglRTMlODElOEMlRTUlQTQlOUElRTMlODElODQlRTMlODElQUElRTMlODIlODklRTMlODIlQjMlRTMlODMlODElRTMlODMlQTklRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjNkRDZPTlYlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGbS5tZWRpYS1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjUxT1VwUVJXRVNMLl9BQ19VTDMyMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjNkRDZPTlYlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFMyU4MyU5NSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU4OSVFMyU4MiVCNyVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyVBQiVFMyU4MyU4OSVFNyU5QyU5RiVFNyVBOSVCQSVFMyU4MyU5MSVFMyU4MyU4MyVFMyU4MiVBRiVFNSU5OSVBOCVFMyU4MyVCQiVFNCVCOCU4QSVFNCVCRCU4RCVFNyU4OSU4OCVFRiVCQyU4OCVFNSVBNCVBNyVFNSVBRSVCOSVFOSU4NyU4RiVFOSU5QiU4NiVFNiVCMCVCNCVFMyU4MiVBQiVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU5NyVFNCVCQiU5OCVFMyU4MSU4RCVFRiVCQyU4OSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU2JUIwJUI0JUU1JTg4JTg2JUUzJTgyJTg0JUU2JUIxJTgxJUU2JUIwJTk3JUUzJTgxJUFFJUUzJTgxJTgyJUUzJTgyJThCJUUzJTgyJTgyJUUzJTgxJUFFJUUzJTgyJTkyJUU1JUE0JTlBJUUzJTgxJThGJUUzJTgzJTkxJUUzJTgzJTgzJUUzJTgyJUFGJUUzJTgxJTk5JUUzJTgyJThCJUUzJTgxJUFBJUUzJTgyJTg5JUUzJTgxJTkzJUUzJTgxJUExJUUzJTgyJTg5JUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTIxLS0lMjAuLi4uLi4uLi4uLiUyMC0tJTNFJTBBJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYzODNmeEk3JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRm0ubWVkaWEtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY2MXF0RmdMMUJNTC5fQUNfVUwzMjBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYzODNmeEk3JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTUlQUUlQjYlRTUlQkElQUQlRTMlODElQTclRTQlQkQlQkYlRTMlODElODglRTMlODIlOEIlRTclOUMlOUYlRTclQTklQkElRTMlODMlOTElRTMlODMlODMlRTMlODIlQUYlRTYlQTklOUYlRTMlODAlODAlRTUlOTAlODQlRTclQTglQUUlM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFMyU4MSU4QSVFNiU4OSU4QiVFOSVBMCU4MyVFNCVCRSVBMSVFNiVBMCVCQyVFNSU5MyU4MSVFMyU4MSVBQSVFMyU4MiU4OSVFMyU4MCU4MSVFNiU5NSVCMCVFNSU4RCU4MyVFNSU4NiU4NiVFMyU4MyVBQyVFMyU4MyU5OSVFMyU4MyVBQiVFMyU4MSU4QiVFMyU4MiU4OSVFOSU4MSVCOCVFMyU4MSVCOSVFMyU4MSVCRSVFMyU4MSU5OSVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRSUwQSUwQSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGM2VFMkpLdCUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZtLm1lZGlhLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNDElMkIwQ21jbFRqTC5fQUNfVUwzMjBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYzZUUySkt0JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTMlODIlQUYlRTMlODMlQUElRTMlODMlQUQlRTMlODMlQjMlRTUlOEMlOTYlRTYlODglOTAlMjglRTYlQTAlQUElMjklRTMlODElQUUlRTUlQkQlOEElRTclQkUlOEUlRTQlQkElQkElRUYlQkMlODglRTMlODElOEQlRTMlODIlODclRTMlODElODYlRTMlODElQjMlRTMlODElOTglRTMlODIlOTMlRUYlQkMlODklRTMlODIlQjclRTMlODMlQUElRTMlODMlQkMlRTMlODIlQkElRTMlODAlODAlRTUlOTAlODQlRTclQTglQUUlM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFNyU5QyU5RiVFNyVBOSVCQSVFMyU4MyU5MSVFMyU4MyU4MyVFMyU4MiVBRiVFMyU4MSVBQiVFNCVCRCVCRiVFMyU4MSU4OCVFMyU4MiU4QiVFNiVCMSU4RSVFNyU5NCVBOCVFMyU4MyU4QSVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyVBRCVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU5RCVFMyU4MyVBQSVFOCVBMiU4QiUyMCVFNSU5MCU4NCVFNyVBOCVBRSVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMk5BV21mbSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZtLm1lZGlhLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGMjFmWlNIT1Z3OEwuX0FDX1VMMzIwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMk5BV21mbSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUU1JUJEJThBJUU3JUJFJThFJUU0JUJBJUJBJTIwMjAwbW0lMjB4JTIwMjMwbW0lRUYlQkMlODhYUy0yMDIzJUVGJUJDJTg5JTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTglQTIlOEIlRTUlODUlQTUlRTMlODIlOEElRTMlODElQUUlRTMlODIlQTQlRTMlODMlQjMlRTMlODIlQjklRTMlODIlQkYlRTMlODMlQjMlRTMlODMlODglRTMlODMlQTklRTMlODMlQkMlRTMlODMlQTElRTMlODMlQjMlRTMlODElQUElRTMlODElQTklRTMlODAlODElRTQlQjglODclRTglODMlQkQlRTMlODMlQkIlRTUlQTQlOUElRTclOTQlQTglRTklODAlOTQlRTUlOTAlOTElRTMlODElOTElRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJOQnh4ekklMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGbS5tZWRpYS1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjgxVER1V21HUmVMLl9BQ19VTDMyMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJOQnh4ekklMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFNSVCRCU4QSVFNyVCRSU4RSVFNCVCQSVCQSUyMDE0MG1tJTIweCUyMDIwMG1tJUVGJUJDJTg4WFMtMTQyMCVFRiVCQyU4OSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUUzJTgxJThBJUU3JUIxJUIzJUVGJUJDJTkyJUU1JTkwJTg4JUUzJTgxJUI2JUUzJTgyJTkzJUUzJTgxJUFBJUUzJTgxJUE5JUUzJTgwJTgxJUUzJTgyJUIzJUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJTkxJUUzJTgyJUFGJUUzJTgzJTg4JUUzJTgxJTk1JUUzJTgxJUE4JUU1JUFFJUI5JUU5JTg3JThGJUUzJTgyJTkyJUU0JUI4JUExJUU3JUFCJThCJUUzJTgxJTk3JUUzJTgxJTlGJUUzJTgxJTg0JUU1JUEwJUI0JUU1JTkwJTg4JUUzJTgxJUFCJUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTIxLS0lMjAuLi4uLi4uLi4uLiUyMC0tJTNFJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYzZEVUZDhDJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRm0ubWVkaWEtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY1MUlnVHFINnZ0TC5fQUNfVUwzMjBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYzZEVUZDhDJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTUlQkQlOEElRTclQkUlOEUlRTQlQkElQkElMjAxMjBtbSUyMHglMjAxNzBtbSVFRiVCQyU4OFhTLTEyMTclRUYlQkMlODklM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFNSVCOCVCOCVFNSU4MiU5OSVFOCU5NiVBQyVFMyU4MiU4NCVFNSVCMCU4RiVFNyU4OSVBOSVFMyU4MCU4MSVFNSVCMCU4RiVFNSVBRSVCOSVFOSU4NyU4RiVFMyU4MSVBQSVFMyU4MiU4MiVFMyU4MSVBRSVFMyU4MiU5MiVFNSVCNSVBOSVFNSVCQyVCNSVFMyU4MiU4OSVFMyU4MSU5QSVFMyU4MSVBQiVFNyU5QyU5RiVFNyVBOSVCQSVFMyU4MyU5MSVFMyU4MyU4MyVFMyU4MiVBRiVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRQ==

新型コロナウイルス感染者の「肺」の立体動画を米病院が公開

米国ジョージ・ワシントン大学病院により、新型コロナウイルスに感染した患者の肺の損傷状態を360度の立体動画にしたものが公開されています。 詳細な動画は「Surgical Theater」を通じたもの。「ウイルスに感染した異常な肺組織と、より健康な隣接した肺組織との間のコントラストを示している」という内容です。 現在ジョージ・ワシントン大学病院では、新型コロナウイルス患者の治療をおこなっています。また、同病院の公式youtube動画では、医師によるポッドキャストを取り扱う「RadioMD」のマーケティングディレクターであるビル・クラプロス氏による、同病院の胸部外科主任准教授のキース・モートマン博士への電話インタビューも公開されています。   インタビューによれば、患者は50代後半の男性で高血圧気味の基礎疾患がありました。初期症状として咳と発熱があり、次に他の患者同様に息切れなどを経て重症化、すぐに気道挿管が必要と判断され外部の病院へ転院が必要ということで、ジョージ・ワシントン大学病院へ。現在はECMO(体外式膜型人工肺)による治療を受けているとのこと。ECMO(Extracorporeal membrane oxygenation, エクモ)とは、 重症呼吸不全患者または重症心不全患者(時に心肺停止状態の蘇生手段として)に対しておこなわれる生命維持法で、心臓と肺が、生命を維持するのに十分な量のガス交換または灌流を提供できない者に対し、長期間、心臓と呼吸の支援を提供する体外技術 です。 (出典: Wikipedia - 体外式膜型人工肺)   同病院ではこの患者における新型コロナウイルスによる肺へのダメージをCGと360度のバーチャルリアリティ動画を用いて再現しました。動画中の肺組織の黄色がかった緑色部分がウイルスに感染している部分です。健康な肺組織とウイルスに感染し炎症を起こした肺組織の間には明確な差があり、人工呼吸器を必要とするほどに機能不全に陥っています。   日本国内でも3/28(土)・3/28(日)にかけて、東京都を中心とした近隣自治体で不要不急の外出を自粛する要請が出ておりますが、それでも早朝からドラッグストアなどの店頭に並ぶかたがたなども見受けます。特に欧米では各国ともにで戦時下と同様の状況と認識した対応が進んでいますが、日本国内ではまだどこか他人事と捉えている人々が多いように感じます。   もし自分自身が感染して重症化した場合、自分の肺組織はこうなっていくのだ、という実際の例をリアルに見ることができますので、今後しばらくは緊張感を持って自分や家族の健康と生活を守る必要があることを考えましょう。   現状は「電気・ガス・水道が止まっていないだけの大規模災害時と同様の状況」と捉えて差し支えないと考えられます。そしてあまり想像はしたくありませんが、もしここで「首都直下地震や南海トラフ巨大地震が発生したら、対応できる備えはあるか?」とも考えてみましょう。   そして、頭の中を「備災モード」に切り替えましょう。第一に自分や家族の健康と命を守れるのは、私たち一人ひとりの考え方と行動です。

首都直下地震や南海トラフ巨大地震だけではない、これから日本が直面する大災害に備える

2020年は阪神淡路大震災から25年、そして東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)から9年の月日が流れました。被災地での復興はまだまだ掛かります。東日本大震災は「1000年に一度」と言われますが、それはM9級の地震が起きると言う意味での1000年に一度。 改めて今後30年内では、M7〜M8クラスの地震の発生が想定されています。   【今後30年内の発生が想定されている地震】 ① 南海トラフ巨大地震 ② 首都直下型地震 ③ 北海道沖地震 ④ 東北〜関東の日本海溝沿いで起きるM7〜8の地震画像出典:Wikipedia 想定震源域では数十年前から起きると言われ続けて未だに起きていない、巨大地震。周期性と連動性が特徴です。特に東海地方にお住まいの方々は、人によっては子供の頃から幾度もの防災訓練を経験されてきたかたも多いのではないでしょうか。   南海トラフ沿いで発生する地震はフィリピン海プレートとユーラシアプレート(アムールプレート)の境界で発生し、フレート自体は年間6.5cm程度で動いています。巨大地震はおよそ90〜150年程度の周期で発生し、東海地震・東南海地震・南海地震の震源域が毎回数時間から数年の期間をおいて、あるいは時間を置かずに3つの地震が同時かつ連動していることが定説となっています。   地震研究の最前線では、南海トラフ巨大地震の発生の可能性が高まるのは、一説には2030年代からという見方が出ています(特に2030年代後半〜2040年代にかけて)。画像出典:Wikipedia 「南関東直下地震」とも言われ、関東地方の南部(神奈川県・東京都・千葉県・埼玉県・茨城県南部)で歴史的に繰り返し発生するM7クラスの巨大地震。相模トラフから北側をも含めた関東地方南部では、M7クラスの地震が平均して数十年に1度程度の割合で発生しています。   上の図は、首都直下型地震のモデルになっている1855年の江戸で起きた「安政江戸地震」での被害状況を伝える絵。M7クラスで死者は1万人とされています。千島海溝に沿って発生が想定されるM8.8規模の巨大地震。想定震源域は十勝沖〜根室沖にかけて300km以上の広範囲に及び、今後30年内の発生確率は最大40%ですが「切迫性が高い」という評価です。   北海道根室沖を中心とする地震に関しては、発生間隔がおよそ340〜380年周期となっていますが、前回の発生からはすでに400年以上が経過しており、いつ起きてもおかしくないとされています。関東〜東北の太平洋側は今後も大地震発生確率が高いエリアで、日本海溝に沿って北は青森県東方沖から南は房総半島沖にかけての広範囲で、M7〜8クラスの大地震が今後30年内に起きる確率が90%以上とされています。   ・M9クラス:東日本大震災のような超巨大地震の発生確率は「0%」 ・M7.9程度:沿岸が高い津波に襲われる・宮城県沖で20%、青森・岩手で5〜30% ・M7.0〜M7.5:青森・岩手沖で90%以上、宮城沖で90%、茨城沖で80%   いずれも「どの場所でいつ起きる」という精度の高い予測は難しく、海溝型地震よりも内陸部の断層型地震のほうが予測困難です。過去に起きた大地震として、熊本地震・大阪府北部地震・北海道胆振東部地震などは内陸部の断層型地震で、予測の範囲外だったと言えます。画像出典:Hi-net自動処理震源マップ 日本列島は太平洋プレート・北米プレート・ユーラシアプレート・フィリピン海プレートの4枚のプレートが重なり合う場所に存在します。プレート自体は地球上に16枚あるとされ、そのうちの1/4の境界が日本の下に集中していることになります。   また、世界で起きる地震の約10〜15%が日本周辺で発生しており、M6以上に限れば20%が日本で発生。人体で感じる有感地震は年に1,100回以上発生し、人体で感じないものまで含めれば1日に数百回起きています。   日本列島は太平洋の周囲を取り巻く火山帯である「環太平洋火山帯」に含まれますが、この環太平洋火山帯に沿って、ほぼ毎日大きな地震は発生しています。発生した場所がたまたま日本で地震の規模が大きかった場合に、大きな被害が発生することになります。画像出典:Wikipedia:平成26年8月豪雨による広島市の土砂災害 日本で生活する上では、大地震だけを考えるわけにはいきません。   ・台風被害 ・豪雨災害 ・火山噴火   などの自然災害も多く、近年は特に台風や大雨による土砂災害なども頻発するようになってきました。併せて、各地での火山活動も活発化する傾向にあるため、地震災害と同様に備えていく必要があります。   ネット上でもよく「○月○日までにどこそこで大地震が起きる」という噂話しが流れることがありますが、科学的にはそのような詳細な時期を指定しての発生予測は不可能というのが現状の結論です。そのような話しに一喜一憂せず、日頃からの備えが何よりも重要です。画像出典:Wikipedia: 「東日本大震災」から、宮城県東松島市の指定避難所を襲った津波の犠牲者 近年の自然災害は事前の予測が困難であったり、発災後は被害が大規模化する傾向にあります。災害対策の基本は「自助」ですが、平成30年版の防災白書によれば大地震に対する備えとして「特に何もしていない」という方々が約10%も存在します。   大きな災害が起きたら避難所へ行けばなんとかなる・救急車や消防車を呼べばいい、警察や自衛隊が何とかしてくれる考えてしまうかもしれませんが、災害の規模が大きければ大きいほど、初動での公的な助けは来ないと考えておくべきでしょう。   救急消防への電話が殺到しても、救急隊や消防隊の対応には限りがあります。南海トラフ巨大地震レベルになれば、自衛隊ですら助けに来られない場所も多数発生するでしょう。   例えば熊本地震では「九州は地震安全地帯」という認識のもと、地震に対する備えをしていなかった方々が避難所へ多数詰めかけましたが、水食料の配給が追いつかず、オニギリ1個を得るために2時間も並ぶというケースがありました。   より大規模な災害ともなれば、水も食料も無い状態で救援を待つ間に病死や餓死といったケースが実際に発生する可能性もあります。『いざその時』がやってきた場合、備えの有無でその後の被災生活の内容や質は大きく変わります。そして自助があって初めて共助が成り立ちます。   極限状況に陥った場合、備えをしていた人たちの中だけで共助がおこなわれ、備えをしていなかった人は何も無い状況下での生活を余儀なくされる場面も実際に出てくるでしょう。   「喉元過ぎれば熱さを忘れる」とは言いますが、日頃からの情報収集と備えが生死を分けることになります。「まだいいや」で済まさず、明日起きても対応できるように、備えだけはしておきましょう。

トイレットペーパーは無くならない・デマに流されず、念のため対策も知っておこう!

トイレットペーパーやティッシュペーパーなどの「衛生用紙」は、国内製造で在庫も十分にあります。フリーマーケットアプリやオークションサイトで異常なまでの高額転売や、安値に見せかけての高額送料での販売などが散見されますが、   『そうした高額販売品を購入する必要は一切ありません』   マスクと異なり、しばらく待てば在庫は復活します。直近でどうしても不足している場合は、特にトイレットペーパーの場合はあえて使用せず、トイレ使用後は風呂場でシャワーを使って洗い流すことが、もっとも簡単で衛生的です。 シャワーで洗い流した後は、シャワーヘッド自体を石鹸などで洗い清めましょう。日本製紙連合会・日本家庭紙工業会からの「お知らせ」が2020/02/28付で発表されています。 要点をまとめると、   ・トイレットペーパー、ティシューペーパーについては殆どが国内工場で生産 ・トイレットペーパー、ティシューペーパーの供給力、在庫は十分にある ・新型コロナウイルスによる影響は無く、現在も通常通りの生産・供給体制 ・原材料調達は中国に非依存、製品在庫も十分にある   とのこと。生産者側がきちんと情報を公開していますので、現状の品薄状況は不安を感じて買いに走った人びとが一時的に増えただけのものです。 マスクについては「全国マスク工業会」の専務理事のかたから「品薄解消の見通しは立たない」との見解が出ていますので、マスクの品薄状況とはまったく異なります。(記事キャッシュはこちら)A. 依存していません。 ネットのSNSで流れた「トイレットペーパーは製造元が中国で製造が止まったため」というデマがかなり拡散したようです。トイレットペーパーやティッシュペーパーなどの衛生用紙のほとんどは「日本国内産」です。   ではここで、経済産業省のwebサイトで公開されているトイレットペーパーを含む衛生用紙の実態調査に関する報告書を確認してみましょう。 『平成27年度製造基盤技術実態等調査・衛生用紙産業における海外実態調査報告書』 (株式会社矢野経済研究所作成) ※衛生用紙=ティッシュペーパー、トイレットペーパー、タオルペーパー等 いわゆる「お役所の報告書」であるため、すべてを読み込むのはなかなか骨の折れる作業です。 この報告書の中から、重要と思われる情報を抜粋してみます。   ■日本国内の衛生用紙市場は、年間およそ175万tの生産量 ・トイレットペーパー約105万t ・ティッシュペーパー約45万t ・タオルペーパー等約25万t   衛生用紙メーカーは大小含め約100社、特に中小メーカーは静岡県富士市およびその周辺に集中 (なお国内における衛生用紙の一人当たり消費量は約14kg/年)■日本における中国からの衛生用紙の輸入量は、年間およそ10万1,156t ・トイレットペーパー:31,901t(3万1,901t) ・ティッシュペーパー・タオルペーパー:69,255t(6万9,255t) 計101,156t(2014年における実績)   また中国だけでなくインドネシアや米国などからも輸入しており、2014年の衛生用紙輸入量は16万t超。年々その量は増加する傾向にあります。   ともあれトイレットペーパーだけ見た場合、日本の国内製造が約105万tであるのに対して中国からの輸入量は約3万tと、中国製造のトイレットペーパーにはほとんど依存していないことが判ります。A. 回されません。 トイレットペーパーとマスクは、使われている原材料が異なります。 ・トイレットペーパーの原材料:木材由来の製紙原料であるパルプ」や使用済みの紙や牛乳パックを裁量した「古紙」。 ・主に使い捨てマスクの原材料:不織布(繊維類をシート状にしたもので紙などを除いたもの) マスクの原材料はこのとおり「不織布」で、代表的な原料としてはポリエステルやポリプロピレンなどです。<参考情報> ・日本製紙連合会「パルプ材」 ・九州製紙株式会社「トイレットペーパーが出来るまで」 ・丸富製紙株式会社「牛乳パックをトイレットペーパーにリサイクルするほど、CO2の削減につながる」 ・exciteニュース「古新聞はトイレットペーパーに生まれ変わらない?!」 ・ジェイソフト株式会社「不織布(ふしょくふ)をご存知ですか?」 ・ユニチカ不織布事業部「不織布とは」冒頭の結論でもご紹介しましたが、風呂場で「シャワーで洗い流す」がもっとも簡単で現実的です。シャワーで洗い流した後は、シャワーヘッド自体を石鹸などで洗い清めてください。   大震災などで上下水道が止まっていない場合は、水道を活用しましょう。無理に高額転売されているトイレットペーパーを買う必要は一切ありません。   またこれを機会に災害対策としての「備災訓練」として、古新聞紙などを揉みほぐして柔らかくしたもので拭き取り、使った古新聞紙を防臭袋などに入れて可燃ゴミとして処分する、といった方法もあります。   編集部では、災害対策として「野外で簡易トイレを "大" を含めて実際に使う」という訓練をやっています。ご興味のあるかたはこちらの記事もご覧ください。 「デマから生じた現実」として、トイレットペーパーやティッシュペーパーなどが入手困難になっている状況は実際に起きており、そうした状況で困っている人々の弱みにつけ込むかのような高額転売が目に付きます。   しかし、そこで思考停止する必要はありません。今までのように「トイレ内のワンストップ」で用足しから最後までを対処できない若干の不便さはありますが、そこは工夫で乗り切りましょう。「お風呂場」という強い味方がついています。 さらに災害時を想定した「備災訓練」として、あるもので何とかするという発想への切り替えもありです。   いずれにせよ、トイレットペーパーやティッシュペーパーなどの衛生用紙のほとんどは国内製造で、生産能力は通常どおり。品薄状況はいずれ解消されます。それまでは、発想の転換・機転を利かせた対応で乗り切りましょう。A. 災害対策としては必要です 新型コロナウイルスの感染拡大とはまったく別の話として、そもそもの災害対策としてのトイレットペーパーの家庭備蓄は必要です。 これについては、経済産業省からも継続的に呼びかけがおこなわれています。 前述の通り、国内の衛生用紙メーカー約100社のうち、特に中小メーカーは静岡県富士市およびその周辺に集中しており、この地域では国内生産の約4割のトイレットペーパーが生産されています。今後30年内の発生が予測されている南海トラフ巨大地震など、大きな災害が起きた場合は増産体制が取られることになっていますが、それでも1ヶ月程度の混乱が予想されるため、普段から各家庭において日常用とは別に、1ヶ月分のトイレットペーパーの備蓄が推奨されています。   ■経産省資料による『トイレットペーパーの備蓄が必要な3つの理由』 1. 阪神・淡路大震災において、被災者が最も困ったのは食料でも衣服でもなくトイレ不足 2. 東日本大震災では、被災地のみならず全国的にトイレットペーパー不足が発生 3. トイレットペーパーの約4割は静岡県で生産→東海地震等が起こると深刻な供給不足となるおそれ   新型コロナウイルスの感染拡大による買い占めや品不足のパニック的な状況を見て明らかなことは、今後の大震災発生時にも同じことが繰り返されるということです。 その際は、不足するのはトイレットペーパーだけに留まりません。電気・ガス・水道などの生活インフラが停止し、備蓄していない場合は水や食料なども手に入らなくなるため、より大規模なパニックとなる可能性があります。   日本は活火山も多く地震活動も活発で、近年は毎年のように豪雨や台風による大きな被害が出る自然災害大国でもあります。災害などが起きていない平時から、いざというときのための備蓄は必ずおこなっておきましょう。   ■あわせてこちらの記事もごらんください

突然の災害やパンデミックに対する「家庭備蓄」できてますか?

私たちの生活は電気・ガス・上下水道などの社会インフラや日々の買い物をするための商店・物流サービスなど、様々な便利なモノで成り立っています。しかもそれは空気のように「当たり前に存在する」ものとして、普段は便利という意識すらしないでしょう。   しかし現代社会は意外と脆弱(ぜいじゃく)です。震災や豪雨災害によって、電気・ガス・水道などの生活インフラが止まり、それまでの快適な生活から一転して不便な生活を余儀なくされる場合があることはご存知のとおりです。   また新たに懸念されているのは、新型インフルエンザや新型コロナウイルスという感染症のパンデミック。特に2020年初から、中国の武漢を「震源地」とする新型コロナウイルスが世界的に拡散しており、日本国内でも死者と多数の感染者を確認する状況となっています。   特に新型コロナウイルスによる爆発的な感染が拡大している中国では、各地で交通規制や外出制限が実施される事態となっています。 (外務省・海外安全ホームページ「中国における新型コロナウイルスに関する注意喚起(その10)」)   日本国内においても災害時に備えるだけでなく、すでに「新型インフルエンザ」のパンデミックを想定して感染を避けるために不要不急の外出をしないという前提において、食料備蓄ガイドが農林水産省から公開されています。JTNDc3R5bGUlM0UlMEEudV9tdGJfMCUyMCU3Qm1hcmdpbiUzQTBweCUyMGF1dG8lMjAlMjFpbXBvcnRhbnQlM0IlN0QlMEEudV9wZGdfTDQwJTIwJTdCcGFkZGluZy1sZWZ0JTNBJTIwNDBweCUyMCUyMWltcG9ydGFudCUzQiU3RCUwQSUzQyUyRnN0eWxlJTNF 新型インフルエンザに備えた家庭用食料品備蓄ガイド 災害時に備えた食品ストックガイド 要配慮者のための災害時に備えた食品ストックガイド こうした備蓄は、もし新型コロナウイルスによる国内感染が多発した際にも感染リスクを小さくして自分自身と家族の生活を守るためにはとても重要です。 備蓄はそのまま、災害時に備えるためにも活用できます。2010年あたりからの状況で見ても、日本は東日本大震災をはじめとして多くの大地震や豪雨災害などに見舞われてきました。   いくつかの震災と豪雨災害において電気・ガス・水道のインフラが受けた被害状況と復旧までの期間を見てみましょう。期間はさまざまですが、かなり長期間にわたって使えなくなる場合があります。災害による被害が大きいほどそれは顕著であり、同時に交通網の麻痺や寸断・道路の破壊などによって物流が止まり、買い物すらできない状況となります。特に、最初の数日〜1週間は水・食料が入手困難となるため、備蓄がないと健康や生命に影響が出る可能性があります。 そして、平成29年(2017年)11月に内閣府がおこなった「防災に関する世論調査」の結果が公開されています。   これによれば、「大地震が起こった場合に備えて食料や飲料水、日用品などを準備している」人の割合は、まだ 45.7% しかありません。つまり、災害に対する備蓄をおこなっている方々は国民の半数にも満たないことになります。画像出典:内閣府「防災に関する世論調査」 さらには、同調査で「特に何もしていない」と答えた人の割合も 10.4% あるのです。   つまり大災害が起きた場合、水も食料も備えていないために被災生活が困窮したり最悪の場合は健康や生命に危険が及ぶ可能性のある人たちが、全国民の1割もいることになります。昔から「備えあれば憂いなし」「転ばぬ先の杖」などと言いますが、備蓄を日常生活の一部に取り入れておくことは、自然災害大国である日本に住む以上は必須事項と言えます。まずは「自助」です。災害やパンデミックが起きた場合、自助ができている人たちの間でこそ「共助」が成り立ちます。   自治体や政府・国などの公的機関による「公助」は、災害の規模が大きくなるほど初動に遅れが生じます。阪神淡路大震災では、各地で生じた火災なども消火が間に合わない・消防車が来ないという状況が大量に発生しました。東日本大震災や豪雨災害による河川決壊による水害などを思い起こしても明らかですが、大規模災害時では公助機能が限界に達しやすいのです。   しかし倒壊した家屋からの救出が地域住民の手によっておこなわれたり、備えていた人々が自主的に被災生活を乗り切るためにみずから考え行動したり、助け合ったりしたことも事実。 『公助が機能し始めるまでの間を、自助と共助で乗り切る』 という考え方が重要になってきます。まず備蓄の基本は「水と食料」です。備蓄の入門編とも言えます。 基本的に何を備えておけばよいか、というのは農林水産省が公開している資料にも明記されています。まずはこれを基準として備えてみましょう。   しかし、本格的に備えるにはこれでは不十分です。感染症対策としての備蓄は、電気・ガス・水道が停止しない前提です。災害時に備える場合、これらのインフラも停止する前提で備えなければなりません。   災害時を想定して「最低限、これだけは用意しておくべき備蓄品」は次の通りです。 ① 飲料水と水汲み容器 ② 食料:保存食と備蓄可能な野菜類 ③ 簡易トイレ・トイレットペーパー・防臭袋 ④ ウェットティッシュ・除菌用アルコール・ゴミ袋 ⑤ LEDヘッドライトやランタン ⑥ ポータブルラジオ ⑦ カセットコンロ・カセットガスボンベ ⑧ モバイルバッテリー・ポータブル電源 ⑨ 軍手や使い捨てのビニール手袋 ⑩ 毛布類やその代わりになるもの ⑪ 新生児や要介護者がいる場合は紙オムツ、女性の場合は衛生用品 ⑫ 救急セットと常備薬 これらの備蓄品に関しては次の記事でそれぞれ詳しくご紹介していますので、ぜひ「何も無い平時に」早めの備蓄をおこなっておきましょう。   次の写真は、編集部スタッフが実際に備えている備蓄品の中から食料品と燃料のごく一部です。水・食料に加えて各種燃料に簡易トイレ・消耗品や電源類など、電気・ガス・水道が停止し、孤立しても最低2週間は支援無しでもなんとか生活できることを想定し、様々な備蓄を実践しています。   いままで備蓄を意識していなかった場合、新たに日常生活の中に備蓄とローテーション消費を加えていくのは不慣れなことも多いですが、シンプルに考えれば「日常生活に必要なものが、常に一定期間ぶんストックされている」というだけのことです。   初期は備蓄がつねに目につく場所にあるようにして、毎月賞味期限をチェックして期限が来たら消費する、ということを意識付けるようにすれば期限が切れる前に対応できますし、慣れてしまえば家の中の複数箇所に分散してストックしても巧くローテーション消費できるようになります。   まだ備蓄をされてない場合は、まず始めてみましょう。すでに備蓄されている場合は、過不足をチェックして最適化を。

新型コロナウイルスの飛沫・接触以外のエアロゾルを通じた感染が確認

これまでに判っていた新型コロナウイルスの感染経路は「接触感染」と「飛沫感染」の2種類でしたが、上海でおこなわれた記者会見で伝染病予防の専門家により、新たに「エアロゾル(空気中に浮遊する微粒子)」による感染が含まれることを確認したとのこと。 ニュースソース:「BBC News|中文」より「武汉肺炎:中国确认新冠病毒经空气通过气溶胶传染」 (武漢肺炎:中国はエアロゾルを介した新しいコロナウイルスの伝播を確認)」新型コロナウイルスにおいてこれまでに判っていた感染経路は前述のとおり「接触感染」と「飛沫感染」の2種類でした。 「飛沫」は一般的にに直径5μmよりも大きな水滴で、医学領域においては飛沫の飛距離は 1m 以内と言われています。飛沫感染は感染者の咳やくしゃみによって口から出たウイルスを含む飛沫(水滴)が周囲の人に付着し、感染するものです。   この飛沫から水分が蒸発したものが「飛沫核」で、軽いため空気中を長時間浮遊する微粒子「エアロゾル」状態になります。 「飛沫」と「飛沫核」は別のもので「飛沫核」の大きさは5μm未満、一般的な使い捨てマスクの場合は容易にすり抜けるため感染を防げません。   これを吸い込むことで起きる感染が「飛沫核感染」。飛沫核感染を言い換えると「空気感染」として認識していいようです。今回発表された「エアロゾル感染」という聞き慣れない感染経路ですが、 【水分を含む飛沫】 → 【乾燥した飛沫核・エアロゾル(微粒子)化】 → 【空気感染】 という感染経路になるため、新型コロナウイルス感染者の咳やくしゃみにより落ちた「飛沫」が乾燥すると=飛沫核・エアロゾル化し、それが風などに飛ばされて空気中を浮遊した先で人体に感染=空気感染、と考えられるでしょう。   新型コロナウイルスにおけるエアロゾルの詳細な定義がどうなっているのかにもよりますが、「飛沫感染」と「飛沫核感染(エアロゾル感染)・空気感染」は別のものですので、このあたりは理解しておくべきところです。   ■参考情報: ・昭和大学・薬学部公開資料 「飛沫(ひまつ)感染と空気感染の違いって何だろう?」 ・丸石製薬株式会社・公開資料 「隔離予防策のためのCDCガイドライン・医療現場における感染性微生物の伝播の予防 2007年」 ・誠愛リハビリテーション病院・院内勉強会公開資料 「感染対策手技③ノロとエアロゾル感染」 ・大阪大学大学院医学系研究科・医学部公開資料 「病院感染管理・感染経路別病原体」まずエアロゾルについて理解しておかなければなりません。 エアロゾルとは「気体中に浮遊する微小な液体または固体の粒子」です。生成過程により「粉塵」「煤塵」「ミスト」と呼ばれたり、気象学的には「霧」「もや」「スモッグ」などとも呼ばれます。エアロゾルの粒径(大きさ)は、分子やイオンとほぼ同じサイズの0.001μm(マイクロメートル)= 1nm(ナノメートル)から100μmの花粉と同等サイズまで、極めて幅広い範囲に分布します。   ■参考情報:日本エアロゾル学会「エアロゾルの話し」   花粉や胞子なども、地表付近の大気中に「生物系粒子」として存在するエアロゾルです。雨が降った際の屋外では、独特の「土のような匂い」を感じることがありますね。いわゆる「雨の匂い」。夏の夕立の後などは特によく感じられます。 このとき雨粒が地面に当たった衝撃で発生する微小な水の粒子群が「エアロゾル」です。このエアロゾルが発生する際には、地面や土壌に含まれる「ゲオスミン」と呼ばれる匂い物質を取り込みます。そして風などの空気の動きで移動、人間の鼻腔に届いて匂いとして感じることになります。 参考情報:BBC News「Petrichor: why does rain smell so good?」   つまり「雨の匂い」を感じたときは、エアロゾルを吸引している状態になります。 雨が地面に落ちた瞬間に発生するエアロゾルについてはMIT(マサチューセッツ工科大学)によってスローモーション映像が撮影され、公開されています。また、近年普及している電気的に加熱して発生する成分を吸引するリキッドタイプの電子タバコなどは、吸引成分がエアロゾル状態になっています。これまでに判明していた新型コロナウイルスの感染経路の「接触感染」と「飛沫感染」の2種類に加えて、エアロゾル感染(飛沫核感染)が確認されたことで、私たちの生活においてもいっそう慎重にならざるを得ない状況となってきました。   しかし世間ではマスクや消毒用アルコールなどの品薄・品切れが続いており、特にマスクは通販サイトやフリマアプリ、ネットオークションなどで暴騰とも言える価格で販売されています。 しかし、飛沫核を防げるのはN95などの医療用マスクのみです。価格が異常なまでにつり上がった使い捨てマスクを無理に買う必要はありません。 (非常識的な価格での販売に関しては、各サービスで規制が始まっているようです)   新型コロナウイルスは脂質性の膜「エンベロープ」で包まれた「エンベロープ・ウイルス」の1種であり、アルコールと界面活性剤でこのエンベロープを破壊し、ウイルスにダメージを与えることができます。消毒用アルコールやアルコール除菌スプレーがない場合は、まずは帰宅直後に何よりも早く、せっけんやハンドソープを使った徹底した手洗いをおこない、うがいしましょう。 また、発熱や咳、呼吸に関する異常や風邪のような症状を感じた場合、早めに医師による診察を受けましょう。中国からの帰入国者で呼吸に関する体調不良があるような人との接触があった場合は、事前に病院に電話連絡を入れましょう。   過去に起きた震災や大きな災害でもそうでしたが、こうした社会に大きな不安を及ぼすような状況が訪れると、ネット上では数多くのデマや間違った情報が拡散されがちです。まずは、できるだけ「一次情報」にあたりましょう。誰かから流れてきた出どころの不確かな情報に触れたときは、それを安易に拡散せず、まずは情報の出どころをネットで検索してみてください。   ITOITO-STYLEでもお伝えする情報に関しては、できる限り一次情報やそこに近いものに当たるようにはしています。ただそこには限界があることも確かです。 重要なことは「自分自身で考え、できるかぎり一次情報などのより正しいと思われる情報を調べてみて、自分自身の責任で最善と思われることを決断して行動する」ということです。

新型コロナウイルス蔓延、状況と今後

2019年末から顕在化した新型コロナウイルスによる肺炎の感染は、2020年2月6日現在でも終息の気配が見えず拡大の一途をたどっています。 世界保健機関(WHO)による緊急事態宣言を経て、状況はパンデミックへ移行しつつあると感じられます。 中国外務省によれば2020年1月末までの時点で、世界60カ国を超える国々が中国人に対する何らかの入国制限措置を導入したと発表。 2020年2月2日〜2月5日にかけて更新された米紙ニューヨーク・タイムズの記事によれば『状況は世界的なパンデミックを避けられず、見通しも立たない』とのこと。 2020年2月6日には台湾紙・自由時報が『中国の55都市で閉鎖措置を実施』と報じています。 すでに英仏を筆頭にした各国政府が、武漢だけでなく中国に滞在している自国民への退避・出国を促す状況となっています。(本記事執筆時点では日本政府による在中邦人への退避の呼びかけは無し) 現状で中国公式的な感染者数や死亡者数は下記の「腾讯新闻 / Tencent News」で確認することができます。JTNDc3R5bGUlM0UlMEEuaWZyYW1lLXdyYXAlMjAlN0IlMjBwb3NpdGlvbiUzQSUyMHJlbGF0aXZlJTNCJTIwd2lkdGglM0ElMjAxMDAlMjUlM0IlMjBwYWRkaW5nLXRvcCUzQSUyMDU2LjI1JTI1JTNCJTIwb3ZlcmZsb3clM0FhdXRvJTNCJTIwLXdlYmtpdC1vdmVyZmxvdy1zY3JvbGxpbmclM0F0b3VjaCUzQiUyMGJvcmRlciUzQTJweCUyMHNvbGlkJTIwJTIzY2NjJTNCJTdEJTBBLmlmcmFtZS13cmFwJTIwaWZyYW1lJTIwJTdCJTIwcG9zaXRpb24lM0FhYnNvbHV0ZSUzQiUyMHRvcCUzQTAlM0IlMjBsZWZ0JTNBMCUzQiUyMHdpZHRoJTNBMTAwJTI1JTNCJTIwaGVpZ2h0JTNBMTAwJTI1JTNCJTIwYm9yZGVyJTNBbm9uZSUzQiUyMGRpc3BsYXklM0FibG9jayUzQiUwQSU3RCUwQSU0MG1lZGlhJTIwJTI4bWF4LXdpZHRoJTNBJTIwMzc0cHglMjklMjAlN0IlMEEuaWZyYW1lLXdyYXAlMjAlN0JoZWlnaHQlM0EzMDBweCUzQiU3RCUwQSU3RCUwQSU0MG1lZGlhJTIwJTI4bWluLXdpZHRoJTNBJTIwMzc1cHglMjklMjBhbmQlMjAlMjhtYXgtd2lkdGglM0ElMjA0MTRweCUyOSUyMCU3QiUwQS5pZnJhbWUtd3JhcCUyMCU3QmhlaWdodCUzQTM3MHB4JTNCJTdEJTBBJTdEJTBBJTQwbWVkaWElMjAlMjhtaW4td2lkdGglM0ElMjA0MTVweCUyOSUyMGFuZCUyMCUyOG1heC13aWR0aCUzQSUyMDQ4MHB4JTI5JTIwJTdCJTBBLmlmcmFtZS13cmFwJTIwJTdCaGVpZ2h0JTNBMzYwcHglM0IlN0QlMEElN0QlMEElNDBtZWRpYSUyMCUyOG1pbi13aWR0aCUzQSUyMDQ4MXB4JTI5JTIwYW5kJTIwJTI4bWF4LXdpZHRoJTNBJTIwNjcwcHglMjklMjAlN0IlMEEuaWZyYW1lLXdyYXAlMjAlN0JoZWlnaHQlM0E0NjBweCUzQiU3RCUwQSU3RCUwQSU0MG1lZGlhJTIwJTI4bWluLXdpZHRoJTNBJTIwNjcxcHglMjklMjBhbmQlMjAlMjhtYXgtd2lkdGglM0ElMjA3NjdweCUyOSUyMCU3QiUwQS5pZnJhbWUtd3JhcCUyMCU3QmhlaWdodCUzQTYwMHB4JTNCJTdEJTBBJTdEJTBBJTQwbWVkaWElMjAlMjhtaW4td2lkdGglM0ElMjA3NjhweCUyOSUyMGFuZCUyMCUyOG1heC13aWR0aCUzQSUyMDEwMjNweCUyOSUyMCU3QiUwQS5pZnJhbWUtd3JhcCUyMCU3QmhlaWdodCUzQTQ0MHB4JTNCJTdEJTBBJTdEJTBBJTQwbWVkaWElMjAlMjhtaW4td2lkdGglM0ElMjAxMDI0cHglMjklMjAlN0IlMEEuaWZyYW1lLXdyYXAlMjAlN0JoZWlnaHQlM0E2MDBweCUzQiU3RCUwQSU3RCUwQSUwQS5uZXdzcXFjb21fbGluayUyMCU3QmZvbnQtc2l6ZSUzQTEycHglM0IlN0QlMEEubmV3c3FxY29tX2xpbmslMjBhJTdCZm9udC13ZWlnaHQlM0Fib2xkJTNCJTIwY29sb3IlM0ElMjAlMjM0ZGIyZWMlM0IlN0QlMEElM0MlMkZzdHlsZSUzRSUwQSUzQ3AlMjBjbGFzcyUzRCUyMm5ld3NxcWNvbV9saW5rJTIyJTNFJUU1JTg3JUJBJUU1JTg1JUI4JUVGJUJDJTlBJUU0JUI4JUFEJUU1JTlCJUJEJUUzJTgzJUExJUUzJTgzJTg3JUUzJTgyJUEzJUUzJTgyJUEyJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRm5ld3MucXEuY29tJTJGenQyMDIwJTJGcGFnZSUyRmZlaXlhbi5odG0lMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTMlODAlOEMlRTglODUlQkUlRTglQUUlQUYlRTYlOTYlQjAlRTklOTclQkIlMjAlMkYlMjBUZW5jZW50JTIwTmV3cyVFMyU4MCU4RCUzQyUyRmElM0UlRTUlODUlQUMlRTklOTYlOEIlRTMlODElQUUlRTYlOUMlODAlRTYlOTYlQjAlRTYlODMlODUlRTUlQTAlQjElM0MlMkZwJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJpZnJhbWUtd3JhcCUyMiUzRSUwQSUzQ2lmcmFtZSUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGbmV3cy5xcS5jb20lMkZ6dDIwMjAlMkZwYWdlJTJGZmVpeWFuLmh0bSUyMiUyMGZyYW1lYm9hZGVyJTNEJTIyMCUyMiUzRSUzQyUyRmlmcmFtZSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRQ==JTNDcCUyMGNsYXNzJTNEJTIybmV3c3FxY29tX2xpbmslMjIlM0UlRTUlODclQkElRTUlODUlQjglRUYlQkMlOUFKb2hucyUyMEhvcGtpbnMlMjBDU1NFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmdpc2FuZGRhdGEubWFwcy5hcmNnaXMuY29tJTJGYXBwcyUyRm9wc2Rhc2hib2FyZCUyRmluZGV4Lmh0bWwlMjMlMkY4NTMyMGUyZWE1NDI0ZGZhYWE3NWFlNjJlNWMwNmU2MSUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFMyU4MCU4QzIwMTktbkNvViUyMEdsb2JhbCUyMENhc2VzJUUzJTgwJThEJTNDJTJGYSUzRSVFNSU4NSVBQyVFOSU5NiU4QiVFMyU4MSVBRSVFNiU5QyU4MCVFNiU5NiVCMCVFNiU4MyU4NSVFNSVBMCVCMSUzQyUyRnAlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmlmcmFtZS13cmFwJTIyJTNFJTBBJTNDaWZyYW1lJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZnaXNhbmRkYXRhLm1hcHMuYXJjZ2lzLmNvbSUyRmFwcHMlMkZvcHNkYXNoYm9hcmQlMkZpbmRleC5odG1sJTIzJTJGODUzMjBlMmVhNTQyNGRmYWFhNzVhZTYyZTVjMDZlNjElMjIlMjBmcmFtZWJvYWRlciUzRCUyMjAlMjIlM0UlM0MlMkZpZnJhbWUlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0U=・新型コロナウイルスは、ヒトからヒトへ感染する(二次感染)。日本においては現状「流行が認められる状況ではない」とされるが、規模こそ小さいものの世界的には中国に次いで感染者が多い国となっている(2020/02/06時点)。 ・新型コロナウイルスは、ペットから感染するものではない。ただし動物媒介型の感染症は他にあるため、普段から動物に接触した後は、手洗い等をおこなうようにしたほうが良い。 ・世界保健機関(WHO)の報告によれば、現時点の潜伏期間は2-10日であるが、最大14日間と考えて対策したほうが良い。 ・無症状(発症していない)のウイルス保持者からの感染を示唆する報告があるが、今回の新型コロナウイルスについてまだ確実なことはわかっていない。 ・感染経路は、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられる。前者は人が多く集まる場所での咳やくしゃみ、後者はバスや電車のつり革、ドアノブやスイッチなどを触れた手で口や鼻や目の周辺などを触って感染する。まず現状品薄状態が続いている「マスク」について。 2009年に国民生活センターがおこなった興味深い検証結果があります。 『ウイルス対策をうたったマスク -表示はどこまであてになるの?- 』 http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20091118_1.pdf 一般的なプリーツ型と立体型のマスクで合計15種類による検証です。 もう1つは、2010年に財団法人労働科学研究所による発表 『顔面接着式マスクの漏れ率と使用感に関する評価』 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jergo/46sp/0/46sp_0_270/_pdf こちらは粘着シール方式による完全密着タイプ高機能マスクと従来型のマスクの比較で、具体的な製品「アース製薬株式会社 "ウィルガードN99"」「ユニチャーム株式会社 "超立体マスクウィルスガード"」の漏れ率(マスク面体内外の浮遊粒子の比)の検証です。画像出典:国民生活センター公表資料より 国民生活センターによるプリーツ型と立体型のマスクについては、平均漏れ率が40%以上。 資料から結果を引用すると、 『ウイルス対策をうたっているにもかかわらず、フィルターの捕集効率が低いものがあった。さらに、N95 マスクの基準を満たしていると受け取れる表記があっても、捕集効率が 80%以下のものが 3 銘柄あり、消費者が誤認するおそれがあった』 『すべての銘柄で平均漏れ率が 40%以上であった。また、フィルターの捕集効率が高いものでも、顔との隙間からの漏れがあるため、ウイルス等の微粒子を完全に遮断することはできない』 という状況です。 また財団法人労働科学研究所による評価においても、マスク着用時のマスク面体内の浮遊粒子とマスク面体外の浮遊粒子を計測した比として、超立体マスクでの漏れ率はおよそ65%以上という結果になっています。 つまり、いわゆる「使い捨てマスク」では顔との隙間から出入りするウイルスに曝(さら)された場合は防ぎきれないことになりますので、通販などで価格が異常高騰したマスク類を「無理して」買う必要は無いと考えます。 ただ、身の回りで咳やくしゃみをしている人がいて飛沫感染の恐れがある場合や、掴んだ電車の吊り革からの感染が考えられる場合で、ウイルスが付着した手指で無意識に顔や鼻などを触ってしまった場合などを考慮すると、マスクが「あれば」使っておいて損は無いでしょう。こちらは「濃度」次第です。 東京医療保健大学大学院の博士課程研究者による検証の2019年の公開資料 『殺菌・抗ウイルス効果に及ぼすエタノール濃度の影響』 http://www.thcu.ac.jp/uploads/imgs/20190605090207.pdf によれば、消毒に用いるエタノールの殺菌効果について従来からの有効濃度がWHOガイドラインで60〜80%と言われてきたものに対する最新の実験結果として、コロナウイルスの種類であるエンベロープウイルスでは『45%以上のエタノール濃度では、すべてのウイルス株に対して抗ウイルス効果を示した』と結論づけています(一部抜粋引用・詳細は上記資料にて)。 ここで「エンベロープウイルス」という言葉が出てきました。 ウイルスには「エンベロープウイルス」と「ノンエンベロープウイルス」があり、前者においてはウイルスを包む脂質性の「膜」が存在します。これが「エンベロープ」です。 このエンベロープは、アルコールや界面活性剤(要は洗剤)で破壊することができるため、これによりウイルスにダメージを与えることができるのです。 ただ、今回問題になっている新型コロナウイルスにもこの「45%以上のアルコール濃度」が当てはまるかどうかについては、まだ研究も進んでいないため不明確とも言えます。この点は理解しておきましょう。アルコールは「アルコール除菌スプレー」、界面活性剤は「せっけんや手洗い用洗剤」が該当します。アルコール除菌スプレーの濃度は製品によって様々ですので、45%以上の濃度の製品が望ましいことになります。 ただ市販の除菌スプレーは濃度を明記していないことが多いため、メーカーへ問い合わせてみると良いでしょう。 濃度に着目する点では「度数の高いウォッカ」を除菌スプレー代わりに使えるかも知れません。◆不要な外出は最小限に。とは言え通勤通学も避けられないもの。職場や学校などでは周囲に咳やくしゃみをしている人がいる場合は移動する、距離を取る、思い切って早退するなど。   ◆マスクを自作する方法もあります。ガーゼやキッチンペーパー、コーヒーフィルターなどを用いてサージカルテープや絆創膏で貼り付けるなどの対応は可能です。見た目はともかく無いよりは良いでしょう。   ◆自転車のロードバイクなどに乗るサイクリストが秋冬の防寒用に活用する「スポーツ用フェイスマスク」も使えるかもしれません。フェイスマスクをかぶり、鼻と口元を覆うように内側にガーゼをセットする形です。   ◆消毒用アルコールやアルコール除菌スプレーがない場合は、帰宅直後に何よりも早く、せっけんやハンドソープを使った徹底した手洗いをおこない、うがいしましょう。   ◆かなり割高かつ苦肉の策にはなりますが、度数の高い(45%〜80%まで)ウォッカを百円ショップなどで売っているスプレーボトルに入れ、手指の消毒に。   ◆「咳エチケット」として、咳やくしゃみをする際には「手で直接口を覆わずに」ティッシュや曲げた肘の内側で覆うようにします。ウイルスの拡散を防ぐためです。ティッシュの場合はすぐに捨て、すぐにせっけんなどで手を洗います。   ◆発熱や咳、呼吸に関する異常や風邪のような症状を感じた場合、早めに医師による診察を受けましょう。中国からの帰入国者で呼吸に関する体調不良があるような人との接触があった場合は、事前に病院に電話連絡を入れましょう。   ◆手や指で、自分自身や他の人の目・口・鼻などを直接触れないようにしましょう。特に外出から帰宅した際は、なによりも先に念入りな手洗いとうがい、可能であればアルコール消毒を。政府や厚労省による当初の発表・各種メディア報道では、感染力は強くなくヒトからヒトへの感染はしないと受け取れる内容でした。 しかし、その後の状況推移はご存知の通りです。ヒトからヒトへの感染が確認され、日を追うごとに感染者が増えています。諸端となった中国武漢市ではすでに医療崩壊が起きているという話も伝わってきます。世界各国においても、中国への直近の渡航経験者や中国からの観光客などに対して何らかの入国規制を実施していることと、すでに日本人に対しても一部の国では入国規制が実施され初めています。 ネットでは正確性に欠けた情報が飛び交い、一部では新型コロナウイルスに対する恐怖感に付け込んだ詐欺なども発生。市中ではマスクやアルコール除菌スプレー、消毒用アルコールなどの買い占めと高値転売なども起きています。 この状況で必要なのは、できるかぎり正しい情報を(海外からも含めて)入手し、自分自身で状況と対策を考え、実行していくことです。 日本国内だけでなく海外の情報にも着目しましょう。最近の翻訳サービスは精度が上がっており、PCやスマホの翻訳アプリなどを使えばそれなりの日本語化も可能です。 その上で、可能な限りの自衛策を講じてください。

【2分で読む】新型コロナウイルス患者の増加とパンデミックの可能性は?

