トップ 2分で読む 【本州】長野県中部で16連続の浅めの地震、前日4/22にも5連続の地震(2020/04/23)

【本州】長野県中部で16連続の浅めの地震、前日4/22にも5連続の地震(2020/04/23)

2020/04/23は長野県中部で浅めの地震が16連続で発生、前日の4/22にも同じ震源で5連続の地震が起きています。また福島県でM4クラス、岐阜でM3クラスの地震が発生。長野県中部での連続地震は2日目に入り、本記事作成時点でも終息していないようです。

949

2020/04/23:長野県中部で15連続の浅めの地震、前日4/22にも5連続の地震

2020/04/23は長野県中部で浅めの地震が16連続で発生、前日の4/22にも同じ震源で5連続の地震が起きています。また福島県でM4クラス、岐阜でM3クラスの地震が発生。長野県中部での連続地震は2日目に入り、本記事作成時点でも終息していないようです。
それぞれを時系列で列挙すると次の通りです(最新順)

 

【長野県中部】
2020/04/23 21:14頃, 震度1, M2.6, 深さ10km, 北緯:36.3, 東経:137.7

【長野県中部】
2020/04/23 21:03頃, 震度2, M4.2, 深さ10km, 北緯:36.2, 東経:137.7

【岐阜県美濃東部】
2020/04/23 20:47頃, 震度1, M3.6, 深さ50km, 北緯:35.4, 東経:137.2

【福島県浜通り】
2020/04/23 20:40頃, 震度1, M3.1, 深さ10km, 北緯:36.9, 東経:140.8

【長野県中部】
2020/04/23 20:00頃, 震度1, M2.6, 深さ10km, 北緯:36.2, 東経:137.6

【長野県中部】
2020/04/23 19:42頃, 震度1, M2.7, 深さ10km, 北緯:36.2, 東経:137.7

【長野県中部】
2020/04/23 19:10頃, 震度2, M3.2, 深さ10km, 北緯:36.2, 東経:137.6

【長野県中部】
2020/04/23 19:06頃, 震度1, M2.8, 深さ10km, 北緯:36.2, 東経:137.6

【長野県中部】
2020/04/23 16:55頃, 震度1, M3.1, ごく浅い, 北緯:36.2, 東経:137.6

【長野県中部】
2020/04/23 15:59頃, 震度1, M3.1, 深さ10km, 北緯:36.2, 東経:137.7

【長野県中部】
2020/04/23 14:22頃, 震度1, M3.0, ごく浅い, 北緯:36.2, 東経:137.7

【長野県中部】
2020/04/23 14:16頃, 震度2, M3.6, ごく浅い, 北緯:36.2, 東経:137.7

【長野県中部】
2020/04/23 13:57頃, 震度3, M4.8, 深さ10km, 北緯:36.2, 東経:137.7

【長野県中部】
2020/04/23 13:54頃, 震度1, M3.0, 深さ10km, 北緯:36.2, 東経:137.7

【長野県中部】
2020/04/23 13:52頃, 震度3, M4.5, ごく浅い, 北緯:36.2, 東経:137.7

【長野県中部】
2020/04/23 13:44頃, 震度4, M5.5, ごく浅い, 北緯:36.2, 東経:137.7

【福島県浜通り】
2020/04/23 12:26頃, 震度3, M4.2, 深さ10km, 北緯:36.9, 東経:140.8

【長野県中部】
2020/04/23 11:45頃, 震度1, M2.7, 深さ10km, 北緯:36.2, 東経:137.7

【福島県沖】
2020/04/23 10:22頃, 震度2, M4.1, 深さ50km, 北緯:37.1, 東経:141.1

 

長野県中部における地震として最近のもので高頻度であったものは、

2018/11/23: 6連続
2018/11/24:23連続
2018/11/25:11連続
2018/11/26: 4連続

という地震が発生しており、その後は一応の終息化を見ています。
似たような経過を辿るとすれば数日内に終息する可能性が高いと思われますが、予断を許さずに備えだけはしておきましょう。

 

今回の詳細な震源は次の図となります。

穂高岳の南西、焼岳とアカンダナ山に近いあたりの浅い領域が震源となります。

 

焼岳は標高2455メートルの活火山で、岐阜県側では硫黄岳とも呼ばれ、隣接している割谷山・白谷山・アカンダナ山とともに「焼岳火山群」を構成しています。この焼岳では昨2019/07/28〜07/29にかけて空振(空気振動)を伴う低周波地震や火山性地震が観測されており、噴火の際には水蒸気爆発が多い傾向にあります。

 

1995年には山頂近くで水蒸気爆発が発生し、ちょうどトンネル工事現場と重なったために火山性ガスや土砂が噴出、工事の作業員が死亡する事故も発生。

 

なお気象庁の最新の観測状況としては、焼岳は噴火警戒レベル1の活火山であることに留意する、というものです。

 

今後の状況推移を見ていく必要がありますが、数日内に地震が終息していくようであれば、過剰な心配を抱く必要はないでしょう。ただし、そうでなかった場合は継続的な警戒が必要となってきます。各種地震情報はチェックしておきましょう。

この日、他に発生した有感地震(主に記事公開後)

【長野県中部】
2020/04/23 22:32頃, 震度1, M2.7, 深さ10km, 北緯:36.2, 東経:137.7

【十勝地方中部】
2020/04/23 21:36頃, 震度2, M3.2, 深さ80km, 北緯:42.9, 東経:143.3

いま備えておくべき「備災アイテム」をamazonで見る!

このサイトや記事が気に入ったらシェアしましょう!