トップ 著者 からの投稿 ITOITO-STYLE編集部

ITOITO-STYLE編集部

98 投稿 0 コメント

容量622Whポータブル電源『miLIn』+100Wソーラパネル徹底レビュー![PR]

震災や台風などの自然災害による停電時やアウトドアシーンで大活躍の「ポータブル電源」。近年では家電量販店に特設コーナーができるほど、認知度とユーザー数が急増中です。特に最近では、折りたたみ式で携行可能なソーラーパネルと組み合わせて「電力を自分で作って使う」という取り組みも。   今回は miLIn Life さんから実用的ポータブル電源の新製品『miLIn ポータブル電源 622Wh』をご提供いただいての徹底レビューです。【miLIn Life 公式サイト "miLIn ポータブル電源" 製品ページ】 https://w78976.wixsite.com/milin 【miLIn Life 公式Makuakeプロジェクト】 https://www.makuake.com/project/milin/ 【miLIn Life 公式Facebook】 https://www.facebook.com/Milinjp-106278168092486 【miLIn Life 公式Twitter】 https://twitter.com/MilinlifeJ 【miLIn Life 公式Instagram】 https://www.instagram.com/milinlife2021/   そして今回もいつも通り、ITOITO-STYLEの製品レビュー・ポリシー『徹底的なユーザー目線』によって、忖度なしのメリット・デメリットあわせてしっかりとレビューしていきます。 『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。 目次 ・次の災害が発生する前に備えよう ・大地震だけではない、毎年起きる「台風・大雨による停電」 ・停電対策の最適解は「ポータブル電源 + 折りたたみ式ソーラーパネル」 ・実用容量622Wh!「miLIn ポータブル電源」 ・どう使う? miLInポータブル電源 + 純正ソーラーパネル ・複数の充電方法と、急速充電対応 ・実際にさまざまな家電製品を動かす ・災害時、避難所で手持ちのポータブル電源を個人的に使えるか? ・備考とメリット&デメリット ・まとめ画像出典:Wikipedia「東日本大震災」2011/3/11に発生した東日本大震災は「1000年に1度の巨大地震」と言われ、発生時点において日本周辺における観測史上最大の地震となりました。「1000年に1度だから、今後はそれほど心配せずとも大丈夫?」と思われるかもしれませんが、それは「M9.0・最大震度7の巨大地震」としての目安です。   あの震災以降の10年間に日本で観測された大地震として「最大震度6強以上」のものを見てみましょう。JTNDc3R5bGUlM0V0YWJsZS50YWJsZS1lcWRhdGFzJTIwdGglN0J0ZXh0LWFsaWduJTNBY2VudGVyJTNCJTdEJTNDJTJGc3R5bGUlM0UlM0NoNSUzRSVFMyU4MCU5MCVFNiU5RCVCMSVFNiU5NyVBNSVFNiU5QyVBQyVFNSVBNCVBNyVFOSU5QyU4NyVFNyU4MSVCRCVFNCVCQiVBNSVFOSU5OSU4RCVFMyU4MSVBNyVFNyU5OSVCQSVFNyU5NCU5RiVFMyU4MSU5NyVFMyU4MSU5RiVFNiU5QyU4MCVFNSVBNCVBNyVFOSU5QyU4NyVFNSVCQSVBNjYlRTUlQkMlQjclRTQlQkIlQTUlRTQlQjglOEElRTMlODElQUUlRTUlOUMlQjAlRTklOUMlODclRTMlODAlOTElM0MlMkZoNSUzRSUzQ3RhYmxlJTIwY2xhc3MlM0QlMjJ0YWJsZSUyMHRhYmxlLWVxZGF0YXMlMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMnRleHQtYWxpZ24lM0FjZW50ZXIlM0IlMjIlM0UlM0N0aGVhZCUzRSUzQ3RyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJiYWNrZ3JvdW5kLWNvbG9yJTNBJTIzZGRkJTNCJTIyJTNFJTNDdGglM0UlRTclOTklQkElRTclOTQlOUYlRTYlOTclQTUlRTYlOTklODIlM0MlMkZ0aCUzRSUzQ3RoJTNFJUU5JTlDJTg3JUU2JUJBJTkwJTNDJTJGdGglM0UlM0N0aCUzRSVFNiU5QyU4MCVFNSVBNCVBNyVFOSU5QyU4NyVFNSVCQSVBNiUzQyUyRnRoJTNFJTNDdGglM0UlRTMlODMlOUUlRTMlODIlQjAlRTMlODMlOEIlRTMlODMlODElRTMlODMlQTUlRTMlODMlQkMlRTMlODMlODklM0MlMkZ0aCUzRSUzQ3RoJTNFJUU2JUI3JUIxJUUzJTgxJTk1JTNDJTJGdGglM0UlM0N0aCUzRSVFNSU4QyU5NyVFNyVCNyVBRiUyQyUyMCVFNiU5RCVCMSVFNyVCNSU4QyUzQyUyRnRoJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlM0MlMkZ0aGVhZCUzRSUzQ3Rib2R5JTNFJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRTIwMjElMkYwMiUyRjEzJTIwMjMlM0EwOCVFOSVBMCU4MyUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlMjBzdHlsZSUzRCUyMnRleHQtYWxpZ24lM0FsZWZ0JTNCJTIyJTNFJUU3JUE2JThGJUU1JUIzJUI2JUU3JTlDJThDJUU2JUIyJTk2JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSUzQ3NwYW4lMjBzdHlsZSUzRCUyMmNvbG9yJTNBJTIzZjAwJTNCJTIyJTNFNiVFNSVCQyVCNyUzQyUyRnNwYW4lM0UlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJTNDc3BhbiUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjNmMDAlM0IlMjIlM0U3LjMlM0MlMkZzcGFuJTNFJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSUzQ3NwYW4lMjBzdHlsZSUzRCUyMmNvbG9yJTNBJTIzMDBmJTNCJTIyJTNFJUU3JUI0JTg0NjBrbSUzQyUyRnNwYW4lM0UlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFMzcuNyUyQyUyMDE0MS43JTNDJTJGdGQlM0UlM0MlMkZ0ciUzRSUzQ3RyJTNFJTNDdGQlM0UyMDE5JTJGMDYlMkYxOCUyMDIyJTNBMjIlRTklQTAlODMlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwc3R5bGUlM0QlMjJ0ZXh0LWFsaWduJTNBbGVmdCUzQiUyMiUzRSVFNSVCMSVCMSVFNSVCRCVBMiVFNyU5QyU4QyVFNiVCMiU5NiUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlM0NzcGFuJTIwc3R5bGUlM0QlMjJjb2xvciUzQSUyM2YwMCUzQiUyMiUzRTYlRTUlQkMlQjclM0MlMkZzcGFuJTNFJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSUzQ3NwYW4lMjBzdHlsZSUzRCUyMmNvbG9yJTNBJTIzZjAwJTNCJTIyJTNFNi43JTNDJTJGc3BhbiUzRSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTclQjQlODQxMGttJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRTM4LjYlMkMlMjAxMzkuNSUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlM0N0ciUzRSUzQ3RkJTNFMjAxOCUyRjA5JTJGMDYlMjAwMyUzQTA4JUU5JUEwJTgzJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUyMHN0eWxlJTNEJTIydGV4dC1hbGlnbiUzQWxlZnQlM0IlMjIlM0UlRTglODMlODYlRTYlOEMlQUYlRTUlOUMlQjAlRTYlOTYlQjklRTQlQjglQUQlRTYlOUQlQjElRTklODMlQTglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJTNDc3BhbiUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjNmMDAlM0IlMjIlM0U3JTNDJTJGc3BhbiUzRSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlM0NzcGFuJTIwc3R5bGUlM0QlMjJjb2xvciUzQSUyM2YwMCUzQiUyMiUzRTYuNyUzQyUyRnNwYW4lM0UlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU3JUI0JTg0NDBrbSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0U0Mi43JTJDJTIwMTQyLjAlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRTIwMTYlMkYwNCUyRjE2JTIwMDMlM0E1NSVFOSVBMCU4MyUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlMjBzdHlsZSUzRCUyMnRleHQtYWxpZ24lM0FsZWZ0JTNCJTIyJTNFJUU3JTg2JThBJUU2JTlDJUFDJUU3JTlDJThDJUU5JTk4JUJGJUU4JTk4JTg3JUU1JTlDJUIwJUU2JTk2JUI5JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSUzQ3NwYW4lMjBzdHlsZSUzRCUyMmNvbG9yJTNBJTIzZjAwJTNCJTIyJTNFNiVFNSVCQyVCNyUzQyUyRnNwYW4lM0UlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJTNDc3BhbiUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjNmMDAlM0IlMjIlM0U1LjglM0MlMkZzcGFuJTNFJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNyVCNCU4NDEwa20lM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFMzMuMCUyQyUyMDEzMS4yJTNDJTJGdGQlM0UlM0MlMkZ0ciUzRSUzQ3RyJTNFJTNDdGQlM0UyMDE2JTJGMDQlMkYxNiUyMDAxJTNBMjUlRTklQTAlODMlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwc3R5bGUlM0QlMjJ0ZXh0LWFsaWduJTNBbGVmdCUzQiUyMiUzRSVFNyU4NiU4QSVFNiU5QyVBQyVFNyU5QyU4QyVFNyU4NiU4QSVFNiU5QyVBQyVFNSU5QyVCMCVFNiU5NiVCOSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlM0NzcGFuJTIwc3R5bGUlM0QlMjJjb2xvciUzQSUyM2YwMCUzQiUyMiUzRTclM0MlMkZzcGFuJTNFJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSUzQ3NwYW4lMjBzdHlsZSUzRCUyMmNvbG9yJTNBJTIzZjAwJTNCJTIyJTNFNy4zJTNDJTJGc3BhbiUzRSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTclQjQlODQxMGttJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRTMyLjglMkMlMjAxMzAuOCUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlM0N0ciUzRSUzQ3RkJTNFMjAxNiUyRjA0JTJGMTUlMjAwMCUzQTAzJUU5JUEwJTgzJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUyMHN0eWxlJTNEJTIydGV4dC1hbGlnbiUzQWxlZnQlM0IlMjIlM0UlRTclODYlOEElRTYlOUMlQUMlRTclOUMlOEMlRTclODYlOEElRTYlOUMlQUMlRTUlOUMlQjAlRTYlOTYlQjklM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJTNDc3BhbiUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjNmMDAlM0IlMjIlM0U2JUU1JUJDJUI3JTNDJTJGc3BhbiUzRSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlM0NzcGFuJTIwc3R5bGUlM0QlMjJjb2xvciUzQSUyM2YwMCUzQiUyMiUzRTYuNCUzQyUyRnNwYW4lM0UlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU3JUI0JTg0MTBrbSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UzMi43JTJDJTIwMTMwLjglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRTIwMTYlMkYwNCUyRjE0JTIwMjElM0EyNiVFOSVBMCU4MyUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlMjBzdHlsZSUzRCUyMnRleHQtYWxpZ24lM0FsZWZ0JTNCJTIyJTNFJUU3JTg2JThBJUU2JTlDJUFDJUU3JTlDJThDJUU3JTg2JThBJUU2JTlDJUFDJUU1JTlDJUIwJUU2JTk2JUI5JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSUzQ3NwYW4lMjBzdHlsZSUzRCUyMmNvbG9yJTNBJTIzZjAwJTNCJTIyJTNFNyUzQyUyRnNwYW4lM0UlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJTNDc3BhbiUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjNmMDAlM0IlMjIlM0U2LjUlM0MlMkZzcGFuJTNFJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNyVCNCU4NDEwa20lM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFMzIuNyUyQyUyMDEzMC44JTNDJTJGdGQlM0UlM0MlMkZ0ciUzRSUzQ3RyJTNFJTNDdGQlM0UyMDExJTJGMDQlMkYwNyUyMDIzJTNBMzIlRTklQTAlODMlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwc3R5bGUlM0QlMjJ0ZXh0LWFsaWduJTNBbGVmdCUzQiUyMiUzRSVFNSVBRSVBRSVFNSU5RiU4RSVFNyU5QyU4QyVFNiVCMiU5NiUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlM0NzcGFuJTIwc3R5bGUlM0QlMjJjb2xvciUzQSUyM2YwMCUzQiUyMiUzRTYlRTUlQkMlQjclM0MlMkZzcGFuJTNFJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSUzQ3NwYW4lMjBzdHlsZSUzRCUyMmNvbG9yJTNBJTIzZjAwJTNCJTIyJTNFNy40JTNDJTJGc3BhbiUzRSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTclQjQlODQ0MGttJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRTM4LjIlMkMlMjAxNDIuMCUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlM0N0ciUzRSUzQ3RkJTNFMjAxMSUyRjAzJTJGMTUlMjAyMiUzQTMxJUU5JUEwJTgzJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUyMHN0eWxlJTNEJTIydGV4dC1hbGlnbiUzQWxlZnQlM0IlMjIlM0UlRTklOUQlOTklRTUlQjIlQTElRTclOUMlOEMlRTYlOUQlQjElRTklODMlQTglM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJTNDc3BhbiUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjNmMDAlM0IlMjIlM0U2JUU1JUJDJUI3JTNDJTJGc3BhbiUzRSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlM0NzcGFuJTIwc3R5bGUlM0QlMjJjb2xvciUzQSUyM2YwMCUzQiUyMiUzRTYuMCUzQyUyRnNwYW4lM0UlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJUU3JUI0JTg0MTBrbSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UzNS4zJTJDJTIwMTM4LjclM0MlMkZ0ZCUzRSUzQyUyRnRyJTNFJTNDdHIlM0UlM0N0ZCUzRTIwMTElMkYwMyUyRjEyJTIwMDMlM0E1OSVFOSVBMCU4MyUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlMjBzdHlsZSUzRCUyMnRleHQtYWxpZ24lM0FsZWZ0JTNCJTIyJTNFJUU2JTk2JUIwJUU2JUJEJTlGJUU3JTlDJThDJUU0JUI4JUFEJUU4JUI2JThBJUU1JTlDJUIwJUU2JTk2JUI5JTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSUzQ3NwYW4lMjBzdHlsZSUzRCUyMmNvbG9yJTNBJTIzZjAwJTNCJTIyJTNFNiVFNSVCQyVCNyUzQyUyRnNwYW4lM0UlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFJTNDc3BhbiUyMHN0eWxlJTNEJTIyY29sb3IlM0ElMjNmMDAlM0IlMjIlM0U2LjYlM0MlMkZzcGFuJTNFJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSVFNyVCNCU4NDEwa20lM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTNFMzcuMCUyQyUyMDEzOC42JTNDJTJGdGQlM0UlM0MlMkZ0ciUzRSUzQ3RyJTNFJTNDdGQlM0UyMDExJTJGMDMlMkYxMSUyMDE0JTNBNDYlRTklQTAlODMlM0MlMkZ0ZCUzRSUzQ3RkJTIwc3R5bGUlM0QlMjJ0ZXh0LWFsaWduJTNBbGVmdCUzQiUyMiUzRSVFNCVCOCU4OSVFOSU5OSVCOCVFNiVCMiU5NiUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlM0NzcGFuJTIwc3R5bGUlM0QlMjJjb2xvciUzQSUyM2YwMCUzQiUyMiUzRTclM0MlMkZzcGFuJTNFJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRSUzQ3NwYW4lMjBzdHlsZSUzRCUyMmNvbG9yJTNBJTIzZjAwJTNCJTIyJTNFOS4wJTNDJTJGc3BhbiUzRSUzQyUyRnRkJTNFJTNDdGQlM0UlRTclQjQlODQxMGttJTNDJTJGdGQlM0UlM0N0ZCUzRTM4LjAlMkMlMjAxNDIuOSUzQyUyRnRkJTNFJTNDJTJGdHIlM0UlM0MlMkZ0Ym9keSUzRSUzQyUyRnRhYmxlJTNF10年間になんと10回も発生しているのです。最大震度6弱以上で見た場合は、10年間に「28回」も発生。2000年代に入って日本を含む「環太平洋火山帯」が活発化していると言われる昨今、次の巨大地震がいつ・どこで発生するのかは、現代の最先端科学をもってしても予測することは不可能という結論がでています。   そこで重要になってくるのは「次が起きたときに、(命や自宅が無事なら)備えがあるかどうか」という点です。 食料品や飲料水などの備蓄や一般的な防災用品を備える方々はだいぶ増えていますが、意外と見落としがちなのが「断水時に使えるトイレ」と併せて「実用的な容量の電源・電力の確保」です。   東日本大震災や熊本地震などで発生した停電においてもインターネット自体は利用できる状態だったため、スマホが極めて重要な情報インフラとして機能しました。通勤通学用のバッグに手軽に入れて持ち運べる小型の「モバイルバッテリー」を外出先などで活用されている方も多くなりましたが、停電時に自宅内での生活を実用的に賄う用途には足りないものです。例えば2018年9月6日に発生した「北海道胆振東部地震」では、被災地だけでなく北海道全域が停電となる「ブラックアウト」が起き、大きな問題となりました。 (この北海道でのブラックアウトに関する詳細にご興味のあるかたは、資源エネルギー庁が公開している情報『日本初の“ブラックアウト”、その時一体何が起きたのか』をご覧ください) そして停電となるのは大きな地震だけではありません。特に近年は地球温暖化の影響で発生する台風の規模や勢力が大型化しており、梅雨時期を含めて豪雨による河川の決壊や停電が毎年のように発生しています。   2019年9月9日には、台風15号(令和元年房総半島台風)の上陸によって送配電設備が広範囲にわたり損壊、千葉県や茨城県など1都6県で合計93万戸が停電。 2018年9月30日には、台風24号(平成30年台風第24号)の上陸によって送配電設備が広範囲にわたり損壊、中部電力管内で「平成最大の大停電」として、のべ254万戸が停電しています。画像出典:Wikipedia「令和元年房総半島台風」さらに現在、日本国内ではすべての原子力発電所が運転を停止しているため発電の大部分を火力に頼っていますが、2020〜2021年にかけての冬の記録的な寒波で暖房向けの電力需要が急増、火力発電の燃料となっている液化天然ガス(LNG)の在庫が減少して一時は大規模停電の危機に曝されました。   今後は夏の猛暑で冷房向けの電力需要のひっ迫による、真夏の大停電の可能性も指摘されています。もしもの停電時に、少なくともサーキュレーターや扇風機などを動かすことのできる電力は、各ご家庭レベルで備えておくべきでしょう。停電時や電源がない場所での100V供給には以前であればガソリン式の小型発電機が使われてきましたが、大型で音も大きくガソリン駆動のため一酸化炭素を含む排気ガスも発生するなど家庭内で使えるものではなく、どちらかと言えば工事現場やイベント会場などで屋外に設置して使用するものでした。しかし、やむを得ない事情により自宅内でガソリン発電機を使い、残念ながら命を落とす事故も発生しています。   ...

