fbpx
トップ 著者 からの投稿 ITOITO-STYLE編集部

ITOITO-STYLE編集部

92 投稿 0 コメント

災害・キャンプに、小型ポータブル電源&ソーラーチャージャーを備える!【PR】

今回は、株式会社ミラクルチエ さんとのコラボPR企画です。すでにユーザー側の評価も高い 「ポータブル電源:SUAOKI S270」 「ソーラーチャージャー:SUAOKI 60W」 をご提供いただいたので、実際にキャンプに持ち出して使い倒してみました。 コラボPR企画ではありますが、いわゆる「忖度」は一切無しのガチ企画。ポータブル電源:SUAOKI S270とソーラーチャージャー 60w を実践的に使用し得手・不得手を把握した上で、最適であろう使い方を導き出してみます。 なお編集部ではすでに、ANKERの大容量ポータブル電源である「PowerHouse」も使用していますが、それとの比較もおこないます。『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。ご存知のとおり、現代人の生活は電気によって支えられています。日本国内で一般家庭にも電力が普及したのは大正〜昭和時代。たとえば東京都内(当時の東京市内)の家庭に電灯が完全普及したのもこの頃です。つまり、家庭での電力使用が一般化してからたかだか100年程度しか経っていないことがわかります。今やスイッチ一つで室内には明かりが灯りスマホの充電ができ、各種の家電製品がいつでも好きなときに使える状況がごく当たり前に生活の一部として組み込まれており、電気の無い生活を想像したことの無いかたも多いでしょう。 特にスマホは「国民的デバイス」とも言えるもの。携帯会社によっては山岳地帯などでも使える場所も増え、過去の大震災の時も、スマホとインターネットを活用した情報収集や物資調達のためのコミュニケーションが活発におこなわれていたことはご存知の通りです。画像出典:Wikipedia:【東日本大震災時に、宮城県女川町の江島に書かれたSOSサイン】 しかしひとたび大きな災害が起きてしまった場合、被災地での通信網が復旧したとしても停電しているとスマホの充電などが不可能となります。道路網の寸断などで孤立状態となった場合に、外部との通信手段の確保は文字通りの命綱です。 もし携帯電話やインターネットなどの通信網が使えないとしても、最低限「光・灯り」があれば、そこに人がいることを別の場所や人へ伝えることも可能です。 また、もっとも基本的な電力の使用場面は「夜間の明かり」。停電時は自宅の電灯だけでなく街灯や信号機なども動かなくなってしまうため、夜になると地域全体が暗闇に包まれてしまいます。こうなると治安なども悪化する恐れがあります。 例えば2018年9月6日に発生した「北海道胆振東部地震」では、被災地だけでなく北海道全域が停電となる「ブラックアウト」が起き、大きな問題となりました。 (この北海道でのブラックアウトに関する詳細にご興味のあるかたは、資源エネルギー庁が公開している情報『日本初の“ブラックアウト”、その時一体何が起きたのか』をご覧ください)そんな場面でも使える電源があったらどうでしょう。いわゆる「モバイルバッテリー」は多くのかたがお持ちだと思いますが、手のひらサイズであるためスマホの充電回数は限られています。 そこで備えておきたいのはやはり、「ポータブル電源」と「ソーラーチャージャー」です。ポータブル電源としては小型・軽量で中容量、なにより価格が手頃なモデル。 見方によっては「AC電源が取れる大型のモバイルバッテリー」とも言え、コストパフォーマンスが高いポータブル電源です。 また標準で本体に強力なLEDライトを2灯搭載しており、S270単体で長時間使える電灯にもなります。ポータブル電源は大容量モデルも人気ですが、電力容量が大きくなるほど安心感とともに重量・価格が上がっていきます。 また、充電式バッテリーは消耗品です。 十分な予算があるなら大容量がオススメではありますが、リチウムイオンバッテリーの寿命や保証期間終了後の万が一の故障などを考えると、お手頃価格帯の中容量モデルを気軽に使い倒す、という方向も、もう1つのオススメパターンです。 「SUAOKI S270」は手頃な価格と併せて、各種のレビューからも伺えるユーザー数(流通量)の多さからも高コスパであることがわかりますが、もちろん万能ではありません。 性質と容量を把握して、どのような使い方がより便利なものかを理解して備えてみましょう。ではここで「SUAOKI S270」とモバイルバッテリー「cheero PowerPlus 3」、そして大容量ポータブル電源「ANKER PowerHouse」の簡単なスペック比較です。 気になるのはやはりスマホを何回充電できるのか、という点でしょう。 iPhoneの場合、バッテリー容量は次の通り。 ① iPhone XS:2,659mAh ② iPhone XS Max:3,179mAh (IFIXITの分解記事より)これ基づき、「iPhone XS」の場合におよそのフル充電回数も記載します。 またキャンプなどのアウトドアで使う場合、冬なら電気毛布・夏なら家電のサーキュレーターを使いたいもの。こちらについても検証したので、結果を記載します。電源容量:150Wh(40,500mAh / 3.7V) iPhone XSでの充電可能回数:約15回 電気毛布の使用可否:NG サーキュレーターの使用可否:OK 充電用USB出力ポート数:4-port 本体重量:1.3kg 本体サイズ:約185 × 110 × 119mm 販売価格:12,880円(記事執筆時)JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRml0ZW0ucmFrdXRlbi5jby5qcCUyRm1pcmFjbGVjaGllJTJGMjI3MTEzNTAzJTJGJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlLnJha3V0ZW4uY28uanAlMkZtaXJhY2xlY2hpZSUyRmNhYmluZXQlMkYwNjA5NzkyMiUyRmltZ3JjMDA3MDQ4ODQ1MC5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpdGVtLnJha3V0ZW4uY28uanAlMkZtaXJhY2xlY2hpZSUyRjIyNzExMzUwMyUyRiUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFU1VBT0tJJTIwJUUzJTgzJTlEJUUzJTgzJUJDJUUzJTgyJUJGJUUzJTgzJTk2JUUzJTgzJUFCJUU5JTlCJUJCJUU2JUJBJTkwJTIwUzI3MCUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0U=電源容量:48Wh(13,400mAh...

枯れ木や薪が燃料の「ウッドストーブ(焚き火台)」を備えよう!

