トップ 2分で読む 【青森】青森県で最大震度4・M5.4の地震(2019/08/15)

【青森】青森県で最大震度4・M5.4の地震(2019/08/15)

2019/08/15、青森県で最大震度4・M5.4の地震がありました。震源は三八上北地方、深さ90kmとやや深めです。 ちょうど8/15は満月かつ台風10号が上陸というタイミング、地震が起きやすい条件が揃っていたと見ることもできます。

156

2019/08/15:青森県で最大震度4・M5.4の地震

2019/08/15、青森県で最大震度4・M5.4の地震がありました。震源は三八上北地方。
ちょうど8/15は満月かつ台風10号が上陸というタイミング、地震が起きやすい条件が揃っていたと見ることもできます。

青森県には「青森湾西岸断層帯」「津軽山地西縁断層帯」「折爪断層」などの断層帯がありますが、それらからは離れた震源のようです。

青森県東方沖では先月から小規模な地震が続いていました。
また、6/18には山形で最大震度6強・M6.8の地震が発生、8/4には福島沖でも最大震度5弱・M6.4の大きな地震が起きたばかり。その後も東北地方の日本海側では小規模な地震が続いています。

8/15の地震の震源の深さが90kmと若干深めなので「これがもし浅かったら何らかの被害が出たのではないか」と考えますが、2016/01/11にも三八上北地方の範囲、折爪断層沿いで最大震度5弱・M4.6の地震が深さ10kmで起きているものの、大きな被害な無かったようです。

昔から満月や新月の時期に地震が起きると言われますが、2016年に東京大学の研究チームによって大潮の時期=満月時に大地震の発生確率が上昇する(大きな潮汐応力が地震を誘発する)という研究結果が出ており、学術雑誌「Nature Geoscience」に掲載されています。

ちょうど台風10号が西日本に上陸していましたが、台風や低気圧が来ると気圧配置が変動して地面を動かし、気象変動の激しい寒冷前線の接近や横断時に地震活動も活発になるとされています。

この台風と地震の因果関係についても、国立研究開発法人科学技術振興機構 (JST) が構築した国内最大の科学技術情報プラットフォームである「J-STAGE」において学術的資料が公開されています。

台風が多発する時期の新月〜満月の時期は、警戒と備えを強化しておきたいところです。
日常生活に影響を及ぼす災害は大地震だけでなく、台風や大雨による豪雨や土砂災害などにも注意が必要です。

ITOITO-STYLEでは、自然災害による被害や生活への影響が発生しそうな場合に備えて、状況確認に役立つ公共性の高いリンク集として「備災ポータル」をご提供しています。

地震・火山・台風などの状況確認だけでなく、各電力会社の停電情報や公共交通機関の運行情報などへ一括してアクセスできますので、お手持ちのスマホでぜひブックマークしておいてください。

いま備えておくべき「備災アイテム」をamazonで見る!

このサイトや記事が気に入ったらシェアしましょう!