【防災士監修】繰り返される自然災害や感染症拡大。「次」に対応する備蓄と装備を!

1995年(平成7年)1月17日の早朝、5時46分52秒。兵庫県沖の明石海峡を震源としてM7.3・最大震度7の大規模な地震「兵庫県南部地震」が発生しました。この地震によって引き起こされた災害が『阪神淡路大震災』です。   近畿地方を中心に6,434人もの人命が失われ、3名の行方不明者、負傷者は43,792人とされ、被害総額は約10兆円という巨大災害となりました。   当時は現在のように高速なインターネットではなく、もちろんスマホもありませんでした。当然、TwitterもLINEもfacebookもinstagramも存在していません。   国内のインターネットはようやく商用や個人利用が始まったばかりの頃で、スマホや携帯電話ではない「固定電話回線」を使った「パソコン通信ネットワーク」と呼ばれるインターネットとは別のものを利用し、電子掲示板サービスなどを使って被災情報などの交換がおこなわれました。   2020年は阪神淡路大震災から26年、あの日から四半世紀。   この26年の間にも日本では地震をはじめとするいくつもの大きな自然災害が繰り返し発生し、そのつど多くの人命が再び失われていきました。新潟県中越(沖)地震、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)、熊本地震、大阪府北部地震、北海道胆振東部地震 ...   そしてこの先の30年内にも、首都直下型地震や南海トラフ巨大地震など、複数の大規模災害の発生が予想されています。2019/09/08〜09/09には台風15号が首都圏を直撃、特に千葉県を中心に大規模な停電が発生。台風通過時〜直後にはおよそ80万戸を超える停電となり、千葉県内では君津市で大型の送電線の鉄塔が2基倒壊。   停電に関しては9/11の19時で40万軒、9/13の朝9時でも20万軒を超える規模で電力が復旧していないと言う、深刻な状況となっています。   併せてインターネット回線も不通となったためスマホやテレビなどが使えない状況となり、ポータブルラジオなどを備えていた方々以外は支援に関する情報の入手が困難となってしまいました。   そして思い出されるのが2018/09/06に発生した「北海道胆振東部地震」。日本海を北上した「台風21号」が地震発生前日に北海道付近を通過、その影響で停電発生。特に道内全域で停電するブラックアウトが発生し、1951年の北海道電力創設以来、初の大規模停電となりました。『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。2020年初から中国の武漢を「震源地」とする新型コロナウイルスが現在進行系で世界規模の感染拡大中となっており、2021/01/17午前時点での全世界の感染者数は約9413万人・死者数は約201万人。感染力の高い変異種の拡大も始まっており、日本国内でも変異種の感染者が確認されています。   2021/01/08には国内二度目の「緊急事態宣言」が発出されました。 まずは東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県の1都3県で2021/01/08〜02/07まで、 栃木県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県でも01/14〜02/07となっています。   しかしながら2021/01/16までの国内における感染状況は拡大の一途をたどっており、収束する気配は感じられません。すでに経済的な影響も深刻化しつつあり、中小規模や個人経営の飲食業を中心とするサービス業の閉店や廃業だけでなく、大手飲食チェーンなどでも不採算店舗の閉店や従業員解雇なども相次いでいることと、さらには周辺産業への影響も出ています。   状況はもはや「パンデミックに起因する経済災害」と言える状況です。そして、もしこの状況下で震災級の大きな地震が発生したら、状況の深刻さは想像を絶することになる可能性が高くなるでしょう。 過去の震災例を顧みても発災後の初動時の避難所は混乱し、開放された各地の体育館などでは避難者が家族ごとに仕切られることもない「密な雑魚寝」の状態になりました。コロナ禍の状況であれば避難所でクラスターが発生する可能性が高くなるのは間違いありません。   自宅が無事であれば、まずは「在宅避難」を優先すべきです。ここでは大震災を例に取り、発災直後にほぼ必ず起きる状況と、次の大地震に備えて最低限、備蓄しておくべき物資をご紹介します。   ITOITO-STYLE編集部には日本防災士機構認定の防災士が在籍しており、東日本大震災における自身の生活困窮の経験のもとづいて実際に実践しているものばかりです。   なお、備蓄品の調達は大地震が起きてからでは遅いのです。何も無い平時に調達しておきましょう。2018年に発生した「北海道胆振東部地震(ほっかいどういぶりとうぶじしん)」の発生は、2016年の熊本地震からたったの2年です。   これまで北海道で想定されてきた大地震は、千島海溝でのプレート移動に起因する海溝型のM8〜9クラスの巨大地震でした。しかし、北海道胆振東部地震の震源はそこではなく、やや内陸部の北海道胆振地方で断層型のものでした。画像出典:Wikipedia: by Mikenorton プレート移動による海溝型の地震は将来必ず起きると言っていいと思いますが、やっかいなのはこの断層型です。   日本国内には確認されている活断層は約2000箇所ありますが、未知の断層帯(隠れ断層帯)に関してはその倍の約4000箇所が存在すると言われています。   すでに「将来の発生確率がゼロ%」とされた箇所でも大きな地震が起きていることや、海溝型である南海トラフ巨大地震の発生予測に関してもすでに現実は「科学的に高確度な予測は困難」という結論が出ており、次の大震災がいつ・どこで起きるかを議論するのは、一般庶民レベルでは大きな意味を持たないと言えるかもしれません。   であれば、備えるのみです。   ここでは大地震直後にほぼ必ず起きる状況と、次の大地震に備えて最低限、備蓄しておくべき物資をご紹介します。   ITOITO-STYLE編集部には日本防災士機構認定の防災士が在籍しており、東日本大震災における自身の生活困窮の経験のもとづいて実際に実践しているものばかりです。   なお、備蓄品の調達は大地震が起きてからでは遅いのです。何も無い平時に調達しておきましょう。発災直後は、次のような状況が高確率で現実化します。 ① 停電(電気が止まる) ② 断水(水道が止まる) ③ 都市ガスの供給停止 ④ 物流が止まりお店から商品がなくなる ⑤ ガソリンや灯油などの燃料が入手困難に ⑥ 住居などの建物の破損や倒壊 ⑦ 交通網の麻痺 ⑧ 震災の場合は地盤の液状化で泥(泥水)が路上に出てくる ① 停電(電気が止まる) 震災直後は停電が発生し、場合によっては復旧まで数日を要し、復旧しても節電を余儀なくされる状況がしばらく続くことになります。 特にオール電化住宅などでは電気が復旧するまでの間、IH方式の調理器具なども使えなくなります。 ② 断水(水道が止まる) 上水道の送水設備の停止や敷設された水道管の破損などにより、水道が使えなくなります。 キッチンやバスルームなどで水が出なくなり、水洗トイレや洗濯機も使用不可能となります。 ③ 都市ガスの供給停止 都市ガスを利用している家庭や事業所・店舗などではガスを使った調理器具や給湯機器・暖房設備などが使えなくなります。 大きな災害時は、まずガスの元栓を忘れずに閉めましょう。 ④ 物流が止まりお店から商品がなくなる 過去の震災事例でも100%発生している状況です。 地震の発生直後から人々が店舗に殺到し、飲料水や食料・各種消耗品などが短時間で売り切れになります。買い占めなども起きます。 そして、その後は数日〜1週間程度は商品の補充も困難となります。 ⑤ ガソリンや灯油などの燃料が入手困難に ガソリンスタンドへのガソリンの定期供給が一時的に途絶えるため、スタンドへの沿道ではガソリンを求める車で行列ができます。 石油ストーブの燃料となる灯油もガソリンスタンドで供給されることが多いですが、こちらも在庫限りの状況となります。 ⑥ 住居などの建物の破損や倒壊 各地で建物の破損・全半壊・倒壊などの状況が発生します。 特に、住宅の裏が崖や山である場所などでは、地震の影響で崩れた土砂によって住宅が飲み込まれるケースが発生します。 2019年の台風15号では暴風により千葉県内の送電線の大型の鉄塔が2基、倒壊する事態となりました。 ⑦ 交通網の麻痺 道路の陥没や地割れ、崖崩れなどによって通行不能となる道路がいくつも生じます。停電により信号機なども停止します。 鉄道路線も、線路の歪みや曲がり・軌道上の敷石の流失や設備破損により場合によっては長期間の運行停止となります。 空の便も空港設備や滑走路の破損などによって運行停止となります。 ⑧ 震災の場合は地盤の液状化で泥(泥水)が路上に出てくる 震災と呼べる規模の地震が起きた際は、沿岸部の埋立地や河川沿いの低地・地下水の豊富な地質の周辺では地盤の液状化が発生し、土や砂を多く含む泥水が地表に噴出します。 噴出が収まった後には水分を多く含む泥が堆積し、復旧作業や通行の障害となることが多くあります。上記のような状況になったとしても、個人や家庭で事前にやれる対策はいくつもあり、また個人レベルでは対応不可能はものも当然あります。   順不同となりますが、次の順番に解説します。 A. そもそも個人では対応不可能なもの:⑦〜⑧ B. 条件付きである程度の備えが可能なもの:⑤〜⑥ C. 個人や家庭で備えが可能なもの:①〜④⑦ 交通網の麻痺 ⑧...