いわゆる「焚き火台」とも言われる「ウッドストーブ」。 金属製で頑丈かつコンパクトなボディに薪(まき)や小枝・落ち葉などを燃料として燃やし、後には灰しか残りません。『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。焚き火といえば、過去の大震災でも被災地で多くの方々を支える名脇役でもありました。 【参考リンク】 「凍てつく被災地 雪降り積む夜、囲む焚き火」 http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103160195.html 「アーカイブスから語り継ぐ~若者たちの阪神・淡路大震災ノート」より「焚き火で勉強。食事を温める間も本を離さない受験生」 http://www.jasdis.gr.jp/_userdata/05sympo/101023.pdf 「焚き火をせんとや生まれけむ」より「東日本大震災の夜,近所の人たちが薪ストーブを囲み,一夜を明かした」 http://www.epilepsy.med.tohoku.ac.jp/staff/nakasato/files/takibi.pdfネイチャーストーブとも呼ばれ、特に寒い時期のキャンプやアウトドアでも大活躍。雰囲気も十分の実用的アイテムです。 燃料となる木質燃料と着火手段さえあれば調理もできて、大きめのウッドストーブなら暖を取ることも可能。 今回も、編集部スタッフが実際に購入したウッドストーブ各種を中心に、災害時にも活用できるオススメのウッドストーブをご紹介します。キャンプやバーベキューなどの経験の無いかたの場合、「焚き火をするだけなら、空き地などで焚き木を地面に置いて燃やせばいいんじゃない...?」と思うかもしれません。残念ながら、それはNGです。 詳しくは後述しますが、現在の日本国内では管理者の許可が無い場所での焚き火は基本的に法律や条例で禁止されています。キャンプ場やバーベキュー場などでも、地面の上で薪などを直接燃やす「直火(じかび)」は禁止、焚き火台(ウッドストーブ)の利用が前提となっている場所のほうが大多数です。 よって焚き火が許可されている場所では、薪などを燃やす場合「焚き火台・ウッドストーブは必須」と理解して問題ないでしょう。選択肢はいくつもありますが、編集部イチオシはこちらの「ソロストーブ(Solo Stove)」。【ソロストーブの特徴】 ①燃焼室の二重構造による高い燃焼効率 ②後に残る「灰」が極めて少ない ③1ピース構造で灰が地面に落ちず火の粉も飛散しにくい ④ゴトク付きで調理にも使いやすい ⑤用途に応じてサイズが選べる ⑥純正品のクッカーがあり、ストーブを収納できる 【用途】 サイズに応じてソロキャンプからファミリーキャンプまでを網羅 【解説】 少ない燃料でも高い燃焼効率を誇る「ソロストーブ」は国内外を問わず多くのユーザーがいるウッドストーブです。製品ラインナップは次の通り。 ①Solo Stove Lite(使用時の高さ:約14.5cm、直径:約10.8cm) ②Solo Stove Titan(使用時の高さ:約20cm、直径:約13cm) ③Solo Stove Campfire(使用時の高さ:約23.5cm、直径:約17.8cm) ④Solo Stove Bonfire(使用時の高さ:約35.6cm、直径:約48.3cm)独断と偏見で用途ごとに分けると、Liteはソロ、Titanはソロ〜デュオ、Campfireはファミリー用。 最大サイズのBonfireは暖をとる手段としては十分ですが、気軽に持ち運べるサイズと重量ではありません。グループ用や据え置き用といったところでしょう。日本国内では使用場面が限られそうですが、自宅に保管スペースがありサイズが気にならない場合には、災害時に暖を取るための強力なアイテムになるでしょう。 Bonfire以下のサイズで「暖を取る」という用途ではTitanかCampfireになり、サイズ的に気にならなければCampfireがオススメです。ストーブ自体は1ピース構造の円筒形で折りたたむことはできないためサイズによっては「かさばる」ことは事実ですが、そのおかげで燃焼後に残る「灰」の後始末が圧倒的に楽です。残る灰そのものが極めて少なくて済みます。 1ピース構造であるため灰はすべてストーブの底に溜まり、地面に落ちることはありません。当然、火のついたまま小さくなった「熾(おき)」も地面に漏れ落ちることが無く最下層には空気溜まりとなる空間があるため、他のウッドストーブに比べて地面や植生を熱で傷めにくい構造になっています。 逆に、灰は溜まり続けるので薪を追加して長時間延々と燃やし続けるには不向き。長時間使いたい場合は別途「灰入れバケツ」や「火消し壺」などを用意して、いったん消火した際に灰が溜まりすぎたと思ったタイミングで灰を灰入れバケツに移しましょう。 火のついた薪がある場合は燃やしきってから灰の処理をおこなうか、火消し壷に入れて消火します。ソロストーブ純正のクッカー(鍋)も販売されており、クッカー内にストーブをぴったり収納することができます。 クッカーは最小サイズなら1人用、中サイズなら2人程度、最大サイズなら1家族ぶんの食事の調理に使えます。JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyVFFKSEc3JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNDFDZHI0dGw2eUwuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlRRSkhHNyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFU29sbyUyMFN0b3ZlJTIwTGl0ZSVFRiVCQyU4OCVFMyU4MyVBOSVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyU4OCVFRiVCQyU4OSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU2JTlDJTgwJUU1JUIwJThGJUUzJTgyJUI1JUUzJTgyJUE0JUUzJTgyJUJBJUUzJTgxJUFFJUUzJTgyJUJEJUUzJTgzJUFEJUUzJTgyJUI5JUUzJTgzJTg4JUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTk2JUUzJTgwJTgyJUU2JTk2JTg3JUU1JUFEJTk3JUU5JTgwJTlBJUUzJTgyJThBJUUzJTgxJUFFJUUzJTgyJUJEJUUzJTgzJUFEJUUzJTgyJUFEJUUzJTgzJUEzJUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJTk3JUUzJTgxJUFCJUUzJTgxJThBJUUzJTgxJTkxJUUzJTgyJThCJUU4JUFBJUJGJUU3JTkwJTg2JUU3JTk0JUE4JUUzJTgxJUFFJUU3JTg0JTlBJUUzJTgxJThEJUU3JTgxJUFCJUUzJTgyJUIzJUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJUFEJUUzJTgxJUFCJUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTIxLS0lMjAuLi4uLi4uLi4uLiUyMC0tJTNFJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyc3hBQkNrJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNDFGeW45cktUM0wuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMnN4QUJDayUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFU29sbyUyMFN0b3ZlJTIwVGl0YW4lRUYlQkMlODglRTMlODIlQkYlRTMlODIlQTQlRTMlODIlQkYlRTMlODMlQjMlRUYlQkMlODklM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFNiU5QyU4MCVFNSVCMCU4RiVFMyU4MSU4QiVFMyU4MiU4OSVFRiVCQyU5MSVFMyU4MSVBNCVFNCVCOCU4QSVFMyU4MSVBRSVFMyU4MiVCNSVFMyU4MiVBNCVFMyU4MiVCQSVFMyU4MCU4MiVFNiU5QSU5NiVFMyU4MiU5MiVFNSU4RiU5NiVFMyU4MiU4QiVFMyU4MSVBQiVFMyU4MSVBRiVFMyU4MiU4NCVFMyU4MiU4NCVFNSVCMCU4RiVFMyU4MSU5NSVFMyU4MiU4MSVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSU5OSVFMyU4MSU4QyVFOCVBQSVCRiVFNyU5MCU4NiVFNyU5NCVBOCVFMyU4MSVBQiVFMyU4MSVBRiVFNSU4RCU4MSVFNSU4OCU4NiVFMyU4MSVBQSVFMyU4MiVCNSVFMyU4MiVBNCVFMyU4MiVCQSVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlJBZUt0aiUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjQxVjZ6UzE2M2pMLl9BQ19VUzIwMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJSQWVLdGolMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRVNvbG8lMjBTdG92ZSUyMENhbXBmaXJlJUVGJUJDJTg4JUUzJTgyJUFEJUUzJTgzJUEzJUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJTk3JUUzJTgzJTk1JUUzJTgyJUExJUUzJTgyJUE0JUUzJTgyJUEyJUVGJUJDJTg5JTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTMlODIlQkQlRTMlODMlQUQlRTMlODAlOUMlRTMlODMlOTUlRTMlODIlQTElRTMlODMlOUYlRTMlODMlQUElRTMlODMlQkMlRTclOTQlQTglRTklODAlOTQlRTMlODElQkUlRTMlODElQTclRTMlODAlODElRTMlODIlODQlRTMlODIlODQlRTUlQjUlQTklRTUlQkMlQjUlRTMlODIlOEElRTMlODElQkUlRTMlODElOTklRTMlODElOEMlRTUlQUUlOUYlRTclOTQlQTglRTklOUQlQTIlRTMlODElQTclRTMlODElQUYlRTMlODMlOTklRTMlODIlQjklRTMlODMlODglRTMlODIlQjUlRTMlODIlQTQlRTMlODIlQkElRUYlQkMlODElRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJSQWVRa0YlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGaW1hZ2VzLWZlLnNzbC1pbWFnZXMtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY0MU1HcloyN25KTC5fQUNfVVMyMDBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyUkFlUWtGJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0VTb2xvJTIwU3RvdmUlMjBCb25maXJlJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTQlQjglODAlRTglODglQUMlRTUlQUUlQjYlRTUlQkElQUQlRTMlODElQUIlRTMlODElQUYlRTMlODElQUElRTMlODElOEIlRTMlODElQUElRTMlODElOEIlRTklOUIlQTMlRTMlODElOTclRTMlODElODQlRTMlODMlOTMlRTMlODMlODMlRTMlODIlQjAlRTMlODIlQjUlRTMlODIlQTQlRTMlODIlQkElRTMlODElQTclRTMlODElOTklRTMlODElOEMlRTMlODAlODElRTYlOUElOTYlRTMlODIlOTIlRTUlOEYlOTYlRTMlODIlOEIlRTMlODElQUIlRTMlODElQUYlRTclOTQlQjMlRTMlODElOTclRTUlODglODYlRTMlODElQUElRTMlODElODQlRTMlODElQTclRTMlODElOTclRTMlODIlODclRTMlODElODYlRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0U=今回ご紹介する中では最大サイズとなるキャプテンスタッグの「ヘキサ ステンレス ファイアグリル」。 比較的一般的なタイプのウッドストーブで、いわゆる「焚き火台」と言われるもの。【キャプテンスタッグ・ヘキサグリルの特徴】 ①焚き火台としては比較的スタンダードな形状の1つ ②逆六角錐的な形状で大きく広い燃焼室、燃焼に必要な空気も送り込まれやすい構造 ③焚き火を囲みやすい形状のため、暖を取りながら豪快に料理をしたり団らんをするには最適 ④ダッチオーブンを乗せられる安定性 ⑤グリル網が付属のため、網焼きバーベキューも簡単 ⑥燃焼室の真下には灰受けはあるが、吸気孔から多少の灰は漏れ落ちる ⑦折り畳み収納可能、収納した際のサイズと重量は大きめ(専用バッグ付き) 【用途】 ファミリーキャンプやグループキャンプなど、複数人数での使用 【解説】 ウッドストーブ入門にも「そこそこ豪快に焚き火やりたい!」という用途にも応えてくれる、複数人数でも囲みやすい六角形の形状とサイズ。小枝や枯れ木よりは、それなりのサイズの薪を投入して長時間の焚き火を楽しむことができます。大きさと重量的に安定性があるため、ダッチオーブンも乗せやすくなっています。キャンプで使う場合はダッチオーブンで豪快に煮込み料理を作ったり、丸鶏料理などにも向いています。 また付属品にグリル網がついてくるため、薪の炎が収まって熾火(おきび)になった後は、その上で様々な調理が可能です。一般的に、焚き火での調理は炎が上がっている状態よりも熾火になった後の方が適しています。 (写真にある2つのフライパンは「焚き火フライパン」。こちらにレビュー記事を公開しています)組み立てた際、底面にロストルと呼ばれるプレートをセットしますが、逆六角錐の底部に「置く・乗せる」的な状態となります。大きな薪を燃やすことは可能ですが、乱暴に投げ入れたりすると組み立てた状態が崩れる可能性があるため、薪の投入のコツは「優しく綺麗に」。 ロストルの位置には横方向から空気を取り入れる孔が空いていますが、溜まった灰が多少こぼれ落ちますので、ウッドストーブの下の植生保護や灰の後片付けを楽にするためにも、100均でも入手できるステンレスバットなどの金属製の平皿状のものを敷くと良いでしょう。JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyRkRnSVNyJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNTFLVUMtRnJzQ0wuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkZEZ0lTciUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFQ0FQVEFJTiUyMFNUQUclRTMlODMlQkIlRTMlODMlOTglRTMlODIlQUQlRTMlODIlQjUlRTMlODIlQjklRTMlODMlODYlRTMlODMlQjMlRTMlODMlQUMlRTMlODIlQjklMjAlRTMlODMlOTUlRTMlODIlQTElRTMlODIlQTQlRTMlODIlQTIlRTMlODIlQjAlRTMlODMlQUElRTMlODMlQUIlM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFMyU4MiVCNSVFMyU4MiVBNCVFMyU4MiVCQSVFMyU4MSVBRiVFNSVBNCVBNyVFMyU4MSU4RCVFMyU4MiU4MSVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSU5OSVFMyU4MSU4QyVFMyU4MyU5NSVFMyU4MyVBOSVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU4OCVFMyU4MSVBQiVFNSU4RiU4RSVFNyVCNCU4RCVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSU4RCVFMyU4MSVBNiVFNiU4OSVCMSVFMyU4MSU4NCVFMyU4MiU4NCVFMyU4MSU5OSVFMyU4MSU4NCVFNyU4NCU5QSVFMyU4MSU4RCVFNyU4MSVBQiVFNSU4RiVCMCVFMyU4MCU4MiVFNyU4MSVCMCVFMyU4MSVBRSVFNiVCQyU4RiVFMyU4MiU4QyVFOCU5MCVCRCVFMyU4MSVBMSVFNSVBRiVCRSVFNyVBRCU5NiVFMyU4MiU4MiVFMyU4MSU4QSVFNSVCRiU5OCVFMyU4MiU4QyVFMyU4MSVBQSVFMyU4MSU4RiVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRQ==コンパクトに折り畳める小枝類専用の「VARGO ヘキサゴンウッドストーブ」。固形燃料やアルコールストーブ用の風防付きゴトクとしても利用可能。【VARGO(バーゴ)ヘキサゴンウッドストーブの特徴】 ①ひと綴りに折りたため、収納性・携行性・デザイン性が高い ②小枝や穂先、松ぼっくりなどの小さなものを燃料とする ③固形燃料やアルコールストーブ用の風防付きゴトクになる ④ステンレス製とチタニウム製とが選べ、専用ソフトケース付き ⑤灰はそのままストーブの下(地面等)に落ちる構造 ⑥二次燃焼機能は無し、暖を取るとすれば手のひら程度 【用途】 ソロキャンプでの焚き火調理や固形燃料・アルコールストーブ用の風防付きゴトクとして 【解説】 VARGOヘキサゴンウッドストーブも、愛用者の多い優れたストーブです。基本構造が軽量・コンパクト志向であるため、ほぼ1人用のウッドストーブとなります。折りたたんで付属のソフトケースに収納すると1枚のプレート状になりますので、バッグやザックの隅に入れておいてもまったく邪魔になりません。小枝類を燃やすというより、固形燃料やアルコールストーブの風防付きゴトクとして活用されている方も多いと思います。もちろん本来のウッドストーブとしても使えますが、寒い日に暖を取るには火力不足で、手のひらや指先を暖める程度に使えます。 使用時には燃やした灰や小さくなった熾(おき)は底部の孔から下へ落ちるため、灰受けとなる金属製のプレートや不燃性シートを敷くなどして地面や植生を保護しましょう。JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyQ3RiTU1PJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNDFFM0hveE5QQkwuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkN0Yk1NTyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFVkFSR08lRTMlODMlQkIlRTMlODMlOTglRTMlODIlQUQlRTMlODIlQjUlRTMlODIlQjQlRTMlODMlQjMlRTMlODIlQTYlRTMlODMlODMlRTMlODMlODklRTMlODIlQjklRTMlODMlODglRTMlODMlQkMlRTMlODMlOTYlM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFNiU5QyVBOCVFOCVCMyVBQSVFNyU4NyU4MyVFNiU5NiU5OSVFMyU4MSVBMCVFMyU4MSU5MSVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSVBQSVFMyU4MSU4RiVFMyU4MCU4MSVFNSU5QiVCQSVFNSVCRCVBMiVFNyU4NyU4MyVFNiU5NiU5OSVFMyU4MiU4NCVFMyU4MiVBMiVFMyU4MyVBQiVFMyU4MiVCMyVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyVBQiVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyU4OCVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU5NiVFMyU4MSVBRSVFOSVBMiVBOCVFOSU5OCVCMiVFNCVCQiU5OCVFMyU4MSU4RCVFMyU4MiVCNCVFMyU4MyU4OCVFMyU4MiVBRiVFMyU4MSVBQiVFMyU4MCU4MiVFMyU4MyU4MSVFMyU4MiVCRiVFMyU4MyVCMyVFOCVBMyVCRCVFMyU4MSVBOCVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyU4NiVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyVBQyVFMyU4MiVCOSVFOCVBMyVCRCVFMyU4MSU4QyVFOSU4MSVCOCVFMyU4MSVCOSVFMyU4MSVCRSVFMyU4MSU5OSVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRQ==このタイプのストーブは類似品がたくさん販売されています。構造はほぼ同一で、二次燃焼も可能です。 今回は "Ohuhu" という中国系ブランドを使いましたが、収納時のサイズが高さ約7cm、外径約13.5cm程度のものならだいたい当てはまります。コンパクトなウッドストーブの「ジェネリック製品」と呼べるかもしれません。【量産型ウッドストーブの特徴】 ①煙の少ない二次燃焼が可能(燃え始めは煙は出ます) ②小枝や穂先、松ぼっくりなどの小さなものを燃料とする ③分解・組み立て式で、サイズが合えばクッカー内に収納できる ④固形燃料を燃やすための受け皿付き ⑤灰はそのままストーブの下(地面等)に落ちる構造 【用途】 ソロキャンプでの焚き火調理や固形燃料・アルコールストーブ用の風防付きゴトクとして 【解説】 恐らく二次燃焼できるものとしては、もっとも安価に入手可能なタイプのウッドストーブです。安価なぶん作り的には大味な面もありますが、それだけに「気にせず使い倒す」ことが可能。コンパクトでクッカー類への収納もしやすく、特にMSRの「アルパイン・ストアウェイポット」775mlなら「シンデレラ・フィット」と呼べる形で収納できます。 (MSRアルパイン・ストアウェイポットについては、こちらにレビュー記事を公開しています)このストーブには固形燃料や燃料用アルコールを入れる皿が付いているため、木質燃料以外にこれらも利用することができます。特に、固形燃料は25〜30g程度のもの1つでご飯1合を美味しく炊くことができるため、風防付きの固形燃料コンロとしても活躍します。 燃料用アルコールを使う場合は少量となりますがアルコールは低い気温でもしっかり燃焼しますので、風防付きの着火用途としても使えます。 燃焼室は小さいため、使用する枯れ木や小枝などの木質燃料はサイズを考慮して使いましょう。JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyVFR4NHRNJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNTFCRVFIY0w4NUwuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlRUeDR0TSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUU5JTg3JThGJUU3JTk0JUEzJUU1JTlFJThCJUUzJTgyJUE2JUUzJTgzJTgzJUUzJTgzJTg5JUUzJTgyJUI5JUUzJTgzJTg4JUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTk2JTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTQlQkUlQTElRTYlQTAlQkMlRTMlODIlODIlRTYlODklOEIlRTklQTAlODMlRTMlODElQTclRTMlODIlQjMlRTMlODMlQjMlRTMlODMlOTElRTMlODIlQUYlRTMlODMlODglRTUlOEYlOEUlRTclQjQlOEQlRTMlODAlODIlRTUlODUlQTUlRTklOTYlODAlRTclOTQlQTglRTMlODElQUIlRTMlODElQUYlRTYlODklOEIlRTklQTAlODMlRTMlODElQUElRTMlODAlOEMlRTMlODIlQjglRTMlODIlQTclRTMlODMlOEQlRTMlODMlQUElRTMlODMlODMlRTMlODIlQUYlRTMlODMlQkIlRTMlODIlQkYlRTMlODIlQTQlRTMlODMlOTclRTMlODAlOEQlRTMlODAlODIlRTMlODElQkUlRTMlODElOUElRTMlODElQUYlRTMlODElOTMlRTMlODElQUUlRTMlODElODIlRTMlODElOUYlRTMlODIlOEElRTMlODElOEIlRTMlODIlODklRTUlQTclOEIlRTMlODIlODElRTMlODElQTYlRTMlODIlODIlRTMlODElODQlRTMlODElODQlRTMlODElQTclRTMlODElOTclRTMlODIlODclRTMlODElODYlRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0U=【BioLite(バイオライト)】 BioLiteは「焚き火で発電ができる」ウッドストーブ。暖を取り調理もしつつ、発生した熱でスマホや充電式LEDライトなどのコンパクトな電気製品への充給電ができます。画像出典:BioLite公式サイトJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyRnp4aFA3JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNDF1bXBId0tWaEwuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkZ6eGhQNyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFQmlvTGl0ZSUyMCVFMyU4MiVBRCVFMyU4MyVBMyVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU5NyVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyU4OCVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU5NiUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU3JTg0JTlBJUUzJTgxJThEJUU3JTgxJUFCJUUzJTgxJUE3JUU3JTk5JUJBJUU5JTlCJUJCJUUzJTgyJTgyJUUzJTgxJUE3JUUzJTgxJThEJUUzJTgyJThCJUU1JUE0JTg5JUUzJTgyJThGJUUzJTgyJThBJUU3JUE4JUFFJUUzJTgwJTgxJUUzJTgyJUI5JUUzJTgzJTlFJUUzJTgzJTlCJUUzJTgxJUFFVVNCJUU1JTg1JTg1JUU5JTlCJUJCJUUzJTgxJThDJUU1JThGJUFGJUU4JTgzJUJEJUUzJTgwJTgyJUUzJTgyJUFDJUUzJTgyJUI4JUUzJTgyJUE3JUUzJTgzJTgzJUUzJTgzJTg4JUU1JUE1JUJEJUUzJTgxJThEJUUzJTgxJUFBJUUzJTgyJTg5JUU4JUE5JUE2JUUzJTgxJTk3JUUzJTgxJUE2JUUzJTgxJUJGJUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJTk3JUUzJTgyJTg3JUUzJTgxJTg2JUVGJUJDJTgxJUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTIxLS0lMjAuLi4uLi4uLi4uLiUyMC0tJTNF【Kelly Kettle(ケリーケトル)】 焚き火台構造を持つヤカンである「ケリーケトル」。