トップ 2分で読む 【全国】茨城県南部でM4.7、最大震度4の地震・他の地域も活発(2019/12/03)

【全国】茨城県南部でM4.7、最大震度4の地震・他の地域も活発(2019/12/03)

2019/12/03は、午前中に茨城県南部でM4.7、最大震度4の地震がありました。震源の深さは約60km。この地震では東北〜東海地方あたりにかけて広い地域で揺れを観測しました。また12/1〜12/3にかけては他の地域でも比較的活発な地震活動が起きています。

274

2019/12/03:茨城県南部でM4.7、最大震度3の地震

2019/12/03は、午前中に茨城県南部でM4.7、最大震度4の地震がありました。震源の深さは約60km。
この地震では東北〜東海地方あたりにかけて、広い地域で揺れを観測しました。
この震源は、ちょうど中央構造線と柏崎千葉構造線の交差する領域あたりのようで、今後30年内の発生が予想されている首都直下地震の想定震源域(M7.9〜8.6)の北端あたりに位置します。

ちょうど、12/1〜12/8までの間はNHKスペシャルで
体感 首都直下地震ウイーク
と銘打ったドラマが放送されています。

”12月2日 午後4時4分にマグニチュード7.3の地震が東京で発生したら…という想定で、その後何が起きるのかを、放送とデジタルサービス、イベント展開を交えた新しい形でお届けしていきます。
30年以内に70%の確率で起きるとされる震災を体感することで、防災減災の必要性を「自分ごと」としてとらえていただくことを目指します。”

 

とのこと。要チェックです。

また、12/1〜12/3にかけては他の地域でも比較的活発な地震活動が起きています。
ざっと震源位置を見ると、おおむね中央構造線沿いに発生していることがわかりますね。
岐阜県で起きている2度の地震は中央構造線と糸魚川静岡構造線が交わっている領域あたりに見えます。

東日本大震災は「1000年に一度」と言われますが、それはM9級の地震が起きると言う意味での1000年に一度。
M7〜M8クラスの地震として、改めて今後30年内の発生が想定されている地震が複数控えています。

【今後30年内の発生が想定されている地震】
① 南海トラフ巨大地震
② 首都直下型地震
③ 北海道沖地震
④ 東北〜関東の日本海溝沿いで起きるM7〜8の地震

日本と周辺海域では毎日「数百回」の地震が起きる

画像出典:Hi-net自動処理震源マップ

日本列島は、4枚のプレートがぶつかり合う場所に存在します。プレート自体は地球上に16枚あるとされ、そのうちの1/4の境界が日本の下に集中していることになります。
また、世界で起きる地震の約10〜15%が日本周辺で発生しており、M6以上に限れば20%が日本で発生

人体で感じる有感地震は年に1,100回以上発生し、人体で感じないものまで含めれば1日に数百回起きています。

日本列島は太平洋の周囲を取り巻く火山帯である「環太平洋火山帯」に含まれますが、この環太平洋火山帯に沿って、ほぼ毎日大きな地震は発生しています。
発生した場所がたまたま日本で地震の規模が大きかった場合に、大きな被害が発生することになります。

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」とは言いますが、日頃からの情報収集と備えが生死を分けることになります。「まだいいや」で済まさず、明日起きても対応できるように、備えだけはしておきましょう。

いま備えておくべき「備災アイテム」をamazonで見る!

このサイトや記事が気に入ったらシェアしましょう!