fbpx
トップ タグ 噴火

タグ: 噴火

【全国】クラカタウ火山噴火後、国内地震は直線上に活発化(2018/12/23〜12/27)

2018/12/22に津波を引き起こしたインドネシアのクラカタウ火山は、現在も噴石を飛散させ噴煙も継続し活発に活動中で、噴火警戒レベルを12/27に上から2番目のレベルにまで引き上げられました。 現在までに判明している死者数は430人、行方不明者は159名と大きな被害が出ています。 インドネシアの防災機関は噴火前に地震は発生しなかったと発表していましたが、噴火直前(約8分前)にドイツでM5.1の低周波地震が観測されたとのこと。 低周波地震については、日本ではプレート境界面における「スロースリップ(ゆっくり滑り)」として観測されることが多く、ここ数年、東海地方〜四国〜九州東部の南海トラフで継続的に発生していることが判っています。 また、クラカタウ噴火後の12/24にはイタリアのシチリア島にある欧州最大の活火山「エトナ山」も噴火し、M3.3の地震が発生。 エトナ山では直近1カ月の間に徐々に活動が活発化していたとのこと。12/26にはエトナ山のふもとでM4.8の地震が発生、怪我人と建物被害が発生しカターニア空港も閉鎖となっています。 そして、ここ5日間ほどの国内地震を確認していますが、震度は1〜2と小さいものの、震源をプロットすると直線上に活発化しているようです。北海道は含めていませんが、北から南まで全国的です。 体感しない規模の地震は毎日発生していますので(備えていれば)特段に不安に感じる必要はありませんが、あまり見ないパターンに思います。海外での地震や噴火を見ても、やはり世界規模で地殻の動きが活発化しているということでしょう。

【全国】クラカタウ火山噴火後の国内地震の動き(2018/12/22〜12/25)

2018/12/22に発生したインドネシアのクラカタウ火山噴火による津波被害が拡大していますが、直後からの日本国内での地震発生パターンも従来の何となく見慣れた(?)ものから少々変化している気がします。 ここ3日間で南海トラフ巨大地震の想定震源域では震度2が結構出ています。(もっとも安易にパターン化できるものでもありませんが) 体感できない規模の地震で強震モニタ等で確認できるものを考慮するとより多いのですが、目立ったところで見ると、12/23の山梨県西部の震度2を起点として、震源が西方向へ伝搬しているように見える動きがあります。 クラカタウ火山の噴火と津波ですでに死者は420名を越えたという報道がありますが、発生した津波の原因はクラカタウ火山の「山体崩壊」が原因であると見られています。1883年の巨大噴火でも島の殆どが消滅するほどの山体崩壊を起こし、最大40mの津波が発生・36,000人以上が死亡したとされます。 日本国内でも、1741年に北海道松前町の渡島大島が噴火による山体崩壊を起こし津波で1,500人が死亡。1792年には長崎県島原市の眉山が火山性地震で山体崩壊、天草を大津波が襲い15,000人が死亡しています。 今後の発生が予想される南海トラフ巨大地震では、想定される死者・行方不明者数は32万人以上。これは実に、東日本大震災の17倍、阪神淡路大震災の50倍です。 2004年のインドネシア・スマトラ沖地震(M9.1)における死者・行方不明者数が28万3000人でしたが、それを上回る人的被害が想定されます。 この規模になるともはや人間の想像力の範囲を大きく越えてくるわけですが、生き残れた後は「行く抜いていく」ことが喫緊の課題となってきます。何をどこまで備えれば十分であるかについては判らないことも多いですが、一人のチカラではどうにもならなくとも、備えていた人たちが協力し合えばより可能性は大きくなるはずです。 まずは、意識のある人たち一人ひとりが備えることが重要となるでしょう。

【海外火山噴火】インドネシア・クラカタウ火山が噴火(2018/12/22)

2018/12/22の21時過ぎ、インドネシアのジャワ島とスマトラ島の間、スンダ海峡にある「クラカタウ火山」が海底噴火および大規模噴火を起こし、高潮と地滑りによって津波が発生しました(航空路火山灰情報センター (VAAC) 発表)。 これにより、ジャワ島西部のアニェール付近でも津波被害を受け、少なくとも死者60名・負傷者・行方不明者は合わせて580名以上になっているようです。 今回の大規模噴火では、噴煙は高度1万6千メートルまで達しています。クラカタウ火山は、1680年と1883年にも大噴火を起こし、特に1883年の大噴火では3万6000人以上の犠牲者を出しています。 またインドネシアで最近記憶に新しいのは、2004/12/26のスマトラ沖地震(マグニチュード9.1)と今年9/28に発生したスラウェシ島地震(マグニチュード7.5)です。 スマトラ沖地震では死者・行方不明者は合計で22万人を越えました。地震が発生した時期は年末やクリスマス休暇のシーズンだったため、犠牲者には日本や欧米諸国などからの観光客も多数含まれることになりました。 スマトラ沖地震地震では、インドネシア国家防災庁が発表した被害規模は、死者数2081人、特定できた行方不明者1309人。一部報道では行方不明者は5千人越えとの話も。それから3ヶ月後の噴火・津波被害となっています。 環太平洋火山帯の中でもインドネシア周辺は火山活動と地殻活動が活発で、ほぼ連日マグニチュード4以上の規模の地震が発生しています。「震源時計回り説」から考えて、今後日本列島周辺でも大きめの地震もしくは火山活動の活発化に繋がる可能性もあります。 なお環太平洋火山帯の範囲においては、クラカタウ火山噴火の前日にカムチャツカ半島付近でマグニチュード7.3の地震が発生しています。このあたりからアラスカにかけても、頻度は高くないものの大きな地震が発生する領域となっています。

【全国】北海道・関東・九州の太平洋沿岸で活発化する地殻活動(2018/11/21)