【コラム】阪神・淡路大震災の記憶とともに考える「ワタシの防災訓練」

上記写真出典:'Wikipedia:日本における地震対策と体制'から、東北地方太平洋沖地震発生後の東京都・新宿駅南口の様子(2011年3月11日16時頃撮影)写真出典:神戸市・阪神・淡路大震災「1・17の記録」 1995年1月17日の未明、淡路島北部沖の明石海峡を震源としてマグニチュード7.3の巨大地震が発生しました。近畿圏の広域が大きな被害を受け、犠牲となられた方々のうち死者は6,435名・負傷者は43,792名を数え、戦後の地震災害としては東日本大震災に次ぐ規模の激甚災害となりました。   記録によると、地震発生当日に死亡した5,000名を超える方々の8割近くが地震発生から1時間以内に死亡。9割が圧迫死だったそうで、早朝の発生ということもあり自宅での就寝中、特に建物の1階で圧死した方が多かったそうです。   震災発生直後には最大時30万を超える加入電話(固定電話)に障害が発生。特に神戸には局所的な被害が集中し通信手段や交通網も寸断されてしまったため、被災情報を発信することができなくなってしまったのです。このことも、当時の政権の初動対応の遅れにつながったとされています。街なかで大きく傾いた柏井ビルや倒壊した阪神高速道路の映像を覚えている方も多いのではないでしょうか。日常的には、テレビや新聞などで阪神淡路大震災に関する報道を目にするのは、毎年1月17日前後ですが、たとえばYouTubeなどに行けば、当時の様々な映像記録を今でも観ることが可能です。『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。20世紀末。いわゆる「ノストラダムスの大予言」などでは「1999年に世界が終わる」などの世界終末論などがテレビや雑誌などで話題になったりしていた時代です。   日本のインターネット通信はまだ黎明期で今ほど普及しておらず、携帯電話はようやくアナログからデジタル化への移行期。twitterやLINEどころか、スマートフォンそのものが当時は存在していなかったため、現在のようなネットを活用した安否確認などは不可能な状況でした。   そうした経験をきっかけに、震災時対応に関して多方面・多角的な整備が進んでいったことも事実です。企業や地域、一般家庭などでも震災に向けた備蓄の必要性が認識され、防災訓練の重要性も改めて問われるようになりました。写真出典:陸上自衛隊・平成25年度五條市総合防災訓練平成 25 年度五條市総合防災訓練   「防災訓練」と聞いて、どのようなイメージを思い浮かべるでしょうか? 学校や職場、各地域では少なくとも年に1回は防災訓練を実施しているのが普通ですから、参加した経験のあるかたも多いでしょう。防災訓練の主なものとしては、地震や火災が発生した想定の「避難訓練」や「消火訓練」、それに付随する「救出・救護訓練」などがありますが、これらの訓練によって身に付いた知識やスキルはあるでしょうか?   筆者は、学校では先生の指導に従い参加、職場では上司からの指示で参加、地域では町内会などで動員されて参加と、いずれも義務的に参加したものの、現実的には何も覚えていない・何も身についていないというのが正直なところです。   消防署の職員の方などの専門的な知識やスキルを持った方が指導してくれる、貴重な機会を全く生かしきれていなかったと感じています。過去の自分を振り返ってみると、なぜ防災訓練が必要なのか、防災訓練には何の意味があるのか、問題意識を持たずに参加していたために、何も残っていないことに気が付きました。写真出典:Wikipedia:阪神・淡路大震災:柏井ビル倒壊 推移1 傾いていた頃   人は、自分が経験したことのない出来事に遭遇した時、困惑したり動揺するのが普通であり、状況に適した行動を迅速に行えないことがほとんどです。だからこそ、防災訓練に参加したり備蓄などの災害への備えを行うことで、少しでもそうした状況に対応できるように準備しているのです。   しかし、いつ遭遇するかわからない・遭遇しないかもしれない災害を「自分ごと」として捉えることはなかなか容易ではありません。これまでおこなわれてきた防災訓練はどちらかといえば「啓蒙型」のもので、実感を持って積極的に取り組むにはちょっと恥ずかしかったりやりにくかったりといった性質のものが多かったように思います。ITOITO-STYLEのカテゴリ「備災FUN!」は、そうした問題に『楽しむ』というエッセンスを加えることによって、災害への備えを自分ごとにしようという試みです。   つまり、「キャンプを楽しむ → 知識やスキルが備わる → 被災時にどのよう使えるのかを考える → 防災に関する問題全般を考える → 防災に取り組む(行動する)→ キャンプを楽しむ …」という循環が生まれ、防災への取り組みが自分ごとになり、日常化するというわけです。 その結果、従来型の防災訓練への見方も変わり、せっかく参加するなら、自分に役立つ知識やスキルを学ぶ場にしようと思って参加するようになったのです。   ITOITO-STYLEが、みなさんにとってもそうしたきっかけになると嬉しいのですが、最近では様々な団体や地域でもなかなか面白い防災プログラムが実施されているので、そうしたプログラムに参加することで防災問題をより自分ごとにすることができるかもしれません。そこで、そうした取り組みを少2つほど紹介しておきたいと思います。写真出典:イザ!カエルキャラバン! NPO法人プラス・アーツ が開発した、地域の防災訓練プログラム「イザ!カエルキャラバン!」は、おもちゃの交換会と防災訓練をミックスした内容で、子どもたちが楽しみながら、防災知識を養えるという内容になっています。   例えば、消火訓練についても、単に消火器の使い方の説明を受けるという内容ではなく、水消火器で的を狙うというゲーム感覚で体験できる、防災に関する知識についても、防災かるたや防災すぐろくを使って学べるというように「楽しみながら」をキーワードに工夫が施されています。   「イザ!カエルキャラバン!」は、例年全国で開催されています。参加費無料、事前申込不要なので、当該地域にお住まいでお時間のかる方はお子さんと一緒に参加してみてはいかがでしょうか。写真出典:埼玉県和光市・市民協働推進センター公式ブログ 埼玉県和光市でプレイパーク事業を行っているNPO法人わこう子育てネットワークと防災啓発活動を行っている任意団体和光ボウサイ部が連携して、防災とプレイパークを組み合わせたイベントが実施されています。   子供たち向けの「外あそび」の中に防災訓練的なプログラムを組み込んだ内容になっており、2017年11月26日に開催された際には、段ボールを使ったテントづくりやごみ袋を使ったポンチョづくりで寒さや雨をしのぐ方法を学ぶなど、遊びと学びが詰まったイベントだったようです。細心の防災訓練の状況としては、従来の啓蒙的・義務参加的なものからよりリアルで緊迫感を実感できるものが登場してきています。 その中で、Youtubeで観ることができる体験型のものの映像を2つほどご紹介しておきます。こちらは、愛知工科大学工学部 板宮研究室が公開している津波体験ドライビングシミュレーターの映像です。ヘッドマウントディスプレイを用いて、津波や洪水体験が可能になっています。続いてこちらは、JAF公式チャンネルから「360度動画でVR体験!水没車両からの脱出」というもの。冠水し水没していく自動車の助手席の視点から、動画を操作できるようになっています。 もし津波や洪水に襲われた場合にどうなっていくのか、自分自身がこの助手席に座っていたら、という視点で見ると、なかなか恐ろしい動画になっています。「防災訓練」と聞くと、その必要性と重要性は重々認識してはいるものの、心のどこかでは堅苦しかったり退屈だったりといった感情もあると思います。しかし、実際の防災訓練は様々な形で取り組んだり体験することが可能です。   ITOITO-STYLEの「備災FUN!」で取り組んでいるのも、アウトドア活動やキャンプをそのまま、防災訓練と意識してしまうことです。電気・ガス・水道などの社会インフラが無いキャンプ場を被災地と見立てて、テントは仮設住宅、備蓄食材のストックローテーションを兼ねた食事を作って食べるといったアクティビティに慣れることで、いざ災害となった場合でも命が無事なら対応しやすいスキルやノウハウが身につくはずです。   防災とは「災害を防ぐ」と書きますが、実際のところ自然災害は防ぐことができません。防げないのであれば、災害に備える・被害を減らすという観点の「備災・減災」がこれからの重要なキーワードであり、取り組むべきスタイルと言えます。   その点、衣食住のうち「食住」を自前で賄うキャンプは、個人や家庭における防災訓練(備災訓練)としても楽しく取り組める活動です。「キャンプは不便を楽しむもの」という言葉がありますが、これまでに起きた震災直後の不便な生活を顧(かえり)みるキッカケにもなり、また、次に起きるであろう南海トラフ地震や首都直下型地震などへの備えにつながるとも考えられます。   すでに趣味としてのキャンプを楽しまれている方も、時々はキャンプを防災訓練と位置づけてやってみるのはいかがでしょうか。また、まだキャンプに行ったことがない方は、これを機会にぜひ体験してみてください。 https://itoito.style/article/827   https://itoito.style/article/882   https://itoito.style/article/3336   https://itoito.style/article/3461   https://itoito.style/article/3763

LiFePO4搭載ポータブル電源『BLUETTI EB70』最速レビュー![PR]

JTNDc3R5bGUlM0UlMEEuaW5kZXglN0IlMEElN0QlMEEuaW5kZXhfaXRlbSU3QiUwQSUyMCUyMGZvbnQtc2l6ZSUzQSUyMDE4cHglM0IlMEElMjAlMjBsaW5lLWhlaWdodCUzQSUyMDMycHglM0IlMEElN0QlMEElM0MlMkZzdHlsZSUzRQ==近年の災害対策・防災シーンや車中泊・キャンプ用途などで広く普及が進んでいる「ポータブル電源」。身近な防災グッズとして台風や豪雨時に停電が発生した際にも活躍するなど、その利便性の高さで購入する人が急増中です。   たとえば2018年9月6日に発生した「北海道胆振東部地震」では、最大震度7を記録し北海道全域が停電となる「ブラックアウト」が発生。画像出典:朝日新聞デジタル 『北海道全域がブラックアウト スマホ充電求めて長蛇の列』より   当日はスマホなどの充電が可能なスペースを開放した札幌市役所に多くの住民が集まるなど、現代人の生活がいかに電力に依存していたかを白日の下に晒すこととなりました。 特にコロナ禍においてこの状況を考えた場合、この「密」な状況になることは避けなければなりません。停電時に個人レベルでいかに電源を確保するかというのは、今後極めて重要な課題になります。 そんなときに備えてあれば、慌てなくて済むのがポータブル電源です。今回ご紹介するポータブル電源は新製品『BLUETTI EB70』。 前回の「BLUETTI AC100 1000Wh」に続き「BLUETTI」日本公式、パワーオーク株式会社さんから『BLUETTI  EB70』をご提供いただいてのレビューとなります。 【BLUETTI 公式サイト EB70製品ページ】 https://www.bluetti.jp/products/bluetti-eb70 【BLUETTI amazon EB70販売ページ】 https://amzn.to/38IdvyL 【BLUETTI 楽天ショップ EB70販売ページ】 https://item.rakuten.co.jp/bluetti/eb70/ とは言え、いつもどおりITOITO-STYLEの製品レビュー・ポリシーは『徹底的なユーザー目線』です。メリットだけでなく、ちょっと気になるポイントも忖度無しで併せてしっかりとレビューしていきます。『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。ポータブル電源に内蔵されている電池は、いまのところ「リチウムイオン電池」が一般的ですが、2019年あたりから少しずつ増えているのが「リン酸鉄リチウム(LiFePO4)電池」を採用したモデル。 リン酸鉄リチウム電池は従来のリチウムイオン電池に比べて、低温・高温での安定性と安全性が向上したものです。 特にリチウムイオン電池は寒さに弱く、スマホを真冬の暖房を切った室内に置いておいたら、いつの間にかバッテリー残量がかなり少なくなっていた、と言う経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。   「BLUETTI EB70」 では、そのようなリチウムイオン電池の弱点を克服した「リン酸鉄リチウム(LiFePO4)電池」を採用しながら普及価格帯となり、家庭用コンセントからの急速充電や高出力ソーラーパネルによる効率的な充電に対応するなど、より実用的かつ意欲的な仕上がりとなっています。 より安全な「リン酸鉄リチウム(LiFePO4)電池」を採用 大容量716Wh、定格出力700W 急速充電を含む4つの充電モード スマホなどのワイヤレス充電対応 PD3.0対応の急速充電が可能なUSB-Cポートを2つ搭載(100Wまで) 不要な電力消費を抑える「エコモード」を搭載 最大12台の機器に同時充電可能 3種類のカラーリング リン酸鉄リチウム電池は、電池内部で発熱が起きても結晶構造が変化・崩壊しにくいため、一般的に使用されているリチウムイオン電池よりも安全な電池です。 ■ リン酸鉄リチウム(LiFePO4)電池とは?画像出典:wikipedia『Lithium iron...

大容量ポータブル電源『BLUETTI AC100 1000Wh』徹底レビュー![PR]

