トップ 2分で読む 【南西太平洋→福島沖】ニューカレドニアでM4以上の連続地震後、福島沖でM5.1(2018/12/08)

【南西太平洋→福島沖】ニューカレドニアでM4以上の連続地震後、福島沖でM5.1(2018/12/08)

2018年の12月に入り、南西太平洋・オーストラリアの東側では大きめの地震が相次いでおり、特にニューカレドニア付近では最大M7.5を観測する地震を含め、M5クラスの地震が群発化しています。

34

2018/12/08:ニューカレドニアでM4以上の連続地震後、福島沖でM5.1

2018年の12月に入り、南西太平洋・オーストラリアの東側では大きめの地震が相次いでおり、特にニューカレドニア付近では最大M7.5を観測する地震を含め、M5クラスの地震が群発化しています。

改めて12/2からのニューカレドニアでのM4以上の地震を改めてチェックしてみましたが、一応の収束化傾向とは言え、かなりの回数が発生していました。そして12/8の10:54頃には、日本でも福島県沖で震度4・M5.1という地震が発生しています。

環太平洋火山帯においては「震源は時計回り」という説があります。これに当てはめて考えると、まさにニューカレドニアを含めた南西太平洋→東南アジア→日本と回ってきた可能性も考えられます。

今後も南西太平洋での地震発生後は、インドネシア〜日本〜アラスカのラインにかけて影響があるかもしれません。

また最近の注目すべき現象としては、太平洋のど真ん中・ハワイのキラウエア火山が噴火活動停止した可能性が言われています。キラウエアはこれまで1983年から実に35年という年月に渡って活動してきましたが、今年3月からは溶岩流出が止まったとのこと。

ただ、火山活動自体は継続していることに変わりはありません。これまで供給されていたマグマやガスの流れが、地殻下においてどう変わっていくのか、今後も注視していくことにはなるでしょう。

地震や火山の活動は、日本列島だけに留まらない壮大な規模でおこなわれています。また、地球の歴史においては100年程度の期間は一瞬にも満たないことです。

そうした状況において、いざというときに私たち個人が何をどこまでできるのか、という点については若干不安になることもありますが、起きてしまう自然災害を人間の力で防ぐことはできません。その上で、備えるべきものを備え、個人間や地域内で助け合えるコミュニティを作っていくことが、今後重要になっていくと思われます。

いま備えておくべき「備災アイテム」をamazonで見る!

このサイトや記事が気に入ったらシェアしましょう!