fbpx
トップ 著者 からの投稿 ITOITO-STYLE 編集部

ITOITO-STYLE 編集部

129 投稿 0 コメント

【九州】宮崎県の日向灘で震度5弱、M6.3の地震(2019/05/10〜05/12)

JTNDc2NyaXB0JTNFJTBBbG9jYXRpb24uaHJlZiUyMCUzRCUyMCUyMiUyRmFydGljbGUlMkY1NTg2JTIyJTNCJTBBJTNDJTJGc2NyaXB0JTNF

【九州】宮崎県の日向灘で震度5弱、M6.3の地震(2019/05/10〜05/12)

2019/05/10の午前中、宮崎県の日向灘を震源とする大きな地震がありました。 08:48に最大震度5弱、マグニチュードは6.3を観測。プレート境界が震源です。 前後して震度3ながらもM4.9とM5.6が発生し、20:40には最大震度2ながらもM4.8が発生。 また、 2019/05/11の08:59には最大震度4, M4.9 2019/05/12の15:07には最大震度3, M4.3 が発生しました。 2019/05/10のM6.3の地震に関しては、気象庁から情報が公開されています。 『令和元年5月10日08時48分頃の日向灘の地震について』 5/10の日向灘での地震を時系列(新しい情報順)で並べるとJTNDdGFibGUlMjBib3JkZXIlM0QlMjIxJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDdHIlMjBzdHlsZSUzRCUyMmJhY2tncm91bmQtY29sb3IlM0ElMjNjY2MlM0IlMjIlM0UlM0N0aCUzRSVFNyU5OSVCQSVFNyU5NCU5RiVFNiU5NyVBNSVFNiU5OSU4MiUzQyUyRnRoJTNFJTNDdGglM0UlRTklOUMlODclRTYlQkElOTAlM0MlMkZ0aCUzRSUzQ3RoJTNFJUU2JTlDJTgwJUU1JUE0JUE3JUU5JTlDJTg3JUU1JUJBJUE2JTNDJTJGdGglM0UlM0N0aCUzRSVFOCVBNiU4RiVFNiVBOCVBMSUzQyUyRnRoJTNFJTNDdGglM0UlRTYlQjclQjElRTMlODElOTUlM0MlMkZ0aCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRTIwMTklMkYwNSUyRjEyJTIwMTUlM0EwNyUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTYlOTclQTUlRTUlOTAlOTElRTclODElOTglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU5JTlDJTg3JUU1JUJBJUE2MyUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0VNNC4zJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRTMwa20lM0MlMkZ0ZCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRTIwMTklMkYwNSUyRjExJTIwMDglM0E1OSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTYlOTclQTUlRTUlOTAlOTElRTclODElOTglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwc3R5bGUlM0QlMjJjb2xvciUzQSUyM2YwMCUzQiUyMiUzRSVFOSU5QyU4NyVFNSVCQSVBNjQlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwc3R5bGUlM0QlMjJjb2xvciUzQSUyM2YwMCUzQiUyMiUzRU00LjklM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFNDBrbSUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlMEElMjAlMjAlM0N0ciUzRSUzQ3RkJTNFMjAxOSUyRjA1JTJGMTAlMjAyMCUzQTQwJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNiU5NyVBNSVFNSU5MCU5MSVFNyU4MSU5OCUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTklOUMlODclRTUlQkElQTYyJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjNmMDAlM0IlMjIlM0VNNC44JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRTIwa20lM0MlMkZ0ZCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRTIwMTklMkYwNSUyRjEwJTIwMTMlM0E1NCUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTYlOTclQTUlRTUlOTAlOTElRTclODElOTglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU5JTlDJTg3JUU1JUJBJUE2MSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0VNNC4yJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRTIwa20lM0MlMkZ0ZCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRTIwMTklMkYwNSUyRjEwJTIwMDklM0EwNyUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTYlOTclQTUlRTUlOTAlOTElRTclODElOTglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU5JTlDJTg3JUU1JUJBJUE2MyUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlMjBzdHlsZSUzRCUyMmNvbG9yJTNBJTIzZjAwJTNCJTIyJTNFTTQuOSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UxMGttJTNDJTJGdGQlM0UlM0MlMkZ0ciUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ3RyJTNFJTNDdGQlM0UyMDE5JTJGMDUlMkYxMCUyMDA4JTNBNDglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU2JTk3JUE1JUU1JTkwJTkxJUU3JTgxJTk4JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjNmMDAlM0IlMjIlM0UlRTklOUMlODclRTUlQkElQTY1JUU1JUJDJUIxJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjNmMDAlM0IlMjIlM0VNNi4zJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRTIwa20lM0MlMkZ0ZCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRTIwMTklMkYwNSUyRjEwJTIwMDclM0E0MyUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTYlOTclQTUlRTUlOTAlOTElRTclODElOTglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU5JTlDJTg3JUU1JUJBJUE2MyUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlMjBzdHlsZSUzRCUyMmNvbG9yJTNBJTIzZjAwJTNCJTIyJTNFTTUuNiUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UyMGttJTNDJTJGdGQlM0UlM0MlMkZ0ciUzRSUwQSUzQyUyRnRhYmxlJTNFとなります。 ITOITO-STYLEでは 『【九州・四国】紀伊水道および日向灘での連続地震(2019/03/27)』 にて既報ですが、日向灘では今年3/27にもM5.4の地震が1日に2回発生しています。今回の地震をうけて、気象庁は5/10の11:00より記者会見を実施しました。 記者から「より大きな地震の前震である可能性は?」との問いが出て、ネット上などでも「南海トラフ巨大地震の前兆、前震ではないか?」という声も上がっています。記者会見での気象庁の公式見解としては、 ・南海トラフ巨大地震の想定震源域内の地震ということで可能性は否定するものではない ・臨時の調査や検討を実施する基準はM6.8以上。今回はM6.3で基準に満たないため実施しない ・南海トラフ巨大地震に連動するかどうかは、過去の地震資料を調査した結果、そのような領域には一致しない ・よって注意喚起としては今後同程度(震度5弱程度)の地震に注意してほしいという趣旨 となります。 そこで、過去に起きた日向灘を震源とする大きめの地震(最大震度4以上)に着目して遡って確認してみると、JTNDdGFibGUlMjBib3JkZXIlM0QlMjIxJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDdHIlMjBzdHlsZSUzRCUyMmJhY2tncm91bmQtY29sb3IlM0ElMjNjY2MlM0IlMjIlM0UlM0N0aCUzRSVFNyU5OSVCQSVFNyU5NCU5RiVFNiU5NyVBNSVFNiU5OSU4MiUzQyUyRnRoJTNFJTNDdGglM0UlRTklOUMlODclRTYlQkElOTAlM0MlMkZ0aCUzRSUzQ3RoJTNFJUU2JTlDJTgwJUU1JUE0JUE3JUU5JTlDJTg3JUU1JUJBJUE2JTNDJTJGdGglM0UlM0N0aCUzRSVFOCVBNiU4RiVFNiVBOCVBMSUzQyUyRnRoJTNFJTNDdGglM0UlRTYlQjclQjElRTMlODElOTUlM0MlMkZ0aCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRTIwMTklMkYwNSUyRjEwJTIwMDglM0E0OCUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTYlOTclQTUlRTUlOTAlOTElRTclODElOTglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwc3R5bGUlM0QlMjJjb2xvciUzQSUyM2YwMCUzQiUyMiUzRSVFOSU5QyU4NyVFNSVCQSVBNjUlRTUlQkMlQjElM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwc3R5bGUlM0QlMjJjb2xvciUzQSUyM2YwMCUzQiUyMiUzRU02LjMlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU2JUI3JUIxJUUzJTgxJTk1MzBrbSUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlMEElMjAlMjAlM0N0ciUzRSUzQ3RkJTNFMjAxOSUyRjAzJTJGMjclMjAxNSUzQTM4JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNiU5NyVBNSVFNSU5MCU5MSVFNyU4MSU5OCUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTklOUMlODclRTUlQkElQTY0JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRU01LjQlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU2JUI3JUIxJUUzJTgxJTk1MjFrbSUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlMEElMjAlMjAlM0N0ciUzRSUzQ3RkJTNFMjAxNyUyRjAzJTJGMDIlMjAyMyUzQTUzJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNiU5NyVBNSVFNSU5MCU5MSVFNyU4MSU5OCUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTklOUMlODclRTUlQkElQTY0JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRU01LjMlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU2JUI3JUIxJUUzJTgxJTk1MzdrbSUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlMEElMjAlMjAlM0N0ciUzRSUzQ3RkJTNFMjAxNiUyRjEwJTJGMjIlMjAwMyUzQTMzJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNiU5NyVBNSVFNSU5MCU5MSVFNyU4MSU5OCUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTklOUMlODclRTUlQkElQTY0JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRU00LjQlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU2JUI3JUIxJUUzJTgxJTk1NjBrbSUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlMEElMjAlMjAlM0N0ciUzRSUzQ3RkJTNFMjAxNSUyRjA4JTJGMjYlMjAwNyUzQTUxJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNiU5NyVBNSVFNSU5MCU5MSVFNyU4MSU5OCUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTklOUMlODclRTUlQkElQTY0JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRU01LjIlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU2JUI3JUIxJUUzJTgxJTk1MzRrbSUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlMEElMjAlMjAlM0N0ciUzRSUzQ3RkJTNFMjAxNCUyRjA4JTJGMjklMjAwNCUzQTE0JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNiU5NyVBNSVFNSU5MCU5MSVFNyU4MSU5OCUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTklOUMlODclRTUlQkElQTY0JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjNmMDAlM0IlMjIlM0VNNi4wJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNiVCNyVCMSVFMyU4MSU5NTE4a20lM0MlMkZ0ZCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRTIwMTIlMkYwMSUyRjMwJTIwMDMlM0ExOCUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTYlOTclQTUlRTUlOTAlOTElRTclODElOTglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU5JTlDJTg3JUU1JUJBJUE2NCUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0VNNC45JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNiVCNyVCMSVFMyU4MSU5NTM5a20lM0MlMkZ0ZCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRTIwMDklMkYwOCUyRjA1JTIwMTIlM0E1MSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTYlOTclQTUlRTUlOTAlOTElRTclODElOTglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU5JTlDJTg3JUU1JUJBJUE2NCUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0VNNS4wJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNiVCNyVCMSVFMyU4MSU5NTMza20lM0MlMkZ0ZCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRTIwMDklMkYwNCUyRjA1JTIwMTglM0EzNiUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTYlOTclQTUlRTUlOTAlOTElRTclODElOTglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU5JTlDJTg3JUU1JUJBJUE2NCUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlMjBzdHlsZSUzRCUyMmNvbG9yJTNBJTIzZjAwJTNCJTIyJTNFTTUuNiUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTYlQjclQjElRTMlODElOTUyOGttJTNDJTJGdGQlM0UlM0MlMkZ0ciUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ3RyJTNFJTNDdGQlM0UyMDA2JTJGMDMlMkYyNyUyMDExJTNBNTAlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU2JTk3JUE1JUU1JTkwJTkxJUU3JTgxJTk4JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjNmMDAlM0IlMjIlM0UlRTklOUMlODclRTUlQkElQTY1JUU1JUJDJUIxJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjNmMDAlM0IlMjIlM0VNNS41JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNiVCNyVCMSVFMyU4MSU5NTM1a20lM0MlMkZ0ZCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRTIwMDIlMkYxMSUyRjA0JTIwMTMlM0EzNiUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTYlOTclQTUlRTUlOTAlOTElRTclODElOTglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwc3R5bGUlM0QlMjJjb2xvciUzQSUyM2YwMCUzQiUyMiUzRSVFOSU5QyU4NyVFNSVCQSVBNjUlRTUlQkMlQjElM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwc3R5bGUlM0QlMjJjb2xvciUzQSUyM2YwMCUzQiUyMiUzRU01LjklM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU2JUI3JUIxJUUzJTgxJTk1MzVrbSUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlMEElM0MlMkZ0YWJsZSUzRQ==となっています。2012年以降は1〜2年に一度程度、この規模の地震が起きていることが判ります。 これらのうち、今回より前の震度5弱以上またはM6以上のものをピックアップすると、 【震度5弱以上の地震】発生したのは約13年前、2006/03/27 11:50に発生したM5.5 【 M6.0 以上の地震 】発生したのは約5年前、2014/08/29 04:14に発生した震度4 となります。 しかし、例えばM5.9やM6.0の地震の後に周辺震源域で、より大きな地震が起きたかと言えば、そうではないこともわかります。   南海トラフ巨大地震に該当する地震が発生したのは、直近でも昭和時代の1946年と1944年。それ以前は江戸時代後期の1854年です。 【近代の南海トラフ巨大地震相当の大地震】 1946/12/21(昭和21年):昭和南海地震 (M8.0 最大震度6) 1944/12/07(昭和19年):昭和東南海地震(M7.9 最大震度6) 1854/12/24(嘉永 7年):安政南海地震 (M8.4 最大震度7) 1854/12/23(嘉永 7年):安政東海地震 (M8.4 最大震度7) ではさらに、1970/01/01〜2019/05/08までの期間で日向灘におけるM6.5以上の大地震を見てみます。JTNDdGFibGUlMjBib3JkZXIlM0QlMjIxJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDdHIlMjBzdHlsZSUzRCUyMmJhY2tncm91bmQtY29sb3IlM0ElMjNjY2MlM0IlMjIlM0UlM0N0aCUzRSVFNyU5OSVCQSVFNyU5NCU5RiVFNiU5NyVBNSVFNiU5OSU4MiUzQyUyRnRoJTNFJTNDdGglM0UlRTklOUMlODclRTYlQkElOTAlM0MlMkZ0aCUzRSUzQ3RoJTNFJUU2JTlDJTgwJUU1JUE0JUE3JUU5JTlDJTg3JUU1JUJBJUE2JTNDJTJGdGglM0UlM0N0aCUzRSVFOCVBNiU4RiVFNiVBOCVBMSUzQyUyRnRoJTNFJTNDdGglM0UlRTYlQjclQjElRTMlODElOTUlM0MlMkZ0aCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRTE5OTYlMkYxMiUyRjAzJTIwMDclM0ExNyUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTYlOTclQTUlRTUlOTAlOTElRTclODElOTglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU5JTlDJTg3JUU1JUJBJUE2NSVFNSVCQyVCMSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0VNNi43JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNiVCNyVCMSVFMyU4MSU5NTM4a20lM0MlMkZ0ZCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRTE5OTYlMkYxMCUyRjE5JTIwMjMlM0E0NCUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTYlOTclQTUlRTUlOTAlOTElRTclODElOTglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU5JTlDJTg3JUU1JUJBJUE2NSVFNSVCQyVCMSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlMjBzdHlsZSUzRCUyMmNvbG9yJTNBJTIzZjAwJTNCJTIyJTNFTTYuOSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTYlQjclQjElRTMlODElOTUzNGttJTNDJTJGdGQlM0UlM0MlMkZ0ciUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ3RyJTNFJTNDdGQlM0UxOTg3JTJGMDMlMkYxOCUyMDEyJTNBMzYlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU2JTk3JUE1JUU1JTkwJTkxJUU3JTgxJTk4JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFOSU5QyU4NyVFNSVCQSVBNjUlRTMlODAlODAlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFTTYuNiUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTYlQjclQjElRTMlODElOTU0OGttJTNDJTJGdGQlM0UlM0MlMkZ0ciUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ3RyJTNFJTNDdGQlM0UxOTg0JTJGMDglMkYwNyUyMDA0JTNBMDYlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU2JTk3JUE1JUU1JTkwJTkxJUU3JTgxJTk4JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFOSU5QyU4NyVFNSVCQSVBNjQlRTMlODAlODAlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwc3R5bGUlM0QlMjJjb2xvciUzQSUyM2YwMCUzQiUyMiUzRU03LjElM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU2JUI3JUIxJUUzJTgxJTk1MzNrbSUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlMEElMjAlMjAlM0N0ciUzRSUzQ3RkJTNFMTk3MCUyRjA3JTJGMjYlMjAwNyUzQTQxJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNiU5NyVBNSVFNSU5MCU5MSVFNyU4MSU5OCUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTklOUMlODclRTUlQkElQTY1JUUzJTgwJTgwJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRU02LjclM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU2JUI3JUIxJUUzJTgxJTk1MjBrbSUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlMEElM0MlMkZ0YWJsZSUzRQ==気象庁が南海トラフ巨大地震の発生を調査する臨時検討会が開催される基準となるM6.8以上が2つ、出てきます。 1996/10/19のM6.9と1984/08/07のM7.1ですね。 しかし、ここでもその後、南海トラフ巨大地震に相当するような地震は日向灘を含めた想定震源域では発生していません。以上のことから過去の事例を参照する限り、5/10の日向灘のM6.3の地震は「南海トラフ巨大地震の前兆ではない」と考えることはできます。 しかし、東日本大震災のように「想定外」が起きるのが大規模自然災害の怖さと現実でもあります。 プレート境界型ではありませんが、2016年の熊本地震が起こるまで熊本は大震災とは100年以上も無縁だとされていましたし、大阪府北部地震や北海道胆振東部地震などもほぼ前兆が無い状態で発生しています。 気象庁が公開している情報においては、日向灘で起きた大きめの地震でM6.0を超えるものは「2019/05/10 08:48のM6.3」が恐らく初めてであると考えられます。 また今回の日向灘での地震の前日、2019/5/9には阿蘇山で小規模な噴火が発生しており、九州・四国あたりの地殻の活動が活発であるようです。 今後も引き続き備えと警戒は必須と言えるでしょう。 特に、気象庁が南海トラフ巨大地震の発生の可能性に関して臨時の調査や検討を実施する基準は「想定震源域でM6.8以上の地震が起きた場合」となるので、南海トラフ巨大地震の発生の可能性が高まる1つの基準はM6.8の地震が発生した場合です。 もし想定震源域の特に津波被害が予想される沿岸部にお住まいの場合は何もない平時に、津波被害から逃れるための最短の高台や指定避難場所などへの避難ルートのご確認を。 それ以外の地域のお住まいの場合でも、特にトイレットペーパーは日頃から多めにストックしておくと良いでしょう。 トイレットペーパーの国内生産の約4割は静岡県で行われているということで、経済産業省が2018年8月に東海地震等の発生を念頭に『トイレットペーパーを備蓄しましょう!』というニュースリリースを公開しています。