近年ユーザーが急増している「ポータブル電源」。屋外や停電時にも家電製品が使える大型バッテリーとして以前からアウトドア派に人気がある製品で、特に近年は災害対策として購入するユーザーが増えています。 今回は「BLUETTI」日本公式、パワーオーク株式会社さんから『BLUETTI AC100 1000Wh/600W』という大容量モデルをご提供いただいての徹底レビューです。   なおITOITO-STYLEの製品レビュー・ポリシーは『徹底的なユーザー目線』です。メリット・デメリットあわせてしっかりとレビューしていきます。『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。JTNDc3R5bGUlM0UlMEEuaW5kZXhMaW5rJTdCJTBBJTIwJTIwcGFkZGluZyUzQSUyMDVweCUyMDAlMjA1cHglMjAxNnB4JTNCJTBBJTIwJTIwbWFyZ2luLWJvdHRvbSUzQSUyMDBweCUyMCUyMWltcG9ydGFudCUzQiUwQSUyMCUyMHRleHQtaW5kZW50JTNBJTIwMjBweCUzQiUwQSU3RCUwQS5pbmRleExpbmtJdGVtJTdCJTBBJTIwJTIwY29sb3IlM0ElMjAlMjM0ZGIyZWMlMjAlMjFpbXBvcnRhbnQlM0IlMEElMjAlMjB0ZXh0LWRlY29yYXRpb24lM0ElMjB1bmRlcmxpbmUlMjAlMjFpbXBvcnRhbnQlM0IlMEElMjAlMjBmb250LXdlaWdodCUzQSUyMGJvbGQlM0IlMEElN0QlMEElM0MlMkZzdHlsZSUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyaW5kZXhMaW5rcyUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ3AlMjBjbGFzcyUzRCUyMmluZGV4TGluayUyMiUzRSUzQ2ElMjBjbGFzcyUzRCUyMmluZGV4TGlua0l0ZW0lMjIlMjBocmVmJTNEJTIyJTIzMDElMjIlM0UlRTMlODMlQkIlRTMlODMlOUQlRTMlODMlQkMlRTMlODIlQkYlRTMlODMlOTYlRTMlODMlQUIlRTklOUIlQkIlRTYlQkElOTAlRTMlODElQTglRTMlODElQUYlRUYlQkMlOUYlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGcCUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ3AlMjBjbGFzcyUzRCUyMmluZGV4TGluayUyMiUzRSUzQ2ElMjBjbGFzcyUzRCUyMmluZGV4TGlua0l0ZW0lMjIlMjBocmVmJTNEJTIyJTIzMDIlMjIlM0UlRTMlODMlQkIlRTUlODElOUMlRTklOUIlQkIlRTUlQUYlQkUlRTclQUQlOTYlRTMlODElQUIlRTYlOUMlODAlRTklODElQTklRTMlODElQUElRTMlODMlOUQlRTMlODMlQkMlRTMlODIlQkYlRTMlODMlOTYlRTMlODMlQUIlRTklOUIlQkIlRTYlQkElOTAlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGcCUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ3AlMjBjbGFzcyUzRCUyMmluZGV4TGluayUyMiUzRSUzQ2ElMjBjbGFzcyUzRCUyMmluZGV4TGlua0l0ZW0lMjIlMjBocmVmJTNEJTIyJTIzMDMlMjIlM0UlRTMlODMlQkIlRTUlQTQlQTclRTUlQUUlQjklRTklODclOEYlRTMlODMlOUQlRTMlODMlQkMlRTMlODIlQkYlRTMlODMlOTYlRTMlODMlQUIlRTklOUIlQkIlRTYlQkElOTAlRTMlODAlOENCTFVFVFRJJTIwQUMxMDAlMjAxMDAwV2glRTMlODAlOEQlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGcCUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ3AlMjBjbGFzcyUzRCUyMmluZGV4TGluayUyMiUzRSUzQ2ElMjBjbGFzcyUzRCUyMmluZGV4TGlua0l0ZW0lMjIlMjBocmVmJTNEJTIyJTIzMDQlMjIlM0UlRTMlODMlQkIlRTUlOUYlQkElRTYlOUMlQUMlRTclOUElODQlRTMlODElQUElRTQlQkQlQkYlRTMlODElODQlRTMlODElOEIlRTMlODElOUYlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGcCUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ3AlMjBjbGFzcyUzRCUyMmluZGV4TGluayUyMiUzRSUzQ2ElMjBjbGFzcyUzRCUyMmluZGV4TGlua0l0ZW0lMjIlMjBocmVmJTNEJTIyJTIzMDUlMjIlM0UlRTMlODMlQkIlRTMlODAlOENCTFVFVFRJJTIwQUMxMDAlMjAxMDAwV2glRTMlODAlOEQlRTMlODIlOTIlRTMlODIlQkQlRTMlODMlQkMlRTMlODMlQTklRTMlODMlQkMlRTMlODMlOTElRTMlODMlOEQlRTMlODMlQUIlRTMlODElOEIlRTMlODIlODklRTUlODUlODUlRTklOUIlQkIlRTMlODElOTklRTMlODIlOEIlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGcCUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ3AlMjBjbGFzcyUzRCUyMmluZGV4TGluayUyMiUzRSUzQ2ElMjBjbGFzcyUzRCUyMmluZGV4TGlua0l0ZW0lMjIlMjBocmVmJTNEJTIyJTIzMDYlMjIlM0UlRTMlODMlQkIlRTQlQkQlQkYlRTclOTQlQTglRTUlOEYlQUYlRTglODMlQkQlRTMlODElQUElRTUlQUUlQjYlRTklOUIlQkIlRTglQTMlQkQlRTUlOTMlODElRTMlODElQUUlRTQlQkUlOEIlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGcCUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ3AlMjBjbGFzcyUzRCUyMmluZGV4TGluayUyMiUzRSUzQ2ElMjBjbGFzcyUzRCUyMmluZGV4TGlua0l0ZW0lMjIlMjBocmVmJTNEJTIyJTIzMDclMjIlM0UlRTMlODMlQkIlRTglQTglQUQlRTUlQUUlOUElRTMlODMlQkIlRTMlODElOUQlRTMlODElQUUlRTQlQkIlOTYlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGcCUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ3AlMjBjbGFzcyUzRCUyMmluZGV4TGluayUyMiUzRSUzQ2ElMjBjbGFzcyUzRCUyMmluZGV4TGlua0l0ZW0lMjIlMjBocmVmJTNEJTIyJTIzMDglMjIlM0UlRTMlODMlQkIlRTMlODElQkUlRTMlODElQTglRTMlODIlODElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGcCUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRQ==ポータブル電源の登場以前はガソリンを使った「ポータブル・インバーター発電機」がありましたが、サイズと合わせて稼働音も騒音レベルに大きく、ガソリン燃料で稼働するため排気ガスも発生するなど、イベント会場や工事現場などが主な活用場所で個人や家庭レベルで使うには難しいものがありました。   そして2000年代に入りモバイル電子機器用として急速に普及したのが、リチウムイオン電池を採用した「モバイルバッテリー」です。スマートフォンの充電用などにも適したものが市販・多用されるようになりました。   ポータブル電源はそのリチウムイオン電池を大容量化・多機能化したもので、現在では供給電力として家庭用コンセントと同様の「AC100V」出力を備えたものがほとんどです。小電力・小容量なら小型軽量、1000Wh以上の大容量多機能なものでも10kg〜10数kg程度で持ち運び可能。なんと言っても発電機と異なり静音仕様かつ排気ガスの心配も無いため、屋外だけでなく室内使用にも向いています。ポータブル電源があれば電力の無い状況でも家電製品が使えるようになったため、以前よりキャンプや車中泊などのアウトドア派を中心に人気を博してきました。 そして近年は台風や豪雨などによる停電時の電源確保や、災害時の自家用車を用いた車内避難などの際にも防災用品として活用できる知見が広がり、ユーザー数は増加傾向。文字通り「一家に一台備えておきたい」防災アイテムとなっています。   それを裏付けるかのように、ポータブル電源市場におけるアンケート調査の結果がPRTIMESで公開されています。   『【アンケート調査結果】急成長するポータブル電源市場のユーザー像、ポータブル電源メーカーSUAOKIが調査結果発表』 ■ポータブル電源の所有率:68% ■ポータブル電源の利用場面は防災グッズとして、また車中泊がメイン ■ポータブル電源購入時に特に重視する点は容量と出力 ■所有・希望のポータブル電源の容量は約半数が400Wh以上の大容量志向 画像出典:PRTIMES公開記事下部:プレスリリース素材ダウンロードリンクより特に近年は豪雨や台風などによる被害が年々大規模化していることと、真夏の猛暑下での停電が実際に発生していることなどを考えると、家庭レベルでの非常用電源の確保がますます重要になってきています。2020年9月6日〜7日にかけて「伊勢湾台風や第二室戸台風に匹敵する勢力」と想定された台風10号の接近・通過に伴い、九州地方では47万6千戸(ピーク時)にのぼる停電が発生しました。これは2016年に発生した熊本地震による停電、47万7千戸とほぼ同等となる大規模な停電となりました。 9月とは言え残暑厳しい時期に停電になるとエアコンや扇風機が使えません。報道された避難所の映像には、昔ながらの「うちわ」を扇ぐ避難者のかたがたの姿が映し出されていました。 台風10号の影響による停電は9月9日になっても続き、朝7時の時点でも九州地方では3,700戸を超える停電状況となりました。2019年は7月31日に全国的な梅雨明けとなりましたが、翌8月1日に東京都の稲城市・清瀬市をはじめ、埼玉・新潟・静岡・長野・奈良・沖縄など各地で停電が発生しました。稲城市では約3700軒、清瀬市では約1500軒、埼玉の川越市では約2800軒、静岡の浜松などでは約1160軒とかなり大規模な停電です。   そして同年9月8日〜9月9日にかけては、台風15号が首都圏を直撃。静岡から上陸・首都圏を直撃し、大型の送電線の鉄塔を倒壊させ、メガソーラーの発電パネルから火災が発生するなど大きな被害が発生しました。台風一過後も東京電力管内では約80万戸以上が停電。9月9日の東京の最高気温は37℃という猛暑日となっています。   2018年9月6日に発生した「北海道胆振東部地震」では、被災地だけでなく北海道全域が停電となる「ブラックアウト」が起き、大きな問題となりました。 この北海道でのブラックアウトに関する詳細にご興味のあるかたは、資源エネルギー庁が公開している情報『日本初の “ブラックアウト” 、その時一体何が起きたのか』をご覧ください。そのような状況下で電力が使えないと、最悪の場合は健康や生命そのものに影響が出る可能性があります。特に近年は熱中症で病院へ搬送されるお子さんやお年寄りのかたが増えていることもあり、真夏の停電時は最低でもサーキュレーター(扇風機)が使えるか使えないかで生活の質に大きな違いが出ます。   そんな時に備えておくと安心できるのがポータブル電源です。今や高出力なソーラーパネルと直結して太陽光充電できる製品の選択肢も増え「太陽光で充電して家電製品を使う」という手法も一般的になりつつあります。今回ご紹介するポータブル電源は『BLUETTI AC100 1000Wh』です。家庭用コンセントにつなぐ家電製品が使えて、1万mAhの大容量モバイルバッテリー27個ぶんの超大容量、高効率なソーラーパネルからの充電性能。実用性とメリット、そしてデメリットもしっかり見ていきます。 ■ BLUETTI日本公式サイト・AC100 1000Wh製品ページ https://www.bluetti.jp/products/ac100 ■ BLUETTI AC100の購入先 ① amazonで見る ② 楽天で見る ■ BLUETTI AC100 仕様概略 電力容量:1000Wh(14.8V) 定格出力:600W 出力制限:680W(総出力がこの電力量を超えると給電が停止します) 充放電回数:2500回以上 USB出力 Type-A:QCタイプ = BC1.2, 2連装・5V 3Aずつ USB出力 Type-C:QCタイプ = PD2.0 (45W) シガーソケット出力:13V・9A ソーラー充電:可能(DC8mm入力、パネル側MC4接続可)電力容量はモバイルバッテリーの3.7V換算で270,270mAh(27万270...

【コラム】過去の震災を振り返り、次の震災・災害に備えよう!

TOP画像出典:Wikipedia:南海トラフ巨大地震毎年9月1日は「防災の日」。この日は1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災にちなんだものです。例年、全国各地で防災の日を意識したイベントや取り組みがなされる日であり、学校や企業でも「避難訓練」が実施されたりします。   従来「防災」とは言ってきたものの、現実的に考えると「災害を防ぐ」という観点からの「防災」は、こと大規模な自然災害などに対してはなかなか難しいものがあるのも事実。 地震予知の研究も進んではいますが、精度の問題やそもそも「科学的に予知できるのか?」という課題はまだまだ解決できそうにはありません。『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。2018年には、北海道胆振東部地震(最大震度7、M6.7)や大阪府北部地震(最大震度6弱、M6.1)が発生。 北海道胆振東部地震では43人、負傷者782名、全壊家屋469棟、半壊・一部損壊家屋は15,000棟を超えました。そして大阪府北部地震では、大阪府内で死者6名、2府5県で負傷者462名、全半壊・一部損壊の住家は6万棟を超える被害となりました。   2016年には熊本地震が発生、住宅の全壊8,667棟・半壊34,719棟、一部破損が163,500棟にも上る甚大な被害を出しています。 さらに遡ること2014年の御嶽山噴火においては、死者58人・行方不明者5人という大惨事になりましたが、火山性地震は噴火の約2週間前から増加していたものの、火山性微動が観測されたのは噴火のわずか11分前でした。   こうなると事前に防ぐのはもはや不可能に近く、こうしたケースにおいては「いかに備えるか(登山・山行の中止も含め)」が重要になってくると考えられます。 そこで近年では、「防災から『備災』へ」という考え方に移り変わってきており、防げないならどう備えるべきか、という考え方へシフトしつつあります。画像出典:Wikipedia:防災の日「喉元過ぎれば熱さを忘れる」とは言いますが、阪神淡路大震災・新潟県中越地震・東日本大震災・熊本地震という現代に生きる私たちにとって身近な大震災も、直接的に被害を受けなかった人たちにとっては、はやくも記憶の片隅に追いやられているとも感じます。   「避難訓練」や「防災訓練」という取り組みも、実際のところ形骸化していないでしょうか。毎年の恒例行事として同じフォーマットで実施されていることが多いと感じます。小中学校などの避難訓練では、どちらかと言えば子どもたちはお祭り気分で「避難行動」をおこない、企業における避難訓練では「仕事が忙しいのに、そんな時間は取れない」と、訓練実施時間中も業務を続けられる方々を多く目にしてきました。   一般市民レベルで見ると、地域ごとの行政主導の防災訓練などで防災に対して関心のある人たちのみが、ようやく危機感を持って取り組んでいるレベルに縮小しているように感じることも否めません。ただ啓蒙活動的な避難訓練や防災訓練という位置づけだと、実感や危機感を持って取り組むというのはなかなか難しいものがあり、ついつい「なおざり」や「おざなり」になってしまいがちです。   また、今後発生が想定されている首都直下地震における被害の最悪の想定ケースは、死者23,000人・消失または全壊に至る建物は61万棟。最大800万人の帰宅困難者が発生し、避難者は発災2週間後には最大で720万人。食料は3,400万食が不足。   東京都内における昼間人口は1500万人を越えますが避難所の収容人数は362万人程度と、1000万人を超える人々が「避難所に入れない」可能性が指摘されています。   そのような状況だからこそ防災から備災へ、備えるための活動自体は啓蒙的なものだけでなく「楽しさや親しみ」が持てるものを取り入れることも必要ではないでしょうか。出典:米国地質調査所(USGS)気象庁が公開している日本国内の地震情報や、米国地質調査所(USGS)などが公開している世界の地震情報を見たことはありますか?揺れを感じる地震はたまにしか発生しないイメージがあるかもしれませんが、体で感じない規模の地震は、実は毎日数多く発生しています。   南海トラフ巨大地震や首都直下型地震の発生が想定される今、それが起きるのは数十年後かもしれませんが、もしかしたら明日かもしれません。 また近年では大雨による大規模な水害なども珍しくなく、2020年7月には「令和2年7月豪雨」が発生、九州や中部・東北などで河川の決壊などを含む甚大な被害が発生した件は記憶に新しいところです。また2017年7月には「平成29年7月九州北部豪雨」が発生し、死者36人・負傷者21人という被害規模となっています。   いまでは大規模な災害の発生時には、被災地には即座にいくつもの避難所が開設される体制が整ってきてはいますが、被害の規模が大きいほど政府や行政の対応には遅れが出ることが想定されます。これまでのコラムの中でも触れていますが、過去の震災時の避難所での生活を振り返ると、「備えていなかった方々」がいかに苦労したかの経緯が伺える記録が数多く残っています。   大震災の際にはほぼ例外なく、水道・ガス・電気などの便利な社会インフラや、住む場所・寝る場所、食料の供給などが途絶えることになります。いざその時が来た際に命さえ無事であれば、その後の生活を再建していくための備えを、今からできるかぎり進めておきましょう。ITOITO-STYLEの中でも注力している「備災FUN!」のコーナーから、これまでご提供してきたコラムやレビューから、備災・防災に役立つ記事を厳選してお届けします。 各記事へは、それぞれ記事タイトルをタップ(クリック)してください。   JTNDc3R5bGUlM0UlMEEuaXRvX2hlYWRlcl9saW5rLW5ld3MlMjAlN0IlMEElMjAlMjBkaXNwbGF5JTNBbm9uZSUzQiUwQSU3RCUwQS5uZXdzX3RpdGxlX3dyYXBwZXIlMjAubmV3c190aXRsZSUyMCU3QiUwQSUyMCUyMG1hcmdpbi1ib3R0b20lM0ElMjAwJTNCJTBBJTIwJTIwcGFkZGluZy1ib3R0b20lM0ElMjAwJTNCJTBBJTdEJTBBLm5ld3NfdGl0bGVfd3JhcHBlciUyMC5uZXdzX3RpdGxlJTIwLnZjX21lc3NhZ2VfYm94LWljb24lM0VpJTIwJTdCJTBBJTIwJTIwdG9wJTNBJTIwNjQlMjUlM0IlMEElN0QlMjAlMjAlMEElNDBtZWRpYSUyMCUyOG1heC13aWR0aCUzQSUyMDc2N3B4JTI5JTIwJTdCJTBBJTIwJTIwLm5ld3NfdGl0bGVfd3JhcHBlciUyMC5uZXdzX3RpdGxlJTIwLnZjX21lc3NhZ2VfYm94LWljb24lM0VpJTIwJTdCJTBBJTIwJTIwJTIwJTIwbGVmdCUzQSUyMDMwcHglM0IlMEElMjAlMjAlN0QlMjAlMjAlMEElN0QlMEElMEEubmV3c19saXN0JTIwJTdCJTBBJTIwJTIwbWFyZ2luJTNBJTIwMCUyMDAlMjAwJTIwMCUzQiUwQSU3RCUwQS5uZXdzX2xpc3QlMjAubGtjLWV4dGVybmFsLXdyYXAlMkMlMEEubmV3c19saXN0JTIwLmxrYy1pbnRlcm5hbC13cmFwJTIwJTdCJTBBJTIwJTIwbWF4LXdpZHRoJTNBJTIwMTAwJTI1JTNCJTBBJTIwJTIwYm9yZGVyJTNBJTIwMXB4JTIwc29saWQlMjAlMjNkOGQ4ZDglM0IlMEElN0QlMEEubmV3c19saXN0JTIwLmxrYy1leHRlcm5hbC13cmFwJTIwLmxrYy1jb250ZW50JTJDJTBBLm5ld3NfbGlzdCUyMC5sa2MtaW50ZXJuYWwtd3JhcCUyMC5sa2MtY29udGVudCUyMCU3QiUwQSUyMCUyMGhlaWdodCUzQSUyMDEwMnB4JTNCJTBBJTdEJTBBLm5ld3NfbGlzdCUyMC5sa2MtaW50ZXJuYWwtd3JhcCUyMC5sa2MtbGluayUyMC5sa2MtY2FyZCUyMC5sa2MtaW5mbyUyMC5sa2MtZGF0ZSUyMCU3QiUwQSUyMCUyMGRpc3BsYXklM0ElMjBub25lJTIwJTIxaW1wb3J0YW50JTNCJTBBJTdEJTBBLm5ld3NfbGlzdCUyMC5sa2MtZXh0ZXJuYWwtd3JhcCUyMC5sa2MtY29udGVudCUyMC5sa2MtdGl0bGUtdGV4dCUyQyUwQS5uZXdzX2xpc3QlMjAubGtjLWludGVybmFsLXdyYXAlMjAubGtjLWNvbnRlbnQlMjAubGtjLXRpdGxlLXRleHQlMjAlN0IlMEElMjAlMjBmb250LXNpemUlM0ElMjAxNHB4JTNCJTBBJTdEJTBBLm5ld3NfbGlzdCUyMC5sa2MtZXh0ZXJuYWwtd3JhcCUyMC5sa2MtY29udGVudCUyMC5sa2MtdXJsJTJDJTBBLm5ld3NfbGlzdCUyMC5sa2MtaW50ZXJuYWwtd3JhcCUyMC5sa2MtY29udGVudCUyMC5sa2MtdXJsJTIwJTdCJTBBJTIwJTIwZm9udC1zaXplJTNBJTIwOHB4JTNCJTBBJTdEJTBBLndwYl90ZXh0X2NvbHVtbi5uZXdzX2xpc3QlMjAlM0UlMjAud3BiX3dyYXBwZXIlMjAubGlua2NhcmQlMjAubGtjLWV4dGVybmFsLXdyYXAlMjBhJTJDJTBBLndwYl90ZXh0X2NvbHVtbi5uZXdzX2xpc3QlMjAlM0UlMjAud3BiX3dyYXBwZXIlMjAubGlua2NhcmQlMjAubGtjLWludGVybmFsLXdyYXAlMjBhJTIwJTdCJTBBJTIwJTIwdGV4dC1kZWNvcmF0aW9uJTNBJTIwbm9uZSUyMCUyMWltcG9ydGFudCUzQiUwQSU3RCUwQS53cGJfdGV4dF9jb2x1bW4ubmV3c19saXN0JTIwJTNFJTIwLndwYl93cmFwcGVyJTIwLmxpbmtjYXJkJTIwJTJCJTIwYnIlMjAlN0IlMEElMjAlMjBkaXNwbGF5JTNBJTIwbm9uZSUzQiUwQSUyMCUyMGhlaWdodCUzQSUyMDRweCUzQiUwQSU3RCUwQSUzQyUyRnN0eWxlJTNF