縦長ボディの下と中央部で枯れ木や小枝などを燃やすことで、内部の水を沸かすことが可能です。画像出典:Kelly Kettle公式サイトJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyVFZBd0V1JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNjFxMFVRdEd2MEwuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlRWQXdFdSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUUzJTgyJUIxJUUzJTgzJUFBJUUzJTgzJUJDJUUzJTgyJUIxJUUzJTgzJTg4JUUzJTgzJUFCJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTMlODIlQjElRTMlODMlODglRTMlODMlQUIlRTYlOUMlQUMlRTQlQkQlOTMlRTUlODYlODUlRTMlODElQUIlRTclODclODMlRTclODQlQkMlRTUlQUUlQTQlRTMlODIlOTIlRTYlOEMlODElRTMlODElQTElRTMlODAlODElRTYlOUUlQUYlRTMlODIlOEMlRTYlOUUlOUQlRTMlODElQUElRTMlODElQTklRTMlODElQUUlRTclODclODMlRTYlOTYlOTklRTMlODIlOTIlRTclOEYlQkUlRTUlOUMlQjAlRTglQUElQkYlRTklODElOTQlRTMlODElOTclRTMlODElQTYlRTMlODElOEElRTYlQjklQUYlRTMlODIlOTIlRTYlQjIlQjglRTMlODElOEIlRTMlODElOTklRTMlODIlQjklRTMlODIlQjAlRTMlODMlQUMlRTMlODMlQTIlRTMlODMlOEUlRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0U=直火を使う以上、安全性を確保し有意義かつ楽しく扱うために、多くの注意すべき点があります。 ①当然ながら室内や屋内では絶対に燃やさない ②地震災害などの非常時に必要な場合以外は、住宅地では絶対に使わない ③緊急消火用の水や携帯用消火器を準備してから燃やす ④燃える物の上で使わない。地面が芝生などの場合は特に注意 ⑤火を使う際の服装に注意。化繊やフリース素材は燃えやすくダウンジャケットなどは火の粉で穴が開く ⑥炎が見えなくなっても、木材が赤く光っている場合(熾火)は高温で燃え続けている ⑦キャンプで使う場合はキャンプ場のルールに従う(灰や炭の廃棄方法など) ⑧乾燥していない「生木」は大量の煙が出るため燃やさない ⑨鍋やヤカンを焚き火に直接乗せると、底面や周囲が必ず「煤(すす)ける」 ⑩薪の途中消火や残った灰や炭の後始末用に「火消し壺」を用意して灰を入れたり炭を消火できるようにする 焚き火の周りにいる自分自身や周囲の人達の安全と、焚き火から離れている人たちにも火の粉やケムリによって迷惑がかからないように気をつけましょう。使い慣れれば、サバイバルな状況下でも実用的なウッドストーブ(焚き火台)。基本的に「直火を操る」ことになりますので、使用に際しては細心の注意が必要です。燃料は何でも良いわけではなく、いい加減に扱うと大量の煙を発生させたり火の粉が飛散して火災の原因にもなりかねません。密閉空間で使うと、一酸化炭素中毒死の危険性もあります。 燃料はしっかりと乾燥させた木材に限定しましょう。生ゴミ類は綺麗に燃え尽きませんし、ビニールやプラスチック類などは有毒なガスを発生させまるため、吸い込むと危険です。 またウッドストーブを使うということは「焚き火」をするということです。 今の日本国内では、公園や河川敷をはじめとした公有地では管理者の許可が無い限り「焚き火」は基本的に法律や条例で禁止または規制されています。自宅に私有地としての広い庭があったとしても、基本的に庭での焚き火は禁止・規制されると認識しておくべきでしょう。 ただ前述の法律などにおいては、「非常災害のために必要な応急措置として行う行為はこの限りでない」とも言及されているので、大震災などの非常災害時に必要な応急措置としての焚き火は可能です。キャンプ場などでも、地面に石を並べたカマドを作ったとしても「直火」による焚き火を禁止しているところが多く、キャンプ場であってもウッドストーブを使うことがほぼルールとなっています。 余談ですが、近年のアウトドアやバーベキュー・ブームによって、自宅の庭や住宅街の路上でバーベキューをおこなう人たちがいます。 バーベキューコンロを使っていると思いますが、近隣住民のかたが騒音や煙・ニオイなどを迷惑と感じ、ご近所トラブルに発展したり民事上の責任を問われることもありますので注意しましょう。 ウッドストーブは、仕組みと使い方を理解して普段から(キャンプなどで)使い慣れておけば、災害時に停電や都市ガスが止まっても便利に活用できるアイテムの1つです。JTNDaDIlMjBjbGFzcyUzRCUyMndwYl9oZWFkaW5nJTIwd3BiX3NpbmdsZWltYWdlX2hlYWRpbmclMjIlM0UlRTclODElQkQlRTUlQUUlQjMlRTYlOTklODIlRTMlODElQUIlRTMlODIlODIlRTYlOUElOTYlRTMlODIlOTIlRTUlOEYlOTYlRTMlODIlOEMlRTMlODIlOEIlRTMlODAlOEMlRTMlODIlQTYlRTMlODMlODMlRTMlODMlODklRTMlODIlQjklRTMlODMlODglRTMlODMlQkMlRTMlODMlOTYlRTMlODAlOEQlRTMlODIlOTJhbWF6b24lRTMlODElQTclRTglQTYlOEIlRTMlODIlOEIlRUYlQkMlODElM0MlMkZoMiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlRRSkhHNyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjQxQ2RyNHRsNnlMLl9BQ19VUzIwMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJUUUpIRzclMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRVNvbG8lMjBTdG92ZSUyMExpdGUlRUYlQkMlODglRTMlODMlQTklRTMlODIlQTQlRTMlODMlODglRUYlQkMlODklM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFNiU5QyU4MCVFNSVCMCU4RiVFMyU4MiVCNSVFMyU4MiVBNCVFMyU4MiVCQSVFMyU4MSVBRSVFMyU4MiVCRCVFMyU4MyVBRCVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyU4OCVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU5NiVFMyU4MCU4MiVFNiU5NiU4NyVFNSVBRCU5NyVFOSU4MCU5QSVFMyU4MiU4QSVFMyU4MSVBRSVFMyU4MiVCRCVFMyU4MyVBRCVFMyU4MiVBRCVFMyU4MyVBMyVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU5NyVFMyU4MSVBQiVFMyU4MSU4QSVFMyU4MSU5MSVFMyU4MiU4QiVFOCVBQSVCRiVFNyU5MCU4NiVFNyU5NCVBOCVFMyU4MSVBRSVFNyU4NCU5QSVFMyU4MSU4RCVFNyU4MSVBQiVFMyU4MiVCMyVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyVBRCVFMyU4MSVBQiVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMnN4QUJDayUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjQxRnluOXJLVDNMLl9BQ19VUzIwMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJzeEFCQ2slMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRVNvbG8lMjBTdG92ZSUyMFRpdGFuJUVGJUJDJTg4JUUzJTgyJUJGJUUzJTgyJUE0JUUzJTgyJUJGJUUzJTgzJUIzJUVGJUJDJTg5JTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTYlOUMlODAlRTUlQjAlOEYlRTMlODElOEIlRTMlODIlODklRUYlQkMlOTElRTMlODElQTQlRTQlQjglOEElRTMlODElQUUlRTMlODIlQjUlRTMlODIlQTQlRTMlODIlQkElRTMlODAlODIlRTYlOUElOTYlRTMlODIlOTIlRTUlOEYlOTYlRTMlODIlOEIlRTMlODElQUIlRTMlODElQUYlRTMlODIlODQlRTMlODIlODQlRTUlQjAlOEYlRTMlODElOTUlRTMlODIlODElRTMlODElQTclRTMlODElOTklRTMlODElOEMlRTglQUElQkYlRTclOTAlODYlRTclOTQlQTglRTMlODElQUIlRTMlODElQUYlRTUlOEQlODElRTUlODglODYlRTMlODElQUElRTMlODIlQjUlRTMlODIlQTQlRTMlODIlQkElRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJSQWVLdGolMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGaW1hZ2VzLWZlLnNzbC1pbWFnZXMtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY0MVY2elMxNjNqTC5fQUNfVVMyMDBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyUkFlS3RqJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0VTb2xvJTIwU3RvdmUlMjBDYW1wZmlyZSVFRiVCQyU4OCVFMyU4MiVBRCVFMyU4MyVBMyVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU5NyVFMyU4MyU5NSVFMyU4MiVBMSVFMyU4MiVBNCVFMyU4MiVBMiVFRiVCQyU4OSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUUzJTgyJUJEJUUzJTgzJUFEJUUzJTgwJTlDJUUzJTgzJTk1JUUzJTgyJUExJUUzJTgzJTlGJUUzJTgzJUFBJUUzJTgzJUJDJUU3JTk0JUE4JUU5JTgwJTk0JUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJUE3JUUzJTgwJTgxJUUzJTgyJTg0JUUzJTgyJTg0JUU1JUI1JUE5JUU1JUJDJUI1JUUzJTgyJThBJUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJTk5JUUzJTgxJThDJUU1JUFFJTlGJUU3JTk0JUE4JUU5JTlEJUEyJUUzJTgxJUE3JUUzJTgxJUFGJUUzJTgzJTk5JUUzJTgyJUI5JUUzJTgzJTg4JUUzJTgyJUI1JUUzJTgyJUE0JUUzJTgyJUJBJUVGJUJDJTgxJUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTIxLS0lMjAuLi4uLi4uLi4uLiUyMC0tJTNFJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyUkFlUWtGJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNDFNR3JaMjduSkwuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlJBZVFrRiUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFU29sbyUyMFN0b3ZlJTIwQm9uZmlyZSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU0JUI4JTgwJUU4JTg4JUFDJUU1JUFFJUI2JUU1JUJBJUFEJUUzJTgxJUFCJUUzJTgxJUFGJUUzJTgxJUFBJUUzJTgxJThCJUUzJTgxJUFBJUUzJTgxJThCJUU5JTlCJUEzJUUzJTgxJTk3JUUzJTgxJTg0JUUzJTgzJTkzJUUzJTgzJTgzJUUzJTgyJUIwJUUzJTgyJUI1JUUzJTgyJUE0JUUzJTgyJUJBJUUzJTgxJUE3JUUzJTgxJTk5JUUzJTgxJThDJUUzJTgwJTgxJUU2JTlBJTk2JUUzJTgyJTkyJUU1JThGJTk2JUUzJTgyJThCJUUzJTgxJUFCJUUzJTgxJUFGJUU3JTk0JUIzJUUzJTgxJTk3JUU1JTg4JTg2JUUzJTgxJUFBJUUzJTgxJTg0JUUzJTgxJUE3JUUzJTgxJTk3JUUzJTgyJTg3JUUzJTgxJTg2JUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTIxLS0lMjAuLi4uLi4uLi4uLiUyMC0tJTNFJTBBJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyRkRnSVNyJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNTFLVUMtRnJzQ0wuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2klMjBjbGFzcyUzRCUyMmZhJTIwZmEtYW1hem9uJTIwaXRvaXRvLXNob3BwaW5nJTIyJTNFJTNDJTJGaSUzRSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkZEZ0lTciUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFQ0FQVEFJTiUyMFNUQUclRTMlODMlQkIlRTMlODMlOTglRTMlODIlQUQlRTMlODIlQjUlRTMlODIlQjklRTMlODMlODYlRTMlODMlQjMlRTMlODMlQUMlRTMlODIlQjklMjAlRTMlODMlOTUlRTMlODIlQTElRTMlODIlQTQlRTMlODIlQTIlRTMlODIlQjAlRTMlODMlQUElRTMlODMlQUIlM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFMyU4MiVCNSVFMyU4MiVBNCVFMyU4MiVCQSVFMyU4MSVBRiVFNSVBNCVBNyVFMyU4MSU4RCVFMyU4MiU4MSVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSU5OSVFMyU4MSU4QyVFMyU4MyU5NSVFMyU4MyVBOSVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU4OCVFMyU4MSVBQiVFNSU4RiU4RSVFNyVCNCU4RCVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSU4RCVFMyU4MSVBNiVFNiU4OSVCMSVFMyU4MSU4NCVFMyU4MiU4NCVFMyU4MSU5OSVFMyU4MSU4NCVFNyU4NCU5QSVFMyU4MSU4RCVFNyU4MSVBQiVFNSU4RiVCMCVFMyU4MCU4MiVFNyU4MSVCMCVFMyU4MSVBRSVFNiVCQyU4RiVFMyU4MiU4QyVFOCU5MCVCRCVFMyU4MSVBMSVFNSVBRiVCRSVFNyVBRCU5NiVFMyU4MiU4MiVFMyU4MSU4QSVFNSVCRiU5OCVFMyU4MiU4QyVFMyU4MSVBQSVFMyU4MSU4RiVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRSUwQSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkN0Yk1NTyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjQxRTNIb3hOUEJMLl9BQ19VUzIwMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJDdGJNTU8lMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRVZBUkdPJUUzJTgzJUJCJUUzJTgzJTk4JUUzJTgyJUFEJUUzJTgyJUI1JUUzJTgyJUI0JUUzJTgzJUIzJUUzJTgyJUE2JUUzJTgzJTgzJUUzJTgzJTg5JUUzJTgyJUI5JUUzJTgzJTg4JUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTk2JTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTYlOUMlQTglRTglQjMlQUElRTclODclODMlRTYlOTYlOTklRTMlODElQTAlRTMlODElOTElRTMlODElQTclRTMlODElQUElRTMlODElOEYlRTMlODAlODElRTUlOUIlQkElRTUlQkQlQTIlRTclODclODMlRTYlOTYlOTklRTMlODIlODQlRTMlODIlQTIlRTMlODMlQUIlRTMlODIlQjMlRTMlODMlQkMlRTMlODMlQUIlRTMlODIlQjklRTMlODMlODglRTMlODMlQkMlRTMlODMlOTYlRTMlODElQUUlRTklQTIlQTglRTklOTglQjIlRTQlQkIlOTglRTMlODElOEQlRTMlODIlQjQlRTMlODMlODglRTMlODIlQUYlRTMlODElQUIlRTMlODAlODIlRTMlODMlODElRTMlODIlQkYlRTMlODMlQjMlRTglQTMlQkQlRTMlODElQTglRTMlODIlQjklRTMlODMlODYlRTMlODMlQjMlRTMlODMlQUMlRTMlODIlQjklRTglQTMlQkQlRTMlODElOEMlRTklODElQjglRTMlODElQjklRTMlODElQkUlRTMlODElOTklRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMjEtLSUyMC4uLi4uLi4uLi4uJTIwLS0lM0UlMEElMEElMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJUVHg0dE0lMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGaW1hZ2VzLWZlLnNzbC1pbWFnZXMtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY1MUJFUUhjTDg1TC5fQUNfVVMyMDBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaSUyMGNsYXNzJTNEJTIyZmElMjBmYS1hbWF6b24lMjBpdG9pdG8tc2hvcHBpbmclMjIlM0UlM0MlMkZpJTNFJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyVFR4NHRNJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTklODclOEYlRTclOTQlQTMlRTUlOUUlOEIlRTMlODIlQTYlRTMlODMlODMlRTMlODMlODklRTMlODIlQjklRTMlODMlODglRTMlODMlQkMlRTMlODMlOTYlM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFNCVCRSVBMSVFNiVBMCVCQyVFMyU4MiU4MiVFNiU4OSU4QiVFOSVBMCU4MyVFMyU4MSVBNyVFMyU4MiVCMyVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU5MSVFMyU4MiVBRiVFMyU4MyU4OCVFNSU4RiU4RSVFNyVCNCU4RCVFMyU4MCU4MiVFNSU4NSVBNSVFOSU5NiU4MCVFNyU5NCVBOCVFMyU4MSVBQiVFMyU4MSVBRiVFNiU4OSU4QiVFOSVBMCU4MyVFMyU4MSVBQSVFMyU4MCU4QyVFMyU4MiVCOCVFMyU4MiVBNyVFMyU4MyU4RCVFMyU4MyVBQSVFMyU4MyU4MyVFMyU4MiVBRiVFMyU4MyVCQiVFMyU4MiVCRiVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyU5NyVFMyU4MCU4RCVFMyU4MCU4MiVFMyU4MSVCRSVFMyU4MSU5QSVFMyU4MSVBRiVFMyU4MSU5MyVFMyU4MSVBRSVFMyU4MSU4MiVFMyU4MSU5RiVFMyU4MiU4QSVFMyU4MSU4QiVFMyU4MiU4OSVFNSVBNyU4QiVFMyU4MiU4MSVFMyU4MSVBNiVFMyU4MiU4MiVFMyU4MSU4NCVFMyU4MSU4NCVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSU5NyVFMyU4MiU4NyVFMyU4MSU4NiVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRSUwQSUwQSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkZ6eGhQNyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjQxdW1wSHdLVmhMLl9BQ19VUzIwMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJGenhoUDclMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRUJpb0xpdGUlMjAlRTMlODIlQUQlRTMlODMlQTMlRTMlODMlQjMlRTMlODMlOTclRTMlODIlQjklRTMlODMlODglRTMlODMlQkMlRTMlODMlOTYlM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFNyU4NCU5QSVFMyU4MSU4RCVFNyU4MSVBQiVFMyU4MSVBNyVFNyU5OSVCQSVFOSU5QiVCQiVFMyU4MiU4MiVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSU4RCVFMyU4MiU4QiVFNSVBNCU4OSVFMyU4MiU4RiVFMyU4MiU4QSVFNyVBOCVBRSVFMyU4MCU4MSVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyU5RSVFMyU4MyU5QiVFMyU4MSVBRVVTQiVFNSU4NSU4NSVFOSU5QiVCQiVFMyU4MSU4QyVFNSU4RiVBRiVFOCU4MyVCRCVFMyU4MCU4MiVFMyU4MiVBQyVFMyU4MiVCOCVFMyU4MiVBNyVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU4OCVFNSVBNSVCRCVFMyU4MSU4RCVFMyU4MSVBQSVFMyU4MiU4OSVFOCVBOSVBNiVFMyU4MSU5NyVFMyU4MSVBNiVFMyU4MSVCRiVFMyU4MSVCRSVFMyU4MSU5NyVFMyU4MiU4NyVFMyU4MSU4NiVFRiVCQyU4MSVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyMS0tJTIwLi4uLi4uLi4uLi4lMjAtLSUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlRWQXdFdSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjYxcTBVUXRHdjBMLl9BQ19VUzIwMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpJTIwY2xhc3MlM0QlMjJmYSUyMGZhLWFtYXpvbiUyMGl0b2l0by1zaG9wcGluZyUyMiUzRSUzQyUyRmklM0UlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJUVkF3RXUlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFMyU4MiVCMSVFMyU4MyVBQSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiVCMSVFMyU4MyU4OCVFMyU4MyVBQiUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUUzJTgyJUIxJUUzJTgzJTg4JUUzJTgzJUFCJUU2JTlDJUFDJUU0JUJEJTkzJUU1JTg2JTg1JUUzJTgxJUFCJUU3JTg3JTgzJUU3JTg0JUJDJUU1JUFFJUE0JUUzJTgyJTkyJUU2JThDJTgxJUUzJTgxJUExJUUzJTgwJTgxJUU2JTlFJUFGJUUzJTgyJThDJUU2JTlFJTlEJUUzJTgxJUFBJUUzJTgxJUE5JUUzJTgxJUFFJUU3JTg3JTgzJUU2JTk2JTk5JUUzJTgyJTkyJUU3JThGJUJFJUU1JTlDJUIwJUU4JUFBJUJGJUU5JTgxJTk0JUUzJTgxJTk3JUUzJTgxJUE2JUUzJTgxJThBJUU2JUI5JUFGJUUzJTgyJTkyJUU2JUIyJUI4JUUzJTgxJThCJUUzJTgxJTk5JUUzJTgyJUI5JUUzJTgyJUIwJUUzJTgzJUFDJUUzJTgzJUEyJUUzJTgzJThFJUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTIxLS0lMjAuLi4uLi4uLi4uLiUyMC0tJTNFJTBB

