トップ 2分で読む 【和歌山・岐阜】紀伊水道でM3.7・岐阜県美濃でM3.6の地震(2019/07/10)

【和歌山・岐阜】紀伊水道でM3.7・岐阜県美濃でM3.6の地震(2019/07/10)

2019/07/10に注目した地震は、紀伊水道のM3.7・岐阜県美濃中西部のM3.6です。昨年後半に東海〜近畿での南海トラフの固着域における地震が多く、特に紀伊水道周辺に集中も見られした。南海トラフ巨大地震の震源域とされる部分での活動は現在も活発に続き、ひずみを蓄積し続けていると推察されます。

30

2019/07/10:紀伊水道でM3.7・岐阜県美濃でM3.6の地震

2019/07/10に注目した地震は、紀伊水道のM3.7・岐阜県美濃中西部のM3.6です。

昨年後半に東海〜近畿での南海トラフの固着域における地震が多く、特に紀伊水道周辺に集中も見られした。
南海トラフ巨大地震の震源域とされる部分での活動は現在も活発に続き、ひずみを蓄積し続けていると推察されます。

特に、南海トラフにおいて海側プレートと陸側プレートが地下で接し動いている部分にあると見られる「固着域」には定点的に強く固着している部分と、広範囲に渡って弱く固着している部分がありますが、弱い固着域部分においては継続的なスロースリップ(ゆっくり滑り)現象が観測されています。

弱い固着部分で破壊が起きるたびに有感地震が発生すると考えられますが、気にしておきたいのは沖合にある強い固着域のいくつかです。ここのひずみが限界を迎えて連鎖的に破壊されたときは、より大きな地震が発生する可能性があります。


岐阜に関しては南海トラフ巨大地震の想定震源域からは外れますが、岐阜県内の南海トラフの固着域の北端あたりです。

岐阜県内の断層帯は小さなものも含めると数多く存在します。
また、ご存知の通り岐阜県・富山県・長野県・新潟県にまたがる飛騨山脈を含めた「日本アルプス」は、プレートがぶつかり合って隆起したものと考えられています。

特に日本の高山の大部分は日本アルプスに集中しており、日本アルプスを構成する各山脈は、日本列島を東西南北に分ける中央構造線とフォッサ・マグナに沿って存在しています。つまり、このあたりは地殻変動の激しい場所とも言えます。

内陸断層型の地震は海溝型と違い予知予測が難しいことは、熊本地震・大阪府北部地震・北海道胆振東部地震など近年の大規模地震でも明らかです。

いつ起きても対応できるように、備えだけはしておきましょう。万が一の大地震の際は、店頭から水食料・消耗品などがあっという間に売り切れます。

いま備えておくべき「備災アイテム」をamazonで見る!

このサイトや記事が気に入ったらシェアしましょう!