備蓄食料は真空パックで長期保存!実際に試して徹底レビュー

災害対策として日頃から食料備蓄をされているかたも多いと思いますが、2020年初旬は新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛要請によって備蓄を始めたかたも多いと思います。報道などを観る限りでは、主食面ではコメやパスタ・インスタントラーメンなどに需要が集中したようです。   大量に備蓄した場合の課題は「賞味期限切れを忘れる」こと。解決手段の1つとして、ローテーション消費と併せて「真空パック」を活用してみましょう。『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。真空パックと聞くと、なんとなく個人や家庭レベルでは難しそうなイメージがあるかもしれませんが、今は本格的な真空パック用の機器が手軽かつ安価に入手できます。通販サイトなどでは数千円レベルからの商品も。(写真は編集部スタッフが災害対策として実際に備蓄している食料の一部)   「お米やパスタ類を大量に備蓄してしまったけど、賞味期限を考えて消費する自信が無い」という場合は、こうした手頃な真空パック機を購入して、とりあえずパックしてしまいましょう。   というわけで、いつものように編集部スタッフが実際に購入して愛用している真空パック機器を用いて、具体的な活用方法をご提案します。各社から様々なモデルが発売されており価格も様々。どれを選べば良いのかわかりにくいのですが、独断と偏見による選択基準は次の4点。   ① 使用する「袋」は専用品以外も使える(低ランニングコスト) ② 汁物や水分を含むものでもパックできる(調理済み惣菜などにも対応) ③ 内部洗浄とメンテナンスがしやすい(特に食材から出た水分を吸った場合に) ④ 使用方法が解りやすくサポートが手厚い 以上の基準で選択したのが、「FOOD SHIELD(フードシールド)JP290-Plus」。上記をすべて満たし使い勝手も簡単かつ良好です。特に汁物や水分を含むものでも、安心してパックできる「大容量集水カップ」が付いたモデルを使用しました。図解のわかりやすい日本語の取扱説明書も添付され、様々な使いかたを実演する 公式YouTubeチャンネル も開設されています。 (※真空パック機器の使用時は商品に同梱されている取扱説明書を読み、ご理解の上で正しくお使いください)JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyTnhaek1CJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRm0ubWVkaWEtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY3MVRyRGVZb2JlTC5fQUNfVUwzMjBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyTnhaek1CJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTMlODMlOTUlRTMlODMlQkMlRTMlODMlODklRTMlODIlQjclRTMlODMlQkMlRTMlODMlQUIlRTMlODMlODklRTclOUMlOUYlRTclQTklQkElRTMlODMlOTElRTMlODMlODMlRTMlODIlQUYlRTUlOTklQTglRTMlODMlQkIlRTQlQjglOEElRTQlQkQlOEQlRTclODklODglM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFNCVCOCVCQiVFMyU4MSVBQiVFNCVCOSVCRSVFNyU4NyVBNSVFNSU5MyU4MSVFMyU4MiU5MiVFMyU4MyU5MSVFMyU4MyU4MyVFMyU4MiVBRiVFMyU4MSU5OSVFMyU4MiU4QiVFMyU4MSU5MyVFMyU4MSVBOCVFMyU4MSU4QyVFNSVBNCU5QSVFMyU4MSU4NCVFMyU4MSVBQSVFMyU4MiU4OSVFMyU4MCU4MSVFMyU4MSU5MyVFMyU4MSVBMSVFMyU4MiU4OSVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGM2RENk9OViUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZtLm1lZGlhLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNTFPVXBRUldFU0wuX0FDX1VMMzIwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGM2RENk9OViUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUUzJTgzJTk1JUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTg5JUUzJTgyJUI3JUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJUFCJUUzJTgzJTg5JUU3JTlDJTlGJUU3JUE5JUJBJUUzJTgzJTkxJUUzJTgzJTgzJUUzJTgyJUFGJUU1JTk5JUE4JUUzJTgzJUJCJUU0JUI4JThBJUU0JUJEJThEJUU3JTg5JTg4JUVGJUJDJTg4JUU1JUE0JUE3JUU1JUFFJUI5JUU5JTg3JThGJUU5JTlCJTg2JUU2JUIwJUI0JUUzJTgyJUFCJUUzJTgzJTgzJUUzJTgzJTk3JUU0JUJCJTk4JUUzJTgxJThEJUVGJUJDJTg5JTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTYlQjAlQjQlRTUlODglODYlRTMlODIlODQlRTYlQjElODElRTYlQjAlOTclRTMlODElQUUlRTMlODElODIlRTMlODIlOEIlRTMlODIlODIlRTMlODElQUUlRTMlODIlOTIlRTUlQTQlOUElRTMlODElOEYlRTMlODMlOTElRTMlODMlODMlRTMlODIlQUYlRTMlODElOTklRTMlODIlOEIlRTMlODElQUElRTMlODIlODklRTMlODElOTMlRTMlODElQTElRTMlODIlODklRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0UlMEE=長期備蓄を目的として初めてでも手軽にパックしやすいものは、何と言っても「お米と乾麺・乾物」でしょう。   無洗米・パスタ・インスタントラーメン・乾燥ワカメやヒジキなど(水分を含まないもの)。(写真は無洗米を2合づつ真空パック)   真空パックの練習用にも適しており、そのまま長期備蓄品として保存できます。お米や乾麺・乾物なら真空パックしてしまえば腐敗などの心配は最小限です。   なお、これらをパックした後の賞味期限の考えかたとしては、表示されている賞味期限の約1.5〜2倍程度としてください。真空パックと言えども過信は禁物です。さらに万全を期したい場合は、乾燥剤や脱酸素剤を同封して真空パックするのもいいでしょう。(写真は早ゆでタイプのマカロニ)   パスタの場合、備蓄に向いているのはマカロニに代表されるショートパスタが真空パックにオススメ。早ゆでタイプなら水や燃料費なども節約になり、災害備蓄だけでなくキャンプなどのアウトドア用の食材としても活用されています。インスタントラーメン(袋麺)をパックする場合は、インスタントラーメン自体の包装袋に2箇所程度切れ込みを入れてからパックします。包装袋内にある程度の空気が入っているため、そのままだと包装袋内部にある空気が残ったままになってしまいます。日本の食卓に欠かせない主食が「お米」。保存性も良く備蓄用にも最適な食材の1つです。停電して電子炊飯器が使えなくても、固形燃料やカセットコンロで炊くこともでき、キャンプなどのアウトドア愛好家なら「焚き火」での炊飯も定番です。   そんなお米も、空気中の酸素と結合して酸化したり吸湿して劣化していきます。スーパーなどで売られているお米が入っている樹脂系素材の袋には空気抜きのための微小な穴が空いているため、酸化やコクゾウムシなどの虫が入らないように長期備蓄には注意する必要があります。そんなお米の家庭での長期保存には、真空パックが最適です。   実際のパック方法は次のとおりです。炊飯1回ごとの使い切りサイズでナイロンポリ袋にお米を入れます。使用している真空パック機はポリ袋なら何でも使えるタイプですが、今回は真空パック用途で汎用のナイロンポリ袋「クリロン化成(株)の彊美人(きょうびじん)」シリーズから140mm × 200mmサイズのタイプを使い、2合づつパックすることにしました。JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYzZUUySkt0JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRm0ubWVkaWEtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY0MSUyQjBDbWNsVGpMLl9BQ19VTDMyMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjNlRTJKS3QlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFMyU4MiVBRiVFMyU4MyVBQSVFMyU4MyVBRCVFMyU4MyVCMyVFNSU4QyU5NiVFNiU4OCU5MCUyOCVFNiVBMCVBQSUyOSVFMyU4MSVBRSVFNSVCRCU4QSVFNyVCRSU4RSVFNCVCQSVCQSVFRiVCQyU4OCVFMyU4MSU4RCVFMyU4MiU4NyVFMyU4MSU4NiVFMyU4MSVCMyVFMyU4MSU5OCVFMyU4MiU5MyVFRiVCQyU4OSVFMyU4MiVCNyVFMyU4MyVBQSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiVCQSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU3JTlDJTlGJUU3JUE5JUJBJUUzJTgzJTkxJUUzJTgzJTgzJUUzJTgyJUFGJUUzJTgxJUFCJUU0JUJEJUJGJUUzJTgxJTg4JUUzJTgyJThCJUU2JUIxJThFJUU3JTk0JUE4JUUzJTgzJThBJUUzJTgyJUE0JUUzJTgzJUFEJUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJTlEJUUzJTgzJUFBJUU4JUEyJThCJUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTIxLS0lMjAuLi4uLi4uLi4uLiUyMC0tJTNFJTBB真空パック機の圧着フタを開けて準備。中央は脱気用ノズルを出したところ、横方向に伸びる銅色のラインはポリ袋を加熱して溶着させるためのヒーターです。   ノズルを覆うようにポリ袋をセットします。この際、ノズル部分に空気の通り道ができるように、食材を近づけたり袋にシワを作ることがコツ。空気の通り道が塞がれてしまうと、うまく脱気できません。圧着フタを閉じて真空パックを開始。吸気を抜くための脱気時間と、ヒーターでポリ袋を溶着する時間は1秒単位で調整できます。無洗米2合分の真空パック完了、フタを開けて取り出すだけです。パック時にエージレスなどの脱酸素剤などを同封すれば、より保存性が高まります。2合(1合150g × 2)づつパックして、10パック完成。お米1合を炊くと2人前弱程度ですので、2合は3人前強〜4人前弱くらいの量です。パックした日時とお米袋に記載の賞味期限は書いておくと便利です。   購入したままのお米の標準的な保存期間は、気温と湿度が上がる春〜夏なら精米後1ヶ月。逆に秋〜冬なら2ヶ月が目安。 真空パックすれば常温でおよそ1年、冷蔵庫なら2年程度鮮度を保つことができるとされます。編集部スタッフは自宅でよく「サラダチキン」を作っていますが、その際にも真空パック機を活用しています。生の鶏むね肉に味付けをしたら、そのまま真空パックしてそのまま70度以上の熱湯で60分程度ボイル(食中毒を防ぐなら80度で30分間以上または100度なら数分以上)。粗熱が取れたら冷蔵庫へ。これなら食中毒のリスクも最小限に抑えられますし、保存期間も伸ばすことができます。   しっかりと火を通した調理済み食品の冷蔵保存時の賞味期限は、食材の鮮度や状態にもよりますが清潔な状態でおおむね3日程度。これを1週間までは伸ばせます。こちらは自家製の菜の花の漬け物を真空パック。素材を軽くボイルしてから漬け汁となる調味液と一緒にパックします。パック後には殺菌のため再度短時間ボイルして冷蔵庫へ。「割干し大根」なども保存食として作りやすくなります。写真は空気が乾燥する冬に編集部スタッフが仕込んだ割干し大根。厚切りで機械乾燥ではない完全天日干しです。1週間程度で干し上がり。実は大根の重量の95%は水分です。幅広・分厚くカットした大根も、干してしまえばかなり小さく軽くなります。念のため乾燥剤を同封して真空パックしました。乾燥野菜は、まとめて作って普段遣いできる「備蓄野菜」としても使いやすい食材です。 他にも休日に自家製のカット野菜の真空パックをある程度まとめて作って冷蔵保存しておくと、平日の料理がラクだったりと、料理の幅が広がり効率化も可能です。災害時、被災生活がある程度長引く場合の食事でこれまで指摘されたのは「野菜不足」。解決策はいくつかありますが、1つは「乾燥カットわかめ」の備蓄です。入手しやすく保存性も高い食材。 市販の乾物は賞味期限が半年〜2年程度と比較的長めに設定されていますが、徳用サイズを購入して1回ぶん程度づつ小分けして真空パックするとさらに長期保存も期待でき、使い勝手も良く高コスパ。 (※甲状腺疾患をお持ちの場合、海藻に含まれるヨウ素の摂取が制限される場合がありますので、該当される場合は先に主治医にご相談ください)乾燥カットわかめと一緒に備えておきたいのが、インスタントラーメンの真空パックです。備蓄食料としても大きな立ち位置を確立した便利食ですが、そのままではほぼ炭水化物のみ。 乾燥わかめや缶詰の焼き鳥などを加えれば、備蓄食料としても一定の栄養バランスが期待できる組合わせです。 (※袋入りインスタントラーメンを真空パックする際は前述のとおり、包装袋に切れ込みを入れて内部の空気も同時に脱気されるようにするのがコツです)真空パックした食材であっても、常温保存するとボツリヌス菌が増える場合があります。ボツリヌス菌は酸素が少ない状態でも増殖して毒素を出し、食中毒の原因となる細菌のひとつです。   自家製を含む惣菜類を真空パックする際は、パック後にしっかりとボイルなどで加熱しておきましょう。また惣菜類などは真空パックしたからと言ってそれを過信せず、早めに消費し切るようにしましょう。 (ボツリヌス菌に関する情報や食材別の賞味期限目安などは、参考情報として記事末にリンクを記載)真空パックして便利なものは食材に限りません。たとえば医薬品・タオルなどの布類・嫌気性の接着剤などのパックにも活用できます。【医薬品の保存】 常備薬などが余ってしまった場合、真空パックして保存することもできます。備災・防災用として非常用持ち出し袋に入れておくのも良いでしょう。 病院での処方薬は基本的に用法用量を守ればすべて飲みきることが前提ですが、万が一余ってしまって保存したい場合は、主治医に確認した上で真空パック保存を検討してみてください。 なお病院などで処方された医療用医薬品は、製造後、未開封の状態で3〜5年が使用期限とのこと。 (参考情報:製薬協「Q29くすりの使用期限と上手な保管方法は。」) 市販薬の賞味期限についてはパッケージを確認してください。【タオルなどの布類】 旅行などに行く場合や非常用持ち出し袋にタオルなどを入れておく場合に、真空パックすればコンパクトにできます。 写真は、真空パック用の袋ではなく一般的なチャック付きポリ袋で真空パックした例。今回使用した機器であれば、表面が滑らかな素材のポリ袋であれば比較的どれでも真空パック用に使うことができます。【空気に触れさせたくない接着剤や補修剤などの保存】 接着剤や補修剤などにおいては、一度開封してしまうとフタをしめても微妙な隙間から空気中の水分を取り込んで、固化して使えなくなったりフタが開かなくなってしまうものがあります。 これは編集部スタッフがキャンプ用品の補修などに使っている「シームグリップ」という防水補修剤。使用開始後は使いかけを放っておくとすぐに固まってフタが開かなくなってしまうので、保存は極力空気に触れないようにして冷蔵保存するなどの工夫が必要です。しかし、これも真空パックしてしまえば安心。真空パック機「FOOD SHIELD(フードシールド)JP290-Plus」は専用の真空パック袋は必要としないのが特徴の1つです。ジップロックに代表されるいわゆる「チャック付きポリ袋」でも真空パックできます。 市販のナイロンポリ袋なら何でも使えるので、あらかじめ100毎単位で購入しておくといいでしょう。ただナイロンポリ袋にも多くのサイズがあるので、どれを購入すればよいか迷うところです。編集部スタッフも当初どれを買えばよいか迷ったので、サイズが異なる大〜小のナイロンポリ袋を5種類ほど実際に買って試してみました。 ナイロンポリ袋は、真空パックに使える市販のナイロンポリ袋でもっともスタンダードとされる「クリロン化成 彊美人(きょうびじん)」というシリーズがオススメです。初めて買うなら、この3サイズが良いでしょう。JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyTkFXbWZtJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRm0ubWVkaWEtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkYyMWZaU0hPVnc4TC5fQUNfVUwzMjBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyTkFXbWZtJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTUlQkQlOEElRTclQkUlOEUlRTQlQkElQkElMjAyMDBtbSUyMHglMjAyMzBtbSVFRiVCQyU4OFhTLTIwMjMlRUYlQkMlODklM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUyMHN0eWxlJTNEJTIyZm9udC1zaXplJTNBMTZweCUzQiUyMiUzRSVFOCVBMiU4QiVFNSU4NSVBNSVFMyU4MiU4QSVFMyU4MSVBRSVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyVCMyVFMyU4MiVCOSVFMyU4MiVCRiVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU4OCVFMyU4MyVBOSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyVBMSVFMyU4MyVCMyVFMyU4MiU5MiVFMyU4MSVBRiVFMyU4MSU5OCVFMyU4MiU4MSVFMyU4MSVBOCVFMyU4MSU5NyVFMyU4MSU5RiVFMyU4MCU4MSVFMyU4MiU4MiVFMyU4MSVBMyVFMyU4MSVBOCVFMyU4MiU4MiVFNSVBNCU5QSVFNyU5NCVBOCVFOSU4MCU5NCVFMyU4MSVBQiVFNCVCRCVCRiVFMyU4MSU4OCVFMyU4MiU4QiVFMyU4MSU4QSVFNiU4OSU4QiVFOSVBMCU4MyVFNCVCOCU4NyVFOCU4MyVCRCVFMyU4MiVCNSVFMyU4MiVBNCVFMyU4MiVCQSVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSU5OSVFMyU4MCU4MiUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMk5CeHh6SSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZtLm1lZGlhLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGODFURHVXbUdSZUwuX0FDX1VMMzIwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMk5CeHh6SSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUU1JUJEJThBJUU3JUJFJThFJUU0JUJBJUJBJTIwMTQwbW0lMjB4JTIwMjAwbW0lRUYlQkMlODhYUy0xNDIwJUVGJUJDJTg5JTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlMjBzdHlsZSUzRCUyMmZvbnQtc2l6ZSUzQTE2cHglM0IlMjIlM0UlRTMlODElOEElRTclQjElQjMlRUYlQkMlOTIlRTUlOTAlODglRTMlODElQjYlRTMlODIlOTMlRTMlODElQUElRTMlODElQTklRTMlODAlODElRTMlODIlQjMlRTMlODMlQjMlRTMlODMlOTElRTMlODIlQUYlRTMlODMlODglRTMlODElOTUlRTMlODElQTglRTUlQUUlQjklRTklODclOEYlRTMlODIlOTIlRTQlQjglQTElRTclQUIlOEIlRTMlODElOTclRTMlODElOUYlRTMlODElODQlRTUlQTAlQjQlRTUlOTAlODglRTMlODElQUIlRTMlODIlQUElRTMlODIlQjklRTMlODIlQjklRTMlODMlQTElRTMlODElQTclRTMlODElOEQlRTMlODIlOEIlRTMlODIlQjUlRTMlODIlQTQlRTMlODIlQkElRTMlODAlODIlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjNkRVRkOEMlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGbS5tZWRpYS1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjUxSWdUcUg2dnRMLl9BQ19VTDMyMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjNkRVRkOEMlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFNSVCRCU4QSVFNyVCRSU4RSVFNCVCQSVCQSUyMDEyMG1tJTIweCUyMDE3MG1tJUVGJUJDJTg4WFMtMTIxNyVFRiVCQyU4OSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTIwc3R5bGUlM0QlMjJmb250LXNpemUlM0ExNnB4JTNCJTIyJTNFJUU1JUI4JUI4JUU1JTgyJTk5JUU4JTk2JUFDJUUzJTgyJTg0JUU1JUIwJThGJUU3JTg5JUE5JUUzJTgwJTgxJUU1JUIwJThGJUU1JUFFJUI5JUU5JTg3JThGJUUzJTgxJUFBJUUzJTgyJTgyJUUzJTgxJUFFJUUzJTgyJTkyJUU1JUI1JUE5JUU1JUJDJUI1JUUzJTgyJTg5JUUzJTgxJTlBJUUzJTgxJUFCJUU3JTlDJTlGJUU3JUE5JUJBJUUzJTgzJTkxJUUzJTgzJTgzJUUzJTgyJUFGJUUzJTgxJTk3JUUzJTgxJTlGJUUzJTgxJTg0JUU1JUEwJUI0JUU1JTkwJTg4JUUzJTgxJUFCJUU2JTlDJTgwJUU5JTgxJUE5JUUzJTgxJUFBJUUzJTgyJUI1JUUzJTgyJUE0JUUzJTgyJUJBJUUzJTgwJTgyJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTIxLS0lMjAuLi4uLi4uLi4uLiUyMC0tJTNFより大きいサイズもありますが慣れないと(空気が吸い出される際の通り道が作れないなど)うまく脱気できなかったりするので、まずはこの3サイズから使い慣れるのがオススメです。