【東北】岩手沖・青森沖でM4クラスが2連続(2019/05/08)

2019/05/08は9:20頃に岩手県沖で最大震度4・M4.4の地震があり、すぐその2分後に青森県東方沖でも最大震度1・M4.3の地震を観測しました。 岩手県沖を震源とする地震は東日本大震災以降は比較的活発で、最大震度5弱以上の大きな地震は東日本大震災当日を含めてこれまで複数回発生しており、特に2015/2/17には最大震度5強・M5.7もありました。 マグニチュード(M)だけで見た場合、2014/7/5にもM5.9の規模のものが発生しています。 また岩手県沖は、最大震度4以上を観測する地震も頻発する震源域となっています。 東北〜関東の日本海溝沿いでは今後30年内にM7級の大地震の発生確率がかなり高いとされており、予測される発生確率などは2019/2/26に政府の地震調査委員会によって公表されています。 特に5/8に地震があった岩手県沖(北部)と青森県東方沖では、今後30年内M7.0〜M7.5規模の地震が起きる確率が「90%程度以上」とされており、先にお伝えした北海道沖の千島海溝沿いで起きることが予測されている地震と並んで、起きた際の被害が懸念されます。 (北海道沖の千島海溝沿いとしては、5/8にも択捉島南東沖にてM4.8が起きています) マグニチュードに関連してよく耳にすることで 「小規模な地震が連続すれば、その後に起きるかもしれない大震災規模の地震を引き起こすエネルギーが開放されて、巨大地震は起きにくくなるのではないか?」 という話題があります。 マグニチュードの値による地震の規模の違いですが、マグニチュードが「1」大きくなると、地震のエネルギーは「約30倍」も大きくなるという関係が判っています(厳密には31.6倍)。 例えば、M4.0を「1」としましょう。M5.0〜M7.0を考えると単純計算して M4.0:1 M5.0:約30倍 M6.0:約900倍 M7.0:約27,000倍 となり、M7.0の地震のエネルギーをM4.0の地震で開放しようとしたら、乱暴に言ってM4.0の地震が約27,000回以上起きる必要がある計算になります。 地震が多く起きている場所だから今後想定される巨大地震は規模が軽減されるのではないか?とは考えず、個人レベルでも(可能な範囲ではありますが)備えておくことが必要です。

【海外】パプアニューギニアでM7.2の大地震(2019/05/09)

