トップ 2分で読む 【青森】青森県陸奥湾で震度3の地震(2018/11/08)

【青森】青森県陸奥湾で震度3の地震(2018/11/08)

2018年11月08日の07時35分頃、青森県陸奥湾で震度3の地震がありました。陸奥湾での前回の震源は2015年12月。震源のすぐ西側には「青森湾西岸断層帯」が存在します。記録をざっと見る限り、ここ10年間で震度3規模の地震の発生記録は無いようです。(最大でも震度2)

30

2018/11/08:青森県陸奥湾で震度3の地震

2018年11月08日の07時35分頃、青森県陸奥湾で震度3の地震がありました。陸奥湾での前回の震源は2015年12月。震源のすぐ西側には「青森湾西岸断層帯」が存在します。

記録をざっと見る限り、ここ10年間で震度3規模の地震の発生記録は無いようです。(最大でも震度2)

この断層帯は過去の活動がよく判っていないため、M7以上の規模の地震発生確率の長期評価については信頼性は低いものの、今後30年位内では「ほぼ0%(0.5〜1%)」となっています。(今後50年位内に引き伸ばしても0.8〜2%程度)

しかし、2018年に発生した北海道胆振東部地震や大阪府北部地震での震源と考えられる・または震源に近い断層帯も同様の評価であったにも関わらず、実際にはM6クラスの地震が発生しめ大きな被害を出した地震となっています。

M7クラスの地震の長期評価がほぼゼロ%であったり低いからと言っても、M6クラスの地震によって大きな被害が出ている以上、安心できないことはこれらの地震が証明しています。

特に、過去の活動に関する記録や知見が無い断層帯に関しては、前兆無く大型の地震が突然発生する可能性があることを想定しておく必要があるでしょう。

ITOITO-STYLEオススメの「備災アイテム」をamazonで見る!

このサイトや記事が気に入ったらシェアしましょう!