備災&キャンプに!簡易ベッド「コット」5種、実際に買って徹底検証!

キャンプでの就寝時に熟睡できると人気のアウトドア用ベッドである「コット」。 主にアルミポール・フレームに身体を横たえるためのシートとなる布地を張ったシンプルな構造で、地面から数センチ〜数十センチほど浮いた状態で寝ることができ、耐荷重性に優れたものが大半であるため体重がそれなりあるかたでも快適な睡眠を得られます。 また自宅での来客時の簡易ベッドやオフィスでの仮眠用などにも使え、災害発生時にやむを得ず地面や床に寝ることになった場合にも活用できるので、「寝るためのアイテム」として1つ持っておくととても重宝します。『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。米国では毎年のように、大型のハリケーンや竜巻による被害が出ており、大規模災害時には「メガ・シェルター」と呼ばれる数千人を収容できる避難所が開設され、避難者のための生活空間や医療サービスが提供されます。 日本でも震災などの大規模災害時に各地の学校の体育館や公民館などが避難所として開放されますが、就寝環境としては基本的に床での「ざこ寝」です。 しかし米国では、このように大量の「コット」が用意され、避難者が床で寝ないで済むような施策を取る避難所もあります。 このように備災・防災用としても、キャンプなどのアウトドアでも、日常使いでも活用できるのがコットの便利な点です。 (上記画像出典:KERA NEWS より)オススメするには実際に試してみないと説得力がありませんよね。というわけで、実際に複数のコットを購入してみました。すべて編集部スタッフがキャンプで使っています。 さて、今回検証したコットは次の5種類。ITOITO-STYLE編集部の独断と偏見によって、目的別のオススメ順に並べてみました。 このまま読み進めていただいても構いませんが、気になるコットがあれば、下記の青色のリンクから個別のレビューを直接ご覧ください。 (各レビュー記事は次ページ以降となります)■キャンプに最適、軽量で持ち運びやすく組み立てやすい順(女性や子供でも簡単に組立可能) ① Qualz 「2WAYライトビームコット」 ② Helinox 「ライトコット」 ③ Desert Walker 「折りたたみ式キャンピングベッド」 ④ Helinox 「タクティカルコット・コンバーチブル」 ⑤ LOGOS 「FDコットDX」   ■自宅やオフィスでの簡易ベッドに最適な順(据え置き向きで収納しやすく丈夫であること) ① Qualz 「2WAYライトビームコット」 ② LOGOS 「FDコットDX」 ③ Helinox 「タクティカルコット・コンバーチブル」 ④ Helinox 「ライトコット」 ⑤ Desert Walker 「折りたたみ式キャンピングベッド」   ■とにかく価格重視派にはリーズナブルな価格順(価格は記事執筆時のものが基準) ① Desert Walker 「折りたたみ式キャンピングベッド」:約1万円弱 ② LOGOS 「FDコットDX」:約12,000円 ③ Qualz 「2WAYライトビームコット」:約14,000円弱 ④ Helinox 「ライトコット」:約31,000円 ⑤ Helinox 「タクティカルコット・コンバーチブル」:約42,000円■キャンプに最適、軽量で持ち運びやすく組み立てやすい順(女性や子供でも簡単に組立可能) ① Qualz 「2WAYライトビームコット」 ② Helinox 「ライトコット」 ③ Desert...

【更新】被災したとき、ペットはどうなるの?