2018/11/21は早朝から国内における地殻活動がかなり活発です。 時系列で北海道浦河沖M3.5、種子島近海M5.2、択捉島近海でM5.1、諏訪之瀬島の爆発、千葉県北東部でM3.8と続いています。 浦河沖は今年はだいたい毎月発生していましたが、9〜10月にかけては特に目立つ地震は起きていませんでした。 種子島近海も2ヶ月ぶりの大きめの地震。琉球海溝沿いの地震に関しては1地点のみでなく、奄美大島近海、沖縄本島近海、宮古島近海、西表島付近などの地震も比較的活発です。 今年は2/6に震度7を観測した「台湾花蓮地震」がありましたが、台湾に近い西表島付近では翌月の3月には群発地震とも思えるM3〜M4クラスの規模の連続地震が起きていました。 諏訪之瀬島も東日本大震災以降は火山性地震が増え、2013年あたりからは活動が激化しています。 また沖縄本島近海では、9月にM5.1〜M5.8が頻発していました。 ときどき「東日本大震災以降、日本列島では地震や火山の活動期に入った」という話しを耳にしますが、4つのプレートがぶつかり合う地殻構造の真上に位置することを考えると、環太平洋火山帯という地球規模の活動が活発化した結果として日本列島の地殻活動も影響下に入ったと考えるのが自然なのかもしれません。

九州を中心に活発化する火山活動は、南海トラフ巨大地震へ連鎖するのか!?

2011年に発生した東日本大震災以降、熊本地震や鳥取県中部地震といった大規模地震が発生し、また本州では御嶽山や本白根山・九州でも新燃岳が爆発的噴火を起こしました。 そして諏訪之瀬島でも爆発や噴火が発生、薩摩硫黄島では火山性地震が増加するなど、特に九州地方での火山活動が活発化しています。 2018年初には大きな被害を出した「台湾花蓮地震」も発生、同年3月初旬には沖縄の西表島付近で群発地震を想起させるような連続した地震も起きました。 また薩摩半島から約50km南にある「鬼界カルデラ」においては、海底からの高さが600メートルにもなる世界最大級の「溶岩ドーム」が存在し、熱水を吹き出すなど活発に活動していることが判明したのも2018年です。『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。近年の日本全体に目を向けると、噴火を含め活発化する火山や連続性のある各地での地震が気になります。 【活動の活発化が見られる火山】 ・阿蘇山で孤立性微動が2017年3月初旬から激増 ・山形の蔵王山で火山性の地震が発生 ・秋田駒ケ岳で火山性の地震が発生 ・箱根山で2015年から大涌谷を中心に火山性地震増加(2018年初旬においては沈静化) 【2001年以降に噴火および爆発した火山】 ・新燃岳 ・硫黄山 ・本白根山 ・諏訪之瀬島 ・口永良部島 ・御嶽山 ・桜島 2018年時点で、日本国内で活火山と認定されている山の数は111。それにしても、近年の短期間における活動の活発化はかなりのものだという印象を持たざるを得ません。連続した地震に関しては上図で示したように、特に2018年3月には沖縄の西表島付近で、翌2018年4月には島根県西部で、極めて短期間に信じられない回数の地震が発生しています。 【連続性のある地震】 ・西表島付近 ・島根県西部 ・宮城県沖 ・茨城県沖 ・福島県沖 ・熊本県熊本地方 ・茨城県北部 ・和歌山県北部 2018年4月に島根県西部で1日の間に27回も発生した地震に関しては、図に起こしてみました。この島根県西部の連続地震については、こちらで簡単にまとめてありますので、併せてご覧ください。 関連記事:『【2分で読める】島根県西部の連続地震を断層と過去の地震歴で見る』 そして、なにより心配されることは以前より科学的に発生が想定されている、いくつかの巨大地震です。 トップ3は、皆さんもご存知のこちらです。 ・南海トラフ巨大地震 ・首都直下型地震 ・北海道沖(根室沖)巨大地震 しかしこれだけではありません。あまり報じられないが故に、忘れられがちな巨大地震の恐れのある地域があります。 それは『日本海沿岸』と『沖縄』です。2014年に政府の有識者会議は、日本海を震源とする大規模地震について初の調査報告書を公表しました。 それによれば、北海道〜九州北部の沖合にある60断層を震源として最大マグニチュード7.9の巨大地震が発生する可能性があります。 想定される津波被害は16道府県の沿岸に及び、津波の高さは崖地で最大23.4メートル(北海道せたな町)、人家のある平地部でも最大12.4メートル(同奥尻町)に達すると想定されています。 また、日本海側の60断層の動きから想定される地震規模はM6.8~7.9で、M7.9は北海道北部の断層と、青森・秋田県の沖合の断層とされています。実際にこの大きさの地震が起きた場合、人的被害や経済的損失は相当なものになります。 過去に日本海で起きた大地震で大きな被害を出したものとしては次の2つが挙げられます。 1983年:日本海中部地震(M7.7):秋田県などで死者104人 1993年:北海道南西沖地震(M7.7):奥尻島を中心に死者・行方不明者230人 ◆参考情報(日経新聞):『日本海の大地震、津波最大23メートル 政府が初想定』そして、「沖縄トラフ」の動きに起因する、九州西方〜沖縄〜台湾北方までの一帯に、巨大地震が発生する可能性も指摘されています。 