トップ 2分で読む 【千葉】千葉県南部で最大震度5弱、M5.1の地震(2019/05/25)

【千葉】千葉県南部で最大震度5弱、M5.1の地震(2019/05/25)

2019/05/25の15:20頃、千葉県南部を震源とする最大震度5弱、M5.1の地震が発生しました。千葉県南部では昨年あたりから震度4以上が複数回起きています。

25

2019/05/23:千葉県南部で最大震度5弱、M5.1の地震

2019/05/25の15:20頃、千葉県南部を震源とする最大震度5弱、M5.1の地震が発生しました。

千葉県南部では昨年あたりから震度4以上が複数回起きています。
近年の大きめのものをピックアップすると、

2019/05/25 15:20, 千葉県南部, 震度5弱, M5.1
2018/06/26 19:46, 千葉県南部, 震度4, M4.4
2018/06/16 11:09, 千葉県南部, 震度4, M4.5
2011/12/03 05:55, 千葉県南部, 震度4, M5.2
2009/02/17 04:54, 千葉県南部, 震度4, M4.6

となっています。

また、5/24〜5/25にかけて本州ではM3以上の地震が相次いでおり、5/24には埼玉県北部で最大震度3、M4.2がありました。
埼玉県北部は中央構造線に近い震源ですが、頻度は高くありません。
しかし近年で見ると2015年5月には最大震度5弱, M5.5という大きめの地震が起きています。

2019/05/24 12:40, 埼玉県北部, 震度3, M4.2
2015/05/25 14:28, 埼玉県北部, 震度5弱, M5.5
2013/04/14 10:22, 埼玉県北部, 震度3, M4.7

他、奈良県・岐阜県・広島県など本州で複数の有感地震が起きていますが、環太平洋火山帯の範囲でみれば「通常運転」とも言えますので、備えをしっかりしておけば必要以上に不安になる必要はありません。

過去の震災や大規模地震を振り返ると、発災後はすぐに店頭に物資を買い求める人びとの行列ができました。
しかし初動をやり過ごし日頃から備えてある場合はそうした行列に加わる必要は無く、被害が軽微であれば生活をいかに早く平常モードに戻していくかが課題になります。

大規模災害時代の今「地域の防災力」が問われていますが、同時に「備えている人びと」を日頃からネットワークしておき、イザというときにはお互いに足りない物資を融通したり情報交換し合えるようなコミュニティづくりも重要に思います。

いま備えておくべき「備災アイテム」をamazonで見る!

このサイトや記事が気に入ったらシェアしましょう!