中国・湖北省武漢市の衛生委員会が「原因不明の肺炎」の発生を発表したのが2019/12/30夜でした。当初の発症場所は同市の華南海鮮市場で、1例目の患者は青果卸売業者。SARS(重症急性呼吸器症候群)による感染が疑われ、この時点ですでに7例の患者が確認されていたようです。 その後、年明け1月上旬に、この原因不明の肺炎は新型のコロナウイルスによるものと判明、ウイルスはWHOによって「2019-nCoV」と定義されました。 最初の患者の確認からわずか1ヶ月、中国の「春節」に伴う人々の大移動を伴ったこともあってか、2020/01/26の段階で全世界ではこの新型肺炎の患者数は約2000名を超え、中国国内における死亡者は50名を超える事態となっています。 この新型コロナウイルスは拡散力は強いと見られるものの、致死率についてはWHOの発表によると3%程度と推定されています。これはSARSの致死率の9.6%よりも低い推定値です。 これまでに中国国内で死亡した患者の傾向は、主に何らかの持病を抱えた高齢者である点です。 この新型コロナウイルスの最初の走査電子顕微鏡写真が、National Microbial Data Centerによって公開されています。JTNDYmxvY2txdW90ZSUyMGNsYXNzJTNEJTIydHdpdHRlci10d2VldCUyMiUzRSUzQ3AlMjBsYW5nJTNEJTIyZW4lMjIlMjBkaXIlM0QlMjJsdHIlMjIlM0VUaGlzJTIwaXMlMjB3aGF0JTIwdGhlJTIwbm92ZWwlMjAlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGdHdpdHRlci5jb20lMkZoYXNodGFnJTJGY29yb25hdmlydXMlM0ZzcmMlM0RoYXNoJTI2YW1wJTNCcmVmX3NyYyUzRHR3c3JjJTI1NUV0ZnclMjIlM0UlMjNjb3JvbmF2aXJ1cyUzQyUyRmElM0UlMjBsb29rcyUyMGxpa2UlMjElMjBUaGUlMjAlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGdHdpdHRlci5jb20lMkZoYXNodGFnJTJGQ2hpbmElM0ZzcmMlM0RoYXNoJTI2YW1wJTNCcmVmX3NyYyUzRHR3c3JjJTI1NUV0ZnclMjIlM0UlMjNDaGluYSUzQyUyRmElM0UlMjBOYXRpb25hbCUyME1pY3JvYmlhbCUyMERhdGElMjBDZW50ZXIlMjBoYXMlMjByZWxlYXNlZCUyMHRoZSUyMGZpcnN0JTIwU0VNJTIwcGhvdG9zJTIwb2YlMjB0aGUlMjBub3ZlbCUyMGNvcm9uYXZpcnVzJTIwYmVoaW5kJTIwdGhlJTIwJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRnR3aXR0ZXIuY29tJTJGaGFzaHRhZyUyRnBuZXVtb25pYSUzRnNyYyUzRGhhc2glMjZhbXAlM0JyZWZfc3JjJTNEdHdzcmMlMjU1RXRmdyUyMiUzRSUyM3BuZXVtb25pYSUzQyUyRmElM0UlMjBvdXRicmVhay4lMjAlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGdC5jbyUyRm1WRmRheEljdnolMjIlM0VodHRwcyUzQSUyRiUyRnQuY28lMkZtVkZkYXhJY3Z6JTNDJTJGYSUzRSUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZ0LmNvJTJGVHhyU0FWczJSUyUyMiUzRXBpYy50d2l0dGVyLmNvbSUyRlR4clNBVnMyUlMlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGcCUzRSUyNm1kYXNoJTNCJTIwVGhlJTIwUGFwZXIlMjAlRTYlQkUlOEUlRTYlQjklODMlRTYlOTYlQjAlRTklOTclQkIlMjAlMjglNDB0aGVwYXBlcmNuJTI5JTIwJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRnR3aXR0ZXIuY29tJTJGdGhlcGFwZXJjbiUyRnN0YXR1cyUyRjEyMjA1ODY5NzQ3NjkxMTEwNDElM0ZyZWZfc3JjJTNEdHdzcmMlMjU1RXRmdyUyMiUzRUphbnVhcnklMjAyNCUyQyUyMDIwMjAlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGYmxvY2txdW90ZSUzRSUyMCUzQ3NjcmlwdCUyMGFzeW5jJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZwbGF0Zm9ybS50d2l0dGVyLmNvbSUyRndpZGdldHMuanMlMjIlMjBjaGFyc2V0JTNEJTIydXRmLTglMjIlM0UlM0MlMkZzY3JpcHQlM0U=感染力に関しては、 アメリカ疾病予防管理センター(CDC)が2020/01/24に更新した情報では 「2019-nCoVが人から人へどの程度簡単に広がるかはまだ明らかではない」 としていますが、世界保健機関(WHO)が2020/01/24に発表した情報では 「人から人への感染が発生しており、1.4〜2.5の暫定的なR0推定値が提示された」 としています。 この「R0推定値」とは「基本再生産数」というもので、1人の患者が次に平均何人に二次感染させるかを推定する値です。 つまり、今回の新型コロナウイルスの感染力は、1人の患者が次に1.4〜2.5人にうつす可能性があることを意味しています。 中間推定値のR0=2.0で状況が動いた場合を大雑把に考えると STEP-1: 患者1人が次の2人に感染させる STEP-2: その2人の患者がそれぞれ2人に感染させる=この段階で4人 STEP-3: その4人の患者がそれぞれ2人に感染させる=この段階で8人 STEP-4: その8人の患者がそれぞれ2人に感染させる=この段階で16人 と、段階ごとに患者が倍増していくことになります(大雑把なイメージです)。 次図は「患者1人から段階を追うごとにどの程度拡散していくのか」というイメージ図です。さらに、感染が拡大していく経過をたどるイメージ図です。【※追記:2020/01/27】   また2020/01/27の報道で、新型コロナウイルスの感染力が世界保健機関(WHO)の当初の見込みを上回る強さであることを示唆する報告が相次いでいるとのこと。 「1人の患者が次に平均何人に二次感染させるかを推定する値」であるR0推定値に関して、 ・WHOによる1/24時点での発表:1.4〜2.5人 その後、 ・香港や英国のチームによる発表:3人以上 ・香港理工大などのチームによる発表:3.3〜5.5人 ・英ランカスター大などのチームによる発表:3.6〜4人 となり、感染力の強さが見直されつつあります。 世界各国では、武漢市在住の自国民を帰国させるためのチャーター機を手配しており、在武漢市の日本人も2020/01/28にチャーター機で帰国、その後は2週間の経過観察がおこなわれるとのことです。パンデミックとは「ある感染症・伝染病によって、顕著な感染や死亡被害が著しい事態を想定した世界的な感染の流行を表す用語」です。 現在の世界は、航空機などの輸送機関の発達によりパンデミックが起こりやすい状況になっているため、検疫を行うなど感染症の流入を防ぐ対策がとられています。(Wikipedia「パンデミック」より) パンデミックの推移をWikipediaより引用すると、次のような経過と解説が該当します。JTNDdGFibGUlMjBjbGFzcyUzRCUyMnRhYmxlJTIwdGFibGUtYm9yZGVyZWQlMjB0YWJsZS1ob3ZlciUyMHRhYmxlLWNvbmRlbnNlZCUyMiUzRSUzQ3RoZWFkJTNFJTNDdHIlMjBzdHlsZSUzRCUyMmZvbnQtd2VpZ2h0JTNBYm9sZCUzQiUyMGJhY2tncm91bmQtY29sb3IlM0ElMjNkOGQ4ZDglM0IlMjIlM0UlM0N0aCUyMHRpdGxlJTNEJTIyRmllbGQlMjAlMjMxJTIyJTNFJUU3JUI1JThDJUU5JTgxJThFJTNDJTJGdGglM0UlM0N0aCUyMHRpdGxlJTNEJTIyRmllbGQlMjAlMjMyJTIyJTNFJUU4JUE3JUEzJUU4JUFBJUFDJTNDJTJGdGglM0UlM0MlMkZ0ciUzRSUzQyUyRnRoZWFkJTNFJTNDdGJvZHklM0UlM0N0ciUzRSUzQ3RkJTNFJUU0JUJBJTlDJUU1JTlFJThCJUUzJTgyJUE2JUUzJTgyJUE0JUUzJTgzJUFCJUUzJTgyJUI5JUUzJTgxJUFFJUU3JUEyJUJBJUU4JUFBJThEJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNCVCQSU5QyVFNSU5RSU4QiVFMyU4MiVBNiVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyVBQiVFMyU4MiVCOSVFMyU4MSVBRSVFNSVBRCU5OCVFNSU5QyVBOCVFMyU4MSU4QyVFNyVBMiVCQSVFOCVBQSU4RCVFMyU4MSU5NSVFMyU4MiU4QyVFMyU4MSVBNiVFMyU4MSU4NCVFMyU4MiU4QiVFRiVCQyU4OCVFNCVCRSU4QiVFMyU4MCU4MiVFNSU4QiU5NSVFNyU4OSVBOSVFMyU4MSVBRSVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU5NSVFMyU4MyVBQiVFMyU4MiVBOCVFMyU4MyVCMyVFMyU4MiVCNiVFMyU4MiVBNiVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyVBQiVFMyU4MiVCOSVFRiVCQyU4OSUzQ2JyJTNFJUUzJTgzJTkyJUUzJTgzJTg4JUU2JTg0JTlGJUU2JTlGJTkzJUUzJTgxJUFFJUUzJTgzJUFBJUUzJTgyJUI5JUUzJTgyJUFGJUUzJTgxJUFGJUU0JUJEJThFJUUzJTgxJTg0JUUzJTgwJTgxJUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJTlGJUUzJTgxJUFGJUUzJTgzJTkyJUUzJTgzJTg4JUU2JTg0JTlGJUU2JTlGJTkzJUUzJTgxJUFGJUU1JUEwJUIxJUU1JTkxJThBJUUzJTgxJTk1JUUzJTgyJThDJUUzJTgxJUE2JUUzJTgxJTg0JUUzJTgxJUFBJUUzJTgxJTg0JUUzJTgwJTgyJTNDJTJGdGQlM0UlM0MlMkZ0ciUzRSUzQ3RyJTNFJTNDdGQlM0UlRTMlODMlOTIlRTMlODMlODglRTMlODElQjglRTMlODElQUUlRTYlODQlOUYlRTYlOUYlOTMlRTMlODElQUUlRTclQTIlQkElRTglQUElOEQlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU0JUJBJTlDJUU1JTlFJThCJUUzJTgyJUE2JUUzJTgyJUE0JUUzJTgzJUFCJUUzJTgyJUI5JUUzJTgxJUFFJUU1JUFEJTk4JUU1JTlDJUE4JUUzJTgxJThDJUU3JUEyJUJBJUU4JUFBJThEJUUzJTgxJTk1JUUzJTgyJThDJUUzJTgxJUE2JUUzJTgxJTg0JUUzJTgyJThCJUVGJUJDJTg4JUU0JUJFJThCJUUzJTgwJTgyJUU1JThCJTk1JUU3JTg5JUE5JUUzJTgxJUFFJUUzJTgyJUE0JUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJTk1JUUzJTgzJUFCJUUzJTgyJUE4JUUzJTgzJUIzJUUzJTgyJUI2JUUzJTgyJUE2JUUzJTgyJUE0JUUzJTgzJUFCJUUzJTgyJUI5JUVGJUJDJTg5JTNDYnIlM0UlRTMlODMlOTIlRTMlODMlODglRTMlODElQjglRTMlODElQUUlRTYlODQlOUYlRTYlOUYlOTMlRTMlODElOEMlRTUlQTAlQjElRTUlOTElOEElRTMlODElOTUlRTMlODIlOEMlRTMlODElQTYlRTMlODElODQlRTMlODIlOEIlM0NiciUzRSVFMyU4MyU5MSVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU4NyVFMyU4MyU5RiVFMyU4MyU4MyVFMyU4MiVBRiVFMyU4MSVBRSVFNiVCRCU5QyVFNSU5QyVBOCVFNyU5QSU4NCVFOCU4NCU4NSVFNSVBOCU4MSUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlM0N0ciUzRSUzQ3RkJTNFJUU5JTk5JTkwJUU1JUIxJTgwJUUzJTgxJTk3JUUzJTgxJTlGJUUzJTgzJTkyJUUzJTgzJTg4JUVGJUJDJThEJUUzJTgzJTkyJUUzJTgzJTg4JUU2JTg0JTlGJUU2JTlGJTkzJUUzJTgxJUFFJUU3JUEyJUJBJUU4JUFBJThEJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFMyU4MyU5MiVFMyU4MyU4OCVFMyU4MSU4QiVFMyU4MiU4OSVFMyU4MyU5MiVFMyU4MyU4OCVFMyU4MSVCOCVFMyU4MSVBRSVFNiU4NCU5RiVFNiU5RiU5MyVFMyU4MSVBRiVFMyU4MSU4RCVFMyU4MiU4RiVFMyU4MiU4MSVFMyU4MSVBNiVFOSU5OSU5MCVFNSVBRSU5QSVFMyU4MSU5NSVFMyU4MiU4QyVFMyU4MSVBNiVFMyU4MSU4NCVFMyU4MiU4QiVFRiVCQyU4OCVFNSVBRSVCNiVFNiU5NyU4RiVFMyU4MiU4NCVFOCVCQSVBQiVFOCVCRiU5MSVFMyU4MSVBQSVFNiU4RSVBNSVFOCVBNyVBNiVFOCU4MCU4NSVFNyVBRCU4OSVFRiVCQyU4OSUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlM0N0ciUzRSUzQ3RkJTNFJUU1JUIwJThGJUU4JUE2JThGJUU2JUE4JUExJUUzJTgxJUFFJUU2JUI1JTgxJUU4JUExJThDJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFMyU4MyU5MiVFMyU4MyU4OCVFMyU4MSU4QiVFMyU4MiU4OSVFMyU4MyU5MiVFMyU4MyU4OCVFMyU4MSVCOCVFMyU4MSVBRSVFNSVCMCU4RiVFOCVBNiU4RiVFNiVBOCVBMSVFNiU4NCU5RiVFNiU5RiU5MyVFRiVCQyU4OCVFNSU4RCU5OCVFNyU4QiVBQyVFNSU5QiVCRCVFNSVBRSVCNiVFNSU4NiU4NSVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSVBRSVFNiU4NCU5RiVFNiU5RiU5MyVFRiVCQyU4OSVFMyU4MiU5MiVFOCVBQSU4RCVFMyU4MiU4MSVFMyU4MiU4QiVFMyU4MSVBMCVFMyU4MSU5MSVFMyU4MSVBRSVFOCVBOCVCQyVFNiU4QiVBMCVFMyU4MSU4QyVFNSVBRCU5OCVFNSU5QyVBOCVFMyU4MSU5OSVFMyU4MiU4QiUzQ2JyJTNFJUUzJTgzJTkxJUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJTg3JUUzJTgzJTlGJUUzJTgzJTgzJUUzJTgyJUFGJUUzJTgxJUE4JUUzJTgxJUFBJUUzJTgyJThCJUU1JThGJUFGJUU4JTgzJUJEJUU2JTgwJUE3JUUzJTgxJUFGJUU0JUI4JUFEJUVGJUJEJTlFJUU5JUFCJTk4JUU3JUE4JThCJUU1JUJBJUE2JTNDJTJGdGQlM0UlM0MlMkZ0ciUzRSUzQ3RyJTNFJTNDdGQlM0UlRTUlQTQlQTclRTglQTYlOEYlRTYlQTglQTElRTMlODElQUUlRTYlQjUlODElRTglQTElOEMlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUUzJTgzJTkyJUUzJTgzJTg4JUUzJTgxJThCJUUzJTgyJTg5JUUzJTgzJTkyJUUzJTgzJTg4JUUzJTgxJUI4JUUzJTgxJUFFJUU3JTlCJUI4JUU1JUJEJTkzJUU2JTk1JUIwJUUzJTgxJUFFJUU2JTg0JTlGJUU2JTlGJTkzJUVGJUJDJTg4JUU1JThEJTk4JUU0JUI4JTgwJUUzJTgxJUFFV0hPJUU3JUFFJUExJUU1JThDJUJBJUU1JTg2JTg1JUUzJTgxJUFCJUUzJTgxJThBJUUzJTgxJTkxJUUzJTgyJThCJUU4JUE0JTg3JUU2JTk1JUIwJUUzJTgxJUFFJUU1JTlCJUJEJUU1JUFFJUI2JUUzJTgxJUE3JUUzJTgxJUFFJUU2JTg0JTlGJUU2JTlGJTkzJUVGJUJDJTg5JUUzJTgyJTkyJUU4JUFBJThEJUUzJTgyJTgxJUUzJTgyJThCJUUzJTgxJUEwJUUzJTgxJTkxJUUzJTgxJUFFJUU4JUE4JUJDJUU2JThCJUEwJUUzJTgxJThDJUU1JUFEJTk4JUU1JTlDJUE4JUUzJTgxJTk5JUUzJTgyJThCJUUzJTgwJTgyJTNDYnIlM0UlRTMlODMlOTElRTMlODMlQjMlRTMlODMlODclRTMlODMlOUYlRTMlODMlODMlRTMlODIlQUYlRTMlODElQjglRTMlODElQTglRTclOTklQkElRTUlQjElOTUlRTMlODElOTklRTMlODIlOEIlRTUlOEYlQUYlRTglODMlQkQlRTYlODAlQTclRTMlODElOEMlRTklQUIlOTglRTMlODElOEYlRTMlODAlODElRTYlOTclQTklRTYlODAlQTUlRTMlODElQUIlRTUlQTQlQTclRTYlQjUlODElRTglQTElOEMlRTMlODElQjglRTMlODElQUUlRTglQTglODglRTclOTQlQkIlRTclOUElODQlRTMlODElQUElRTUlQUYlQkUlRTclQUQlOTYlRTMlODIlOTIlRTglQUMlOUIlRTMlODElOTglRTMlODIlOEIlRTUlQkYlODUlRTglQTYlODElRTYlODAlQTclRTMlODElOEMlRTMlODElODIlRTMlODIlOEIlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRSVFNCVCOCU5NiVFNyU5NSU4QyVFNyU5QSU4NCVFMyU4MSVBQSVFNSVBNCVBNyVFOCVBNiU4RiVFNiVBOCVBMSVFNiVCNSU4MSVFOCVBMSU4QyUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTMlODIlQjAlRTMlODMlQUQlRTMlODMlQkMlRTMlODMlOTAlRTMlODMlQUIlRTMlODMlOTElRTMlODMlQjMlRTMlODMlODclRTMlODMlOUYlRTMlODMlODMlRTMlODIlQUYlRUYlQkMlODglRTQlQjglOTYlRTclOTUlOEMlRTYlQjUlODElRTglQTElOEMlRUYlQkMlODklRTMlODElQUUlRTclOEElQjYlRTYlODUlOEIlRTMlODAlODIlM0NiciUzRSVFNCVCOCU4QSVFOCVBOCU5OCVFMyU4MSVBRSVFNyU4QSVCNiVFNiU4NSU4QiVFMyU4MSVBQiVFNSU4QSVBMCVFMyU4MSU4OCVFMyU4MCU4MSVFNSVCRCU5MyVFNSU4OCU5RCVFOSU5QiU4NiVFNSU5QiVBMyVFNyU5OSVCQSVFNyU5NCU5RiVFMyU4MSU5NyVFMyU4MSU5RldITyVFNyVBRSVBMSVFNSU4QyVCQSVFMyU4MSVBOCVFMyU4MSVBRiVFNyU5NSVCMCVFMyU4MSVBQSVFMyU4MiU4QiVFNyVBRSVBMSVFNSU4QyVCQSVFMyU4MSVBNyVFOSU5QiU4NiVFNSU5QiVBMyVFNyU5OSVCQSVFNyU5NCU5RiVFMyU4MSU4QyVFNyVBMiVCQSVFOCVBQSU4RCVFMyU4MSU5NSVFMyU4MiU4QyVFMyU4MiU4QiVFMyU4MCU4MiUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlM0N0ciUzRSUzQ3RkJTNFJUU2JUI1JTgxJUU4JUExJThDJUUzJTgxJUFFJUU2JUI2JTg4JUU5JTgwJTgwJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNiVCNSU4MSVFOCVBMSU4QyVFMyU4MSVBRSVFMyU4MyU5NCVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiVBRiVFMyU4MSVBRiVFOSU4MSU4RSVFMyU4MSU4RSVFMyU4MSU5RiVFMyU4MiU4MiVFMyU4MSVBRSVFMyU4MSVBRSVFMyU4MCU4MSVFNiVCNSU4MSVFOCVBMSU4QyVFNSU4NiU4RCVFNyU4NyU4MyVFMyU4MSVBRSVFNiU4NyVCOCVFNSVCRiVCNSVFMyU4MSU4QyVFNiVBRSU4QiVFMyU4MiU4QiVFNyU4QSVCNiVFNiU4NSU4QiVFMyU4MCU4MiUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlM0N0ciUzRSUzQ3RkJTNFJUU2JUI1JTgxJUU4JUExJThDJUU1JUJFJThDJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFMyU4MyU5MSVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU4NyVFMyU4MyU5RiVFMyU4MyU4MyVFMyU4MiVBRiVFMyU4MiU5MiVFOCVCNSVCNyVFMyU4MSU5MyVFMyU4MSU5NyVFMyU4MSU5RiVFMyU4MiVBNiVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyVBQiVFMyU4MiVCOSVFMyU4MSU4QyVFOSU4MCU5QSVFNSVCOCVCOCVFMyU4MSVBRSVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU5NSVFMyU4MyVBQiVFMyU4MiVBOCVFMyU4MyVCMyVFMyU4MiVCNiVFMyU4MiVBNiVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyVBQiVFMyU4MiVCOSVFMyU4MSVBOCVFNSU5MCU4QyVFNyVBRCU4OSVFMyU4MSVBRSVFNyU4QSVCNiVFNiVCMyU4MSVFMyU4MSVBOCVFMyU4MSVBQSVFMyU4MSVBMyVFMyU4MSU5RiVFNyU4QSVCNiVFNiU4NSU4QiVFMyU4MCU4MiVFMyU4MSU5NyVFMyU4MSU4QiVFMyU4MSU5NyVFMyU4MyU5MSVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU4NyVFMyU4MyU5RiVFMyU4MyU4MyVFMyU4MiVBRiVFMyU4MSVBQiVFNSVBRiVCRSVFMyU4MSU5OSVFMyU4MiU4QiVFOCVBRCVBNiVFNiU4OCU5MiVFMyU4MSVBOCVFNSU4MiU5OSVFMyU4MSU4OCVFMyU4MSVBRiVFNyVCNiVBRCVFNiU4QyU4MSVFMyU4MSU5OSVFMyU4MiU4QiVFNSVCRiU4NSVFOCVBNiU4MSVFMyU4MSU4QyVFMyU4MSU4MiVFMyU4MiU4QiVFMyU4MCU4MiUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlM0MlMkZ0Ym9keSUzRSUzQyUyRnRhYmxlJTNFJTBBJTNDcCUyMHN0eWxlJTNEJTIyZm9udC1zaXplJTNBMTJweCUzQmNvbG9yJTNBMTBweCUzQiUyMiUzRSVFRiVCQyU4OCVFMiU4MCVCQkg1TjElRTQlQkElOUMlRTUlOUUlOEIlRTMlODElQUElRTMlODElQTklRTMlODElQUUlRTglODclQjQlRTYlQUQlQkIlRTYlODAlQTclRTMlODElOEMlRTklQUIlOTglRTMlODElOEYlRTMlODMlOTElRTMlODMlQjMlRTMlODMlODclRTMlODMlOUYlRTMlODMlODMlRTMlODIlQUYlRTMlODIlOTIlRTglQjUlQjclRTMlODElOTMlRTMlODElOTklRTMlODElQTglRTMlODElOTUlRTMlODIlOEMlRTMlODElQTYlRTMlODElODQlRTMlODIlOEIlRTMlODIlQTQlRTMlODMlQjMlRTMlODMlOTUlRTMlODMlQUIlRTMlODIlQTglRTMlODMlQjMlRTMlODIlQjYlRTMlODIlOTIlRTQlQkUlOEIlRTMlODElQUIlRTMlODAlODElRTMlODMlOTElRTMlODMlQjMlRTMlODMlODclRTMlODMlOUYlRTMlODMlODMlRTMlODIlQUYlRTMlODElQUUlRTclOTklQkElRTclOTQlOUYlRTMlODElOEIlRTMlODIlODklRTYlQjYlODglRTklODAlODAlRTMlODElQkUlRTMlODElQTclRTMlODElQUUlRTQlQkElODglRTYlODMlQjMlRTMlODElOTUlRTMlODIlOEMlRTMlODIlOEIlRTclQjUlOEMlRTklODElOEUlRTMlODIlOTIlRTglQTElQTglRTMlODElQTclRTclQTQlQkElRTMlODElOTclRTMlODElOUYlRTMlODIlODIlRTMlODElQUUlRUYlQkMlODklM0MlMkZwJTNFこれに当てはめると、2020/01/26時点での状況は「大規模の流行」の初期段階に入ったかどうか、というものに該当しそうです。 この段階を超えると、いよいよ「世界的な大規模流行」の段階で、パンデミックと言える状態に入る可能性があります。■予防のポイント ・外出時はマスクを着用し、一度使用したマスクは再利用せず廃棄する ・外出からの帰宅後は、手洗い・うがいを徹底する ・流水および石鹸や薬用ハンドソープを使った手洗いを頻繁におこなう ・特に外出後や咳やくしゃみをした後、口・目・鼻などに触る前には手洗いを徹底する ・咳やくしゃみをする場合は、口や鼻をティッシュなどで覆う ■症状が出た場合 ・新型コロナウイルスに感染した疑いがある状況で咳・発熱・痰・頭痛・倦怠感など風邪に似た症状がある場合は、マスクを着用し速やかに医療機関へ ・武漢市への渡航や滞在歴がある場合で風邪に似た症状がある場合は、事前に医療機関へ連絡し武漢市の滞在歴があることを伝えた上で、マスクを着用し速やかに医療機関へ いずれにせよ、必要以上に不安になったりパニックをおこす必要はありません。 まずは手洗い・うがいの徹底と外出時はマスクを着用し、可能であれば人混みを避け、多くの人々が集中する場所へ滞在する場合は短時間で済ませてください。 またネット上の情報、特にSNSで個人によって拡散される情報には「誤解やデマ」が混入する場合が多々あります。拡散されている情報は鵜呑みにせず、まずは国内外の政府や保健機関が発表している「一次情報」に当たりましょう。JTNDaDIlMjBjbGFzcyUzRCUyMndwYl9oZWFkaW5nJTIwd3BiX3NpbmdsZWltYWdlX2hlYWRpbmclMjIlM0UlRTMlODElODQlRTMlODElQkUlRTUlODIlOTklRTMlODElODglRTMlODElQTYlRTMlODElOEElRTMlODElOEYlRTMlODElQjklRTMlODElOEQlRTMlODIlQTYlRTMlODIlQTQlRTMlODMlQUIlRTMlODIlQjklRTUlQUYlQkUlRTclQUQlOTYlRTMlODIlQjAlRTMlODMlODMlRTMlODIlQkElRTMlODIlOTJhbWF6b24lRTMlODElQTclRTglQTYlOEIlRTMlODIlOEIlRUYlQkMlODElM0MlMkZoMiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlJwSWhVeSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZtLm1lZGlhLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNTF6NG5XJTJCa1BqTC5fQUNfVUwzMjBfTUwzXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlJwSWhVeSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUUzJTgzJTlFJUUzJTgyJUI5JUUzJTgyJUFGJUU1JTkwJTg0JUU3JUE4JUFFJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTYlOTYlQjAlRTUlOUUlOEIlRTMlODIlQjMlRTMlODMlQUQlRTMlODMlOEElRTMlODIlQTYlRTMlODIlQTQlRTMlODMlQUIlRTMlODIlQjklRTMlODElQTAlRTMlODElOTElRTMlODElQTclRTMlODElQUElRTMlODElOEYlRTMlODAlODElRTMlODIlQTQlRTMlODMlQjMlRTMlODMlOTUlRTMlODMlQUIlRTMlODIlQTglRTMlODMlQjMlRTMlODIlQjYlRTMlODIlODQlRTYlOTclQTklRTMlODIlODElRTMlODElQUUlRTglOEElQjElRTclQjIlODklRTclOTclODclRTUlQUYlQkUlRTclQUQlOTYlRTMlODElQUIlRTMlODIlODIlRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJvb2tsaW5rLWZvb3RlciUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUwQSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMzBUbkFuYSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZtLm1lZGlhLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNjFiek9VTUNlWEwuX0FDX1VMMzIwX01MM18uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjMwVG5BbmElMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFNiVCNiU4OCVFNiVBRiU5MiVFOCU5NiVBQyVFMyU4MiVBRiVFMyU4MyVBQyVFMyU4MyU5OSVFMyU4MyVBQSVFMyU4MyVCMyUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMjAlMjAlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU3JUE5JUJBJUU5JTk2JTkzJUU5JTk5JUE0JUU4JThGJThDJUUzJTgyJTkyJUU1JTkwJUFCJUUzJTgyJTgxJUUzJTgwJTgxJUUzJTgyJUE2JUUzJTgyJUE0JUUzJTgzJUFCJUUzJTgyJUI5JUUzJTgzJUJCJUU4JThGJThDJUUzJTgyJTkyJUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJUE4JUUzJTgyJTgxJUUzJTgxJUE2JUU5JTk5JUE0JUU4JThGJThDJUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJib29rbGluay1mb290ZXIlMjIlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMEElMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjNhSUJDTjAlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGbS5tZWRpYS1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjYxa3dJMjN1S1FMLl9BQ19VTDMyMF9NTDNfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYzYUlCQ04wJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTklOTklQTQlRTglOEYlOEMlRTMlODIlQTIlRTMlODMlQUIlRTMlODIlQjMlRTMlODMlQkMlRTMlODMlQUIlRTglQTMlQkQlRTUlOTMlODElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTIwJTIwJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyU5NyVFMyU4MyVBQyVFMyU4MyVCQyVFMyU4MCU4MSVFMyU4MiVCRiVFMyU4MiVBQSVFMyU4MyVBQiVFMyU4MCU4MSVFNiVBNyU5OCVFMyU4MCU4NSVFMyU4MSVBQSVFMyU4MiVCRiVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyU5NyVFMyU4MSVBRSVFOSU5OSVBNCVFOCU4RiU4QyVFMyU4MiVBMiVFMyU4MyVBQiVFMyU4MiVCMyVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyVBQiVFMyU4MSVBRiVFNSVCOCVCOCVFNSU4MiU5OSVFMyU4MSU5NyVFMyU4MSVBNiVFMyU4MSU4QSVFMyU4MSU4RCVFMyU4MSVCRSVFMyU4MSU5NyVFMyU4MiU4NyVFMyU4MSU4NiVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYm9va2xpbmstZm9vdGVyJTIyJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNF

【スス無し】レインボーストーブ改造・最終版!

本記事は、トヨトミ製・またはスノーピーク・ブランドの「レインボーストーブ(レインボーランタン)」に対してメーカー保証外の改造を実施するものです。 簡単な手法ではありますが、万が一の場合は不完全燃焼や想定外の事故につながる可能性がゼロではありません。実施される場合は、あくまで自己責任のもと、細心の注意を払っておこなってください。寒い時期のキャンプのお供として人気のコンパクトな石油ストーブ、その中でも人気の「レインボーストーブ(レインボーランタン)」。 編集部スタッフの1人はキャンプのみならず、晩秋〜初春にかけては自宅で普段遣いしています。 前回ご紹介した改造記事でできあがったストーブを長らく使っていましたが、やはり気になっていたのは最大火力にすると「ススが出る」ということ。 今回は、これを完全解消してみました。 ※なお、改造するとメーカー保証が受けられなくなる可能性がありますので、実施される場合は自己責任とさせていただきます。簡単な改造ですが、万が一失敗した際の修理や買い替え等は編集部では応じかねますのでご了承ください。 また美しいレインボーカラーの反射と引き換えの改造ですので、こちらも予めご理解の上で作業してください。『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。一般論的には、青い炎は高温で酸素が足りている場合。赤い炎は低温で酸素不足。この赤い炎に金属などを触れさせるとススが出ます。 焚き火の赤い炎の上にクッカーなどの鍋を置いて調理すると、鍋底にススが付きますね。 前回の改造方法では「排水栓」を上下逆さまにしてストーブの燃焼室に入れるだけでしたが、火力が一定以上になるとススが出ていました。 赤い炎が排水栓のメッシュ部分や、炎にかぶさった排水栓の底にふれるなどしてススが発生したと思われます。なにも難しいことはありません。 1. ステンレスのメッシュ素材(以後「ステンメッシュ」と記載)をカットする 2. カットしたステンメッシュを円筒形に丸めてホチキスで留める 3. レインボーストーブの燃焼室にセットして完了 これだけです。 実際に作業手順を写真でご紹介します。資材系を扱っているホームセンターで入手可能です。 今回調達したのは「ステンレス金網 #30x16 メッシュ 500x600」というもの。 左上に見えるのは、今まで使ってきた「排水栓」。長らくお世話になりました。ホチキスと金切りバサミのみのお手軽加工。あとは切断用の目印をつけるための油性ペンなどがあると良いでしょう。 大型のホチキスのしっかりとした太針を使えばより安心感は増えそうですが、今回の改造では一般的なホチキスと針を使ってそれなりの期間ストーブを使っていますが、特に不都合はありません。円筒形にした際の高さはおよそ13cm・直径は約11cm(円周約34.5cm)としました。円筒形に丸めた際に、接続部分をホチキスで留めるので、+2cmくらい余白を取ります。 よって「高さ13cm x 長さ36.5〜37cm」のステンメッシュを切り出したいので、それに合うように油性ペンで線を引きます。油性ペンで描いた切断用の線に沿って金切りバサミで切断します。このようにホチキスで留めてしまいます。複数箇所を止めればOK。セットと言っても置くだけです。ストーブ単体でできる改造は、これで完了。火力全開にしても、もうススは出ません。 安心して使えます。※燃焼室の背中側に、熱の反射板(リフレクタ)となるステンレス板を取り付けていない場合は、前回の記事を参考にされてください。 【冬キャンプに人気の「レインボーストーブ」を簡単に暖房性能アップ!】 熱反射が多少アップすることと、特にキャンプでテント内に設置した際に後方へ熱が伝わりにくい状況を作ってくれるので、オススメです。 ※なおテント内でのストーブを含めた火気の使用は、火災の恐れを考慮するとメーカー的には禁止となっている場合があるのでご注意ください。 テント内にストーブを設置する場合は、可能であればコットンやポリコットン生地を採用した「ポリエステル系生地よりは燃えにくい」ものを。 もしポリエステル系生地のテント内でストーブを使う場合は自己責任のうえ、火の扱いには細心の注意を払って利用してください。対流型ストーブの宿命ですね。暖かい空気はどうしてもストーブの上部から天井へ向かって昇ってしまいます。 室内であれば、天井に昇った暖かい空気がそこから横方向へ広がって室内を対流して温めることになりますが、キャンプなどの屋外ではそうはいきません。 やはり「エコファン」や「エコストーブファン」と言ったものを活用して、暖かい空気を横方向へ送る形が良いでしょう。これは室内での普段遣いでも威力を発揮するのでオススメです。今回の最終形態の改造をおこなったのは、実はだいぶ前になります。 そこから1シーズン、キャンプ使用と普段遣いを繰り返して、問題ないことを確認した上での今回の記事となりました。 火力全開にしても、もうススが出ることはありません。 レインボーストーブをお持ちでご興味のあるかたは、こちらの方法をお試しください。JTNDaDIlMjBjbGFzcyUzRCUyMndwYl9oZWFkaW5nJTIwd3BiX3NpbmdsZWltYWdlX2hlYWRpbmclMjIlM0UlRTMlODMlQUMlRTMlODIlQTQlRTMlODMlQjMlRTMlODMlOUMlRTMlODMlQkMlRTMlODIlQjklRTMlODMlODglRTMlODMlQkMlRTMlODMlOTYlRTYlOUMlODAlRTclQjUlODIlRTYlOTQlQjklRTklODAlQTAlRTclOTQlQTglRTMlODElQUUlRTMlODIlQjAlRTMlODMlODMlRTMlODIlQkElRTMlODIlOTJhbWF6b24lRTMlODElQTclRTglQTYlOEIlRTMlODIlOEIlRUYlQkMlODElM0MlMkZoMiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlJ3dWxJTCUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZtLm1lZGlhLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNTFSUVFnV0c4TkwuX0FDX1VMMzIwX01MM18uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJSd3VsSUwlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyU4NiVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyVBQyVFMyU4MiVCOSVFOSU4NyU5MSVFNyVCNiVCMiVFNSU5MCU4NCVFNyVBOCVBRSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU5JTg3JTkxJUU3JUI2JUIyJUUzJTgxJUFFJUU3JTlCJUFFJUUzJTgxJUFFJUU3JUIyJUJFJUU1JUJBJUE2JUUzJTgxJUFGJUU4JTg5JUIyJUUzJTgwJTg1JUUzJTgxJTgyJUUzJTgyJThBJUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJTk5JUUzJTgxJThDJUUzJTgwJTgxJUU3JUI0JUIwJUUzJTgxJThCJUUzJTgxJTg0JUUzJTgyJTgyJUUzJTgxJUFFJUUzJTgxJThDJUU4JTg5JUFGJUUzJTgxJTg0JUUzJTgxJUE3JUUzJTgxJTk3JUUzJTgyJTg3JUUzJTgxJTg2JUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTIxLS0lMjAuLi4uLi4uLi4uLiUyMC0tJTNFJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYzOGdubzR5JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRm0ubWVkaWEtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY3MVZCRGNNZ0NsTC5fQUNfVUwzMjBfTUwzXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMzhnbm80eSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUU5JTg3JTkxJUU1JTg4JTg3JUUzJTgyJThBJUUzJTgzJTkwJUUzJTgyJUI1JUUzJTgzJTlGJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTYlOUMlODAlRTglQkYlOTElRTMlODElQUYxMDAlRTUlODYlODYlRTMlODIlQjclRTMlODMlQTclRTMlODMlODMlRTMlODMlOTclRTMlODElQTclRTMlODIlODIlRTUlQTMlQjIlRTMlODElQTMlRTMlODElQTYlRTMlODElQkUlRTMlODElOTklRUYlQkMlODElRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJScjlVZ3glMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGbS5tZWRpYS1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjcxekV1U1BWS1NMLl9BQ19VTDMyMF9NTDNfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyUnI5VWd4JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTMlODIlQTglRTMlODIlQjMlRTMlODMlOTUlRTMlODIlQTElRTMlODMlQjMlM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFNSVBRiVCRSVFNiVCNSU4MSVFNSU5RSU4QiVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyU4OCVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU5NiVFMyU4MSVBQiVFMyU4MSVBRiVFNiVBQyVBMCVFMyU4MSU4QiVFMyU4MSU5QiVFMyU4MSVCRSVFMyU4MSU5QiVFMyU4MiU5MyVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRQ==

武蔵小杉周辺の浸水被害と災害マップ

この図はGoogle Map上に、川崎市が2017年5月から公開している「洪水ハザードマップ(中原区版)」の多摩川水系の氾濫想定区域を抜粋して編集部が独自に重ね合わせたものです。JTNDaWZyYW1lJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZ3d3cuZ29vZ2xlLmNvbSUyRm1hcHMlMkZkJTJGZW1iZWQlM0ZtaWQlM0QxYlFadm4xd0lhSVg3ZDJBbUtUTFJwUjJBUzItMGJyZzglMjZobCUzRGphJTI2aGwlM0RqYSUyNmxsJTNEMzUuNTczNjA5MjQ5MTY1MzY1JTI1MkMxMzkuNjYzNDkxMTYyODAxODUlMjZ6JTNEMTQlMjIlMjB3aWR0aCUzRCUyMjY0MCUyMiUyMGhlaWdodCUzRCUyMjQ4MCUyMiUzRSUzQyUyRmlmcmFtZSUzRQ==拡大して見ていくと、いくつかのタワーマンションと思われる建物が氾濫想定区域内に建っていることが判ります。 もっとも今回の武蔵小杉における浸水被害は多摩川の氾濫ではなく、下水の処理能力を超えた降雨量があったことによります。いわゆるタワーマンションが立ち並ぶ、神奈川県川崎市中原区の武蔵小杉駅周辺。このエリアでは台風19号による浸水被害が発生しました。 特に深刻な被害を受けた2棟のマンションでは地下の配電盤や変電設備が破損し、マンション内の多くの世帯で停電や断水が起きています。 オール電化ということもあり、停電すると照明だけでなくIH調理器具や空調なども使用不可能に。エレベーターも停止したため、特に高層階にお住まいの方ほど階段を使った地上との行き来は困難なものとなっています。 マンションに限らず高層住宅では上水道も電動ポンプで上層階に汲み上げてから各世帯に供給する仕組みとなっており、断水によってもっとも深刻化しているのは「水洗トイレが使えない」という状況です。 当該マンションにおいては、極力早期の状況解決が望まれるところです。台風や地震などの大規模自然災害の際に必要となってくるのが、いわゆる「ハザードマップ」。 実はこのハザードマップが広く整備・公開されるようになったのは近年になってからのことです。 近年は台風襲来時や豪雨発生時に、これまでの想定を超える浸水被害が多発していることから、2015年に「水防法」が改正されました。 これにともない、国土交通省は新たな浸水想定区域等を公表。各自治体もハザードマップの改定を進めています。 武蔵小杉エリアが対象となる洪水ハザードマップは、川崎市によって2004年には旧想定で作成されていましたが、2017年5月に改定版が公開されていました。 少なくとも、2019年の台風19号による被害が出る2年前には現在のハザードマップが公開されていたことになります。住む場所を決める、特に「終の棲家(ついのすみか)」となる住宅を購入することは、多くの人にとって人生の一大イベント。 これからは住む場所を決める場合、住宅のスペックや周辺住環境だけでなく、災害に強い場所に位置しているかどうかも検討要素の重要な1つとなるでしょう。 ハザードマップと併せていわゆる「古地図」を調べてみるのも良いでしょうし、地名に「水」を連想させる要素がある場合は、かつてそこは川や沼や湿地帯だった可能性もあります。 お住まいの場所やこれから住もうと考えている場所が、災害に対してどの程度の耐性があるかどうか、ぜひ関心を持ってください。 ハザードマップは各自治体・市区町村によって公開されており、国土交通省が運営する「ハザードマップポータルサイト」から簡単に確認することができます。 下記リンクをスマホのブラウザにブックマークしておきましょう。 【ハザードマップポータルサイト】 https://disaportal.gsi.go.jp/ ITOITO-STYLEでも、このハザードマップポータルサイトを含めて災害時に状況を確認するための公共性の高い情報源へのリンク集「備災ポータル」をご用意しています。 こちらも併せてブックマークしてご活用ください。 【備災ポータル】 https://itoito.style/disaster_prevention

保冷剤エアコン(クーラー)を作る!