沖縄本島と周辺諸島は、大陸を構成するユーラシアプレートに対して南方から移動してくるフィリピン海プレートが潜り込む、ちょうど境界付近(境界の少々北側)に位置しています。 そして沖縄の北側には「沖縄トラフ(長さ約1,000km、幅約200km)」が存在し、北端(東端)は別府-島原地溝帯、南端(西端)は台湾島に連続する構造になっています。 2018に起きた台湾花蓮地震の原因は、フィリピン海プレートの動きと沖縄トラフの動きの影響とも考えられます。(1)フィリピン海プレート内で発生する浅い地震 南北大東島周辺の地震活動。 過去約100年間に発生した最大の地震は、1998年に石垣島南方沖で発生したM7.6の地震。 (2)フィリピン海プレートとユーラシアプレートの境界で発生する地震 琉球海溝付近で発生する地震。 過去約100年間に発生した最大の地震は、1901年に奄美大島近海で発生したM7.5、1911年に奄美大島近海で発生したM8.0の地震。 (3)ユーラシアプレート内で発生する地震 南西諸島から沖縄トラフにかけて発生する地震。 過去約100年間に発生した最大の地震は、1938年には宮古島の北の沖合の沖縄トラフで発生したM7.2の地震。 (4)沈み込んだフィリピン海プレート内で発生する地震 南西諸島から沖縄トラフの直下で発生する地震。 過去約100年間に発生した最大の地震は、1960年に与那国島北方沖で発生したM7.8の地震。 沖縄周辺で発生した地震に関しては、Wikipediaの「南西諸島近海地震」に関する情報が詳細です。 画像出典:Wikipedia こうして見ると、比較的近い過去に沖縄周辺でも大地震が発生していることがわかります。 沖縄県内では活断層が少なくとも約90カ所に存在することが判明しており、今後発生が懸念される大地震はプレート型であると予想されています。 ◆参考情報(琉球新報):『沖縄でも大地震の恐れ 活断層、プレート要因 危機感の薄さに専門家警鐘』近年、素人目にも異常と感じるほど、日本各地で火山活動が活発化し、震源の浅い地震が増えています。2018年には国内でもいくつもの火山が噴火に至り、群発地震とも思えるような連続した地震も発生、本記事執筆中もそれらの活動が収まる気配はありません。 2018年の春は特に、 3月頭:沖縄の西表島付近で群発的な地震が発生 4/09:山陰地方の島根で最大震度5強の連続地震 4/19:九州の硫黄山が噴火 4/22:本州では草津白根山で再び火山活動が活発化 4/22〜4/23:関東の新島・神津島近海で地震が相次ぐ 4/23:島根で震度3の地震が震源深さ10kmで発生 4/24:北海道の根室半島南東沖で最大震度4の地震 といった状況で、短期間に全国各地の地下で活動が活発化しています。 現在進行形で発生している日本列島の地殻における活動が今後、想定されている巨大地震などへ連鎖する可能性はどれだけあるのでしょうか?特に新燃岳の過去300年間の爆発的噴火の記録と、歴史的な大地震の発生時期を突き合わせてみると、(半ば強引かもしれませんが)何らかの関連性を感じられるものとなっていることは否定できません。 直近で見ても、新燃岳は東日本大震災の直前にも爆発的噴火を起こしているという事実があります。画像出典:NIED 自然災害情報室火山活動と地震が連動して発生するようなケースについては、次のような前後関係になります。 ① 先に震源断層が動いて大地震が起き、その影響で火山が噴火する場合 ② 先に火山が噴火あるいは噴火しそうになり、その影響で震源断層が大地震を起こす場合 出典:静岡大学小山研究室のホームページより 広く理解されているのは①のパターンですが②もあり得るという研究結果を考えれば、現在九州地方で活発化している火山活動が、次の巨大地震へとつながる可能性はあると考えていいでしょう。 沖縄・九州から北海道まで火山活動と地震活動が広い地域でよく起きるようになった最近、少々のことでは驚きもせず、この状況に感覚が慣れていくこと自体が少々怖いとも感じますが、南海トラフ巨大地震や首都直下地震、ひいては富士山の大噴火などはだいぶ以前から発生の可能性が言われていることでもあります。 「いつ起きるのか?」が気になるとそれにタイミングを合わせて備えればいい、という発想になってしまいます。しかし、現実は「いつ起きるのかは判らない」という状況です。そのギャップを埋める答えは「いまから備えておく」ということ。 次の大震災などが起き、命が無事で生活場所を確保できた時、備えの有無がその後の生活の再建や質を左右することになります。 相手が自然災害であり、科学的な見地からの高確度な予測が難しいとされる以上、私たちにできることは個々人レベルでも粛々と「その日」に備えておくことでしょう。備えた上で、この先も大災害が発生しなければそれで良いと思います。備えずに後悔するより備えて納得する、という発想でいいのだと思います。 しかし、そこでは新たな問題が発生します。 「備蓄品などを持ったまま、避難所に入ることは可能なのか」 備えていた人たちと備えていなかった人たちが、避難所の同じ空間内で生活をおこなうことの難しさが現実問題として発生します。このあたりのことについては、また別途記事にしたいと思います。