被災したとき、ペットの命を守ることができるのは飼い主だけです。今回は犬と猫を中心に、被災時にどのような備えが必要なのか・どのような行動が求められているのを考えてみたいと思います。 災害時における人とペットを守る最新情報 2018年の西日本豪雨、北海道胆振東部地震を受け、環境省では人とペットの災害対策ガイドラインである「災害、あなたとペットは大丈夫?<一般飼い主編>」を公開しました。 ・全体版:【ダウンロード:PDF 5.79MB】 ・分割版:【環境省のwebサイトから】 By:国土交通省 九州地方整備局 2018年9月6日、北海道胆振東部地震が発生しました。最大震度7という規模は北海道における地震としては初観測となり、約680人を超える負傷者・死亡者は40人を越え、北海道全域で停電となる「ブラックアウト」が起きてしまいました。 また各地での液状化被害に加えて、農業・製造業などへの打撃など、特に農業に関しては国内全体での農作物の流通に影響が懸念される状況となりました。 遡ること2016年4月14日には熊本地震が発生しています。最初に震度7・マグニチュード6.5の前震、それから28時間後にはマグニチュード7.3を記録する本震が発生。これは阪神淡路大震災と同規模のものとなり、直近では2011年の東日本大震災を思い起こさせるものとなりました。 わずか10年足らずの期間でこれほどの規模の大地震が繰り返し発生している状況は異常とも言えますが、さらに今後、北海道沖での巨大地震、南海トラフ巨大地震、首都直下地震などの発生が懸念されています。大きな災害は人間にとって悲しくつらい出来事であるように、動物にとってもつらい出来事と言えるでしょう。特に東日本大震災では、ペットだけでなく多くの家畜類などに待ち受けていた悲しい運命は、今思い返しても心を締め付けられるものを感じます。それ以前の震災においても、大なり小なり動物たちを取り巻く様々な出来事があったことでしょう。 では、被災時に遭遇する可能性があるペットに関するリスクとはどのようなものでしょうか。主要なリスク3点は次のとおりです。 ペットが飼い主から離れて迷子になってしまう 避難所や人が集まる避難場所でのペットの居場所の確保や扱い方が難しい ライフラインの途絶によりペット用の物資の入手が困難になる では、それぞれの状況を確認してみましょう。 By:環境省:被災動物対応記録集 熊本地震や東日本大震災の時も、迷子や行方不明になってしまった犬や猫の情報を求める飼い主の姿や、迷子の張り紙を多く目にしたのではないでしょうか。 特に福島県の原発に近い地域にお住まいだった方々においては、事前の詳しい説明が無いうちに緊急的な避難を余儀なくされたケースもあり「一時的な避難だろうからすぐにペットを連れに戻ろう」という状況のまま、それが最後の別れになってしまわれた方々も。 By:環境省:被災動物対応記録集 飼い主にとっては家族同然のペットですが、他人にとっては迷惑な存在として認識される場合も少なくありません。 東日本大震災や熊本地震の時も、避難所に居づらい飼い主がペットとともに車中泊している姿がマスメディアでも取り上げられたり、ペットと共に避難所へ同行避難した飼い主が他の避難者から暴力行為を受けるというニュースもありました。 By:環境省:被災動物対応記録集 ペットと暮らす状況において何より困るのは、ペットフードや医薬品などの用品が入手できなくなることです。最近の家飼いの犬や猫は長生きであるとともに、持病を抱えていることも少なくありません。 そうしたペットには薬品やオムツなどが生活する上で欠かせない場合がありますし、ペット用の薬品はドラッグストア等で気軽に買えるものではありません。その他、長期的なリスクとしてペットを飼い続けることができなくなるなどの問題がありますが、今回は被災してから2週間くらいまでの期間におけるリスクとその対策にフォーカスしてみます。 By:環境省:被災動物対応記録集 環境省ではペット動物の災害対策に関するパンフレットを作成するなどして、被災した際の行動指針を示しています。 今回はその方針を参考にしながら、上記3つのリスクへの備えについて考えてみたいと思います。 【注目すべき参考資料】 ・環境省「備えよう!いつもいっしょにいたいから・ペット動物の災害対策」 ・環境省「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」 ・環境省「東日本大震災における被災動物対応記録集」 主にこの3点の資料を読めば、現時点(2017年時点)における日本の被災時のペット救護の現状が理解できる内容となっています。 By:環境省:被災動物対応記録集 環境省では同行避難の原則を掲げており、被災した場合にはペットも一緒に避難するよう呼び掛けています。もちろん飼い主としても、家族の一員として一緒に避難したいと考えているでしょう。しかし、飼い主が被災時に留守だった場合や混乱の中で飼い主の手を離れてしまう可能性はあります。 そうした場合には首輪に迷子札を付けておく・事前にマイクロチップを注入しておくなど、ペットの身元が確認できるようにしておくとよいでしょう。震災が起きた場合の被災地では、動物救護のための本部組織が自治体や動物関連団体等によって設置され、迷子のペットの保護等が行われます。また、動物愛護団体等も同様の保護活動をおこないます。そうした活動でせっかく保護されても、所有者不明のまま飼い主の元に戻れないペットも少なくありません。 ペットが迷子にならないようにすることが基本ですが、大災害の時にどのような事態が起こるのかは予想できません。そこで、迷子になった場合でも飼い主の元に戻れるように事前の備えをしっかりとしておきましょう。JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYycXg5R3BTJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNDFpVnJMeTdhUEwuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMnF4OUdwUyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUUzJTgzJTlBJUUzJTgzJTgzJUUzJTgzJTg4JUUzJTgxJUFFJUU4JUJGJUI3JUU1JUFEJTkwJUU1JUFGJUJFJUU3JUFEJTk2JUUzJTgyJUIwJUUzJTgzJTgzJUUzJTgyJUJBJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTglQkYlQjclRTUlQUQlOTAlRTYlOUMlQUQlRTMlODElOEIlRTMlODIlODklRTUlQjAlOEYlRTUlOUUlOEIlRTclOTklQkElRTYlOEMlQUYlRTUlOTklQTglRTMlODElQkUlRTMlODElQTclRTMlODAlODIlRTMlODElODQlRTMlODElOTYlRTMlODElQTglRTMlODElODQlRTMlODElODYlRTYlOTklODIlRTMlODElQUIlRTUlODIlOTklRTMlODElODglRTMlODIlOEIlRTMlODElQUUlRTMlODElQUYlRTMlODMlOUElRTMlODMlODMlRTMlODMlODglRTMlODIlODIlRTUlOTAlOEMlRTMlODElOTglRTMlODAlODIlRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJvb2tsaW5rLWZvb3RlciUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRQ== By:環境省:被災動物対応記録集 環境省ではペットを連れて避難所に避難するよう呼びかけています。しかし避難所での生活では、多くの避難者や他のペットと共同で生活しなければなりません。こうした慣れない環境で生活するためには、ペットの健康管理と躾(しつけ)は欠かせません。 避難所では通常、人が居住する場所とペットのスペースは分けられ、それぞれが隣り合わせの中で生活することになります。そうした場合ペットどうしが接触する機会も多くなることから、予防接種・害虫駆除・不妊や去勢手術といった対策の有無が重要になってきます。またこれまでも避難所でのペットの飼養に関しては、鳴き声・体毛・糞尿による悪臭への苦情からペットを手放す飼い主や避難所をあとにする飼い主の方もいました。他の避難民の方々に快く受け入れてもらえるように日頃から、吠えない・ケージにおとなくし入る・決められた場所で排せつするなどの基本的な躾(しつけ)が必要です。 しかし健康管理や躾をしていても、ペット同伴での避難所生活は、の避難民の方からの苦情や批判を受ける可能性があります。避難所には赤ちゃんからお年寄りまで、健康な人だけではなく病気やアレルギーを持っている人もいます。そこでペットを飼っている場合には、「在宅避難」についても検討しておくと安心かもしれません。JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyR1daald1JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNTE3SEJObWQ2NEwuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkdXWmpXdSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUUzJTgzJTlBJUUzJTgzJTgzJUUzJTgzJTg4JUUzJTgxJUFFJUU0JUJGJTlEJUU4JUFEJUI3JUUzJTgxJUE4JUU3JUE3JUJCJUU1JThCJTk1JUUzJTgyJTkyJUUzJTgyJUI1JUUzJTgzJTlEJUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTg4JUUzJTgxJTk5JUUzJTgyJThCJUUzJTgwJThDJUUzJTgyJUFEJUUzJTgzJUEzJUUzJTgzJUFBJUUzJTgzJUJDJUUzJTgwJThEJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTMlODMlOUQlRTMlODMlQkMlRTMlODIlQkYlRTMlODMlOTYlRTMlODMlQUIlRTMlODElQUElRTMlODMlOUElRTMlODMlODMlRTMlODMlODglRTMlODElQUUlRTklODElQkYlRTklOUIlQTMlRTYlODklODAlRTMlODAlODIlRTUlQUUlODklRTUlQkYlODMlRTMlODElQTclRTMlODElOEQlRTMlODIlOEIlRTclOEIlQUQlRTMlODElODQlRTclQTklQkElRTklOTYlOTMlRTMlODElQUYlRTUlQkYlODUlRTklQTAlODglRTMlODElQTclRTMlODElOTklRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJvb2tsaW5rLWZvb3RlciUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkhsUWtPOSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjUxS0RmRzhVWEtMLl9BQ19VUzIwMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJIbFFrTzklMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFMyU4MyU5QSVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU4OCVFNyU5NCVBOCVFMyU4MiVCNSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiVBRiVFMyU4MyVBQiUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMjAlMjAlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU1JTlDJUE4JUU1JUFFJTg1JUU5JTgxJUJGJUU5JTlCJUEzJUU2JTk5JTgyJUUzJTgxJUFCJUUzJTgwJTgxJUUzJTgzJTlBJUUzJTgzJTgzJUUzJTgzJTg4JUUzJTgxJUFFJUU4JUExJThDJUU1JThCJTk1JUU3JUFGJTg0JUU1JTlCJUIyJUUzJTgyJTkyJUU3JTlCJUFFJUUzJTgxJUFFJUU1JUIxJThBJUUzJTgxJThGJUU1JUJBJTgzJUUzJTgxJTk1JUUzJTgxJUFCJUUzJTgxJUE3JUUzJTgxJThEJUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJTk5JUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJib29rbGluay1mb290ZXIlMjIlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJRc3p3WGclMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGaW1hZ2VzLWZlLnNzbC1pbWFnZXMtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY0MVpDLXpGeXd5TC5fQUNfVVMyMDBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyUXN6d1hnJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTMlODMlOUElRTMlODMlODMlRTMlODMlODglRTclOTQlQTglRTMlODElQUUlRTMlODMlODglRTMlODIlQTQlRTMlODMlQUMlRTMlODIlQjclRTMlODMlQkMlRTMlODMlODQlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTIwJTIwJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFNSVCRiU5OCVFMyU4MiU4QyVFMyU4MSVBNiVFMyU4MSVBRiVFMyU4MSVBQSVFMyU4MiU4OSVFMyU4MSVBQSVFMyU4MSU4NCVFMyU4MyU5QSVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU4OCVFMyU4MiVCNyVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU4NCVFMyU4MCU4MiVFNSU4MiU5OSVFOCU5MyU4NCVFNyU5NCVBOCVFMyU4MSVBQSVFMyU4MiU4OSVFNyU5OSVCRSVFNiU5RSU5QSVFNSU4RCU5OCVFNCVCRCU4RCVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSVBRSVFNyVBRSVCMSVFOCVCMiVCNyVFMyU4MSU4NCVFMyU4MiU5MiVFMyU4MCU4MiVFMyU4MSU4NCVFMyU4MSU5NiVFMyU4MSVBOCVFMyU4MSVBQSVFMyU4MiU4QyVFMyU4MSVCMCVFNCVCQSVCQSVFOSU5NiU5MyVFNyU5NCVBOCVFMyU4MSVBRSVFNyVCMCVBMSVFNiU5OCU5MyVFMyU4MyU4OCVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyVBQyVFMyU4MSVBQiVFMyU4MiU4MiVFMyU4MSVBQSVFMyU4MiU4QSVFMyU4MSVCRSVFMyU4MSU5OSVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYm9va2xpbmstZm9vdGVyJTIyJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyTkpwMkV0JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNTFISzh5WmQ4OUwuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMk5KcDJFdCUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUUzJTgxJTg2JUUzJTgyJTkzJUUzJTgxJUExJUU4JTg3JUFEJUUzJTgyJTkyJUU5JTk4JUIyJUUzJTgxJTkwJUUzJTgwJThDJUU5JTk4JUIyJUU4JTg3JUFEJUU4JUEyJThCJUUzJTgwJThEJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTYlQjElOUElRTclODklQTklRTUlODclQTYlRTclOTAlODYlRTMlODElQTclRTUlOUIlQjAlRTMlODIlOEIlRTMlODElQUUlRTMlODElQUYlRTQlQkQlOTUlRTMlODIlODglRTMlODIlOEElRTMlODIlODIlRTMlODAlOEMlRTMlODMlOEIlRTMlODIlQUElRTMlODIlQTQlRTMlODAlOEQlRTMlODAlODIlRTMlODMlOUElRTMlODMlODMlRTMlODMlODglRTMlODElQUUlRTYlOEUlOTIlRTYlQjMlODQlRTclODklQTklRTMlODElQUYlRTMlODElOTQlRTMlODElQkYlRTUlOEYlOEUlRTklOUIlODYlRTMlODElOEMlRTUlODYlOEQlRTklOTYlOEIlRTMlODElOTUlRTMlODIlOEMlRTMlODIlOEIlRTMlODElQkUlRTMlODElQTclRTMlODAlODElRTMlODElOTMlRTMlODElODYlRTMlODElOTclRTMlODElOUYlRTklOTglQjIlRTglODclQUQlRTglQTIlOEIlRTMlODElQUIlRTUlODUlQTUlRTMlODIlOEMlRTMlODElQTYlRTMlODElOEElRTMlODElOTElRTMlODElQjAlRTUlQUUlODklRTUlQkYlODMlRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJvb2tsaW5rLWZvb3RlciUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUwQQ== By:環境省:被災動物対応記録集 ペットを飼っている場合には、飼い主にとって必要な備蓄品に加えてペットに関わる備蓄品が必要です。ガイドラインでは優先順位をつけて3つに分けて備えるべき物をリストアップしています。 例えば優先順位1位のものとしては「療法食・薬」、「フード、水(5日分以上)」、「予備の首輪とリード(伸びないもの)」、「食器」、「ガムテープ(ケージの補修など多用途に使用可能)」の5点が、最低限準備をしておくべきものとされています。これらの最低限準備すべきものに加えて、飼い主の連絡先やペットに関する情報をメモ等に記録して持っておくことも勧めています。 このように命を維持するために必要なものおよび飼い主やペットに関する情報以外にも、高齢の場合には「オムツ」、また食へのこだわりが強い場合には「多めにフード」を用意するなど、各家庭でなくてもならないものをリストアップしておくといいでしょう。 東日本大震災(震災初期)のときは、ペット用の救援物資を運ぶ車両が緊急車両として認められないことがあったそうです。震災時には人への支援・救援が優先されることから、ペットに関しては、飼い主がしっかりと準備しておくしかないのが現状です。JTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYySDBGN1B1JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNTFBVklpLU9tdkwuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlM0UlM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkgwRjdQdSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUU1JUI5JUIzJUU2JTk5JTgyJUUzJTgxJThCJUUzJTgyJTg5JUUzJTgzJTk1JUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTg5JUUzJTgxJUFFJUU1JTgyJTk5JUU4JTkzJTg0JUUzJTgyJTkyJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTUlQTQlQTclRTclODElQkQlRTUlQUUlQjMlRTclOTklQkElRTclOTQlOUYlRTUlQkUlOEMlRTMlODElQUYlRTclODklQTklRTYlQjUlODElRTMlODElOEMlRTYlQUQlQTIlRTMlODElQkUlRTMlODIlOEIlRTMlODElQUUlRTMlODElQTclRTMlODAlODElRTMlODMlOTUlRTMlODMlQkMlRTMlODMlODklRTMlODElQUUlRTUlODUlQTUlRTYlODklOEIlRTMlODIlODIlRTUlOUIlQjAlRTklOUIlQTMlRTMlODElQUIlRTMlODElQUElRTMlODIlOEElRTMlODElQkUlRTMlODElOTklRTMlODAlODIlRTUlQjklQjMlRTYlOTklODIlRTMlODElOEIlRTMlODIlODklRTMlODMlQUQlRTMlODMlQkMlRTMlODMlODYlRTMlODMlQkMlRTMlODIlQjclRTMlODMlQTclRTMlODMlQjMlRTMlODIlQjklRTMlODMlODglRTMlODMlODMlRTMlODIlQUYlRTMlODElQTclRTUlODIlOTklRTMlODElODglRTMlODElQTYlRTMlODElOEElRTMlODElOEQlRTMlODElQkUlRTMlODElOTclRTMlODIlODclRTMlODElODYlRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJvb2tsaW5rLWZvb3RlciUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkdaNmhHQSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjQxd2JWbmY1M0pMLl9BQ19VUzIwMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJHWjZoR0ElMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFNyU5OSU4MiVFNiVCMyU5NSVFOSVBMyU5RiVFMyU4MSU4QyVFNSVCRiU4NSVFOCVBNiU4MSVFMyU4MSVBQSVFMyU4MyU5QSVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU4OCVFMyU4MSVBRiVFMyU4MCU4MSVFNyU4OSVCOSVFMyU4MSVBQiVFNSU4MiU5OSVFMyU4MSU4OCVFMyU4MSU4QyVFOSU4NyU4RCVFOCVBNiU4MSVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSU5OSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMjAlMjAlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUUzJTgxJTk0JUU4JUJGJTkxJUU2JTg5JTgwJUUzJTgxJUFFJUU1JUJBJTk3JUU5JUEwJUFEJUUzJTgxJUE3JUUzJTgxJUFGJUU1JTg1JUE1JUU2JTg5JThCJUUzJTgxJUE3JUUzJTgxJThEJUUzJTgxJUFBJUUzJTgxJTg0JUUzJTgyJTgyJUUzJTgxJUFFJUUzJTgyJTgyJUU1JUE0JTlBJUUzJTgxJTg0JUUzJTgxJUFFJUUzJTgxJThDJUU3JTk5JTgyJUU2JUIzJTk1JUU5JUEzJTlGJUUzJTgwJTgyJUUzJTgxJTkzJUUzJTgxJUExJUUzJTgyJTg5JUUzJTgyJTgyJUU1JTgyJTk5JUU4JTkzJTg0JUUzJTgxJTk3JUUzJTgxJUE0JUUzJTgxJUE0JUUzJTgzJUFEJUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTg2JUUzJTgzJUJDJUUzJTgyJUI3JUUzJTgzJUE3JUUzJTgzJUIzJUUzJTgyJUI5JUUzJTgzJTg4JUUzJTgzJTgzJUUzJTgyJUFGJUUzJTgxJUE3JUU1JUFGJUJFJUU1JUJGJTlDJUUzJTgxJTk3JUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJTk3JUUzJTgyJTg3JUUzJTgxJTg2JUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJib29rbGluay1mb290ZXIlMjIlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMEE=近年は従来からの「ペット」という言葉にとどまらず「コンパニオン・アニマル(伴侶としての動物)」という言葉も広く使われるようになりました。文字通りペットという範囲を超えて家族や人生のパートナーとしての絆を深め、飼い主と共に生活する動物たちも増えています。 そのような状況の中で、社会生活の中では「しつけ」や「飼い主としてのモラル」が大きく問われる事案も多数起きていることもひとつの現実です。 例えば犬の場合は「飼い犬登録」と併せて狂犬病の予防接種は飼い主に対して法律で義務付けられているものです。また、いざ被災した際にペットと共に避難所に入る場合はその条件に加えて、熊本地震の場合は犬・猫に共通して混合ワクチンの摂取とノミ・ダニ予防がされていることが避難所で受け入れるための必須条件となりました。感染症を予防するためです。 しかし、飼い主がこうした対策を怠ってきたために避難所やペット救護所で受け入れることができなかった動物たちも出てしまいました。ペットが一緒であるために最初から避難所へ入ることを諦め、車中泊を続けていた飼い主がエコノミークラス症候群で亡くなるという痛ましい事案も発生しています。 東日本大震災で得た教訓にもとづき、環境省ではペットと飼い主の同行避難を原則とするガイドラインを定めてはいますが、法的な強制力などはありません。避難所の運営においてペットを受け入れるかどうかの判断は、最終的には各自治体に委ねられます。 被災動物救援への取組は国や自治体にのみならず、民間団体や民間ボランティアによって拡充されてきています。しかしながら、最終的に被災ペットを守ることができるのは飼い主だけです。熊本地震から1年が経ちましたが、この機会に本記事で取り上げた問題点や飼い主としてしておくべきこと・備えること、ひいては飼い主としての責任について、改めて考えてみてはいかがでしょうか。【コラム】これまでの大震災を振り返る 【コラム】震災後の在宅避難とアウトドア道具の活用 【コラム】東日本大震災から6年。次の震災に備えよう 【レビュー】『東京防災』〜地震大国日本に住む全ての人々必携、無料ガイドブックの決定版!JTNDaDIlMjBjbGFzcyUzRCUyMndwYl9oZWFkaW5nJTIwd3BiX3NpbmdsZWltYWdlX2hlYWRpbmclMjIlM0UlRTMlODMlOUElRTMlODMlODMlRTMlODMlODglRTMlODElQUUlRTclODElQkQlRTUlQUUlQjMlRTUlQUYlQkUlRTclQUQlOTYlRTMlODElQUIlRTMlODIlODIlRTQlQkQlQkYlRTMlODElODglRTMlODIlOEIlRTMlODIlQjAlRTMlODMlODMlRTMlODIlQkElRTMlODIlOTJhbWF6b24lRTMlODElQTclRTglQTYlOEIlRTMlODIlOEIlM0MlMkZoMiUzRSUwQSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMnF4OUdwUyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjQxaVZyTHk3YVBMLl9BQ19VUzIwMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJxeDlHcFMlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFMyU4MyU5QSVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU4OCVFMyU4MSVBRSVFOCVCRiVCNyVFNSVBRCU5MCVFNSVBRiVCRSVFNyVBRCU5NiVFMyU4MiVCMCVFMyU4MyU4MyVFMyU4MiVCQSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMjAlMjAlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU4JUJGJUI3JUU1JUFEJTkwJUU2JTlDJUFEJUUzJTgxJThCJUUzJTgyJTg5JUU1JUIwJThGJUU1JTlFJThCJUU3JTk5JUJBJUU2JThDJUFGJUU1JTk5JUE4JUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJUE3JUUzJTgwJTgyJUUzJTgxJTg0JUUzJTgxJTk2JUUzJTgxJUE4JUUzJTgxJTg0JUUzJTgxJTg2JUU2JTk5JTgyJUUzJTgxJUFCJUU1JTgyJTk5JUUzJTgxJTg4JUUzJTgyJThCJUUzJTgxJUFFJUUzJTgxJUFGJUUzJTgzJTlBJUUzJTgzJTgzJUUzJTgzJTg4JUUzJTgyJTgyJUU1JTkwJThDJUUzJTgxJTk4JUUzJTgwJTgyJUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJib29rbGluay1mb290ZXIlMjIlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJHV1pqV3UlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGaW1hZ2VzLWZlLnNzbC1pbWFnZXMtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY1MTdIQk5tZDY0TC5fQUNfVVMyMDBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyR1daald1JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTMlODMlOUElRTMlODMlODMlRTMlODMlODglRTMlODElQUUlRTQlQkYlOUQlRTglQUQlQjclRTMlODElQTglRTclQTclQkIlRTUlOEIlOTUlRTMlODIlOTIlRTMlODIlQjUlRTMlODMlOUQlRTMlODMlQkMlRTMlODMlODglRTMlODElOTklRTMlODIlOEIlRTMlODAlOEMlRTMlODIlQUQlRTMlODMlQTMlRTMlODMlQUElRTMlODMlQkMlRTMlODAlOEQlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTIwJTIwJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFMyU4MyU5RCVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiVCRiVFMyU4MyU5NiVFMyU4MyVBQiVFMyU4MSVBQSVFMyU4MyU5QSVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU4OCVFMyU4MSVBRSVFOSU4MSVCRiVFOSU5QiVBMyVFNiU4OSU4MCVFMyU4MCU4MiVFNSVBRSU4OSVFNSVCRiU4MyVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSU4RCVFMyU4MiU4QiVFNyU4QiVBRCVFMyU4MSU4NCVFNyVBOSVCQSVFOSU5NiU5MyVFMyU4MSVBRiVFNSVCRiU4NSVFOSVBMCU4OCVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSU5OSVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYm9va2xpbmstZm9vdGVyJTIyJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYySGxRa085JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNTFLRGZHOFVYS0wuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkhsUWtPOSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUUzJTgzJTlBJUUzJTgzJTgzJUUzJTgzJTg4JUU3JTk0JUE4JUUzJTgyJUI1JUUzJTgzJUJDJUUzJTgyJUFGJUUzJTgzJUFCJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTUlOUMlQTglRTUlQUUlODUlRTklODElQkYlRTklOUIlQTMlRTYlOTklODIlRTMlODElQUIlRTMlODAlODElRTMlODMlOUElRTMlODMlODMlRTMlODMlODglRTMlODElQUUlRTglQTElOEMlRTUlOEIlOTUlRTclQUYlODQlRTUlOUIlQjIlRTMlODIlOTIlRTclOUIlQUUlRTMlODElQUUlRTUlQjElOEElRTMlODElOEYlRTUlQkElODMlRTMlODElOTUlRTMlODElQUIlRTMlODElQTclRTMlODElOEQlRTMlODElQkUlRTMlODElOTklRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJvb2tsaW5rLWZvb3RlciUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMlFzendYZyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjQxWkMtekZ5d3lMLl9BQ19VUzIwMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJRc3p3WGclMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFMyU4MyU5QSVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU4OCVFNyU5NCVBOCVFMyU4MSVBRSVFMyU4MyU4OCVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyVBQyVFMyU4MiVCNyVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU4NCUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMjAlMjAlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU1JUJGJTk4JUUzJTgyJThDJUUzJTgxJUE2JUUzJTgxJUFGJUUzJTgxJUFBJUUzJTgyJTg5JUUzJTgxJUFBJUUzJTgxJTg0JUUzJTgzJTlBJUUzJTgzJTgzJUUzJTgzJTg4JUUzJTgyJUI3JUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTg0JUUzJTgwJTgyJUU1JTgyJTk5JUU4JTkzJTg0JUU3JTk0JUE4JUUzJTgxJUFBJUUzJTgyJTg5JUU3JTk5JUJFJUU2JTlFJTlBJUU1JThEJTk4JUU0JUJEJThEJUUzJTgxJUE3JUUzJTgxJUFFJUU3JUFFJUIxJUU4JUIyJUI3JUUzJTgxJTg0JUUzJTgyJTkyJUUzJTgwJTgyJUUzJTgxJTg0JUUzJTgxJTk2JUUzJTgxJUE4JUUzJTgxJUFBJUUzJTgyJThDJUUzJTgxJUIwJUU0JUJBJUJBJUU5JTk2JTkzJUU3JTk0JUE4JUUzJTgxJUFFJUU3JUIwJUExJUU2JTk4JTkzJUUzJTgzJTg4JUUzJTgyJUE0JUUzJTgzJUFDJUUzJTgxJUFCJUUzJTgyJTgyJUUzJTgxJUFBJUUzJTgyJThBJUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJTk5JUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJib29rbGluay1mb290ZXIlMjIlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJOSnAyRXQlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGaW1hZ2VzLWZlLnNzbC1pbWFnZXMtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY1MUhLOHlaZDg5TC5fQUNfVVMyMDBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyTkpwMkV0JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTMlODElODYlRTMlODIlOTMlRTMlODElQTElRTglODclQUQlRTMlODIlOTIlRTklOTglQjIlRTMlODElOTAlRTMlODAlOEMlRTklOTglQjIlRTglODclQUQlRTglQTIlOEIlRTMlODAlOEQlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTIwJTIwJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFNiVCMSU5QSVFNyU4OSVBOSVFNSU4NyVBNiVFNyU5MCU4NiVFMyU4MSVBNyVFNSU5QiVCMCVFMyU4MiU4QiVFMyU4MSVBRSVFMyU4MSVBRiVFNCVCRCU5NSVFMyU4MiU4OCVFMyU4MiU4QSVFMyU4MiU4MiVFMyU4MCU4QyVFMyU4MyU4QiVFMyU4MiVBQSVFMyU4MiVBNCVFMyU4MCU4RCVFMyU4MCU4MiVFMyU4MyU5QSVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU4OCVFMyU4MSVBRSVFNiU4RSU5MiVFNiVCMyU4NCVFNyU4OSVBOSVFMyU4MSVBRiVFMyU4MSU5NCVFMyU4MSVCRiVFNSU4RiU4RSVFOSU5QiU4NiVFMyU4MSU4QyVFNSU4NiU4RCVFOSU5NiU4QiVFMyU4MSU5NSVFMyU4MiU4QyVFMyU4MiU4QiVFMyU4MSVCRSVFMyU4MSVBNyVFMyU4MCU4MSVFMyU4MSU5MyVFMyU4MSU4NiVFMyU4MSU5NyVFMyU4MSU5RiVFOSU5OCVCMiVFOCU4NyVBRCVFOCVBMiU4QiVFMyU4MSVBQiVFNSU4NSVBNSVFMyU4MiU4QyVFMyU4MSVBNiVFMyU4MSU4QSVFMyU4MSU5MSVFMyU4MSVCMCVFNSVBRSU4OSVFNSVCRiU4MyVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYm9va2xpbmstZm9vdGVyJTIyJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYySDBGN1B1JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNTFBVklpLU9tdkwuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlM0UlM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkgwRjdQdSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUU1JUI5JUIzJUU2JTk5JTgyJUUzJTgxJThCJUUzJTgyJTg5JUUzJTgzJTk1JUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTg5JUUzJTgxJUFFJUU1JTgyJTk5JUU4JTkzJTg0JUUzJTgyJTkyJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTUlQTQlQTclRTclODElQkQlRTUlQUUlQjMlRTclOTklQkElRTclOTQlOUYlRTUlQkUlOEMlRTMlODElQUYlRTclODklQTklRTYlQjUlODElRTMlODElOEMlRTYlQUQlQTIlRTMlODElQkUlRTMlODIlOEIlRTMlODElQUUlRTMlODElQTclRTMlODAlODElRTMlODMlOTUlRTMlODMlQkMlRTMlODMlODklRTMlODElQUUlRTUlODUlQTUlRTYlODklOEIlRTMlODIlODIlRTUlOUIlQjAlRTklOUIlQTMlRTMlODElQUIlRTMlODElQUElRTMlODIlOEElRTMlODElQkUlRTMlODElOTklRTMlODAlODIlRTUlQjklQjMlRTYlOTklODIlRTMlODElOEIlRTMlODIlODklRTMlODMlQUQlRTMlODMlQkMlRTMlODMlODYlRTMlODMlQkMlRTMlODIlQjclRTMlODMlQTclRTMlODMlQjMlRTMlODIlQjklRTMlODMlODglRTMlODMlODMlRTMlODIlQUYlRTMlODElQTclRTUlODIlOTklRTMlODElODglRTMlODElQTYlRTMlODElOEElRTMlODElOEQlRTMlODElQkUlRTMlODElOTclRTMlODIlODclRTMlODElODYlRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJvb2tsaW5rLWZvb3RlciUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkdaNmhHQSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjQxd2JWbmY1M0pMLl9BQ19VUzIwMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJHWjZoR0ElMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFNyU5OSU4MiVFNiVCMyU5NSVFOSVBMyU5RiVFMyU4MSU4QyVFNSVCRiU4NSVFOCVBNiU4MSVFMyU4MSVBQSVFMyU4MyU5QSVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU4OCVFMyU4MSVBRiVFMyU4MCU4MSVFNyU4OSVCOSVFMyU4MSVBQiVFNSU4MiU5OSVFMyU4MSU4OCVFMyU4MSU4QyVFOSU4NyU4RCVFOCVBNiU4MSVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSU5OSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMjAlMjAlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUUzJTgxJTk0JUU4JUJGJTkxJUU2JTg5JTgwJUUzJTgxJUFFJUU1JUJBJTk3JUU5JUEwJUFEJUUzJTgxJUE3JUUzJTgxJUFGJUU1JTg1JUE1JUU2JTg5JThCJUUzJTgxJUE3JUUzJTgxJThEJUUzJTgxJUFBJUUzJTgxJTg0JUUzJTgyJTgyJUUzJTgxJUFFJUUzJTgyJTgyJUU1JUE0JTlBJUUzJTgxJTg0JUUzJTgxJUFFJUUzJTgxJThDJUU3JTk5JTgyJUU2JUIzJTk1JUU5JUEzJTlGJUUzJTgwJTgyJUUzJTgxJTkzJUUzJTgxJUExJUUzJTgyJTg5JUUzJTgyJTgyJUU1JTgyJTk5JUU4JTkzJTg0JUUzJTgxJTk3JUUzJTgxJUE0JUUzJTgxJUE0JUUzJTgzJUFEJUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTg2JUUzJTgzJUJDJUUzJTgyJUI3JUUzJTgzJUE3JUUzJTgzJUIzJUUzJTgyJUI5JUUzJTgzJTg4JUUzJTgzJTgzJUUzJTgyJUFGJUUzJTgxJUE3JUU1JUFGJUJFJUU1JUJGJTlDJUUzJTgxJTk3JUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJTk3JUUzJTgyJTg3JUUzJTgxJTg2JUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJib29rbGluay1mb290ZXIlMjIlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMEElMEE=