文字通り、冷凍庫で冷やし固める「保冷剤」を使った簡易クーラーです。 原理は簡単、よく冷えた保冷剤に風を当ててやると、保冷剤を通過した冷たい空気が「風下」に出てくるというもの。 発泡スチロール製の簡易クーラーボックスなどを活用して、比較的安価な素材を使って手作りできます。 キャンプで使う場合は就寝時のテント内で稼働させれば涼しい空間を作り出せますし、防災用途で使う場合は暑い日の停電時にお子さんやペットなどを暑さから守る使い方もできそうです。 それでは、さっそく作ってみましょう。『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。【材料】 ① 発泡スチロール製のクーラーボックス:ホームセンターで格安で入手可能です。 (今回は 幅380mm × 奥行き220mmサイズを使用) ② 送風口用のガラリ:無くても良いですが、あると送風方向を変えられます。 (DIY系ホームセンターでも入手可能) ③ USBファン:80mm角。 (これを動かすために別途モバイルバッテリーが必要です) ④ 保冷剤:大型高性能であるほど望ましいところ。 ⑤ アルミテープ:無くても良いですが、あるとクーラーボックスの保冷性能アップが期待できます。仕組みは簡単、USBファンで周囲の空気をクーラーボックス内へ吸入し、保冷剤で冷やした空気を出力するだけです。さっそく作っていきます。 作り方もとても簡単で、発泡クーラーボックスのフタに「USBファン」と「ガラリ」をはめ込む穴をカッターナイフで開けて、それぞれをはめ込んだらだいたい完成したようなものです。 穴あけイメージは写真の通り。まずは「ガラリ」をはめ込む穴開け。 発泡クーラーボックスのフタにガラリを位置を決めて置いたら、切り取る部分の周囲にペンでなぞって線を描き、カッターナイフで丁寧にカットしていきます。円形に穴を開けるので、カッターナイフは細いほうがやりやすいです。 コツは、描いた線よりもやや内側をカットすること。ガラリをはめ込んだ際に多少キツめになるように調整しながらカットすると、開けた穴にギュっとジャストフィットして抜けにくい状態となります。次はUSBファンをはめ込む穴あけ。同様にファンをフタに当てて周囲に線を描いてから、カッターの刃を入れていきます。円形ではないぶん、カット作業はやりやすくなります。 また、カット時には細かい発泡スチロールの切りかすが出るので、周囲には衣服などを置かないようにしましょう。静電気でくっついて取りにくくなることがあります。(編集部スタッフ、やりました)穴があいたら、ガラリをゆっくり丁寧にはめ込みます。キツめのサイズにしておけば、ギュギュッとフィットしてそのまま固定できます。USBファンも同様に。モバイルバッテリーにつなぐためのリード線があるので、うまくハマるようにカッターナイフで微調整しながらキツめにフィットさせます。はめ込み完了。基本的には、ここまでできてしまえば完成したも同然です。 あとは冷凍された保冷剤をクーラーボックスに入れてこのフタを閉め、USBファンをモバイルバッテリーに繋げば冷えた空気が出てきます。前章のまま活用してもいいのですが、冷房効率アップを期待して、もうひと工夫。発泡クーラーボックスの内側にアルミテープを覆うように貼って、より断熱性を高めます。 幅広のアルミテープを、クーラーボックスの内側の「辺」に合わせ少し長めにカットして貼っていきます。アルミテープは粘着力が強く折れ目が付きやすいので、丁寧に作業します。クーラーボックスの内側にひととおり貼りました。貼り合わせ部分は目分量で5mm程度を重ね貼りしています。 1枚貼ったらクーラーボックスの内壁にしっかりくっつくように、押し伸ばすようにしていきます。クーラーボックス内の底面と側面を一通りアルミテープで貼り覆って完成です。さっそく8月の夏キャンプで活用してきました。保冷剤も気合を入れて、株式会社川合技研さんの「ネオアイスPro(1250ml / -16℃が16時間)」という強力保冷剤を2つ装備。外気温が約30℃の環境で、冷風吹き出し口から出てくる空気の温度を計測すると、22.5℃というなかなかの冷えっぷりです。 これを活用するには、屋外空間ではなくテント内に設置するのがベスト。就寝前からテント内で稼働させて準備し、寝苦しさも無く快適な睡眠を得ることができました。野外で冷風に当たりたい!という場合にオススメな方法は、 ポータブル電源 + サーキュレーター + あらかじめ冷凍したミネラルウォーター の組み合わせです。冷凍ミネラルウォーターのペットボトルにサーキュレーターの風が当たるようにすると、なかなか快適な涼をとることができます。保冷剤クーラー、キャンプだけではもったいない。ということで、夏の停電時に屋内で使う想定で実験してみました。 さすがに1部屋まるごと冷やすような能力は無いので「限定した狭い空間だけ」を冷やし、例えば小さなお子さんやペットなどを暑さから守る想定です。 使った保冷剤は同様に「ネオアイス Pro」。1人用のテントを冷房を切った部屋の中に設置し、部屋の温度に対してテント内の温度をどこまで下げられるのかを見てみることにしました。実験は8月上旬の14時からスタート。14:40には部屋の温度は35.5℃に達しましたが、保冷剤クーラーを入れた1人用テント内は32.6℃と、約3℃下げることができました。持続時間は約3時間。 設置環境をより温度の低い状態にできれば&保冷剤をより多く用意できれば、より温度を下げたり持続時間を伸ばすことが可能でしょう。停電が復旧するまでの時間であれば、なんとか実用レベルで活用できそうなことが判ります。夏といえばキャンプ、キャンプと言えば夏。しかし秋も深まる頃までは日中は暑いものです。少しでも涼しく過ごす方法があれば使ってみたいもの。 最近はポータブル電源の普及により暑い日のキャンプではサーキュレーターを活用できるようになりましたが、こうしたちょっとアナログな?方法も良いものです(保冷剤冷凍のために事前に冷凍庫は使いますが)。 特に保冷剤は文字通り冷たさを保ってくれる素材、大容量のものをご家庭の冷凍庫に常備しておくと、停電時には冷蔵庫に移し替えて庫内温度の上昇スピードを遅らせることもできます。 また、ヤケドや捻挫などで患部を急冷したい際にはタオルで包んで使うこともできるなど、常備しておきたい「備災アイテム」の1つ。 そしてキャンプは基本的に、電気・ガス・水道が潤沢に使えない環境で過ごすため、個人や家庭レベルでの備災訓練(防災訓練)としても最適です。天候や環境に併せて快適に過ごすための様々な工夫を自分で試してみるのも有意義だと思います。 「保冷剤クーラー」も簡単に作れるものですので、機会があればぜひ試してみてください。JTNDaDIlMjBjbGFzcyUzRCUyMndwYl9oZWFkaW5nJTIwd3BiX3NpbmdsZWltYWdlX2hlYWRpbmclMjIlM0UlRTQlQkYlOUQlRTUlODYlQjclRTUlODklQTQlRTMlODIlQUYlRTMlODMlQkMlRTMlODMlQTklRTMlODMlQkMlRTMlODElQUUlRTYlOUQlOTAlRTYlOTYlOTklRTMlODIlOTJhbWF6b24lRTMlODElQTclRTglQTYlOEIlRTMlODIlOEIlRUYlQkMlODElM0MlMkZoMiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMk4yZUlhUyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZtLm1lZGlhLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNzFzVDBNc2F2a0wuX0FDX1VMMzIwX01MMl8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJOMmVJYVMlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFNyU5OSVCQSVFNiVCMyVBMSVFMyU4MiVBRiVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyVBOSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU5QyVFMyU4MyU4MyVFMyU4MiVBRiVFMyU4MiVCOSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU3JTk5JUJBJUU2JUIzJUExJUUzJTgyJUI5JUUzJTgzJTgxJUUzJTgzJUFEJUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJUFCJUU4JUEzJUJEJUUzJTgxJUE3JUU1JUI3JUE1JUU0JUJEJTlDJUUzJTgxJTk3JUUzJTgyJTg0JUUzJTgxJTk5JUUzJTgxJTg0JUVGJUJDJTgxJUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTIxLS0lMjAuLi4uLi4uLi4uLiUyMC0tJTNFJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyWlk2Q2xBJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRm0ubWVkaWEtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY2MTdtSWJaeDNYTC5fQUNfVUwzMjBfTUwyXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlpZNkNsQSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFVVNCJUUzJTgzJTk1JUUzJTgyJUExJUUzJTgzJUIzJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTQlQkQlOTklRTUlODglODYlRTMlODElQUElRTMlODMlOTElRTMlODMlQkMlRTMlODMlODQlRTclODQlQTElRTMlODElOTclRTMlODAlODElRTglQjMlQUElRTUlQUUlOUYlRTUlODklOUIlRTUlODElQTUlRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJaV1p6Y0ElMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGbS5tZWRpYS1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjYxemdTNDc4UGhMLl9BQ19VTDMyMF9NTDJfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyWldaemNBJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTMlODMlQTIlRTMlODMlOTAlRTMlODIlQTQlRTMlODMlQUIlRTMlODMlOTAlRTMlODMlODMlRTMlODMlODYlRTMlODMlQUElRTMlODMlQkMlM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MFVTQiVFMyU4MyU5NSVFMyU4MiVBMSVFMyU4MyVCMyVFMyU4MiU5MiVFNSU5QiU5RSVFMyU4MSU5OSVFMyU4MSVBQiVFMyU4MSVBRiVFNSVCRiU4NSVFOSVBMCU4OCVFRiVCQyU4MSVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlBYdHo4RiUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZtLm1lZGlhLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNzE3OFlJM3VOY0wuX0FDX1VMMzIwX01MMl8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJQWHR6OEYlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFNCVCRiU5RCVFNSU4NiVCNyVFNSU4OSVBNCUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU1JUE0JUE3JUU1JUFFJUI5JUU5JTg3JThGJUUzJTgzJUJCJUU5JUFCJTk4JUU2JTgwJUE3JUU4JTgzJUJEJUUzJTgxJUFBJUUzJTgyJTgyJUUzJTgxJUFFJUUzJTgxJThDJUUzJTgyJUFBJUUzJTgyJUI5JUUzJTgyJUI5JUUzJTgzJUExJUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTIxLS0lMjAuLi4uLi4uLi4uLiUyMC0tJTNFJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYzNHcyMjFoJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRm0ubWVkaWEtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY0MUlUOUVGS0p4TC5fQUNfVUwzMjBfTUwyXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMzR3MjIxaCUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUUzJTgzJThEJUUzJTgyJUFBJUUzJTgyJUEyJUUzJTgyJUE0JUUzJTgyJUI5UHJvJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTQlQkIlOEElRTUlOUIlOUUlRTQlQkQlQkYlRTMlODElQTMlRTMlODElOUYlRTMlODMlOEQlRTMlODIlQUElRTMlODIlQTIlRTMlODIlQTQlRTMlODIlQjlQcm8lRTMlODIlQjclRTMlODMlQUElRTMlODMlQkMlRTMlODIlQkElRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJaVG9OSVYlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGbS5tZWRpYS1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjYxMjZWSTBGNFhMLl9BQ19VTDMyMF9NTDJfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyWlRvTklWJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTMlODIlQUMlRTMlODMlQTklRTMlODMlQUElM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFMyU4MSU4MiVFMyU4MiU4QyVFMyU4MSVCMCVFNCVCRSVCRiVFNSU4OCVBOSVFMyU4MCU4MSVFNyU4NCVBMSVFMyU4MSU4RiVFMyU4MSVBNiVFMyU4MiU4Mk9LJTIxJUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTIxLS0lMjAuLi4uLi4uLi4uLiUyMC0tJTNFJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYzNHVCTmJFJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRm0ubWVkaWEtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY3MUlpamp2S1JMTC5fQUNfVUwzMjBfTUwyXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMzR1Qk5iRSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUUzJTgyJUEyJUUzJTgzJUFCJUUzJTgzJTlGJUUzJTgzJTg2JUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTk3JTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTclOTklQkElRTYlQjMlQTElRTMlODIlQUYlRTMlODMlQkMlRTMlODMlQTklRTMlODMlQkMlRTMlODMlOUMlRTMlODMlODMlRTMlODIlQUYlRTMlODIlQjklRTMlODElQUUlRTYlOTYlQUQlRTclODYlQjElRTYlODAlQTclRTMlODIlQTIlRTMlODMlODMlRTMlODMlOTclRTMlODElQUIlRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJaWEpIOVglMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGbS5tZWRpYS1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjUxaXQxVWQ1OEJMLl9BQ19VTDMyMF9NTDJfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyWlhKSDlYJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTMlODMlOUQlRTMlODMlQkMlRTMlODIlQkYlRTMlODMlOTYlRTMlODMlQUIlRTklOUIlQkIlRTYlQkElOTAlM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFOSU5OCVCMiVFNyU4MSVCRCVFNyU5NCVBOCVFMyU4MSVBQiVFNSU4MiU5OSVFMyU4MSU4OCVFMyU4MiU4QiVFNCVCQSVCQSVFMyU4MiU4MiVFNSVBMiU5NyVFMyU4MSU4OCVFMyU4MSVBNiVFMyU4MSU4NCVFMyU4MiU4QiVFMyU4MyU5RCVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiVCRiVFMyU4MyU5NiVFMyU4MyVBQiVFOSU5QiVCQiVFNiVCQSU5MCVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlBVUFNNayUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZtLm1lZGlhLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNjFtSkFJeDRveUwuX0FDX1VMMzIwX01MMl8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJQVVBTTWslMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFMyU4MiVCNSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiVBRCVFMyU4MyVBNSVFMyU4MyVBQyVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiVCRiVFMyU4MyVCQyUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU1JTg4JTlEJUU1JUE0JThGJUUzJTgwJTlDJUU0JUI4JUFEJUU3JUE3JThCJUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJUE3JUU0JUJEJUJGJUUzJTgxJTg4JUUzJTgyJThCJUU2JTg5JTg3JUU5JUEyJUE4JUU2JUE5JTlGJUVGJUJDJTgxJUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTIxLS0lMjAuLi4uLi4uLi4uLiUyMC0tJTNF

猛暑・残暑時に停電発生。対策を考え備えよう!

2019/07/31、日本全国が梅雨明けしました。 その翌日の2019/08/01に東京都の稲城市・清瀬市をはじめ、埼玉・新潟・静岡・長野・奈良・沖縄など各地で停電が発生。 稲城市では約3700軒、清瀬市では約1500軒、埼玉の川越市では約2800軒、静岡の浜松などでは約1160軒。そして9/8〜9/9にかけて台風15号が静岡から上陸・首都圏を直撃し、大型の送電線の鉄塔を倒壊させ、メガソーラーの発電パネルから火災が発生するなど大きな被害が発生しました。 台風一過後も東京電力管内では約80万戸以上が停電。9/9の東京の最高気温は37℃という猛暑日となっています。 2019年の台風15号は上陸した台風としては過去最強クラス、首都圏の鉄道各社は運行を始発から見合わせる「計画運休」を実施。JR山手線などでは当初予定していた運行再開時間が大きく遅れるなど混乱が続きました。JTNDYmxvY2txdW90ZSUyMGNsYXNzJTNEJTIydHdpdHRlci10d2VldCUyMiUzRSUzQ3AlMjBsYW5nJTNEJTIyamElMjIlMjBkaXIlM0QlMjJsdHIlMjIlM0UlRTclQjQlODQ1MCVFRiVCRCU4RCVFMyU4MSVBRSVFOSU4MCU4MSVFOSU5QiVCQiVFNyVCNyU5QSVFOSU4OSU4NCVFNSVBMSU5NCUyMCVFRiVCQyU5MiVFNSU5RiVCQSVFNSU4MCU5MiVFNSVBMyU4QSUyMCVFNSU4RCU4MyVFOCU5MSU4OSUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZ0d2l0dGVyLmNvbSUyRmhhc2h0YWclMkZuaGtfbmV3cyUzRnNyYyUzRGhhc2glMjZhbXAlM0JyZWZfc3JjJTNEdHdzcmMlMjU1RXRmdyUyMiUzRSUyM25oa19uZXdzJTNDJTJGYSUzRSUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZ0LmNvJTJGcmRNdjVPbjI2OCUyMiUzRWh0dHBzJTNBJTJGJTJGdC5jbyUyRnJkTXY1T24yNjglM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGcCUzRSUyNm1kYXNoJTNCJTIwTkhLJUUzJTgzJThCJUUzJTgzJUE1JUUzJTgzJUJDJUUzJTgyJUI5JTIwJTI4JTQwbmhrX25ld3MlMjklMjAlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGdHdpdHRlci5jb20lMkZuaGtfbmV3cyUyRnN0YXR1cyUyRjExNzA4OTAwNzQxNDcyNjI0NjUlM0ZyZWZfc3JjJTNEdHdzcmMlMjU1RXRmdyUyMiUzRVNlcHRlbWJlciUyMDklMkMlMjAyMDE5JTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmJsb2NrcXVvdGUlM0UlMjAlM0NzY3JpcHQlMjBhc3luYyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGcGxhdGZvcm0udHdpdHRlci5jb20lMkZ3aWRnZXRzLmpzJTIyJTIwY2hhcnNldCUzRCUyMnV0Zi04JTIyJTNFJTNDJTJGc2NyaXB0JTNFJTBBJTBBJTNDYmxvY2txdW90ZSUyMGNsYXNzJTNEJTIydHdpdHRlci10d2VldCUyMiUzRSUzQ3AlMjBsYW5nJTNEJTIyamElMjIlMjBkaXIlM0QlMjJsdHIlMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTUlQkMlQjclRTklQTIlQTglRTMlODElQUUlRTUlQkQlQjElRTklOUYlQkYlRTMlODElOEIlRTMlODAlOTElRTUlOEQlODMlRTglOTElODklRTMlODMlQkIlRTUlQjglODIlRTUlOEUlOUYlRTMlODElQUUlRTMlODMlQTElRTMlODIlQUMlRTMlODIlQkQlRTMlODMlQkMlRTMlODMlQTklRTMlODMlQkMlRTclOTklQkElRTklOUIlQkIlRTYlODklODAlRTMlODElQTclRTclODElQUIlRTclODElQkQlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGdC5jbyUyRm5sTjhCakhzSkUlMjIlM0VodHRwcyUzQSUyRiUyRnQuY28lMkZubE44QmpIc0pFJTNDJTJGYSUzRSUzQ2JyJTNFJTNDYnIlM0UlRTMlODIlQkQlRTMlODMlQkMlRTMlODMlQTklRTMlODMlQkMlRTMlODMlOTElRTMlODMlOEQlRTMlODMlQUIlRTMlODElOEMlRTUlOTAlQjklRTMlODElOEQlRTUlQUYlODQlRTMlODElOUIlRTMlODIlODklRTMlODIlOEMlRTMlODAlODElRTQlQkQlOTUlRTMlODIlODklRTMlODElOEIlRTMlODElQUUlRTMlODElOEQlRTMlODElQTMlRTMlODElOEIlRTMlODElOTElRTMlODElQTclRTclODElQUIlRTclODElQkQlRTMlODElQUIlRTMlODAlODIlRTYlQjYlODglRTclODElQUIlRTQlQkQlOUMlRTYlQTUlQUQlRTMlODElQUIlRTMlODElQUYlRTklODAlOUElRTklOUIlQkIlRTMlODIlOTIlRTYlQUQlQTIlRTMlODIlODElRTMlODIlOEIlRTUlQkYlODUlRTglQTYlODElRTMlODElOEMlRTMlODElODIlRTMlODIlOEElRTMlODAlODElRTYlQjYlODglRTclODElQUIlRTMlODElQUUlRTMlODIlODElRTMlODElQTklRTMlODElQUYlRTclQUIlOEIlRTMlODElQTMlRTMlODElQTYlRTMlODElODQlRTMlODElQUElRTMlODElODQlRTMlODElQTglRTMlODElODQlRTMlODElODYlRTMlODAlODIlMjAlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGdC5jbyUyRmV4QmxJdm85bjclMjIlM0VwaWMudHdpdHRlci5jb20lMkZleEJsSXZvOW43JTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRnAlM0UlMjZtZGFzaCUzQiUyMCVFMyU4MyVBOSVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyU5NiVFMyU4MyU4OSVFMyU4MiVBMiVFMyU4MyU4QiVFMyU4MyVBNSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiVCOSUyMCUyOCU0MGxpdmVkb29ybmV3cyUyOSUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZ0d2l0dGVyLmNvbSUyRmxpdmVkb29ybmV3cyUyRnN0YXR1cyUyRjExNzA5Mjg3MzI1NjkxMjQ4NjQlM0ZyZWZfc3JjJTNEdHdzcmMlMjU1RXRmdyUyMiUzRVNlcHRlbWJlciUyMDklMkMlMjAyMDE5JTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmJsb2NrcXVvdGUlM0UlMjAlM0NzY3JpcHQlMjBhc3luYyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGcGxhdGZvcm0udHdpdHRlci5jb20lMkZ3aWRnZXRzLmpzJTIyJTIwY2hhcnNldCUzRCUyMnV0Zi04JTIyJTNFJTNDJTJGc2NyaXB0JTNFJTBBJTBBJTNDYmxvY2txdW90ZSUyMGNsYXNzJTNEJTIydHdpdHRlci10d2VldCUyMiUzRSUzQ3AlMjBsYW5nJTNEJTIyamElMjIlMjBkaXIlM0QlMjJsdHIlMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTUlOEYlQjAlRTklQTIlQTgxNSVFNSU4RiVCNyVFMyU4MCU5MSVFNSU4RCU4MyVFOCU5MSU4OSVFMyU4MSVBNzYzJUU0JUI4JTg3JUU4JUJCJTkyJUU1JTgxJTlDJUU5JTlCJUJCJTIwJUU2JUIwJTk3JUU2JUI4JUE5JUU0JUI4JThBJUU2JTk4JTg3JUUzJTgyJTgyJUUzJTgyJUE4JUUzJTgyJUEyJUUzJTgyJUIzJUUzJTgzJUIzJUU0JUJEJUJGJUUzJTgxJTg4JUUzJTgxJTlBJTIwJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRnQuY28lMkZxV0FjWjdmd0F1JTIyJTNFaHR0cHMlM0ElMkYlMkZ0LmNvJTJGcVdBY1o3ZndBdSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZwJTNFJTI2bWRhc2glM0IlMjBOZXdzRGlnZXN0JTIwJUUzJTgzJThCJUUzJTgzJUE1JUUzJTgzJUJDJUUzJTgyJUI5JUUzJTgzJUJCJUU3JTgxJUJEJUU1JUFFJUIzJUU5JTgwJTlGJUU1JUEwJUIxJTIwJTI4JTQwTmV3c0RpZ2VzdFdlYiUyOSUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZ0d2l0dGVyLmNvbSUyRk5ld3NEaWdlc3RXZWIlMkZzdGF0dXMlMkYxMTcwOTQwNjY1NTU2OTE4MjcyJTNGcmVmX3NyYyUzRHR3c3JjJTI1NUV0ZnclMjIlM0VTZXB0ZW1iZXIlMjA5JTJDJTIwMjAxOSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZibG9ja3F1b3RlJTNFJTIwJTNDc2NyaXB0JTIwYXN5bmMlMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRnBsYXRmb3JtLnR3aXR0ZXIuY29tJTJGd2lkZ2V0cy5qcyUyMiUyMGNoYXJzZXQlM0QlMjJ1dGYtOCUyMiUzRSUzQyUyRnNjcmlwdCUzRQ==2018年の9/4に西日本を直撃した台風21号。関西国際空港ではターミナルビル側のA滑走路全域および到着ロビーや地下機関室が浸水、これによりターミナル全体が停電。また台風の強風に煽られたタンカーが連絡橋に衝突して橋桁が大きくズレるなどの被害が出ました。 そして、この台風によって関西電力管内では8府県で延べ約224万7000戸に及ぶ大規模停電が発生。9/5の大阪の最高気温は約30℃でした。 台風21号は「25年ぶり非常に強い勢力での日本列島上陸」は正式記録となっています。JTNDYmxvY2txdW90ZSUyMGNsYXNzJTNEJTIydHdpdHRlci10d2VldCUyMiUzRSUzQ3AlMjBsYW5nJTNEJTIyamElMjIlMjBkaXIlM0QlMjJsdHIlMjIlM0UlRTklOTYlQTIlRTglQTUlQkYlRTclQTklQkElRTYlQjglQUYlRTMlODElQTglRTUlQTQlQTclRTklOTglQUElRTMlODMlQkIlRTYlQjMlODklRTQlQkQlOTAlRTklODclOEUlRTUlQjglODIlRTMlODIlOTIlRTclQjUlOTAlRTMlODElQjYlRTklODAlQTMlRTclQjUlQTElRTYlQTklOEIlRTMlODAlODElRTMlODElQTQlRTMlODElQUElRTMlODElOEUlRTclOUIlQUUlRTMlODElQUUlRTklODMlQTglRTUlODglODYlRTMlODElQTclRTMlODElQUYlRTMlODElQTMlRTMlODElOEQlRTMlODIlOEElRTMlODElQTglRTMlODElOUElRTMlODIlOEMlRTMlODElQTYlRTMlODElODQlRTMlODElQkUlRTMlODElOTklRTMlODAlODIlM0NiciUzRSVFNCVCOCU4QSVFNyVBOSVCQSVFMyU4MSU4QiVFMyU4MiU4OSVFOCVBNiU4QiVFMyU4MSU5RiVFNiVBNyU5OCVFNSVBRCU5MCVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSU5OSVFMyU4MCU4MiVFMyU4MiVCRiVFMyU4MyVCMyVFMyU4MiVBQiVFMyU4MyVCQyVFMyU4MSU4QyVFMyU4MSVCNiVFMyU4MSVBNCVFMyU4MSU4QiVFMyU4MSVBMyVFMyU4MSVBNiVFMyU4MCU4MSVFOSU4MCVBMyVFNyVCNSVBMSVFNiVBOSU4QiVFMyU4MSVBQiVFMyU4MiU4MSVFMyU4MiU4QSVFOCVCRSVCQyVFMyU4MiU5MyVFMyU4MSVBMCVFNyU4QSVCNiVFNiU4NSU4QiVFMyU4MSVBQiVFMyU4MSVBQSVFMyU4MSVBMyVFMyU4MSVBNiVFMyU4MSU4NCVFMyU4MSVCRSVFMyU4MSU5OSVFMyU4MCU4MiUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZ0d2l0dGVyLmNvbSUyRmhhc2h0YWclMkYlMjVFNSUyNThGJTI1QjAlMjVFOSUyNUEyJTI1QTglMjVFMyUyNTgxJTI1QUUlMjVFOCUyNUEyJTI1QUIlMjVFNSUyNUFFJTI1QjMlM0ZzcmMlM0RoYXNoJTI2YW1wJTNCcmVmX3NyYyUzRHR3c3JjJTI1NUV0ZnclMjIlM0UlMjMlRTUlOEYlQjAlRTklQTIlQTglRTMlODElQUUlRTglQTIlQUIlRTUlQUUlQjMlM0MlMkZhJTNFJTIwJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRnQuY28lMkZOajV2TTJOcWRwJTIyJTNFcGljLnR3aXR0ZXIuY29tJTJGTmo1dk0yTnFkcCUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZwJTNFJTI2bWRhc2glM0IlMjAlRUYlQkMlQUUlRUYlQkMlQTglRUYlQkMlQUIlRTclOTQlOUYlRTYlQjQlQkIlRTMlODMlQkIlRTklOTglQjIlRTclODElQkQlMjAlMjglNDBuaGtfc2Vpa2F0c3UlMjklMjAlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGdHdpdHRlci5jb20lMkZuaGtfc2Vpa2F0c3UlMkZzdGF0dXMlMkYxMDM2OTA1ODc2OTE1NzczNDQwJTNGcmVmX3NyYyUzRHR3c3JjJTI1NUV0ZnclMjIlM0VTZXB0ZW1iZXIlMjA0JTJDJTIwMjAxOCUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZibG9ja3F1b3RlJTNFJTIwJTNDc2NyaXB0JTIwYXN5bmMlMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRnBsYXRmb3JtLnR3aXR0ZXIuY29tJTJGd2lkZ2V0cy5qcyUyMiUyMGNoYXJzZXQlM0QlMjJ1dGYtOCUyMiUzRSUzQyUyRnNjcmlwdCUzRQ==他地域のお住いの方も他人事ではありません。 猛暑・残暑下における停電時の暑さ対策や電力不足によるリスクを考え、ご家庭レベルでも可能な範囲で備えておきましょう。 ■猛暑下の停電を想定した備え各種 ① 停電後、室内の温度が上がってきたら、日陰側の窓を開けて換気する。 ② 冷凍庫には事前に保冷剤を常備(可能な範囲で大きめのものと、首に巻くタイプも)。 ③ 冷凍庫には事前にミネラルウォーターやペットボトルに入れた水を常備。 ④ お風呂の水は張っておき、熱中症の可能性がある場合は水風呂として。 ⑤ 自家用車があればガソリンは十分に。緊急避難場所として冷房を使えます。 ⑥ クーラーボックスを備える(保冷剤と冷蔵庫の生鮮品を移す)。 ⑦ ポータブル電源 + サーキュレーターを備える。 ⑧ モバイルバッテリー + ソーラーチャージャー + USB扇風機を備える。 (編集部スタッフは実際に、上記はほぼすべて実施しています)②の保冷剤は意外と日常使いできて便利です。日々の買い物時は肉魚などの生鮮品と一緒にすれば鮮度維持に。 停電時は⑥のクーラーボックスに移し、一緒に生鮮品を入れれば簡易冷蔵庫がわりに。 熱中症の恐れがある場合は、タオルなどで包んで首や背中、脇の下などに入れて体を冷やせます。 ③の冷凍したミネラルウォーターは溶けるまでは保冷剤がわりに使え、溶けた水は冷たいまま飲用すれば熱中症対策に。 ④のお風呂の水を使う場合、小さなお子さんの場合は要注意。特に乳幼児などの体温調節機能が十分でない場合、直接水風呂に入れるのは避けましょう。 ⑤〜⑧あたりの装備は、アウトドアを嗜むかたであれば結構お持ちではないでしょうか。 編集部スタッフも、夏キャンプ用にポータブル電源とサーキュレーターを常備しているので、停電時にはこれが活躍します。 屋外で仕事や作業をすることが多い場合は、服に空調ファンを取り付けた「空調服」と呼ばれるウェアを用意しておくのもいいでしょう。なお、おでこなどに貼って熱を冷ますと言われる「冷却ジェルシート」類は、からだ全体の体温を下げる(解熱)効果はありません。 冷却原理はジェルに含まる水分が蒸発することによる気化熱で、「貼付部の温度が局所的に下がる」仕組み。打ち水と同じです。 熱中症対策としては微妙ですが、他に対策が無い場合の手段として備えておくのはありです。 冷却ジェルシート類の効果に関しては、日本医事新報社さんの公開情報「冷却ジェルシートにはクーリング効果があるのか?」が解りやすいです。 この問いに対する回答は「苦痛緩和には効果的だが,体温を下げることまでは期待できない」とのこと。電力会社各社の停電情報ページへのリンクを記載しておきますので、ご利用の電力会社があればブックマークしておいてください。 こちらに記載のない独立系電力会社の場合は、契約されている電力会社のwebサイトで別途ご確認ください。 ■北海道電力の停電情報 http://teiden-info.hepco.co.jp/ ■東北電力の停電情報 https://www.tohoku-epco.co.jp/teideninfo/ ■東京電力の停電情報 http://teideninfo.tepco.co.jp/index-j.html ■北陸電力の停電情報 http://www.rikuden.co.jp/teiden/otj010.html ■中部電力の停電情報 http://teiden.chuden.jp/p/index.html ■関西電力の停電情報 https://www.kepco.co.jp/energy_supply/supply/teiden-info/index.php ■中国電力の停電情報 http://www.teideninfo.energia.co.jp/ ■四国電力の停電情報 https://www.yonden.co.jp/nw/teiden-info/index.html ■九州電力の停電情報 http://www.kyuden.co.jp/teiden_map/index.php/map/ ■沖縄電力の停電情報 http://www.okidenmail.jp/bosai/地震・噴火・台風・豪雨・土砂災害…異常気象などの自然災害が迫った際に、気象警報や注意報・避難情報・公共交通機関の運行状況などを確認できる、公共性の高い情報源へのリンク集です。 (※随時拡充しています) ■備災ポータル
備災ポータル
こちらもスマホのブラウザなどへブックマークしてご活用ください。▶キャンプや災害時に有益な「ポータブル電源」を備えよう! ▶災害・キャンプに、小型ポータブル電源&ソーラーチャージャーを備える!【PR】 ▶保冷剤エアコン(クーラー)を作る!

【九州】宮崎県の日向灘で震度5弱、M6.3の地震(2019/05/10〜05/12)

2019/05/10の午前中、宮崎県の日向灘を震源とする大きな地震がありました。 08:48に最大震度5弱、マグニチュードは6.3を観測。プレート境界が震源です。 前後して震度3ながらもM4.9とM5.6が発生し、20:40には最大震度2ながらもM4.8が発生。 また、 2019/05/11の08:59には最大震度4, M4.9 2019/05/12の15:07には最大震度3, M4.3 が発生しました。 2019/05/10のM6.3の地震に関しては、気象庁から情報が公開されています。 『令和元年5月10日08時48分頃の日向灘の地震について』 5/10の日向灘での地震を時系列(新しい情報順)で並べるとJTNDdGFibGUlMjBib3JkZXIlM0QlMjIxJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDdHIlMjBzdHlsZSUzRCUyMmJhY2tncm91bmQtY29sb3IlM0ElMjNjY2MlM0IlMjIlM0UlM0N0aCUzRSVFNyU5OSVCQSVFNyU5NCU5RiVFNiU5NyVBNSVFNiU5OSU4MiUzQyUyRnRoJTNFJTNDdGglM0UlRTklOUMlODclRTYlQkElOTAlM0MlMkZ0aCUzRSUzQ3RoJTNFJUU2JTlDJTgwJUU1JUE0JUE3JUU5JTlDJTg3JUU1JUJBJUE2JTNDJTJGdGglM0UlM0N0aCUzRSVFOCVBNiU4RiVFNiVBOCVBMSUzQyUyRnRoJTNFJTNDdGglM0UlRTYlQjclQjElRTMlODElOTUlM0MlMkZ0aCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRTIwMTklMkYwNSUyRjEyJTIwMTUlM0EwNyUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTYlOTclQTUlRTUlOTAlOTElRTclODElOTglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU5JTlDJTg3JUU1JUJBJUE2MyUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0VNNC4zJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRTMwa20lM0MlMkZ0ZCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRTIwMTklMkYwNSUyRjExJTIwMDglM0E1OSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTYlOTclQTUlRTUlOTAlOTElRTclODElOTglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwc3R5bGUlM0QlMjJjb2xvciUzQSUyM2YwMCUzQiUyMiUzRSVFOSU5QyU4NyVFNSVCQSVBNjQlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwc3R5bGUlM0QlMjJjb2xvciUzQSUyM2YwMCUzQiUyMiUzRU00LjklM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFNDBrbSUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlMEElMjAlMjAlM0N0ciUzRSUzQ3RkJTNFMjAxOSUyRjA1JTJGMTAlMjAyMCUzQTQwJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNiU5NyVBNSVFNSU5MCU5MSVFNyU4MSU5OCUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTklOUMlODclRTUlQkElQTYyJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjNmMDAlM0IlMjIlM0VNNC44JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRTIwa20lM0MlMkZ0ZCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRTIwMTklMkYwNSUyRjEwJTIwMTMlM0E1NCUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTYlOTclQTUlRTUlOTAlOTElRTclODElOTglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU5JTlDJTg3JUU1JUJBJUE2MSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0VNNC4yJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRTIwa20lM0MlMkZ0ZCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRTIwMTklMkYwNSUyRjEwJTIwMDklM0EwNyUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTYlOTclQTUlRTUlOTAlOTElRTclODElOTglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU5JTlDJTg3JUU1JUJBJUE2MyUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlMjBzdHlsZSUzRCUyMmNvbG9yJTNBJTIzZjAwJTNCJTIyJTNFTTQuOSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UxMGttJTNDJTJGdGQlM0UlM0MlMkZ0ciUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ3RyJTNFJTNDdGQlM0UyMDE5JTJGMDUlMkYxMCUyMDA4JTNBNDglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU2JTk3JUE1JUU1JTkwJTkxJUU3JTgxJTk4JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjNmMDAlM0IlMjIlM0UlRTklOUMlODclRTUlQkElQTY1JUU1JUJDJUIxJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjNmMDAlM0IlMjIlM0VNNi4zJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRTIwa20lM0MlMkZ0ZCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRTIwMTklMkYwNSUyRjEwJTIwMDclM0E0MyUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTYlOTclQTUlRTUlOTAlOTElRTclODElOTglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU5JTlDJTg3JUU1JUJBJUE2MyUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlMjBzdHlsZSUzRCUyMmNvbG9yJTNBJTIzZjAwJTNCJTIyJTNFTTUuNiUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UyMGttJTNDJTJGdGQlM0UlM0MlMkZ0ciUzRSUwQSUzQyUyRnRhYmxlJTNFとなります。 ITOITO-STYLEでは 『【九州・四国】紀伊水道および日向灘での連続地震(2019/03/27)』 にて既報ですが、日向灘では今年3/27にもM5.4の地震が1日に2回発生しています。今回の地震をうけて、気象庁は5/10の11:00より記者会見を実施しました。 記者から「より大きな地震の前震である可能性は?」との問いが出て、ネット上などでも「南海トラフ巨大地震の前兆、前震ではないか?」という声も上がっています。記者会見での気象庁の公式見解としては、 ・南海トラフ巨大地震の想定震源域内の地震ということで可能性は否定するものではない ・臨時の調査や検討を実施する基準はM6.8以上。今回はM6.3で基準に満たないため実施しない ・南海トラフ巨大地震に連動するかどうかは、過去の地震資料を調査した結果、そのような領域には一致しない ・よって注意喚起としては今後同程度(震度5弱程度)の地震に注意してほしいという趣旨 となります。 そこで、過去に起きた日向灘を震源とする大きめの地震(最大震度4以上)に着目して遡って確認してみると、JTNDdGFibGUlMjBib3JkZXIlM0QlMjIxJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDdHIlMjBzdHlsZSUzRCUyMmJhY2tncm91bmQtY29sb3IlM0ElMjNjY2MlM0IlMjIlM0UlM0N0aCUzRSVFNyU5OSVCQSVFNyU5NCU5RiVFNiU5NyVBNSVFNiU5OSU4MiUzQyUyRnRoJTNFJTNDdGglM0UlRTklOUMlODclRTYlQkElOTAlM0MlMkZ0aCUzRSUzQ3RoJTNFJUU2JTlDJTgwJUU1JUE0JUE3JUU5JTlDJTg3JUU1JUJBJUE2JTNDJTJGdGglM0UlM0N0aCUzRSVFOCVBNiU4RiVFNiVBOCVBMSUzQyUyRnRoJTNFJTNDdGglM0UlRTYlQjclQjElRTMlODElOTUlM0MlMkZ0aCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRTIwMTklMkYwNSUyRjEwJTIwMDglM0E0OCUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTYlOTclQTUlRTUlOTAlOTElRTclODElOTglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwc3R5bGUlM0QlMjJjb2xvciUzQSUyM2YwMCUzQiUyMiUzRSVFOSU5QyU4NyVFNSVCQSVBNjUlRTUlQkMlQjElM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwc3R5bGUlM0QlMjJjb2xvciUzQSUyM2YwMCUzQiUyMiUzRU02LjMlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU2JUI3JUIxJUUzJTgxJTk1MzBrbSUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlMEElMjAlMjAlM0N0ciUzRSUzQ3RkJTNFMjAxOSUyRjAzJTJGMjclMjAxNSUzQTM4JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNiU5NyVBNSVFNSU5MCU5MSVFNyU4MSU5OCUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTklOUMlODclRTUlQkElQTY0JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRU01LjQlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU2JUI3JUIxJUUzJTgxJTk1MjFrbSUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlMEElMjAlMjAlM0N0ciUzRSUzQ3RkJTNFMjAxNyUyRjAzJTJGMDIlMjAyMyUzQTUzJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNiU5NyVBNSVFNSU5MCU5MSVFNyU4MSU5OCUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTklOUMlODclRTUlQkElQTY0JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRU01LjMlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU2JUI3JUIxJUUzJTgxJTk1MzdrbSUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlMEElMjAlMjAlM0N0ciUzRSUzQ3RkJTNFMjAxNiUyRjEwJTJGMjIlMjAwMyUzQTMzJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNiU5NyVBNSVFNSU5MCU5MSVFNyU4MSU5OCUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTklOUMlODclRTUlQkElQTY0JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRU00LjQlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU2JUI3JUIxJUUzJTgxJTk1NjBrbSUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlMEElMjAlMjAlM0N0ciUzRSUzQ3RkJTNFMjAxNSUyRjA4JTJGMjYlMjAwNyUzQTUxJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNiU5NyVBNSVFNSU5MCU5MSVFNyU4MSU5OCUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTklOUMlODclRTUlQkElQTY0JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRU01LjIlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU2JUI3JUIxJUUzJTgxJTk1MzRrbSUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlMEElMjAlMjAlM0N0ciUzRSUzQ3RkJTNFMjAxNCUyRjA4JTJGMjklMjAwNCUzQTE0JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNiU5NyVBNSVFNSU5MCU5MSVFNyU4MSU5OCUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTklOUMlODclRTUlQkElQTY0JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjNmMDAlM0IlMjIlM0VNNi4wJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNiVCNyVCMSVFMyU4MSU5NTE4a20lM0MlMkZ0ZCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRTIwMTIlMkYwMSUyRjMwJTIwMDMlM0ExOCUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTYlOTclQTUlRTUlOTAlOTElRTclODElOTglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU5JTlDJTg3JUU1JUJBJUE2NCUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0VNNC45JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNiVCNyVCMSVFMyU4MSU5NTM5a20lM0MlMkZ0ZCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRTIwMDklMkYwOCUyRjA1JTIwMTIlM0E1MSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTYlOTclQTUlRTUlOTAlOTElRTclODElOTglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU5JTlDJTg3JUU1JUJBJUE2NCUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0VNNS4wJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNiVCNyVCMSVFMyU4MSU5NTMza20lM0MlMkZ0ZCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRTIwMDklMkYwNCUyRjA1JTIwMTglM0EzNiUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTYlOTclQTUlRTUlOTAlOTElRTclODElOTglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU5JTlDJTg3JUU1JUJBJUE2NCUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlMjBzdHlsZSUzRCUyMmNvbG9yJTNBJTIzZjAwJTNCJTIyJTNFTTUuNiUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTYlQjclQjElRTMlODElOTUyOGttJTNDJTJGdGQlM0UlM0MlMkZ0ciUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ3RyJTNFJTNDdGQlM0UyMDA2JTJGMDMlMkYyNyUyMDExJTNBNTAlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU2JTk3JUE1JUU1JTkwJTkxJUU3JTgxJTk4JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjNmMDAlM0IlMjIlM0UlRTklOUMlODclRTUlQkElQTY1JUU1JUJDJUIxJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjNmMDAlM0IlMjIlM0VNNS41JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNiVCNyVCMSVFMyU4MSU5NTM1a20lM0MlMkZ0ZCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRTIwMDIlMkYxMSUyRjA0JTIwMTMlM0EzNiUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTYlOTclQTUlRTUlOTAlOTElRTclODElOTglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwc3R5bGUlM0QlMjJjb2xvciUzQSUyM2YwMCUzQiUyMiUzRSVFOSU5QyU4NyVFNSVCQSVBNjUlRTUlQkMlQjElM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwc3R5bGUlM0QlMjJjb2xvciUzQSUyM2YwMCUzQiUyMiUzRU01LjklM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU2JUI3JUIxJUUzJTgxJTk1MzVrbSUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlMEElM0MlMkZ0YWJsZSUzRQ==となっています。2012年以降は1〜2年に一度程度、この規模の地震が起きていることが判ります。 これらのうち、今回より前の震度5弱以上またはM6以上のものをピックアップすると、 【震度5弱以上の地震】発生したのは約13年前、2006/03/27 11:50に発生したM5.5 【 M6.0 以上の地震 】発生したのは約5年前、2014/08/29 04:14に発生した震度4 となります。 しかし、例えばM5.9やM6.0の地震の後に周辺震源域で、より大きな地震が起きたかと言えば、そうではないこともわかります。   南海トラフ巨大地震に該当する地震が発生したのは、直近でも昭和時代の1946年と1944年。それ以前は江戸時代後期の1854年です。 【近代の南海トラフ巨大地震相当の大地震】 1946/12/21(昭和21年):昭和南海地震 (M8.0 最大震度6) 1944/12/07(昭和19年):昭和東南海地震(M7.9 最大震度6) 1854/12/24(嘉永 7年):安政南海地震 (M8.4 最大震度7) 1854/12/23(嘉永 7年):安政東海地震 (M8.4 最大震度7) ではさらに、1970/01/01〜2019/05/08までの期間で日向灘におけるM6.5以上の大地震を見てみます。JTNDdGFibGUlMjBib3JkZXIlM0QlMjIxJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDdHIlMjBzdHlsZSUzRCUyMmJhY2tncm91bmQtY29sb3IlM0ElMjNjY2MlM0IlMjIlM0UlM0N0aCUzRSVFNyU5OSVCQSVFNyU5NCU5RiVFNiU5NyVBNSVFNiU5OSU4MiUzQyUyRnRoJTNFJTNDdGglM0UlRTklOUMlODclRTYlQkElOTAlM0MlMkZ0aCUzRSUzQ3RoJTNFJUU2JTlDJTgwJUU1JUE0JUE3JUU5JTlDJTg3JUU1JUJBJUE2JTNDJTJGdGglM0UlM0N0aCUzRSVFOCVBNiU4RiVFNiVBOCVBMSUzQyUyRnRoJTNFJTNDdGglM0UlRTYlQjclQjElRTMlODElOTUlM0MlMkZ0aCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRTE5OTYlMkYxMiUyRjAzJTIwMDclM0ExNyUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTYlOTclQTUlRTUlOTAlOTElRTclODElOTglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU5JTlDJTg3JUU1JUJBJUE2NSVFNSVCQyVCMSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0VNNi43JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNiVCNyVCMSVFMyU4MSU5NTM4a20lM0MlMkZ0ZCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRTE5OTYlMkYxMCUyRjE5JTIwMjMlM0E0NCUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTYlOTclQTUlRTUlOTAlOTElRTclODElOTglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU5JTlDJTg3JUU1JUJBJUE2NSVFNSVCQyVCMSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlMjBzdHlsZSUzRCUyMmNvbG9yJTNBJTIzZjAwJTNCJTIyJTNFTTYuOSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTYlQjclQjElRTMlODElOTUzNGttJTNDJTJGdGQlM0UlM0MlMkZ0ciUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ3RyJTNFJTNDdGQlM0UxOTg3JTJGMDMlMkYxOCUyMDEyJTNBMzYlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU2JTk3JUE1JUU1JTkwJTkxJUU3JTgxJTk4JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFOSU5QyU4NyVFNSVCQSVBNjUlRTMlODAlODAlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFTTYuNiUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTYlQjclQjElRTMlODElOTU0OGttJTNDJTJGdGQlM0UlM0MlMkZ0ciUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ3RyJTNFJTNDdGQlM0UxOTg0JTJGMDglMkYwNyUyMDA0JTNBMDYlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU2JTk3JUE1JUU1JTkwJTkxJUU3JTgxJTk4JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFOSU5QyU4NyVFNSVCQSVBNjQlRTMlODAlODAlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwc3R5bGUlM0QlMjJjb2xvciUzQSUyM2YwMCUzQiUyMiUzRU03LjElM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU2JUI3JUIxJUUzJTgxJTk1MzNrbSUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlMEElMjAlMjAlM0N0ciUzRSUzQ3RkJTNFMTk3MCUyRjA3JTJGMjYlMjAwNyUzQTQxJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNiU5NyVBNSVFNSU5MCU5MSVFNyU4MSU5OCUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTklOUMlODclRTUlQkElQTY1JUUzJTgwJTgwJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRU02LjclM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU2JUI3JUIxJUUzJTgxJTk1MjBrbSUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlMEElM0MlMkZ0YWJsZSUzRQ==気象庁が南海トラフ巨大地震の発生を調査する臨時検討会が開催される基準となるM6.8以上が2つ、出てきます。 1996/10/19のM6.9と1984/08/07のM7.1ですね。 しかし、ここでもその後、南海トラフ巨大地震に相当するような地震は日向灘を含めた想定震源域では発生していません。以上のことから過去の事例を参照する限り、5/10の日向灘のM6.3の地震は「南海トラフ巨大地震の前兆ではない」と考えることはできます。 しかし、東日本大震災のように「想定外」が起きるのが大規模自然災害の怖さと現実でもあります。 プレート境界型ではありませんが、2016年の熊本地震が起こるまで熊本は大震災とは100年以上も無縁だとされていましたし、大阪府北部地震や北海道胆振東部地震などもほぼ前兆が無い状態で発生しています。 気象庁が公開している情報においては、日向灘で起きた大きめの地震でM6.0を超えるものは「2019/05/10 08:48のM6.3」が恐らく初めてであると考えられます。 また今回の日向灘での地震の前日、2019/5/9には阿蘇山で小規模な噴火が発生しており、九州・四国あたりの地殻の活動が活発であるようです。 今後も引き続き備えと警戒は必須と言えるでしょう。 特に、気象庁が南海トラフ巨大地震の発生の可能性に関して臨時の調査や検討を実施する基準は「想定震源域でM6.8以上の地震が起きた場合」となるので、南海トラフ巨大地震の発生の可能性が高まる1つの基準はM6.8の地震が発生した場合です。 もし想定震源域の特に津波被害が予想される沿岸部にお住まいの場合は何もない平時に、津波被害から逃れるための最短の高台や指定避難場所などへの避難ルートのご確認を。 それ以外の地域のお住まいの場合でも、特にトイレットペーパーは日頃から多めにストックしておくと良いでしょう。 トイレットペーパーの国内生産の約4割は静岡県で行われているということで、経済産業省が2018年8月に東海地震等の発生を念頭に『トイレットペーパーを備蓄しましょう!』というニュースリリースを公開しています。

SNSから漏れる「あなたの留守情報」。自宅の防犯対策やってますか?