【2分で読む】霧島連山の「硫黄山」噴火、活発化する火山とどう向き合うか

4/19に霧島連山の硫黄山が噴火しました。連続噴火は20日朝に停止したものの現在も噴気が活発に出ています(灰は含まれておらず)。硫黄山での噴火は前回が1768年ということで、実に250年ぶりということです。 直近では4/7未明から噴気によると思われる大きな振動が観測され、気象庁が警戒を呼びかけていました。硫黄山では3月にも山体隆起と火口周辺での地表の高温域の拡大が確認されています。 気象庁の火山情報によれば、硫黄山では少なくとも今年2月にも火山性地震が確認されている観測データが公開されています。 霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)の火山観測データ硫黄山の近年の活動として、火山性地震は2013年末から発生、2015年2月には山体隆起が確認されていました。また、2016年の2〜3月には、硫黄山南側斜面の地表面温度分布が拡大し、噴気地帯が増加しることが気象庁が公開している温度分布画像から確認できます。硫黄山の歴史としては、有史以降で確認されている噴火はマグマ噴火で2回。西暦1300年〜1500年頃に最初の噴火があり、前回が1768年でこれが2度目の噴火。そこから250年目の今回が3度目の噴火となります。 硫黄山を利用した産業として、明治30年〜昭和30年ごろまでは噴気を冷却して「硫黄」の採取が行われていました。火山の多い日本では古くから硫黄の生産が行われていた記録があり、8世紀に記された「続日本紀」には信濃国(現・長野県米子鉱山)から朝廷へ硫黄の献上があったことが記されています。 16世紀の「鉄砲伝来」以降、硫黄は火薬の材料として、中世以降は日本各地の硫黄鉱山開発が活発になっていきます。江戸時代にはマッチの前身的な位置づけとして硫黄を杉やヒノキの薄片に塗りつけたものが使われました。 昭和20年代には硫黄は「黄色いダイヤ」と呼ばれるほど価格が高騰・花形産業になりましたが、昭和30年代以降は資源の枯渇や石油由来の硫黄生産への移行・大気汚染規制強化などもあり、昭和40年代には国内の硫黄鉱山はすべて閉鎖となりました。近年の九州地方では、続々と火山の活動が活発化しています。桜島の噴火はもはや日常の一コマになっている感もありますが、今まで目立った活動が見受けられなかった火山が次々と噴火したり、火山性地震が増えてきています。 また、本州でも火山の噴火や火山性地震の増加があったり、東北でも火山の活動が認められたケース(秋田駒ヶ岳など)があるので、発生が想定される巨大地震と併せて、火山の噴火が「他人事」だと思わずに、近くに火山がある地域では今後の爆発的噴火の可能性などにも留意しておいて損はないでしょう。 地震大国かつ火山大国でもある日本に住む以上、これは避けられないことです。「今まで起きていないのだから、今後も起きないだろう。自分だけは大丈夫」という「いわゆる正常性バイアス」が、大きな災害時に想定外の被害を生むことがあります。 火山噴火だけでなく過去の大震災の事例をかえりみても、備えていた人たちとそうでなかった人たちの間では「震災発生直後の生活の質」に大きな差がでることは明白です。 雨露をしのげる 寒い時期なら暖を取れる 体力を維持する食料や飲料水がある 衛生的な生活環境を維持するための道具がある 最低限これらのものが必要となりますが、自然災害である以上はある程度「運」も関係してきますが、それでも備えておく必要があることに間違いはありません。JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYySHN5cXFwJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNTFhSEdGQ2d4eUwuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkhzeXFxcCUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUUzJTgxJTg0JUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJUFFJUUzJTgxJTg2JUUzJTgxJUExJUUzJTgxJUFCJUU1JTgyJTk5JUUzJTgxJTg4JUUzJTgxJUE2JUUzJTgxJThBJUUzJTgxJThEJUUzJTgxJTlGJUUzJTgxJTg0JUU5JTk4JUIyJUU3JTgxJUJEJUUzJTgyJUIwJUUzJTgzJTgzJUUzJTgyJUJBJUU1JTkwJTg0JUU3JUE4JUFFJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTklOTglQjIlRTclODElQkQlRTclOTQlQTglRTUlOTMlODElRTMlODIlOTJhbWF6b24lRTMlODElQTclRTMlODMlODElRTMlODIlQTclRTMlODMlODMlRTMlODIlQUYlRUYlQkMlODElRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJvb2tsaW5rLWZvb3RlciUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQQ==

【コラム】相次ぐ大震災に火山噴火。南海トラフ巨大地震・首都直下型地震の「X-DAY」は!?

