トップ 2分で読む 【九州】熊本県天草・芦北地方と天草灘で小規模な有感地震(2019/7/3〜7/4)

【九州】熊本県天草・芦北地方と天草灘で小規模な有感地震(2019/7/3〜7/4)

2019/7/3〜7/4にかけて、前後期間で災害級の大雨となった九州南部の熊本県天草・芦北地方と天草灘でそれぞれ小規模な地震が起きています。特に天草・芦北は地震が多く6月末には連続地震が発生しています。

30

2019/7/3〜7/4:熊本県天草・芦北地方と天草灘で小規模な有感地震

2019/7/3〜7/4にかけて、前後期間で災害級の大雨となった九州南部の熊本県天草・芦北地方と天草灘でそれぞれ小規模な地震が起きています。特に天草・芦北は地震が多く6月末には連続地震が発生しています。

水分を多く含んだ地盤が緩み土砂災害に繋がる場合があるので要注意です。
今後ふたたび強い大雨となり、「避難勧告」または「避難指示(緊急)」が発令された場合は、即時避難が必要です。
特に後者の場合は実際の被害が発生している可能性が高い状況となります。

特に山の麓や崖の下などの場所にお住まいの場合は、早めの避難を。土石流や地すべり、がけ崩れなどが発生してからでは手遅れです。
日本は欧米などに比べて土砂災害が多いのですが、国土面積の約7割が山地で、数多くの断層や火山を抱えた複雑な地質でもあります。

加えて年平均降水量については世界平均の約2倍という、世界有数の「多雨の国」。
そういった理由から「土砂災害危険箇所」として挙げられている場所は全国合計で52万箇所にものぼり、都道府県別では広島県が最多です。
発生件数で見た場合は、年平均で1000件を超える土砂災害が発生しています。

梅雨明けまではまだ日数があり、その後も台風が控えています。近年は全国各地で豪雨災害があり、都市部ではヒートアイランド現象などによって「ゲリラ豪雨」と言われる突発的な大雨になることも。

大雨時には海岸・河口・川岸・用水路などへは近づかないようにしましょう。
今回の九州南部の大雨でも、増水した川岸などへ写真を撮りに来る方々が散見されたとのこと。足を滑らせてからでは遅いのです。

いま備えておくべき「備災アイテム」をamazonで見る!

このサイトや記事が気に入ったらシェアしましょう!