トップ 2分で読む 【海外】インドネシアでM6.9の大地震(2019/8/2〜8/3)

【海外】インドネシアでM6.9の大地震(2019/8/2〜8/3)

2019/8/2〜8/3にかけて、インドネシア・バンテン州南西部の沖合でM6.9の大きな地震がありました。現地気象気候地球物理学庁は地震規模を7.3と認識、最大3mの津波発生の恐れがあるとして一時津波警報を発令しました(後に解除)。

799

2019/8/2〜8/3:インドネシアでM6.9の大地震

2019/08/02〜08/03にかけて、インドネシア・バンテン州南西部の沖合でM6.9の大きな地震がありました。
インドネシアの気象気候地球物理学庁は最大3mの津波発生の恐れがあるとして一時津波警報を発令、後に解除となりました。
気象気候地球物理学庁はこの地震の規模をM7.4としているとのこと。(M6.9は米国USGS発表値)

この震源では2019/04/09と2019/02/28にもM4.7〜4.9の地震が起きています。

現地の状況としては震源から300km程度離れたインドネシアの首都・ジャカルタでも揺れが観測され、一時は地下鉄が運転を見合わせ。
ジャカルタ中心部のオフィスビルや揺れのあった地域の建物からは避難する人々で一時騒然となったとのこと。

インドネシアでは2019/07/14に東部でM7.3の大きな地震があり、この時期現地ではM4〜5クラスの地震も連続。
報道によれば住民のパニックなども起きています。

また、2019/7/8と2019/01/07にもインドネシアのモルッカ海でM6.9。その後も小規模な余震とみられる地震が続きました。
スラウェシ島北部など一部の地域では約50cmの津波が観測され、北マルク州テルナテ島ではパニック状態も。

2018/12/22にはインドネシア・クラカタウ火山が海底噴火および大規模噴火を起こし、高潮と地滑りによって津波が発生。
これによりジャワ島西部のアニェール付近でも津波被害を受け、少なくとも死者60名・負傷者・行方不明者は合わせて580名以上となりました。

2018/9/28にも、インドネシアのPalu付近でM7.5の大地震が発生し、その後継続的にM5クラスの地震が起きています。

このように、基本的にインドネシア周辺で起きる地震は、規模の大きなものが多い傾向があります。

また、インドネシア→フィリピン→台湾と連続して有感地震が発生。その後は震源が北へ移動しているような動きに見えます。
近年は環太平洋火山帯が活発に動いている印象もあります。日本でも「真夏の大きな地震」に備えるべきでしょう。

いま備えておくべき「備災アイテム」をamazonで見る!

このサイトや記事が気に入ったらシェアしましょう!