北海道で震度7の大地震。次の震災を乗り越えるための必須アイテム!

平成30年9月6日の午前3時8分ごろ、北海道胆振(いぶり)地方を震源とする最大震度7の大きな地震が発生しました。この地震は「北海道胆振東部地震(ほっかいどういぶりとうぶじしん)」と命名されています。熊本地震からは、まだたったの2年です。 これまで北海道で想定されてきた大地震は、千島海溝でのプレート移動に起因する海溝型のM8〜9クラスの巨大地震でした。しかし、北海道胆振東部地震の震源はそこではなく、やや内陸部の北海道胆振地方で断層型のものでした。『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。震源のすぐ西側には活断層として「石狩低地東縁断層帯」などがあります。政府の地震調査委員会はこの断層帯が最大震度7を引き起こした直接的な原因ではないという見解を出していますが、北海道胆振東部地震が同断層帯の地震を引き起こす可能性も否定できないとして、警戒を呼びかけています。 なお、この「石狩低地東縁断層帯」に関しては今後30年以内の地震発生確率はほぼゼロ%。また、2018年6月に起きた大阪北部地震の震源に近い場所にある「有馬−高槻断層帯」の発生確率もほぼゼロ%、2016年に起きた熊本地震の震源である「布田川・日奈久断層帯」の発生確率もほぼゼロ%という評価になっています。画像出典:Wikipedia: by Mikenorton プレート移動による海溝型の地震は将来必ず起きると言っていいと思いますが、やっかいなのはこの断層型です。 日本国内には確認されている活断層は約2000箇所ありますが、未知の断層帯(隠れ断層帯)に関してはその倍の約4000箇所が存在すると言われています。 すでに「将来の発生確率がゼロ%」とされた箇所でも大きな地震が起きていることや、海溝型である南海トラフ巨大地震の発生予測に関してもすでに現実は「科学的に高確度な予測は困難」という結論が出ており、次の大震災がいつ・どこで起きるかを議論するのは、一般庶民レベルでは大きな意味を持たないと言えるかもしれません。 であれば、備えるのみです。 ここでは大地震直後にほぼ必ず起きる状況と、次の大地震に備えて最低限、備蓄しておくべき物資をご紹介します。 なお、備蓄品の調達は大地震が起きてからでは遅いのです。何も無い平時に調達しておきましょう。震災直後は、次のような現象がほぼ必ず起きます。 ① 停電(電気が止まる) ② 断水(水道が止まる) ③ 都市ガスの供給停止 ④ 物流が止まりお店から商品がなくなる ⑤ ガソリンや灯油などの燃料が入手困難に ⑥ 住居などの建物の破損や倒壊 ⑦ 交通網の麻痺 ⑧ 地盤の液状化で泥(泥水)が路上に出てくる ① 停電(電気が止まる) 震災直後は停電が発生し、場合によっては復旧まで数日を要し、復旧しても節電を余儀なくされる状況がしばらく続くことになります。 特にオール電化住宅などでは電気が復旧するまでの間、IH方式の調理器具なども使えなくなります。 ② 断水(水道が止まる) 上水道の送水設備の停止や敷設された水道管の破損などにより、水道が使えなくなります。 キッチンやバスルームなどで水が出なくなり、水洗トイレや洗濯機も使用不可能となります。 ③ 都市ガスの供給停止 都市ガスを利用している家庭や事業所・店舗などではガスを使った調理器具や給湯機器・暖房設備などが使えなくなります。 大きな災害時は、まずガスの元栓を忘れずに閉めましょう。 ④ 物流が止まりお店から商品がなくなる 過去の震災事例でも100%発生している状況です。 地震の発生直後から人々が店舗に殺到し、飲料水や食料・各種消耗品などが短時間で売り切れになります。買い占めなども起きます。 そして、その後は数日〜1週間程度は商品の補充も困難となります。 ⑤ ガソリンや灯油などの燃料が入手困難に ガソリンスタンドへのガソリンの定期供給が一時的に途絶えるため、スタンドへの沿道ではガソリンを求める車で行列ができます。 石油ストーブの燃料となる灯油もガソリンスタンドで供給されることが多いですが、こちらも在庫限りの状況となります。 ⑥ 住居などの建物の破損や倒壊 各地で建物の破損・全半壊・倒壊などの状況が発生します。 特に、住宅の裏が崖や山である場所などでは、地震の影響で崩れた土砂によって住宅が飲み込まれるケースが発生します。 ⑦ 交通網の麻痺 道路の陥没や地割れ、崖崩れなどによって通行不能となる道路がいくつも生じます。停電により信号機なども停止します。 鉄道路線も、線路の歪みや曲がり・軌道上の敷石の流失や設備破損により場合によっては長期間の運行停止となります。 空の便も空港設備や滑走路の破損などによって運行停止となります。 ⑧ 地盤の液状化で泥(泥水)が路上に出てくる 沿岸部の埋立地や河川沿いの低地、地下水の豊富な地質の周辺では地盤の液状化が発生し、土や砂を多く含む泥水が地表に噴出します。 噴出が収まった後には水分を多く含む泥が堆積し、復旧作業や通行の障害となることが多くあります。上記のような状況になったとしても、個人や家庭で事前にやれる対策はいくつもあり、また個人レベルでは対応不可能はものも当然あります。 順不同となりますが、次の順番に解説します。 A. そもそも個人では対応不可能なもの:⑦〜⑧ B. 条件付きである程度の備えが可能なもの:⑤〜⑥ C. 個人や家庭で備えが可能なもの:①〜④⑦ 交通網の麻痺 ⑧ 地盤の液状化で泥(泥水)が路上に出てくる について。これらは、もはや個人レベルでできることはありません。国や自治体などの対応を待つしかありません。⑤...

夏〜初秋キャンプで悩ましい「虫と結露」を徹底対策!

※冬の結露対策に関する記事はこちら! 冬キャンプで悩ましい「テント内の結露」対策の決定版!? 本記事は「夏〜秋キャンプにおいて悩ましい、アブ・ブヨ・蚊などの飛ぶ虫による不快感や被害と、夏〜秋のテント内の結露をどこまで軽減できるかの努力」に主眼を置いており、「飛ぶ虫による被害や結露を完全にゼロにする」ことを保証するものではありません。また、記載内容と同じ方法を使ったとしても、設営状況や気象条件などにより同じ結果が出るとは限りません。予めご了承いただいた上で、以降をご覧ください。夏と言ったら海に山にキャンプやバーベキューという皆さんも多いでしょう。青い空に白い入道雲、セミが鳴く中、なるべく早い時間に設営を終えて、夕暮れにヒグラシの声を聴きながらウッドストーブを囲む。 クーラーボックスからキンキンに冷えたビールを取り出したり、スキットルに入れてきたお酒で一杯やるのも、夏キャンプの楽しみの1つです。 そんな最高の夏キャンプに忍び寄る「2大リスク」と言えば、アブ・ブヨ・蚊などの夏の飛ぶ虫と、テント内の結露。 ブッシュクラフト愛好系の男性陣であれば虫や結露は気にしないかもしれませんが、ファミキャンなどの女性陣や小さなお子さんが参加するキャンプの場合、これは何とかしたいものです。夏の飛ぶ虫で特に気をつけたいのがブヨ。吸血性のブヨは涼しい朝夕の時間帯に活動し、いつ刺されたのか気が付かないことが多いものです。 最近では、ディートなどの有効成分を高濃度で配合した虫除けスプレーなどを利用したり、定番のハッカ油スプレーを使ったりパワー森林香などを焚きまくる方も多いでしょう。パワー森林香は編集部スタッフも愛用しています。 しかし高速で飛び回るアブやブヨの場合、虫よけグッズをなかなか効果的に活用できないことも多いもの。対策していても、刺されてしまった経験をお持ちのかたも多いでしょう。刺された後は比較的長期に渡って痒みと赤い傷跡が残り、体質によってはケロイド様の水疱状態になったりします。 【あわせて読みたい】 敵を知り己を知る、アウトドアで万全の虫除け対策! フルメッシュ・ウィングタープ「NEMO Bugout」を実際に購入して徹底レビュー! そしてもう1つ悩ましいのがテント内の結露。結露は気温の高低の境界で発生します。夏の暑い日に、キンキンに冷えたビールが入ったジョッキの表面に付く水滴が結露ですね。 夏の夜の宴を楽しんだ余韻の中でシュラフに潜り込んだはいいのですが、ベンチレーションを確保したはずのテント内で朝方に顔に水滴が垂れて目が覚める・・・気がつけばテントの内壁が結露でビッショリ! シュラフや着替えなどが結露で濡れてしまうと、せっかくのキャンプの楽しいテンションもダダさがりです。 冬キャンプの大敵でもある結露ですが、日本は四季があり高温多湿な地域が多いので夏キャンプでも悩ましいのも結露。そして冬の結露と夏の結露では対策方法が異なってきます。冬は空気が乾燥しているため、湿度が20%を下回り乾燥注意報が発令されるような日もあるので、キャンプでテント内の結露の原因となるのは人間の呼吸と調理時の水蒸気。 しかし夏は外気自体の湿度がそもそも高いもの。6〜9月あたりは都市部でも連日、湿度が70%を超えることがあります。 キャンプ場があるような森林地帯などの自然豊富な場所ともなれば霧や朝モヤなども発生、それこそ野外全体が蒸し風呂のような環境となります。さらには、そういった場所では夜間〜明け方には外気温がかなり下がります。 そうなると夏キャンプでの就寝中は、人間の呼吸 + そもそも存在する湿気でテント内は暖かく湿度が上がり、なおかつ夜間〜朝方の外気温の下降でテント生地の内外で気温差が生じるので、当然ながらテントの生地の内側でも結露が発生してしまいます。・・・お気持ちは痛いほどわかります。編集部スタッフも、夏キャンプのたびに様々な虫対策と結露対策を試してきました。どちらか一方ではない、両立できる解決策を。 そして、「編集部なりにたどり着いた答え」があります。その答えとなる、蚊・アブ・ブヨなどのウザイ虫をシャットアウト、テント内も結露無しの対策方法がこちら! 「テント in タープ」! (小型テント in メッシュ・タープ)上記写真はアブ・ブヨなどを対策するフルメッシュ・タープに、3人用ドーム型テントをイン。【対策方法】 ① メッシュ構造のタープやシェルター内にテントを入れる「テント in タープ」 ② 就寝時はメッシュのインナーテントのみを使う(フライを使う場合はインナーのメッシュを大きめに露出) ③ タープは結露や夜露の犠牲、撤収までに乾燥が間に合わなければドライバッグへ 【必要な装備】 ・フルクローズできるメッシュ構造の大きめのタープ ・インナーにメッシュ構造があるテント(またはポリコットン製テント) ・ドライバッグ(結露の犠牲にしたタープの収納用)上記写真は虫対策無し・結露対策のみの「テント in タープ」。意外とこれだけでも結露はかなり違います。基本構造は「テント in タープ(シェルター)」で、メッシュ構造でフルクローズできるタープであることが前提です。飛ぶ虫は、これで大半を防ぐことができます。 そして夏のテント内の結露は、タープ下にテントを入れてしまうことでおおむね回避できます。夜間〜朝方は気温が下がりますが、多少の防寒対策をしてメッシュ構造のあるインナーテントのみで就寝すれば(要は蚊帳ですね)テント内に結露はまず発生しません。 結露が発生するとしたらタープの内側です。また、夜露・朝露が降りてもタープの外側で、「テント in タープ」ならテントは濡れずに済みます。この陣形でもリビング空間は確保したいので、設営対象サイト内に収まる範囲でできるかぎり大きめのメッシュ構造タープを選ぶ必要があります。 撤収までにタープが完全に乾燥しきれないことも最初から想定内として、ドライバッグに入れて持ち帰るつもりでいれば、濡れるものはタープのみで済みます。 よって、タープはポールと一体化していないもの・ポールをすべて取り外せるものを使います。ワンタッチ型のタープなどの場合は、乾燥しきってから収納しないと撤収がツライことになります。「テント in タープ」でフライシートを使う場合は、フライのベンチレーションは必ず全開放タープ内に入れるテントは必ずメッシュ構造のものを。シングルウォールの場合はこれでも結露する可能性が高いです。なお、この陣形でのもう1つのメリットは、雨キャンプにも対応可能という点。多少の雨ならタープのメッシュが吹き込みも防いでくれるため、タープの下では濡れないリビングと寝室が実現できます。雨でも快適なキャンプが可能になるわけです。 ただし台風や強風を伴う雨の場合は、無理をせずに安全第一で撤収を検討しましょう。タープやテントの破損やポールの折れ曲がり、抜けてしまったペグが飛んだりして危険です。編集部スタッフがイチ押しのメッシュ構造タープは、NEMOの「Bugout」です。名前のとおり、虫をシャットアウトするタープ。 基本形状は菱形のウイングタープとなっており、メッシュ部分はタープの外周部分に巻き上げて収納、メッシュを降ろさなければ普通にオープンタープとして利用できます。 メッシュ自体も、4面構造のイチ部分だけを開けたりと柔軟な「メッシュ・ワーク」が可能です。一般的なウイングタープと同じ設営方法で周囲をフルメッシュにでき、なおかつサイドポールを利用すればさらに広い空間となります。 ちなみに、写真でBugoutに入れているテントは「MSR Elixir...

実践・野外でポータブルトイレを「大」を含めて実際に使う!