2019/05/07の日本時間の早朝、パプアニューギニアでM7.2の大きな地震がありました(USGS公表値)。 日本列島を含む環太平洋火山帯の南側は特に、大地震の巣とも言えるM7クラスの地震が珍しくない頻発地帯です。 ニューギニア付近では年に数回または1〜2年に1回程度、M7以上の大地震が発生しており、近年では2016/12/17にM7.9の巨大地震が発生しています。 日本を含む環太平洋火山帯としてはパプアニューギニアなどの南西太平洋地域やフィリピン・インドネシアなどの東南アジアもつながっており、さらに西側を見れば南米や北米の太平洋側、アラスカなども環太平洋火山帯に含まれます。 この地球上で発生する地震の約90%が環太平洋火山帯で発生、活火山の75%もこの範囲に点在しており、環太平洋火山帯の成因はプレート・テクトニクス理論における岩盤間の相互作用によるものとのこと。 「赤道を超え日本から遠く離れた地域での地震だから日本には無関係だろう」というわけではありません。 周囲が約4万kmという途方もなく大きな「蹄鉄状」の環太平洋火山帯ですが、1つの巨大な地殻下活動体とも言え、日本における地震や火山活動にも影響が考えられます。 ちょうどゴールデンウィーク中の5/3には九州の阿蘇山でも再度の噴火があり、5/5には根室半島南東沖でもM5.3の大きめの地震があったばかり。備えだけは出来る範囲でしっかりとやっておきましょう。

【北海道】根室半島沖で最大震度4, M5.3(2019/05/07)

2019/05/07は早朝にニューギニア付近でM7.1の大地震がありました。こちらは別途お伝えします。 ゴールデンウィーク中に注目した地震は最近増えている北海道沖、根室半島南東沖で5/5に発生したM5.3・最大震度4のもの。5/7には、千島海溝のロシア側でもM5.2が発生しています。 北海道の千島海溝側では最近になって地震が増えてきている印象があります。特に根室半島南東沖での有感地震は2016年以降は年間14〜15回程度ですが、今年は5月上旬で早くも10回程度と頻度が高めです。 千島海溝沿いの広い範囲では、今後30年内にM8〜9クラスの地震の発生が想定されており、発生間隔としてはすでにいつ起きてもおかしくないと言う見かたもあります。 (一部の地震研究者(予言などのオカルトではない)の間では、南海トラフ巨大地震は2030年代半ば以降が危険期ではないか、とも言われています) 千島海溝と日本海溝に沈み込む直前の太平洋プレート(アウターライズ)内では正断層型巨大地震が発生することが指摘されています。(千島海溝側のアウターライズ地震断層は、数は多いものの浅い傾向にあります) アウターライズ地震が起きた場合、陸側の揺れは小さいながらも津波が沿岸部に押し寄せる可能性がありますが、このアウターライズ地震については震源断層の情報が無く想定シナリオ地震が設定できていないのが現状とのこと(JAMSTEC公開資料より超概略)。 津波を伴うM8〜9クラスともなれば個人や家庭で備えるには当然限界があり、それこそ官産民それぞれの粒度で広範囲に渡りキメの細かい備えを連携しながらおこなう必要性がありますが、次の巨大地震が実際に起きるまでにどこまで実現可能なのでしょうか。 まずは個人や家庭レベルで備えた上で、危機感を共有できる人々が地域ごとに連携・共助できるコミュニティ機能を作ることも大切かもしれません。

【北海道】千島海溝沿いで続発する地震(2019/04/28)

2019/04/28は十勝地方南部で深さはあるものの、最大震度4・M5.6と規模の大きな地震がありました。 北海道は4月に入ってから有感地震が続発している印象があります。 2017年12月の政府地震調査委の発表では、北海道の根室沖を中心に今後30年内にM9クラスの巨大地震が発生する切迫性が高く(発生確率最大40%)、仮に発生した場合は沿岸部に20m以上の大津波が押し寄せる可能性があるという予想です。 北海道根室沖を中心とする地震に関しては、発生間隔がおよそ340〜380年周期となっていますが、前回の発生からはすでに400年以上が経過しており、いつ起きてもおかしくないとされています。 自然災害の発生可能性を確率論で見る場合、確率が小さければなんとなく安心・大きければ不安という気持ちになりがちですが、確率論だけに実際にどのエリアにどの程度の被害が起きるかは起きてみなければわかりません。 これはいわゆる「ハザードマップ」などにも言えることで、ご自身がお住まいの地域がハザードマップ上では大きな被害が無いか、被害が小さいとされる場所になっていることによって「正常性バイアス」が働き、実際には命に関わる危険性が生じているのに逃げ遅れるという状況にもなりかねません。 とにかく災害時にはできるだけ正確な情報に耳を傾け、少しでも自分や家族に危険が生じそうな場合は先手を打って避難などの行動に移ることが重要です。 行動した結果、何も起きなければそれでいいのです。行動しないことで命を落とすということだけは、なんとしても避けなければなりません。 ゴールデンウィークということで北海道旅行に行かれている方も多いと思いますが、地震などの災害情報はスマホで簡単にチェックできますので、1日1回程度は確認するようにしてみると良いかもしれませんね。

SNSから漏れる「あなたの留守情報」。自宅の防犯対策やってますか?

