トップ 2分で読む 岩手北部でM3クラスが2箇所、宮城沖でM3.6、福岡北西沖でも小規模な地震(2023/12/02)

岩手北部でM3クラスが2箇所、宮城沖でM3.6、福岡北西沖でも小規模な地震(2023/12/02)

2023/12/02は岩手北部でM3クラスが2箇所、宮城沖でM3.6、福岡北西沖でも小規模な地震が発生。自宅での地震対策は家族を守るための基本。まず非常用持ち出し袋を用意して家のすぐ出られる場所に置いておくこと。この中には、保存食や水・懐中電灯・ラジオ・予備の電池・救急セットなど最低限必要なものを入れておくと良いでしょう。

58

2023/12/02:岩手北部でM3クラスが2箇所、宮城沖でM3.6、福岡北西沖でも小規模な地震

2023/12/02は岩手北部でM3クラスが2箇所、宮城沖でM3.6、福岡北西沖でも小規模な地震が発生。
それぞれを時系列で列挙すると次の通りです(記事公開時点までの最新順)

発生日時震源震度規模深さ北緯, 東経
2023/12/02 17:36頃宮城県沖1M3.6約50km38.6, 141.9
2023/12/02 12:28頃岩手県沿岸北部1M3.4約60km39.8, 141.8
2023/12/02 09:35頃岩手県内陸北部1M3.7約110km39.7, 140.9
2023/12/02 04:06頃福岡県北西沖1M3.2約10km33.9, 130.2

今後、日本周辺で発生が想定される巨大地震は首都直下地震や南海トラフ巨大地震などを含めていくつかあります。特に都市部は高層ビルや線路、道路などのインフラが集まり、多くの人々が暮らす場所。

 

大きな地震が来た場合、これらのインフラが損傷し、日常の生活に大きな支障が出ることが予測されます。例えば、2011年の東日本大震災では、電車や道路が寸断され多くの人が帰宅困難者となりました。都市部でのリスクを知ることは予め準備をする上での第一歩です。

自宅での地震対策は家族を守るための基本。まず非常用持ち出し袋を用意して家のすぐ出られる場所に置いておくこと。この中には、保存食や水・懐中電灯・ラジオ・予備の電池・救急セットなど最低限必要なものを入れておくと良いでしょう。家具の固定や窓ガラスにシートを貼るなど、日常的な予防策も忘れずに。

 

万が一の発災時は自分1人や家族だけで対策するよりも、ご近所や地域住民などで力を合わせて対処した方が効果的です。日頃から地域の防災訓練などに参加したり、ご近所の人たちとの交流や緊急時の連絡先の共有も有効です。

 

高齢者や体の不自由な方が近所に住んでいれば更に注意が必要。地域ぐるみでサポートし合う体制を作ることで、地震時の安全を高めることができます。地震は予測が難しい自然現象ですが、知識と事前の備えを持つことで、少しでも被害を減少させることができます。

いま備えておくべき「備災アイテム」をamazonで見る!

このサイトや記事が気に入ったらシェアしましょう!