初夏のゴールデンウィークや夏休み、秋のシルバーウィークに年末から年始にかけての正月休み。 そうしたまとまった休暇を利用して旅行にでかけたり実家に帰省したりと、様々な余暇活動を楽しむ方々は多いと思いますが、そうした休暇の時期に増えるのが「空き巣」と呼ばれる侵入窃盗犯による物盗り被害。 出かける際に玄関の鍵は閉めているけど、意外と部屋の窓の鍵が開いていたりしませんか? そして多くの方々に心当たりがあると思われるのが「旅行の予定や旅行中の写真、観光スポットへのチェックインなどをfacebookやinstagram、twitterなどのSNSに投稿する」こと。 その投稿のプライバシー設定は大丈夫ですか?友達以外の不特定多数からも見られる状態になっていませんか? SNSでの友達も、一度も対面で会ったことがなかったり、実際にはよく知らない人だったりしませんか?   【ニュース記事より】 ちょっと待って!その写真SNSに上げちゃダメ! https://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/20180426-OYT8T50014/ インスタ投稿、空き巣の標的に 窃盗チームもSNSで https://www.asahi.com/articles/ASLBM51NDLBMOIPE01T.html SNS投稿時、もっとも注意すべき点は 「旅行などで自宅を長時間・長期間、留守にしていることが判る情報をリアルタイムに投稿しない」 というものです。 個人的な旅行などの写真や思い出話をSNSに投稿する際は、できるかぎり帰宅後の投稿とするか、どうしてもリアルタイムに投稿したい場合は信頼のおける友人知人のみの範囲にしましょう。 『いや、住所とか公開してないから大丈夫でしょ?』 と、思うかもしれませんが、SNSに投稿された文章と写真に写り込んだ風景や物を突き合わせて、写真が撮影された場所を特定されてしまうことは、犯罪だけでなくネット上の炎上案件などでも頻繁に発生しています。facebookのように投稿ごとに公開範囲を設定できる場合は、プライベートな内容は信頼できる友人のみか、さらに絞り込んでオフラインで会ったことの無い人は除外すると良いでしょう。twitterやinstagramの場合は「非公開アカウント」でない限り、不特定多数の第三者からでも内容を見ることができます。投稿がフォロワーである友人知人のみ見られると思いこんでいたら、期せずして全世界に公開されていたという悲しい出来事が後を絶ちません。 instagramは投稿内容を後から修正できますが、twitterは投稿内容を後から修正することはできません。使っているSNSの性質を理解して、投稿時に十分注意する必要があります。 もし個人が特定できる内容を投稿してしまった場合は、思い切って削除する気持ちを。twitterやinstagramで、すでにプライベートな情報をたくさん投稿済みだけれど、修正できなかったり削除するのはすぐに決断できない・・・でも知らない人からは見られないようにしたい。 という場合は、応急処置としてアカウントをフォロワー以外には非公開にすることができます。これで非公開のアカウントになり、フォロワー以外からは見ることができなくなります。 旅行などにでかけている間だけ、こうした応急処置をとるのも選択肢の1つです。 (ただし抜本的な解決にはなっていないことをお忘れなく)警視庁の資料によれば、侵入窃盗犯の侵入手段として多いものトップ1位と2位は、 1位:無締り(施錠されていない場所からの侵入) 2位:ガラス破り となっています。やはり施錠は一番手軽ですが、基本中の基本。 空き巣などの窃盗犯が嫌がるのは、侵入に際して「手間や時間が掛かる」ことと、声をかけられる・人の目・人のいる雰囲気です。 特に、人から声をかけられることで犯行をあきらめるケースが非常に多く、ご近所づきあいの活発な環境は侵入犯罪に対する防犯力が高まります。 個人・家庭でできることとして、在宅時や自宅を留守にする場合に関わらず、外部から簡単に侵入しにくいようにしておきましょう。 【基本対策】 ・在宅や留守を問わず、出入り口や使っていない部屋の窓はすべて施錠する(特に風呂場やトイレ) ・補助錠があるドアや窓は、かならず補助錠も有効にする ・玄関の合鍵を玄関周辺に隠さない(空き巣からはバレバレ) ・郵便ポストには鍵をつけ、郵便物を取り出すとき以外は施錠する ・旅行などで留守にする場合は部屋の電気はつけておく(レースのカーテンは完全に閉め、厚手のカーテンは数センチ開けて光が見えるようにする)   また、応用編としていくつかの防犯機器を利用するという手もあります。   【応用対策】 ・窓にはガラスを破りにくくする防犯フィルムを貼る(特に鍵周辺) ・人などの動きに反応して点灯するセンサーライトを取り付ける ・ガラス窓には振動検知アラーム(防犯ブザー)を取り付ける ・録画機能のある防犯カメラを設置する ・ガラス窓を二重にし、面格子を取り付ける 編集部スタッフは、自宅の周囲にセンサーライトを設置し、窓ガラスの鍵周辺には振動検知アラームを取り付けています。 センサーライトは夜間に人が近づいたりすると自動的に点灯し、振動検知アラームはガラスを破ろうとすると大きな音を発します。こちらは振動(衝撃)検知アラーム。扱いが簡単で誤作動が無いものをという点で選定しました。 ガラス窓に両面テープで貼り付けるタイプで、貼付け面に「WARNING 防犯装置作動中」という記載があり、外からはこれが見えます。 このモデルは誤作動がほとんど無く、窓の通常にお開閉や窓を手で叩いたりしても反応しないのですが、金属などで窓を軽く叩くと反応して、けたたましい大音量で警報が鳴り出します。 編集部スタッフは自宅の全窓に取り付けました。JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyVnJ6REllJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRm0ubWVkaWEtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY4MVlaVmVqMWlZTC5fQUNfVUwzMjBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyVnJ6REllJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0VFTFBBJTNBJUU4JTk2JTg0JUU1JTlFJThCJUUzJTgyJUI5JUUzJTgzJUFBJUUzJTgzJUEwJUUzJTgyJUEyJUUzJTgzJUE5JUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJUEwJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTclQjclQTglRTklOUIlODYlRTklODMlQTglRTMlODIlQjklRTMlODIlQkYlRTMlODMlODMlRTMlODMlOTUlRTMlODIlODIlRTUlQUUlOUYlRTklOUElOUIlRTMlODElQUIlRTUlQTQlQTclRTklODclOEYlRTglQjMlQkMlRTUlODUlQTUlRTMlODAlODIlRTclQUElOTMlRTMlODIlQUMlRTMlODMlQTklRTMlODIlQjklRTclQTAlQjQlRTMlODIlOEElRTMlODIlOTIlRTYlQTQlOUMlRTclOUYlQTUlRTMlODElOTclRTMlODElQTYlRTUlQTQlQTclRTklOUYlQjMlRTklODclOEYlRTglQUQlQTYlRTUlQTAlQjElRTMlODAlODIlRTglQUElQTQlRTUlOEIlOTUlRTQlQkQlOUMlRTMlODElOEMlRTUlQjAlOTElRTMlODElQUElRTMlODElODQlRTMlODElQUUlRTMlODElOEMlRTclODklQjklRTUlQkUlQjQlRUYlQkMlODglRTQlQkIlOEElRTMlODElQUUlRTMlODElQTglRTMlODElOTMlRTMlODIlOEQlRTglQUElQTQlRTUlOEIlOTUlRTQlQkQlOUMlRTclODQlQTElRTMlODElOTclRUYlQkMlODklRTMlODAlODIlRTglQTElOUQlRTYlOTIlODMlRTYlQTQlOUMlRTclOUYlQTUlRTMlODMlQkIlRTklOTYlOEIlRTYlOTQlQkUlRTYlQTQlOUMlRTclOUYlQTUlRTMlODMlQkIlRTglQTElOUQlRTYlOTIlODMlMkIlRTklOTYlOEIlRTYlOTQlQkUlRTYlQTQlOUMlRTclOUYlQTUlRTMlODElQUUlRUYlQkMlOTMlRTMlODMlOTElRTMlODIlQkYlRTMlODMlQkMlRTMlODMlQjMlRTMlODElOEIlRTMlODIlODklRTklODElQjglRTMlODElQjklRTMlODElQkUlRTMlODElOTklRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0U=こちらはソーラー発電と防水性能を持つセンサーライト。 明るいうちは点灯しませんが、夕暮れ以降など周囲が暗くなるとセンサーが動くものに反応して点灯します。 バッテリーも内蔵しているため、昼間にソーラー発電パネルに太陽光が当たる位置に設置できれば、長期に渡ってバッテリー切れを心配する必要が無いのがメリット(定期的にチェックは必要です)。 夜間、建物の死角になる部分に設置しています。JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyUHVnYVJ3JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRm0ubWVkaWEtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY3MVJva0NRREItTC5fQUNfVUwzMjBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyUHVnYVJ3JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTQlQkElQkElRTYlODQlOUYlRTMlODIlQkIlRTMlODMlQjMlRTMlODIlQjUlRTMlODMlQkMlRTMlODMlQTklRTMlODIlQTQlRTMlODMlODglRUYlQkMlODglRTMlODIlQkQlRTMlODMlQkMlRTMlODMlQTklRTMlODMlQkMlRTclOTklQkElRTklOUIlQkIlRTMlODMlOTElRTMlODMlOEQlRTMlODMlQUIlRTQlQkIlOTglRTMlODElOEQlRUYlQkMlODklM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFNyVCNyVBOCVFOSU5QiU4NiVFOSU4MyVBOCVFMyU4MiVCOSVFMyU4MiVCRiVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU5NSVFMyU4MiU4MiVFNSU4OCVBOSVFNyU5NCVBOCVFNCVCOCVBRCVFMyU4MCU4MiVFNSVBNCU5QyVFOSU5NiU5MyVFMyU4MSVBQiVFNCVCQSVCQSVFMyU4MSVBRSVFNSU4QiU5NSVFMyU4MSU4RCVFMyU4MiU5MiVFNiVBNCU5QyVFNyU5RiVBNSVFMyU4MSU5NyVFMyU4MSVBNiVFOCU4NyVBQSVFNSU4QiU5NSVFNyU4MiVCOSVFNyU4MSVBRiVFMyU4MCU4MiVFNyU4RSU4NCVFOSU5NiVBMiVFNSU4NSU4OCVFMyU4MiU4NCVFMyU4MyU5OSVFMyU4MyVBOSVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU4MCVFMyU4MCU4MSVFNSVBNCU5QyVFOSU5NiU5MyVFMyU4MSVBQiVFNCVCRSVCNSVFNSU4NSVBNSVFNyU4QSVBRiVFMyU4MSU4QyVFNiVCRCU5QyVFMyU4MiU4MSVFMyU4MSU5RCVFMyU4MSU4NiVFMyU4MSVBQSVFNSVBMCVCNCVFNiU4OSU4MCVFMyU4MSVBQiVFOCVBOCVBRCVFNyVCRCVBRSVFMyU4MSU5OSVFMyU4MiU4QiVFMyU4MSVBOCVFNSU4QSVCOSVFNiU5RSU5QyVFNyU5QSU4NCVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSU5OSVFMyU4MCU4MiVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRQ==自宅の自主防犯対策は、簡単なようですが「とにもかくにも、まずは施錠」が基本です。 「すぐそこにゴミを出しに行くから」「歩いて3分のコンビニに買い物に行くだけだから」などの理由で意外と玄関ドアに鍵をかけずに出てしまったり、マンションの高層階だからまさか窓やベランダからは誰も入ってこないだろうと窓を開けたまま就寝したりといったことで侵入される事例が実際にあります。 特に都市部ではご近所づきあいが希薄であったりするため、マンションの隣の部屋に誰が住んでいるのか把握していない、挨拶もしたことがないということも珍しくありません。 そこで、可能であればご近所さんと顔を合わせた際には「おはようございます」「こんにちは」などの挨拶を。普段みかけない人が自宅前などを行ったり来たりしていた場合も、挨拶の形をとって声をかけましょう。 そうした基本対策をおこなった上であれば、センサーライトや振動検知アラーム、防犯カメラなども有効です。 侵入窃盗犯は基本的に「隠密行動」。自分の動きが周囲に知られることを嫌がりますし、侵入の際に想定以上の手間や時間がかかることも嫌います。 そのあたりを突く対策をおこなった上で、休日の外出や長期休暇を楽しみましょう。 「備えあれば憂いなし」です。JTNDaDIlMjBjbGFzcyUzRCUyMndwYl9oZWFkaW5nJTIwd3BiX3NpbmdsZWltYWdlX2hlYWRpbmclMjIlM0UlRTclQjclQTglRTklOUIlODYlRTklODMlQTglRTMlODIlQjklRTMlODIlQkYlRTMlODMlODMlRTMlODMlOTUlRTMlODIlODIlRTQlQkQlQkYlRTMlODElQTMlRTMlODElQTYlRTMlODElODQlRTMlODIlOEIlRTMlODIlODIlRTMlODElQUUlRTMlODIlOTIlRTUlOTAlQUIlRTMlODIlODElRTMlODAlODElRTMlODIlQUElRTMlODIlQjklRTMlODIlQjklRTMlODMlQTElRTMlODElQUUlRTklOTglQjIlRTclOEElQUYlRTMlODIlQjAlRTMlODMlODMlRTMlODIlQkElRTMlODIlOTJhbWF6b24lRTMlODElQTclRTglQTYlOEIlRTMlODIlOEIlRUYlQkMlODElM0MlMkZoMiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkw2RzlRRyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZtLm1lZGlhLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNjFUZHdFUmN6dUwuX0FDX1VMMzIwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkw2RzlRRyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUU5JTk4JUIyJUU3JThBJUFGJUU3JTk0JUE4JUUzJTgzJUJCJUUzJTgyJUFDJUUzJTgzJUE5JUUzJTgyJUI5JUU3JUEwJUI0JUUzJTgyJThBJUU5JTk4JUIyJUU2JUFEJUEyJUUzJTgzJTk1JUUzJTgyJUEzJUUzJTgzJUFCJUUzJTgzJUEwJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTclQUElOTMlRTMlODIlQUMlRTMlODMlQTklRTMlODIlQjklRTMlODElQUIlRTglQjIlQkMlRTMlODIlOEIlRTMlODElQTglRTclQTAlQjQlRTMlODIlOEElRTMlODElQUIlRTMlODElOEYlRTMlODElOEYlRTMlODElQUElRTMlODIlOEIlRTUlQkUlOEMlRTQlQkIlOTglRTMlODElOTElRTMlODMlOTUlRTMlODIlQTMlRTMlODMlQUIlRTMlODMlQTAlRTMlODAlODIlRTclQUElOTMlRTUlODUlQTglRTQlQkQlOTMlRTMlODIlOTIlRTglQTYlODYlRTMlODElODYlRTMlODElQUUlRTMlODElOEMlRTclOTAlODYlRTYlODMlQjMlRTMlODElQTclRTMlODElOTklRTMlODElOEMlRTMlODAlODElRTUlQjAlOEYlRTMlODElOTUlRTMlODIlODElRTMlODElQUUlRTUlQTAlQjQlRTUlOTAlODglRTMlODElQUYlRTklOEQlQjUlRTUlOTElQTglRTglQkUlQkElRTMlODElQUIlRTMlODAlODIlRTclQTklQkElRTMlODElOEQlRTUlQjclQTMlRTMlODElQUYlRTklOEQlQjUlRTQlQkIlOTglRTglQkYlOTElRTMlODElQUUlRTMlODIlQUMlRTMlODMlQTklRTMlODIlQjklRTMlODIlOTIlRTclQTAlQjQlRTMlODElQTMlRTMlODElQTYlRTYlODklOEIlRTMlODIlOTIlRTUlODUlQTUlRTMlODIlOEMlRTMlODAlODElRTglQTclQTMlRTklOEMlQTAlRTMlODElOTclRTMlODElQkUlRTMlODElOTklRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJWcnpESWUlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGbS5tZWRpYS1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjgxWVpWZWoxaVlMLl9BQ19VTDMyMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJWcnpESWUlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRUVMUEElM0ElRTglOTYlODQlRTUlOUUlOEIlRTMlODIlQjklRTMlODMlQUElRTMlODMlQTAlRTMlODIlQTIlRTMlODMlQTklRTMlODMlQkMlRTMlODMlQTAlM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFNyVCNyVBOCVFOSU5QiU4NiVFOSU4MyVBOCVFMyU4MiVCOSVFMyU4MiVCRiVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU5NSVFMyU4MiU4MiVFNSVBRSU5RiVFOSU5QSU5QiVFMyU4MSVBQiVFNSVBNCVBNyVFOSU4NyU4RiVFOCVCMyVCQyVFNSU4NSVBNSVFMyU4MCU4MiVFNyVBQSU5MyVFMyU4MiVBQyVFMyU4MyVBOSVFMyU4MiVCOSVFNyVBMCVCNCVFMyU4MiU4QSVFMyU4MiU5MiVFNiVBNCU5QyVFNyU5RiVBNSVFMyU4MSU5NyVFMyU4MSVBNiVFNSVBNCVBNyVFOSU5RiVCMyVFOSU4NyU4RiVFOCVBRCVBNiVFNSVBMCVCMSVFMyU4MCU4MiVFOCVBQSVBNCVFNSU4QiU5NSVFNCVCRCU5QyVFMyU4MSU4QyVFNSVCMCU5MSVFMyU4MSVBQSVFMyU4MSU4NCVFMyU4MSVBRSVFMyU4MSU4QyVFNyU4OSVCOSVFNSVCRSVCNCVFRiVCQyU4OCVFNCVCQiU4QSVFMyU4MSVBRSVFMyU4MSVBOCVFMyU4MSU5MyVFMyU4MiU4RCVFOCVBQSVBNCVFNSU4QiU5NSVFNCVCRCU5QyVFNyU4NCVBMSVFMyU4MSU5NyVFRiVCQyU4OSVFMyU4MCU4MiVFOCVBMSU5RCVFNiU5MiU4MyVFNiVBNCU5QyVFNyU5RiVBNSVFMyU4MyVCQiVFOSU5NiU4QiVFNiU5NCVCRSVFNiVBNCU5QyVFNyU5RiVBNSVFMyU4MyVCQiVFOCVBMSU5RCVFNiU5MiU4MyUyQiVFOSU5NiU4QiVFNiU5NCVCRSVFNiVBNCU5QyVFNyU5RiVBNSVFMyU4MSVBRSVFRiVCQyU5MyVFMyU4MyU5MSVFMyU4MiVCRiVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyVCMyVFMyU4MSU4QiVFMyU4MiU4OSVFOSU4MSVCOCVFMyU4MSVCOSVFMyU4MSVCRSVFMyU4MSU5OSVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlB1Z2FSdyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZtLm1lZGlhLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNzFSb2tDUURCLUwuX0FDX1VMMzIwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlB1Z2FSdyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUU0JUJBJUJBJUU2JTg0JTlGJUUzJTgyJUJCJUUzJTgzJUIzJUUzJTgyJUI1JUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJUE5JUUzJTgyJUE0JUUzJTgzJTg4JUVGJUJDJTg4JUUzJTgyJUJEJUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJUE5JUUzJTgzJUJDJUU3JTk5JUJBJUU5JTlCJUJCJUUzJTgzJTkxJUUzJTgzJThEJUUzJTgzJUFCJUU0JUJCJTk4JUUzJTgxJThEJUVGJUJDJTg5JTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTclQjclQTglRTklOUIlODYlRTklODMlQTglRTMlODIlQjklRTMlODIlQkYlRTMlODMlODMlRTMlODMlOTUlRTMlODIlODIlRTUlODglQTklRTclOTQlQTglRTQlQjglQUQlRTMlODAlODIlRTUlQTQlOUMlRTklOTYlOTMlRTMlODElQUIlRTQlQkElQkElRTMlODElQUUlRTUlOEIlOTUlRTMlODElOEQlRTMlODIlOTIlRTYlQTQlOUMlRTclOUYlQTUlRTMlODElOTclRTMlODElQTYlRTglODclQUElRTUlOEIlOTUlRTclODIlQjklRTclODElQUYlRTMlODAlODIlRTclOEUlODQlRTklOTYlQTIlRTUlODUlODglRTMlODIlODQlRTMlODMlOTklRTMlODMlQTklRTMlODMlQjMlRTMlODMlODAlRTMlODAlODElRTUlQTQlOUMlRTklOTYlOTMlRTMlODElQUIlRTQlQkUlQjUlRTUlODUlQTUlRTclOEElQUYlRTMlODElOEMlRTYlQkQlOUMlRTMlODIlODElRTMlODElOUQlRTMlODElODYlRTMlODElQUElRTUlQTAlQjQlRTYlODklODAlRTMlODElQUIlRTglQTglQUQlRTclQkQlQUUlRTMlODElOTklRTMlODIlOEIlRTMlODElQTglRTUlOEElQjklRTYlOUUlOUMlRTclOUElODQlRTMlODElQTclRTMlODElOTklRTMlODAlODIlRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJWeUpaV3UlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGbS5tZWRpYS1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjcxYWFKUW5BTGRMLl9BQ19VTDMyMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJWeUpaV3UlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFOSU5OCVCMiVFNyU4QSVBRiVFMyU4MiVBQiVFMyU4MyVBMSVFMyU4MyVBOSVFNSU5MCU4NCVFNyVBOCVBRSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU4JUJGJTkxJUU1JUI5JUI0JUU1JTg1JUE1JUU2JTg5JThCJUUzJTgxJTk3JUUzJTgyJTg0JUUzJTgxJTk5JUUzJTgxJThGJUUzJTgxJUFBJUUzJTgxJUEzJUUzJTgxJTlGJUU5JTk4JUIyJUU3JThBJUFGJUUzJTgyJUFCJUUzJTgzJUExJUUzJTgzJUE5JUUzJTgwJTgyJUU0JUI4JTg3JUUzJTgxJThDJUU0JUI4JTgwJUU0JUJFJUI1JUU1JTg1JUE1JUUzJTgxJTk1JUUzJTgyJThDJUUzJTgxJTlGJUU1JUEwJUI0JUU1JTkwJTg4JUUzJTgxJUFFJUU4JUE4JUJDJUU2JThCJUEwJUU2JTk4JUEwJUU1JTgzJThGJUUzJTgyJTkyJUU3JTk0JUE4JUU2JTg0JThGJUUzJTgxJUE3JUUzJTgxJThEJUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJTk5JUUzJTgwJTgyJUUzJTgzJTgwJUUzJTgzJTlGJUUzJTgzJUJDJUUzJTgyJUFCJUUzJTgzJUExJUUzJTgzJUE5JUUzJTgyJTgyJUUzJTgxJTgyJUUzJTgyJThBJUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJTk5JUUzJTgxJThDJUUzJTgwJTgxJUUzJTgzJTgwJUUzJTgzJTlGJUUzJTgzJUJDJUUzJTgxJThCJUU2JTlDJUFDJUU3JTg5JUE5JUUzJTgxJThCJUUzJTgxJUFGJUU3JUE5JUJBJUUzJTgxJThEJUU1JUI3JUEzJUUzJTgxJThCJUUzJTgyJTg5JUUzJTgxJUFGJUUzJTgzJTkwJUUzJTgzJUFDJUUzJTgzJTkwJUUzJTgzJUFDJUUzJTgwJTgyJUU5JTk4JUIyJUU3JThBJUFGJUUzJTgyJUFCJUUzJTgzJUExJUUzJTgzJUE5JUUzJTgxJUE4JUUzJTgxJTk3JUUzJTgxJUE2JUU1JUFFJTlGJUU3JTk0JUE4JUU3JTlBJTg0JUUzJTgxJUFBJUUzJTgyJTgyJUUzJTgxJUFFJUUzJTgyJTkyJUU5JTgxJUI4JUUzJTgxJUIzJUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJTk3JUUzJTgyJTg3JUUzJTgxJTg2JUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTIxLS0lMjAuLi4uLi4uLi4uLiUyMC0tJTNFJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyRENBazc4JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRm0ubWVkaWEtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY2MWZ0RTdoenFLTC5fQUNfVUw0MzZfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyRENBazc4JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTclQUElOTMlRTMlODMlQUQlRTMlODMlODMlRTMlODIlQUYlRTUlOTAlODQlRTclQTglQUUlM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFMyU4MiVCNSVFMyU4MyU4MyVFMyU4MiVCNyVFNyVBQSU5MyVFNyU5NCVBOCVFMyU4MSVBRSVFOCVBMyU5QyVFNSU4QSVBOSVFOSU4QyVBMCVFMyU4MCU4MiVFMyU4MyU5OSVFMyU4MyVBOSVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU4MCVFNSU4MSVCNCVFMyU4MSVBRSVFNyVBQSU5MyVFMyU4MSVBQiVFNSU4RiU5NiVFMyU4MiU4QSVFNCVCQiU5OCVFMyU4MSU5MSVFMyU4MiU4QyVFMyU4MSVCMCVFNyVBOSVCQSVFMyU4MSU4RCVFNSVCNyVBMyVFMyU4MSU4QyVFMyU4MiVBQyVFMyU4MyVBOSVFMyU4MiVCOSVFMyU4MiU5MiVFNSU4OSVCMiVFMyU4MSVBMyVFMyU4MSVBNiVFMyU4MiU4MiVFMyU4MSU5NSVFMyU4MiU4OSVFMyU4MSVBQiVFNiU4OSU4QiVFOSU5NiU5MyVFMyU4MSU4QyVFNiU4RSU5QiVFMyU4MSU4QiVFMyU4MiU4QiVFMyU4MSU5RiVFMyU4MiU4MSVFMyU4MCU4MSVFNCVCRSVCNSVFNSU4NSVBNSVFMyU4MiU5MiVFOCVBQiVBNiVFMyU4MiU4MSVFMyU4MiU4QiVFNSU4RiVBRiVFOCU4MyVCRCVFNiU4MCVBNyVFMyU4MiU5MiVFNCVCOCU4QSVFMyU4MSU5MiVFMyU4MiU4QiVFMyU4MSU5MyVFMyU4MSVBOCVFMyU4MSU4QyVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSU4RCVFMyU4MSVCRSVFMyU4MSU5OSVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRQ==

災害・キャンプに、小型ポータブル電源&ソーラーチャージャーを備える!

近年、キャンプなどのアウトドアだけでなく備災・防災用途としても備える人が急増しているモバイルバッテリーと併せて、ある程度の家電が使える「ポータブル電源」と、太陽光で充電ができる「ソーラーチャージャー」の需要が高まっています。   モバイルバッテリーでは動かせない100V仕様の家電製品を、制約はありますが緊急的に動かすことができるのがポータブル電源。そしてモバイルバッテリー程度であれば太陽光で冬でも実用レベルで充電できるのが「ソーラーチャージャー」です。   今回は実際にポータブル電源とソーラーチャージャーを使用して、その実用性を検証するレビュー記事となります。『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。ご存知のとおり、現代人の生活は電気によって支えられています。日本国内で一般家庭にも電力が普及したのは大正〜昭和時代。たとえば東京都内(当時の東京市内)の家庭に電灯が完全普及したのもこの頃です。つまり、家庭での電力使用が一般化してからたかだか100年程度しか経っていないことがわかります。今やスイッチ一つで室内には明かりが灯りスマホの充電ができ、各種の家電製品がいつでも好きなときに使える状況がごく当たり前に生活の一部として組み込まれており、電気の無い生活を想像したことの無いかたも多いでしょう。   特にスマホは「国民的デバイス」とも言えるもの。携帯会社によっては山岳地帯などでも使える場所も増え、過去の大震災の時も、スマホとインターネットを活用した情報収集や物資調達のためのコミュニケーションが活発におこなわれていたことはご存知の通りです。画像出典:Wikipedia:【東日本大震災時に、宮城県女川町の江島に書かれたSOSサイン】 しかしひとたび大きな災害が起きてしまった場合、被災地での通信網が復旧したとしても停電しているとスマホの充電などが不可能となります。道路網の寸断などで孤立状態となった場合に、外部との通信手段の確保は文字通りの命綱です。   もし携帯電話やインターネットなどの通信網が使えないとしても、最低限「光・灯り」があれば、そこに人がいることを別の場所や人へ伝えることも可能です。   また、もっとも基本的な電力の使用場面は「夜間の明かり」。停電時は自宅の電灯だけでなく街灯や信号機なども動かなくなってしまうため、夜になると地域全体が暗闇に包まれてしまいます。こうなると治安なども悪化する恐れがあります。   例えば2018年9月6日に発生した「北海道胆振東部地震」では、被災地だけでなく北海道全域が停電となる「ブラックアウト」が起き、大きな問題となりました。 (この北海道でのブラックアウトに関する詳細にご興味のあるかたは、資源エネルギー庁が公開している情報『日本初の“ブラックアウト”、その時一体何が起きたのか』をご覧ください)そんな場面でも使える電源があったらどうでしょう。いわゆる「モバイルバッテリー」は多くのかたがお持ちだと思いますが、手のひらサイズであるためスマホの充電回数は限られています。   そこで備えておきたいのはやはり、「ポータブル電源」と「ソーラーチャージャー」です。 今回は実際に、 ・ポータブル電源「Suaoki S270」 ・ソーラーチャージャー「Suaoki 60W」 を使用しての検証です。今回検証に使った「Suaoki S270」はポータブル電源としては小型・軽量で中容量、なにより価格が手頃なモデル。見方によっては「AC電源が取れる大型のモバイルバッテリー」とも言え、コストパフォーマンスが高いポータブル電源です。   また標準で本体に強力なLEDライトを2灯搭載しており、S270単体で長時間使える電灯にもなります。ポータブル電源は大容量モデルも人気ですが、電力容量が大きくなるほど安心感とともに重量・価格が上がっていきます。   また、充電式バッテリーは消耗品です。十分な予算があるなら大容量がオススメではありますが、リチウムイオンバッテリーの寿命や保証期間終了後の万が一の故障などを考えると、お手頃価格帯の中容量モデルを気軽に使い倒す、という方向も、もう1つのオススメパターンです。   「SUAOKI S270」は手頃な価格と併せて、各種のレビューからも伺えるユーザー数(流通量)の多さからも高コスパであることがわかりますが、もちろん万能ではありません。性質と容量を把握して、どのような使い方がより便利なものかを理解して備えてみましょう。ではここで「SUAOKI S270」とモバイルバッテリー「cheero PowerPlus 3」、そして大容量ポータブル電源「ANKER PowerHouse」の簡単なスペック比較です。   気になるのはやはりスマホを何回充電できるのか、という点でしょう。 iPhoneの場合、バッテリー容量は次の通り。 ① iPhone XS:2,659mAh ② iPhone XS Max:3,179mAh (IFIXITの分解記事より)これ基づき、「iPhone XS」の場合におよそのフル充電回数も記載します。 またキャンプなどのアウトドアで使う場合、冬なら電気毛布・夏なら家電のサーキュレーターを使いたいもの。こちらについても検証したので、結果を記載します。電源容量:150Wh(40,500mAh / 3.7V) iPhone XSでの充電可能回数:約15回 電気毛布の使用可否:NG サーキュレーターの使用可否:OK 充電用USB出力ポート数:4-port 本体重量:1.3kg 本体サイズ:約185 × 110 × 119mm 販売価格:12,880円(記事執筆時)JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyUGhJc1F6JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRm0ubWVkaWEtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY2MTBibkdCcXl0TC5fQUNfVUwzMjBfTUwzXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlBoSXNReiUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFU1VBT0tJJTIwJUUzJTgzJTlEJUUzJTgzJUJDJUUzJTgyJUJGJUUzJTgzJTk2JUUzJTgzJUFCJUU5JTlCJUJCJUU2JUJBJTkwJTIwUzI3MCUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0U=電源容量:48Wh(13,400mAh / 3.6V:48.24Wh) iPhone...

枯れ木や薪が燃料の「ウッドストーブ(焚き火台)」を備えよう!

いわゆる「焚き火台」とも言われる「ウッドストーブ」。 金属製で頑丈かつコンパクトなボディに薪(まき)や小枝・落ち葉などを燃料として燃やし、後には灰しか残りません。『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。焚き火といえば、過去の大震災でも被災地で多くの方々を支える名脇役でもありました。 【参考リンク】 「凍てつく被災地 雪降り積む夜、囲む焚き火」 http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103160195.html 「アーカイブスから語り継ぐ~若者たちの阪神・淡路大震災ノート」より「焚き火で勉強。食事を温める間も本を離さない受験生」 http://www.jasdis.gr.jp/_userdata/05sympo/101023.pdf 「焚き火をせんとや生まれけむ」より「東日本大震災の夜,近所の人たちが薪ストーブを囲み,一夜を明かした」 http://www.epilepsy.med.tohoku.ac.jp/staff/nakasato/files/takibi.pdfネイチャーストーブとも呼ばれ、特に寒い時期のキャンプやアウトドアでも大活躍。雰囲気も十分の実用的アイテムです。 燃料となる木質燃料と着火手段さえあれば調理もできて、大きめのウッドストーブなら暖を取ることも可能。 今回も、編集部スタッフが実際に購入したウッドストーブ各種を中心に、災害時にも活用できるオススメのウッドストーブをご紹介します。キャンプやバーベキューなどの経験の無いかたの場合、「焚き火をするだけなら、空き地などで焚き木を地面に置いて燃やせばいいんじゃない...?」と思うかもしれません。残念ながら、それはNGです。 詳しくは後述しますが、現在の日本国内では管理者の許可が無い場所での焚き火は基本的に法律や条例で禁止されています。キャンプ場やバーベキュー場などでも、地面の上で薪などを直接燃やす「直火(じかび)」は禁止、焚き火台(ウッドストーブ)の利用が前提となっている場所のほうが大多数です。 よって焚き火が許可されている場所では、薪などを燃やす場合「焚き火台・ウッドストーブは必須」と理解して問題ないでしょう。選択肢はいくつもありますが、編集部イチオシはこちらの「ソロストーブ(Solo Stove)」。【ソロストーブの特徴】 ①燃焼室の二重構造による高い燃焼効率 ②後に残る「灰」が極めて少ない ③1ピース構造で灰が地面に落ちず火の粉も飛散しにくい ④ゴトク付きで調理にも使いやすい ⑤用途に応じてサイズが選べる ⑥純正品のクッカーがあり、ストーブを収納できる 【用途】 サイズに応じてソロキャンプからファミリーキャンプまでを網羅 【解説】 少ない燃料でも高い燃焼効率を誇る「ソロストーブ」は国内外を問わず多くのユーザーがいるウッドストーブです。製品ラインナップは次の通り。 ①Solo Stove Lite(使用時の高さ:約14.5cm、直径:約10.8cm) ②Solo Stove Titan(使用時の高さ:約20cm、直径:約13cm) ③Solo Stove Campfire(使用時の高さ:約23.5cm、直径:約17.8cm) ④Solo Stove Bonfire(使用時の高さ:約35.6cm、直径:約48.3cm)独断と偏見で用途ごとに分けると、Liteはソロ、Titanはソロ〜デュオ、Campfireはファミリー用。 最大サイズのBonfireは暖をとる手段としては十分ですが、気軽に持ち運べるサイズと重量ではありません。グループ用や据え置き用といったところでしょう。日本国内では使用場面が限られそうですが、自宅に保管スペースがありサイズが気にならない場合には、災害時に暖を取るための強力なアイテムになるでしょう。 Bonfire以下のサイズで「暖を取る」という用途ではTitanかCampfireになり、サイズ的に気にならなければCampfireがオススメです。ストーブ自体は1ピース構造の円筒形で折りたたむことはできないためサイズによっては「かさばる」ことは事実ですが、そのおかげで燃焼後に残る「灰」の後始末が圧倒的に楽です。残る灰そのものが極めて少なくて済みます。 1ピース構造であるため灰はすべてストーブの底に溜まり、地面に落ちることはありません。当然、火のついたまま小さくなった「熾(おき)」も地面に漏れ落ちることが無く最下層には空気溜まりとなる空間があるため、他のウッドストーブに比べて地面や植生を熱で傷めにくい構造になっています。 逆に、灰は溜まり続けるので薪を追加して長時間延々と燃やし続けるには不向き。長時間使いたい場合は別途「灰入れバケツ」や「火消し壺」などを用意して、いったん消火した際に灰が溜まりすぎたと思ったタイミングで灰を灰入れバケツに移しましょう。 火のついた薪がある場合は燃やしきってから灰の処理をおこなうか、火消し壷に入れて消火します。ソロストーブ純正のクッカー(鍋)も販売されており、クッカー内にストーブをぴったり収納することができます。 クッカーは最小サイズなら1人用、中サイズなら2人程度、最大サイズなら1家族ぶんの食事の調理に使えます。JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyVFFKSEc3JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNDFDZHI0dGw2eUwuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlRRSkhHNyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFU29sbyUyMFN0b3ZlJTIwTGl0ZSVFRiVCQyU4OCVFMyU4MyVBOSVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyU4OCVFRiVCQyU4OSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU2JTlDJTgwJUU1JUIwJThGJUUzJTgyJUI1JUUzJTgyJUE0JUUzJTgyJUJBJUUzJTgxJUFFJUUzJTgyJUJEJUUzJTgzJUFEJUUzJTgyJUI5JUUzJTgzJTg4JUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTk2JUUzJTgwJTgyJUU2JTk2JTg3JUU1JUFEJTk3JUU5JTgwJTlBJUUzJTgyJThBJUUzJTgxJUFFJUUzJTgyJUJEJUUzJTgzJUFEJUUzJTgyJUFEJUUzJTgzJUEzJUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJTk3JUUzJTgxJUFCJUUzJTgxJThBJUUzJTgxJTkxJUUzJTgyJThCJUU4JUFBJUJGJUU3JTkwJTg2JUU3JTk0JUE4JUUzJTgxJUFFJUU3JTg0JTlBJUUzJTgxJThEJUU3JTgxJUFCJUUzJTgyJUIzJUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJUFEJUUzJTgxJUFCJUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTIxLS0lMjAuLi4uLi4uLi4uLiUyMC0tJTNFJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyc3hBQkNrJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNDFGeW45cktUM0wuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMnN4QUJDayUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFU29sbyUyMFN0b3ZlJTIwVGl0YW4lRUYlQkMlODglRTMlODIlQkYlRTMlODIlQTQlRTMlODIlQkYlRTMlODMlQjMlRUYlQkMlODklM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFNiU5QyU4MCVFNSVCMCU4RiVFMyU4MSU4QiVFMyU4MiU4OSVFRiVCQyU5MSVFMyU4MSVBNCVFNCVCOCU4QSVFMyU4MSVBRSVFMyU4MiVCNSVFMyU4MiVBNCVFMyU4MiVCQSVFMyU4MCU4MiVFNiU5QSU5NiVFMyU4MiU5MiVFNSU4RiU5NiVFMyU4MiU4QiVFMyU4MSVBQiVFMyU4MSVBRiVFMyU4MiU4NCVFMyU4MiU4NCVFNSVCMCU4RiVFMyU4MSU5NSVFMyU4MiU4MSVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSU5OSVFMyU4MSU4QyVFOCVBQSVCRiVFNyU5MCU4NiVFNyU5NCVBOCVFMyU4MSVBQiVFMyU4MSVBRiVFNSU4RCU4MSVFNSU4OCU4NiVFMyU4MSVBQSVFMyU4MiVCNSVFMyU4MiVBNCVFMyU4MiVCQSVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlJBZUt0aiUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjQxVjZ6UzE2M2pMLl9BQ19VUzIwMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJSQWVLdGolMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRVNvbG8lMjBTdG92ZSUyMENhbXBmaXJlJUVGJUJDJTg4JUUzJTgyJUFEJUUzJTgzJUEzJUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJTk3JUUzJTgzJTk1JUUzJTgyJUExJUUzJTgyJUE0JUUzJTgyJUEyJUVGJUJDJTg5JTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTMlODIlQkQlRTMlODMlQUQlRTMlODAlOUMlRTMlODMlOTUlRTMlODIlQTElRTMlODMlOUYlRTMlODMlQUElRTMlODMlQkMlRTclOTQlQTglRTklODAlOTQlRTMlODElQkUlRTMlODElQTclRTMlODAlODElRTMlODIlODQlRTMlODIlODQlRTUlQjUlQTklRTUlQkMlQjUlRTMlODIlOEElRTMlODElQkUlRTMlODElOTklRTMlODElOEMlRTUlQUUlOUYlRTclOTQlQTglRTklOUQlQTIlRTMlODElQTclRTMlODElQUYlRTMlODMlOTklRTMlODIlQjklRTMlODMlODglRTMlODIlQjUlRTMlODIlQTQlRTMlODIlQkElRUYlQkMlODElRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJSQWVRa0YlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGaW1hZ2VzLWZlLnNzbC1pbWFnZXMtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY0MU1HcloyN25KTC5fQUNfVVMyMDBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyUkFlUWtGJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0VTb2xvJTIwU3RvdmUlMjBCb25maXJlJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTQlQjglODAlRTglODglQUMlRTUlQUUlQjYlRTUlQkElQUQlRTMlODElQUIlRTMlODElQUYlRTMlODElQUElRTMlODElOEIlRTMlODElQUElRTMlODElOEIlRTklOUIlQTMlRTMlODElOTclRTMlODElODQlRTMlODMlOTMlRTMlODMlODMlRTMlODIlQjAlRTMlODIlQjUlRTMlODIlQTQlRTMlODIlQkElRTMlODElQTclRTMlODElOTklRTMlODElOEMlRTMlODAlODElRTYlOUElOTYlRTMlODIlOTIlRTUlOEYlOTYlRTMlODIlOEIlRTMlODElQUIlRTMlODElQUYlRTclOTQlQjMlRTMlODElOTclRTUlODglODYlRTMlODElQUElRTMlODElODQlRTMlODElQTclRTMlODElOTclRTMlODIlODclRTMlODElODYlRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0U=今回ご紹介する中では最大サイズとなるキャプテンスタッグの「ヘキサ ステンレス ファイアグリル」。 比較的一般的なタイプのウッドストーブで、いわゆる「焚き火台」と言われるもの。【キャプテンスタッグ・ヘキサグリルの特徴】 ①焚き火台としては比較的スタンダードな形状の1つ ②逆六角錐的な形状で大きく広い燃焼室、燃焼に必要な空気も送り込まれやすい構造 ③焚き火を囲みやすい形状のため、暖を取りながら豪快に料理をしたり団らんをするには最適 ④ダッチオーブンを乗せられる安定性 ⑤グリル網が付属のため、網焼きバーベキューも簡単 ⑥燃焼室の真下には灰受けはあるが、吸気孔から多少の灰は漏れ落ちる ⑦折り畳み収納可能、収納した際のサイズと重量は大きめ(専用バッグ付き) 【用途】 ファミリーキャンプやグループキャンプなど、複数人数での使用 【解説】 ウッドストーブ入門にも「そこそこ豪快に焚き火やりたい!」という用途にも応えてくれる、複数人数でも囲みやすい六角形の形状とサイズ。小枝や枯れ木よりは、それなりのサイズの薪を投入して長時間の焚き火を楽しむことができます。大きさと重量的に安定性があるため、ダッチオーブンも乗せやすくなっています。キャンプで使う場合はダッチオーブンで豪快に煮込み料理を作ったり、丸鶏料理などにも向いています。 また付属品にグリル網がついてくるため、薪の炎が収まって熾火(おきび)になった後は、その上で様々な調理が可能です。一般的に、焚き火での調理は炎が上がっている状態よりも熾火になった後の方が適しています。 (写真にある2つのフライパンは「焚き火フライパン」。こちらにレビュー記事を公開しています)組み立てた際、底面にロストルと呼ばれるプレートをセットしますが、逆六角錐の底部に「置く・乗せる」的な状態となります。大きな薪を燃やすことは可能ですが、乱暴に投げ入れたりすると組み立てた状態が崩れる可能性があるため、薪の投入のコツは「優しく綺麗に」。 ロストルの位置には横方向から空気を取り入れる孔が空いていますが、溜まった灰が多少こぼれ落ちますので、ウッドストーブの下の植生保護や灰の後片付けを楽にするためにも、100均でも入手できるステンレスバットなどの金属製の平皿状のものを敷くと良いでしょう。JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyRkRnSVNyJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNTFLVUMtRnJzQ0wuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkZEZ0lTciUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFQ0FQVEFJTiUyMFNUQUclRTMlODMlQkIlRTMlODMlOTglRTMlODIlQUQlRTMlODIlQjUlRTMlODIlQjklRTMlODMlODYlRTMlODMlQjMlRTMlODMlQUMlRTMlODIlQjklMjAlRTMlODMlOTUlRTMlODIlQTElRTMlODIlQTQlRTMlODIlQTIlRTMlODIlQjAlRTMlODMlQUElRTMlODMlQUIlM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFMyU4MiVCNSVFMyU4MiVBNCVFMyU4MiVCQSVFMyU4MSVBRiVFNSVBNCVBNyVFMyU4MSU4RCVFMyU4MiU4MSVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSU5OSVFMyU4MSU4QyVFMyU4MyU5NSVFMyU4MyVBOSVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU4OCVFMyU4MSVBQiVFNSU4RiU4RSVFNyVCNCU4RCVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSU4RCVFMyU4MSVBNiVFNiU4OSVCMSVFMyU4MSU4NCVFMyU4MiU4NCVFMyU4MSU5OSVFMyU4MSU4NCVFNyU4NCU5QSVFMyU4MSU4RCVFNyU4MSVBQiVFNSU4RiVCMCVFMyU4MCU4MiVFNyU4MSVCMCVFMyU4MSVBRSVFNiVCQyU4RiVFMyU4MiU4QyVFOCU5MCVCRCVFMyU4MSVBMSVFNSVBRiVCRSVFNyVBRCU5NiVFMyU4MiU4MiVFMyU4MSU4QSVFNSVCRiU5OCVFMyU4MiU4QyVFMyU4MSVBQSVFMyU4MSU4RiVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRQ==コンパクトに折り畳める小枝類専用の「VARGO ヘキサゴンウッドストーブ」。固形燃料やアルコールストーブ用の風防付きゴトクとしても利用可能。【VARGO(バーゴ)ヘキサゴンウッドストーブの特徴】 ①ひと綴りに折りたため、収納性・携行性・デザイン性が高い ②小枝や穂先、松ぼっくりなどの小さなものを燃料とする ③固形燃料やアルコールストーブ用の風防付きゴトクになる ④ステンレス製とチタニウム製とが選べ、専用ソフトケース付き ⑤灰はそのままストーブの下(地面等)に落ちる構造 ⑥二次燃焼機能は無し、暖を取るとすれば手のひら程度 【用途】 ソロキャンプでの焚き火調理や固形燃料・アルコールストーブ用の風防付きゴトクとして 【解説】 VARGOヘキサゴンウッドストーブも、愛用者の多い優れたストーブです。基本構造が軽量・コンパクト志向であるため、ほぼ1人用のウッドストーブとなります。折りたたんで付属のソフトケースに収納すると1枚のプレート状になりますので、バッグやザックの隅に入れておいてもまったく邪魔になりません。小枝類を燃やすというより、固形燃料やアルコールストーブの風防付きゴトクとして活用されている方も多いと思います。もちろん本来のウッドストーブとしても使えますが、寒い日に暖を取るには火力不足で、手のひらや指先を暖める程度に使えます。 使用時には燃やした灰や小さくなった熾(おき)は底部の孔から下へ落ちるため、灰受けとなる金属製のプレートや不燃性シートを敷くなどして地面や植生を保護しましょう。JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyQ3RiTU1PJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNDFFM0hveE5QQkwuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkN0Yk1NTyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFVkFSR08lRTMlODMlQkIlRTMlODMlOTglRTMlODIlQUQlRTMlODIlQjUlRTMlODIlQjQlRTMlODMlQjMlRTMlODIlQTYlRTMlODMlODMlRTMlODMlODklRTMlODIlQjklRTMlODMlODglRTMlODMlQkMlRTMlODMlOTYlM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFNiU5QyVBOCVFOCVCMyVBQSVFNyU4NyU4MyVFNiU5NiU5OSVFMyU4MSVBMCVFMyU4MSU5MSVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSVBQSVFMyU4MSU4RiVFMyU4MCU4MSVFNSU5QiVCQSVFNSVCRCVBMiVFNyU4NyU4MyVFNiU5NiU5OSVFMyU4MiU4NCVFMyU4MiVBMiVFMyU4MyVBQiVFMyU4MiVCMyVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyVBQiVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyU4OCVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU5NiVFMyU4MSVBRSVFOSVBMiVBOCVFOSU5OCVCMiVFNCVCQiU5OCVFMyU4MSU4RCVFMyU4MiVCNCVFMyU4MyU4OCVFMyU4MiVBRiVFMyU4MSVBQiVFMyU4MCU4MiVFMyU4MyU4MSVFMyU4MiVCRiVFMyU4MyVCMyVFOCVBMyVCRCVFMyU4MSVBOCVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyU4NiVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyVBQyVFMyU4MiVCOSVFOCVBMyVCRCVFMyU4MSU4QyVFOSU4MSVCOCVFMyU4MSVCOSVFMyU4MSVCRSVFMyU4MSU5OSVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRQ==このタイプのストーブは類似品がたくさん販売されています。構造はほぼ同一で、二次燃焼も可能です。 今回は "Ohuhu" という中国系ブランドを使いましたが、収納時のサイズが高さ約7cm、外径約13.5cm程度のものならだいたい当てはまります。コンパクトなウッドストーブの「ジェネリック製品」と呼べるかもしれません。【量産型ウッドストーブの特徴】 ①煙の少ない二次燃焼が可能(燃え始めは煙は出ます) ②小枝や穂先、松ぼっくりなどの小さなものを燃料とする ③分解・組み立て式で、サイズが合えばクッカー内に収納できる ④固形燃料を燃やすための受け皿付き ⑤灰はそのままストーブの下(地面等)に落ちる構造 【用途】 ソロキャンプでの焚き火調理や固形燃料・アルコールストーブ用の風防付きゴトクとして 【解説】 恐らく二次燃焼できるものとしては、もっとも安価に入手可能なタイプのウッドストーブです。安価なぶん作り的には大味な面もありますが、それだけに「気にせず使い倒す」ことが可能。コンパクトでクッカー類への収納もしやすく、特にMSRの「アルパイン・ストアウェイポット」775mlなら「シンデレラ・フィット」と呼べる形で収納できます。 (MSRアルパイン・ストアウェイポットについては、こちらにレビュー記事を公開しています)このストーブには固形燃料や燃料用アルコールを入れる皿が付いているため、木質燃料以外にこれらも利用することができます。特に、固形燃料は25〜30g程度のもの1つでご飯1合を美味しく炊くことができるため、風防付きの固形燃料コンロとしても活躍します。 燃料用アルコールを使う場合は少量となりますがアルコールは低い気温でもしっかり燃焼しますので、風防付きの着火用途としても使えます。 燃焼室は小さいため、使用する枯れ木や小枝などの木質燃料はサイズを考慮して使いましょう。JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyVFR4NHRNJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNTFCRVFIY0w4NUwuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlRUeDR0TSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUU5JTg3JThGJUU3JTk0JUEzJUU1JTlFJThCJUUzJTgyJUE2JUUzJTgzJTgzJUUzJTgzJTg5JUUzJTgyJUI5JUUzJTgzJTg4JUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTk2JTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTQlQkUlQTElRTYlQTAlQkMlRTMlODIlODIlRTYlODklOEIlRTklQTAlODMlRTMlODElQTclRTMlODIlQjMlRTMlODMlQjMlRTMlODMlOTElRTMlODIlQUYlRTMlODMlODglRTUlOEYlOEUlRTclQjQlOEQlRTMlODAlODIlRTUlODUlQTUlRTklOTYlODAlRTclOTQlQTglRTMlODElQUIlRTMlODElQUYlRTYlODklOEIlRTklQTAlODMlRTMlODElQUElRTMlODAlOEMlRTMlODIlQjglRTMlODIlQTclRTMlODMlOEQlRTMlODMlQUElRTMlODMlODMlRTMlODIlQUYlRTMlODMlQkIlRTMlODIlQkYlRTMlODIlQTQlRTMlODMlOTclRTMlODAlOEQlRTMlODAlODIlRTMlODElQkUlRTMlODElOUElRTMlODElQUYlRTMlODElOTMlRTMlODElQUUlRTMlODElODIlRTMlODElOUYlRTMlODIlOEElRTMlODElOEIlRTMlODIlODklRTUlQTclOEIlRTMlODIlODElRTMlODElQTYlRTMlODIlODIlRTMlODElODQlRTMlODElODQlRTMlODElQTclRTMlODElOTclRTMlODIlODclRTMlODElODYlRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0U=【BioLite(バイオライト)】 BioLiteは「焚き火で発電ができる」ウッドストーブ。暖を取り調理もしつつ、発生した熱でスマホや充電式LEDライトなどのコンパクトな電気製品への充給電ができます。画像出典:BioLite公式サイトJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyRnp4aFA3JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNDF1bXBId0tWaEwuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkZ6eGhQNyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFQmlvTGl0ZSUyMCVFMyU4MiVBRCVFMyU4MyVBMyVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU5NyVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyU4OCVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU5NiUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU3JTg0JTlBJUUzJTgxJThEJUU3JTgxJUFCJUUzJTgxJUE3JUU3JTk5JUJBJUU5JTlCJUJCJUUzJTgyJTgyJUUzJTgxJUE3JUUzJTgxJThEJUUzJTgyJThCJUU1JUE0JTg5JUUzJTgyJThGJUUzJTgyJThBJUU3JUE4JUFFJUUzJTgwJTgxJUUzJTgyJUI5JUUzJTgzJTlFJUUzJTgzJTlCJUUzJTgxJUFFVVNCJUU1JTg1JTg1JUU5JTlCJUJCJUUzJTgxJThDJUU1JThGJUFGJUU4JTgzJUJEJUUzJTgwJTgyJUUzJTgyJUFDJUUzJTgyJUI4JUUzJTgyJUE3JUUzJTgzJTgzJUUzJTgzJTg4JUU1JUE1JUJEJUUzJTgxJThEJUUzJTgxJUFBJUUzJTgyJTg5JUU4JUE5JUE2JUUzJTgxJTk3JUUzJTgxJUE2JUUzJTgxJUJGJUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJTk3JUUzJTgyJTg3JUUzJTgxJTg2JUVGJUJDJTgxJUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTIxLS0lMjAuLi4uLi4uLi4uLiUyMC0tJTNF【Kelly Kettle(ケリーケトル)】 焚き火台構造を持つヤカンである「ケリーケトル」。縦長ボディの下と中央部で枯れ木や小枝などを燃やすことで、内部の水を沸かすことが可能です。画像出典:Kelly Kettle公式サイトJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyVFZBd0V1JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNjFxMFVRdEd2MEwuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlRWQXdFdSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUUzJTgyJUIxJUUzJTgzJUFBJUUzJTgzJUJDJUUzJTgyJUIxJUUzJTgzJTg4JUUzJTgzJUFCJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTMlODIlQjElRTMlODMlODglRTMlODMlQUIlRTYlOUMlQUMlRTQlQkQlOTMlRTUlODYlODUlRTMlODElQUIlRTclODclODMlRTclODQlQkMlRTUlQUUlQTQlRTMlODIlOTIlRTYlOEMlODElRTMlODElQTElRTMlODAlODElRTYlOUUlQUYlRTMlODIlOEMlRTYlOUUlOUQlRTMlODElQUElRTMlODElQTklRTMlODElQUUlRTclODclODMlRTYlOTYlOTklRTMlODIlOTIlRTclOEYlQkUlRTUlOUMlQjAlRTglQUElQkYlRTklODElOTQlRTMlODElOTclRTMlODElQTYlRTMlODElOEElRTYlQjklQUYlRTMlODIlOTIlRTYlQjIlQjglRTMlODElOEIlRTMlODElOTklRTMlODIlQjklRTMlODIlQjAlRTMlODMlQUMlRTMlODMlQTIlRTMlODMlOEUlRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0U=直火を使う以上、安全性を確保し有意義かつ楽しく扱うために、多くの注意すべき点があります。 ①当然ながら室内や屋内では絶対に燃やさない ②地震災害などの非常時に必要な場合以外は、住宅地では絶対に使わない ③緊急消火用の水や携帯用消火器を準備してから燃やす ④燃える物の上で使わない。地面が芝生などの場合は特に注意 ⑤火を使う際の服装に注意。化繊やフリース素材は燃えやすくダウンジャケットなどは火の粉で穴が開く ⑥炎が見えなくなっても、木材が赤く光っている場合(熾火)は高温で燃え続けている ⑦キャンプで使う場合はキャンプ場のルールに従う(灰や炭の廃棄方法など) ⑧乾燥していない「生木」は大量の煙が出るため燃やさない ⑨鍋やヤカンを焚き火に直接乗せると、底面や周囲が必ず「煤(すす)ける」 ⑩薪の途中消火や残った灰や炭の後始末用に「火消し壺」を用意して灰を入れたり炭を消火できるようにする 焚き火の周りにいる自分自身や周囲の人達の安全と、焚き火から離れている人たちにも火の粉やケムリによって迷惑がかからないように気をつけましょう。使い慣れれば、サバイバルな状況下でも実用的なウッドストーブ(焚き火台)。基本的に「直火を操る」ことになりますので、使用に際しては細心の注意が必要です。燃料は何でも良いわけではなく、いい加減に扱うと大量の煙を発生させたり火の粉が飛散して火災の原因にもなりかねません。密閉空間で使うと、一酸化炭素中毒死の危険性もあります。 燃料はしっかりと乾燥させた木材に限定しましょう。生ゴミ類は綺麗に燃え尽きませんし、ビニールやプラスチック類などは有毒なガスを発生させまるため、吸い込むと危険です。 またウッドストーブを使うということは「焚き火」をするということです。 今の日本国内では、公園や河川敷をはじめとした公有地では管理者の許可が無い限り「焚き火」は基本的に法律や条例で禁止または規制されています。自宅に私有地としての広い庭があったとしても、基本的に庭での焚き火は禁止・規制されると認識しておくべきでしょう。 ただ前述の法律などにおいては、「非常災害のために必要な応急措置として行う行為はこの限りでない」とも言及されているので、大震災などの非常災害時に必要な応急措置としての焚き火は可能です。キャンプ場などでも、地面に石を並べたカマドを作ったとしても「直火」による焚き火を禁止しているところが多く、キャンプ場であってもウッドストーブを使うことがほぼルールとなっています。 余談ですが、近年のアウトドアやバーベキュー・ブームによって、自宅の庭や住宅街の路上でバーベキューをおこなう人たちがいます。 バーベキューコンロを使っていると思いますが、近隣住民のかたが騒音や煙・ニオイなどを迷惑と感じ、ご近所トラブルに発展したり民事上の責任を問われることもありますので注意しましょう。 ウッドストーブは、仕組みと使い方を理解して普段から(キャンプなどで)使い慣れておけば、災害時に停電や都市ガスが止まっても便利に活用できるアイテムの1つです。JTNDaDIlMjBjbGFzcyUzRCUyMndwYl9oZWFkaW5nJTIwd3BiX3NpbmdsZWltYWdlX2hlYWRpbmclMjIlM0UlRTclODElQkQlRTUlQUUlQjMlRTYlOTklODIlRTMlODElQUIlRTMlODIlODIlRTYlOUElOTYlRTMlODIlOTIlRTUlOEYlOTYlRTMlODIlOEMlRTMlODIlOEIlRTMlODAlOEMlRTMlODIlQTYlRTMlODMlODMlRTMlODMlODklRTMlODIlQjklRTMlODMlODglRTMlODMlQkMlRTMlODMlOTYlRTMlODAlOEQlRTMlODIlOTJhbWF6b24lRTMlODElQTclRTglQTYlOEIlRTMlODIlOEIlRUYlQkMlODElM0MlMkZoMiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlRRSkhHNyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjQxQ2RyNHRsNnlMLl9BQ19VUzIwMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJUUUpIRzclMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRVNvbG8lMjBTdG92ZSUyMExpdGUlRUYlQkMlODglRTMlODMlQTklRTMlODIlQTQlRTMlODMlODglRUYlQkMlODklM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFNiU5QyU4MCVFNSVCMCU4RiVFMyU4MiVCNSVFMyU4MiVBNCVFMyU4MiVCQSVFMyU4MSVBRSVFMyU4MiVCRCVFMyU4MyVBRCVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyU4OCVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU5NiVFMyU4MCU4MiVFNiU5NiU4NyVFNSVBRCU5NyVFOSU4MCU5QSVFMyU4MiU4QSVFMyU4MSVBRSVFMyU4MiVCRCVFMyU4MyVBRCVFMyU4MiVBRCVFMyU4MyVBMyVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU5NyVFMyU4MSVBQiVFMyU4MSU4QSVFMyU4MSU5MSVFMyU4MiU4QiVFOCVBQSVCRiVFNyU5MCU4NiVFNyU5NCVBOCVFMyU4MSVBRSVFNyU4NCU5QSVFMyU4MSU4RCVFNyU4MSVBQiVFMyU4MiVCMyVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyVBRCVFMyU4MSVBQiVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMnN4QUJDayUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjQxRnluOXJLVDNMLl9BQ19VUzIwMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJzeEFCQ2slMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRVNvbG8lMjBTdG92ZSUyMFRpdGFuJUVGJUJDJTg4JUUzJTgyJUJGJUUzJTgyJUE0JUUzJTgyJUJGJUUzJTgzJUIzJUVGJUJDJTg5JTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTYlOUMlODAlRTUlQjAlOEYlRTMlODElOEIlRTMlODIlODklRUYlQkMlOTElRTMlODElQTQlRTQlQjglOEElRTMlODElQUUlRTMlODIlQjUlRTMlODIlQTQlRTMlODIlQkElRTMlODAlODIlRTYlOUElOTYlRTMlODIlOTIlRTUlOEYlOTYlRTMlODIlOEIlRTMlODElQUIlRTMlODElQUYlRTMlODIlODQlRTMlODIlODQlRTUlQjAlOEYlRTMlODElOTUlRTMlODIlODElRTMlODElQTclRTMlODElOTklRTMlODElOEMlRTglQUElQkYlRTclOTAlODYlRTclOTQlQTglRTMlODElQUIlRTMlODElQUYlRTUlOEQlODElRTUlODglODYlRTMlODElQUElRTMlODIlQjUlRTMlODIlQTQlRTMlODIlQkElRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJSQWVLdGolMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGaW1hZ2VzLWZlLnNzbC1pbWFnZXMtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY0MVY2elMxNjNqTC5fQUNfVVMyMDBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyUkFlS3RqJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0VTb2xvJTIwU3RvdmUlMjBDYW1wZmlyZSVFRiVCQyU4OCVFMyU4MiVBRCVFMyU4MyVBMyVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU5NyVFMyU4MyU5NSVFMyU4MiVBMSVFMyU4MiVBNCVFMyU4MiVBMiVFRiVCQyU4OSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUUzJTgyJUJEJUUzJTgzJUFEJUUzJTgwJTlDJUUzJTgzJTk1JUUzJTgyJUExJUUzJTgzJTlGJUUzJTgzJUFBJUUzJTgzJUJDJUU3JTk0JUE4JUU5JTgwJTk0JUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJUE3JUUzJTgwJTgxJUUzJTgyJTg0JUUzJTgyJTg0JUU1JUI1JUE5JUU1JUJDJUI1JUUzJTgyJThBJUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJTk5JUUzJTgxJThDJUU1JUFFJTlGJUU3JTk0JUE4JUU5JTlEJUEyJUUzJTgxJUE3JUUzJTgxJUFGJUUzJTgzJTk5JUUzJTgyJUI5JUUzJTgzJTg4JUUzJTgyJUI1JUUzJTgyJUE0JUUzJTgyJUJBJUVGJUJDJTgxJUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTIxLS0lMjAuLi4uLi4uLi4uLiUyMC0tJTNFJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyUkFlUWtGJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNDFNR3JaMjduSkwuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlJBZVFrRiUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFU29sbyUyMFN0b3ZlJTIwQm9uZmlyZSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU0JUI4JTgwJUU4JTg4JUFDJUU1JUFFJUI2JUU1JUJBJUFEJUUzJTgxJUFCJUUzJTgxJUFGJUUzJTgxJUFBJUUzJTgxJThCJUUzJTgxJUFBJUUzJTgxJThCJUU5JTlCJUEzJUUzJTgxJTk3JUUzJTgxJTg0JUUzJTgzJTkzJUUzJTgzJTgzJUUzJTgyJUIwJUUzJTgyJUI1JUUzJTgyJUE0JUUzJTgyJUJBJUUzJTgxJUE3JUUzJTgxJTk5JUUzJTgxJThDJUUzJTgwJTgxJUU2JTlBJTk2JUUzJTgyJTkyJUU1JThGJTk2JUUzJTgyJThCJUUzJTgxJUFCJUUzJTgxJUFGJUU3JTk0JUIzJUUzJTgxJTk3JUU1JTg4JTg2JUUzJTgxJUFBJUUzJTgxJTg0JUUzJTgxJUE3JUUzJTgxJTk3JUUzJTgyJTg3JUUzJTgxJTg2JUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTIxLS0lMjAuLi4uLi4uLi4uLiUyMC0tJTNFJTBBJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyRkRnSVNyJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNTFLVUMtRnJzQ0wuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkZEZ0lTciUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFQ0FQVEFJTiUyMFNUQUclRTMlODMlQkIlRTMlODMlOTglRTMlODIlQUQlRTMlODIlQjUlRTMlODIlQjklRTMlODMlODYlRTMlODMlQjMlRTMlODMlQUMlRTMlODIlQjklMjAlRTMlODMlOTUlRTMlODIlQTElRTMlODIlQTQlRTMlODIlQTIlRTMlODIlQjAlRTMlODMlQUElRTMlODMlQUIlM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFMyU4MiVCNSVFMyU4MiVBNCVFMyU4MiVCQSVFMyU4MSVBRiVFNSVBNCVBNyVFMyU4MSU4RCVFMyU4MiU4MSVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSU5OSVFMyU4MSU4QyVFMyU4MyU5NSVFMyU4MyVBOSVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU4OCVFMyU4MSVBQiVFNSU4RiU4RSVFNyVCNCU4RCVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSU4RCVFMyU4MSVBNiVFNiU4OSVCMSVFMyU4MSU4NCVFMyU4MiU4NCVFMyU4MSU5OSVFMyU4MSU4NCVFNyU4NCU5QSVFMyU4MSU4RCVFNyU4MSVBQiVFNSU4RiVCMCVFMyU4MCU4MiVFNyU4MSVCMCVFMyU4MSVBRSVFNiVCQyU4RiVFMyU4MiU4QyVFOCU5MCVCRCVFMyU4MSVBMSVFNSVBRiVCRSVFNyVBRCU5NiVFMyU4MiU4MiVFMyU4MSU4QSVFNSVCRiU5OCVFMyU4MiU4QyVFMyU4MSVBQSVFMyU4MSU4RiVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRSUwQSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkN0Yk1NTyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjQxRTNIb3hOUEJMLl9BQ19VUzIwMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJDdGJNTU8lMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRVZBUkdPJUUzJTgzJUJCJUUzJTgzJTk4JUUzJTgyJUFEJUUzJTgyJUI1JUUzJTgyJUI0JUUzJTgzJUIzJUUzJTgyJUE2JUUzJTgzJTgzJUUzJTgzJTg5JUUzJTgyJUI5JUUzJTgzJTg4JUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTk2JTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTYlOUMlQTglRTglQjMlQUElRTclODclODMlRTYlOTYlOTklRTMlODElQTAlRTMlODElOTElRTMlODElQTclRTMlODElQUElRTMlODElOEYlRTMlODAlODElRTUlOUIlQkElRTUlQkQlQTIlRTclODclODMlRTYlOTYlOTklRTMlODIlODQlRTMlODIlQTIlRTMlODMlQUIlRTMlODIlQjMlRTMlODMlQkMlRTMlODMlQUIlRTMlODIlQjklRTMlODMlODglRTMlODMlQkMlRTMlODMlOTYlRTMlODElQUUlRTklQTIlQTglRTklOTglQjIlRTQlQkIlOTglRTMlODElOEQlRTMlODIlQjQlRTMlODMlODglRTMlODIlQUYlRTMlODElQUIlRTMlODAlODIlRTMlODMlODElRTMlODIlQkYlRTMlODMlQjMlRTglQTMlQkQlRTMlODElQTglRTMlODIlQjklRTMlODMlODYlRTMlODMlQjMlRTMlODMlQUMlRTMlODIlQjklRTglQTMlQkQlRTMlODElOEMlRTklODElQjglRTMlODElQjklRTMlODElQkUlRTMlODElOTklRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0UlMEElMEElMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJUVHg0dE0lMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGaW1hZ2VzLWZlLnNzbC1pbWFnZXMtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY1MUJFUUhjTDg1TC5fQUNfVVMyMDBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyVFR4NHRNJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTklODclOEYlRTclOTQlQTMlRTUlOUUlOEIlRTMlODIlQTYlRTMlODMlODMlRTMlODMlODklRTMlODIlQjklRTMlODMlODglRTMlODMlQkMlRTMlODMlOTYlM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFNCVCRSVBMSVFNiVBMCVCQyVFMyU4MiU4MiVFNiU4OSU4QiVFOSVBMCU4MyVFMyU4MSVBNyVFMyU4MiVCMyVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU5MSVFMyU4MiVBRiVFMyU4MyU4OCVFNSU4RiU4RSVFNyVCNCU4RCVFMyU4MCU4MiVFNSU4NSVBNSVFOSU5NiU4MCVFNyU5NCVBOCVFMyU4MSVBQiVFMyU4MSVBRiVFNiU4OSU4QiVFOSVBMCU4MyVFMyU4MSVBQSVFMyU4MCU4QyVFMyU4MiVCOCVFMyU4MiVBNyVFMyU4MyU4RCVFMyU4MyVBQSVFMyU4MyU4MyVFMyU4MiVBRiVFMyU4MyVCQiVFMyU4MiVCRiVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyU5NyVFMyU4MCU4RCVFMyU4MCU4MiVFMyU4MSVCRSVFMyU4MSU5QSVFMyU4MSVBRiVFMyU4MSU5MyVFMyU4MSVBRSVFMyU4MSU4MiVFMyU4MSU5RiVFMyU4MiU4QSVFMyU4MSU4QiVFMyU4MiU4OSVFNSVBNyU4QiVFMyU4MiU4MSVFMyU4MSVBNiVFMyU4MiU4MiVFMyU4MSU4NCVFMyU4MSU4NCVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSU5NyVFMyU4MiU4NyVFMyU4MSU4NiVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRSUwQSUwQSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkZ6eGhQNyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjQxdW1wSHdLVmhMLl9BQ19VUzIwMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJGenhoUDclMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRUJpb0xpdGUlMjAlRTMlODIlQUQlRTMlODMlQTMlRTMlODMlQjMlRTMlODMlOTclRTMlODIlQjklRTMlODMlODglRTMlODMlQkMlRTMlODMlOTYlM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFNyU4NCU5QSVFMyU4MSU4RCVFNyU4MSVBQiVFMyU4MSVBNyVFNyU5OSVCQSVFOSU5QiVCQiVFMyU4MiU4MiVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSU4RCVFMyU4MiU4QiVFNSVBNCU4OSVFMyU4MiU4RiVFMyU4MiU4QSVFNyVBOCVBRSVFMyU4MCU4MSVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyU5RSVFMyU4MyU5QiVFMyU4MSVBRVVTQiVFNSU4NSU4NSVFOSU5QiVCQiVFMyU4MSU4QyVFNSU4RiVBRiVFOCU4MyVCRCVFMyU4MCU4MiVFMyU4MiVBQyVFMyU4MiVCOCVFMyU4MiVBNyVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU4OCVFNSVBNSVCRCVFMyU4MSU4RCVFMyU4MSVBQSVFMyU4MiU4OSVFOCVBOSVBNiVFMyU4MSU5NyVFMyU4MSVBNiVFMyU4MSVCRiVFMyU4MSVCRSVFMyU4MSU5NyVFMyU4MiU4NyVFMyU4MSU4NiVFRiVCQyU4MSVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlRWQXdFdSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjYxcTBVUXRHdjBMLl9BQ19VUzIwMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJUVkF3RXUlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFMyU4MiVCMSVFMyU4MyVBQSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiVCMSVFMyU4MyU4OCVFMyU4MyVBQiUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUUzJTgyJUIxJUUzJTgzJTg4JUUzJTgzJUFCJUU2JTlDJUFDJUU0JUJEJTkzJUU1JTg2JTg1JUUzJTgxJUFCJUU3JTg3JTgzJUU3JTg0JUJDJUU1JUFFJUE0JUUzJTgyJTkyJUU2JThDJTgxJUUzJTgxJUExJUUzJTgwJTgxJUU2JTlFJUFGJUUzJTgyJThDJUU2JTlFJTlEJUUzJTgxJUFBJUUzJTgxJUE5JUUzJTgxJUFFJUU3JTg3JTgzJUU2JTk2JTk5JUUzJTgyJTkyJUU3JThGJUJFJUU1JTlDJUIwJUU4JUFBJUJGJUU5JTgxJTk0JUUzJTgxJTk3JUUzJTgxJUE2JUUzJTgxJThBJUU2JUI5JUFGJUUzJTgyJTkyJUU2JUIyJUI4JUUzJTgxJThCJUUzJTgxJTk5JUUzJTgyJUI5JUUzJTgyJUIwJUUzJTgzJUFDJUUzJTgzJUEyJUUzJTgzJThFJUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTIxLS0lMjAuLi4uLi4uLi4uLiUyMC0tJTNFJTBB