関連記事:『草津白根山の噴火と今後の巨大地震の関連性は!?』「1000年に1度の巨大地震」と表現された東日本大震災。 たしかにマグニチュード9クラスを基準とすればそう言えるのかもしれませんが、ここで1900年以降のおよそ100年間で発生したマグニチュード6以上の大きめの地震を見てみましょう。およそ100年間で160回近くの地震が発生しています。単純計算しても実に1年に1回以上のペースで発生していることが判ります。そして震源は北海道から沖縄までと、ほぼ日本全域に渡ります。 もちろんこの一覧の中には、阪神淡路大震災や新潟県中越地震、東日本大震災・熊本地震・鳥取県西部地震なども含まれます。『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。2016年には熊本地震が発生しましたが、それまで熊本県は「過去120年間、M7以上の地震の発生していない安全地帯」と銘打って東日本方面などからの企業誘致を進めてきたところに、突如として襲いかかった大地震でした。 東日本大震災に関しては事前に前震とみられる地震はあったものの、科学的根拠に基づく研究をおこなっている範疇においては精度の高い発生時期の予測や、まさかマグニチュード9という巨大地震になるという想定はほぼ不可能だったというのが現状に置ける総括と言えます(予言などのオカルトや疑似科学等の範囲を除く)。事前の予測が難しいものと言えば、火山の噴火があります。近年では2014年の長野・岐阜にまたがる「御嶽山」の爆発的噴火と、2018年の群馬県の本白根山の噴火です。 御嶽山のマグマ噴火は5000年前・本白根山の噴火は3000年前だったということもあり、技術的にも研究予算的にも制約のある今の火山観測の枠組みにおいては精度の高い噴火予測はなかなか難しいものがあります。ご存知の通り、日本には富士山を始めとした活火山が多く存在します。火山噴火予知連絡会は「概ね過去1万年以内に噴火した火山及び現在活発な噴気活動のある火山」を活火山と定義していますが、2017年の時点で活火山と認定されている山の数は、なんと「111」箇所となっています。 気象庁が発表している日本の活火山のに関する資料があります。画像出典:気象庁「我が国の活火山の分布」こうして見る限り、もはや超地震大国であり火山大国でもある日本では、地震や噴火災害に対して抜本的に安全な場所は存在しません。 東日本大震災以降、日本の火山は活動期に入ったと言われています。 ※「日経スタイル」より「日本の火山、活動期入りか 震災後に各地で活発 」 また、日本を含む世界へ目を向けた場合、「環太平洋火山帯(環太平洋造山帯):Ring of Fire」というものがあります。これは太平洋の周囲を取り巻く火山帯のことで、火山列島や火山群の総称です。 画像出典:Wikipedia「環太平洋火山帯」ニュージーランドから東南アジア・日本・アラスカ・北米から中南米沿岸にわたって広がる、長大な火山帯となっています。2018年1月は特に、この火山帯の動きが極めて活発になっている点が揚げられます。 この環太平洋火山帯に属する各国で、2018年1月に発生した地震を時系列にしたものが次のリストです。(12月のNZ含む) 2018/12/08:ニュージーランド:M5.9 2018/01/04:サンフランシスコ沿岸:M4.4 2018/01/10:ホンジュラス沖:M7.6 2018/01/11:ミャンマー:M6.0 2018/01/14:ペルー沿岸:M7.1 2018/01/17:台湾:M5.7 2018/01/19:メキシコ:M6.3 2018/01/21:南米チリ沿岸:M6.3 2018/01/22:フィリピンルソン島噴火 2018/01/23:インドネシア:M6.0 2018/01/23:本白根山噴火 2018/01/23:アラスカ:M8.2 1ヶ月の間にこれだけ発生していると、ちょっと不安になりますよね。 地球科学の学説で「プレートテクトニクス理論」というものがあります。地球の表面は「プレート」と呼ばれる複数の固く広大な岩盤で構成されており、このプレートが海溝に沈み込む事で、プレートの下で対流するマントルに乗って互いに動いていると説明されてます。画像出典:気象庁「地震発生のしくみ」奇しくも日本列島は、北米プレート・ユーラシアプレート・太平洋プレート・フィリピン海プレートという4つの巨大なプレートがぶつかり合う、極めて特殊な場所に位置しています。国土面積的には比較的小さな日本に、先述の活火山が111も存在する理由はここにあります。(日本の国土面積は、世界の陸地面積の0.25%しかありません) そしてこの小さな国土において、世界で発生する地震の10%が集中しているのです。元白根山の噴火で気になったのが、あのあたりの火山の分布状況とプレート境界にも位置しているフォッサマグナの関係、そして箱根山と富士山。 2014年に噴火した御嶽山、そこから4年後に噴火した本白根山、2015年に活動が活発化した箱根山と、今は静かに眠るも活火山である霊峰富士。これらの火山が構成するトライアングルの中心には、大火山群である八ヶ岳が位置しています。 こうなってくると、私たち日本列島に住む人間として気になるのは「次の噴火や大震災はいつどこで起こるのか?」という1点でしょう。近い将来に発生が危惧されているのは、ご存知の通り「南海トラフ巨大地震」と「首都直下型地震」です。 近年の地震予測研究においても、もはや「いつ起きるのか?」ではなく「必ず起きるため、どう備えるのか」という段階に入っているわけですが、大変残念なことに南海トラフ地震に関して検討を続ける国の中央防災会議の作業部会が2017年の夏に、「現在の科学的知見では地震発生時期の確度の高い予測は困難」とする最終報告をまとめる事態となっています。実用化されている「緊急地震速報システム」では、通知が地震の本震が始まる数秒前〜数十秒前であるため、この速報を受けてから実行できることは極めて限られているのが現実です。 そのため、各種研究機関から民間団体・個人にいたるまで、多くの人々が様々な手法で来るべき次の大震災を予知予測しようとしています。 いわゆる「X-DAY」と表現される南海トラフ巨大地震や首都直下型地震の発生期日に関しては、言ってしまえばすでに結論は出ています。先述した「現在の科学的知見では地震発生時期の確度の高い予測は困難」が答えです。 しかし、すでに発生した大震災について言えば、阪神淡路大震災のX-DAYは1995年1月17日、東日本大震災のX-DAYは2011年3月11日として明確に記録されています。 つまり「X-DAY」が実際に到来した経験を、今を生きる多くの日本人がすでに持っているということになります。これを次に活かさずして何を活かすというのでしょうか。 もう1つ明確になっていることは、「いつ起きるのかではなく、必ず起きるためどう備えるのか」という点です。想定される被害規模も大きなものなので、政府や自治体の対応に期待する前に、みずから備えるという発想が重要です。 「防災」は「災害を防ぐ」と書きますが、地震や噴火などの自然災害を防ぐことはできません。今や「災害に備える・被害を減らす」という意味での「備災・減災」が重要になってきました。科学的研究に限界があるなかで、つい人々の耳目を集めるのが科学の範疇ではない「いわゆるオカルト」の領域にある話題です。たとえば地鳴りや発光現象、動物の異常行動や地震雲などの「宏観異常現象」や「体感による地震予知」など。 それらを100%否定するわけではありませんが、あくまで付随情報として「〜という見方や話題もある(ただし科学的根拠は無い)」という受け取り方をすべきでしょう。 とは言え、話のネタとして面白いのはその通り。ネットやSNSで大震災に関する予言や予知などの情報を検索すれば、すぐに「南海トラフ巨大地震が発生する可能性が高いのは◯月◯日〜△月△日!」「首都直下型地震が起きるのは201x年の晩秋」といった話しが書いてあるページにすぐにたどり着きます。オカルトネタが大好物の編集部スタッフも、興味深く読んでいます。 その手のネタを読んだら鵜呑みにしたり不必要に恐れる必要はありませんが、「良いキッカケ」として使うことができます。 日頃忘れがちな備蓄品の在庫チェックや、家族や親戚、パートナーや友だちなどとのイザという時の連絡手段の確認、避難ルートの再検討などをおこなうためのキッカケにすれば良いでしょう。超地震大国であり火山大国である日本。現代に生きる私たちの中で相応の年齢層であれば、物心付いた頃からの記憶の中に、阪神淡路大震災・新潟県中越地震・東日本大震災・熊本地震・鳥取県西部地震あたりの5つの大震災の記憶があると思いますが、いずれも被災地においては多くの方々が大変な経験をされている事実があり、直接的な被災地から少し離れた地域であっても、停電や物流停止によって生活に影響が出ていました。 