【あわせて読みたい】 被災時のトイレ問題の解決方法(前編) 被災時のトイレ問題の解決方法(後編) 災害時のトイレ問題 ~ 女性トイレは大行列、公共トイレは💩💩💩があふれる! 阪神淡路大震災・東日本大震災・熊本地震など、これまでの大震災で毎回必ず問題になってきたのが「トイレ」です。 いまでは日本全国津々浦々まで当たり前のように下水道が敷設され、用を足した後は清潔な水洗式によってすぐにウンチやオシッコともオサラバ。お尻を洗う便利なシャワー機能までもが当たり前となりました。 しかしひとたび大震災が起きて断水すれば、水洗トイレの機能は完全に停止します。公衆トイレなどでは流れていかず山積みになるウンチ、漂う悪臭、そして悪化する衛生環境。 そんな問題に備えるため、現在では様々な簡易トイレやポータブルトイレが販売されており、実際に購入している方も多いでしょう。しかし、 それ実際に使ったことありますか? 通販サイトのレビューを見ると「防災用に購入しました。実際に使う状況にならないことを祈ります」といったコメントを散見します。でも実際に使ってみないとわからないのも現実。簡易トイレを野外で使うことになる場合はなおさらです。 そこで今回、編集部ではトイレや水道設備の無い場所へポータブルトイレと簡易水道として使うための水タンクなどを持ち込み、野営スタイルとしての「備災キャンプ」を敢行。オシッコもウンチもガチで実践してきました!『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。今回のトイレ検証を目的とした備災キャンプは、関東南部・埼玉県ときがわ町で農業を営むかたのご自宅の裏山となっている私有地をお借りしました。立地的には標高700m付近の山林の一角なので、当然ですが上下水道も洗い場もトイレもありません。必要なものはすべて自前で用意して持ち込みました。 キャンプ用の装備としては主に、リビングには虫除け用のフルメッシュ・タープである「NEMO Bugout」と、寝室用には3人用テント「MSR Elixir3」を利用しました。トイレも水道も無い環境に持ち込んだ「ハードウェア」がこちら。 トイレ本体は、ogawaのポータブルトイレ トイレ用テントとして、キャプテンスタッグの着替え用テント 簡易水道として、20Lサイズの水タンクと手動エアポンプ付きのシャワー 足場として、ロゴスのアルミスノコ 濡れても大丈夫な小物置き用に、焚き火テーブル 消耗品類の「ソフトウェア」は、この後でご紹介します。もっとも重要なものは、このポータブルトイレ。便座の下に黒いメッシュ状のボックスがありますが、ここにセットした黒いポリ袋で「実」を受けます。いわゆる便槽です。 これは無くてもいいかもしれませんが、お腹を壊してしまった際に軟便となる場合、便槽があると「お釣り」の跳ね返りを防げるのではないかという観点からこのタイプを選択しました。製品としてこのタイプのものはいくつかあるようです。JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyanBjZE9MJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNTFwbkNzVjREJTJCTC5fQUNfVVMyMDBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyanBjZE9MJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTMlODIlQUElRTMlODIlQUMlRTMlODMlQUYlRTMlODMlQkIlRTMlODMlOUQlRTMlODMlQkMlRTMlODIlQkYlRTMlODMlOTYlRTMlODMlQUIlRTMlODMlODglRTMlODIlQTQlRTMlODMlQUMlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTIwJTIwJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFNCVCQiU4QSVFNSU5QiU5RSVFMyU4MCU4MSVFNyVCNyVBOCVFOSU5QiU4NiVFOSU4MyVBOCVFMyU4MSVBNyVFNyU5NCVBOCVFNiU4NCU4RiVFMyU4MSU5NyVFMyU4MSU5RiVFMyU4MiU4MiVFMyU4MSVBRSVFMyU4MCU4MiVFNCVCRSVCRiVFNiVBNyVCRCVFNCVCQiU5OCVFMyU4MSU4RCVFMyU4MCU4MSVFNCVCRSVCRiVFNSVCQSVBNyVFMyU4MSVBRSVFMyU4MyU5NSVFMyU4MiVCRiVFMyU4MSVBRiVFNyU4NCVBMSVFMyU4MSU5NyVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYm9va2xpbmstZm9vdGVyJTIyJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYycmZVSGtsJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNDFubTlyMVVEdkwuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMnJmVUhrbCUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUUzJTgzJUFEJUUzJTgyJUI0JUUzJTgyJUI5JUUzJTgzJUJCJUUzJTgzJTg4JUUzJTgyJUE0JUUzJTgzJUFDJUUzJTgyJUI5JUUzJTgyJUJGJUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJTg5RFglM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTIwJTIwJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MG9nYXdhJUU4JUEzJUJEJUUzJTgxJUE4JUU0JUJDJUJDJUUzJTgxJTlGJUU1JUJEJUEyJUU3JThBJUI2JUUzJTgwJTgxJUU0JUJFJUJGJUU1JUJBJUE3JUUzJTgxJUFFJUUzJTgzJTk1JUUzJTgyJUJGJUUzJTgxJTgyJUUzJTgyJThBJUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJib29rbGluay1mb290ZXIlMjIlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEE=こちらは簡易水道として、20Lの水タンクとシャワー設備。手洗いや洗い物等と、テント内のポータブルトイレと入れ替えて身体の汗を簡単に流す程度のシャワーに使いました。調理用や飲料水は別途用意。 2〜3名程度であれば、生活用水としてそこそこストレス無い範囲で使っても1泊あたり20Lで余りが出ましたが(むしろ贅沢使用です)、災害時はより制限して使うことが必須となります。では、いよいよ実践してみます。いわゆる「オシッコ」に関する情報は比較的ネット上に存在しますが、ポータブルトイレを使った詳細なウンチ実践編となるとなかなか情報がありません。もうこれはITOITO-STYLE編集部で切り拓くしかない! これより、備災・防災・キャンプでの野外グソ・エキスパートを目指す覚悟を決めた編集部スタッフ「S」による渾身の野外グソ・ルポをお送りします。トイレで用を足す際のミニマム状態が「小のみ」であれば、マックス状態は「小 + 腹を下した状態でのリキッドな大」に耐えうる装備と言えるでしょう。であれば、もちろんやるべきはマックス状態向けの実践です。 ポータブルトイレやトイレ用テントがハードウェアなら、こちらは消耗品となるソフトウェア類。それぞれ、 「小」を吸収するための高吸水性樹脂「CP-1」 リキッドな「大」にも対応するための古新聞紙(見開きの1枚の1/4〜半分サイズ) 「小・大」を漏らさず格納するための一般的な45L程度の黒いポリ袋(ゴミ袋) 「小・大」入り黒ポリ袋から滲出するニオイをカットする防臭袋 持ち帰る・保管するための最終的な汚物入れとなる「ペール缶(ふた付き推奨)」 となります。いろいろ検討した上で実践し、これなら「マックス状態」に確実に対応でき、なおかつ廃棄量も最適化されたギア・ラインナップであると自信を持ってお伝えできます。 もちろん、トイレットペーパーと除菌ウェットティッシュも忘れずに。JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYySEsxV2VYJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNTFKTk5wQjEyZUwuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkhLMVdlWCUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUU5JUFCJTk4JUU1JTkwJUI4JUU2JUIwJUI0JUU2JTgwJUE3JUU2JUE4JUI5JUU4JTg0JTgyJTIwQ1AtMSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJvb2tsaW5rLWZvb3RlciUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMnJmSVlTYyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjUxeDVlUUwlMkJlNUwuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMnJmSVlTYyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUU0JUJFJUJGJUU4JTg3JUFEJUUzJTgyJTgyJUU2JUJDJThGJUUzJTgyJTg5JUUzJTgxJTk1JUUzJTgxJUFBJUUzJTgxJTg0JUU5JTk4JUIyJUU4JTg3JUFEJUU4JUEyJThCJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYm9va2xpbmstZm9vdGVyJTIyJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYycmZKWDRRJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNDFCVk9CM3NoOUwuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMnJmSlg0USUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUUzJTgzJTlBJUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJUFCJUU3JUJDJUI2JUVGJUJDJTg4JUUzJTgzJTk1JUUzJTgyJUJGJUU0JUJCJTk4JUUzJTgxJThEJUU2JThFJUE4JUU1JUE1JUE4JUVGJUJDJTg5JTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYm9va2xpbmstZm9vdGVyJTIyJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBではさっそく、ウンチ💩1回分の装備を仕込みます。予め数セット作っておくと便利です。 基本は黒いポリ袋。小さめサイズだと便座を包み込めない可能性があるので大きめが良いでしょう。編集部では45Lサイズを使いましたが、これだと高さが余分に大きめでした。 ウンチの際には同時にオシッコも伴うことが多いと思いますが、まずはオシッコ用に高吸水性樹脂を投入します。量は2g程度で十分でしょう。写真ではわかりやすいように多めに入れています。 確実にウンチ100%で運用するなら、高吸水性樹脂は不要です。健康的なかたさのウンチの場合、高吸水性樹脂が吸収する水分がほとんど無いため役に立たないからです。高吸水性樹脂の後は、便受けとなる古新聞紙をちぎったものを。特にお腹を壊して軟便状態になっている場合、「お釣り」が跳ね返る可能性を小さくするクッションの役目となります。 使う量は、新聞見開きサイズの1/4〜半分程度で十分です。古新聞紙を多く入れた場合、トイレを使う回数が増えると使用後に袋を縛って密封しても意外とかさばることになります。準備完了。ポータブルトイレにセットしていきます。右に見えるのは「ペール缶」。用を足し終わって密封したゴミ袋を格納します。 災害時に在宅避難とする場合は、同様にしてご家庭のトイレに同じものをセットします。 特に大震災の場合、自宅やマンションなどの排水管が破損している可能性があるので、その無事が確認できる前に(バスタブに溜め置いた水など)うかつに水を流すと、階下のお宅や部屋に汚物と汚水が流れ込む危険性があります。トイレ用のテントにポータブルトイレを設置し、用足し1回分の準備をした黒ポリ袋をセットします。用を足す直前の状態です。写真は上がお尻が位置する後ろ側、下は前側です。 この際のちょっとしたコツとして、ウンチ受けクッションとなる新聞紙は後ろ側に寄せ、オシッコを受ける高吸水性樹脂は前側に寄せておくとより効果的です。 あとはテントを閉めて、思う存分・心ゆくまで用を足しましょう。 キャンプでポータブルトイレを使う場合、テントからさほど遠くない場所にトイレテントを設営することになりますが、用足し中の「音」が気になる場合はラジオやスマホを持ち込んで、周囲の迷惑にならない程度の音量で音楽を流しておくなどの対策もいいと思います。そして忘れてはならないのがトイレットペーパーとウェットティッシュ。水洗トイレに流すわけではないので、使ったら使っただけ持ち帰ることになります。 用を足した後のアフター・ケアでは、できるかぎり少量で対応できるようにすると、最終的な廃棄物の量を減らすことに繋がります。さて、用を足し終わりました。黒ポリ袋をポータブルトイレから取り外し、できるかぎり空気を抜いて、クチを縛ります。 これをいかに小さくするかがポイントです。写真は、編集部スタッフが実際に用を足した直後。もちろん「💩」です。////「実」が入った黒ポリ袋を空気を抜いて小さくして縛ったあとは、それを「防臭袋」に入れます。一般的なポリ袋ではウンチのニオイ成分を時間経過と共に通してしまうので、防臭効果はほぼありません。 その点「防臭袋」であれば、100%ではありませんが時間と共に透過していくニオイ成分を極限まで抑え込み、菌なども通さない素材の構造になっているので、災害用やアウトドア用のポータブルトイレにマッチするというわけです。JTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYycmZJWVNjJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNTF4NWVRTCUyQmU1TC5fQUNfVVMyMDBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYycmZJWVNjJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTklOTglQjIlRTglODclQUQlRTglQTIlOEIlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTIwJTIwJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFMyU4MiVBNiVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU4MSVFMyU4MSVBRSVFMyU4MyU4QiVFMyU4MiVBQSVFMyU4MiVBNCVFMyU4MiU4MiVFMyU4MiVCNyVFMyU4MyVBMyVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU4OCVFMyU4MiVBMiVFMyU4MiVBNiVFMyU4MyU4OCVFMyU4MCU4MiVFNCVCQiU4QiVFOCVBRCVCNyVFNyU5NCVBOCVFMyU4MSVBOCVFMyU4MSU5NyVFMyU4MSVBNiVFMyU4MiU4MiVFOSVBQiU5OCVFOCVBOSU5NSVFNCVCRSVBMSVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYm9va2xpbmstZm9vdGVyJTIyJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBB最後に防臭袋の空気も抜いて、クチをしっかり縛りましょう。その際は不必要なチカラを入れて袋が破れたりしないよう、ご注意を。あとはトイレ用テントの横や後ろに設置したペール缶に、防臭袋に入ったモノを入れて用足し終了です。ペール缶にはあらかじめ、大型のゴミ袋をセットしておくと良いです。このまま燃やすゴミ用の袋に入れて、燃やすゴミの日にゴミ収集に出すことができます。 しかし、人間というものは飲み食いしたものはキッチリと出てくるものです。普段は水洗トイレやシャワートイレを利用しているのでまったく意識しませんが、ウンチやオシッコをトイレットペーパーやウェットティッシュ、高吸水性樹脂などと合わせて保管するということをやってみると、「いかに出しているか」を痛感します。キャンプでポータブルトイレを使う場合は、廃棄するモノを持ち帰るためにフタの付いたペール缶があると安心です。フタを乗せた後にリング状のフタを閉めれば撤収準備完了。 このペール缶は20Lサイズで、密封できるフタ付きのもの。今回、1泊2日の備災キャンプにおいて2名でトイレを実践的にガンガン使った結果、使用した黒いポリ袋は15枚。 成人男性の場合、排尿は1日あたり平均約6〜7回・排便は多い人で3回と言われますので、おおむねその通りの使用率となったと見ていいでしょう。 実際の災害時に備えるには、最大2週間分の排泄物を保管しておかねばならないので、より大型のポリバケツなどを準備しておくことになります。フタを閉めた状態です。ガッチリ固定&密封され、万が一、中のビニール袋が破れていたとしても実・ニオイともに漏れ出す可能性は低くなります。 野外でポータブルトイレを使って廃棄物を持ち帰る場合は、こうした「ハードケース」類は必須です。トイレと共に準備しておきましょう。収納時のサイズ感はこの程度です。身長168cmの女性が肩掛けしたところ。今回使用したogawaのポータブルトイレを撤収時に付属のソフトケースに収納するところです。実際に使ってみましたが、構造もシンプルで扱いも簡単。慣れてしまえばとても快適でした。今回の野外トイレ検証で、手洗いや洗い物、汗を流すための簡易シャワーとして採用した仕組みです。20Lサイズの水タンクと、手動ポンプ式のシャワーユニット。使い方も簡単です。手動ポンプ付きシャワーを水を入れた水タンクの小さいクチにねじ込んでセットします。このとき、水タンクの上部にはある程度空気が残るようにしておきます。 それからポンプをシュコシュコと何回か押し込むと、水タンク内が加圧されていきます。水タンクから空気漏れが無いようにしっかりキャップを閉めて(締めて)おく必要があるのですが、あまり強く締めすぎるとキャップの破損に繋がるので適度なところにしておきましょう。あとはシャワーのコックをひねれば水が使えます。ちゃんと加圧しておけば、まずまず実用レベルで使えるので、ポータブルトイレの相棒としてだけでなく、夏場のキャンプや海水浴などにも便利です。それ以外の用途としては、洗車や園芸用などにも便利に使えそうですね。 電源不要で使えるというのは実際のところかなり重宝します。キャンプにせよ防災用にせよ、バッテリーなどの電力がある場合は通信手段や夜間の灯りなどの用途が優先されるので、それ以外の用途では極力電力の使用は控えたいところです。野外にポータブルトイレを設置して利用する場合、このようにトイレのすぐそばで清潔な水を使えるようにしておくと良いでしょう。特に、利用者に女性やお子さんなどが含まれる場合は必須となります。今回、実際にポータブルトイレを野外に持ち出して実践的に活用してみたわけですが、感想としては「とても便利かつ、実用的である」となりました。これは編集部の女性スタッフも同じ感想を述べています。 あくまで災害用の備えであれば、ポータブルトイレはとりあえず見送って、高吸水性樹脂や防臭袋、廃棄物を保管するための大型ポリバケツなどを準備しておけば、もし次の大震災が来た場合に自宅が全壊せず無事であれば、「在宅避難」として自宅のトイレで活用することができます。 ポータブルトイレを災害用に準備しておけば、自宅が全半壊しても自宅敷地内に家族用のトイレを用意できるため、復旧までの間の衛生環境をだいぶ担保できるはずです。 その場合、本格的なポータブルトイレ以外の簡易的なダンボール製のものでも、非常時用には十分機能してくれるでしょう。 そしてキャンプをされる方、特にファミキャン派であれば、ポータブルトイレは備えておいて絶対に損のないどころかメリットしか無いギアだと思います。特に大型連休などの混雑時期には、高速道路のSA・PAのトイレやキャンプ場のトイレも混雑します。 また、敷地の広いキャンプ場だと設営サイトからトイレまで遠いことがあります。連休に人気の大型キャンプ場を利用した際に、トイレまで長々と歩いた先に行列ができていると、特に女性の場合は深刻です。 公衆トイレの多くは男女それぞれ同じ面積で作られていることが多いのですが、女性の場合は個室利用が前提となるので、同じ面積のトイレでは利用できる人数が女性のほうが少なくなってしまうのです。 そして統計的に、女性のトイレに掛かる時間は男性の2.5〜3倍と言われます。これが、女性トイレで行列ができる大きな要因となります。 もちろん、本来トイレではないところにトイレを持ち込んで用を足すという、要は「最初の1歩」を踏み出すメンタル的なハードルの高さを乗り越える必要はありますが、ITOITO-STYLE編集部の女性スタッフでも実際に乗り越えた部分です。実際に体験してしまえば、以降はメリットしかありません。 だからこそ、必要な時にすぐにトイレが使える状態にあるというのは、様々な点でストレス軽減にもつながります。 キャンプや防災視点におけるトイレは、「すでにあるトイレへ行って利用するもの」から「みずからトイレを設置して利用するもの」へ考え方を転換してみると、トイレ問題の解決へとつながっていくことになると感じます。 通常、記事中でご紹介している商品などを必要以上に推すことはありませんが、今回だけは推します。ポータブルトイレと周辺グッズ、買っておきましょう !!JTNDaDIlMjBjbGFzcyUzRCUyMndwYl9oZWFkaW5nJTIwd3BiX3NpbmdsZWltYWdlX2hlYWRpbmclMjIlM0UlRTklOTglQjIlRTclODElQkQlRTclOTQlQTglRTMlODElQUIlRTMlODIlODIlRTMlODIlQUQlRTMlODMlQTMlRTMlODMlQjMlRTMlODMlOTclRTMlODElQUIlRTMlODIlODIlRTQlQkUlQkYlRTUlODglQTklRTMlODElQUElRTMlODMlOUQlRTMlODMlQkMlRTMlODIlQkYlRTMlODMlOTYlRTMlODMlQUIlRTMlODMlODglRTMlODIlQTQlRTMlODMlQUMlRTklOTYlQTIlRTklODAlQTMlRTMlODIlQjAlRTMlODMlODMlRTMlODIlQkElRTMlODIlOTJhbWF6b24lRTMlODElQTclRTglQTYlOEIlRTMlODIlOEIlRUYlQkMlODElM0MlMkZoMiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMmpwY2RPTCUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjUxcG5Dc1Y0RCUyQkwuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMmpwY2RPTCUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUUzJTgyJUFBJUUzJTgyJUFDJUUzJTgzJUFGJUUzJTgzJUJCJUUzJTgzJTlEJUUzJTgzJUJDJUUzJTgyJUJGJUUzJTgzJTk2JUUzJTgzJUFCJUUzJTgzJTg4JUUzJTgyJUE0JUUzJTgzJUFDJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTQlQkIlOEElRTUlOUIlOUUlRTMlODAlODElRTclQjclQTglRTklOUIlODYlRTklODMlQTglRTMlODElQTclRTclOTQlQTglRTYlODQlOEYlRTMlODElOTclRTMlODElOUYlRTMlODIlODIlRTMlODElQUUlRTMlODAlODIlRTQlQkUlQkYlRTYlQTclQkQlRTQlQkIlOTglRTMlODElOEQlRTMlODAlODElRTQlQkUlQkYlRTUlQkElQTclRTMlODElQUUlRTMlODMlOTUlRTMlODIlQkYlRTMlODElQUYlRTclODQlQTElRTMlODElOTclRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJvb2tsaW5rLWZvb3RlciUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMnJmVUhrbCUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjQxbm05cjFVRHZMLl9BQ19VUzIwMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJyZlVIa2wlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFMyU4MyVBRCVFMyU4MiVCNCVFMyU4MiVCOSVFMyU4MyVCQiVFMyU4MyU4OCVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyVBQyVFMyU4MiVCOSVFMyU4MiVCRiVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU4OURYJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTBvZ2F3YSVFOCVBMyVCRCVFMyU4MSVBOCVFNSU5MCU4QyVFNSVCRCVBMiVFNyU4QSVCNiVFMyU4MCU4MiVFMyU4MSU5MyVFMyU4MSVBMSVFMyU4MiU4OSVFMyU4MSVBRiVFNCVCRSVCRiVFNSVCQSVBNyVFMyU4MyU5NSVFMyU4MiVCRiVFNCVCQiU5OCVFMyU4MSU4RCVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYm9va2xpbmstZm9vdGVyJTIyJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYycmk3Tk5mJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNDFLdG9qb1pWJTJCTC5fQUNfVVMyMDBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYycmk3Tk5mJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTclQjAlQTElRTYlOTglOTMlRTMlODMlODglRTMlODIlQTQlRTMlODMlQUMlRTUlOTAlODQlRTclQTglQUUlM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFNiU5QyVBQyVFNiVBMCVCQyVFNyU5QSU4NCVFMyU4MSVBQSVFMyU4MyU5RCVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiVCRiVFMyU4MyU5NiVFMyU4MyVBQiVFMyU4MyU4OCVFMyU4MiVBNCVFMyU4MyVBQyVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSVBRiVFMyU4MSVBQSVFMyU4MSU4RiVFMyU4MCU4MSVFMyU4MSVBOCVFMyU4MiU4QSVFMyU4MSU4MiVFMyU4MSU4OCVFMyU4MSU5QSVFNiU4RiU4MyVFMyU4MSU4OCVFMyU4MSVBNiVFMyU4MSU4QSVFMyU4MSU4RCVFMyU4MSU5RiVFMyU4MSU4NCVFMyU4MSVBQSVFMyU4MiU4OSVFMyU4MSU5MyVFMyU4MSVBMSVFMyU4MiU4OSVFRiVCQyU4MSVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYm9va2xpbmstZm9vdGVyJTIyJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYySE1mdUNxJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNDF1cHJBcU0tREwuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkhNZnVDcSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUU5JTg3JThFJUU1JUE0JTk2JUUzJTgzJTg4JUUzJTgyJUE0JUUzJTgzJUFDJUU3JTk0JUE4JUUzJTgxJUFCJUU0JUJEJUJGJUUzJTgxJTg4JUUzJTgyJThCJUUzJTgzJTk3JUUzJTgzJUE5JUUzJTgyJUE0JUUzJTgzJTkwJUUzJTgyJUI3JUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTg2JUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJTg4JTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTclOUQlODAlRTYlOUIlQkYlRTMlODElODglRTMlODIlODQlRTMlODIlQjclRTMlODMlQTMlRTMlODMlQUYlRTMlODMlQkMlRTMlODElQUElRTMlODElQTklRTMlODElQUUlRTclOTQlQTglRTklODAlOTQlRTMlODElQUIlRTMlODIlODIlRTMlODAlODIlRTMlODIlQUQlRTMlODMlQTMlRTMlODMlQjMlRTMlODMlOTclRTMlODElQUIlRTMlODIlODIlRTklOTglQjIlRTclODElQkQlRTclOTQlQTglRTMlODElQUIlRTMlODIlODIlRTQlQkQlQkYlRTMlODElODglRTMlODElQkUlRTMlODElOTklRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJvb2tsaW5rLWZvb3RlciUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkhLMVdlWCUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjUxSk5OcEIxMmVMLl9BQ19VUzIwMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJISzFXZVglMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFOSVBQiU5OCVFNSU5MCVCOCVFNiVCMCVCNCVFNiU4MCVBNyVFNiVBOCVCOSVFOCU4NCU4MiUyMENQLTElM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTIwJTIwJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFMyU4MSU5RiVFMyU4MSVBMyVFMyU4MSU5RjFnJUUzJTgxJUE3JUU2JUIwJUI0JUUzJTgyJTkyMzAwbWwlRTQlQkIlQTUlRTQlQjglOEElRTUlOTAlQjglRTUlOEYlOEUlRTMlODElOTklRTMlODIlOEIlRTclQjQlQTAlRTYlOUQlOTAlRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJvb2tsaW5rLWZvb3RlciUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMnJmSVlTYyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjUxeDVlUUwlMkJlNUwuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMnJmSVlTYyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUU5JTk4JUIyJUU4JTg3JUFEJUU4JUEyJThCJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTMlODIlQTYlRTMlODMlQjMlRTMlODMlODElRTMlODElQUUlRTMlODMlOEIlRTMlODIlQUElRTMlODIlQTQlRTMlODIlODIlRTMlODIlQjclRTMlODMlQTMlRTMlODMlODMlRTMlODMlODglRTMlODIlQTIlRTMlODIlQTYlRTMlODMlODglRTMlODAlODIlRTQlQkIlOEIlRTglQUQlQjclRTclOTQlQTglRTMlODElQTglRTMlODElOTclRTMlODElQTYlRTMlODIlODIlRTklQUIlOTglRTglQTklOTUlRTQlQkUlQTElRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJvb2tsaW5rLWZvb3RlciUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMnJmSlg0USUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjQxQlZPQjNzaDlMLl9BQ19VUzIwMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJyZkpYNFElMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFMyU4MyU5QSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyVBQiVFNyVCQyVCNiVFRiVCQyU4OCVFMyU4MyU5NSVFMyU4MiVCRiVFNCVCQiU5OCVFMyU4MSU4RCVFNiU4RSVBOCVFNSVBNSVBOCVFRiVCQyU4OSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMjAlMjAlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUUzJTgyJUFEJUUzJTgzJUEzJUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJTk3JUUzJTgxJUFCJUUzJTgzJTg4JUUzJTgyJUE0JUUzJTgzJUFDJUUzJTgyJTkyJUU2JThDJTgxJUUzJTgxJUExJUU4JUJFJUJDJUUzJTgyJTgwJUUzJTgxJUFBJUUzJTgyJTg5JUUzJTgwJTgxJUUzJTgzJTk1JUUzJTgyJUJGJUU0JUJCJTk4JUUzJTgxJThEJUU1JUJGJTg1JUU5JUEwJTg4JUVGJUJDJTgxJUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJib29rbGluay1mb290ZXIlMjIlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJLd3dUa2QlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGaW1hZ2VzLWZlLnNzbC1pbWFnZXMtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY0MWpMTElSQzBXTC5fQUNfVVMyMDBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyS3d3VGtkJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTUlQjAlQkUlRTQlQjglOEElRTglQTMlQkQlRTQlQkQlOUMlRTYlODklODAlMjAlRTMlODIlQTYlRTMlODIlQTklRTMlODMlQkMlRTMlODIlQkYlRTMlODMlQkMlRTMlODIlQkYlRTMlODMlQjMlRTMlODIlQUYlMjAlRTMlODIlQjMlRTMlODMlODMlRTMlODIlQUYlRTQlQkIlOTglMjAlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTIwJTIwJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MGFtYXpvbiVFMyU4MyVBQyVFMyU4MyU5MyVFMyU4MyVBNSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiU4MiVFOSVBQiU5OCVFOCVBOSU5NSVFNCVCRSVBMSVFMyU4MCU4MiVFMyU4MyVBQSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiVCQSVFMyU4MyU4QSVFMyU4MyU5NiVFMyU4MyVBQiVFMyU4MSVBNyVFNSVBNCVBNyVFNSVBRSVCOSVFOSU4NyU4RiVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYm9va2xpbmstZm9vdGVyJTIyJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYycmhHV1JIJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNDFaM1dIRTJRUkwuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMnJoR1dSSCUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUUzJTgyJUJGJUUzJTgyJUFCJUUzJTgyJUFFJTIwJUUzJTgyJUEyJUUzJTgyJUE2JUUzJTgzJTg4JUUzJTgzJTg5JUUzJTgyJUEyJUUzJTgzJTlEJUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJTk3JTIwJTI4JUU5JTlCJUJCJUU2JUJBJTkwJUU0JUI4JThEJUU4JUE2JTgxJTI5JTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTBhbWF6b24lRTMlODElQTclRTMlODMlOTklRTMlODIlQjklRTMlODMlODglRTMlODIlQkIlRTMlODMlQTklRTMlODMlQkMlRUYlQkMlOTElRTQlQkQlOEQlRTMlODAlODIlRTklOUIlQkIlRTYlQkElOTAlRTQlQjglOEQlRTglQTYlODElRTMlODElQUUlRTYlODklOEIlRTUlOEIlOTUlRTMlODMlOUQlRTMlODMlQjMlRTMlODMlOTclRTMlODElQTglRTMlODIlQjclRTMlODMlQTMlRTMlODMlQUYlRTMlODMlQkMlRTMlODMlOTglRTMlODMlODMlRTMlODMlODklRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJvb2tsaW5rLWZvb3RlciUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQQ== 【あわせて読みたい】 被災時のトイレ問題の解決方法(前編) 被災時のトイレ問題の解決方法(後編) 災害時のトイレ問題...