お米や乾麺などの水分をほとんど含まない食材をパックする場合はあまり気にすることもありませんが、惣菜類などの水分や汁気を含むものをパックすると空気を抜くための機器内の部品内に吸った汁気が残ってしまいます。それらをキレイにするには、温水(お湯)を吸わせて内部をクリーニングします。メンテナンス用のチューブが付属するので「吸気(脱気)用ノズル」に装着して温水を吸わせ、内部に残った汁気を洗浄します。香りの強いものに含まれる汁気の場合は、食洗機用の洗剤などを溶かした温水を吸わせた後に「すすぎ」用の温水を吸わせてクリーニングすると良いでしょう。終わったらしっかりと乾燥させてから収納してください。 (写真は洗浄用のお湯を吸わせ、吸ったお湯が真空パック機に取り付けた「集水カップ」に排出された状態。このカップは大容量であると手入れもやりやすいです)今回使用した真空パック機「FOOD SHIELD(フードシールド)JP290-Plus」は、背面にメンテナンス用スペースがありフタを開けてアクセスします。白いボックスの下側が吸気ノズル、ボックス内には左側の黒いスポンジ状のフィルターが入っています。 汁物をパックした際に汁に含まれる微小な固形物などはここに集められるので、定期的にここもクリーニングすると良いでしょう。白いボックスの右から延びているチューブは、集水カップへ繋がっています。過去のいくつかの震災を経験された方々などは既に家庭備蓄を進めていると思いますが、2020年の新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛や「STAY HOME」をキッカケとして備蓄をはじめたかたも多いでしょう。   編集部スタッフの周囲でも、無洗米・パスタ・インスタントラーメンなどは缶詰やレトルト食品と並んで備蓄している人が多い食材です。しかし同時に多く聞く話は、ローテーション消費を心がけていながらも、ついつい賞味期限が切れてしまったというもの。   その点、お米やパスタなど、乾燥度合いがかなり高く保存時の酸化程度が気になる食材であれば、真空パックすることで保存性をより高めることができます。   自家製惣菜の日々の真空パックなどは後のメンテナンスを考えるとちょっとだけ面倒だったりしますが、長期備蓄食品の保存性を高めるための真空パックはかなりオススメできます。特に無洗米などを備蓄されている場合は、真空パック機の導入を検討してみてください。   ■参考情報リンク ・北海道石狩振興局「真空パック等の密封食品の保存に注意しましょう!」 http://www.ishikari.pref.hokkaido.lg.jp/hk/cth/boturinus.htm ・東京都福祉保健局「食中毒を起こす微生物・ボツリヌス菌」 https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/shokuhin/micro/boturinu.html ・大作商事株式会社「食品別真空保存期間 目安表」 https://www.daisaku-shoji.co.jp/p_freshpackpro_store.html ・石島商事株式会社「真空包装機で食材を保存するときの目安期間」 https://ishijimashoji.com/free/shinkuuhousouki-shinkuupack ・全国食肉事業協同組合連合会「期限表示(消費期限・賞味期限)」 https://www.ajmic.or.jp/kumiai/2013pdf/p38-40.pdf ・愛知県尾張農林水産事務所「安心・安全な浅漬けの加工方法と消費期限の検討」 https://www.pref.aichi.jp/nogyo-keiei/nogyo-aichi/gijutu_keiei/ippan1103.pdfJTNDaDIlMjBjbGFzcyUzRCUyMndwYl9oZWFkaW5nJTIwd3BiX3NpbmdsZWltYWdlX2hlYWRpbmclMjIlM0UlRTUlODIlOTklRTglOTMlODQlRTklQTMlOUYlRTYlOTYlOTklRTMlODElQTUlRTMlODElOEYlRTMlODIlOEElRTMlODElQUIlRTUlQTQlQTclRTYlQjQlQkIlRTglQkElOEQlRUYlQkMlODElRTclOUMlOUYlRTclQTklQkElRTMlODMlOTElRTMlODMlODMlRTMlODIlQUYlRTYlQTklOUYlRTMlODIlOTJhbWF6b24lRTMlODElQTclRTglQTYlOEIlRTMlODIlOEIlRUYlQkMlODElM0MlMkZoMiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMk54WnpNQiUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZtLm1lZGlhLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNzFUckRlWW9iZUwuX0FDX1VMMzIwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMk54WnpNQiUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUUzJTgzJTk1JUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTg5JUUzJTgyJUI3JUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJUFCJUUzJTgzJTg5JUU3JTlDJTlGJUU3JUE5JUJBJUUzJTgzJTkxJUUzJTgzJTgzJUUzJTgyJUFGJUU1JTk5JUE4JUUzJTgzJUJCJUU0JUI4JThBJUU0JUJEJThEJUU3JTg5JTg4JTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTclQjclQTglRTklOUIlODYlRTklODMlQTglRTMlODIlQUElRTMlODIlQjklRTMlODIlQjklRTMlODMlQTElRTMlODAlODIlRTQlQjglQkIlRTMlODElQUIlRTQlQjklQkUlRTclODclQTUlRTUlOTMlODElRTMlODIlOTIlRTMlODMlOTElRTMlODMlODMlRTMlODIlQUYlRTMlODElOTklRTMlODIlOEIlRTMlODElOTMlRTMlODElQTglRTMlODElOEMlRTUlQTQlOUElRTMlODElODQlRTMlODElQUElRTMlODIlODklRTMlODIlQjMlRTMlODMlODElRTMlODMlQTklRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjNkRDZPTlYlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGbS5tZWRpYS1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjUxT1VwUVJXRVNMLl9BQ19VTDMyMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjNkRDZPTlYlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFMyU4MyU5NSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU4OSVFMyU4MiVCNyVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyVBQiVFMyU4MyU4OSVFNyU5QyU5RiVFNyVBOSVCQSVFMyU4MyU5MSVFMyU4MyU4MyVFMyU4MiVBRiVFNSU5OSVBOCVFMyU4MyVCQiVFNCVCOCU4QSVFNCVCRCU4RCVFNyU4OSU4OCVFRiVCQyU4OCVFNSVBNCVBNyVFNSVBRSVCOSVFOSU4NyU4RiVFOSU5QiU4NiVFNiVCMCVCNCVFMyU4MiVBQiVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU5NyVFNCVCQiU5OCVFMyU4MSU4RCVFRiVCQyU4OSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU2JUIwJUI0JUU1JTg4JTg2JUUzJTgyJTg0JUU2JUIxJTgxJUU2JUIwJTk3JUUzJTgxJUFFJUUzJTgxJTgyJUUzJTgyJThCJUUzJTgyJTgyJUUzJTgxJUFFJUUzJTgyJTkyJUU1JUE0JTlBJUUzJTgxJThGJUUzJTgzJTkxJUUzJTgzJTgzJUUzJTgyJUFGJUUzJTgxJTk5JUUzJTgyJThCJUUzJTgxJUFBJUUzJTgyJTg5JUUzJTgxJTkzJUUzJTgxJUExJUUzJTgyJTg5JUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTIxLS0lMjAuLi4uLi4uLi4uLiUyMC0tJTNFJTBBJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYzODNmeEk3JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRm0ubWVkaWEtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY2MXF0RmdMMUJNTC5fQUNfVUwzMjBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYzODNmeEk3JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTUlQUUlQjYlRTUlQkElQUQlRTMlODElQTclRTQlQkQlQkYlRTMlODElODglRTMlODIlOEIlRTclOUMlOUYlRTclQTklQkElRTMlODMlOTElRTMlODMlODMlRTMlODIlQUYlRTYlQTklOUYlRTMlODAlODAlRTUlOTAlODQlRTclQTglQUUlM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFMyU4MSU4QSVFNiU4OSU4QiVFOSVBMCU4MyVFNCVCRSVBMSVFNiVBMCVCQyVFNSU5MyU4MSVFMyU4MSVBQSVFMyU4MiU4OSVFMyU4MCU4MSVFNiU5NSVCMCVFNSU4RCU4MyVFNSU4NiU4NiVFMyU4MyVBQyVFMyU4MyU5OSVFMyU4MyVBQiVFMyU4MSU4QiVFMyU4MiU4OSVFOSU4MSVCOCVFMyU4MSVCOSVFMyU4MSVCRSVFMyU4MSU5OSVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRSUwQSUwQSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGM2VFMkpLdCUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZtLm1lZGlhLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNDElMkIwQ21jbFRqTC5fQUNfVUwzMjBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYzZUUySkt0JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTMlODIlQUYlRTMlODMlQUElRTMlODMlQUQlRTMlODMlQjMlRTUlOEMlOTYlRTYlODglOTAlMjglRTYlQTAlQUElMjklRTMlODElQUUlRTUlQkQlOEElRTclQkUlOEUlRTQlQkElQkElRUYlQkMlODglRTMlODElOEQlRTMlODIlODclRTMlODElODYlRTMlODElQjMlRTMlODElOTglRTMlODIlOTMlRUYlQkMlODklRTMlODIlQjclRTMlODMlQUElRTMlODMlQkMlRTMlODIlQkElRTMlODAlODAlRTUlOTAlODQlRTclQTglQUUlM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFNyU5QyU5RiVFNyVBOSVCQSVFMyU4MyU5MSVFMyU4MyU4MyVFMyU4MiVBRiVFMyU4MSVBQiVFNCVCRCVCRiVFMyU4MSU4OCVFMyU4MiU4QiVFNiVCMSU4RSVFNyU5NCVBOCVFMyU4MyU4QSVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyVBRCVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU5RCVFMyU4MyVBQSVFOCVBMiU4QiUyMCVFNSU5MCU4NCVFNyVBOCVBRSVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMk5BV21mbSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZtLm1lZGlhLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGMjFmWlNIT1Z3OEwuX0FDX1VMMzIwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMk5BV21mbSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUU1JUJEJThBJUU3JUJFJThFJUU0JUJBJUJBJTIwMjAwbW0lMjB4JTIwMjMwbW0lRUYlQkMlODhYUy0yMDIzJUVGJUJDJTg5JTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTglQTIlOEIlRTUlODUlQTUlRTMlODIlOEElRTMlODElQUUlRTMlODIlQTQlRTMlODMlQjMlRTMlODIlQjklRTMlODIlQkYlRTMlODMlQjMlRTMlODMlODglRTMlODMlQTklRTMlODMlQkMlRTMlODMlQTElRTMlODMlQjMlRTMlODElQUElRTMlODElQTklRTMlODAlODElRTQlQjglODclRTglODMlQkQlRTMlODMlQkIlRTUlQTQlOUElRTclOTQlQTglRTklODAlOTQlRTUlOTAlOTElRTMlODElOTElRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJOQnh4ekklMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGbS5tZWRpYS1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjgxVER1V21HUmVMLl9BQ19VTDMyMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJOQnh4ekklMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFNSVCRCU4QSVFNyVCRSU4RSVFNCVCQSVCQSUyMDE0MG1tJTIweCUyMDIwMG1tJUVGJUJDJTg4WFMtMTQyMCVFRiVCQyU4OSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUUzJTgxJThBJUU3JUIxJUIzJUVGJUJDJTkyJUU1JTkwJTg4JUUzJTgxJUI2JUUzJTgyJTkzJUUzJTgxJUFBJUUzJTgxJUE5JUUzJTgwJTgxJUUzJTgyJUIzJUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJTkxJUUzJTgyJUFGJUUzJTgzJTg4JUUzJTgxJTk1JUUzJTgxJUE4JUU1JUFFJUI5JUU5JTg3JThGJUUzJTgyJTkyJUU0JUI4JUExJUU3JUFCJThCJUUzJTgxJTk3JUUzJTgxJTlGJUUzJTgxJTg0JUU1JUEwJUI0JUU1JTkwJTg4JUUzJTgxJUFCJUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTIxLS0lMjAuLi4uLi4uLi4uLiUyMC0tJTNFJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYzZEVUZDhDJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRm0ubWVkaWEtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY1MUlnVHFINnZ0TC5fQUNfVUwzMjBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYzZEVUZDhDJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTUlQkQlOEElRTclQkUlOEUlRTQlQkElQkElMjAxMjBtbSUyMHglMjAxNzBtbSVFRiVCQyU4OFhTLTEyMTclRUYlQkMlODklM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFNSVCOCVCOCVFNSU4MiU5OSVFOCU5NiVBQyVFMyU4MiU4NCVFNSVCMCU4RiVFNyU4OSVBOSVFMyU4MCU4MSVFNSVCMCU4RiVFNSVBRSVCOSVFOSU4NyU4RiVFMyU4MSVBQSVFMyU4MiU4MiVFMyU4MSVBRSVFMyU4MiU5MiVFNSVCNSVBOSVFNSVCQyVCNSVFMyU4MiU4OSVFMyU4MSU5QSVFMyU4MSVBQiVFNyU5QyU5RiVFNyVBOSVCQSVFMyU4MyU5MSVFMyU4MyU4MyVFMyU4MiVBRiVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRQ==