初夏のゴールデンウィークや夏休み、秋のシルバーウィークに年末から年始にかけての正月休み。 そうしたまとまった休暇を利用して旅行にでかけたり実家に帰省したりと、様々な余暇活動を楽しむ方々は多いと思いますが、そうした休暇の時期に増えるのが「空き巣」と呼ばれる侵入窃盗犯による物盗り被害。 出かける際に玄関の鍵は閉めているけど、意外と部屋の窓の鍵が開いていたりしませんか? そして多くの方々に心当たりがあると思われるのが「旅行の予定や旅行中の写真、観光スポットへのチェックインなどをfacebookやinstagram、twitterなどのSNSに投稿する」こと。 その投稿のプライバシー設定は大丈夫ですか?友達以外の不特定多数からも見られる状態になっていませんか? SNSでの友達も、一度も対面で会ったことがなかったり、実際にはよく知らない人だったりしませんか?   【ニュース記事より】 ちょっと待って!その写真SNSに上げちゃダメ! https://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/20180426-OYT8T50014/ インスタ投稿、空き巣の標的に 窃盗チームもSNSで https://www.asahi.com/articles/ASLBM51NDLBMOIPE01T.html SNS投稿時、もっとも注意すべき点は 「旅行などで自宅を長時間・長期間、留守にしていることが判る情報をリアルタイムに投稿しない」 というものです。 個人的な旅行などの写真や思い出話をSNSに投稿する際は、できるかぎり帰宅後の投稿とするか、どうしてもリアルタイムに投稿したい場合は信頼のおける友人知人のみの範囲にしましょう。 『いや、住所とか公開してないから大丈夫でしょ?』 と、思うかもしれませんが、SNSに投稿された文章と写真に写り込んだ風景や物を突き合わせて、写真が撮影された場所を特定されてしまうことは、犯罪だけでなくネット上の炎上案件などでも頻繁に発生しています。facebookのように投稿ごとに公開範囲を設定できる場合は、プライベートな内容は信頼できる友人のみか、さらに絞り込んでオフラインで会ったことの無い人は除外すると良いでしょう。twitterやinstagramの場合は「非公開アカウント」でない限り、不特定多数の第三者からでも内容を見ることができます。投稿がフォロワーである友人知人のみ見られると思いこんでいたら、期せずして全世界に公開されていたという悲しい出来事が後を絶ちません。 instagramは投稿内容を後から修正できますが、twitterは投稿内容を後から修正することはできません。使っているSNSの性質を理解して、投稿時に十分注意する必要があります。 もし個人が特定できる内容を投稿してしまった場合は、思い切って削除する気持ちを。twitterやinstagramで、すでにプライベートな情報をたくさん投稿済みだけれど、修正できなかったり削除するのはすぐに決断できない・・・でも知らない人からは見られないようにしたい。 という場合は、応急処置としてアカウントをフォロワー以外には非公開にすることができます。これで非公開のアカウントになり、フォロワー以外からは見ることができなくなります。 旅行などにでかけている間だけ、こうした応急処置をとるのも選択肢の1つです。 (ただし抜本的な解決にはなっていないことをお忘れなく)警視庁の資料によれば、侵入窃盗犯の侵入手段として多いものトップ1位と2位は、 1位:無締り(施錠されていない場所からの侵入) 2位:ガラス破り となっています。やはり施錠は一番手軽ですが、基本中の基本。 空き巣などの窃盗犯が嫌がるのは、侵入に際して「手間や時間が掛かる」ことと、声をかけられる・人の目・人のいる雰囲気です。 特に、人から声をかけられることで犯行をあきらめるケースが非常に多く、ご近所づきあいの活発な環境は侵入犯罪に対する防犯力が高まります。 個人・家庭でできることとして、在宅時や自宅を留守にする場合に関わらず、外部から簡単に侵入しにくいようにしておきましょう。 【基本対策】 ・在宅や留守を問わず、出入り口や使っていない部屋の窓はすべて施錠する(特に風呂場やトイレ) ・補助錠があるドアや窓は、かならず補助錠も有効にする ・玄関の合鍵を玄関周辺に隠さない(空き巣からはバレバレ) ・郵便ポストには鍵をつけ、郵便物を取り出すとき以外は施錠する ・旅行などで留守にする場合は部屋の電気はつけておく(レースのカーテンは完全に閉め、厚手のカーテンは数センチ開けて光が見えるようにする)   また、応用編としていくつかの防犯機器を利用するという手もあります。   【応用対策】 ・窓にはガラスを破りにくくする防犯フィルムを貼る(特に鍵周辺) ・人などの動きに反応して点灯するセンサーライトを取り付ける ・ガラス窓には振動検知アラーム(防犯ブザー)を取り付ける ・録画機能のある防犯カメラを設置する ・ガラス窓を二重にし、面格子を取り付ける 編集部スタッフは、自宅の周囲にセンサーライトを設置し、窓ガラスの鍵周辺には振動検知アラームを取り付けています。 センサーライトは夜間に人が近づいたりすると自動的に点灯し、振動検知アラームはガラスを破ろうとすると大きな音を発します。こちらは振動(衝撃)検知アラーム。扱いが簡単で誤作動が無いものをという点で選定しました。 ガラス窓に両面テープで貼り付けるタイプで、貼付け面に「WARNING 防犯装置作動中」という記載があり、外からはこれが見えます。 このモデルは誤作動がほとんど無く、窓の通常にお開閉や窓を手で叩いたりしても反応しないのですが、金属などで窓を軽く叩くと反応して、けたたましい大音量で警報が鳴り出します。 編集部スタッフは自宅の全窓に取り付けました。JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyVnJ6REllJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRm0ubWVkaWEtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY4MVlaVmVqMWlZTC5fQUNfVUwzMjBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyVnJ6REllJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0VFTFBBJTNBJUU4JTk2JTg0JUU1JTlFJThCJUUzJTgyJUI5JUUzJTgzJUFBJUUzJTgzJUEwJUUzJTgyJUEyJUUzJTgzJUE5JUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJUEwJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTclQjclQTglRTklOUIlODYlRTklODMlQTglRTMlODIlQjklRTMlODIlQkYlRTMlODMlODMlRTMlODMlOTUlRTMlODIlODIlRTUlQUUlOUYlRTklOUElOUIlRTMlODElQUIlRTUlQTQlQTclRTklODclOEYlRTglQjMlQkMlRTUlODUlQTUlRTMlODAlODIlRTclQUElOTMlRTMlODIlQUMlRTMlODMlQTklRTMlODIlQjklRTclQTAlQjQlRTMlODIlOEElRTMlODIlOTIlRTYlQTQlOUMlRTclOUYlQTUlRTMlODElOTclRTMlODElQTYlRTUlQTQlQTclRTklOUYlQjMlRTklODclOEYlRTglQUQlQTYlRTUlQTAlQjElRTMlODAlODIlRTglQUElQTQlRTUlOEIlOTUlRTQlQkQlOUMlRTMlODElOEMlRTUlQjAlOTElRTMlODElQUElRTMlODElODQlRTMlODElQUUlRTMlODElOEMlRTclODklQjklRTUlQkUlQjQlRUYlQkMlODglRTQlQkIlOEElRTMlODElQUUlRTMlODElQTglRTMlODElOTMlRTMlODIlOEQlRTglQUElQTQlRTUlOEIlOTUlRTQlQkQlOUMlRTclODQlQTElRTMlODElOTclRUYlQkMlODklRTMlODAlODIlRTglQTElOUQlRTYlOTIlODMlRTYlQTQlOUMlRTclOUYlQTUlRTMlODMlQkIlRTklOTYlOEIlRTYlOTQlQkUlRTYlQTQlOUMlRTclOUYlQTUlRTMlODMlQkIlRTglQTElOUQlRTYlOTIlODMlMkIlRTklOTYlOEIlRTYlOTQlQkUlRTYlQTQlOUMlRTclOUYlQTUlRTMlODElQUUlRUYlQkMlOTMlRTMlODMlOTElRTMlODIlQkYlRTMlODMlQkMlRTMlODMlQjMlRTMlODElOEIlRTMlODIlODklRTklODElQjglRTMlODElQjklRTMlODElQkUlRTMlODElOTklRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0U=こちらはソーラー発電と防水性能を持つセンサーライト。 明るいうちは点灯しませんが、夕暮れ以降など周囲が暗くなるとセンサーが動くものに反応して点灯します。 バッテリーも内蔵しているため、昼間にソーラー発電パネルに太陽光が当たる位置に設置できれば、長期に渡ってバッテリー切れを心配する必要が無いのがメリット(定期的にチェックは必要です)。 夜間、建物の死角になる部分に設置しています。JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyUHVnYVJ3JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRm0ubWVkaWEtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY3MVJva0NRREItTC5fQUNfVUwzMjBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyUHVnYVJ3JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTQlQkElQkElRTYlODQlOUYlRTMlODIlQkIlRTMlODMlQjMlRTMlODIlQjUlRTMlODMlQkMlRTMlODMlQTklRTMlODIlQTQlRTMlODMlODglRUYlQkMlODglRTMlODIlQkQlRTMlODMlQkMlRTMlODMlQTklRTMlODMlQkMlRTclOTklQkElRTklOUIlQkIlRTMlODMlOTElRTMlODMlOEQlRTMlODMlQUIlRTQlQkIlOTglRTMlODElOEQlRUYlQkMlODklM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFNyVCNyVBOCVFOSU5QiU4NiVFOSU4MyVBOCVFMyU4MiVCOSVFMyU4MiVCRiVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU5NSVFMyU4MiU4MiVFNSU4OCVBOSVFNyU5NCVBOCVFNCVCOCVBRCVFMyU4MCU4MiVFNSVBNCU5QyVFOSU5NiU5MyVFMyU4MSVBQiVFNCVCQSVCQSVFMyU4MSVBRSVFNSU4QiU5NSVFMyU4MSU4RCVFMyU4MiU5MiVFNiVBNCU5QyVFNyU5RiVBNSVFMyU4MSU5NyVFMyU4MSVBNiVFOCU4NyVBQSVFNSU4QiU5NSVFNyU4MiVCOSVFNyU4MSVBRiVFMyU4MCU4MiVFNyU4RSU4NCVFOSU5NiVBMiVFNSU4NSU4OCVFMyU4MiU4NCVFMyU4MyU5OSVFMyU4MyVBOSVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU4MCVFMyU4MCU4MSVFNSVBNCU5QyVFOSU5NiU5MyVFMyU4MSVBQiVFNCVCRSVCNSVFNSU4NSVBNSVFNyU4QSVBRiVFMyU4MSU4QyVFNiVCRCU5QyVFMyU4MiU4MSVFMyU4MSU5RCVFMyU4MSU4NiVFMyU4MSVBQSVFNSVBMCVCNCVFNiU4OSU4MCVFMyU4MSVBQiVFOCVBOCVBRCVFNyVCRCVBRSVFMyU4MSU5OSVFMyU4MiU4QiVFMyU4MSVBOCVFNSU4QSVCOSVFNiU5RSU5QyVFNyU5QSU4NCVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSU5OSVFMyU4MCU4MiVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRQ==自宅の自主防犯対策は、簡単なようですが「とにもかくにも、まずは施錠」が基本です。 「すぐそこにゴミを出しに行くから」「歩いて3分のコンビニに買い物に行くだけだから」などの理由で意外と玄関ドアに鍵をかけずに出てしまったり、マンションの高層階だからまさか窓やベランダからは誰も入ってこないだろうと窓を開けたまま就寝したりといったことで侵入される事例が実際にあります。 特に都市部ではご近所づきあいが希薄であったりするため、マンションの隣の部屋に誰が住んでいるのか把握していない、挨拶もしたことがないということも珍しくありません。 そこで、可能であればご近所さんと顔を合わせた際には「おはようございます」「こんにちは」などの挨拶を。普段みかけない人が自宅前などを行ったり来たりしていた場合も、挨拶の形をとって声をかけましょう。 そうした基本対策をおこなった上であれば、センサーライトや振動検知アラーム、防犯カメラなども有効です。 侵入窃盗犯は基本的に「隠密行動」。自分の動きが周囲に知られることを嫌がりますし、侵入の際に想定以上の手間や時間がかかることも嫌います。 そのあたりを突く対策をおこなった上で、休日の外出や長期休暇を楽しみましょう。 「備えあれば憂いなし」です。JTNDaDIlMjBjbGFzcyUzRCUyMndwYl9oZWFkaW5nJTIwd3BiX3NpbmdsZWltYWdlX2hlYWRpbmclMjIlM0UlRTclQjclQTglRTklOUIlODYlRTklODMlQTglRTMlODIlQjklRTMlODIlQkYlRTMlODMlODMlRTMlODMlOTUlRTMlODIlODIlRTQlQkQlQkYlRTMlODElQTMlRTMlODElQTYlRTMlODElODQlRTMlODIlOEIlRTMlODIlODIlRTMlODElQUUlRTMlODIlOTIlRTUlOTAlQUIlRTMlODIlODElRTMlODAlODElRTMlODIlQUElRTMlODIlQjklRTMlODIlQjklRTMlODMlQTElRTMlODElQUUlRTklOTglQjIlRTclOEElQUYlRTMlODIlQjAlRTMlODMlODMlRTMlODIlQkElRTMlODIlOTJhbWF6b24lRTMlODElQTclRTglQTYlOEIlRTMlODIlOEIlRUYlQkMlODElM0MlMkZoMiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkw2RzlRRyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZtLm1lZGlhLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNjFUZHdFUmN6dUwuX0FDX1VMMzIwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkw2RzlRRyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUU5JTk4JUIyJUU3JThBJUFGJUU3JTk0JUE4JUUzJTgzJUJCJUUzJTgyJUFDJUUzJTgzJUE5JUUzJTgyJUI5JUU3JUEwJUI0JUUzJTgyJThBJUU5JTk4JUIyJUU2JUFEJUEyJUUzJTgzJTk1JUUzJTgyJUEzJUUzJTgzJUFCJUUzJTgzJUEwJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTclQUElOTMlRTMlODIlQUMlRTMlODMlQTklRTMlODIlQjklRTMlODElQUIlRTglQjIlQkMlRTMlODIlOEIlRTMlODElQTglRTclQTAlQjQlRTMlODIlOEElRTMlODElQUIlRTMlODElOEYlRTMlODElOEYlRTMlODElQUElRTMlODIlOEIlRTUlQkUlOEMlRTQlQkIlOTglRTMlODElOTElRTMlODMlOTUlRTMlODIlQTMlRTMlODMlQUIlRTMlODMlQTAlRTMlODAlODIlRTclQUElOTMlRTUlODUlQTglRTQlQkQlOTMlRTMlODIlOTIlRTglQTYlODYlRTMlODElODYlRTMlODElQUUlRTMlODElOEMlRTclOTAlODYlRTYlODMlQjMlRTMlODElQTclRTMlODElOTklRTMlODElOEMlRTMlODAlODElRTUlQjAlOEYlRTMlODElOTUlRTMlODIlODElRTMlODElQUUlRTUlQTAlQjQlRTUlOTAlODglRTMlODElQUYlRTklOEQlQjUlRTUlOTElQTglRTglQkUlQkElRTMlODElQUIlRTMlODAlODIlRTclQTklQkElRTMlODElOEQlRTUlQjclQTMlRTMlODElQUYlRTklOEQlQjUlRTQlQkIlOTglRTglQkYlOTElRTMlODElQUUlRTMlODIlQUMlRTMlODMlQTklRTMlODIlQjklRTMlODIlOTIlRTclQTAlQjQlRTMlODElQTMlRTMlODElQTYlRTYlODklOEIlRTMlODIlOTIlRTUlODUlQTUlRTMlODIlOEMlRTMlODAlODElRTglQTclQTMlRTklOEMlQTAlRTMlODElOTclRTMlODElQkUlRTMlODElOTklRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJWcnpESWUlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGbS5tZWRpYS1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjgxWVpWZWoxaVlMLl9BQ19VTDMyMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJWcnpESWUlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRUVMUEElM0ElRTglOTYlODQlRTUlOUUlOEIlRTMlODIlQjklRTMlODMlQUElRTMlODMlQTAlRTMlODIlQTIlRTMlODMlQTklRTMlODMlQkMlRTMlODMlQTAlM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFNyVCNyVBOCVFOSU5QiU4NiVFOSU4MyVBOCVFMyU4MiVCOSVFMyU4MiVCRiVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU5NSVFMyU4MiU4MiVFNSVBRSU5RiVFOSU5QSU5QiVFMyU4MSVBQiVFNSVBNCVBNyVFOSU4NyU4RiVFOCVCMyVCQyVFNSU4NSVBNSVFMyU4MCU4MiVFNyVBQSU5MyVFMyU4MiVBQyVFMyU4MyVBOSVFMyU4MiVCOSVFNyVBMCVCNCVFMyU4MiU4QSVFMyU4MiU5MiVFNiVBNCU5QyVFNyU5RiVBNSVFMyU4MSU5NyVFMyU4MSVBNiVFNSVBNCVBNyVFOSU5RiVCMyVFOSU4NyU4RiVFOCVBRCVBNiVFNSVBMCVCMSVFMyU4MCU4MiVFOCVBQSVBNCVFNSU4QiU5NSVFNCVCRCU5QyVFMyU4MSU4QyVFNSVCMCU5MSVFMyU4MSVBQSVFMyU4MSU4NCVFMyU4MSVBRSVFMyU4MSU4QyVFNyU4OSVCOSVFNSVCRSVCNCVFRiVCQyU4OCVFNCVCQiU4QSVFMyU4MSVBRSVFMyU4MSVBOCVFMyU4MSU5MyVFMyU4MiU4RCVFOCVBQSVBNCVFNSU4QiU5NSVFNCVCRCU5QyVFNyU4NCVBMSVFMyU4MSU5NyVFRiVCQyU4OSVFMyU4MCU4MiVFOCVBMSU5RCVFNiU5MiU4MyVFNiVBNCU5QyVFNyU5RiVBNSVFMyU4MyVCQiVFOSU5NiU4QiVFNiU5NCVCRSVFNiVBNCU5QyVFNyU5RiVBNSVFMyU4MyVCQiVFOCVBMSU5RCVFNiU5MiU4MyUyQiVFOSU5NiU4QiVFNiU5