トップ 2分で読む 【四国】四国沖で震度は1と小さいながらもM4.0の地震が発生(2019/03/07)

【四国】四国沖で震度は1と小さいながらもM4.0の地震が発生(2019/03/07)

3/7の午前中に四国沖で震度は1と小さいながらもM4.0の地震が発生しました。この震源域での体感規模の地震自体は2017/12以来。震度3以上となると過去10年でも4回程度しか起きていないようです。

42

2019/03/07:四国沖で久しぶりの体感規模地震

3/7の午前中に四国沖で震度は1と小さいながらもM4.0の地震が発生しました。
この震源域での体感規模の地震自体は2017/12以来。
震度3以上となると過去10年でも4回程度しか起きていないようです。

ここより西側の高知沖では過去ほどんど地震が発生していない空白域があります。
このあたりは南海地震の想定震源域であり、なおかつ南海トラフ巨大地震の想定震源域かつ、南海トラフの固着域の強めの領域でもあります。

九州〜四国〜和歌山〜愛知あたりは中央構造線に沿ってスロースリップ・深部低周波地震が以前から継続しています。
プレートの動きによるものですが、その中でほとんど地震の起きていないエリアがあるのは気になりますね。

なお、3/7は気象庁から南海トラフ地震に関連する定例情報が発表されています。
https://www.jma.go.jp/jma/press/1903/07a/nt20190307.html

『現在のところ、南海トラフ沿いの大規模地震の発生の可能性が平常時と比べて相対的に高まったと考えられる特段の変化は観測されていない』

とのことです。つまり平常通りで異常なし、ということです。
リンク先ではさらに詳細な資料もPDF形式で公開されていますので、興味のある方はぜひご確認ください。

いま備えておくべき「備災アイテム」をamazonで見る!

このサイトや記事が気に入ったらシェアしましょう!