トップ 2分で読む 北海道,岩手,宮城,滋賀,大阪,熊本,トカラ,三宅島で小規模な地震が相次ぐ(2020/10/11〜10/12)

北海道,岩手,宮城,滋賀,大阪,熊本,トカラ,三宅島で小規模な地震が相次ぐ(2020/10/11〜10/12)

2020/10/11〜10/12にかけて北海道,岩手,宮城,滋賀,大阪,熊本,トカラ列島,三宅島近海で小規模な地震が相次ぎました。ここ数日は伊豆・小笠原海溝に沿った東京都の島嶼部で地震が続いています。そして今回注目したのは北海道・浦河沖におけるM3.8の地震。この2日間で起きた有感地震の規模としては最大です。

345

2020/10/11〜10/12:北海道,岩手,宮城,滋賀,大阪,熊本,トカラ列島,三宅島近海で小規模な地震が相次ぐ

2020/10/11〜10/12にかけて北海道, 岩手, 宮城, 滋賀, 大阪, 熊本, トカラ列島, 三宅島近海で小規模な地震が相次ぎました。
それぞれを時系列で列挙すると次の通りです(最新順)

発生日時震源震度規模深さ北緯, 東経
2020/10/12 15:32頃岩手県沖1M3.2約40km40.2, 142.2
2020/10/12 01:32頃大阪府北部2M3.1約10km34.8, 135.6
2020/10/11 22:58頃浦河沖1M3.8約70km42.0, 142.6
2020/10/11 22:17頃宮城県沖1M2.9約50km38.7, 141.8
2020/10/11 19:58頃三宅島近海1M2.6約20km34.1, 139.4
2020/10/11 18:46頃薩摩半島西方沖1M3.7約140km31.1, 130.4
2020/10/11 16:55頃トカラ列島近海2M3.2約10km29.7, 129.9
2020/10/11 14:08頃滋賀県北部1M2.2約10km35.4, 135.9
2020/10/11 09:02頃宮城県沖1M3.6約50km38.2, 141.7

ここ数日、伊豆・小笠原海溝に沿った東京都の島嶼部で地震が続いていますが、過去1週間で見ると環太平洋火山帯においては通常通りの活発な活動が続いています。

 

そして今回注目したのは北海道・浦河沖におけるM3.8の地震。この2日間で起きた有感地震の規模としては最大です(揺れ自体は小さなものです)。
浦河沖における近年の最大震度4以上の地震を見てみると次のようになります。

【浦河沖を震源とする近年の最大震度4以上の地震】
発生日時最大震度マグニチュード深さ北緯, 東経
2018/01/14 18:07頃44.7約50km41.9, 143.1
2017/09/10 17:44頃45.7約50km41.7, 142.9
2016/09/26 14:13頃45.5約20km41.7, 143.0
2016/01/14 12:25頃5弱6.7約50km42.0, 142.8
2015/09/12 22:38頃45.4約50km41.8, 142.7
2011/11/24 19:25頃5弱6.1約30km41.7, 142.8
2011/09/26 16:49頃44.3約ごく浅いkm42.2, 142.5
2011/09/18 19:39頃44.9約60km42.0, 142.4
2011/09/07 22:29頃5強5.1約ごく浅いkm42.2, 142.5
2011/09/07 07:27頃44.3約10km42.2, 142.5
2011/08/01 02:36頃45.4約40km41.7, 143.0
2009/10/10 17:43頃45.1約90km41.8, 142.2

東日本大震災を引き起こした「東北地方太平洋沖地震」のあった2011年、当該地震から約半年後の9月に集中して発生していることが判ります。東北地方太平洋沖地震の余震と見られますが、その余震は今現在も広い範囲で続いています。

2017年12月の政府地震調査委の発表では、北海道の根室沖を中心に今後30年内にM9クラスの巨大地震が発生する切迫性が高く(発生確率最大40%)、仮に発生した場合は沿岸部に20m以上の大津波が押し寄せる可能性があるという予想です。

 

北海道沖を中心とする地震に関しては、発生間隔がおよそ340〜380年周期となっていますが、前回の発生からはすでに400年以上が経過しており、いつ起きてもおかしくないとされています。

 

自然災害の発生可能性を確率論で見る場合、確率が小さければなんとなく安心・大きければ不安という気持ちになりがちですが、確率論だけに実際にどのエリアにどの程度の被害が起きるかは起きてみなければわかりません。

 

これはいわゆる「ハザードマップ」などにも言えることで、ご自身がお住まいの地域がハザードマップ上では大きな被害が無いか、被害が小さいとされる場所になっていることによって「正常性バイアス」が働き、実際には命に関わる危険性が生じているのに逃げ遅れるという状況にもなりかねません。

 

とにかく災害時にはできるだけ正確な情報に耳を傾け、少しでも自分や家族に危険が生じそうな場合は先手を打って避難などの行動に移ることが重要です。

いま備えておくべき「備災アイテム」をamazonで見る!

このサイトや記事が気に入ったらシェアしましょう!