【スス無し】レインボーストーブ改造・最終版!

本記事は、トヨトミ製・またはスノーピーク・ブランドの「レインボーストーブ(レインボーランタン)」に対してメーカー保証外の改造を実施するものです。 簡単な手法ではありますが、万が一の場合は不完全燃焼や想定外の事故につながる可能性がゼロではありません。実施される場合は、あくまで自己責任のもと、細心の注意を払っておこなってください。寒い時期のキャンプのお供として人気のコンパクトな石油ストーブ、その中でも人気の「レインボーストーブ(レインボーランタン)」。 編集部スタッフの1人はキャンプのみならず、晩秋〜初春にかけては自宅で普段遣いしています。 前回ご紹介した改造記事でできあがったストーブを長らく使っていましたが、やはり気になっていたのは最大火力にすると「ススが出る」ということ。 今回は、これを完全解消してみました。 ※なお、改造するとメーカー保証が受けられなくなる可能性がありますので、実施される場合は自己責任とさせていただきます。簡単な改造ですが、万が一失敗した際の修理や買い替え等は編集部では応じかねますのでご了承ください。 また美しいレインボーカラーの反射と引き換えの改造ですので、こちらも予めご理解の上で作業してください。『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。一般論的には、青い炎は高温で酸素が足りている場合。赤い炎は低温で酸素不足。この赤い炎に金属などを触れさせるとススが出ます。 焚き火の赤い炎の上にクッカーなどの鍋を置いて調理すると、鍋底にススが付きますね。 前回の改造方法では「排水栓」を上下逆さまにしてストーブの燃焼室に入れるだけでしたが、火力が一定以上になるとススが出ていました。 赤い炎が排水栓のメッシュ部分や、炎にかぶさった排水栓の底にふれるなどしてススが発生したと思われます。なにも難しいことはありません。 1. ステンレスのメッシュ素材(以後「ステンメッシュ」と記載)をカットする 2. カットしたステンメッシュを円筒形に丸めてホチキスで留める 3. レインボーストーブの燃焼室にセットして完了 これだけです。 実際に作業手順を写真でご紹介します。資材系を扱っているホームセンターで入手可能です。 今回調達したのは「ステンレス金網 #30x16 メッシュ 500x600」というもの。 左上に見えるのは、今まで使ってきた「排水栓」。長らくお世話になりました。ホチキスと金切りバサミのみのお手軽加工。あとは切断用の目印をつけるための油性ペンなどがあると良いでしょう。 大型のホチキスのしっかりとした太針を使えばより安心感は増えそうですが、今回の改造では一般的なホチキスと針を使ってそれなりの期間ストーブを使っていますが、特に不都合はありません。円筒形にした際の高さはおよそ13cm・直径は約11cm(円周約34.5cm)としました。円筒形に丸めた際に、接続部分をホチキスで留めるので、+2cmくらい余白を取ります。 よって「高さ13cm x 長さ36.5〜37cm」のステンメッシュを切り出したいので、それに合うように油性ペンで線を引きます。油性ペンで描いた切断用の線に沿って金切りバサミで切断します。このようにホチキスで留めてしまいます。複数箇所を止めればOK。セットと言っても置くだけです。ストーブ単体でできる改造は、これで完了。火力全開にしても、もうススは出ません。 安心して使えます。※燃焼室の背中側に、熱の反射板(リフレクタ)となるステンレス板を取り付けていない場合は、前回の記事を参考にされてください。 【冬キャンプに人気の「レインボーストーブ」を簡単に暖房性能アップ!】 熱反射が多少アップすることと、特にキャンプでテント内に設置した際に後方へ熱が伝わりにくい状況を作ってくれるので、オススメです。 ※なおテント内でのストーブを含めた火気の使用は、火災の恐れを考慮するとメーカー的には禁止となっている場合があるのでご注意ください。 テント内にストーブを設置する場合は、可能であればコットンやポリコットン生地を採用した「ポリエステル系生地よりは燃えにくい」ものを。 もしポリエステル系生地のテント内でストーブを使う場合は自己責任のうえ、火の扱いには細心の注意を払って利用してください。対流型ストーブの宿命ですね。暖かい空気はどうしてもストーブの上部から天井へ向かって昇ってしまいます。 室内であれば、天井に昇った暖かい空気がそこから横方向へ広がって室内を対流して温めることになりますが、キャンプなどの屋外ではそうはいきません。 やはり「エコファン」や「エコストーブファン」と言ったものを活用して、暖かい空気を横方向へ送る形が良いでしょう。これは室内での普段遣いでも威力を発揮するのでオススメです。今回の最終形態の改造をおこなったのは、実はだいぶ前になります。 そこから1シーズン、キャンプ使用と普段遣いを繰り返して、問題ないことを確認した上での今回の記事となりました。 火力全開にしても、もうススが出ることはありません。 レインボーストーブをお持ちでご興味のあるかたは、こちらの方法をお試しください。JTNDaDIlMjBjbGFzcyUzRCUyMndwYl9oZWFkaW5nJTIwd3BiX3NpbmdsZWltYWdlX2hlYWRpbmclMjIlM0UlRTMlODMlQUMlRTMlODIlQTQlRTMlODMlQjMlRTMlODMlOUMlRTMlODMlQkMlRTMlODIlQjklRTMlODMlODglRTMlODMlQkMlRTMlODMlOTYlRTYlOUMlODAlRTclQjUlODIlRTYlOTQlQjklRTklODAlQTAlRTclOTQlQTglRTMlODElQUUlRTMlODIlQjAlRTMlODMlODMlRTMlODIlQkElRTMlODIlOTJhbWF6b24lRTMlODElQTclRTglQTYlOEIlRTMlODIlOEIlRUYlQkMlODElM0MlMkZoMiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlJ3dWxJTCUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZtLm1lZGlhLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNTFSUVFnV0c4TkwuX0FDX1VMMzIwX01MM18uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJSd3VsSUwlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyU4NiVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyVBQyVFMyU4MiVCOSVFOSU4NyU5MSVFNyVCNiVCMiVFNSU5MCU4NCVFNyVBOCVBRSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU5JTg3JTkxJUU3JUI2JUIyJUUzJTgxJUFFJUU3JTlCJUFFJUUzJTgxJUFFJUU3JUIyJUJFJUU1JUJBJUE2JUUzJTgxJUFGJUU4JTg5JUIyJUUzJTgwJTg1JUUzJTgxJTgyJUUzJTgyJThBJUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJTk5JUUzJTgxJThDJUUzJTgwJTgxJUU3JUI0JUIwJUUzJTgxJThCJUUzJTgxJTg0JUUzJTgyJTgyJUUzJTgxJUFFJUUzJTgxJThDJUU4JTg5JUFGJUUzJTgxJTg0JUUzJTgxJUE3JUUzJTgxJTk3JUUzJTgyJTg3JUUzJTgxJTg2JUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTIxLS0lMjAuLi4uLi4uLi4uLiUyMC0tJTNFJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYzOGdubzR5JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRm0ubWVkaWEtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY3MVZCRGNNZ0NsTC5fQUNfVUwzMjBfTUwzXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMzhnbm80eSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUU5JTg3JTkxJUU1JTg4JTg3JUUzJTgyJThBJUUzJTgzJTkwJUUzJTgyJUI1JUUzJTgzJTlGJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTYlOUMlODAlRTglQkYlOTElRTMlODElQUYxMDAlRTUlODYlODYlRTMlODIlQjclRTMlODMlQTclRTMlODMlODMlRTMlODMlOTclRTMlODElQTclRTMlODIlODIlRTUlQTMlQjIlRTMlODElQTMlRTMlODElQTYlRTMlODElQkUlRTMlODElOTklRUYlQkMlODElRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJScjlVZ3glMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGbS5tZWRpYS1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjcxekV1U1BWS1NMLl9BQ19VTDMyMF9NTDNfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyUnI5VWd4JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTMlODIlQTglRTMlODIlQjMlRTMlODMlOTUlRTMlODIlQTElRTMlODMlQjMlM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFNSVBRiVCRSVFNiVCNSU4MSVFNSU5RSU4QiVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyU4OCVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU5NiVFMyU4MSVBQiVFMyU4MSVBRiVFNiVBQyVBMCVFMyU4MSU4QiVFMyU4MSU5QiVFMyU4MSVCRSVFMyU4MSU5QiVFMyU4MiU5MyVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRQ==

保冷剤エアコン(クーラー)を作る!