“ITOITO-STYLE” の中でも今後特に注力していく『備災FUN!』は、今後の震災や災害が発生した直後の「被災生活の質」を考えるコンテンツです。電気・ガス・水道が止まった状況に対し、アウトドアやキャンプ・グッズを普段から活用して「備え慣れ」することでいざというときでも困らないためのノウハウを提供していきます。

公式SNSへの「いいね」か「フォロー」で最新情報が届きます!

こんな記事も読まれています

【コラム】東日本大震災を振り返り、次の巨大地震に備えよう。

2017年3月11日は東日本大震災からちょうど6年。マグニチュード9.0、震度7という激震は、発生時点において日本周辺における観測史上最大の巨大地震でした。東北地方の沿岸では波高10m以上、場所によっては16m(最大遡上高40.1m)の高さまで達する津波が押し寄せ、数多くの人命や財産・大切なものを押し流し海へと連れ去ってしまいました。この地震で亡くなられた方々は15,000名を超え、行方不明者を併せると24,000名を上回る事態となっています。 また、この2017年は阪神淡路大震災(最大震度7・Mj7.3)からは22年、新潟県中越地震(最大震度7、Mj6.8)から13年、熊本地震(最大震度7、Mj6.5)からは約1年。さらに21世紀という単位で日本で発生した規模が大きめの地震を見た場合、実はかなりの頻度で発生しています。 参考リンク:Wikipedia:地震の年表(日本)例えば2015年に発生した小笠原諸島西方沖地震。規模はマグニチュード8.1というかなりの大きさでしたが、幸いにも震源の深さが681kmと深かったため甚大な被害こそ免れたものの、関東圏では負傷者や停電などの被害は発生しました。 仮に震源の深さが東日本大震災と同様の20kmあたりだった場合、太平洋沿岸地域では甚大な被害が発生したと考えられます。そして近年、発生が懸念されている巨大地震の1つが「南海トラフ巨大地震」。東海地方〜九州沖の太平洋海底に位置する「南海トラフ」沿いで発生が想定される巨大地震で、規模はマグニチュード8〜9と見込まれています。 政府の地震調査委員会ではこの巨大地震の発生確率を今後30年以内に70%、10年以内では20~30%としています。なお今後50年以内で見た場合は恐ろしいことに「90%程度もしくはそれ以上」という状況であり、今この記事をご覧いただいているあなたも、高い確率で南海トラフ巨大地震を生き延びなければならない可能性が高いことになります。 もちろん、政府も手を拱(こまね)いているわけではなく、そのための対策を進めています。その対策の一環として、海上保安庁は2008年ごろから南海トラフの十数箇所に海底の動きを観測する機器を設置し、長期に渡って調査を続けてきました。 状況としては、海底の「強いひずみ」が九州の日向灘〜東海地方の太平洋沿岸の広範囲に渡って蓄積されており、特に高知県沖が顕著であるようです。 海上保安庁のサイトでは、一連の調査結果を「南海トラフ想定震源域のひずみの分布状態が初めて明らかに」などのPDF形式で公開しています。 By:海上保安庁 参考リンク:「海上保安庁における海底地殻変動観測」またテレビ朝日のYouTubeチャンネルでも、この調査結果に関する報道動画を公開しているので参考になるでしょう。実は、南海トラフ巨大地震は「過去すでに起きている」のです。南海トラフ巨大地震の先祖的な地震は過去13回発生していますが、特に着目すべきは和歌山県沖を震源とする「宝永地震(1707年)」、東海道沖を震源とする「明応地震(1498年)」です。宝永地震は東日本大震災並みの巨大地震であったとされ、また明応地震では巨大津波によって現在の三重県の港町「案濃津」に位置する地域にあった数千軒の家屋が壊滅し、地形まで変わってしまったそうです。 By:pixabay また、1605年には「慶長地震」が発生し、九州〜千葉県に至る広範囲の沿岸に津波が押し寄せ、死者は1〜2万人とされています。南海トラフでは約100〜200年単位で蓄積された海底のひずみ開放による巨大地震が発生しており、近年では1944年の「昭和東南海地震」と、続く1946年の「昭和南海地震」があります。この2つの地震発生からおよそ70年が経過した現在だからこそ、次の南海トラフ巨大地震の発生が懸念されているということになります。今や、南海トラフ巨大地震が「いつ起きるのか」を議論するタイミングは越えたと言え、もっとも重要なことは「どう備えるか」という1点に絞られます。過去の震災例と、ITOITO-STYLE編集部スタッフが身をもって経験した東日本大震災から備えのポイントを導き出すと、おおむね次の8項目です。 ① 通帳類、印鑑、健康保険証、多少の現金を確保 ② 一時的に公共施設に避難しても、自宅が無事なら基本は「在宅避難」 ③ 簡易トイレなど、断水と停電時に使えるトイレは必須。家族単位で最低1週間分 ④ 水と食糧の確保は家族単位で最低1週間分、水は断水時の生活用水を考慮して多めに確保 ⑤ 電気やガスが止まっても、調理や暖が取れる用意。カセットコンロやアウトドア用の焚き火台など ⑥ 衛生面の担保。ゴミ袋や使い捨てビニール袋やラップ類。除菌用アルコール、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、ウェットティッシュの確保 ⑦ 女性向けの衛生用品、乳幼児のミルクと哺乳瓶・オムツ、高齢者や病人向けの介護用品の確保 ⑧ 情報源と電源の確保。ポータブルラジオと電池、スマホ充電用の外付けバッテリー(スマホは懐中電灯代わりにもなります) 幸いにも、近年の市販の防災グッズの機能性や進化にはめざましいものがあります。いわゆる「非常持ち出し袋」は各家庭で用意しておきましょう。 参考リンク:消防庁「非常持ち出し袋には、最低これだけは必要です」JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJyZWNpcGVfbGluayUyMiUyMHN0eWxlJTNEJTIycGFkZGluZy1ib3R0b20lM0EzMHB4JTNCJTIyJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjIlMkZyZXZpZXdfZW1lcmdlbmN5YmFnJTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTIwY2xhc3MlM0QlMjJ2Y19zaW5nbGVfaW1hZ2Utd3JhcHBlciUyMHZjX2JveF9ib3JkZXJfZ3JleSUyMiUzRSUzQ2ltZyUyMHdpZHRoJTNEJTIyMTAwMCUyMiUyMGhlaWdodCUzRCUyMjEyMCUyMiUyMHNyYyUzRCUyMiUyRndwLWNvbnRlbnQlMkZpbWFnZXMlMkZiYW5uZXJzJTJGYmFubmVyX2VtZXJnZW5jeWJhZy5qcGclMjIlM0UlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFさて、どれだけ防災グッズを買い揃えてみたところで、イザ大震災というときに使えない・生活に困るのは本末転倒。日頃からある程度馴れておくことが必要ですが、正直「避難訓練」や「防災訓練」だとちょっと気乗りがしませんよね。 電気ガス水道などの生活インフラが止まった状態での「被災生活訓練」を自宅でするにしても、やはり今ひとつ「のれない」のが現実だと思います。もちろん、アタマではそれが必要なことだとは十分理解してはいるものの。 By:pixabay そこでオススメなのが、過去のコラムでも触れていますが「キャンプ」や「アウトドア」です。初心者にオススメなのは、まずは日帰りのデイキャンプから。日本全国に、無料で利用できるキャンプ場やバーベキューサイトがありますので、近場へ出かけて野外調理と食事を楽しんで帰ってくるというパターンから入るといいでしょう。その際に利用するのは、アウトドア用のコンロやクッカーなどの調理器具。中でも最も簡単な楽しみかたは「外でお湯を沸かしてインスタントラーメンを作って食べる」ことです。 必要なものは、 ① アウトドア用の加熱器具(シングルバーナー、コンロ、ストーブ) ② アウトドア用の調理器具(いわゆるクッカー) ③ インスタントラーメンまたはカップラーメン だけ。YouTubeなどの動画共有サイトで「アウトドア ラーメン」といったキーワードで検索すると、同様の楽しみ方をしている人たちの動画を多く観ることができます。 By:pixabay まずはこうした簡単なところから始めて徐々にテントやランタン、焚き火台などのグッズを揃えていき、最終的には電気・ガス・水道などの公共の社会インフラを利用せずに数泊のキャンプができるようになれば被災時でも問題なく、十分に生活を維持することが可能です。 例えば熊本地震においても実際に、日頃からキャンプを嗜んでいた人達が半壊した自宅敷地内にテントを張り、使い慣れたアウトドアグッズをフル活用して復興への備えをしていました。 By:pixabay 「訓練」と捉えると堅苦しくなりますし、過去の震災で身内や友人知人を失った方々にとって、震災への備えを楽しむという考え方は不謹慎と捉えられてしまう可能性も否めませんが、ここは敢えて次の震災に対しては「楽しみながら備える」という観点で取り組んでみてはいかがでしょうか。 そういう点でも、まずはキャンプやアウトドア・アクティビティを楽しむところから入ってみるのはオススメの選択肢です。近年のキャンプやアウトドアを楽しむ人たちの著しい増加により、今やそれらに関する情報はネット上でも多数存在し容易に手に入ります。 次の震災が起きるのは10年後かもしれないですが、もしかしたら1年後かもしれないですし、実は明日かもしれません。そう考えれば「備え」は早いほうがいいでしょう。次の休日にアウトドアショップへ出向き、必要なグッズを手に入れるのもいいチョイスだと思います。 重要なことはいざという時でも、あなた自身とあなたの大切な存在が共に生き延びられることです。そのための備えを、ぜひ。【コラム】第1回・これまでの大震災を振り返る 【コラム】第2回・震災後の在宅避難とアウトドア道具の活用 【レビュー】『東京防災』〜地震大国日本に住む全ての人々必携、無料ガイドブックの決定版!

九州を中心に活発化する火山活動は、南海トラフ巨大地震へ連鎖するのか!?

2011年に発生した東日本大震災以降、熊本地震や鳥取県中部地震といった大規模地震が発生し、また本州では御嶽山や本白根山・九州でも新燃岳が爆発的噴火を起こしました。 そして諏訪之瀬島でも爆発や噴火が発生、薩摩硫黄島では火山性地震が増加するなど、特に九州地方での火山活動が活発化しています。 2018年初には大きな被害を出した「台湾花蓮地震」も発生、同年3月初旬には沖縄の西表島付近で群発地震を想起させるような連続した地震も起きました。 また薩摩半島から約50km南にある「鬼界カルデラ」においては、海底からの高さが600メートルにもなる世界最大級の「溶岩ドーム」が存在し、熱水を吹き出すなど活発に活動していることが判明したのも2018年です。『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。近年の日本全体に目を向けると、噴火を含め活発化する火山や連続性のある各地での地震が気になります。 【活動の活発化が見られる火山】 ・阿蘇山で孤立性微動が2017年3月初旬から激増 ・山形の蔵王山で火山性の地震が発生 ・秋田駒ケ岳で火山性の地震が発生 ・箱根山で2015年から大涌谷を中心に火山性地震増加(2018年初旬においては沈静化) 【2001年以降に噴火および爆発した火山】 ・新燃岳 ・硫黄山 ・本白根山 ・諏訪之瀬島 ・口永良部島 ・御嶽山 ・桜島 2018年時点で、日本国内で活火山と認定されている山の数は111。それにしても、近年の短期間における活動の活発化はかなりのものだという印象を持たざるを得ません。連続した地震に関しては上図で示したように、特に2018年3月には沖縄の西表島付近で、翌2018年4月には島根県西部で、極めて短期間に信じられない回数の地震が発生しています。 【連続性のある地震】 ・西表島付近 ・島根県西部 ・宮城県沖 ・茨城県沖 ・福島県沖 ・熊本県熊本地方 ・茨城県北部 ・和歌山県北部 2018年4月に島根県西部で1日の間に27回も発生した地震に関しては、図に起こしてみました。この島根県西部の連続地震については、こちらで簡単にまとめてありますので、併せてご覧ください。 関連記事:『【2分で読める】島根県西部の連続地震を断層と過去の地震歴で見る』 そして、なにより心配されることは以前より科学的に発生が想定されている、いくつかの巨大地震です。 トップ3は、皆さんもご存知のこちらです。 ・南海トラフ巨大地震 ・首都直下型地震 ・北海道沖(根室沖)巨大地震 しかしこれだけではありません。あまり報じられないが故に、忘れられがちな巨大地震の恐れのある地域があります。 それは『日本海沿岸』と『沖縄』です。2014年に政府の有識者会議は、日本海を震源とする大規模地震について初の調査報告書を公表しました。 それによれば、北海道〜九州北部の沖合にある60断層を震源として最大マグニチュード7.9の巨大地震が発生する可能性があります。 想定される津波被害は16道府県の沿岸に及び、津波の高さは崖地で最大23.4メートル(北海道せたな町)、人家のある平地部でも最大12.4メートル(同奥尻町)に達すると想定されています。 また、日本海側の60断層の動きから想定される地震規模はM6.8~7.9で、M7.9は北海道北部の断層と、青森・秋田県の沖合の断層とされています。実際にこの大きさの地震が起きた場合、人的被害や経済的損失は相当なものになります。 過去に日本海で起きた大地震で大きな被害を出したものとしては次の2つが挙げられます。 1983年:日本海中部地震(M7.7):秋田県などで死者104人 1993年:北海道南西沖地震(M7.7):奥尻島を中心に死者・行方不明者230人 ◆参考情報(日経新聞):『日本海の大地震、津波最大23メートル 政府が初想定』そして、「沖縄トラフ」の動きに起因する、九州西方〜沖縄〜台湾北方までの一帯に、巨大地震が発生する可能性も指摘されています。 沖縄本島と周辺諸島は、大陸を構成するユーラシアプレートに対して南方から移動してくるフィリピン海プレートが潜り込む、ちょうど境界付近(境界の少々北側)に位置しています。 そして沖縄の北側には「沖縄トラフ(長さ約1,000km、幅約200km)」が存在し、北端(東端)は別府-島原地溝帯、南端(西端)は台湾島に連続する構造になっています。 2018に起きた台湾花蓮地震の原因は、フィリピン海プレートの動きと沖縄トラフの動きの影響とも考えられます。(1)フィリピン海プレート内で発生する浅い地震 南北大東島周辺の地震活動。 過去約100年間に発生した最大の地震は、1998年に石垣島南方沖で発生したM7.6の地震。 (2)フィリピン海プレートとユーラシアプレートの境界で発生する地震 琉球海溝付近で発生する地震。 過去約100年間に発生した最大の地震は、1901年に奄美大島近海で発生したM7.5、1911年に奄美大島近海で発生したM8.0の地震。 (3)ユーラシアプレート内で発生する地震 南西諸島から沖縄トラフにかけて発生する地震。 過去約100年間に発生した最大の地震は、1938年には宮古島の北の沖合の沖縄トラフで発生したM7.2の地震。 (4)沈み込んだフィリピン海プレート内で発生する地震 南西諸島から沖縄トラフの直下で発生する地震。 過去約100年間に発生した最大の地震は、1960年に与那国島北方沖で発生したM7.8の地震。 沖縄周辺で発生した地震に関しては、Wikipediaの「南西諸島近海地震」に関する情報が詳細です。 画像出典:Wikipedia こうして見ると、比較的近い過去に沖縄周辺でも大地震が発生していることがわかります。 沖縄県内では活断層が少なくとも約90カ所に存在することが判明しており、今後発生が懸念される大地震はプレート型であると予想されています。 ◆参考情報(琉球新報):『沖縄でも大地震の恐れ 活断層、プレート要因 危機感の薄さに専門家警鐘』近年、素人目にも異常と感じるほど、日本各地で火山活動が活発化し、震源の浅い地震が増えています。2018年には国内でもいくつもの火山が噴火に至り、群発地震とも思えるような連続した地震も発生、本記事執筆中もそれらの活動が収まる気配はありません。 2018年の春は特に、 3月頭:沖縄の西表島付近で群発的な地震が発生 4/09:山陰地方の島根で最大震度5強の連続地震 4/19:九州の硫黄山が噴火 4/22:本州では草津白根山で再び火山活動が活発化 4/22〜4/23:関東の新島・神津島近海で地震が相次ぐ 4/23:島根で震度3の地震が震源深さ10kmで発生 4/24:北海道の根室半島南東沖で最大震度4の地震 といった状況で、短期間に全国各地の地下で活動が活発化しています。 現在進行形で発生している日本列島の地殻における活動が今後、想定されている巨大地震などへ連鎖する可能性はどれだけあるのでしょうか?特に新燃岳の過去300年間の爆発的噴火の記録と、歴史的な大地震の発生時期を突き合わせてみると、(半ば強引かもしれませんが)何らかの関連性を感じられるものとなっていることは否定できません。 直近で見ても、新燃岳は東日本大震災の直前にも爆発的噴火を起こしているという事実があります。画像出典:NIED 自然災害情報室火山活動と地震が連動して発生するようなケースについては、次のような前後関係になります。 ① 先に震源断層が動いて大地震が起き、その影響で火山が噴火する場合 ② 先に火山が噴火あるいは噴火しそうになり、その影響で震源断層が大地震を起こす場合 出典:静岡大学小山研究室のホームページより 広く理解されているのは①のパターンですが②もあり得るという研究結果を考えれば、現在九州地方で活発化している火山活動が、次の巨大地震へとつながる可能性はあると考えていいでしょう。 沖縄・九州から北海道まで火山活動と地震活動が広い地域でよく起きるようになった最近、少々のことでは驚きもせず、この状況に感覚が慣れていくこと自体が少々怖いとも感じますが、南海トラフ巨大地震や首都直下地震、ひいては富士山の大噴火などはだいぶ以前から発生の可能性が言われていることでもあります。 「いつ起きるのか?」が気になるとそれにタイミングを合わせて備えればいい、という発想になってしまいます。しかし、現実は「いつ起きるのかは判らない」という状況です。そのギャップを埋める答えは「いまから備えておく」ということ。 次の大震災などが起き、命が無事で生活場所を確保できた時、備えの有無がその後の生活の再建や質を左右することになります。 相手が自然災害であり、科学的な見地からの高確度な予測が難しいとされる以上、私たちにできることは個々人レベルでも粛々と「その日」に備えておくことでしょう。備えた上で、この先も大災害が発生しなければそれで良いと思います。備えずに後悔するより備えて納得する、という発想でいいのだと思います。 しかし、そこでは新たな問題が発生します。 「備蓄品などを持ったまま、避難所に入ることは可能なのか」 備えていた人たちと備えていなかった人たちが、避難所の同じ空間内で生活をおこなうことの難しさが現実問題として発生します。このあたりのことについては、また別途記事にしたいと思います。

【コラム】大規模災害により出社が困難な場合、企業は?従業員は?

2018年6月18日に発生した大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震は、交通機関の麻痺や火災や建造物の倒壊、水道管の破裂や電気・ガスなどのインフラの停止のみならず死傷者の発生と、各地で予想以上の被害を引き起こしました。 そんな中で散見したのが、交通網が寸断されるなどで移動の手段が制限されたりする中で「会社に出社を強制された」という話題です。 もちろん東日本大震災の経験を活かして自宅待機や在宅勤務などを推奨した企業もありますが、大規模災害時において企業はその状況と社員にどう向き合うかという点を考えてみたいと思います。画像出典:米国海軍:OFUNATO, Japan (March 15, 2011)画像出典:Wikipedia:東日本大震災 2011年3月11日の午後2時46分。当時、編集部スタッフ「S」は(以降「S」と表記)は都内のとあるIT系の企業に勤めていました。この日はたまたま非番で自宅付近にいたときに、大きな揺れが襲ってきました。 街中の信号や看板などの電気が消え店じまいを始める店舗が出始める中、営業を続けているコンビニやスーパーには水や食料を求める人達が早々と行列を作り始めていました。 国内電話網が制限を受ける中、幸いにもインターネットは生きていました。 このとき、日米間のネットインフラの根幹となる海底ケーブルの多くが切断され危機的な状況にありましたが、関係者の尽力によりバックボーン・ネットワークが迂回されたことや、重要な情報源やコミュニケーション手段となったTwitterにおいてもTwitter社内で状況を知った技術者が、日本向けのサーバーを増強してサービス停止を回避してくれたことを覚えている方も多いでしょう。 ともかく、ネットは生きていました。被災地からはSOSが届き、それを受けた人たちが支援物資をかき集めてその日のうちに・また翌日には日本中から被災地へと向かいました。 「S」の自宅においては食器類が落ちて割れたり書棚が倒れて床に散乱。 都内に出向いていた家族は無事であったものの、帰宅困難者となっていました。ただし電話不通により連絡は取れず、事前に緊急時の連絡手段確認を怠っていたために家族と合流できたのは翌々日あたりとなりました。震災翌日は当時の勤務先はいったん丸1日、臨時休業となりましたが、メールで次のような趣旨の業務命令の連絡が届きました。 「震災で電車が止まっているのは承知しているが、休業明けの明日以降は通常どおり出社するように。通勤手段は問わない」 「S」が住む地域でも鉄道が止まり、最寄りの私鉄においては最長で2週間近くは全線復旧しなかったように記憶しています。 当時「S」が担当していた業務上のプロジェクトは進捗的に佳境ということもあり、会社としては業務を停滞させたり売上低減につながるような事態があってはならない、という判断だったのでしょう。 IT系の仕事に従事していたこともあり、仕事そのものはいわゆる「テレワーク」や「リモートワーク」と呼ばれる在宅勤務が可能な部類です。しかし会社として承認している勤務形態ではなかったため、業務命令ということで従うことにしました。勤務先までは電車で片道1時間以上。しかし頼みの綱の電車は止まったままか、利用できない区間のみが動いている状態。物流が止まっていたためガソリンスタンドは休業、自家用車どころかバスもタクシーも利用できません。 そこで自転車を利用することにしました。片道約30km・往復60kmです。手持ちのクロスバイクを通勤用とし、朝5時に起床して大渋滞の車道を神経をすり減らしながら走り、会社で普通に仕事をした後に夜道を30kmを走って帰宅。 もともとロードバイクでサイクリングを嗜んでいたため体調を崩すほどのダメージは受けませんでしたが、サイクリングでは自転車用の軽装備で主にサイクリングロードを走り、走った先で仕事をすることはありません。 同じ距離を走るにしても仕事に必要な荷物を背負い、車と一緒に車道を走るのはなかなかしんどいものがあります。 また、走って出社したタイミングではそれなりに体力気力を消耗しているので、業務中に十分なパフォーマンスを発揮いづらいものです。 体感できる余震も続いており、また居住地域には原発事故による放射能プルームが到達したと言われたタイミングでも自転車通勤をしていましたので、そうした不安を抱えながらの自転車通勤でしたが、最寄りの私鉄の全線復旧と共に自転車通勤を終了しました。JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYySzZLb0s4JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNTFDSktnUXdZRkwuX0FDX1VTMTYwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMks2S29LOCUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUU2JThBJTk4JUUzJTgyJThBJUUzJTgxJTlGJUUzJTgxJTlGJUUzJTgxJUJGJUU4JTg3JUFBJUU4JUJCJUEyJUU4JUJCJThBJUU1JTkwJTg0JUU3JUE4JUFFJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTQlQkElQTQlRTklODAlOUElRTclQjYlQjIlRTMlODElOEMlRTYlQUQlQTIlRTMlODElQkUlRTMlODElQTMlRTMlODElOUYlRTglQTIlQUIlRTclODElQkQlRTYlOTklODIlRTMlODElQUUlRTclQTclQkIlRTUlOEIlOTUlRTYlODklOEIlRTYlQUUlQjUlRTMlODElQUIlRTMlODElQUYlRTMlODAlODElRTMlODIlODQlRTMlODElQUYlRTMlODIlOEElRTglODclQUElRTglQkIlQTIlRTglQkIlOEElRTMlODElQUUlRTYlQTklOUYlRTUlOEIlOTUlRTUlOEElOUIlRUYlQkMlODElRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJvb2tsaW5rLWZvb3RlciUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQQ==日常において、自転車通勤をおこなっている人たちは多いです。通勤にロードバイクなどのスポーツ車を使い、いわゆるレーサージャージなどを着込んで快適に通勤されている方も見受けます。 ただ、やはり自転車通勤に適した状況と走行距離というものがあります。自分から好んで楽しく快適にジテツウできることが重要で、距離の目安は片道10km程度と言われます。 ましてや、日常が崩壊しかけた大震災時に業務命令で出社を強要され、目安を大幅に超える距離を走らないと出社できない状況は極めてストレスフルです。 そのような状況では仕事に向き合うモチベーションやパフォーマンスは間違いなく低下しますから、結果的に業務貢献できないことにつながります。 大震災という状況下における業務遂行のあり方として、他にもっと良いスタイルがあるのではないかと考えさせられる経験でした。とは言え、大きな災害では電気・ガス・水道・各種通信網などが配管やケーブル破損、設備障害などにより使えなくなることが多いことはご存知の通りです。 便利な社会インフラに支えられた私たちの生活は、こうした仕組みが無ければ成り立ちません。 また被災した現場で起きる火災への対応や破壊された建造物への対処、治安維持、被災者救助なども極めて重要な仕事です。現地の復旧・復興も急務となります。 もちろんそこは極めて危険な状況となりますが、仕事として職務として対応する人たちがいます。 大災害だから出社が困難であることを考慮すべき仕事と、大災害だからこそ現地に急行する仕事とは、双方がそれぞれ尊重されるべきでしょう。 特に後者においては、仕事を遂行する際には当然ながら大きなリスクを伴います。場合によっては自らの命を失う危険すらあります。しかし社会において無くてはならない仕事です。そのような職務に就く人々には相応の報酬や待遇、社会的な地位と信頼などを以て報いるべきでしょう。交通インフラが復旧していない中での無理な出社要請は、従業員の安全確保の観点からみるとリスクがあると考えられますが、他方で企業活動・経済活動の継続が災害からの復旧には必要であることも事実です。 特に東日本大震災後は、災害時・被災後における事業継続の重要性が強く意識されるようになっています。 参考になる資料として、内閣府が公表している災害時における「事業継続ガイドライン」があります。 このガイドラインは災害時における事業継続マネジメントの普及を目指したガイドラインですが、その中で社員の出勤に関して、「地域との共生と貢献」という項目の中に、次のような文言が見られます。 ・被災後において、企業・組織が応急対応要員以外の従業員に当面の自宅待機を要請すると、自宅周辺の人命救助、災害時要援護者の支援などに貢献する機会を作ることにもなり、都市中心部の場合には、混雑要因の緩和にもつながる。 ・特に大都市圏では、従業員に無理な出社指示を出すと、救援活動の交通への支障、水や食糧の不足、トイレやゴミの対応の困難などが予想される。 無理な出社要請は、従業員の安全確保の問題以外にも、救援活動の交通への支障など社会的な問題に引き起こす可能性があります。 こうした点からも災害時の出社要請については慎重な判断が求められるのではないでしょうか。 他方で企業は事業を継続することも求められています。この両者をいかに両立させるかが企業にとっての課題と言えます。 近年は「ワーク・ライフ・バランス」や「ワーク・ライフ・インテグレーション」といった考え方が広がっており、業種や職種にもよりますが無理なく業務を遂行できる柔軟な就労形態の1つとして、テレワークやリモートワークと呼ばれる在宅勤務制度の導入が広がっています。 在宅勤務制度は、災害時における社員の安全と事業継続を両立できる1つの方法にもなり得ます。 在宅での業務が可能かどうか、その際に必要な業務環境は何か、業務管理・評価をどうするかなど検討すべきことは少なくありませんが、在宅勤務制度をはじめ、従業員の安全と事業継続を両立するための方策を早急に検討することが企業に求めらているといえるのではないでしょうか。JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYySHN5cXFwJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNTFhSEdGQ2d4eUwuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkhzeXFxcCUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUUzJTgxJTg0JUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJUFFJUUzJTgxJTg2JUUzJTgxJUExJUUzJTgxJUFCJUU1JTgyJTk5JUUzJTgxJTg4JUUzJTgxJUE2JUUzJTgxJThBJUUzJTgxJThEJUUzJTgxJTlGJUUzJTgxJTg0JUU5JTk4JUIyJUU3JTgxJUJEJUUzJTgyJUIwJUUzJTgzJTgzJUUzJTgyJUJBJUU1JTkwJTg0JUU3JUE4JUFFJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTklOTglQjIlRTclODElQkQlRTclOTQlQTglRTUlOTMlODElRTMlODIlOTJhbWF6b24lRTMlODElQTclRTMlODMlODElRTMlODIlQTclRTMlODMlODMlRTMlODIlQUYlRUYlQkMlODElRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJvb2tsaW5rLWZvb3RlciUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMmxtWHlGNSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjUxVmhnY2RuVmpMLl9BQ19VUzE2MF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJsbVh5RjUlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFNiU5RCVCMSVFNCVCQSVBQyVFOSU5OCVCMiVFNyU4MSVCRCUyMEtpbmRsZSVFNyU4OSU4OCUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMjAlMjAlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU1JTlDJUIwJUU5JTlDJTg3JUU1JUE0JUE3JUU1JTlCJUJEJUU2JTk3JUE1JUU2JTlDJUFDJUUzJTgxJUFCJUU0JUJEJThGJUUzJTgyJTgwJUUzJTgxJTk5JUUzJTgxJUI5JUUzJTgxJUE2JUUzJTgxJUFFJUU0JUJBJUJBJUUzJTgwJTgxJUU1JUJGJTg1JUU2JTkwJUJBJUUzJTgxJUFFJUU5JTk4JUIyJUU3JTgxJUJEJUUzJTgyJUFDJUUzJTgyJUE0JUUzJTgzJTg5JUUzJTgzJTk2JUUzJTgzJTgzJUUzJTgyJUFGJUUzJTgwJTgyS2luZGxlJUU3JTg5JTg4JUUzJTgxJUFGJUU1JUFFJThDJUU1JTg1JUE4JUU3JTg0JUExJUU2JTk2JTk5JUVGJUJDJTgxJUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJib29rbGluay1mb290ZXIlMjIlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJsaktWZEMlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGaW1hZ2VzLWZlLnNzbC1pbWFnZXMtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY1MU1UdXNzMjZiTC5fQUNfVVMxNjBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYybGpLVmRDJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTYlOUQlQjElRTQlQkElQUMlRTMlODElOEYlRTMlODIlODklRTMlODElOTclRTklOTglQjIlRTclODElQkQlMjBLaW5kbGUlRTclODklODglM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTIwJTIwJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFNiU5RCVCMSVFNCVCQSVBQyVFOSU5OCVCMiVFNyU4MSVCRCVFMyU4MSVBRSVFNyVBQyVBQyVFRiVCQyU5MiVFNSVCQyVCRSVFMyU4MSVBOCVFMyU4MSVBQSVFMyU4MiU4QiVFMyU4MCU4MSVFNSVBNSVCMyVFNiU4MCVBNyVFOCVBNiU5NiVFNyU4MiVCOSVFMyU4MSVBRSVFOSU5OCVCMiVFNyU4MSVCRCVFMyU4MyU5NiVFMyU4MyU4MyVFMyU4MiVBRiVFMyU4MCU4MiVFMyU4MSU5MyVFMyU4MSVBMSVFMyU4MiU4OSVFMyU4MiU4MktpbmRsZSVFNyU4OSU4OCVFMyU4MSVBRiVFNSVBRSU4QyVFNSU4NSVBOCVFNyU4NCVBMSVFNiU5NiU5OSVFRiVCQyU4MSVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYm9va2xpbmstZm9vdGVyJTIyJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYySzZLb0s4JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNTFDSktnUXdZRkwuX0FDX1VTMTYwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMks2S29LOCUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUU2JThBJTk4JUUzJTgyJThBJUUzJTgxJTlGJUUzJTgxJTlGJUUzJTgxJUJGJUU4JTg3JUFBJUU4JUJCJUEyJUU4JUJCJThBJUU1JTkwJTg0JUU3JUE4JUFFJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTQlQkElQTQlRTklODAlOUElRTclQjYlQjIlRTMlODElOEMlRTYlQUQlQTIlRTMlODElQkUlRTMlODElQTMlRTMlODElOUYlRTglQTIlQUIlRTclODElQkQlRTYlOTklODIlRTMlODElQUUlRTclQTclQkIlRTUlOEIlOTUlRTYlODklOEIlRTYlQUUlQjUlRTMlODElQUIlRTMlODElQUYlRTMlODAlODElRTMlODIlODQlRTMlODElQUYlRTMlODIlOEElRTglODclQUElRTglQkIlQTIlRTglQkIlOEElRTMlODElQUUlRTYlQTklOUYlRTUlOEIlOTUlRTUlOEElOUIlRUYlQkMlODElRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJvb2tsaW5rLWZvb3RlciUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQQ==

【コラム】震災後の在宅避難とアウトドア道具の活用

第1回目となった前回の記事では、これまでの大震災経験をヒントに今後発生する可能性の高い次の地震災害に備えるため、アウトドアグッズやキャンプ用品の利用を日常生活に取り入れてはどうか、というところまでのお話しでした。第2回となる今回はもう少し掘り下げて、「防災用品と震災時の在宅避難」についてをお届けします。 【最低限「市販の非常用持ち出し袋」は用意しておく】 阪神淡路大震災以降、各家庭での備えが必須とまで言われるようになった「非常用持ち出し袋」。今や様々な防災グッズを詰め込んだ商品が多数販売されています。毎年定期的に購入して入れ替えをしているご家庭も多いのではないでしょうか。 平時は特に必要となるものではありませんが、やはり備えておけばいざというときに心強いもの。購入後はクローゼットの片隅などにしまい込まれがちですが、日本国内各地で地震が増えている昨今、2〜3ヶ月に1度程度は引っ張り出して用品の確認や備蓄食品や飲料水の賞味期限は確認するようにしたいものです。特に重要な点は避難用品の扱い方です。非常用持ち出し袋を常備したものの、震災発生後にその中身が使えないと困りますね。取り扱い説明書などには、必ず目を通しましょう。JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJyZWNpcGVfbGluayUyMiUyMHN0eWxlJTNEJTIycGFkZGluZy1ib3R0b20lM0EzMHB4JTNCJTIyJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjIlMkZyZXZpZXdfZW1lcmdlbmN5YmFnJTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTIwY2xhc3MlM0QlMjJ2Y19zaW5nbGVfaW1hZ2Utd3JhcHBlciUyMHZjX2JveF9ib3JkZXJfZ3JleSUyMiUzRSUzQ2ltZyUyMHdpZHRoJTNEJTIyMTAwMCUyMiUyMGhlaWdodCUzRCUyMjEyMCUyMiUyMHNyYyUzRCUyMiUyRndwLWNvbnRlbnQlMkZpbWFnZXMlMkZiYW5uZXJzJTJGYmFubmVyX2VtZXJnZW5jeWJhZy5qcGclMjIlM0UlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMm92ZXJmbG93JTNBJTIwaGlkZGVuJTNCJTIwZm9udC1zaXplJTNBJTIwc21hbGwlM0IlMjB6b29tJTNBJTIwMSUzQiUyMG1hcmdpbiUzQSUyMDE1cHglMjAwJTNCJTIwdGV4dC1hbGlnbiUzQSUyMGxlZnQlM0IlMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJmbG9hdCUzQSUyMGxlZnQlM0IlMjBtYXJnaW4lM0ElMjAwcHglMjAxNXB4JTIwMTBweCUyMDBweCUzQiUyMHdpZHRoJTNBJTIwNzVweCUzQiUyMGhlaWdodCUzQSUyMDc1cHglM0IlMjB0ZXh0LWFsaWduJTNBJTIwY2VudGVyJTNCJTIyJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwJTNBJTJGJTJGd3d3LmFtYXpvbi5jby5qcCUyRmV4ZWMlMkZvYmlkb3MlMkZBU0lOJTJGQjAwNjFZS1hWSyUyRml0b2l0b19zdHlsZS0yMiUyRiUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTNDaW1nJTIwc3R5bGUlM0QlMjJib3JkZXItdG9wJTNBJTIwbWVkaXVtJTIwbm9uZSUzQiUyMGJvcmRlci1yaWdodCUzQSUyMG1lZGl1bSUyMG5vbmUlM0IlMjBib3JkZXItYm90dG9tJTNBJTIwbWVkaXVtJTIwbm9uZSUzQiUyMGJvcmRlci1sZWZ0JTNBJTIwbWVkaXVtJTIwbm9uZSUzQiUyMiUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHAlM0ElMkYlMkZlY3guaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNjFldVhJMDl4ekwuX1NMNzVfLmpwZyUyMiUyMHdpZHRoJTNEJTIyNzUlMjIlMjBoZWlnaHQlM0QlMjI3NSUyMiUyMCUyRiUzRSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMm92ZXJmbG93JTNBJTIwaGlkZGVuJTNCJTIwem9vbSUzQSUyMDElM0IlMjBsaW5lLWhlaWdodCUzQSUyMDEyMCUyNSUzQiUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMm1hcmdpbi1ib3R0b20lM0ElMjAycHglM0IlMjBsaW5lLWhlaWdodCUzQSUyMDEyMCUyNSUzQiUyMiUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cCUzQSUyRiUyRnd3dy5hbWF6b24uY28uanAlMkZleGVjJTJGb2JpZG9zJTJGQVNJTiUyRkIwMDYxWUtYVkslMkZpdG9pdG9fc3R5bGUtMjIlMkYlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFOSU5RCU5RSVFNSVCOCVCOCVFNyU5NCVBOCVFNiU4QyU4MSVFMyU4MSVBMSVFNSU4NyVCQSVFMyU4MSU5NyVFOCVBMiU4QjM2JUU3JTgyJUI5JUUzJTgyJUJCJUUzJTgzJTgzJUUzJTgzJTg4JUUzJTgwJTgwJUUzJTgzJUFBJUUzJTgzJUE1JUUzJTgzJTgzJUUzJTgyJUFGJUUzJTgyJUJGJUUzJTgyJUE0JUUzJTgzJTk3JUUzJTgxJUFFJUU5JTk4JUIyJUU3JTgxJUJEJUUzJTgyJUJCJUUzJTgzJTgzJUUzJTgzJTg4JTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstbWFudWZhY3R1cmVyJTIyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJtYXJnaW4tYm90dG9tJTNBJTIwNXB4JTNCJTIyJTNFJUVGJUJDJUE4JUVGJUJDJUE5JUVGJUJDJUE4JTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJib29rbGluay1mb290ZXIlMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMmNsZWFyJTNBJTIwbGVmdCUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJvdmVyZmxvdyUzQSUyMGhpZGRlbiUzQiUyMGZvbnQtc2l6ZSUzQSUyMHNtYWxsJTNCJTIwem9vbSUzQSUyMDElM0IlMjBtYXJnaW4lM0ElMjAxNXB4JTIwMCUzQiUyMHRleHQtYWxpZ24lM0ElMjBsZWZ0JTNCJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUyMHN0eWxlJTNEJTIyZmxvYXQlM0ElMjBsZWZ0JTNCJTIwbWFyZ2luJTNBJTIwMHB4JTIwMTVweCUyMDEwcHglMjAwcHglM0IlMjB3aWR0aCUzQSUyMDc1cHglM0IlMjBoZWlnaHQlM0ElMjA3NXB4JTNCJTIwdGV4dC1hbGlnbiUzQSUyMGNlbnRlciUzQiUyMiUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cCUzQSUyRiUyRnd3dy5hbWF6b24uY28uanAlMkZleGVjJTJGb2JpZG9zJTJGQVNJTiUyRkIwMDRRTEtPNDYlMkZpdG9pdG9fc3R5bGUtMjIlMkYlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUzQ2ltZyUyMHN0eWxlJTNEJTIyYm9yZGVyLXRvcCUzQSUyMG1lZGl1bSUyMG5vbmUlM0IlMjBib3JkZXItcmlnaHQlM0ElMjBtZWRpdW0lMjBub25lJTNCJTIwYm9yZGVyLWJvdHRvbSUzQSUyMG1lZGl1bSUyMG5vbmUlM0IlMjBib3JkZXItbGVmdCUzQSUyMG1lZGl1bSUyMG5vbmUlM0IlMjIlMjBzcmMlM0QlMjJodHRwJTNBJTJGJTJGZWN4LmltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjUxLTBiMzRtd2lMLl9TTDc1Xy5qcGclMjIlMjB3aWR0aCUzRCUyMjc1JTIyJTIwaGVpZ2h0JTNEJTIyNTQlMjIlMjAlMkYlM0UlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJvdmVyZmxvdyUzQSUyMGhpZGRlbiUzQiUyMHpvb20lM0ElMjAxJTNCJTIwbGluZS1oZWlnaHQlM0ElMjAxMjAlMjUlM0IlMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJtYXJnaW4tYm90dG9tJTNBJTIwMnB4JTNCJTIwbGluZS1oZWlnaHQlM0ElMjAxMjAlMjUlM0IlMjIlM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHAlM0ElMkYlMkZ3d3cuYW1hem9uLmNvLmpwJTJGZXhlYyUyRm9iaWRvcyUyRkFTSU4lMkZCMDA0UUxLTzQ2JTJGaXRvaXRvX3N0eWxlLTIyJTJGJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTklOTglQjIlRTclODElQkQlRTMlODIlQjAlRTMlODMlODMlRTMlODIlQkElRTMlODAlOTElRTUlOUMlQjAlRTklOUMlODclRTUlQUYlQkUlRTclQUQlOTYzMCVFNyU4MiVCOSVFOSU4MSVCRiVFOSU5QiVBMyVFMyU4MiVCQiVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU4OCVFMyU4MCU4MCVFRiVCRCU5RSVFOSU4MSVCRiVFOSU5QiVBMyVFNyU5NCU5RiVFNiVCNCVCQiVFMyU4MSVBNyVFNSVCRiU4NSVFOCVBNiU4MSVFMyU4MSVBQSVFOSU5OCVCMiVFNyU4MSVCRCVFNyU5NCVBOCVFNSU5MyU4MSVFMyU4MiU5MiVFMyU4MiVCQiVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU4OCVFMyU4MSU5NyVFMyU4MSU5RiVFOSU5RCU5RSVFNSVCOCVCOCVFNiU4QyU4MSVFNSU4NyVCQSVFOCVBMiU4QiUyOCVFOSU5OCVCMiVFNyU4MSVCRCVFMyU4MiVCQiVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU4OCUyOSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLW1hbnVmYWN0dXJlciUyMiUyMHN0eWxlJTNEJTIybWFyZ2luLWJvdHRvbSUzQSUyMDVweCUzQiUyMiUzRSVFOSU5OCVCMiVFNyU4MSVCRCVFOSU5OCVCMiVFNyU4QSVBRiVFMyU4MyU4MCVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyVBQyVFMyU4MiVBRiVFMyU4MyU4OCUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYm9va2xpbmstZm9vdGVyJTIyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJjbGVhciUzQSUyMGxlZnQlMjIlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUyMHN0eWxlJTNEJTIyb3ZlcmZsb3clM0ElMjBoaWRkZW4lM0IlMjBmb250LXNpemUlM0ElMjBzbWFsbCUzQiUyMHpvb20lM0ElMjAxJTNCJTIwbWFyZ2luJTNBJTIwMTVweCUyMDAlM0IlMjB0ZXh0LWFsaWduJTNBJTIwbGVmdCUzQiUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMmZsb2F0JTNBJTIwbGVmdCUzQiUyMG1hcmdpbiUzQSUyMDBweCUyMDE1cHglMjAxMHB4JTIwMHB4JTNCJTIwd2lkdGglM0ElMjA3NXB4JTNCJTIwaGVpZ2h0JTNBJTIwNzVweCUzQiUyMHRleHQtYWxpZ24lM0ElMjBjZW50ZXIlM0IlMjIlM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHAlM0ElMkYlMkZ3d3cuYW1hem9uLmNvLmpwJTJGZXhlYyUyRm9iaWRvcyUyRkFTSU4lMkZCMDA2OFhITkNRJTJGaXRvaXRvX3N0eWxlLTIyJTJGJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlM0NpbWclMjBzdHlsZSUzRCUyMmJvcmRlci10b3AlM0ElMjBtZWRpdW0lMjBub25lJTNCJTIwYm9yZGVyLXJpZ2h0JTNBJTIwbWVkaXVtJTIwbm9uZSUzQiUyMGJvcmRlci1ib3R0b20lM0ElMjBtZWRpdW0lMjBub25lJTNCJTIwYm9yZGVyLWxlZnQlM0ElMjBtZWRpdW0lMjBub25lJTNCJTIyJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cCUzQSUyRiUyRmVjeC5pbWFnZXMtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY1MU01bmpJQ0xuTC5fU0w3NV8uanBnJTIyJTIwd2lkdGglM0QlMjI2MyUyMiUyMGhlaWdodCUzRCUyMjc1JTIyJTIwJTJGJTNFJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUyMHN0eWxlJTNEJTIyb3ZlcmZsb3clM0ElMjBoaWRkZW4lM0IlMjB6b29tJTNBJTIwMSUzQiUyMGxpbmUtaGVpZ2h0JTNBJTIwMTIwJTI1JTNCJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUyMHN0eWxlJTNEJTIybWFyZ2luLWJvdHRvbSUzQSUyMDJweCUzQiUyMGxpbmUtaGVpZ2h0JTNBJTIwMTIwJTI1JTNCJTIyJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwJTNBJTJGJTJGd3d3LmFtYXpvbi5jby5qcCUyRmV4ZWMlMkZvYmlkb3MlMkZBU0lOJTJGQjAwNjhYSE5DUSUyRml0b2l0b19zdHlsZS0yMiUyRiUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU5JTk4JUIyJUU3JTgxJUJEJUUzJTgyJUIwJUUzJTgzJTgzJUUzJTgyJUJBJUUzJTgwJTkxJUU5JTlEJTlFJUU1JUI4JUI4JUU3JTk0JUE4JUU2JThDJTgxJUUzJTgxJUExJUU1JTg3JUJBJUUzJTgxJTk3JTIwMjA0JUU3JTgyJUI5JTIwJUU4JUIxJUFBJUU4JThGJUFGJUU1JTg1JTg1JUU1JUFFJTlGJUUzJTgzJTk1JUUzJTgyJUExJUUzJTgzJTlGJUUzJTgzJUFBJUUzJTgzJUJDJUUzJTgyJUJCJUUzJTgzJTgzJUUzJTgzJTg4JUUzJTgwJTgwJUU5JTk4JUIyJUU3JTgxJUJEJUU5JTgxJUJGJUU5JTlCJUEzJUUzJTgyJUJCJUUzJTgzJTgzJUUzJTgzJTg4JTIwJUUzJTgzJUJCJTIwJUU5JTlEJTlFJUU1JUI4JUI4JUU3JTk0JUE4JUU2JThDJTgxJUUzJTgxJUExJUU1JTg3JUJBJUUzJTgxJTk3JUUzJTgyJUJCJUUzJTgzJTgzJUUzJTgzJTg4JTIwJUUzJTgzJUJCJTIwJUU5JTlEJTlFJUU1JUI4JUI4JUU2JThDJTgxJUU1JTg3JUJBJUUzJTgxJTk3JUU4JUEyJThCJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstbWFudWZhY3R1cmVyJTIyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJtYXJnaW4tYm90dG9tJTNBJTIwNXB4JTNCJTIyJTNFR293ZWxsJUVGJUJDJTg4JUUzJTgyJUI0JUUzJTgzJUJDJUUzJTgyJUE2JUUzJTgyJUE4JUUzJTgzJUFCJUVGJUJDJTg5JTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJib29rbGluay1mb290ZXIlMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMmNsZWFyJTNBJTIwbGVmdCUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJvdmVyZmxvdyUzQSUyMGhpZGRlbiUzQiUyMGZvbnQtc2l6ZSUzQSUyMHNtYWxsJTNCJTIwem9vbSUzQSUyMDElM0IlMjBtYXJnaW4lM0ElMjAxNXB4JTIwMCUzQiUyMHRleHQtYWxpZ24lM0ElMjBsZWZ0JTNCJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUyMHN0eWxlJTNEJTIyZmxvYXQlM0ElMjBsZWZ0JTNCJTIwbWFyZ2luJTNBJTIwMHB4JTIwMTVweCUyMDEwcHglMjAwcHglM0IlMjB3aWR0aCUzQSUyMDc1cHglM0IlMjBoZWlnaHQlM0ElMjA3NXB4JTNCJTIwdGV4dC1hbGlnbiUzQSUyMGNlbnRlciUzQiUyMiUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cCUzQSUyRiUyRnd3dy5hbWF6b24uY28uanAlMkZleGVjJTJGb2JpZG9zJTJGQVNJTiUyRkIwMEg1R0pCWFklMkZpdG9pdG9fc3R5bGUtMjIlMkYlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUzQ2ltZyUyMHN0eWxlJTNEJTIyYm9yZGVyLXRvcCUzQSUyMG1lZGl1bSUyMG5vbmUlM0IlMjBib3JkZXItcmlnaHQlM0ElMjBtZWRpdW0lMjBub25lJTNCJTIwYm9yZGVyLWJvdHRvbSUzQSUyMG1lZGl1bSUyMG5vbmUlM0IlMjBib3JkZXItbGVmdCUzQSUyMG1lZGl1bSUyMG5vbmUlM0IlMjIlMjBzcmMlM0QlMjJodHRwJTNBJTJGJTJGZWN4LmltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjUxSVVnMHZ2JTI1MkJMTC5fU0w3NV8uanBnJTIyJTIwd2lkdGglM0QlMjI3NSUyMiUyMGhlaWdodCUzRCUyMjU3JTIyJTIwJTJGJTNFJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUyMHN0eWxlJTNEJTIyb3ZlcmZsb3clM0ElMjBoaWRkZW4lM0IlMjB6b29tJTNBJTIwMSUzQiUyMGxpbmUtaGVpZ2h0JTNBJTIwMTIwJTI1JTNCJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUyMHN0eWxlJTNEJTIybWFyZ2luLWJvdHRvbSUzQSUyMDJweCUzQiUyMGxpbmUtaGVpZ2h0JTNBJTIwMTIwJTI1JTNCJTIyJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwJTNBJTJGJTJGd3d3LmFtYXpvbi5jby5qcCUyRmV4ZWMlMkZvYmlkb3MlMkZBU0lOJTJGQjAwSDVHSkJYWSUyRml0b2l0b19zdHlsZS0yMiUyRiUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUU5JTgxJUI4JUUzJTgxJUI5JUUzJTgyJThCJUU5JTk4JUIyJUU3JTgxJUJEJUUzJTgyJUJCJUUzJTgzJTgzJUUzJTgzJTg4JTIwJUUzJTgwJTkwJUU3JUI3JThBJUU2JTgwJUE1JUU5JTlEJTlFJUU5JTlCJUEzJUUzJTgwJTkxJUUzJTgyJUFDJUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTg5JUUzJTgzJUE5JUUzJTgyJUE0JUUzJTgzJTk1JUVGJUJDJUE0JUVGJUJDJUI4JUUzJTgwJTkwJUU3JTk0JUI3JUU1JUE1JUIzJUU1JTkwJTg0MSVFNSU5MCU4RCVFNiVBNyU5OCVFNSU4OCU4NiVFMyU4MCU5MSVFRiVCQyU4QiVFNSVBMiU5NyVFOSU4NyU4RiVFMyU4MyU5NyVFMyU4MyVBOSVFMyU4MiVCOSVFRiVCQyU4QiVFOCVCMyU4NyVFNyU5NCU5RiVFNSVBMCU4MiVFMyU4MCU5MCVFNiVCMCVCNCVFMyU4MSVBRSVFMyU4MSU4NCVFMyU4MiU4OSVFMyU4MSVBQSVFMyU4MSU4NCVFMyU4MiVCNyVFMyU4MyVBMyVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU5NyVFMyU4MyVCQyVFMyU4MCU5MSVFNCVCQiU5OCVFMyU4MSU4RCUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLW1hbnVmYWN0dXJlciUyMiUyMHN0eWxlJTNEJTIybWFyZ2luLWJvdHRvbSUzQSUyMDVweCUzQiUyMiUzRXphY2thdSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYm9va2xpbmstZm9vdGVyJTIyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJjbGVhciUzQSUyMGxlZnQlMjIlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0U= さて、被災時に必要とされる用品には大きく分けて2種類あります。地震発生直後の避難行動に緊急的に必要なものと、余震が収まった後にライフラインと物流が復旧するまでの間の生活に必要なものとです。 【「在宅避難」という考え方】 東京都が発行して都民の全世帯に配布された「東京防災」というガイドブックがあります。 参考情報:東京都総務局『東京防災』 都民だけでなく多くの人びとにとって有益な情報が整理・集約されています。PCやスマホで見ることも可能なので、ブックマークしておきましょう。 スマホユーザーなら、アプリ「i広報誌」での配信を受けられるので、インストールしておくといいですね。 参考情報:産経新聞『行政情報アプリ「i広報紙」で『東京防災』の配信を開始しました。』 このガイドブックにも記載されていることですが、東京都では地震発生後の避難先について基本は「在宅避難」となっています。火災を避けるために大きな公園や広場へいったん避難した後、火災の危険性が無くなったら自宅の状況を確認しに行き、全半壊などで生活できる状態でなければ最寄りの小中学校などに開設された指定避難所へ。 自宅に戻って生活できるようであれば「在宅避難」をするようになっています。指定避難所に収容できる人数はそう多くありませんし、水や食料の備蓄量にも限りがあるからという点も大きいでしょう。在宅避難を前提として考える場合、地震発生時はとにかく逃げる。余震が収まり火災の心配も無い場合は自宅に戻って生活再建となるので、まずは初動での避難時では命を守るための最低限の備えがあればよく、併せて別途自宅に避難後の生活用品を備蓄しておけばいいと考えることもできます。 【地震発生直後の避難行動に必要な用品】 まずは何よりも命を守る、生き残るということが最優先です。震災の瞬間を切り抜けることが出来たら、すぐに避難行動に移ります。必要なものは、今自分が何をしているか・どこにいるかで変わってきます。 ◆在宅時なら:避難所へ行くために、スニーカー・懐中電灯・軍手・マスク・ホイッスル ◆外出時なら:いったん自宅へ帰るために、帰宅地図・飲料水・携行食・ポケット雨具・小型LEDライト・マスク在宅時の場合、割れた窓ガラスや食器などが散乱する床の上を歩いて外に出る場合を想定して、歩きやすいスニーカーは室内に用意しておきましょう。「厚底のスリッパ」も良いとは言われますが、かかと部分が開いているので怪我をする可能性があり、移動中に濡れたりすると意味をなしません。 夜間行動も想定しての懐中電灯と、ガレキの間やホコリっぽい場所を移動したりことも多いため、軍手とマスクがあればまずは避難所へ向かうことができます。最低限、これらをバックパックなどに入れて玄関や窓際など出入り口付近に常備しておきます。万が一、閉じ込められた場合はホイッスルを使うことで外部に存在を知らせることもできます。外出時の場合、徒歩で帰宅できる距離は10〜20kmだと言われています。人間の平均歩行速度や地震後の路面の状態などを考慮しても無理せず歩いていられる時間は長くても2〜3時間。 職場など自宅までの距離が10km以上の距離があるような場合は、無理に帰宅せずにその場に留まったほうが良い場合があります。帰宅可能な状況であれば帰宅地図を確認の上、無理のないペースで自宅を目指します。 飲料水は250〜500lmサイズのミネラルウォーターか利尿作用のあるカフェインを含まないもの。携行食としてはエネルギー源となる糖分を含む飴など(糖質ゼロやカロリーオフ系は不可)。いつものバッグの底や隅に入れておくと良いです。 また、甚大災害の状況で単身者・自宅に家族やペットなども居ない場合は、帰宅はせずにもっとも近場の避難所にいったん身を寄せるのも選択肢のひとつです。 いずれの場合でもポケットサイズやカードサイズの「ポータブルラジオ」があると情報収集に役立ちます。とりあえずFM放送が受信できればいいです。 地域ごとに「コミュニティFM局」などがあったりしますので、広域放送よりも自分のいる地域に関係する情報に触れやすくなります。AMラジオ局も送信所(親局)が地震などによって被災した場合は、FM放送を使って放送を続けることになります。 【避難所への道と、想定される生活を理解しておく】 災害の瞬間と直後の混乱を乗り切った後は、ライフラインが止まった状況での一定期間、いかに心身の健康を維持しながら生活していくかが重要です。自宅の状態確認や家族との合流後は、その後の生活再建の準備をしましょう。熊本地震では学校の体育館や福祉施設などを利用した避難所の使用と併せ、個人レベルでの「在宅避難」や「車中避難」をされる方も目立ちました。これまでの震災事例を知ることで、どう対応していけばいいのかという点が見えてきます。 避難所指定されている施設では食料や飲料水などの備蓄品が準備されていますが、状況によっては避難者全員にじゅうぶんに行き渡るだけの量が無いこともあります。熊本地震では、指定避難所が損壊等で閉鎖され使用できなかったり、満員のため新たな避難者を収容できないという状況が発生しました。 参考情報:毎日新聞『「指定避難所」32カ所閉鎖 建物の損壊などで』 参考情報:毎日新聞『続く余震、募る不安「避難所いっぱいで入れず」』 また指定避難所以外に避難した場合は、水や食料などの備蓄が不足したりそもそも無かったり、支援物資が届きにくかったりします。まずは最寄りとなる指定避難所を日頃から家族で確認・周知しておきましょう。 参考情報:Togetter『#熊本地震 指定避難所以外に避難している方々に支援物資が届かずTwitterに出すSOS』 避難所では大人数での集団生活となりますが、先の東日本大震災における避難所生活のリアルな記録として詳しいこちらの記事によると、食事に関しては人数が多いため調理に時間が掛かり、調理開始から食事が配られるまで2時間掛かったという話もあります。 参考情報:ハフポスト日本版『東日本大震災、体育館避難所で起きたこと』避難所に入れた場合でも、生活上での様々な不自由が発生しています。食事の配給を受けるために最初に整理券をもらうために長時間並び、その後に食事を受け取るために改めて並ぶといった具合です。備蓄などをしていなかったためか「友人や実家から食料の差し入れがないとやっていけない」と本音を漏らす方もいたようです。 参考情報:河北新報『<熊本地震>避難所混乱 あふれる人募る不安』 熊本地震でクローズアップされた問題の1つに、初動で支援物資が迅速に集められたにも関わらず被災者の手元になかなか届かなかった点が挙げられます。 参考情報:BuzzFeed『なぜ、被災者に支援物資が届かないのか 県庁には大量の水と食料があった』 食料と水と言えば、被災時にはありがたい温かい食事の代表格的に備蓄食料の定番品的なイメージのあるインスタントラーメン。しかし食べるためには1食あたり450〜500mlの水と、それをお湯として沸かすための熱源と時間が必要です。 例えば避難者が100人生活をしている避難所で、全員にインスタントラーメンを提供するとしましょう。水を節約するために1食あたりに使う水の量を400mlにするとします。それでも、100人全員が温かいインスタントラーメンを食べるためには、40リットルもの水が必要で、2リットルのミネラルウォーターのペットボトルが20本必要です。それを沸かすために必要な熱源・燃料・調理時間と食べるまでに待つ時間も。 また、様々な事情によって避難所での集団生活そのものが難しい方々もいらっしゃるでしょう。何らかの持病やハンディキャップを抱えていたり、気難しいペットを飼っていたり。 東日本大震災以降、環境省はペットの同行避難を推奨していますが、震災直後の混乱した状況でパニックを起こしている他の避難者からペット同伴者が排斥されない可能性もゼロではありませんし、仮にペット同伴で避難所に入れたとしてもペットと飼い主ともに、何らかのストレスを受けるような事態にならないとも限りません。こうしたことを鑑みても、被災時の初期における避難生活では自分と家族の生活はできるだけ自分たちで守る、という考え方と準備と行動が重要であることに気が付きます。災害の規模が大きいほど、政府や行政の対応は遅れがちになります。支援物資がすぐには届かないことも十分に想定できます。たとえ行政に苦情を訴えたところで、いま目の前で起きている状況を簡単に解決することはできないのです。 【支援物資の到着やライフライン復旧までの間の「在宅避難」の備えを】 避難所は安住できる場所ではありません。様々な形で傷ついた人たちが集まった上にプライバシーのほぼ無い空間での集団生活です。体調面・精神面などストレスも蓄積していきます。だからこそ、自分たちの避難生活はまずは自分たちで守ることが重要です。 普段からこういう視点での心構えを持ち備えをしておけば、巨大地震直後の初期避難さえ無事にできれば何とかなるということです。今から「在宅避難」の準備をしておきましょう。 では、震災後の世の中の状況を改めて見てみましょう。 ・水道、電気、ガスなどの公共のライフラインが動いていない ・街なかの商店やスーパーやコンビニで買い物ができない ・水を潤沢に使えないため入浴や洗面、洗濯などが不便 ・トイレがまともに使えない ・ゴミを気軽に捨てられない ・場合によっては生活空間に壁や屋根がない これらと共通する状況は、第1回めでも触れた「キャンプ」です。管理されたキャンプ場よりも野営場や人里離れた場所でのアウトドアライフと似ています。標高の大きな山での冬登山などはさらに過酷です。 震災後の自宅が在宅避難が可能な状態であれば、その状況をアウトドアに見立てて生活をしながらライフラインや物流の復旧を待つという対応方法が選択できます。使える道具はキャンプ道具やアウトドアグッズ。すでにお持ちのかたもいらっしゃるでしょう。 生活空間となるテントやタープ、食事を取るための熱源・食器・調理器具、給水貯水グッズ、照明となるランタンやLEDライト、睡眠のためのシュラフ(寝袋)、荷物を運ぶためのキャリアーなど。不便な生活を便利にしたり楽しさに換えるための道具やノウハウもたくさんあります。あとは日頃から食料と水・医薬品・育児介護用品など必要なものを自分なりにカスタマイズして備えておけばいざというときでも、避難所でのストレスを受けるであろう生活を避け、生活の質をある程度自分自身でコントロールできるのです。 そういった道具を今の日常生活の中、休日ライフなどに取り入れてみると新しい発見があるかもしれません。例えば半日〜1日、ちょっとした自然の中で食事を作ったり珈琲を飲む時間を追加してみるだけでもリフレッシュできたりします。慣れたら実際にキャンプに繰り出してみるのもオススメです。 そうした体験の積み重ねが自然と「在宅避難」への準備となり、いざ震災・避難生活という場面でも慌てることなく生活の質をコントロール可能です。そんな楽しみ方は、いかがでしょうか。 【バックナンバー】 ・第1回・これまでの大震災を振り返る

【2分で読む】新型コロナウイルス患者の増加とパンデミックの可能性は?

中国・湖北省武漢市の衛生委員会が「原因不明の肺炎」の発生を発表したのが2019/12/30夜でした。当初の発症場所は同市の華南海鮮市場で、1例目の患者は青果卸売業者。SARS(重症急性呼吸器症候群)による感染が疑われ、この時点ですでに7例の患者が確認されていたようです。 その後、年明け1月上旬に、この原因不明の肺炎は新型のコロナウイルスによるものと判明、ウイルスはWHOによって「2019-nCoV」と定義されました。 最初の患者の確認からわずか1ヶ月、中国の「春節」に伴う人々の大移動を伴ったこともあってか、2020/01/26の段階で全世界ではこの新型肺炎の患者数は約2000名を超え、中国国内における死亡者は50名を超える事態となっています。 この新型コロナウイルスは拡散力は強いと見られるものの、致死率についてはWHOの発表によると3%程度と推定されています。これはSARSの致死率の9.6%よりも低い推定値です。 これまでに中国国内で死亡した患者の傾向は、主に何らかの持病を抱えた高齢者である点です。 この新型コロナウイルスの最初の走査電子顕微鏡写真が、National Microbial Data Centerによって公開されています。JTNDYmxvY2txdW90ZSUyMGNsYXNzJTNEJTIydHdpdHRlci10d2VldCUyMiUzRSUzQ3AlMjBsYW5nJTNEJTIyZW4lMjIlMjBkaXIlM0QlMjJsdHIlMjIlM0VUaGlzJTIwaXMlMjB3aGF0JTIwdGhlJTIwbm92ZWwlMjAlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGdHdpdHRlci5jb20lMkZoYXNodGFnJTJGY29yb25hdmlydXMlM0ZzcmMlM0RoYXNoJTI2YW1wJTNCcmVmX3NyYyUzRHR3c3JjJTI1NUV0ZnclMjIlM0UlMjNjb3JvbmF2aXJ1cyUzQyUyRmElM0UlMjBsb29rcyUyMGxpa2UlMjElMjBUaGUlMjAlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGdHdpdHRlci5jb20lMkZoYXNodGFnJTJGQ2hpbmElM0ZzcmMlM0RoYXNoJTI2YW1wJTNCcmVmX3NyYyUzRHR3c3JjJTI1NUV0ZnclMjIlM0UlMjNDaGluYSUzQyUyRmElM0UlMjBOYXRpb25hbCUyME1pY3JvYmlhbCUyMERhdGElMjBDZW50ZXIlMjBoYXMlMjByZWxlYXNlZCUyMHRoZSUyMGZpcnN0JTIwU0VNJTIwcGhvdG9zJTIwb2YlMjB0aGUlMjBub3ZlbCUyMGNvcm9uYXZpcnVzJTIwYmVoaW5kJTIwdGhlJTIwJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRnR3aXR0ZXIuY29tJTJGaGFzaHRhZyUyRnBuZXVtb25pYSUzRnNyYyUzRGhhc2glMjZhbXAlM0JyZWZfc3JjJTNEdHdzcmMlMjU1RXRmdyUyMiUzRSUyM3BuZXVtb25pYSUzQyUyRmElM0UlMjBvdXRicmVhay4lMjAlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGdC5jbyUyRm1WRmRheEljdnolMjIlM0VodHRwcyUzQSUyRiUyRnQuY28lMkZtVkZkYXhJY3Z6JTNDJTJGYSUzRSUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZ0LmNvJTJGVHhyU0FWczJSUyUyMiUzRXBpYy50d2l0dGVyLmNvbSUyRlR4clNBVnMyUlMlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGcCUzRSUyNm1kYXNoJTNCJTIwVGhlJTIwUGFwZXIlMjAlRTYlQkUlOEUlRTYlQjklODMlRTYlOTYlQjAlRTklOTclQkIlMjAlMjglNDB0aGVwYXBlcmNuJTI5JTIwJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRnR3aXR0ZXIuY29tJTJGdGhlcGFwZXJjbiUyRnN0YXR1cyUyRjEyMjA1ODY5NzQ3NjkxMTEwNDElM0ZyZWZfc3JjJTNEdHdzcmMlMjU1RXRmdyUyMiUzRUphbnVhcnklMjAyNCUyQyUyMDIwMjAlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGYmxvY2txdW90ZSUzRSUyMCUzQ3NjcmlwdCUyMGFzeW5jJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZwbGF0Zm9ybS50d2l0dGVyLmNvbSUyRndpZGdldHMuanMlMjIlMjBjaGFyc2V0JTNEJTIydXRmLTglMjIlM0UlM0MlMkZzY3JpcHQlM0U=感染力に関しては、 アメリカ疾病予防管理センター(CDC)が2020/01/24に更新した情報では 「2019-nCoVが人から人へどの程度簡単に広がるかはまだ明らかではない」 としていますが、世界保健機関(WHO)が2020/01/24に発表した情報では 「人から人への感染が発生しており、1.4〜2.5の暫定的なR0推定値が提示された」 としています。 この「R0推定値」とは「基本再生産数」というもので、1人の患者が次に平均何人に二次感染させるかを推定する値です。 つまり、今回の新型コロナウイルスの感染力は、1人の患者が次に1.4〜2.5人にうつす可能性があることを意味しています。 中間推定値のR0=2.0で状況が動いた場合を大雑把に考えると STEP-1: 患者1人が次の2人に感染させる STEP-2: その2人の患者がそれぞれ2人に感染させる=この段階で4人 STEP-3: その4人の患者がそれぞれ2人に感染させる=この段階で8人 STEP-4: その8人の患者がそれぞれ2人に感染させる=この段階で16人 と、段階ごとに患者が倍増していくことになります(大雑把なイメージです)。 次図は「患者1人から段階を追うごとにどの程度拡散していくのか」というイメージ図です。さらに、感染が拡大していく経過をたどるイメージ図です。【※追記:2020/01/27】   また2020/01/27の報道で、新型コロナウイルスの感染力が世界保健機関(WHO)の当初の見込みを上回る強さであることを示唆する報告が相次いでいるとのこと。 「1人の患者が次に平均何人に二次感染させるかを推定する値」であるR0推定値に関して、 ・WHOによる1/24時点での発表:1.4〜2.5人 その後、 ・香港や英国のチームによる発表:3人以上 ・香港理工大などのチームによる発表:3.3〜5.5人 ・英ランカスター大などのチームによる発表:3.6〜4人 となり、感染力の強さが見直されつつあります。 世界各国では、武漢市在住の自国民を帰国させるためのチャーター機を手配しており、在武漢市の日本人も2020/01/28にチャーター機で帰国、その後は2週間の経過観察がおこなわれるとのことです。パンデミックとは「ある感染症・伝染病によって、顕著な感染や死亡被害が著しい事態を想定した世界的な感染の流行を表す用語」です。 現在の世界は、航空機などの輸送機関の発達によりパンデミックが起こりやすい状況になっているため、検疫を行うなど感染症の流入を防ぐ対策がとられています。(Wikipedia「パンデミック」より) パンデミックの推移をWikipediaより引用すると、次のような経過と解説が該当します。JTNDdGFibGUlMjBjbGFzcyUzRCUyMnRhYmxlJTIwdGFibGUtYm9yZGVyZWQlMjB0YWJsZS1ob3ZlciUyMHRhYmxlLWNvbmRlbnNlZCUyMiUzRSUzQ3RoZWFkJTNFJTNDdHIlMjBzdHlsZSUzRCUyMmZvbnQtd2VpZ2h0JTNBYm9sZCUzQiUyMGJhY2tncm91bmQtY29sb3IlM0ElMjNkOGQ4ZDglM0IlMjIlM0UlM0N0aCUyMHRpdGxlJTNEJTIyRmllbGQlMjAlMjMxJTIyJTNFJUU3JUI1JThDJUU5JTgxJThFJTNDJTJGdGglM0UlM0N0aCUyMHRpdGxlJTNEJTIyRmllbGQlMjAlMjMyJTIyJTNFJUU4JUE3JUEzJUU4JUFBJUFDJTNDJTJGdGglM0UlM0MlMkZ0ciUzRSUzQyUyRnRoZWFkJTNFJTNDdGJvZHklM0UlM0N0ciUzRSUzQ3RkJTNFJUU0JUJBJTlDJUU1JTlFJThCJUUzJTgyJUE2JUUzJTgyJUE0JUUzJTgzJUFCJUUzJTgyJUI5JUUzJTgxJUFFJUU3JUEyJUJBJUU4JUFBJThEJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNCVCQSU5QyVFNSU5RSU4QiVFMyU4MiVBNiVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyVBQiVFMyU4MiVCOSVFMyU4MSVBRSVFNSVBRCU5OCVFNSU5QyVBOCVFMyU4MSU4QyVFNyVBMiVCQSVFOCVBQSU4RCVFMyU4MSU5NSVFMyU4MiU4QyVFMyU4MSVBNiVFMyU4MSU4NCVFMyU4MiU4QiVFRiVCQyU4OCVFNCVCRSU4QiVFMyU4MCU4MiVFNSU4QiU5NSVFNyU4OSVBOSVFMyU4MSVBRSVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU5NSVFMyU4MyVBQiVFMyU4MiVBOCVFMyU4MyVCMyVFMyU4MiVCNiVFMyU4MiVBNiVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyVBQiVFMyU4MiVCOSVFRiVCQyU4OSUzQ2JyJTNFJUUzJTgzJTkyJUUzJTgzJTg4JUU2JTg0JTlGJUU2JTlGJTkzJUUzJTgxJUFFJUUzJTgzJUFBJUUzJTgyJUI5JUUzJTgyJUFGJUUzJTgxJUFGJUU0JUJEJThFJUUzJTgxJTg0JUUzJTgwJTgxJUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJTlGJUUzJTgxJUFGJUUzJTgzJTkyJUUzJTgzJTg4JUU2JTg0JTlGJUU2JTlGJTkzJUUzJTgxJUFGJUU1JUEwJUIxJUU1JTkxJThBJUUzJTgxJTk1JUUzJTgyJThDJUUzJTgxJUE2JUUzJTgxJTg0JUUzJTgxJUFBJUUzJTgxJTg0JUUzJTgwJTgyJTNDJTJGdGQlM0UlM0MlMkZ0ciUzRSUzQ3RyJTNFJTNDdGQlM0UlRTMlODMlOTIlRTMlODMlODglRTMlODElQjglRTMlODElQUUlRTYlODQlOUYlRTYlOUYlOTMlRTMlODElQUUlRTclQTIlQkElRTglQUElOEQlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU0JUJBJTlDJUU1JTlFJThCJUUzJTgyJUE2JUUzJTgyJUE0JUUzJTgzJUFCJUUzJTgyJUI5JUUzJTgxJUFFJUU1JUFEJTk4JUU1JTlDJUE4JUUzJTgxJThDJUU3JUEyJUJBJUU4JUFBJThEJUUzJTgxJTk1JUUzJTgyJThDJUUzJTgxJUE2JUUzJTgxJTg0JUUzJTgyJThCJUVGJUJDJTg4JUU0JUJFJThCJUUzJTgwJTgyJUU1JThCJTk1JUU3JTg5JUE5JUUzJTgxJUFFJUUzJTgyJUE0JUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJTk1JUUzJTgzJUFCJUUzJTgyJUE4JUUzJTgzJUIzJUUzJTgyJUI2JUUzJTgyJUE2JUUzJTgyJUE0JUUzJTgzJUFCJUUzJTgyJUI5JUVGJUJDJTg5JTNDYnIlM0UlRTMlODMlOTIlRTMlODMlODglRTMlODElQjglRTMlODElQUUlRTYlODQlOUYlRTYlOUYlOTMlRTMlODElOEMlRTUlQTAlQjElRTUlOTElOEElRTMlODElOTUlRTMlODIlOEMlRTMlODElQTYlRTMlODElODQlRTMlODIlOEIlM0NiciUzRSVFMyU4MyU5MSVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU4NyVFMyU4MyU5RiVFMyU4MyU4MyVFMyU4MiVBRiVFMyU4MSVBRSVFNiVCRCU5QyVFNSU5QyVBOCVFNyU5QSU4NCVFOCU4NCU4NSVFNSVBOCU4MSUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlM0N0ciUzRSUzQ3RkJTNFJUU5JTk5JTkwJUU1JUIxJTgwJUUzJTgxJTk3JUUzJTgxJTlGJUUzJTgzJTkyJUUzJTgzJTg4JUVGJUJDJThEJUUzJTgzJTkyJUUzJTgzJTg4JUU2JTg0JTlGJUU2JTlGJTkzJUUzJTgxJUFFJUU3JUEyJUJBJUU4JUFBJThEJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFMyU4MyU5MiVFMyU4MyU4OCVFMyU4MSU4QiVFMyU4MiU4OSVFMyU4MyU5MiVFMyU4MyU4OCVFMyU4MSVCOCVFMyU4MSVBRSVFNiU4NCU5RiVFNiU5RiU5MyVFMyU4MSVBRiVFMyU4MSU4RCVFMyU4MiU4RiVFMyU4MiU4MSVFMyU4MSVBNiVFOSU5OSU5MCVFNSVBRSU5QSVFMyU4MSU5NSVFMyU4MiU4QyVFMyU4MSVBNiVFMyU4MSU4NCVFMyU4MiU4QiVFRiVCQyU4OCVFNSVBRSVCNiVFNiU5NyU4RiVFMyU4MiU4NCVFOCVCQSVBQiVFOCVCRiU5MSVFMyU4MSVBQSVFNiU4RSVBNSVFOCVBNyVBNiVFOCU4MCU4NSVFNyVBRCU4OSVFRiVCQyU4OSUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlM0N0ciUzRSUzQ3RkJTNFJUU1JUIwJThGJUU4JUE2JThGJUU2JUE4JUExJUUzJTgxJUFFJUU2JUI1JTgxJUU4JUExJThDJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFMyU4MyU5MiVFMyU4MyU4OCVFMyU4MSU4QiVFMyU4MiU4OSVFMyU4MyU5MiVFMyU4MyU4OCVFMyU4MSVCOCVFMyU4MSVBRSVFNSVCMCU4RiVFOCVBNiU4RiVFNiVBOCVBMSVFNiU4NCU5RiVFNiU5RiU5MyVFRiVCQyU4OCVFNSU4RCU5OCVFNyU4QiVBQyVFNSU5QiVCRCVFNSVBRSVCNiVFNSU4NiU4NSVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSVBRSVFNiU4NCU5RiVFNiU5RiU5MyVFRiVCQyU4OSVFMyU4MiU5MiVFOCVBQSU4RCVFMyU4MiU4MSVFMyU4MiU4QiVFMyU4MSVBMCVFMyU4MSU5MSVFMyU4MSVBRSVFOCVBOCVCQyVFNiU4QiVBMCVFMyU4MSU4QyVFNSVBRCU5OCVFNSU5QyVBOCVFMyU4MSU5OSVFMyU4MiU4QiUzQ2JyJTNFJUUzJTgzJTkxJUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJTg3JUUzJTgzJTlGJUUzJTgzJTgzJUUzJTgyJUFGJUUzJTgxJUE4JUUzJTgxJUFBJUUzJTgyJThCJUU1JThGJUFGJUU4JTgzJUJEJUU2JTgwJUE3JUUzJTgxJUFGJUU0JUI4JUFEJUVGJUJEJTlFJUU5JUFCJTk4JUU3JUE4JThCJUU1JUJBJUE2JTNDJTJGdGQlM0UlM0MlMkZ0ciUzRSUzQ3RyJTNFJTNDdGQlM0UlRTUlQTQlQTclRTglQTYlOEYlRTYlQTglQTElRTMlODElQUUlRTYlQjUlODElRTglQTElOEMlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUUzJTgzJTkyJUUzJTgzJTg4JUUzJTgxJThCJUUzJTgyJTg5JUUzJTgzJTkyJUUzJTgzJTg4JUUzJTgxJUI4JUUzJTgxJUFFJUU3JTlCJUI4JUU1JUJEJTkzJUU2JTk1JUIwJUUzJTgxJUFFJUU2JTg0JTlGJUU2JTlGJTkzJUVGJUJDJTg4JUU1JThEJTk4JUU0JUI4JTgwJUUzJTgxJUFFV0hPJUU3JUFFJUExJUU1JThDJUJBJUU1JTg2JTg1JUUzJTgxJUFCJUUzJTgxJThBJUUzJTgxJTkxJUUzJTgyJThCJUU4JUE0JTg3JUU2JTk1JUIwJUUzJTgxJUFFJUU1JTlCJUJEJUU1JUFFJUI2JUUzJTgxJUE3JUUzJTgxJUFFJUU2JTg0JTlGJUU2JTlGJTkzJUVGJUJDJTg5JUUzJTgyJTkyJUU4JUFBJThEJUUzJTgyJTgxJUUzJTgyJThCJUUzJTgxJUEwJUUzJTgxJTkxJUUzJTgxJUFFJUU4JUE4JUJDJUU2JThCJUEwJUUzJTgxJThDJUU1JUFEJTk4JUU1JTlDJUE4JUUzJTgxJTk5JUUzJTgyJThCJUUzJTgwJTgyJTNDYnIlM0UlRTMlODMlOTElRTMlODMlQjMlRTMlODMlODclRTMlODMlOUYlRTMlODMlODMlRTMlODIlQUYlRTMlODElQjglRTMlODElQTglRTclOTklQkElRTUlQjElOTUlRTMlODElOTklRTMlODIlOEIlRTUlOEYlQUYlRTglODMlQkQlRTYlODAlQTclRTMlODElOEMlRTklQUIlOTglRTMlODElOEYlRTMlODAlODElRTYlOTclQTklRTYlODAlQTUlRTMlODElQUIlRTUlQTQlQTclRTYlQjUlODElRTglQTElOEMlRTMlODElQjglRTMlODElQUUlRTglQTglODglRTclOTQlQkIlRTclOUElODQlRTMlODElQUElRTUlQUYlQkUlRTclQUQlOTYlRTMlODIlOTIlRTglQUMlOUIlRTMlODElOTglRTMlODIlOEIlRTUlQkYlODUlRTglQTYlODElRTYlODAlQTclRTMlODElOEMlRTMlODElODIlRTMlODIlOEIlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRSVFNCVCOCU5NiVFNyU5NSU4QyVFNyU5QSU4NCVFMyU4MSVBQSVFNSVBNCVBNyVFOCVBNiU4RiVFNiVBOCVBMSVFNiVCNSU4MSVFOCVBMSU4QyUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTMlODIlQjAlRTMlODMlQUQlRTMlODMlQkMlRTMlODMlOTAlRTMlODMlQUIlRTMlODMlOTElRTMlODMlQjMlRTMlODMlODclRTMlODMlOUYlRTMlODMlODMlRTMlODIlQUYlRUYlQkMlODglRTQlQjglOTYlRTclOTUlOEMlRTYlQjUlODElRTglQTElOEMlRUYlQkMlODklRTMlODElQUUlRTclOEElQjYlRTYlODUlOEIlRTMlODAlODIlM0NiciUzRSVFNCVCOCU4QSVFOCVBOCU5OCVFMyU4MSVBRSVFNyU4QSVCNiVFNiU4NSU4QiVFMyU4MSVBQiVFNSU4QSVBMCVFMyU4MSU4OCVFMyU4MCU4MSVFNSVCRCU5MyVFNSU4OCU5RCVFOSU5QiU4NiVFNSU5QiVBMyVFNyU5OSVCQSVFNyU5NCU5RiVFMyU4MSU5NyVFMyU4MSU5RldITyVFNyVBRSVBMSVFNSU4QyVCQSVFMyU4MSVBOCVFMyU4MSVBRiVFNyU5NSVCMCVFMyU4MSVBQSVFMyU4MiU4QiVFNyVBRSVBMSVFNSU4QyVCQSVFMyU4MSVBNyVFOSU5QiU4NiVFNSU5QiVBMyVFNyU5OSVCQSVFNyU5NCU5RiVFMyU4MSU4QyVFNyVBMiVCQSVFOCVBQSU4RCVFMyU4MSU5NSVFMyU4MiU4QyVFMyU4MiU4QiVFMyU4MCU4MiUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlM0N0ciUzRSUzQ3RkJTNFJUU2JUI1JTgxJUU4JUExJThDJUUzJTgxJUFFJUU2JUI2JTg4JUU5JTgwJTgwJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNiVCNSU4MSVFOCVBMSU4QyVFMyU4MSVBRSVFMyU4MyU5NCVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiVBRiVFMyU4MSVBRiVFOSU4MSU4RSVFMyU4MSU4RSVFMyU4MSU5RiVFMyU4MiU4MiVFMyU4MSVBRSVFMyU4MSVBRSVFMyU4MCU4MSVFNiVCNSU4MSVFOCVBMSU4QyVFNSU4NiU4RCVFNyU4NyU4MyVFMyU4MSVBRSVFNiU4NyVCOCVFNSVCRiVCNSVFMyU4MSU4QyVFNiVBRSU4QiVFMyU4MiU4QiVFNyU4QSVCNiVFNiU4NSU4QiVFMyU4MCU4MiUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlM0N0ciUzRSUzQ3RkJTNFJUU2JUI1JTgxJUU4JUExJThDJUU1JUJFJThDJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFMyU4MyU5MSVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU4NyVFMyU4MyU5RiVFMyU4MyU4MyVFMyU4MiVBRiVFMyU4MiU5MiVFOCVCNSVCNyVFMyU4MSU5MyVFMyU4MSU5NyVFMyU4MSU5RiVFMyU4MiVBNiVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyVBQiVFMyU4MiVCOSVFMyU4MSU4QyVFOSU4MCU5QSVFNSVCOCVCOCVFMyU4MSVBRSVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU5NSVFMyU4MyVBQiVFMyU4MiVBOCVFMyU4MyVCMyVFMyU4MiVCNiVFMyU4MiVBNiVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyVBQiVFMyU4MiVCOSVFMyU4MSVBOCVFNSU5MCU4QyVFNyVBRCU4OSVFMyU4MSVBRSVFNyU4QSVCNiVFNiVCMyU4MSVFMyU4MSVBOCVFMyU4MSVBQSVFMyU4MSVBMyVFMyU4MSU5RiVFNyU4QSVCNiVFNiU4NSU4QiVFMyU4MCU4MiVFMyU4MSU5NyVFMyU4MSU4QiVFMyU4MSU5NyVFMyU4MyU5MSVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU4NyVFMyU4MyU5RiVFMyU4MyU4MyVFMyU4MiVBRiVFMyU4MSVBQiVFNSVBRiVCRSVFMyU4MSU5OSVFMyU4MiU4QiVFOCVBRCVBNiVFNiU4OCU5MiVFMyU4MSVBOCVFNSU4MiU5OSVFMyU4MSU4OCVFMyU4MSVBRiVFNyVCNiVBRCVFNiU4QyU4MSVFMyU4MSU5OSVFMyU4MiU4QiVFNSVCRiU4NSVFOCVBNiU4MSVFMyU4MSU4QyVFMyU4MSU4MiVFMyU4MiU4QiVFMyU4MCU4MiUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlM0MlMkZ0Ym9keSUzRSUzQyUyRnRhYmxlJTNFJTBBJTNDcCUyMHN0eWxlJTNEJTIyZm9udC1zaXplJTNBMTJweCUzQmNvbG9yJTNBMTBweCUzQiUyMiUzRSVFRiVCQyU4OCVFMiU4MCVCQkg1TjElRTQlQkElOUMlRTUlOUUlOEIlRTMlODElQUElRTMlODElQTklRTMlODElQUUlRTglODclQjQlRTYlQUQlQkIlRTYlODAlQTclRTMlODElOEMlRTklQUIlOTglRTMlODElOEYlRTMlODMlOTElRTMlODMlQjMlRTMlODMlODclRTMlODMlOUYlRTMlODMlODMlRTMlODIlQUYlRTMlODIlOTIlRTglQjUlQjclRTMlODElOTMlRTMlODElOTklRTMlODElQTglRTMlODElOTUlRTMlODIlOEMlRTMlODElQTYlRTMlODElODQlRTMlODIlOEIlRTMlODIlQTQlRTMlODMlQjMlRTMlODMlOTUlRTMlODMlQUIlRTMlODIlQTglRTMlODMlQjMlRTMlODIlQjYlRTMlODIlOTIlRTQlQkUlOEIlRTMlODElQUIlRTMlODAlODElRTMlODMlOTElRTMlODMlQjMlRTMlODMlODclRTMlODMlOUYlRTMlODMlODMlRTMlODIlQUYlRTMlODElQUUlRTclOTklQkElRTclOTQlOUYlRTMlODElOEIlRTMlODIlODklRTYlQjYlODglRTklODAlODAlRTMlODElQkUlRTMlODElQTclRTMlODElQUUlRTQlQkElODglRTYlODMlQjMlRTMlODElOTUlRTMlODIlOEMlRTMlODIlOEIlRTclQjUlOEMlRTklODElOEUlRTMlODIlOTIlRTglQTElQTglRTMlODElQTclRTclQTQlQkElRTMlODElOTclRTMlODElOUYlRTMlODIlODIlRTMlODElQUUlRUYlQkMlODklM0MlMkZwJTNFこれに当てはめると、2020/01/26時点での状況は「大規模の流行」の初期段階に入ったかどうか、というものに該当しそうです。 この段階を超えると、いよいよ「世界的な大規模流行」の段階で、パンデミックと言える状態に入る可能性があります。■予防のポイント ・外出時はマスクを着用し、一度使用したマスクは再利用せず廃棄する ・外出からの帰宅後は、手洗い・うがいを徹底する ・流水および石鹸や薬用ハンドソープを使った手洗いを頻繁におこなう ・特に外出後や咳やくしゃみをした後、口・目・鼻などに触る前には手洗いを徹底する ・咳やくしゃみをする場合は、口や鼻をティッシュなどで覆う ■症状が出た場合 ・新型コロナウイルスに感染した疑いがある状況で咳・発熱・痰・頭痛・倦怠感など風邪に似た症状がある場合は、マスクを着用し速やかに医療機関へ ・武漢市への渡航や滞在歴がある場合で風邪に似た症状がある場合は、事前に医療機関へ連絡し武漢市の滞在歴があることを伝えた上で、マスクを着用し速やかに医療機関へ いずれにせよ、必要以上に不安になったりパニックをおこす必要はありません。 まずは手洗い・うがいの徹底と外出時はマスクを着用し、可能であれば人混みを避け、多くの人々が集中する場所へ滞在する場合は短時間で済ませてください。 またネット上の情報、特にSNSで個人によって拡散される情報には「誤解やデマ」が混入する場合が多々あります。拡散されている情報は鵜呑みにせず、まずは国内外の政府や保健機関が発表している「一次情報」に当たりましょう。JTNDaDIlMjBjbGFzcyUzRCUyMndwYl9oZWFkaW5nJTIwd3BiX3NpbmdsZWltYWdlX2hlYWRpbmclMjIlM0UlRTMlODElODQlRTMlODElQkUlRTUlODIlOTklRTMlODElODglRTMlODElQTYlRTMlODElOEElRTMlODElOEYlRTMlODElQjklRTMlODElOEQlRTMlODIlQTYlRTMlODIlQTQlRTMlODMlQUIlRTMlODIlQjklRTUlQUYlQkUlRTclQUQlOTYlRTMlODIlQjAlRTMlODMlODMlRTMlODIlQkElRTMlODIlOTJhbWF6b24lRTMlODElQTclRTglQTYlOEIlRTMlODIlOEIlRUYlQkMlODElM0MlMkZoMiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlJwSWhVeSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZtLm1lZGlhLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNTF6NG5XJTJCa1BqTC5fQUNfVUwzMjBfTUwzXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlJwSWhVeSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUUzJTgzJTlFJUUzJTgyJUI5JUUzJTgyJUFGJUU1JTkwJTg0JUU3JUE4JUFFJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTYlOTYlQjAlRTUlOUUlOEIlRTMlODIlQjMlRTMlODMlQUQlRTMlODMlOEElRTMlODIlQTYlRTMlODIlQTQlRTMlODMlQUIlRTMlODIlQjklRTMlODElQTAlRTMlODElOTElRTMlODElQTclRTMlODElQUElRTMlODElOEYlRTMlODAlODElRTMlODIlQTQlRTMlODMlQjMlRTMlODMlOTUlRTMlODMlQUIlRTMlODIlQTglRTMlODMlQjMlRTMlODIlQjYlRTMlODIlODQlRTYlOTclQTklRTMlODIlODElRTMlODElQUUlRTglOEElQjElRTclQjIlODklRTclOTclODclRTUlQUYlQkUlRTclQUQlOTYlRTMlODElQUIlRTMlODIlODIlRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJvb2tsaW5rLWZvb3RlciUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUwQSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMzBUbkFuYSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZtLm1lZGlhLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNjFiek9VTUNlWEwuX0FDX1VMMzIwX01MM18uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjMwVG5BbmElMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFNiVCNiU4OCVFNiVBRiU5MiVFOCU5NiVBQyVFMyU4MiVBRiVFMyU4MyVBQyVFMyU4MyU5OSVFMyU4MyVBQSVFMyU4MyVCMyUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMjAlMjAlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU3JUE5JUJBJUU5JTk2JTkzJUU5JTk5JUE0JUU4JThGJThDJUUzJTgyJTkyJUU1JTkwJUFCJUUzJTgyJTgxJUUzJTgwJTgxJUUzJTgyJUE2JUUzJTgyJUE0JUUzJTgzJUFCJUUzJTgyJUI5JUUzJTgzJUJCJUU4JThGJThDJUUzJTgyJTkyJUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJUE4JUUzJTgyJTgxJUUzJTgxJUE2JUU5JTk5JUE0JUU4JThGJThDJUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJib29rbGluay1mb290ZXIlMjIlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMEElMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjNhSUJDTjAlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGbS5tZWRpYS1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjYxa3dJMjN1S1FMLl9BQ19VTDMyMF9NTDNfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYzYUlCQ04wJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTklOTklQTQlRTglOEYlOEMlRTMlODIlQTIlRTMlODMlQUIlRTMlODIlQjMlRTMlODMlQkMlRTMlODMlQUIlRTglQTMlQkQlRTUlOTMlODElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTIwJTIwJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyU5NyVFMyU4MyVBQyVFMyU4MyVCQyVFMyU4MCU4MSVFMyU4MiVCRiVFMyU4MiVBQSVFMyU4MyVBQiVFMyU4MCU4MSVFNiVBNyU5OCVFMyU4MCU4NSVFMyU4MSVBQSVFMyU4MiVCRiVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyU5NyVFMyU4MSVBRSVFOSU5OSVBNCVFOCU4RiU4QyVFMyU4MiVBMiVFMyU4MyVBQiVFMyU4MiVCMyVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyVBQiVFMyU4MSVBRiVFNSVCOCVCOCVFNSU4MiU5OSVFMyU4MSU5NyVFMyU4MSVBNiVFMyU4MSU4QSVFMyU4MSU4RCVFMyU4MSVCRSVFMyU4MSU5NyVFMyU4MiU4NyVFMyU4MSU4NiVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYm9va2xpbmstZm9vdGVyJTIyJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNF

【2分で読む】大分県中津の耶馬溪町で山崩れ

2018年4月11日の午前3時40分ごろ、大分県中津市耶馬渓町金吉で集落の裏山が幅約100メートルにわたって崩落し、数軒の住宅が土砂に埋まりました。 大分県によると午前5時40分には災害警戒本部を設置、また災害派遣要請を受けた陸上自衛隊員も出動しているとのことです。 直近でまとまった量の雨の観測は無いと言うことで直接的な原因はまだ判明していませんが、周辺ではこれまで杉の植林などが行われてきたものの、過疎化・少子高齢化により森林の維持・管理が危惧される状況だそうで、山の手入れが行き届かないことも原因の1つかもしれません。 参考情報:『豊かな水を流域住民で守る!~第 19 回「耶馬の森林」植樹の集い~』より また歴史的に見た場合、大分県西部の九重山北方には猪牟田カルデラ(ししむたカルデラ)という埋没カルデラがあり、100万年前にここから大規模な火砕流が発生しました。 このときの堆積物は九州中部に広く分布し、火砕流台地となっています。この火砕流は耶馬溪火砕流(やばけいかさいりゅう)と呼ばれていますが、耶馬渓はこの台地が浸食されて形成されたものです。 この堆積物は侵食されやすいため、これまで長年の雨や植林したものの管理が行き届かなくなったために脆くなった山の表層、近年の地震等の地下変動による刺激などが複合的に重なって今回の山崩れに繋がった可能性も考えられるでしょうか。 山崩れの現場では現場の山の上部に新たな亀裂が確認されたそうで今後、状況によっては再度崩落が発生する可能性もあるということです。まだ原因が特定できないためか本格的な重機作業はできていないようですが、72時間の人命リミット内になんとか被災者の救出を祈るばかりです。 JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYySHN5cXFwJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNTFhSEdGQ2d4eUwuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkhzeXFxcCUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUUzJTgxJTg0JUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJUFFJUUzJTgxJTg2JUUzJTgxJUExJUUzJTgxJUFCJUU1JTgyJTk5JUUzJTgxJTg4JUUzJTgxJUE2JUUzJTgxJThBJUUzJTgxJThEJUUzJTgxJTlGJUUzJTgxJTg0JUU5JTk4JUIyJUU3JTgxJUJEJUUzJTgyJUIwJUUzJTgzJTgzJUUzJTgyJUJBJUU1JTkwJTg0JUU3JUE4JUFFJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTklOTglQjIlRTclODElQkQlRTclOTQlQTglRTUlOTMlODElRTMlODIlOTJhbWF6b24lRTMlODElQTclRTMlODMlODElRTMlODIlQTclRTMlODMlODMlRTMlODIlQUYlRUYlQkMlODElRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJvb2tsaW5rLWZvb3RlciUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQQ==

SNSから漏れる「あなたの留守情報」。自宅の防犯対策やってますか?

初夏のゴールデンウィークや夏休み、秋のシルバーウィークに年末から年始にかけての正月休み。 そうしたまとまった休暇を利用して旅行にでかけたり実家に帰省したりと、様々な余暇活動を楽しむ方々は多いと思いますが、そうした休暇の時期に増えるのが「空き巣」と呼ばれる侵入窃盗犯による物盗り被害。 出かける際に玄関の鍵は閉めているけど、意外と部屋の窓の鍵が開いていたりしませんか? そして多くの方々に心当たりがあると思われるのが「旅行の予定や旅行中の写真、観光スポットへのチェックインなどをfacebookやinstagram、twitterなどのSNSに投稿する」こと。 その投稿のプライバシー設定は大丈夫ですか?友達以外の不特定多数からも見られる状態になっていませんか? SNSでの友達も、一度も対面で会ったことがなかったり、実際にはよく知らない人だったりしませんか?   【ニュース記事より】 ちょっと待って!その写真SNSに上げちゃダメ! https://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/20180426-OYT8T50014/ インスタ投稿、空き巣の標的に 窃盗チームもSNSで https://www.asahi.com/articles/ASLBM51NDLBMOIPE01T.html SNS投稿時、もっとも注意すべき点は 「旅行などで自宅を長時間・長期間、留守にしていることが判る情報をリアルタイムに投稿しない」 というものです。 個人的な旅行などの写真や思い出話をSNSに投稿する際は、できるかぎり帰宅後の投稿とするか、どうしてもリアルタイムに投稿したい場合は信頼のおける友人知人のみの範囲にしましょう。 『いや、住所とか公開してないから大丈夫でしょ?』 と、思うかもしれませんが、SNSに投稿された文章と写真に写り込んだ風景や物を突き合わせて、写真が撮影された場所を特定されてしまうことは、犯罪だけでなくネット上の炎上案件などでも頻繁に発生しています。facebookのように投稿ごとに公開範囲を設定できる場合は、プライベートな内容は信頼できる友人のみか、さらに絞り込んでオフラインで会ったことの無い人は除外すると良いでしょう。twitterやinstagramの場合は「非公開アカウント」でない限り、不特定多数の第三者からでも内容を見ることができます。投稿がフォロワーである友人知人のみ見られると思いこんでいたら、期せずして全世界に公開されていたという悲しい出来事が後を絶ちません。 instagramは投稿内容を後から修正できますが、twitterは投稿内容を後から修正することはできません。使っているSNSの性質を理解して、投稿時に十分注意する必要があります。 もし個人が特定できる内容を投稿してしまった場合は、思い切って削除する気持ちを。twitterやinstagramで、すでにプライベートな情報をたくさん投稿済みだけれど、修正できなかったり削除するのはすぐに決断できない・・・でも知らない人からは見られないようにしたい。 という場合は、応急処置としてアカウントをフォロワー以外には非公開にすることができます。これで非公開のアカウントになり、フォロワー以外からは見ることができなくなります。 旅行などにでかけている間だけ、こうした応急処置をとるのも選択肢の1つです。 (ただし抜本的な解決にはなっていないことをお忘れなく)警視庁の資料によれば、侵入窃盗犯の侵入手段として多いものトップ1位と2位は、 1位:無締り(施錠されていない場所からの侵入) 2位:ガラス破り となっています。やはり施錠は一番手軽ですが、基本中の基本。 空き巣などの窃盗犯が嫌がるのは、侵入に際して「手間や時間が掛かる」ことと、声をかけられる・人の目・人のいる雰囲気です。 特に、人から声をかけられることで犯行をあきらめるケースが非常に多く、ご近所づきあいの活発な環境は侵入犯罪に対する防犯力が高まります。 個人・家庭でできることとして、在宅時や自宅を留守にする場合に関わらず、外部から簡単に侵入しにくいようにしておきましょう。 【基本対策】 ・在宅や留守を問わず、出入り口や使っていない部屋の窓はすべて施錠する(特に風呂場やトイレ) ・補助錠があるドアや窓は、かならず補助錠も有効にする ・玄関の合鍵を玄関周辺に隠さない(空き巣からはバレバレ) ・郵便ポストには鍵をつけ、郵便物を取り出すとき以外は施錠する ・旅行などで留守にする場合は部屋の電気はつけておく(レースのカーテンは完全に閉め、厚手のカーテンは数センチ開けて光が見えるようにする)   また、応用編としていくつかの防犯機器を利用するという手もあります。   【応用対策】 ・窓にはガラスを破りにくくする防犯フィルムを貼る(特に鍵周辺) ・人などの動きに反応して点灯するセンサーライトを取り付ける ・ガラス窓には振動検知アラーム(防犯ブザー)を取り付ける ・録画機能のある防犯カメラを設置する ・ガラス窓を二重にし、面格子を取り付ける 編集部スタッフは、自宅の周囲にセンサーライトを設置し、窓ガラスの鍵周辺には振動検知アラームを取り付けています。 センサーライトは夜間に人が近づいたりすると自動的に点灯し、振動検知アラームはガラスを破ろうとすると大きな音を発します。こちらは振動(衝撃)検知アラーム。扱いが簡単で誤作動が無いものをという点で選定しました。 ガラス窓に両面テープで貼り付けるタイプで、貼付け面に「WARNING 防犯装置作動中」という記載があり、外からはこれが見えます。 このモデルは誤作動がほとんど無く、窓の通常にお開閉や窓を手で叩いたりしても反応しないのですが、金属などで窓を軽く叩くと反応して、けたたましい大音量で警報が鳴り出します。 編集部スタッフは自宅の全窓に取り付けました。JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyVnJ6REllJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRm0ubWVkaWEtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY4MVlaVmVqMWlZTC5fQUNfVUwzMjBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyVnJ6REllJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0VFTFBBJTNBJUU4JTk2JTg0JUU1JTlFJThCJUUzJTgyJUI5JUUzJTgzJUFBJUUzJTgzJUEwJUUzJTgyJUEyJUUzJTgzJUE5JUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJUEwJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTclQjclQTglRTklOUIlODYlRTklODMlQTglRTMlODIlQjklRTMlODIlQkYlRTMlODMlODMlRTMlODMlOTUlRTMlODIlODIlRTUlQUUlOUYlRTklOUElOUIlRTMlODElQUIlRTUlQTQlQTclRTklODclOEYlRTglQjMlQkMlRTUlODUlQTUlRTMlODAlODIlRTclQUElOTMlRTMlODIlQUMlRTMlODMlQTklRTMlODIlQjklRTclQTAlQjQlRTMlODIlOEElRTMlODIlOTIlRTYlQTQlOUMlRTclOUYlQTUlRTMlODElOTclRTMlODElQTYlRTUlQTQlQTclRTklOUYlQjMlRTklODclOEYlRTglQUQlQTYlRTUlQTAlQjElRTMlODAlODIlRTglQUElQTQlRTUlOEIlOTUlRTQlQkQlOUMlRTMlODElOEMlRTUlQjAlOTElRTMlODElQUElRTMlODElODQlRTMlODElQUUlRTMlODElOEMlRTclODklQjklRTUlQkUlQjQlRUYlQkMlODglRTQlQkIlOEElRTMlODElQUUlRTMlODElQTglRTMlODElOTMlRTMlODIlOEQlRTglQUElQTQlRTUlOEIlOTUlRTQlQkQlOUMlRTclODQlQTElRTMlODElOTclRUYlQkMlODklRTMlODAlODIlRTglQTElOUQlRTYlOTIlODMlRTYlQTQlOUMlRTclOUYlQTUlRTMlODMlQkIlRTklOTYlOEIlRTYlOTQlQkUlRTYlQTQlOUMlRTclOUYlQTUlRTMlODMlQkIlRTglQTElOUQlRTYlOTIlODMlMkIlRTklOTYlOEIlRTYlOTQlQkUlRTYlQTQlOUMlRTclOUYlQTUlRTMlODElQUUlRUYlQkMlOTMlRTMlODMlOTElRTMlODIlQkYlRTMlODMlQkMlRTMlODMlQjMlRTMlODElOEIlRTMlODIlODklRTklODElQjglRTMlODElQjklRTMlODElQkUlRTMlODElOTklRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0U=こちらはソーラー発電と防水性能を持つセンサーライト。 明るいうちは点灯しませんが、夕暮れ以降など周囲が暗くなるとセンサーが動くものに反応して点灯します。 バッテリーも内蔵しているため、昼間にソーラー発電パネルに太陽光が当たる位置に設置できれば、長期に渡ってバッテリー切れを心配する必要が無いのがメリット(定期的にチェックは必要です)。 夜間、建物の死角になる部分に設置しています。JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyUHVnYVJ3JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRm0ubWVkaWEtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY3MVJva0NRREItTC5fQUNfVUwzMjBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyUHVnYVJ3JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTQlQkElQkElRTYlODQlOUYlRTMlODIlQkIlRTMlODMlQjMlRTMlODIlQjUlRTMlODMlQkMlRTMlODMlQTklRTMlODIlQTQlRTMlODMlODglRUYlQkMlODglRTMlODIlQkQlRTMlODMlQkMlRTMlODMlQTklRTMlODMlQkMlRTclOTklQkElRTklOUIlQkIlRTMlODMlOTElRTMlODMlOEQlRTMlODMlQUIlRTQlQkIlOTglRTMlODElOEQlRUYlQkMlODklM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFNyVCNyVBOCVFOSU5QiU4NiVFOSU4MyVBOCVFMyU4MiVCOSVFMyU4MiVCRiVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU5NSVFMyU4MiU4MiVFNSU4OCVBOSVFNyU5NCVBOCVFNCVCOCVBRCVFMyU4MCU4MiVFNSVBNCU5QyVFOSU5NiU5MyVFMyU4MSVBQiVFNCVCQSVCQSVFMyU4MSVBRSVFNSU4QiU5NSVFMyU4MSU4RCVFMyU4MiU5MiVFNiVBNCU5QyVFNyU5RiVBNSVFMyU4MSU5NyVFMyU4MSVBNiVFOCU4NyVBQSVFNSU4QiU5NSVFNyU4MiVCOSVFNyU4MSVBRiVFMyU4MCU4MiVFNyU4RSU4NCVFOSU5NiVBMiVFNSU4NSU4OCVFMyU4MiU4NCVFMyU4MyU5OSVFMyU4MyVBOSVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU4MCVFMyU4MCU4MSVFNSVBNCU5QyVFOSU5NiU5MyVFMyU4MSVBQiVFNCVCRSVCNSVFNSU4NSVBNSVFNyU4QSVBRiVFMyU4MSU4QyVFNiVCRCU5QyVFMyU4MiU4MSVFMyU4MSU5RCVFMyU4MSU4NiVFMyU4MSVBQSVFNSVBMCVCNCVFNiU4OSU4MCVFMyU4MSVBQiVFOCVBOCVBRCVFNyVCRCVBRSVFMyU4MSU5OSVFMyU4MiU4QiVFMyU4MSVBOCVFNSU4QSVCOSVFNiU5RSU5QyVFNyU5QSU4NCVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSU5OSVFMyU4MCU4MiVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRQ==自宅の自主防犯対策は、簡単なようですが「とにもかくにも、まずは施錠」が基本です。 「すぐそこにゴミを出しに行くから」「歩いて3分のコンビニに買い物に行くだけだから」などの理由で意外と玄関ドアに鍵をかけずに出てしまったり、マンションの高層階だからまさか窓やベランダからは誰も入ってこないだろうと窓を開けたまま就寝したりといったことで侵入される事例が実際にあります。 特に都市部ではご近所づきあいが希薄であったりするため、マンションの隣の部屋に誰が住んでいるのか把握していない、挨拶もしたことがないということも珍しくありません。 そこで、可能であればご近所さんと顔を合わせた際には「おはようございます」「こんにちは」などの挨拶を。普段みかけない人が自宅前などを行ったり来たりしていた場合も、挨拶の形をとって声をかけましょう。 そうした基本対策をおこなった上であれば、センサーライトや振動検知アラーム、防犯カメラなども有効です。 侵入窃盗犯は基本的に「隠密行動」。自分の動きが周囲に知られることを嫌がりますし、侵入の際に想定以上の手間や時間がかかることも嫌います。 そのあたりを突く対策をおこなった上で、休日の外出や長期休暇を楽しみましょう。 「備えあれば憂いなし」です。JTNDaDIlMjBjbGFzcyUzRCUyMndwYl9oZWFkaW5nJTIwd3BiX3NpbmdsZWltYWdlX2hlYWRpbmclMjIlM0UlRTclQjclQTglRTklOUIlODYlRTklODMlQTglRTMlODIlQjklRTMlODIlQkYlRTMlODMlODMlRTMlODMlOTUlRTMlODIlODIlRTQlQkQlQkYlRTMlODElQTMlRTMlODElQTYlRTMlODElODQlRTMlODIlOEIlRTMlODIlODIlRTMlODElQUUlRTMlODIlOTIlRTUlOTAlQUIlRTMlODIlODElRTMlODAlODElRTMlODIlQUElRTMlODIlQjklRTMlODIlQjklRTMlODMlQTElRTMlODElQUUlRTklOTglQjIlRTclOEElQUYlRTMlODIlQjAlRTMlODMlODMlRTMlODIlQkElRTMlODIlOTJhbWF6b24lRTMlODElQTclRTglQTYlOEIlRTMlODIlOEIlRUYlQkMlODElM0MlMkZoMiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkw2RzlRRyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZtLm1lZGlhLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNjFUZHdFUmN6dUwuX0FDX1VMMzIwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkw2RzlRRyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUU5JTk4JUIyJUU3JThBJUFGJUU3JTk0JUE4JUUzJTgzJUJCJUUzJTgyJUFDJUUzJTgzJUE5JUUzJTgyJUI5JUU3JUEwJUI0JUUzJTgyJThBJUU5JTk4JUIyJUU2JUFEJUEyJUUzJTgzJTk1JUUzJTgyJUEzJUUzJTgzJUFCJUUzJTgzJUEwJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTclQUElOTMlRTMlODIlQUMlRTMlODMlQTklRTMlODIlQjklRTMlODElQUIlRTglQjIlQkMlRTMlODIlOEIlRTMlODElQTglRTclQTAlQjQlRTMlODIlOEElRTMlODElQUIlRTMlODElOEYlRTMlODElOEYlRTMlODElQUElRTMlODIlOEIlRTUlQkUlOEMlRTQlQkIlOTglRTMlODElOTElRTMlODMlOTUlRTMlODIlQTMlRTMlODMlQUIlRTMlODMlQTAlRTMlODAlODIlRTclQUElOTMlRTUlODUlQTglRTQlQkQlOTMlRTMlODIlOTIlRTglQTYlODYlRTMlODElODYlRTMlODElQUUlRTMlODElOEMlRTclOTAlODYlRTYlODMlQjMlRTMlODElQTclRTMlODElOTklRTMlODElOEMlRTMlODAlODElRTUlQjAlOEYlRTMlODElOTUlRTMlODIlODElRTMlODElQUUlRTUlQTAlQjQlRTUlOTAlODglRTMlODElQUYlRTklOEQlQjUlRTUlOTElQTglRTglQkUlQkElRTMlODElQUIlRTMlODAlODIlRTclQTklQkElRTMlODElOEQlRTUlQjclQTMlRTMlODElQUYlRTklOEQlQjUlRTQlQkIlOTglRTglQkYlOTElRTMlODElQUUlRTMlODIlQUMlRTMlODMlQTklRTMlODIlQjklRTMlODIlOTIlRTclQTAlQjQlRTMlODElQTMlRTMlODElQTYlRTYlODklOEIlRTMlODIlOTIlRTUlODUlQTUlRTMlODIlOEMlRTMlODAlODElRTglQTclQTMlRTklOEMlQTAlRTMlODElOTclRTMlODElQkUlRTMlODElOTklRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJWcnpESWUlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGbS5tZWRpYS1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjgxWVpWZWoxaVlMLl9BQ19VTDMyMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJWcnpESWUlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRUVMUEElM0ElRTglOTYlODQlRTUlOUUlOEIlRTMlODIlQjklRTMlODMlQUElRTMlODMlQTAlRTMlODIlQTIlRTMlODMlQTklRTMlODMlQkMlRTMlODMlQTAlM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFNyVCNyVBOCVFOSU5QiU4NiVFOSU4MyVBOCVFMyU4MiVCOSVFMyU4MiVCRiVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU5NSVFMyU4MiU4MiVFNSVBRSU5RiVFOSU5QSU5QiVFMyU4MSVBQiVFNSVBNCVBNyVFOSU4NyU4RiVFOCVCMyVCQyVFNSU4NSVBNSVFMyU4MCU4MiVFNyVBQSU5MyVFMyU4MiVBQyVFMyU4MyVBOSVFMyU4MiVCOSVFNyVBMCVCNCVFMyU4MiU4QSVFMyU4MiU5MiVFNiVBNCU5QyVFNyU5RiVBNSVFMyU4MSU5NyVFMyU4MSVBNiVFNSVBNCVBNyVFOSU5RiVCMyVFOSU4NyU4RiVFOCVBRCVBNiVFNSVBMCVCMSVFMyU4MCU4MiVFOCVBQSVBNCVFNSU4QiU5NSVFNCVCRCU5QyVFMyU4MSU4QyVFNSVCMCU5MSVFMyU4MSVBQSVFMyU4MSU4NCVFMyU4MSVBRSVFMyU4MSU4QyVFNyU4OSVCOSVFNSVCRSVCNCVFRiVCQyU4OCVFNCVCQiU4QSVFMyU4MSVBRSVFMyU4MSVBOCVFMyU4MSU5MyVFMyU4MiU4RCVFOCVBQSVBNCVFNSU4QiU5NSVFNCVCRCU5QyVFNyU4NCVBMSVFMyU4MSU5NyVFRiVCQyU4OSVFMyU4MCU4MiVFOCVBMSU5RCVFNiU5MiU4MyVFNiVBNCU5QyVFNyU5RiVBNSVFMyU4MyVCQiVFOSU5NiU4QiVFNiU5NCVCRSVFNiVBNCU5QyVFNyU5RiVBNSVFMyU4MyVCQiVFOCVBMSU5RCVFNiU5MiU4MyUyQiVFOSU5NiU4QiVFNiU5NCVCRSVFNiVBNCU5QyVFNyU5RiVBNSVFMyU4MSVBRSVFRiVCQyU5MyVFMyU4MyU5MSVFMyU4MiVCRiVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyVCMyVFMyU4MSU4QiVFMyU4MiU4OSVFOSU4MSVCOCVFMyU4MSVCOSVFMyU4MSVCRSVFMyU4MSU5OSVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlB1Z2FSdyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZtLm1lZGlhLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNzFSb2tDUURCLUwuX0FDX1VMMzIwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlB1Z2FSdyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUU0JUJBJUJBJUU2JTg0JTlGJUUzJTgyJUJCJUUzJTgzJUIzJUUzJTgyJUI1JUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJUE5JUUzJTgyJUE0JUUzJTgzJTg4JUVGJUJDJTg4JUUzJTgyJUJEJUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJUE5JUUzJTgzJUJDJUU3JTk5JUJBJUU5JTlCJUJCJUUzJTgzJTkxJUUzJTgzJThEJUUzJTgzJUFCJUU0JUJCJTk4JUUzJTgxJThEJUVGJUJDJTg5JTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTclQjclQTglRTklOUIlODYlRTklODMlQTglRTMlODIlQjklRTMlODIlQkYlRTMlODMlODMlRTMlODMlOTUlRTMlODIlODIlRTUlODglQTklRTclOTQlQTglRTQlQjglQUQlRTMlODAlODIlRTUlQTQlOUMlRTklOTYlOTMlRTMlODElQUIlRTQlQkElQkElRTMlODElQUUlRTUlOEIlOTUlRTMlODElOEQlRTMlODIlOTIlRTYlQTQlOUMlRTclOUYlQTUlRTMlODElOTclRTMlODElQTYlRTglODclQUElRTUlOEIlOTUlRTclODIlQjklRTclODElQUYlRTMlODAlODIlRTclOEUlODQlRTklOTYlQTIlRTUlODUlODglRTMlODIlODQlRTMlODMlOTklRTMlODMlQTklRTMlODMlQjMlRTMlODMlODAlRTMlODAlODElRTUlQTQlOUMlRTklOTYlOTMlRTMlODElQUIlRTQlQkUlQjUlRTUlODUlQTUlRTclOEElQUYlRTMlODElOEMlRTYlQkQlOUMlRTMlODIlODElRTMlODElOUQlRTMlODElODYlRTMlODElQUElRTUlQTAlQjQlRTYlODklODAlRTMlODElQUIlRTglQTglQUQlRTclQkQlQUUlRTMlODElOTklRTMlODIlOEIlRTMlODElQTglRTUlOEElQjklRTYlOUUlOUMlRTclOUElODQlRTMlODElQTclRTMlODElOTklRTMlODAlODIlRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJWeUpaV3UlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGbS5tZWRpYS1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjcxYWFKUW5BTGRMLl9BQ19VTDMyMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJWeUpaV3UlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFOSU5OCVCMiVFNyU4QSVBRiVFMyU4MiVBQiVFMyU4MyVBMSVFMyU4MyVBOSVFNSU5MCU4NCVFNyVBOCVBRSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU4JUJGJTkxJUU1JUI5JUI0JUU1JTg1JUE1JUU2JTg5JThCJUUzJTgxJTk3JUUzJTgyJTg0JUUzJTgxJTk5JUUzJTgxJThGJUUzJTgxJUFBJUUzJTgxJUEzJUUzJTgxJTlGJUU5JTk4JUIyJUU3JThBJUFGJUUzJTgyJUFCJUUzJTgzJUExJUUzJTgzJUE5JUUzJTgwJTgyJUU0JUI4JTg3JUUzJTgxJThDJUU0JUI4JTgwJUU0JUJFJUI1JUU1JTg1JUE1JUUzJTgxJTk1JUUzJTgyJThDJUUzJTgxJTlGJUU1JUEwJUI0JUU1JTkwJTg4JUUzJTgxJUFFJUU4JUE4JUJDJUU2JThCJUEwJUU2JTk4JUEwJUU1JTgzJThGJUUzJTgyJTkyJUU3JTk0JUE4JUU2JTg0JThGJUUzJTgxJUE3JUUzJTgxJThEJUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJTk5JUUzJTgwJTgyJUUzJTgzJTgwJUUzJTgzJTlGJUUzJTgzJUJDJUUzJTgyJUFCJUUzJTgzJUExJUUzJTgzJUE5JUUzJTgyJTgyJUUzJTgxJTgyJUUzJTgyJThBJUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJTk5JUUzJTgxJThDJUUzJTgwJTgxJUUzJTgzJTgwJUUzJTgzJTlGJUUzJTgzJUJDJUUzJTgxJThCJUU2JTlDJUFDJUU3JTg5JUE5JUUzJTgxJThCJUUzJTgxJUFGJUU3JUE5JUJBJUUzJTgxJThEJUU1JUI3JUEzJUUzJTgxJThCJUUzJTgyJTg5JUUzJTgxJUFGJUUzJTgzJTkwJUUzJTgzJUFDJUUzJTgzJTkwJUUzJTgzJUFDJUUzJTgwJTgyJUU5JTk4JUIyJUU3JThBJUFGJUUzJTgyJUFCJUUzJTgzJUExJUUzJTgzJUE5JUUzJTgxJUE4JUUzJTgxJTk3JUUzJTgxJUE2JUU1JUFFJTlGJUU3JTk0JUE4JUU3JTlBJTg0JUUzJTgxJUFBJUUzJTgyJTgyJUUzJTgxJUFFJUUzJTgyJTkyJUU5JTgxJUI4JUUzJTgxJUIzJUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJTk3JUUzJTgyJTg3JUUzJTgxJTg2JUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTIxLS0lMjAuLi4uLi4uLi4uLiUyMC0tJTNFJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyRENBazc4JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRm0ubWVkaWEtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY2MWZ0RTdoenFLTC5fQUNfVUw0MzZfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyRENBazc4JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTclQUElOTMlRTMlODMlQUQlRTMlODMlODMlRTMlODIlQUYlRTUlOTAlODQlRTclQTglQUUlM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFMyU4MiVCNSVFMyU4MyU4MyVFMyU4MiVCNyVFNyVBQSU5MyVFNyU5NCVBOCVFMyU4MSVBRSVFOCVBMyU5QyVFNSU4QSVBOSVFOSU4QyVBMCVFMyU4MCU4MiVFMyU4MyU5OSVFMyU4MyVBOSVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU4MCVFNSU4MSVCNCVFMyU4MSVBRSVFNyVBQSU5MyVFMyU4MSVBQiVFNSU4RiU5NiVFMyU4MiU4QSVFNCVCQiU5OCVFMyU4MSU5MSVFMyU4MiU4QyVFMyU4MSVCMCVFNyVBOSVCQSVFMyU4MSU4RCVFNSVCNyVBMyVFMyU4MSU4QyVFMyU4MiVBQyVFMyU4MyVBOSVFMyU4MiVCOSVFMyU4MiU5MiVFNSU4OSVCMiVFMyU4MSVBMyVFMyU4MSVBNiVFMyU4MiU4MiVFMyU4MSU5NSVFMyU4MiU4OSVFMyU4MSVBQiVFNiU4OSU4QiVFOSU5NiU5MyVFMyU4MSU4QyVFNiU4RSU5QiVFMyU4MSU4QiVFMyU4MiU4QiVFMyU4MSU5RiVFMyU4MiU4MSVFMyU4MCU4MSVFNCVCRSVCNSVFNSU4NSVBNSVFMyU4MiU5MiVFOCVBQiVBNiVFMyU4MiU4MSVFMyU4MiU4QiVFNSU4RiVBRiVFOCU4MyVCRCVFNiU4MCVBNyVFMyU4MiU5MiVFNCVCOCU4QSVFMyU4MSU5MiVFMyU4MiU4QiVFMyU4MSU5MyVFMyU4MSVBOCVFMyU4MSU4QyVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSU4RCVFMyU4MSVCRSVFMyU4MSU5OSVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRQ==

本州・関東で地震が活発化か?もっとも重要かつ必要な備えはコレ!

