fbpx
トップ タグ ニュージーランド

タグ: ニュージーランド

【海外】ニュージーランドでM6.4の地震(2019/06/19)

2019/06/19にニュージーランドでM6.4の地震がありました。 現地では6/16あたりから最大M7.2規模(6/17)をはじめとした地震が頻発しており、その後、日本でも6/18に山形沖で大きな地震がありました。 南半球のニュージーランドと北半球の日本は離れていると感じますが、環太平洋火山帯の括りでは同じ範囲。 少々気になるのは、通常このあたりで発生する大きな地震は震源が深いことが多い傾向にありますが、ここ数日で発生しているものは震源が10〜43km程度と浅めの傾向にある点です。 日本において近年は、熊本地震・大阪府北部地震・北海道胆振東部地震など、それまで地震は起きない・活断層があっても大規模な地震の発生確率が限りなくゼロに近いと評価されていた場所で、ある日突然に大きな地震が起きるケースが相次いでいます。 東日本大震災は「1000年に一度」と言われましたが、それはM9.0クラスの巨大地震としての1000年に一度。 より規模が小さな地震でも、人命に影響を及ぼす被害を出すものはその後も多数発生しているのが現実です。 ちょうど地震が発生しやすいとされる満月が終わった直後のタイミングでもありますので、日本でも次の地震に警戒と備えが必要です。

【海外】ニュージーランド付近のケルマディック諸島でM7.2(2019/06/16)

2016/06/16はニュージーランド付近のケルマディック諸島でM7.2(国内発表値M7.4)の大きな地震がありました。 トンガ付近でもM6.1が起きています。 環太平洋火山帯の南端にあたるこのあたりは大きな地震が起きる場所でもあり、震源の深さは100kmを超えることが多いのですが今回はおおむね35kmと浅いようです(USGS公表値より)。 ニュージーランド付近は地震の多い場所で、2011/2/22にはカンタベリー地方で地震が発生、クライストチャーチ地震とも言われM6.1規模でしたが185人もの死者を出しています。 その翌月の3/11には日本でも東日本大震災が起きています。 2011年はそれまでの観測史上、ニュージーランドでの地震がもっとも多かった年と言われましたが、その5年後の2016年はさらにニュージーランドでの地震が多い年となっており、M7クラスが2度発生しています。 2016年といえば、日本でも熊本地震が起きた年です。 タイミングとしては、 2016/04/16:熊本地震(M7.0) 2016/09/02:ニュージーランド南島でM7.4 2016/11/13:ニュージーランド北島東方沖でM7.0 という時系列です。 環太平洋火山帯での大きな地震は連動するのではないかとも言われています。 今後、日本周辺でも大きな地震が起きる可能性がありますので、備えのご確認を。