文字通り、冷凍庫で冷やし固める「保冷剤」を使った簡易クーラーです。 原理は簡単、よく冷えた保冷剤に風を当ててやると、保冷剤を通過した冷たい空気が「風下」に出てくるというもの。 発泡スチロール製の簡易クーラーボックスなどを活用して、比較的安価な素材を使って手作りできます。 キャンプで使う場合は就寝時のテント内で稼働させれば涼しい空間を作り出せますし、防災用途で使う場合は暑い日の停電時にお子さんやペットなどを暑さから守る使い方もできそうです。 それでは、さっそく作ってみましょう。『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。【材料】 ① 発泡スチロール製のクーラーボックス:ホームセンターで格安で入手可能です。 (今回は 幅380mm × 奥行き220mmサイズを使用) ② 送風口用のガラリ:無くても良いですが、あると送風方向を変えられます。 (DIY系ホームセンターでも入手可能) ③ USBファン:80mm角。 (これを動かすために別途モバイルバッテリーが必要です) ④ 保冷剤:大型高性能であるほど望ましいところ。 ⑤ アルミテープ:無くても良いですが、あるとクーラーボックスの保冷性能アップが期待できます。仕組みは簡単、USBファンで周囲の空気をクーラーボックス内へ吸入し、保冷剤で冷やした空気を出力するだけです。さっそく作っていきます。 作り方もとても簡単で、発泡クーラーボックスのフタに「USBファン」と「ガラリ」をはめ込む穴をカッターナイフで開けて、それぞれをはめ込んだらだいたい完成したようなものです。 穴あけイメージは写真の通り。まずは「ガラリ」をはめ込む穴開け。 発泡クーラーボックスのフタにガラリを位置を決めて置いたら、切り取る部分の周囲にペンでなぞって線を描き、カッターナイフで丁寧にカットしていきます。円形に穴を開けるので、カッターナイフは細いほうがやりやすいです。 コツは、描いた線よりもやや内側をカットすること。ガラリをはめ込んだ際に多少キツめになるように調整しながらカットすると、開けた穴にギュっとジャストフィットして抜けにくい状態となります。次はUSBファンをはめ込む穴あけ。同様にファンをフタに当てて周囲に線を描いてから、カッターの刃を入れていきます。円形ではないぶん、カット作業はやりやすくなります。 また、カット時には細かい発泡スチロールの切りかすが出るので、周囲には衣服などを置かないようにしましょう。静電気でくっついて取りにくくなることがあります。(編集部スタッフ、やりました)穴があいたら、ガラリをゆっくり丁寧にはめ込みます。キツめのサイズにしておけば、ギュギュッとフィットしてそのまま固定できます。USBファンも同様に。モバイルバッテリーにつなぐためのリード線があるので、うまくハマるようにカッターナイフで微調整しながらキツめにフィットさせます。はめ込み完了。基本的には、ここまでできてしまえば完成したも同然です。 あとは冷凍された保冷剤をクーラーボックスに入れてこのフタを閉め、USBファンをモバイルバッテリーに繋げば冷えた空気が出てきます。前章のまま活用してもいいのですが、冷房効率アップを期待して、もうひと工夫。発泡クーラーボックスの内側にアルミテープを覆うように貼って、より断熱性を高めます。 幅広のアルミテープを、クーラーボックスの内側の「辺」に合わせ少し長めにカットして貼っていきます。アルミテープは粘着力が強く折れ目が付きやすいので、丁寧に作業します。クーラーボックスの内側にひととおり貼りました。貼り合わせ部分は目分量で5mm程度を重ね貼りしています。 1枚貼ったらクーラーボックスの内壁にしっかりくっつくように、押し伸ばすようにしていきます。クーラーボックス内の底面と側面を一通りアルミテープで貼り覆って完成です。さっそく8月の夏キャンプで活用してきました。保冷剤も気合を入れて、株式会社川合技研さんの「ネオアイスPro(1250ml / -16℃が16時間)」という強力保冷剤を2つ装備。外気温が約30℃の環境で、冷風吹き出し口から出てくる空気の温度を計測すると、22.5℃というなかなかの冷えっぷりです。 これを活用するには、屋外空間ではなくテント内に設置するのがベスト。就寝前からテント内で稼働させて準備し、寝苦しさも無く快適な睡眠を得ることができました。野外で冷風に当たりたい!という場合にオススメな方法は、 ポータブル電源 + サーキュレーター + あらかじめ冷凍したミネラルウォーター の組み合わせです。冷凍ミネラルウォーターのペットボトルにサーキュレーターの風が当たるようにすると、なかなか快適な涼をとることができます。保冷剤クーラー、キャンプだけではもったいない。ということで、夏の停電時に屋内で使う想定で実験してみました。 さすがに1部屋まるごと冷やすような能力は無いので「限定した狭い空間だけ」を冷やし、例えば小さなお子さんやペットなどを暑さから守る想定です。 使った保冷剤は同様に「ネオアイス Pro」。1人用のテントを冷房を切った部屋の中に設置し、部屋の温度に対してテント内の温度をどこまで下げられるのかを見てみることにしました。実験は8月上旬の14時からスタート。14:40には部屋の温度は35.5℃に達しましたが、保冷剤クーラーを入れた1人用テント内は32.6℃と、約3℃下げることができました。持続時間は約3時間。 設置環境をより温度の低い状態にできれば&保冷剤をより多く用意できれば、より温度を下げたり持続時間を伸ばすことが可能でしょう。停電が復旧するまでの時間であれば、なんとか実用レベルで活用できそうなことが判ります。夏といえばキャンプ、キャンプと言えば夏。しかし秋も深まる頃までは日中は暑いものです。少しでも涼しく過ごす方法があれば使ってみたいもの。 最近はポータブル電源の普及により暑い日のキャンプではサーキュレーターを活用できるようになりましたが、こうしたちょっとアナログな?方法も良いものです(保冷剤冷凍のために事前に冷凍庫は使いますが)。 特に保冷剤は文字通り冷たさを保ってくれる素材、大容量のものをご家庭の冷凍庫に常備しておくと、停電時には冷蔵庫に移し替えて庫内温度の上昇スピードを遅らせることもできます。 また、ヤケドや捻挫などで患部を急冷したい際にはタオルで包んで使うこともできるなど、常備しておきたい「備災アイテム」の1つ。 そしてキャンプは基本的に、電気・ガス・水道が潤沢に使えない環境で過ごすため、個人や家庭レベルでの備災訓練(防災訓練)としても最適です。天候や環境に併せて快適に過ごすための様々な工夫を自分で試してみるのも有意義だと思います。 「保冷剤クーラー」も簡単に作れるものですので、機会があればぜひ試してみてください。JTNDaDIlMjBjbGFzcyUzRCUyMndwYl9oZWFkaW5nJTIwd3BiX3NpbmdsZWltYWdlX2hlYWRpbmclMjIlM0UlRTQlQkYlOUQlRTUlODYlQjclRTUlODklQTQlRTMlODIlQUYlRTMlODMlQkMlRTMlODMlQTklRTMlODMlQkMlRTMlODElQUUlRTYlOUQlOTAlRTYlOTYlOTklRTMlODIlOTJhbWF6b24lRTMlODElQTclRTglQTYlOEIlRTMlODIlOEIlRUYlQkMlODElM0MlMkZoMiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMk4yZUlhUyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZtLm1lZGlhLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNzFzVDBNc2F2a0wuX0FDX1VMMzIwX01MMl8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJOMmVJYVMlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFNyU5OSVCQSVFNiVCMyVBMSVFMyU4MiVBRiVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyVBOSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU5QyVFMyU4MyU4MyVFMyU4MiVBRiVFMyU4MiVCOSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU3JTk5JUJBJUU2JUIzJUExJUUzJTgyJUI5JUUzJTgzJTgxJUUzJTgzJUFEJUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJUFCJUU4JUEzJUJEJUUzJTgxJUE3JUU1JUI3JUE1JUU0JUJEJTlDJUUzJTgxJTk3JUUzJTgyJTg0JUUzJTgxJTk5JUUzJTgxJTg0JUVGJUJDJTgxJUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTIxLS0lMjAuLi4uLi4uLi4uLiUyMC0tJTNFJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyWlk2Q2xBJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRm0ubWVkaWEtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY2MTdtSWJaeDNYTC5fQUNfVUwzMjBfTUwyXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlpZNkNsQSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFVVNCJUUzJTgzJTk1JUUzJTgyJUExJUUzJTgzJUIzJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTQlQkQlOTklRTUlODglODYlRTMlODElQUElRTMlODMlOTElRTMlODMlQkMlRTMlODMlODQlRTclODQlQTElRTMlODElOTclRTMlODAlODElRTglQjMlQUElRTUlQUUlOUYlRTUlODklOUIlRTUlODElQTUlRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJaV1p6Y0ElMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGbS5tZWRpYS1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjYxemdTNDc4UGhMLl9BQ19VTDMyMF9NTDJfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyWldaemNBJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTMlODMlQTIlRTMlODMlOTAlRTMlODIlQTQlRTMlODMlQUIlRTMlODMlOTAlRTMlODMlODMlRTMlODMlODYlRTMlODMlQUElRTMlODMlQkMlM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MFVTQiVFMyU4MyU5NSVFMyU4MiVBMSVFMyU4MyVCMyVFMyU4MiU5MiVFNSU5QiU5RSVFMyU4MSU5OSVFMyU4MSVBQiVFMyU4MSVBRiVFNSVCRiU4NSVFOSVBMCU4OCVFRiVCQyU4MSVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlBYdHo4RiUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZtLm1lZGlhLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNzE3OFlJM3VOY0wuX0FDX1VMMzIwX01MMl8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJQWHR6OEYlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFNCVCRiU5RCVFNSU4NiVCNyVFNSU4OSVBNCUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU1JUE0JUE3JUU1JUFFJUI5JUU5JTg3JThGJUUzJTgzJUJCJUU5JUFCJTk4JUU2JTgwJUE3JUU4JTgzJUJEJUUzJTgxJUFBJUUzJTgyJTgyJUUzJTgxJUFFJUUzJTgxJThDJUUzJTgyJUFBJUUzJTgyJUI5JUUzJTgyJUI5JUUzJTgzJUExJUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTIxLS0lMjAuLi4uLi4uLi4uLiUyMC0tJTNFJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYzNHcyMjFoJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRm0ubWVkaWEtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY0MUlUOUVGS0p4TC5fQUNfVUwzMjBfTUwyXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMzR3MjIxaCUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUUzJTgzJThEJUUzJTgyJUFBJUUzJTgyJUEyJUUzJTgyJUE0JUUzJTgyJUI5UHJvJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTQlQkIlOEElRTUlOUIlOUUlRTQlQkQlQkYlRTMlODElQTMlRTMlODElOUYlRTMlODMlOEQlRTMlODIlQUElRTMlODIlQTIlRTMlODIlQTQlRTMlODIlQjlQcm8lRTMlODIlQjclRTMlODMlQUElRTMlODMlQkMlRTMlODIlQkElRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJaVG9OSVYlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGbS5tZWRpYS1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjYxMjZWSTBGNFhMLl9BQ19VTDMyMF9NTDJfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyWlRvTklWJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTMlODIlQUMlRTMlODMlQTklRTMlODMlQUElM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFMyU4MSU4MiVFMyU4MiU4QyVFMyU4MSVCMCVFNCVCRSVCRiVFNSU4OCVBOSVFMyU4MCU4MSVFNyU4NCVBMSVFMyU4MSU4RiVFMyU4MSVBNiVFMyU4MiU4Mk9LJTIxJUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTIxLS0lMjAuLi4uLi4uLi4uLiUyMC0tJTNFJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYzNHVCTmJFJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRm0ubWVkaWEtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY3MUlpamp2S1JMTC5fQUNfVUwzMjBfTUwyXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMzR1Qk5iRSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUUzJTgyJUEyJUUzJTgzJUFCJUUzJTgzJTlGJUUzJTgzJTg2JUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTk3JTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTclOTklQkElRTYlQjMlQTElRTMlODIlQUYlRTMlODMlQkMlRTMlODMlQTklRTMlODMlQkMlRTMlODMlOUMlRTMlODMlODMlRTMlODIlQUYlRTMlODIlQjklRTMlODElQUUlRTYlOTYlQUQlRTclODYlQjElRTYlODAlQTclRTMlODIlQTIlRTMlODMlODMlRTMlODMlOTclRTMlODElQUIlRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJaWEpIOVglMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGbS5tZWRpYS1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjUxaXQxVWQ1OEJMLl9BQ19VTDMyMF9NTDJfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyWlhKSDlYJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTMlODMlOUQlRTMlODMlQkMlRTMlODIlQkYlRTMlODMlOTYlRTMlODMlQUIlRTklOUIlQkIlRTYlQkElOTAlM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFOSU5OCVCMiVFNyU4MSVCRCVFNyU5NCVBOCVFMyU4MSVBQiVFNSU4MiU5OSVFMyU4MSU4OCVFMyU4MiU4QiVFNCVCQSVCQSVFMyU4MiU4MiVFNSVBMiU5NyVFMyU4MSU4OCVFMyU4MSVBNiVFMyU4MSU4NCVFMyU4MiU4QiVFMyU4MyU5RCVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiVCRiVFMyU4MyU5NiVFMyU4MyVBQiVFOSU5QiVCQiVFNiVCQSU5MCVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlBVUFNNayUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZtLm1lZGlhLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNjFtSkFJeDRveUwuX0FDX1VMMzIwX01MMl8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJQVVBTTWslMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFMyU4MiVCNSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiVBRCVFMyU4MyVBNSVFMyU4MyVBQyVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiVCRiVFMyU4MyVCQyUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU1JTg4JTlEJUU1JUE0JThGJUUzJTgwJTlDJUU0JUI4JUFEJUU3JUE3JThCJUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJUE3JUU0JUJEJUJGJUUzJTgxJTg4JUUzJTgyJThCJUU2JTg5JTg3JUU5JUEyJUE4JUU2JUE5JTlGJUVGJUJDJTgxJUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTIxLS0lMjAuLi4uLi4uLi4uLiUyMC0tJTNF

災害・キャンプに、小型ポータブル電源&ソーラーチャージャーを備える!

近年、キャンプなどのアウトドアだけでなく備災・防災用途としても備える人が急増しているモバイルバッテリーと併せて、ある程度の家電が使える「ポータブル電源」と、太陽光で充電ができる「ソーラーチャージャー」の需要が高まっています。   モバイルバッテリーでは動かせない100V仕様の家電製品を、制約はありますが緊急的に動かすことができるのがポータブル電源。そしてモバイルバッテリー程度であれば太陽光で冬でも実用レベルで充電できるのが「ソーラーチャージャー」です。   今回は実際にポータブル電源とソーラーチャージャーを使用して、その実用性を検証するレビュー記事となります。『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。ご存知のとおり、現代人の生活は電気によって支えられています。日本国内で一般家庭にも電力が普及したのは大正〜昭和時代。たとえば東京都内(当時の東京市内)の家庭に電灯が完全普及したのもこの頃です。つまり、家庭での電力使用が一般化してからたかだか100年程度しか経っていないことがわかります。今やスイッチ一つで室内には明かりが灯りスマホの充電ができ、各種の家電製品がいつでも好きなときに使える状況がごく当たり前に生活の一部として組み込まれており、電気の無い生活を想像したことの無いかたも多いでしょう。   特にスマホは「国民的デバイス」とも言えるもの。携帯会社によっては山岳地帯などでも使える場所も増え、過去の大震災の時も、スマホとインターネットを活用した情報収集や物資調達のためのコミュニケーションが活発におこなわれていたことはご存知の通りです。画像出典:Wikipedia:【東日本大震災時に、宮城県女川町の江島に書かれたSOSサイン】 しかしひとたび大きな災害が起きてしまった場合、被災地での通信網が復旧したとしても停電しているとスマホの充電などが不可能となります。道路網の寸断などで孤立状態となった場合に、外部との通信手段の確保は文字通りの命綱です。   もし携帯電話やインターネットなどの通信網が使えないとしても、最低限「光・灯り」があれば、そこに人がいることを別の場所や人へ伝えることも可能です。   また、もっとも基本的な電力の使用場面は「夜間の明かり」。停電時は自宅の電灯だけでなく街灯や信号機なども動かなくなってしまうため、夜になると地域全体が暗闇に包まれてしまいます。こうなると治安なども悪化する恐れがあります。   例えば2018年9月6日に発生した「北海道胆振東部地震」では、被災地だけでなく北海道全域が停電となる「ブラックアウト」が起き、大きな問題となりました。 (この北海道でのブラックアウトに関する詳細にご興味のあるかたは、資源エネルギー庁が公開している情報『日本初の“ブラックアウト”、その時一体何が起きたのか』をご覧ください)そんな場面でも使える電源があったらどうでしょう。いわゆる「モバイルバッテリー」は多くのかたがお持ちだと思いますが、手のひらサイズであるためスマホの充電回数は限られています。   そこで備えておきたいのはやはり、「ポータブル電源」と「ソーラーチャージャー」です。 今回は実際に、 ・ポータブル電源「Suaoki S270」 ・ソーラーチャージャー「Suaoki 60W」 を使用しての検証です。今回検証に使った「Suaoki S270」はポータブル電源としては小型・軽量で中容量、なにより価格が手頃なモデル。見方によっては「AC電源が取れる大型のモバイルバッテリー」とも言え、コストパフォーマンスが高いポータブル電源です。   また標準で本体に強力なLEDライトを2灯搭載しており、S270単体で長時間使える電灯にもなります。ポータブル電源は大容量モデルも人気ですが、電力容量が大きくなるほど安心感とともに重量・価格が上がっていきます。   また、充電式バッテリーは消耗品です。十分な予算があるなら大容量がオススメではありますが、リチウムイオンバッテリーの寿命や保証期間終了後の万が一の故障などを考えると、お手頃価格帯の中容量モデルを気軽に使い倒す、という方向も、もう1つのオススメパターンです。   「SUAOKI S270」は手頃な価格と併せて、各種のレビューからも伺えるユーザー数(流通量)の多さからも高コスパであることがわかりますが、もちろん万能ではありません。性質と容量を把握して、どのような使い方がより便利なものかを理解して備えてみましょう。ではここで「SUAOKI S270」とモバイルバッテリー「cheero PowerPlus 3」、そして大容量ポータブル電源「ANKER PowerHouse」の簡単なスペック比較です。   気になるのはやはりスマホを何回充電できるのか、という点でしょう。 iPhoneの場合、バッテリー容量は次の通り。 ① iPhone XS:2,659mAh ② iPhone XS Max:3,179mAh (IFIXITの分解記事より)これ基づき、「iPhone XS」の場合におよそのフル充電回数も記載します。 またキャンプなどのアウトドアで使う場合、冬なら電気毛布・夏なら家電のサーキュレーターを使いたいもの。こちらについても検証したので、結果を記載します。電源容量:150Wh(40,500mAh / 3.7V) iPhone XSでの充電可能回数:約15回 電気毛布の使用可否:NG サーキュレーターの使用可否:OK 充電用USB出力ポート数:4-port 本体重量:1.3kg 本体サイズ:約185 × 110 × 119mm 販売価格:12,880円(記事執筆時)JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyUGhJc1F6JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRm0ubWVkaWEtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY2MTBibkdCcXl0TC5fQUNfVUwzMjBfTUwzXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlBoSXNReiUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFU1VBT0tJJTIwJUUzJTgzJTlEJUUzJTgzJUJDJUUzJTgyJUJGJUUzJTgzJTk2JUUzJTgzJUFCJUU5JTlCJUJCJUU2JUJBJTkwJTIwUzI3MCUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0U=電源容量:48Wh(13,400mAh / 3.6V:48.24Wh) iPhone...