NCVCRSVFNiVBNCU5QyVFNyU5RiVBNSVFMyU4MSVBRSVFRiVCQyU5MyVFMyU4MyU5MSVFMyU4MiVCRiVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyVCMyVFMyU4MSU4QiVFMyU4MiU4OSVFOSU4MSVCOCVFMyU4MSVCOSVFMyU4MSVCRSVFMyU4MSU5OSVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlB1Z2FSdyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZtLm1lZGlhLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNzFSb2tDUURCLUwuX0FDX1VMMzIwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlB1Z2FSdyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUU0JUJBJUJBJUU2JTg0JTlGJUUzJTgyJUJCJUUzJTgzJUIzJUUzJTgyJUI1JUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJUE5JUUzJTgyJUE0JUUzJTgzJTg4JUVGJUJDJTg4JUUzJTgyJUJEJUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJUE5JUUzJTgzJUJDJUU3JTk5JUJBJUU5JTlCJUJCJUUzJTgzJTkxJUUzJTgzJThEJUUzJTgzJUFCJUU0JUJCJTk4JUUzJTgxJThEJUVGJUJDJTg5JTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTclQjclQTglRTklOUIlODYlRTklODMlQTglRTMlODIlQjklRTMlODIlQkYlRTMlODMlODMlRTMlODMlOTUlRTMlODIlODIlRTUlODglQTklRTclOTQlQTglRTQlQjglQUQlRTMlODAlODIlRTUlQTQlOUMlRTklOTYlOTMlRTMlODElQUIlRTQlQkElQkElRTMlODElQUUlRTUlOEIlOTUlRTMlODElOEQlRTMlODIlOTIlRTYlQTQlOUMlRTclOUYlQTUlRTMlODElOTclRTMlODElQTYlRTglODclQUElRTUlOEIlOTUlRTclODIlQjklRTclODElQUYlRTMlODAlODIlRTclOEUlODQlRTklOTYlQTIlRTUlODUlODglRTMlODIlODQlRTMlODMlOTklRTMlODMlQTklRTMlODMlQjMlRTMlODMlODAlRTMlODAlODElRTUlQTQlOUMlRTklOTYlOTMlRTMlODElQUIlRTQlQkUlQjUlRTUlODUlQTUlRTclOEElQUYlRTMlODElOEMlRTYlQkQlOUMlRTMlODIlODElRTMlODElOUQlRTMlODElODYlRTMlODElQUElRTUlQTAlQjQlRTYlODklODAlRTMlODElQUIlRTglQTglQUQlRTclQkQlQUUlRTMlODElOTklRTMlODIlOEIlRTMlODElQTglRTUlOEElQjklRTYlOUUlOUMlRTclOUElODQlRTMlODElQTclRTMlODElOTklRTMlODAlODIlRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJWeUpaV3UlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGbS5tZWRpYS1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjcxYWFKUW5BTGRMLl9BQ19VTDMyMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJWeUpaV3UlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFOSU5OCVCMiVFNyU4QSVBRiVFMyU4MiVBQiVFMyU4MyVBMSVFMyU4MyVBOSVFNSU5MCU4NCVFNyVBOCVBRSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU4JUJGJTkxJUU1JUI5JUI0JUU1JTg1JUE1JUU2JTg5JThCJUUzJTgxJTk3JUUzJTgyJTg0JUUzJTgxJTk5JUUzJTgxJThGJUUzJTgxJUFBJUUzJTgxJUEzJUUzJTgxJTlGJUU5JTk4JUIyJUU3JThBJUFGJUUzJTgyJUFCJUUzJTgzJUExJUUzJTgzJUE5JUUzJTgwJTgyJUU0JUI4JTg3JUUzJTgxJThDJUU0JUI4JTgwJUU0JUJFJUI1JUU1JTg1JUE1JUUzJTgxJTk1JUUzJTgyJThDJUUzJTgxJTlGJUU1JUEwJUI0JUU1JTkwJTg4JUUzJTgxJUFFJUU4JUE4JUJDJUU2JThCJUEwJUU2JTk4JUEwJUU1JTgzJThGJUUzJTgyJTkyJUU3JTk0JUE4JUU2JTg0JThGJUUzJTgxJUE3JUUzJTgxJThEJUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJTk5JUUzJTgwJTgyJUUzJTgzJTgwJUUzJTgzJTlGJUUzJTgzJUJDJUUzJTgyJUFCJUUzJTgzJUExJUUzJTgzJUE5JUUzJTgyJTgyJUUzJTgxJTgyJUUzJTgyJThBJUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJTk5JUUzJTgxJThDJUUzJTgwJTgxJUUzJTgzJTgwJUUzJTgzJTlGJUUzJTgzJUJDJUUzJTgxJThCJUU2JTlDJUFDJUU3JTg5JUE5JUUzJTgxJThCJUUzJTgxJUFGJUU3JUE5JUJBJUUzJTgxJThEJUU1JUI3JUEzJUUzJTgxJThCJUUzJTgyJTg5JUUzJTgxJUFGJUUzJTgzJTkwJUUzJTgzJUFDJUUzJTgzJTkwJUUzJTgzJUFDJUUzJTgwJTgyJUU5JTk4JUIyJUU3JThBJUFGJUUzJTgyJUFCJUUzJTgzJUExJUUzJTgzJUE5JUUzJTgxJUE4JUUzJTgxJTk3JUUzJTgxJUE2JUU1JUFFJTlGJUU3JTk0JUE4JUU3JTlBJTg0JUUzJTgxJUFBJUUzJTgyJTgyJUUzJTgxJUFFJUUzJTgyJTkyJUU5JTgxJUI4JUUzJTgxJUIzJUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJTk3JUUzJTgyJTg3JUUzJTgxJTg2JUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTIxLS0lMjAuLi4uLi4uLi4uLiUyMC0tJTNFJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyRENBazc4JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRm0ubWVkaWEtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY2MWZ0RTdoenFLTC5fQUNfVUw0MzZfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyRENBazc4JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTclQUElOTMlRTMlODMlQUQlRTMlODMlODMlRTMlODIlQUYlRTUlOTAlODQlRTclQTglQUUlM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFMyU4MiVCNSVFMyU4MyU4MyVFMyU4MiVCNyVFNyVBQSU5MyVFNyU5NCVBOCVFMyU4MSVBRSVFOCVBMyU5QyVFNSU4QSVBOSVFOSU4QyVBMCVFMyU4MCU4MiVFMyU4MyU5OSVFMyU4MyVBOSVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU4MCVFNSU4MSVCNCVFMyU4MSVBRSVFNyVBQSU5MyVFMyU4MSVBQiVFNSU4RiU5NiVFMyU4MiU4QSVFNCVCQiU5OCVFMyU4MSU5MSVFMyU4MiU4QyVFMyU4MSVCMCVFNyVBOSVCQSVFMyU4MSU4RCVFNSVCNyVBMyVFMyU4MSU4QyVFMyU4MiVBQyVFMyU4MyVBOSVFMyU4MiVCOSVFMyU4MiU5MiVFNSU4OSVCMiVFMyU4MSVBMyVFMyU4MSVBNiVFMyU4MiU4MiVFMyU4MSU5NSVFMyU4MiU4OSVFMyU4MSVBQiVFNiU4OSU4QiVFOSU5NiU5MyVFMyU4MSU4QyVFNiU4RSU5QiVFMyU4MSU4QiVFMyU4MiU4QiVFMyU4MSU5RiVFMyU4MiU4MSVFMyU4MCU4MSVFNCVCRSVCNSVFNSU4NSVBNSVFMyU4MiU5MiVFOCVBQiVBNiVFMyU4MiU4MSVFMyU4MiU4QiVFNSU4RiVBRiVFOCU4MyVCRCVFNiU4MCVBNyVFMyU4MiU5MiVFNCVCOCU4QSVFMyU4MSU5MiVFMyU4MiU4QiVFMyU4MSU5MyVFMyU4MSVBOCVFMyU4MSU4QyVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSU4RCVFMyU4MSVCRSVFMyU4MSU5OSVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRQ==