そして、それぞれの発生日が「X-DAY」とも言えます。次のX-DAYがやってくることもほぼ確実であるため、その日がいつかどうかを心配する段階はすでに終わりました。明日がその日だとしても、命さえ無事ならその後のために今から準備をすることがもっとも優先度が高いのです。 世界に目を向けると「地震がほぼ起きない国」という場所もあります。ドイツやスイス・スウェーデンなどの欧州圏、オーストラリアやロシア、西アフリカなど。可能であれば将来的に、そうした国々に移住するという手段もあるかもしれません。 もっとも、移住するにあたっては厳しい条件が課せられることが多いため、最低でも英会話力と潤沢な資産は必要になってくるので、一般庶民にはなかなか現実的な選択肢とはなり得ないのも現実です。 編集部スタッフもそうですが、これをご覧いただいている多くの皆さんも、いざという時には日本と運命を共にする・・・ということになると思います。であればこそ、日頃からしっかりと情報収集をおこない、備えておくべきでしょう。 東日本大震災の後、「正しく恐れる」という言葉をメディアなどで目にするようになりました。この言葉は、明治中期〜昭和初期の物理学・地震学の権威で随筆家でもあった寺田寅彦(1878年~1935年)の言葉に基づいた「戒めの言葉」として使われています。 客観的で検証可能な情報に基いて、発生しうる危険性を理解した上で、正しく恐れ、できるかぎり適切と思われる備えをすることが肝要です。備え方は人それぞれにはなりますが、最後に頼れるのは自分自身と家族やパートナーなどの親しい存在、そして地域コミュニティなどの人との繋がりです。 現代は人間関係が希薄で孤独な社会であるという見方もありますが、災害時には人と人とが助け合わなければ厳しい状況を乗り越えにくいものです。そのときのために、今から準備をしておいて損はありません。 まずは備えましょう。 次の「X-DAY」は、明日かもしれないし、来週か、または来月かもしれません。 関連記事:『草津白根山の噴火と今後の巨大地震の関連性は!?』JTNDaDIlMjBjbGFzcyUzRCUyMndwYl9oZWFkaW5nJTIwd3BiX3NpbmdsZWltYWdlX2hlYWRpbmclMjIlM0UlRTMlODElODQlRTMlODElOTYlRTMlODElQTglRTMlODElODQlRTMlODElODYlRTYlOTklODIlRTMlODElQUUlRTMlODElOUYlRTMlODIlODElRTMlODAlOEMlRTYlOUQlQjElRTQlQkElQUMlRTklOTglQjIlRTclODElQkQlRTMlODAlOEQlRTMlODIlOTIlRTglQUElQUQlRTMlODIlODIlRTMlODElODYlRUYlQkMlODElM0MlMkZoMiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJvdmVyZmxvdyUzQSUyMGhpZGRlbiUzQiUyMGZvbnQtc2l6ZSUzQSUyMHNtYWxsJTNCJTIwem9vbSUzQSUyMDElM0IlMjBtYXJnaW4lM0ElMjAxNXB4JTIwMCUzQiUyMHRleHQtYWxpZ24lM0ElMjBsZWZ0JTNCJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUyMHN0eWxlJTNEJTIyZmxvYXQlM0ElMjBsZWZ0JTNCJTIwbWFyZ2luJTNBJTIwMHB4JTIwMTVweCUyMDEwcHglMjAwcHglM0IlMjB3aWR0aCUzQSUyMDc1cHglM0IlMjBoZWlnaHQlM0ElMjA3NXB4JTNCJTIwdGV4dC1hbGlnbiUzQSUyMGNlbnRlciUzQiUyMiUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cCUzQSUyRiUyRnd3dy5hbWF6b24uY28uanAlMkZleGVjJTJGb2JpZG9zJTJGQVNJTiUyRkIwMURKNktEVVMlMkZpdG9pdG9fc3R5bGUtMjIlMkYlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUzQ2ltZyUyMHN0eWxlJTNEJTIyYm9yZGVyLXRvcCUzQSUyMG1lZGl1bSUyMG5vbmUlM0IlMjBib3JkZXItcmlnaHQlM0ElMjBtZWRpdW0lMjBub25lJTNCJTIwYm9yZGVyLWJvdHRvbSUzQSUyMG1lZGl1bSUyMG5vbmUlM0IlMjBib3JkZXItbGVmdCUzQSUyMG1lZGl1bSUyMG5vbmUlM0IlMjIlMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNTFWaGdjZG5WakwuX1NMNzVfLmpwZyUyMiUyMHdpZHRoJTNEJTIyNTMlMjIlMjBoZWlnaHQlM0QlMjI3NSUyMiUyMCUyRiUzRSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMm92ZXJmbG93JTNBJTIwaGlkZGVuJTNCJTIwem9vbSUzQSUyMDElM0IlMjBsaW5lLWhlaWdodCUzQSUyMDEyMCUyNSUzQiUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMm1hcmdpbi1ib3R0b20lM0ElMjAycHglM0IlMjBsaW5lLWhlaWdodCUzQSUyMDEyMCUyNSUzQiUyMiUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cCUzQSUyRiUyRnd3dy5hbWF6b24uY28uanAlMkZleGVjJTJGb2JpZG9zJTJGQVNJTiUyRkIwMURKNktEVVMlMkZpdG9pdG9fc3R5bGUtMjIlMkYlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFNiU5RCVCMSVFNCVCQSVBQyVFOSU5OCVCMiVFNyU4MSVCRCUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJtYXJnaW4tdG9wJTNBJTIwN3B4JTNCJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU1JTg1JUE4JUU2JTk3JUE1JUU2JTlDJUFDJUU0JUJBJUJBJUU1JUJGJTg1JUU2JTkwJUJBJUUzJTgxJUFFJUUzJTgwJThDJUU2JTlEJUIxJUU0JUJBJUFDJUU5JTk4JUIyJUU3JTgxJUJEJUUzJTgwJThEJUUzJTgwJTgyJUUzJTgxJTkzJUUzJTgxJUExJUUzJTgyJTg5JUUzJTgxJUFFS2luZGxlJUU3JTg5JTg4JUUzJTgxJUFGJUU1JUFFJThDJUU1JTg1JUE4JUU3JTg0JUExJUU2JTk2JTk5JUVGJUJDJTgxJUUzJTgyJUI5JUUzJTgzJTlFJUUzJTgzJTlCJUUzJTgxJUFCJUU0JUJCJThBJUUzJTgxJTk5JUUzJTgxJTkwJUU1JTg1JUE1JUUzJTgyJThDJUUzJTgxJUE2JUUzJTgxJThBJUUzJTgxJThEJUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJTk3JUUzJTgyJTg3JUUzJTgxJTg2JUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJib29rbGluay1mb290ZXIlMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMmNsZWFyJTNBJTIwbGVmdCUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJvdmVyZmxvdyUzQSUyMGhpZGRlbiUzQiUyMGZvbnQtc2l6ZSUzQSUyMHNtYWxsJTNCJTIwem9vbSUzQSUyMDElM0IlMjBtYXJnaW4lM0ElMjAxNXB4JTIwMCUzQiUyMHRleHQtYWxpZ24lM0ElMjBsZWZ0JTNCJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTIwJTIwJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUyMHN0eWxlJTNEJTIyZmxvYXQlM0ElMjBsZWZ0JTNCJTIwbWFyZ2luJTNBJTIwMHB4JTIwMTVweCUyMDEwcHglMjAwcHglM0IlMjB3aWR0aCUzQSUyMDc1cHglM0IlMjBoZWlnaHQlM0ElMjA3NXB4JTNCJTIwdGV4dC1hbGlnbiUzQSUyMGNlbnRlciUzQiUyMiUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cCUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyRHRuU284JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlM0NpbWclMjBzdHlsZSUzRCUyMmJvcmRlci10b3AlM0ElMjBtZWRpdW0lMjBub25lJTNCJTIwYm9yZGVyLXJpZ2h0JTNBJTIwbWVkaXVtJTIwbm9uZSUzQiUyMGJvcmRlci1ib3R0b20lM0ElMjBtZWRpdW0lMjBub25lJTNCJTIwYm9yZGVyLWxlZnQlM0ElMjBtZWRpdW0lMjBub25lJTNCJTIyJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjYxTXNneWpwSUdMLl9TTDc1Xy5qcGclMjIlMjB3aWR0aCUzRCUyMjU0JTIyJTIwaGVpZ2h0JTNEJTIyNzUlMjIlMjAlMkYlM0UlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTIwJTIwJTIwJTIwJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJvdmVyZmxvdyUzQSUyMGhpZGRlbiUzQiUyMHpvb20lM0ElMjAxJTNCJTIwbGluZS1oZWlnaHQlM0ElMjAxMjAlMjUlM0IlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlMjAlMjAlMjAlMjAlMjAlMjAlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJtYXJnaW4tYm90dG9tJTNBJTIwMnB4JTNCJTIwbGluZS1oZWlnaHQlM0ElMjAxMjAlMjUlM0IlMjIlM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHAlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkR0blNvOCUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUU5JTk4JUIyJUU3JTgxJUJEJUUzJTgyJUIwJUUzJTgzJTgzJUUzJTgyJUJBJUU1JTkwJTg0JUU3JUE4JUFFJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUyMCUyMCUyMCUyMCUyMCUyMCUyMCUyMCUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMm1hcmdpbi10b3AlM0ElMjA3cHglM0IlMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTklOUQlOUUlRTUlQjglQjglRTclOTQlQTglRTYlOEMlODElRTMlODElQTElRTUlODclQkElRTMlODElOTclRTglQTIlOEIlRTMlODIlODQlRTklOTglQjIlRTclODElQkQlRTklQTMlOUYlRTMlODAlODElRTklOUQlOUUlRTUlQjglQjglRTclOTQlQTglRTMlODMlODglRTMlODIlQTQlRTMlODMlQUMlRTMlODAlODIlRTQlQkIlOEElRTMlODElODQlRTMlODElQTElRTMlODElQTklRTMlODAlODElRTYlQUMlQTElRTMlODElQUUlRTclODElQkQlRTUlQUUlQjMlRTMlODElQjglRTMlODElQUUlRTUlODIlOTklRTMlODElODglRTMlODIlOTIlRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMjAlMjAlMjAlMjAlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMjAlMjAlMjAlMjAlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJvb2tsaW5rLWZvb3RlciUyMiUyMHN0eWxlJTNEJTIyY2xlYXIlM0ElMjBsZWZ0JTIyJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMm92ZXJmbG93JTNBJTIwaGlkZGVuJTNCJTIwZm9udC1zaXplJTNBJTIwc21hbGwlM0IlMjB6b29tJTNBJTIwMSUzQiUyMG1hcmdpbiUzQSUyMDE1cHglMjAwJTNCJTIwdGV4dC1hbGlnbiUzQSUyMGxlZnQlM0IlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlMjAlMjAlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJmbG9hdCUzQSUyMGxlZnQlM0IlMjBtYXJnaW4lM0ElMjAwcHglMjAxNXB4JTIwMTBweCUyMDBweCUzQiUyMHdpZHRoJTNBJTIwNzVweCUzQiUyMGhlaWdodCUzQSUyMDc1cHglM0IlMjB0ZXh0LWFsaWduJTNBJTIwY2VudGVyJTNCJTIyJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwJTNBJTJGJTJGd3d3LmFtYXpvbi5jby5qcCUyRmV4ZWMlMkZvYmlkb3MlMkZBU0lOJTJGQjAwMEpNSlU3SSUyRml0b2l0b19zdHlsZS0yMiUyRiUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTNDaW1nJTIwc3R5bGUlM0QlMjJib3JkZXItdG9wJTNBJTIwbWVkaXVtJTIwbm9uZSUzQiUyMGJvcmRlci1yaWdodCUzQSUyMG1lZGl1bSUyMG5vbmUlM0IlMjBib3JkZXItYm90dG9tJTNBJTIwbWVkaXVtJTIwbm9uZSUzQiUyMGJvcmRlci1sZWZ0JTNBJTIwbWVkaXVtJTIwbm9uZSUzQiUyMiUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGaW1hZ2VzLW5hLnNzbC1pbWFnZXMtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY1MXNkVkxGcWdJTC5qcGclMjIlMjB3aWR0aCUzRCUyMjY1JTIyJTIwaGVpZ2h0JTNEJTIyNjUlMjIlMjAlMkYlM0UlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTIwJTIwJTIwJTIwJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJvdmVyZmxvdyUzQSUyMGhpZGRlbiUzQiUyMHpvb20lM0ElMjAxJTNCJTIwbGluZS1oZWlnaHQlM0ElMjAxMjAlMjUlM0IlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlMjAlMjAlMjAlMjAlMjAlMjAlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJtYXJnaW4tYm90dG9tJTNBJTIwMnB4JTNCJTIwbGluZS1oZWlnaHQlM0ElMjAxMjAlMjUlM0IlMjIlM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHAlM0ElMkYlMkZ3d3cuYW1hem9uLmNvLmpwJTJGZXhlYyUyRm9iaWRvcyUyRkFTSU4lMkZCMDAwSk1KVTdJJTJGaXRvaXRvX3N0eWxlLTIyJTJGJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTYlOTclQTUlRTYlOUMlQUMlRTYlQjIlODglRTYlQjIlQTElMjAlRTMlODIlQjklRTMlODIlQkYlRTMlODMlQjMlRTMlODMlODAlRTMlODMlQkMlRTMlODMlODklRTMlODMlQkIlRTMlODIlQTglRTMlODMlODclRTMlODIlQTMlRTMlODIlQjclRTMlODMlQTclRTMlODMlQjMlMjAlNUJEVkQlNUQlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTIwJTIwJTIwJTIwJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTIwJTIwJTIwJTIwJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJib29rbGluay1mb290ZXIlMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMmNsZWFyJTNBJTIwbGVmdCUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJvdmVyZmxvdyUzQSUyMGhpZGRlbiUzQiUyMGZvbnQtc2l6ZSUzQSUyMHNtYWxsJTNCJTIwem9vbSUzQSUyMDElM0IlMjBtYXJnaW4lM0ElMjAxNXB4JTIwMCUzQiUyMHRleHQtYWxpZ24lM0ElMjBsZWZ0JTNCJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTIwJTIwJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUyMHN0eWxlJTNEJTIyZmxvYXQlM0ElMjBsZWZ0JTNCJTIwbWFyZ2luJTNBJTIwMHB4JTIwMTVweCUyMDEwcHglMjAwcHglM0IlMjB3aWR0aCUzQSUyMDc1cHglM0IlMjBoZWlnaHQlM0ElMjA3NXB4JTNCJTIwdGV4dC1hbGlnbiUzQSUyMGNlbnRlciUzQiUyMiUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cCUzQSUyRiUyRnd3dy5hbWF6b24uY28uanAlMkZleGVjJTJGb2JpZG9zJTJGQVNJTiUyRkIwMDBGWkVOTE0lMkZpdG9pdG9fc3R5bGUtMjIlMkYlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUzQ2ltZyUyMHN0eWxlJTNEJTIyYm9yZGVyLXRvcCUzQSUyMG1lZGl1bSUyMG5vbmUlM0IlMjBib3JkZXItcmlnaHQlM0ElMjBtZWRpdW0lMjBub25lJTNCJTIwYm9yZGVyLWJvdHRvbSUzQSUyMG1lZGl1bSUyMG5vbmUlM0IlMjBib3JkZXItbGVmdCUzQSUyMG1lZGl1bSUyMG5vbmUlM0IlMjIlMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNjE3OTRzUEw1YUwuX1NMNzVfLmpwZyUyMiUyMHdpZHRoJTNEJTIyNTUlMjIlMjBoZWlnaHQlM0QlMjI3NSUyMiUyMCUyRiUzRSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMjAlMjAlMjAlMjAlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMm92ZXJmbG93JTNBJTIwaGlkZGVuJTNCJTIwem9vbSUzQSUyMDElM0IlMjBsaW5lLWhlaWdodCUzQSUyMDEyMCUyNSUzQiUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUyMCUyMCUyMCUyMCUyMCUyMCUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMm1hcmdpbi1ib3R0b20lM0ElMjAycHglM0IlMjBsaW5lLWhlaWdodCUzQSUyMDEyMCUyNSUzQiUyMiUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cCUzQSUyRiUyRnd3dy5hbWF6b24uY28uanAlMkZleGVjJTJGb2JpZG9zJTJGQVNJTiUyRkIwMDBGWkVOTE0lMkZpdG9pdG9fc3R5bGUtMjIlMkYlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFNiU5NyVBNSVFNiU5QyVBQyVFNiVCMiU4OCVFNiVCMiVBMSUyMCVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyU5QSVFMyU4MiVCNyVFMyU4MyVBMyVFMyU4MyVBQiVFMyU4MyVCQiVFMyU4MiVCMyVFMyU4MyVBQyVFMyU4MiVBRiVFMyU4MiVCRiVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiVCQSVFMyU4MyVCQiVFMyU4MiVBOCVFMyU4MyU4NyVFMyU4MiVBMyVFMyU4MiVCNyVFMyU4MyVBNyVFMyU4MyVCMyUyMCUyOCVFNSU4OCU5RCVFNSU5QiU5RSVFOSU5OSU5MCVFNSVBRSU5QSVFNyU5NCU5RiVFNyU5NCVBMyUyOSUyMCU1QkRWRCU1RCUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMjAlMjAlMjAlMjAlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMjAlMjAlMjAlMjAlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJvb2tsaW5rLWZvb3RlciUyMiUyMHN0eWxlJTNEJTIyY2xlYXIlM0ElMjBsZWZ0JTIyJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNF