fbpx
トップ タグ トンガ

タグ: トンガ

【海外地震】南西太平洋・豪州付近で相次いだ大地震(2018/12/2〜12/3)

2018/12/2〜12/3にかけて南西太平洋・オーストラリアの東側では大きめの地震が相次ぎました。 しかし12/5に、ほぼ同じエリアにあるニューカレドニアで最大M7.5を観測する大きめの地震が発生、その後もM5クラスの地震が連続して発生しています。 特に、M6.0とM6.6というM6クラスの地震も1日内に発生しているのが特徴的です。日本への津波の影響は無いとのことですが、現地周辺では最大で72cmほどの津波が観測されています。 もともと、ニューカレドニアを始めとするフィジーやトンガなどがあるこのエリアはプレート境界に位置することもあり、以前から極めて地震活動が活発な場所です。M5クラスの地震はほぼ毎日発生していますが、今回の頻発に関しては少々珍しいケースに感じます。 かつて2009年3月に、このあたりでM7.7の地震が発生しましたが、そこから半年後の2009年9月にM8.1を記録した「サモア沖地震」が発生し、大きな被害が起きました。 そして「震源は時計回りに伝わる」とも言われますので、今後、日本でも地震または火山活動への何らかの影響があるかもしれません。 ただし現代の科学力をもってしても、いつ・どこで・どのくらいの大きさの地震が発生するのかを事前に余裕を持って高い確度で予測することは不可能というのが現状です。 いつどこに大きな地震が来ても、命さえ無事なら対応できるだけの備えをしておきましょう。もはや防災ではなく「備災」が重要な状況になっています。備えましょう。

【海外地震】南西太平洋・オーストラリアの東側では大きめの地震が相次ぐ(2018/12/03)

2018/12/03は青森県東方沖で震度3、和歌山県南部でも震度3が観測されていますが、12/2〜12/3にかけて、南西太平洋・オーストラリアの東側では大きめの地震が相次ぎました。 このあたりもプレート境界で、特にトンガプレート周辺では地震活動が非常に活発。フィジー諸島やニューカレドニア周辺では日々、大きな地震が発生しています。 トンガプレートはインド・オーストラリアプレートと太平洋プレートの境界にある小さなプレートで、トンガ海溝に沿って太平洋プレートの下に沈み込み、ここでの地震の震源は時計回りに回っていると言われています。 2009年9月にはこのトンガプレートで「サモア沖地震」が発生し、M8.1、深さは18kmでした。太平洋プレート側に断層が生じて発生したプレート内地震でアウターライズ地震と推測されています。 この地震では津波が発生し、場所によっては3mを超えるものとなりました。サモアとトンガでの死者の合計は140人、70の村が壊滅し、数万人の人々が家を失うこととなりました。 環太平洋火山帯での各国で津波が観測され、日本では太平洋側全域で津波注意報が発令、岩手県久慈市で36cmの津波が観測されています。 サモア沖地震の起きる前に、この震源付近では1995年4月にM8.0、2006年5月にM8.0、2009年3月にM7.7という大型地震が発生していました。 ここ数日の日本国内での地震状況は比較的静穏なものとなっていますが、静穏な状況が続いた後に大きめの地震が発生することがあります。備えは日常生活の中に組み込んだ上で、発生しても慌てず対応できるようにしておきましょう。