2018年は台湾花蓮地震や沖縄近海で数日間の間に20回以上と連続した地震に始まり、新燃岳などを中心とした九州での複数火山の噴火や本州の本白根山噴火などの火山活動が目立っています。 地震に関しては豊後水道や山陰地方でも地震が発生し、島根県での地震では震度5強を観測した大田市内で建物被害が1000件以上報告される被害が発生していました。 そして5月に入り、本州でも気になる地震が起きています。 長野県北部で連続した地震(糸魚川 - 静岡構造線に極めて近く) 伊勢湾で発生した地震(南海トラフ巨大地震の想定震源域内、断層上) 山梨県東部で発生した地震(駿河トラフ・相模トラフ近く) 千葉県東方沖で発生した地震(中央構造線の東端、茨城県沖の地震空白部分に近く) 特に長野県北部に関しては「MEGA地震予測」で「北信越・岐阜」という範囲で2月に、千葉県東方沖に関しても「南関東」という範囲で4月に予測が出ていた部分です。 長野県北部で連続した地震は、日本を中心で分断する断層である「糸魚川・静岡構造線」に近接した部分で発生しています。 房総沖や茨城県沖には、東日本大震災後も地震が発生していない「地震の空白域」が存在すると言われ、ここではいつM8クラスの巨大地震が起きても不思議ではない部分とされています。 伊勢湾で発生した地震は、南海トラフ巨大地震の想定震源域内の北側に位置し、ちょうどこの部分には伊勢湾断層帯が存在します。 山梨県東部で発生した地震も駿河トラフと相模トラフの接続点に近い場所が震源となっており、ご存知のとおり、駿河トラフの西側は「南海トラフ」とつながっています。 基本的に、震度1程度の地震や体感しない地震は日本中で毎日のように発生していますが、短期間の間に本州側の巨大断層帯に近い場所で集中するかのように震度3〜5程度の地震が発生すると、警戒感を強めてしまいます。 最近は、規模大きめの地震の発生頻度が上がってきている感もありますので、個人レベルやご家庭においても「備災」の観点から十分な備えをしておきましょう。従来より使われてきた「防災」という言葉と考え方ですが、意味は文字通り災害を未然に防ぐために行われる取り組みです。被災から復旧までを含める場合もあります。 ただ大震災クラスの大規模自然災害となると、防ぐというよりは「発生とその後に備える・起きる被害を減らす」といった方向への考え方のシフトが必要でしょう。個人レベルで実践できるのは災害に備える「備災」であり、装備(備蓄)に関しては、食料よりも「水とトイレ」の確保が優先度高めです。 大震災直後はほぼ間違いなく断水することになるので水洗トイレが使用不能になりますが、地震で建物内の配管が破損・破壊されている可能性が考えられるため、上水道が復旧したとしても安易に水洗トイレを流すことは危険です。 基本は簡易トイレを利用し、排泄物はすべて「燃やすゴミ」として1〜2週間程度は自宅敷地内で保管することを認識しておきましょう。 この「簡易トイレを利用する」という点においては、意外と精神的なハードルが存在します。 具体的には「ウンチ」をゴミ袋にした後、それを水で流さずに自分の手でゴミ袋の空気を抜き、防臭袋に入れ、保管用容器へ入れるという行動になります。 これは平時に1度くらいは体験しておきましょう。 編集部でも、水道・トイレの無い場所へ簡易トイレを持ち込んだ「備災キャンプ」で、大も小もガチ体験してきましたので、そのレビュー記事も併せてご覧ください。 関連記事:『実践・野外でポータブルトイレを「大」を含めて実際に使う!』JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJyZXZpZXdfbGluayUyMiUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyJTJGYXJ0aWNsZSUyRjQ0OTMlMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlMjBjbGFzcyUzRCUyMnZjX3NpbmdsZV9pbWFnZS13cmFwcGVyJTIwdmNfYm94X2JvcmRlcl9ncmV5JTIyJTNFJTNDaW1nJTIwd2lkdGglM0QlMjIxMDAwJTIyJTIwaGVpZ2h0JTNEJTIyMTIwJTIyJTIwc3JjJTNEJTIyJTJGd3AtY29udGVudCUyRmltYWdlcyUyRmJhbm5lcnMlMkZiYW5uZXJfcG9ydGFibGVfdG9pbGV0LmpwZyUyMiUyMGFsdCUzRCUyMiVFNSVBRSU5RiVFOCVCNyVCNSVFMyU4MyVCQiVFOSU4NyU4RSVFNSVBNCU5NiVFMyU4MSVBNyVFMyU4MyU5RCVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiVCRiVFMyU4MyU5NiVFMyU4MyVBQiVFMyU4MyU4OCVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyVBQyVFMyU4MiU5MiVFMyU4MCU4QyVFNSVBNCVBNyVFMyU4MCU4RCVFMyU4MiU5MiVFNSU5MCVBQiVFMyU4MiU4MSVFMyU4MSVBNiVFNSVBRSU5RiVFOSU5QSU5QiVFMyU4MSVBQiVFNCVCRCVCRiVFMyU4MSU4NiVFRiVCQyU4MSUyMiUzRSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0U=また飲料水に関しては、およその目安として家族4人構成であれば1日に10L必要となります。 災害時の備え「備災」のための水の備蓄としては、1週間で70〜100Lになります。けっこうな量ですね。 2Lのペットボトル入のミネラルウォーターを想定しても、100Lともなれば50本も必要です。これは編集部スタッフが実際に備蓄している水の一部です。かさばるのは承知ですが、家族4人で2週間耐えられる想定で、合計で200Lは常に確保しています。 古くなったものから調理やキャンプなどで消費して、定期的に新しいものを追加するストック・ローテーションする形にしています。保管スペースが確保できるなら、備えあれば憂いなし。 JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYySXR3UXM4JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNTEzTGlKTXVES0wuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkl0d1FzOCUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUU1JTgyJTk5JUU4JTkzJTg0JUU1JTkzJTgxJUUzJTgxJUE4JUUzJTgxJTk3JUUzJTgxJUE2JUUzJTgxJUFGJUU1JUJGJTg1JUU5JUEwJTg4JUUzJTgxJUFFJUUzJTgzJTlGJUUzJTgzJThEJUUzJTgzJUE5JUUzJTgzJUFCJUUzJTgyJUE2JUUzJTgyJUE5JUUzJTgzJUJDJUUzJTgyJUJGJUUzJTgzJUJDJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTMlODMlOUMlRTMlODMlODMlRTMlODIlQUYlRTMlODIlQjklRTMlODElQTclRTMlODElQkUlRTMlODElQTglRTMlODIlODElRTglQjIlQjclRTMlODElODQlRTMlODElOTclRTMlODElQTYlRTMlODElOEElRTMlODElOEQlRTMlODElQkUlRTMlODElOTclRTMlODIlODclRTMlODElODYlRTMlODAlODIlRTUlQUUlQjYlRTYlOTclOEYlRUYlQkMlOTQlRTQlQkElQkElRTMlODElQTclRUYlQkMlOTElRTklODAlQjElRTklOTYlOTMlRTMlODElQUElRTMlODIlODklRTMlODAlODE3MCVFMyU4MCU5QzEwMEwlRTMlODElQTclRTMlODElOTklRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJvb2tsaW5rLWZvb3RlciUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRQ== 左側に見えるタンクや青い容器は、20Lサイズの水タンクと5Lサイズのウォーターバッグです。 断水時に給水車が来た時に対応しやすいグッズですが、特に水タンクがあれば別途、ポータブル・シャワーポンプを装着して汗を流したりすることも可能になるので、こちらもオススメです。編集部でも実際に、キャンプの際に簡易シャワーとして活用しています。JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyS3d3VGtkJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNDFqTExJUkMwV0wuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkt3d1RrZCUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUU1JUIwJUJFJUU0JUI4JThBJUU4JUEzJUJEJUU0JUJEJTlDJUU2JTg5JTgwJTIwJUUzJTgyJUE2JUUzJTgyJUE5JUUzJTgzJUJDJUUzJTgyJUJGJUUzJTgzJUJDJUUzJTgyJUJGJUUzJTgzJUIzJUUzJTgyJUFGJTIwJUUzJTgyJUIzJUUzJTgzJTgzJUUzJTgyJUFGJUU0JUJCJTk4JTIwJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTBhbWF6b24lRTMlODMlQUMlRTMlODMlOTMlRTMlODMlQTUlRTMlODMlQkMlRTMlODIlODIlRTklQUIlOTglRTglQTklOTUlRTQlQkUlQTElRTMlODAlODIlRTMlODMlQUElRTMlODMlQkMlRTMlODIlQkElRTMlODMlOEElRTMlODMlOTYlRTMlODMlQUIlRTMlODElQTclRTUlQTQlQTclRTUlQUUlQjklRTklODclOEYlRTMlODAlODIlRTMlODIlQUQlRTMlODMlQTMlRTMlODMlQjMlRTMlODMlOTclRTMlODElQTclRTMlODElQUUlRTclQjAlQTElRTYlOTglOTMlRTYlQjQlOTclRTMlODElODQlRTUlQTAlQjQlRTclOTQlQTglRTMlODIlODQlRTMlODAlODElRTclODElQkQlRTUlQUUlQjMlRTYlOTklODIlRTMlODElQUUlRTclQjUlQTYlRTYlQjAlQjQlRTglQkIlOEElRTUlQUYlQkUlRTUlQkYlOUMlRTMlODElQUElRTMlODElQTklRTMlODElQUIlRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJvb2tsaW5rLWZvb3RlciUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMndUNmxxTSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjUxRzl2am5wUW5MLl9BQ19VUzIwMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJ3VDZscU0lMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFNiU4QyU4MSVFMyU4MSVBMSVFOSU4MSU4QiVFMyU4MSVCMyVFMyU4MiU4NCVFMyU4MSU5OSVFMyU4MSU4NCVFMyU4MiVBNiVFMyU4MiVBOSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiVCRiVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU5MCVFMyU4MyU4MyVFMyU4MiVCMCUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMjAlMjAlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU2JTk1JUIwJUUzJTgzJUFBJUUzJTgzJTgzJUUzJTgzJTg4JUUzJTgzJUFCJUU3JUE4JThCJUU1JUJBJUE2JUUzJTgxJUFFJUU5JTg3JThGJUUzJTgyJTkyJUU2JThDJTgxJUUzJTgxJUExJUU5JTgxJThCJUUzJTgxJUIzJUUzJTgyJTg0JUUzJTgxJTk5JUUzJTgxJTg0JUUzJTgzJTkwJUUzJTgzJTgzJUUzJTgyJUIwJUUzJTgwJTgyJUUzJTgyJUFEJUUzJTgzJUEzJUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJTk3JUUzJTgxJUFCJUUzJTgyJTgyJUU0JUJFJUJGJUU1JTg4JUE5JUUzJTgxJUE3JUUzJTgxJTk5JUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJib29rbGluay1mb290ZXIlMjIlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJyaEdXUkglMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGaW1hZ2VzLWZlLnNzbC1pbWFnZXMtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY0MVozV0hFMlFSTC5fQUNfVVMyMDBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYycmhHV1JIJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTMlODIlQkYlRTMlODIlQUIlRTMlODIlQUUlMjAlRTMlODIlQTIlRTMlODIlQTYlRTMlODMlODglRTMlODMlODklRTMlODIlQTIlRTMlODMlOUQlRTMlODMlQjMlRTMlODMlOTclMjAlMjglRTklOUIlQkIlRTYlQkElOTAlRTQlQjglOEQlRTglQTYlODElMjklM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTIwJTIwJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MGFtYXpvbiVFMyU4MSVBNyVFMyU4MyU5OSVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyU4OCVFMyU4MiVCQiVFMyU4MyVBOSVFMyU4MyVCQyVFRiVCQyU5MSVFNCVCRCU4RCVFMyU4MCU4MiVFOSU5QiVCQiVFNiVCQSU5MCVFNCVCOCU4RCVFOCVBNiU4MSVFMyU4MSVBRSVFNiU4OSU4QiVFNSU4QiU5NSVFMyU4MyU5RCVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU5NyVFMyU4MSVBOCVFMyU4MiVCNyVFMyU4MyVBMyVFMyU4MyVBRiVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU5OCVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU4OSVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYm9va2xpbmstZm9vdGVyJTIyJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNF備蓄している水の量が十分でない状態で大震災が発生し、断水。店頭からも買える水が消えてしまった場合にどう対応すべきでしょうか。 例えば、アウトドアや災害時の使用を想定した携帯用の浄水器を用意しておけば最低限、雨水や魚の住む河川などの水を濾過して使う、といった手段も取れます。 amazonでベストセラーになっている「SAWYER MINI」は、登山愛好家の中でも携行していくという方も多い製品です。JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYySXhPQmxaJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNTFSbWk0c042M0wuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkl4T0JsWiUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFU0FXWUVSJUVGJUJDJTg4JUUzJTgyJUJEJUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJUE0JUUzJTgzJUJDJUVGJUJDJTg5JUUzJTgzJTlGJUUzJTgzJThCJTIwJUU2JTkwJUJBJUU1JUI4JUFGJUU3JTk0JUE4JUU2JUI1JTg0JUU2JUIwJUI0JUU1JTk5JUE4JTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAwLjElRTMlODMlOUYlRTMlODIlQUYlRTMlODMlQUQlRTMlODMlQjMlRTMlODElQUUlRTklQUIlOTglRTclQjIlQkUlRTUlQkElQTYlRTQlQjglQUQlRTclQTklQkElRTclQjMlQjglRTMlODMlOTUlRTMlODIlQTMlRTMlODMlQUIlRTMlODIlQkYlRTMlODMlQkMlRTMlODElQUIlRTMlODIlODglRTMlODIlOEIlRTMlODMlOTklRTMlODIlQjklRTMlODMlODglRTMlODIlQkIlRTMlODMlQTklRTMlODMlQkMlRTYlQjUlODQlRTYlQjAlQjQlRTUlOTklQTglRTMlODAlODIlRTYlOUMlODAlRTUlQTQlQTczODBMJUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJUE3JUU1JUFGJUJFJUU1JUJGJTlDJUUzJTgwJTgxJUUzJTgzJTk1JUUzJTgyJUEzJUUzJTgzJUFCJUUzJTgyJUJGJUUzJTgzJUJDJUU2JUI0JTk3JUU2JUI1JTg0JUU1JThGJUFGJUU4JTgzJUJEJUVGJUJDJTgxJUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJib29rbGluay1mb290ZXIlMjIlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0U=また、ソーヤーミニと人気を二分するのが「スーパーデリオス携帯浄水器」。 こちらはソーヤーミニに比べて最大濾過量が少ないものの、ソーヤーミニには無い消臭作用のある活性炭が搭載されています。 山の沢水ではない、平野部の河川の水などを活用せざるをえない場合などに、その威力が期待できますね。JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyR3RCSUkzJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNDF5NWg4Y1lrVUwuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkd0QklJMyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFU1VQRVIlMjBERUxJT1MlRUYlQkMlODglRTMlODIlQjklRTMlODMlQkMlRTMlODMlOTElRTMlODMlQkMlRTMlODMlODclRTMlODMlQUElRTMlODIlQUElRTMlODIlQjklMjklMjAlRTYlOTAlQkElRTUlQjglQUYlRTYlQjUlODQlRTYlQjAlQjQlRTUlOTklQTglM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTIwJTIwJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MDAuMSVFMyU4MyU5RiVFMyU4MiVBRiVFMyU4MyVBRCVFMyU4MyVCMyVFMyU4MSVBRSVFOSVBQiU5OCVFNyVCMiVCRSVFNSVCQSVBNiVFNCVCOCVBRCVFNyVBOSVCQSVFNyVCMyVCOCVFMyU4MyU5NSVFMyU4MiVBMyVFMyU4MyVBQiVFMyU4MiVCRiVFMyU4MyVCQyUyMCUyQiUyMCVFNiVCNCVCQiVFNiU4MCVBNyVFNyU4MiVBRCVFMyU4MCU4MiVFNiU5QyU4MCVFNSVBNCVBNzIwMEwlRTMlODElQkUlRTMlODElQTclRTUlQUYlQkUlRTUlQkYlOUMlRTMlODAlODElRTYlQjQlQkIlRTYlODAlQTclRTclODIlQUQlRTMlODElQUIlRTMlODIlODglRTMlODIlOEIlRTMlODMlOEIlRTMlODIlQUElRTMlODIlQTQlRTklOTklQTQlRTUlOEUlQkIlRTMlODIlODIlRTUlOEYlQUYlRTglODMlQkQlRUYlQkMlODElRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJvb2tsaW5rLWZvb3RlciUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRQ==こうしたアウトドア用途にも対応できる携帯用浄水器水では、水に溶け込んでいるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分や重金属やウイルスまでは完全除去できないまでも、山の沢水や魚が生息可能な河川の水であれば、飲用可能なレベルまで浄水することが可能です。 なお、実際に河川水を使用する際には、よほどの事がない限りは濾過した水はいったん沸騰させましょう。まとめとなりますが最後に、少々ショッキングなデータを載せておきます。画像出典:政府・地震調査研究推進本部による公開資料 現在、南海トラフ巨大地震の発生確率に関しては今後30年以内に70%と言われていますが、今後50年以内まで範囲を広げると、驚くべきことに「93%」まで跳ね上がります。 それだけでなく今後50年以内で考えた場合、北海道沖での地震に関しても85%〜91%と、極めて高い確率となっています。 これはオカルトでも妄想でも与太話でも何でも無く、日本政府の地震調査研究推進本部が発表している「全国地震動予測地図2017年版」の付録にある「海溝型地震の発生確率」です。 日本人の平均寿命を考えた場合、おそらく年齢的に30歳代以下の人たちが生きている間に、間違いなくこれらの巨大地震に遭遇する可能性が極めて高いということです。 お子さんのいらっしゃるご家庭であれば、なおさら不安になるかもしれませんが、だからこそ日頃からの備えと知識に基づいた「生き抜く知恵・生き延びるチカラ」としての「備災」を、個人レベルで実践していきましょう。 具体的には、やはり「キャンプ」がオススメです。 自治体や企業で形式的に行われるいわゆる「防災訓練」は、もちろんこれはこれで重要かつ必要なものですが、啓蒙的側面もあるため「やらなきゃならないからやる」といった意識に傾きがちです。 その点キャンプであれば、個人でも家族でも「楽しみながら」実践することができます。 備災を意識したキャンプであれば、清潔なトイレや電源サイトなどが整った「高規格キャンプ場」よりも、最低限の設備が提供されているキャンプ場を利用して、必要なものをすべて自分たちで用意する、といった形で臨むといいでしょう。 南海トラフ巨大地震や首都直下地震に関しては、過去に例のない規模の被害が予想されているため、避難所すら不足します。政府や自治体などの対応は今まで以上に後手に回ることでしょう。物理的に十分な備えを事前にしておくことは不可能な規模だからです。 とにかく重要なことはただ1つ、「次の大震災がいつ発生するかではなく、発生した時に(個人レベルで)備えがあるか」です。命さえ助かれば、あとは知恵と備えさえあれば何とかなります。 できうる範囲で、しっかりと備えておきましょう。JTNDaDIlMjBjbGFzcyUzRCUyMndwYl9oZWFkaW5nJTIwd3BiX3NpbmdsZWltYWdlX2hlYWRpbmclMjIlM0UlRTclODElQkQlRTUlQUUlQjMlRTYlOTklODIlRTMlODElQUIlRTMlODIlODIlRTMlODIlQUQlRTMlODMlQTMlRTMlODMlQjMlRTMlODMlOTclRTMlODElQUIlRTMlODIlODIlRTQlQkQlQkYlRTMlODElODglRTMlODIlOEIlRTMlODIlQUElRTMlODIlQjklRTMlODIlQjklRTMlODMlQTElRTMlODIlQjAlRTMlODMlODMlRTMlODIlQkElRTUlOTAlODQlRTclQTglQUUlRTMlODIlOTJhbWF6b24lRTMlODElQTclRTglQTYlOEIlRTMlODIlOEIlRUYlQkMlODElM0MlMkZoMiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkhzeXFxcCUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjUxYUhHRkNneHlMLl9BQ19VUzIwMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJIc3lxcXAlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFMyU4MSU4NCVFMyU4MSVCRSVFMyU4MSVBRSVFMyU4MSU4NiVFMyU4MSVBMSVFMyU4MSVBQiVFNSU4MiU5OSVFMyU4MSU4OCVFMyU4MSVBNiVFMyU4MSU4QSVFMyU4MSU4RCVFMyU4MSU5RiVFMyU4MSU4NCVFOSU5OCVCMiVFNyU4MSVCRCVFMyU4MiVCMCVFMyU4MyU4MyVFMyU4MiVCQSVFNSU5MCU4NCVFNyVBOCVBRSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMjAlMjAlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU5JTk4JUIyJUU3JTgxJUJEJUU3JTk0JUE4JUU1JTkzJTgxJUUzJTgyJTkyYW1hem9uJUUzJTgxJUE3JUUzJTgzJTgxJUUzJTgyJUE3JUUzJTgzJTgzJUUzJTgyJUFGJUVGJUJDJTgxJUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJib29rbGluay1mb290ZXIlMjIlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJJdHdRczglMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGaW1hZ2VzLWZlLnNzbC1pbWFnZXMtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY1MTNMaUpNdURLTC5fQUNfVVMyMDBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYySXR3UXM4JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTUlODIlOTklRTglOTMlODQlRTUlOTMlODElRTMlODElQTglRTMlODElOTclRTMlODElQTYlRTMlODElQUYlRTUlQkYlODUlRTklQTAlODglRTMlODElQUUlRTMlODMlOUYlRTMlODMlOEQlRTMlODMlQTklRTMlODMlQUIlRTMlODIlQTYlRTMlODIlQTklRTMlODMlQkMlRTMlODIlQkYlRTMlODMlQkMlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTIwJTIwJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFMyU4MyU5QyVFMyU4MyU4MyVFMyU4MiVBRiVFMyU4MiVCOSVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSVCRSVFMyU4MSVBOCVFMyU4MiU4MSVFOCVCMiVCNyVFMyU4MSU4NCVFMyU4MSU5NyVFMyU4MSVBNiVFMyU4MSU4QSVFMyU4MSU4RCVFMyU4MSVCRSVFMyU4MSU5NyVFMyU4MiU4NyVFMyU4MSU4NiVFMyU4MCU4MiVFNSVBRSVCNiVFNiU5NyU4RiVFRiVCQyU5NCVFNCVCQSVCQSVFMyU4MSVBNyVFRiVCQyU5MSVFOSU4MCVCMSVFOSU5NiU5MyVFMyU4MSVBQSVFMyU4MiU4OSVFMyU4MCU4MTcwJUUzJTgwJTlDMTAwTCVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSU5OSVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYm9va2xpbmstZm9vdGVyJTIyJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyS3d3VGtkJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNDFqTExJUkMwV0wuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkt3d1RrZCUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUU1JUIwJUJFJUU0JUI4JThBJUU4JUEzJUJEJUU0JUJEJTlDJUU2JTg5JTgwJTIwJUUzJTgyJUE2JUUzJTgyJUE5JUUzJTgzJUJDJUUzJTgyJUJGJUUzJTgzJUJDJUUzJTgyJUJGJUUzJTgzJUIzJUUzJTgyJUFGJTIwJUUzJTgyJUIzJUUzJTgzJTgzJUUzJTgyJUFGJUU0JUJCJTk4JTIwJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTBhbWF6b24lRTMlODMlQUMlRTMlODMlOTMlRTMlODMlQTUlRTMlODMlQkMlRTMlODIlODIlRTklQUIlOTglRTglQTklOTUlRTQlQkUlQTElRTMlODAlODIlRTMlODMlQUElRTMlODMlQkMlRTMlODIlQkElRTMlODMlOEElRTMlODMlOTYlRTMlODMlQUIlRTMlODElQTclRTUlQTQlQTclRTUlQUUlQjklRTklODclOEYlRTMlODAlODIlRTMlODIlQUQlRTMlODMlQTMlRTMlODMlQjMlRTMlODMlOTclRTMlODElQTclRTMlODElQUUlRTclQjAlQTElRTYlOTglOTMlRTYlQjQlOTclRTMlODElODQlRTUlQTAlQjQlRTclOTQlQTglRTMlODIlODQlRTMlODAlODElRTclODElQkQlRTUlQUUlQjMlRTYlOTklODIlRTMlODElQUUlRTclQjUlQTYlRTYlQjAlQjQlRTglQkIlOEElRTUlQUYlQkUlRTUlQkYlOUMlRTMlODElQUElRTMlODElQTklRTMlODElQUIlRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJvb2tsaW5rLWZvb3RlciUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMndUNmxxTSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjUxRzl2am5wUW5MLl9BQ19VUzIwMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJ3VDZscU0lMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFNiU4QyU4MSVFMyU4MSVBMSVFOSU4MSU4QiVFMyU4MSVCMyVFMyU4MiU4NCVFMyU4MSU5OSVFMyU4MSU4NCVFMyU4MiVBNiVFMyU4MiVBOSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiVCRiVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU5MCVFMyU4MyU4MyVFMyU4MiVCMCUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMjAlMjAlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU2JTk1JUIwJUUzJTgzJUFBJUUzJTgzJTgzJUUzJTgzJTg4JUUzJTgzJUFCJUU3JUE4JThCJUU1JUJBJUE2JUUzJTgxJUFFJUU5JTg3JThGJUUzJTgyJTkyJUU2JThDJTgxJUUzJTgxJUExJUU5JTgxJThCJUUzJTgxJUIzJUUzJTgyJTg0JUUzJTgxJTk5JUUzJTgxJTg0JUUzJTgzJTkwJUUzJTgzJTgzJUUzJTgyJUIwJUUzJTgwJTgyJUUzJTgyJUFEJUUzJTgzJUEzJUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJTk3JUUzJTgxJUFCJUUzJTgyJTgyJUU0JUJFJUJGJUU1JTg4JUE5JUUzJTgxJUE3JUUzJTgxJTk5JUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJib29rbGluay1mb290ZXIlMjIlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJyaEdXUkglMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGaW1hZ2VzLWZlLnNzbC1pbWFnZXMtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY0MVozV0hFMlFSTC5fQUNfVVMyMDBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYycmhHV1JIJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTMlODIlQkYlRTMlODIlQUIlRTMlODIlQUUlMjAlRTMlODIlQTIlRTMlODIlQTYlRTMlODMlODglRTMlODMlODklRTMlODIlQTIlRTMlODMlOUQlRTMlODMlQjMlRTMlODMlOTclMjAlMjglRTklOUIlQkIlRTYlQkElOTAlRTQlQjglOEQlRTglQTYlODElMjklM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTIwJTIwJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MGFtYXpvbiVFMyU4MSVBNyVFMyU4MyU5OSVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyU4OCVFMyU4MiVCQiVFMyU4MyVBOSVFMyU4MyVCQyVFRiVCQyU5MSVFNCVCRCU4RCVFMyU4MCU4MiVFOSU5QiVCQiVFNiVCQSU5MCVFNCVCOCU4RCVFOCVBNiU4MSVFMyU4MSVBRSVFNiU4OSU4QiVFNSU4QiU5NSVFMyU4MyU5RCVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU5NyVFMyU4MSVBOCVFMyU4MiVCNyVFMyU4MyVBMyVFMyU4MyVBRiVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU5OCVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU4OSVFMyU4MSVBRiVFMyU4MCU4MSVFNSVBNCU4RiVFMyU4MSVBRSVFNiVCNSVCNyVFMyU4MiU4NCVFMyU4MiVBRCVFMyU4MyVBMyVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU5NyVFMyU4MSVBNyVFMyU4MiU4MiVFNSVBNCVBNyVFNiVCNCVCQiVFOCVCQSU4RCVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYm9va2xpbmstZm9vdGVyJTIyJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYySXhPQmxaJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNTFSbWk0c042M0wuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkl4T0JsWiUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFU0FXWUVSJUVGJUJDJTg4JUUzJTgyJUJEJUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJUE0JUUzJTgzJUJDJUVGJUJDJTg5JUUzJTgzJTlGJUUzJTgzJThCJTIwJUU2JTkwJUJBJUU1JUI4JUFGJUU3JTk0JUE4JUU2JUI1JTg0JUU2JUIwJUI0JUU1JTk5JUE4JTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAwLjElRTMlODMlOUYlRTMlODIlQUYlRTMlODMlQUQlRTMlODMlQjMlRTMlODElQUUlRTklQUIlOTglRTclQjIlQkUlRTUlQkElQTYlRTQlQjglQUQlRTclQTklQkElRTclQjMlQjglRTMlODMlOTUlRTMlODIlQTMlRTMlODMlQUIlRTMlODIlQkYlRTMlODMlQkMlRTMlODElQUIlRTMlODIlODglRTMlODIlOEIlRTMlODMlOTklRTMlODIlQjklRTMlODMlODglRTMlODIlQkIlRTMlODMlQTklRTMlODMlQkMlRTYlQjUlODQlRTYlQjAlQjQlRTUlOTklQTglRTMlODAlODIlRTYlOUMlODAlRTUlQTQlQTczODBMJUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJUE3JUU1JUFGJUJFJUU1JUJGJTlDJUUzJTgwJTgxJUUzJTgzJTk1JUUzJTgyJUEzJUUzJTgzJUFCJUUzJTgyJUJGJUUzJTgzJUJDJUU2JUI0JTk3JUU2JUI1JTg0JUU1JThGJUFGJUU4JTgzJUJEJUVGJUJDJTgxJUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJib29rbGluay1mb290ZXIlMjIlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJHdEJJSTMlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGaW1hZ2VzLWZlLnNzbC1pbWFnZXMtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY0MXk1aDhjWWtVTC5fQUNfVVMyMDBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyR3RCSUkzJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0VTVVBFUiUyMERFTElPUyVFRiVCQyU4OCVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU5MSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU4NyVFMyU4MyVBQSVFMyU4MiVBQSVFMyU4MiVCOSUyOSUyMCVFNiU5MCVCQSVFNSVCOCVBRiVFNiVCNSU4NCVFNiVCMCVCNCVFNSU5OSVBOCUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMjAlMjAlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwMC4xJUUzJTgzJTlGJUUzJTgyJUFGJUUzJTgzJUFEJUUzJTgzJUIzJUUzJTgxJUFFJUU5JUFCJTk4JUU3JUIyJUJFJUU1JUJBJUE2JUU0JUI4JUFEJUU3JUE5JUJBJUU3JUIzJUI4JUUzJTgzJTk1JUUzJTgyJUEzJUUzJTgzJUFCJUUzJTgyJUJGJUUzJTgzJUJDJTIwJTJCJTIwJUU2JUI0JUJCJUU2JTgwJUE3JUU3JTgyJUFEJUUzJTgwJTgyJUU2JTlDJTgwJUU1JUE0JUE3MjAwTCVFMyU4MSVCRSVFMyU4MSVBNyVFNSVBRiVCRSVFNSVCRiU5QyVFMyU4MCU4MSVFNiVCNCVCQiVFNiU4MCVBNyVFNyU4MiVBRCVFMyU4MSVBQiVFMyU4MiU4OCVFMyU4MiU4QiVFMyU4MyU4QiVFMyU4MiVBQSVFMyU4MiVBNCVFOSU5OSVBNCVFNSU4RSVCQiVFMyU4MiU4MiVFNSU4RiVBRiVFOCU4MyVCRCVFRiVCQyU4MSVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYm9va2xpbmstZm9vdGVyJTIyJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBB

トイレットペーパーは無くならない・デマに流されず、念のため対策も知っておこう!

トイレットペーパーやティッシュペーパーなどの「衛生用紙」は、国内製造で在庫も十分にあります。フリーマーケットアプリやオークションサイトで異常なまでの高額転売や、安値に見せかけての高額送料での販売などが散見されますが、   『そうした高額販売品を購入する必要は一切ありません』   マスクと異なり、しばらく待てば在庫は復活します。直近でどうしても不足している場合は、特にトイレットペーパーの場合はあえて使用せず、トイレ使用後は風呂場でシャワーを使って洗い流すことが、もっとも簡単で衛生的です。 シャワーで洗い流した後は、シャワーヘッド自体を石鹸などで洗い清めましょう。日本製紙連合会・日本家庭紙工業会からの「お知らせ」が2020/02/28付で発表されています。 要点をまとめると、   ・トイレットペーパー、ティシューペーパーについては殆どが国内工場で生産 ・トイレットペーパー、ティシューペーパーの供給力、在庫は十分にある ・新型コロナウイルスによる影響は無く、現在も通常通りの生産・供給体制 ・原材料調達は中国に非依存、製品在庫も十分にある   とのこと。生産者側がきちんと情報を公開していますので、現状の品薄状況は不安を感じて買いに走った人びとが一時的に増えただけのものです。 マスクについては「全国マスク工業会」の専務理事のかたから「品薄解消の見通しは立たない」との見解が出ていますので、マスクの品薄状況とはまったく異なります。(記事キャッシュはこちら)A. 依存していません。 ネットのSNSで流れた「トイレットペーパーは製造元が中国で製造が止まったため」というデマがかなり拡散したようです。トイレットペーパーやティッシュペーパーなどの衛生用紙のほとんどは「日本国内産」です。   ではここで、経済産業省のwebサイトで公開されているトイレットペーパーを含む衛生用紙の実態調査に関する報告書を確認してみましょう。 『平成27年度製造基盤技術実態等調査・衛生用紙産業における海外実態調査報告書』 (株式会社矢野経済研究所作成) ※衛生用紙=ティッシュペーパー、トイレットペーパー、タオルペーパー等 いわゆる「お役所の報告書」であるため、すべてを読み込むのはなかなか骨の折れる作業です。 この報告書の中から、重要と思われる情報を抜粋してみます。   ■日本国内の衛生用紙市場は、年間およそ175万tの生産量 ・トイレットペーパー約105万t ・ティッシュペーパー約45万t ・タオルペーパー等約25万t   衛生用紙メーカーは大小含め約100社、特に中小メーカーは静岡県富士市およびその周辺に集中 (なお国内における衛生用紙の一人当たり消費量は約14kg/年)■日本における中国からの衛生用紙の輸入量は、年間およそ10万1,156t ・トイレットペーパー:31,901t(3万1,901t) ・ティッシュペーパー・タオルペーパー:69,255t(6万9,255t) 計101,156t(2014年における実績)   また中国だけでなくインドネシアや米国などからも輸入しており、2014年の衛生用紙輸入量は16万t超。年々その量は増加する傾向にあります。   ともあれトイレットペーパーだけ見た場合、日本の国内製造が約105万tであるのに対して中国からの輸入量は約3万tと、中国製造のトイレットペーパーにはほとんど依存していないことが判ります。A. 回されません。 トイレットペーパーとマスクは、使われている原材料が異なります。 ・トイレットペーパーの原材料:木材由来の製紙原料であるパルプ」や使用済みの紙や牛乳パックを裁量した「古紙」。 ・主に使い捨てマスクの原材料:不織布(繊維類をシート状にしたもので紙などを除いたもの) マスクの原材料はこのとおり「不織布」で、代表的な原料としてはポリエステルやポリプロピレンなどです。<参考情報> ・日本製紙連合会「パルプ材」 ・九州製紙株式会社「トイレットペーパーが出来るまで」 ・丸富製紙株式会社「牛乳パックをトイレットペーパーにリサイクルするほど、CO2の削減につながる」 ・exciteニュース「古新聞はトイレットペーパーに生まれ変わらない?!」 ・ジェイソフト株式会社「不織布(ふしょくふ)をご存知ですか?」 ・ユニチカ不織布事業部「不織布とは」冒頭の結論でもご紹介しましたが、風呂場で「シャワーで洗い流す」がもっとも簡単で現実的です。シャワーで洗い流した後は、シャワーヘッド自体を石鹸などで洗い清めてください。   大震災などで上下水道が止まっていない場合は、水道を活用しましょう。無理に高額転売されているトイレットペーパーを買う必要は一切ありません。   またこれを機会に災害対策としての「備災訓練」として、古新聞紙などを揉みほぐして柔らかくしたもので拭き取り、使った古新聞紙を防臭袋などに入れて可燃ゴミとして処分する、といった方法もあります。   編集部では、災害対策として「野外で簡易トイレを "大" を含めて実際に使う」という訓練をやっています。ご興味のあるかたはこちらの記事もご覧ください。 「デマから生じた現実」として、トイレットペーパーやティッシュペーパーなどが入手困難になっている状況は実際に起きており、そうした状況で困っている人々の弱みにつけ込むかのような高額転売が目に付きます。   しかし、そこで思考停止する必要はありません。今までのように「トイレ内のワンストップ」で用足しから最後までを対処できない若干の不便さはありますが、そこは工夫で乗り切りましょう。「お風呂場」という強い味方がついています。 さらに災害時を想定した「備災訓練」として、あるもので何とかするという発想への切り替えもありです。   いずれにせよ、トイレットペーパーやティッシュペーパーなどの衛生用紙のほとんどは国内製造で、生産能力は通常どおり。品薄状況はいずれ解消されます。それまでは、発想の転換・機転を利かせた対応で乗り切りましょう。A. 災害対策としては必要です 新型コロナウイルスの感染拡大とはまったく別の話として、そもそもの災害対策としてのトイレットペーパーの家庭備蓄は必要です。 これについては、経済産業省からも継続的に呼びかけがおこなわれています。 前述の通り、国内の衛生用紙メーカー約100社のうち、特に中小メーカーは静岡県富士市およびその周辺に集中しており、この地域では国内生産の約4割のトイレットペーパーが生産されています。今後30年内の発生が予測されている南海トラフ巨大地震など、大きな災害が起きた場合は増産体制が取られることになっていますが、それでも1ヶ月程度の混乱が予想されるため、普段から各家庭において日常用とは別に、1ヶ月分のトイレットペーパーの備蓄が推奨されています。   ■経産省資料による『トイレットペーパーの備蓄が必要な3つの理由』 1. 阪神・淡路大震災において、被災者が最も困ったのは食料でも衣服でもなくトイレ不足 2. 東日本大震災では、被災地のみならず全国的にトイレットペーパー不足が発生 3. トイレットペーパーの約4割は静岡県で生産→東海地震等が起こると深刻な供給不足となるおそれ   新型コロナウイルスの感染拡大による買い占めや品不足のパニック的な状況を見て明らかなことは、今後の大震災発生時にも同じことが繰り返されるということです。 その際は、不足するのはトイレットペーパーだけに留まりません。電気・ガス・水道などの生活インフラが停止し、備蓄していない場合は水や食料なども手に入らなくなるため、より大規模なパニックとなる可能性があります。   日本は活火山も多く地震活動も活発で、近年は毎年のように豪雨や台風による大きな被害が出る自然災害大国でもあります。災害などが起きていない平時から、いざというときのための備蓄は必ずおこなっておきましょう。   ■あわせてこちらの記事もごらんください

【検証】空き缶で作った「固形燃料コンロ」と「アルミホイル」で炊飯!

前回の記事「【検証】空き缶で「固形燃料コンロ」を作ってみる!」で、空き缶を使って固形燃料コンロを自作してみました。今回はそれを実際に使った炊飯編です。今回はなんと「アルミホイル」でご飯を炊くという実験もしてみました。 空き缶とアルミホイルで炊飯という、ちょっとしたサバイバル気分を味わえますが、まさに被災時に温かいご飯を炊いて食べるためのノウハウにもなります。 【関連記事】 ・第1回:100円ショップの固形燃料で簡単湯沸かし! ・第2回:100円ショップ商品だけで、美味しいご飯を簡単に炊く! ・第3回:空き缶で「固形燃料コンロ」を作ってみる! 『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。さて始めます。用意するもののメインは、前回作った空き缶による「固形燃料コンロ」。敷いてあるバットも上に載せてある焼き網も、いずれも100円ショップで調達したものです。より安全に使うなら、バットの下に木製の鍋敷きをセットするといいでしょう。ご飯を炊くための「クッカー」部分を用意します。左側は、やはり100円ショップで調達した使い捨てのアルミ鍋。右側のブサイクな鍋っぽいものは、見ての通りの「アルミホイル」を使って作った簡易クッカーです。アルミホイルを3枚重ねてからこんな形に折って整形しました。いわゆる「市販の鍋焼きうどん」の皿にもなってるものですね。100円ショップで4枚入りでした。1枚あたり税抜き25円。こちらは800mlサイズと容量があるので、炊き込みご飯を作ります。アルミホイル3枚重ね。ちょっと贅沢して、2枚は普通のアルミホイル、お米が触れるもっとも内側にはフッ素コーティングされている、いわゆる「こびりつかないアルミホイル」を使ってみました。この形に整形したら、写真内の左右の短辺部分はホチキスで留めてあります。もちろん、この状態で握ったりすれば簡単に潰れますが、これで白ご飯を炊いてみます。お米をそれぞれ1合づつセットします。吸水は30分以上。冬場などは45分〜1時間程度と余裕をもって吸水させるといいでしょう。ちょっと心配なのはこの子ですね。自作の空き缶コンロにアルミホイル鍋という、ある意味無謀でもあり、ある意味ストイックでもあり。100円ショップのアルミ鍋のほうは、炊き込みご飯です。いなばの「とりそぼろとバジル」の缶詰、スイートコーン缶が具材。そして野菜ジュースで炊き込みます。(ご飯は1合に吸水させた後、水気をしっかり切りました)缶詰具材は全投入しました。1合160gのお米に30分以上吸水させた後に水を切った状態で200gでしたので、野菜ジュースは160mlほど使うことにします。 (余った分は後でスタッフが美味しくいただきました)アルミホイルで簡易的なフタを作り、爪楊枝で炊飯時の蒸気を抜く孔をいくつか開けたら、炊いていきます。アルミホイルで作った燃焼皿に固形燃料をセットし、上に焼き網とクッカー部分を載せて準備OK。換気扇をスタートさせたら、着火します。イグニッション、リフトオフ!心配していた「アルミホイル」で作った簡易クッカーでの白飯は、普通に美味しく炊き上がりました。さすがにアルミホイル製なので3枚重ねとは言え調理器具としては薄すぎます。固形燃料が燃え尽きる前に香ばしい香りがしてきたので、そこで火から降ろして蒸らしに入りました。炊き込みご飯も問題ない炊きあがり。こちらも固形燃料が燃え尽きる前に香ばしい香りを察知したので、早めの蒸らしで実に美味しい炊きあがり。事前にしっかり吸水させると、まず米の芯は残りません。スイートコーン缶を丸ごと入れたので、お米は1合でもかなりボリューミーです。普通に2人前の炊きあがり。お皿によそっていただきます。 併せて、「アルミホイル」を折って作った簡易クッカー的な鍋で作った白ご飯のほうも、美味しくいただきました。 まとめ 炊飯器どころかアウトドア用のクッカーやコンロ、バーナー類すら使わなくても、美味しいご飯が炊けることがよくわかりますね。今回の検証は、アウトドア用途というよりはどちらかと言えば「在宅避難時に使えるサバイバル・ノウハウ」です。空き缶コンロは固形燃料が無い場合でも、小枝や牛乳パックなどを掻き集めれば簡易ストーブとして使えます。 私たちが日常的に使っている「電気炊飯器」は、お米と水を入れてスイッチポン!で何の苦労も無く美味しいご飯が炊きあがりますが、電気がストップした途端にそうした便利な道具は役に立たなくなります。こうした素朴な手段を使うことは、「ご飯を炊くとはどういうことか」ということの本質を考える機会にもなります。 しかし、やはり「快適に・便利に使う」「効率よく温かいご飯を炊く」という観点からすれば手間のかかることに変わりはないので、やはり被災時に温かく美味しいご飯をさっと作っていただくためには、アウトドア用のクッカーやストーブ、バーナー類に日頃から使い馴れておくのがベストであるということがよく解ります。何より、それは楽しいことですから。 あわせて読みたい ・【備災メシ】基本のクッカー炊飯 アウトドア用のクッカーとポケットサイズの固形燃料ストーブを使った、最も基本的な炊飯方法に関する記事です。JTNDaDIlMjBjbGFzcyUzRCUyMndwYl9oZWFkaW5nJTIwd3BiX3NpbmdsZWltYWdlX2hlYWRpbmclMjIlM0UlRTUlOUIlQkElRTUlQkQlQTIlRTclODclODMlRTYlOTYlOTklRTMlODElQUIlRTYlODUlQTMlRTMlODIlOEMlRTMlODElOUYlRTMlODIlODklRTYlQUMlQTElRTMlODElQUUlRTMlODIlQjklRTMlODMlODYlRTMlODMlODMlRTMlODMlOTclRTMlODElQUYlRTMlODAlOENlc2JpdCVFMyU4MyU5RCVFMyU4MiVCMSVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU4OCVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyU4OCVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU5NiVFMyU4MCU4RCVFMyU4MSU4QyVFMyU4MiVBQSVFMyU4MiVCOSVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyVBMSVFRiVCQyU4MSUzQyUyRmgyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMm92ZXJmbG93JTNBJTIwaGlkZGVuJTNCJTIwZm9udC1zaXplJTNBJTIwc21hbGwlM0IlMjB6b29tJTNBJTIwMSUzQiUyMG1hcmdpbiUzQSUyMDE1cHglMjAwJTNCJTIwdGV4dC1hbGlnbiUzQSUyMGxlZnQlM0IlMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJmbG9hdCUzQSUyMGxlZnQlM0IlMjBtYXJnaW4lM0ElMjAwcHglMjAxNXB4JTIwMTBweCUyMDBweCUzQiUyMHdpZHRoJTNBJTIwNzVweCUzQiUyMGhlaWdodCUzQSUyMDc1cHglM0IlMjB0ZXh0LWFsaWduJTNBJTIwY2VudGVyJTNCJTIyJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwJTNBJTJGJTJGd3d3LmFtYXpvbi5jby5qcCUyRmV4ZWMlMkZvYmlkb3MlMkZBU0lOJTJGQjAwMEFRUVRZQSUyRml0b2l0b19zdHlsZS0yMiUyRiUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTNDaW1nJTIwc3R5bGUlM0QlMjJib3JkZXItdG9wJTNBJTIwbWVkaXVtJTIwbm9uZSUzQiUyMGJvcmRlci1yaWdodCUzQSUyMG1lZGl1bSUyMG5vbmUlM0IlMjBib3JkZXItYm90dG9tJTNBJTIwbWVkaXVtJTIwbm9uZSUzQiUyMGJvcmRlci1sZWZ0JTNBJTIwbWVkaXVtJTIwbm9uZSUzQiUyMiUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHAlM0ElMkYlMkZlY3guaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNDF3NlNudmdlU0wuX1NMNzVfLmpwZyUyMiUyMHdpZHRoJTNEJTIyNzUlMjIlMjBoZWlnaHQlM0QlMjI1MSUyMiUyMCUyRiUzRSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMm92ZXJmbG93JTNBJTIwaGlkZGVuJTNCJTIwem9vbSUzQSUyMDElM0IlMjBsaW5lLWhlaWdodCUzQSUyMDEyMCUyNSUzQiUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMm1hcmdpbi1ib3R0b20lM0ElMjAycHglM0IlMjBsaW5lLWhlaWdodCUzQSUyMDEyMCUyNSUzQiUyMiUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cCUzQSUyRiUyRnd3dy5hbWF6b24uY28uanAlMkZleGVjJTJGb2JpZG9zJTJGQVNJTiUyRkIwMDBBUVFUWUElMkZpdG9pdG9fc3R5bGUtMjIlMkYlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRUVzYml0JTI4JUUzJTgyJUE4JUUzJTgyJUI5JUUzJTgzJTkzJUUzJTgzJTgzJUUzJTgzJTg4JTI5JTIwJUUzJTgzJTlEJUUzJTgyJUIxJUUzJTgzJTgzJUUzJTgzJTg4JUUzJTgyJUI5JUUzJTgzJTg4JUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTk2JUUzJTgyJUI5JUUzJTgyJUJGJUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJTgwJUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTg5JTI4JUU1JTlCJUJBJUU1JUJEJUEyJUU3JTg3JTgzJUU2JTk2JTk5NGclQzMlOTcyMCVFNSU4MCU4QiVFNCVCQiU5OCUyOSUyMEVTMjA5MjAwMDAlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1tYW51ZmFjdHVyZXIlMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMm1hcmdpbi1ib3R0b20lM0ElMjA1cHglM0IlMjIlM0VFc2JpdCUyOCVFMyU4MiVBOCVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyU5MyVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU4OCUyOSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYm9va2xpbmstZm9vdGVyJTIyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJjbGVhciUzQSUyMGxlZnQlMjIlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUyMHN0eWxlJTNEJTIyb3ZlcmZsb3clM0ElMjBoaWRkZW4lM0IlMjBmb250LXNpemUlM0ElMjBzbWFsbCUzQiUyMHpvb20lM0ElMjAxJTNCJTIwbWFyZ2luJTNBJTIwMTVweCUyMDAlM0IlMjB0ZXh0LWFsaWduJTNBJTIwbGVmdCUzQiUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMmZsb2F0JTNBJTIwbGVmdCUzQiUyMG1hcmdpbiUzQSUyMDBweCUyMDE1cHglMjAxMHB4JTIwMHB4JTNCJTIwd2lkdGglM0ElMjA3NXB4JTNCJTIwaGVpZ2h0JTNBJTIwNzVweCUzQiUyMHRleHQtYWxpZ24lM0ElMjBjZW50ZXIlM0IlMjIlM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHAlM0ElMkYlMkZ3d3cuYW1hem9uLmNvLmpwJTJGZXhlYyUyRm9iaWRvcyUyRkFTSU4lMkZCMDBGMjBJOUE2JTJGaXRvaXRvX3N0eWxlLTIyJTJGJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlM0NpbWclMjBzdHlsZSUzRCUyMmJvcmRlci10b3AlM0ElMjBtZWRpdW0lMjBub25lJTNCJTIwYm9yZGVyLXJpZ2h0JTNBJTIwbWVkaXVtJTIwbm9uZSUzQiUyMGJvcmRlci1ib3R0b20lM0ElMjBtZWRpdW0lMjBub25lJTNCJTIwYm9yZGVyLWxlZnQlM0ElMjBtZWRpdW0lMjBub25lJTNCJTIyJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjMxSHRwZDdvbDlMLl9TTDc1Xy5qcGclMjIlMjB3aWR0aCUzRCUyMjc1JTIyJTIwaGVpZ2h0JTNEJTIyNTAlMjIlMjAlMkYlM0UlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJvdmVyZmxvdyUzQSUyMGhpZGRlbiUzQiUyMHpvb20lM0ElMjAxJTNCJTIwbGluZS1oZWlnaHQlM0ElMjAxMjAlMjUlM0IlMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJtYXJnaW4tYm90dG9tJTNBJTIwMnB4JTNCJTIwbGluZS1oZWlnaHQlM0ElMjAxMjAlMjUlM0IlMjIlM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHAlM0ElMkYlMkZ3d3cuYW1hem9uLmNvLmpwJTJGZXhlYyUyRm9iaWRvcyUyRkFTSU4lMkZCMDBGMjBJOUE2JTJGaXRvaXRvX3N0eWxlLTIyJTJGJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTMlODIlQTglRTMlODIlQjklRTMlODMlOTMlRTMlODMlODMlRTMlODMlODglRTMlODElQTglRTUlOTAlOEMlRTMlODIlQjUlRTMlODIlQTQlRTMlODIlQkElRTMlODElQUUlRTUlOUIlQkElRTUlQkQlQTIlRTclODclODMlRTYlOTYlOTklRTMlODIlQjklRTMlODMlODglRTMlODMlQkMlRTMlODMlOTYlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1tYW51ZmFjdHVyZXIlMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMm1hcmdpbi1ib3R0b20lM0ElMjA1cHglM0IlMjIlM0UlRTMlODMlOEUlRTMlODMlQkMlRTMlODMlOTYlRTMlODMlQTklRTMlODMlQjMlRTMlODMlODklM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJvb2tsaW5rLWZvb3RlciUyMiUyMHN0eWxlJTNEJTIyY2xlYXIlM0ElMjBsZWZ0JTIyJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMm92ZXJmbG93JTNBJTIwaGlkZGVuJTNCJTIwZm9udC1zaXplJTNBJTIwc21hbGwlM0IlMjB6b29tJTNBJTIwMSUzQiUyMG1hcmdpbiUzQSUyMDE1cHglMjAwJTNCJTIwdGV4dC1hbGlnbiUzQSUyMGxlZnQlM0IlMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJmbG9hdCUzQSUyMGxlZnQlM0IlMjBtYXJnaW4lM0ElMjAwcHglMjAxNXB4JTIwMTBweCUyMDBweCUzQiUyMHdpZHRoJTNBJTIwNzVweCUzQiUyMGhlaWdodCUzQSUyMDc1cHglM0IlMjB0ZXh0LWFsaWduJTNBJTIwY2VudGVyJTNCJTIyJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwJTNBJTJGJTJGd3d3LmFtYXpvbi5jby5qcCUyRmV4ZWMlMkZvYmlkb3MlMkZBU0lOJTJGQjAxQUQxRkNZRSUyRml0b2l0b19zdHlsZS0yMiUyRiUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTNDaW1nJTIwc3R5bGUlM0QlMjJib3JkZXItdG9wJTNBJTIwbWVkaXVtJTIwbm9uZSUzQiUyMGJvcmRlci1yaWdodCUzQSUyMG1lZGl1bSUyMG5vbmUlM0IlMjBib3JkZXItYm90dG9tJTNBJTIwbWVkaXVtJTIwbm9uZSUzQiUyMGJvcmRlci1sZWZ0JTNBJTIwbWVkaXVtJTIwbm9uZSUzQiUyMiUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHAlM0ElMkYlMkZlY3guaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNDFzYjJUUGFBa0wuX1NMNzVfLmpwZyUyMiUyMHdpZHRoJTNEJTIyNzUlMjIlMjBoZWlnaHQlM0QlMjI1NyUyMiUyMCUyRiUzRSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMm92ZXJmbG93JTNBJTIwaGlkZGVuJTNCJTIwem9vbSUzQSUyMDElM0IlMjBsaW5lLWhlaWdodCUzQSUyMDEyMCUyNSUzQiUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMm1hcmdpbi1ib3R0b20lM0ElMjAycHglM0IlMjBsaW5lLWhlaWdodCUzQSUyMDEyMCUyNSUzQiUyMiUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cCUzQSUyRiUyRnd3dy5hbWF6b24uY28uanAlMkZleGVjJTJGb2JpZG9zJTJGQVNJTiUyRkIwMUFEMUZDWUUlMkZpdG9pdG9fc3R5bGUtMjIlMkYlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFMyU4MiVCNSVFMyU4MiVBQiVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyU4OCVFMyU4MyVBQyVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU4NyVFMyU4MiVBMyVFMyU4MyVCMyVFMyU4MiVCMCUyMEhJVE8tR0FUQSUyMCVFMyU4MyU5RCVFMyU4MiVCMSVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU4OCVFMyU4MiVCNSVFMyU4MiVBNCVFMyU4MiVCQSUyMG1pbmklMjBCQlElRTMlODIlQjMlRTMlODMlQjMlRTMlODMlQUQlRUYlQkMlODglRTUlOUIlQkElRTUlQkQlQTIlRTclODclODMlRTYlOTYlOTklRTMlODIlQjklRTMlODMlODglRTMlODMlQkMlRTMlODMlOTYlRUYlQkMlODklMjBTQS0yNjE1JTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstbWFudWZhY3R1cmVyJTIyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJtYXJnaW4tYm90dG9tJTNBJTIwNXB4JTNCJTIyJTNFJUUzJTgyJUI1JUUzJTgyJUFCJUUzJTgyJUE0JUUzJTgzJTg4JUUzJTgzJUFDJUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTg3JUUzJTgyJUEzJUUzJTgzJUIzJUUzJTgyJUIwJUVGJUJDJTg4U0FLQUklMjBUUkFESU5HJUVGJUJDJTg5JTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJib29rbGluay1mb290ZXIlMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMmNsZWFyJTNBJTIwbGVmdCUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJvdmVyZmxvdyUzQSUyMGhpZGRlbiUzQiUyMGZvbnQtc2l6ZSUzQSUyMHNtYWxsJTNCJTIwem9vbSUzQSUyMDElM0IlMjBtYXJnaW4lM0ElMjAxNXB4JTIwMCUzQiUyMHRleHQtYWxpZ24lM0ElMjBsZWZ0JTNCJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUyMHN0eWxlJTNEJTIyZmxvYXQlM0ElMjBsZWZ0JTNCJTIwbWFyZ2luJTNBJTIwMHB4JTIwMTVweCUyMDEwcHglMjAwcHglM0IlMjB3aWR0aCUzQSUyMDc1cHglM0IlMjBoZWlnaHQlM0ElMjA3NXB4JTNCJTIwdGV4dC1hbGlnbiUzQSUyMGNlbnRlciUzQiUyMiUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cCUzQSUyRiUyRnd3dy5hbWF6b24uY28uanAlMkZleGVjJTJGb2JpZG9zJTJGQVNJTiUyRkIwMFUzQjlDMDAlMkZpdG9pdG9fc3R5bGUtMjIlMkYlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUzQ2ltZyUyMHN0eWxlJTNEJTIyYm9yZGVyLXRvcCUzQSUyMG1lZGl1bSUyMG5vbmUlM0IlMjBib3JkZXItcmlnaHQlM0ElMjBtZWRpdW0lMjBub25lJTNCJTIwYm9yZGVyLWJvdHRvbSUzQSUyMG1lZGl1bSUyMG5vbmUlM0IlMjBib3JkZXItbGVmdCUzQSUyMG1lZGl1bSUyMG5vbmUlM0IlMjIlMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNTFPZm1kLWd3R0wuX1NMNzVfLmpwZyUyMiUyMHdpZHRoJTNEJTIyNzUlMjIlMjBoZWlnaHQlM0QlMjI2MCUyMiUyMCUyRiUzRSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMm92ZXJmbG93JTNBJTIwaGlkZGVuJTNCJTIwem9vbSUzQSUyMDElM0IlMjBsaW5lLWhlaWdodCUzQSUyMDEyMCUyNSUzQiUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMm1hcmdpbi1ib3R0b20lM0ElMjAycHglM0IlMjBsaW5lLWhlaWdodCUzQSUyMDEyMCUyNSUzQiUyMiUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cCUzQSUyRiUyRnd3dy5hbWF6b24uY28uanAlMkZleGVjJTJGb2JpZG9zJTJGQVNJTiUyRkIwMFUzQjlDMDAlMkZpdG9pdG9fc3R5bGUtMjIlMkYlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFNSU5QiVCQSVFNSVCRCVBMiVFNyU4NyU4MyVFNiU5NiU5OSUyMCVFMyU4MiVBQiVFMyU4MiVBOCVFMyU4MyVCMyUyMCVFMyU4MyU4QiVFMyU4MyVBNSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiVBOCVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiVCOSUyMCU1QjI1ZyU1RCUyMCU1QjIwJUU1JTgwJThCJUU1JTg1JUE1JTVEJTIwJUU1JUIwJThGJUU4JUEyJThCJUU4JUIyJUE5JUU1JUEzJUIyJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstbWFudWZhY3R1cmVyJTIyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJtYXJnaW4tYm90dG9tJTNBJTIwNXB4JTNCJTIyJTNFJUUzJTgzJThCJUUzJTgyJUE0JUUzJTgyJUJGJUUzJTgyJUFCJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJib29rbGluay1mb290ZXIlMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMmNsZWFyJTNBJTIwbGVmdCUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJvdmVyZmxvdyUzQSUyMGhpZGRlbiUzQiUyMGZvbnQtc2l6ZSUzQSUyMHNtYWxsJTNCJTIwem9vbSUzQSUyMDElM0IlMjBtYXJnaW4lM0ElMjAxNXB4JTIwMCUzQiUyMHRleHQtYWxpZ24lM0ElMjBsZWZ0JTNCJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUyMHN0eWxlJTNEJTIyZmxvYXQlM0ElMjBsZWZ0JTNCJTIwbWFyZ2luJTNBJTIwMHB4JTIwMTVweCUyMDEwcHglMjAwcHglM0IlMjB3aWR0aCUzQSUyMDc1cHglM0IlMjBoZWlnaHQlM0ElMjA3NXB4JTNCJTIwdGV4dC1hbGlnbiUzQSUyMGNlbnRlciUzQiUyMiUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cCUzQSUyRiUyRnd3dy5hbWF6b24uY28uanAlMkZleGVjJTJGb2JpZG9zJTJGQVNJTiUyRkIwMDVVVUw5TDQlMkZpdG9pdG9fc3R5bGUtMjIlMkYlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUzQ2ltZyUyMHN0eWxlJTNEJTIyYm9yZGVyLXRvcCUzQSUyMG1lZGl1bSUyMG5vbmUlM0IlMjBib3JkZXItcmlnaHQlM0ElMjBtZWRpdW0lMjBub25lJTNCJTIwYm9yZGVyLWJvdHRvbSUzQSUyMG1lZGl1bSUyMG5vbmUlM0IlMjBib3JkZXItbGVmdCUzQSUyMG1lZGl1bSUyMG5vbmUlM0IlMjIlMjBzcmMlM0QlMjJodHRwJTNBJTJGJTJGZWN4LmltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjMxTnIwbnFzQVlMLl9TTDc1Xy5qcGclMjIlMjB3aWR0aCUzRCUyMjc1JTIyJTIwaGVpZ2h0JTNEJTIyNzUlMjIlMjAlMkYlM0UlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJvdmVyZmxvdyUzQSUyMGhpZGRlbiUzQiUyMHpvb20lM0ElMjAxJTNCJTIwbGluZS1oZWlnaHQlM0ElMjAxMjAlMjUlM0IlMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJtYXJnaW4tYm90dG9tJTNBJTIwMnB4JTNCJTIwbGluZS1oZWlnaHQlM0ElMjAxMjAlMjUlM0IlMjIlM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHAlM0ElMkYlMkZ3d3cuYW1hem9uLmNvLmpwJTJGZXhlYyUyRm9iaWRvcyUyRkFTSU4lMkZCMDA1VVVMOUw0JTJGaXRvaXRvX3N0eWxlLTIyJTJGJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTUlOUIlQkElRTUlQkQlQTIlRTclODclODMlRTYlOTYlOTklMjAzMGclQzMlOTc0MCVFNSU4MCU4QiUyMCVFMyU4MiVBQiVFMyU4MiVBOCVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU4QiVFMyU4MyVBNSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiVBOCVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiVCOSUyMCU1QkhUUkM0LjElNUQlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1tYW51ZmFjdHVyZXIlMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMm1hcmdpbi1ib3R0b20lM0ElMjA1cHglM0IlMjIlM0UlRTYlQTAlQUElRTUlQkMlOEYlRTQlQkMlOUElRTclQTQlQkUlRTMlODMlOEIlRTMlODIlQTQlRTMlODIlQkYlRTMlODIlQUIlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJvb2tsaW5rLWZvb3RlciUyMiUyMHN0eWxlJTNEJTIyY2xlYXIlM0ElMjBsZWZ0JTIyJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNF
このサイトや記事が気に入ったらシェアしましょう!