トップ 2分で読む 【鹿児島】奄美大島北東沖で最大震度3・M5.5の地震(2019/5/15)

【鹿児島】奄美大島北東沖で最大震度3・M5.5の地震(2019/5/15)

2019/5/15の14:24頃、奄美大島北東沖で最大震度3・M5.5の地震がありました。5/14にはパプアニューギニアでM7.7、5/10〜5/12にかけては日本国内の日向灘でM6.3を筆頭に大きめの地震が頻発しています。

30

2019/5/15:奄美大島北東沖で最大震度3・M5.5の地震

5/15の14:24頃、奄美大島北東沖で最大震度3・M5.5の地震がありました。
5/14にはパプアニューギニアでM7.7、5/10〜5/12にかけては日本国内の日向灘でM6.3を筆頭に大きめの地震が頻発しています。

最近は九州・四国あたりで地震・火山が活発化。今後、気象庁などから発表される情報には注意してください。

また、海外の地震に関してはUSGS(米国科学的研究機関の一つ、アメリカ地質調査所)の公開している情報もどなたでも見ることができますので、こちらもぜひブックマークしておいてください。

季節は初夏から梅雨を挟んで夏へと移り変わっていきますが、現代の日本人が経験していないのが「真夏の大震災」です。

高温多湿な時期はただでさえ生鮮品などは足が早く、生ゴミなどもニオイがちですが、そんなタイミングで大震災が発生し、停電・断水・都市ガスなどの社会インフラのストップと共に、自治体によるゴミの収集と焼却が不可能などという状況に陥った場合、社会は大混乱になることが容易に予想されます。

これからは「想定外」もある程度想定して備えることが求められますが、「もし真夏に大震災が発生したら」という視点で、ご家庭ではどのような対策ができるのかを考えてみることも必要だと思います。

いま備えておくべき「備災アイテム」をamazonで見る!

このサイトや記事が気に入ったらシェアしましょう!