【東北・北海道】宮城県沖と釧路地方北部で、それぞれ最大震度3(2019/04/25)

2019/04/25は宮城県沖で震度3(M4.3)、釧路地方北部で震度3(M2.3)の地震がありました。 宮城県沖は東日本大震災以降の活動が活発でM3〜4クラスの地震が多く発生します。 釧路地方北部の有感地震は比較的少なく、年によっては有感地震が無いことも。 震源は屈斜路湖付近のようで、ここは日本最大のカルデラです。 余談になりますが、屈斜路湖と言えば特に昭和生まれの方々にとって思い出されるのは、未確認生物と言われる「クッシー」の存在ではないでしょうか。 1970年代〜1980年代あたりに、屈斜路湖で大きな「影」が泳いでいる姿や、湖面を動く波紋などがよく目撃され、何か巨大な水棲生物が居るのではないかと言われ、テレビで調査番組なども組まれました。 ただ、屈斜路湖の水質は酸性が強いため、大型の水棲生物が生息する可能性は無いとされています。 このような酸性の水質のなったのは、1938年(昭和13年)の屈斜路湖地震の影響とされています。この地震で湖底から硫酸塩が噴出したとみられ、水質がpH4前後まで酸性に傾いた結果、魚類はほぼ全滅しました。 現在では水質改善や魚の放流活動などにより、ニジマスやアメマスなど多くの魚が生息できるようになり、スポーツフィッシングが楽しめる湖となっています。 なおこの酸性の水質のため屈斜路湖に漁業権は存在しませんが、ルールとして「北海道内水面漁業調整規則」があります。 一部の釣り人による産卵魚の捕獲や必要以上に釣る行為なども見られるようですが、ルールは守った上で利用したいものですね。

【海外】フィリピンで続く大きめの地震(2019/04/24)

2019/4/22〜4/24にかけて、フィリピンで大きめの地震が続いています。 4/22にM6.1、4/23にM6.4とM6規模が続く中、M4.7以上のものも発生しています。 近隣インドネシアでもM5規模の地震が発生していますが、このあたり含め南太平洋のフィジー諸島あたりまでは大きな「地震の巣」的な状況です。 「環太平洋火山帯」の括りでは日本ともつながっていますので今後、日本でも相応の規模の地震が発生する可能性がありますが、過敏になる必要はないと思われます。 地球規模の動きに対して、人間1人単位で備えられることはごくわずかです。 ただ、そのごくわずかな備えが積み重なれば、大きな備えとして実効力を持つこともできるでしょう。 「防災」とは災害を防ぐと書きますが、大震災規模のものは防ぐことはできません。 ただ、災害に「備える」ことはできます。それが「備災」です。災害に備えた上で、実際に起きたときにはその備えを用いて被害を減らすことが「減災」につながると言えるでしょう。

【東北】三陸沖で最大震度2、M5.4の地震(2019/04/23)

2019/04/23は三陸沖で最大震度は2であるもののM5.4の地震がありました。 近くでは4/11にもM6.0の地震が起きています。 三陸沖での有感地震は2018年は例年に比べてやや少ない印象がありましたが、特に東日本大震災の年はM6〜7クラスの大きめの余震が続いていました。 また、東北〜関東にかけての太平洋側では、今後30年内のM9クラスの超巨大地震の発生確率は「0%」であるものの、M7.0〜7.5の大規模な地震が起こる確率は岩手沖や宮城沖で90%以上、茨城沖で80%以上という高い予測値となっています。 前日4/22には同じ環太平洋火山帯のフィリピンでM6.1の地震があり11名の方が亡くなりました。フィリピンでは今後「ビッグワン」と呼ばれるM7.6規模の大地震が発生周期的に懸念されています。 フィリピン周辺も地震活動が活発ですが、マニラ首都圏は全長100km近い断層の上にありますが、この断層は400年周期で動くとされ現在、次の周期が近づいてるとされています。 このビッグワン地震が予測最大規模で起きた場合、最大3万5000人が亡くなり、被災者は数百万人になると見込まれています。 前回の発生は1658年。周期的にはあと40年内に発生する可能性があるということかもしれません。 そして日本でも今後30年内に複数の大地震の発生が懸念されています。 それらの大地震を含めた大きな災害への備えとして近年言われているのが「地域の防災力」というものですが、都道府県や市区町村などの行政任せでは間違いなく足りませんし、発災後の混乱期においては行政だけでなく国レベルでも対応は遅れがちになると考えておくべきです。 その「地域の防災力」を構成するのは、地域に住む個人やご家庭単位での「備災力」です。 まずは備えた方々どうしが連携して生活を維持・再建していく必要があるでしょう。