キャンプの小技:『100円ショップ品で、チェアやテーブルの脚の汚れを完全保護!』編

こんにちは、編集部スタッフの「R」です。キャンプは好きだけど汚れが苦手という「矛盾キャンパー」を自認しているのですが、キャンプで使ったグッズを片づけるとき、汚れを落とさずにはいられません。 たとえば、イスやテーブルの脚が地面に接している部分についた泥や草など。ついついウェットティッシュでふき取り、溝に入った泥は枝やツマヨウジでホジホジ。すべてのテーブルとイスの足をきれいにするにはちょっとした時間と手間がかかります。 もちろん、キャンプグッズなんて汚れてあたり前。「ちょっとした泥やゴミがついていてもそのままでいいでしょ」と言われれば、そうなんです。そうなんですが、やはり気になるのです。『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。そこでチェアやテーブルの脚にカバーを付けたらどうかと考えましたが、ビニールをかぶせて輪ゴムでは体重を支える際の耐久性も見た目にもよろしくありません。 そこで、思いついたのが100円ショップで販売されているイスやテーブルの脚カバー。ご家庭内の家具でフローリングに傷がつかないようにすためのカバーのことです。今回は、キャンドゥの商品を購入して試してみました。国内に991店舗(2018年3月末現在)を擁する大手100円ショップであるキャンドゥの商品なので購入が比較的容易です。1パック100円で4ピース入っているので、ちょうどチェアやテーブルが1脚ぶんとなります。使用するチェアやテーブルの数 + 破損時の予備に1パック程度用意しておくと良さそうです。 汚れたら洗って使えばいいので、100円ショップ品ということもあってかなりリーズナブルに使えそうな予感がします。まずは、いわゆるヘリノックスタイプのチェアの脚に、太めの脚にも対応できる「イス脚カバー」を取り付けてみました。本家ヘリノックス製品のチェアの脚先は細めですが、こちらは地面へのめり込み防止用の「かえし」もしくは「鍔(つば)」的なパーツが取り付けられた構造になっています。取り付けてみた(履かせてみた)ところです。履かせ心地に特に問題はありません。脚4つすべてに取り付けて、チェアは準備完了。次は、細めの「イス脚カバー・スリム」を、焚き火テーブルに使ってみます。こちらも1パックあたり4ピース入りなので、細めの脚構造のテーブルやイスに使えそうです。焚き火テーブルに取り付けてみました。意外と長め、ロングソックス状態です。イス脚カバーを取り付けた状態での接地部分。あまり違和感は無いでしょ?(あります?)チェア・テーブルともに取り付けた状態です。靴下のように伸縮性があるので多少の大きさの違いには十分対応できるため、問題なく履かせることができました。 素材はポリエステル、ナイロンなので雨の日や濡れている場所ではあまり役に立たないかもしれませんが、そうでなければ泥や草などの汚れが椅子やテーブルの脚につくことはありませんでした。 撤収時には汚れた面を中側に巻き込む感じではずして、そのままビニール袋に入れて持ち帰り。これにより撤収時のふき取り作業を省くことができました。さて、100円で購入したからといって使い捨てではコスパが悪いですので、洗って次回のキャンプに使うことにしました。 裏返したカバーをもとに戻し、大きな草やごみをさっと取り除いた後はまとめて手洗いを数回程度繰り返し、水をきって干した状態です。上の写真はスリムタイプ。何も問題もありません。こちらはスリムタイプではないほうのカバーです。イスに取り付けて使いましたが、人間1人ぶんの体重が掛かった状態で、地面との摩擦も加わります。今回はチェアは2脚使ったので、チェア用のイス脚カバーは計8個使いました。結果、1個だけ穴があいていましたが、他は問題ありませんでした。破れていたのは椅子に履かせたうちの1つです。椅子の場合にはかなりの体重が不規則にかかるため破れたのでしょう。 さっと縫い合わせて再度使う・予備用に余分に買っておくなどで対応できます。使用するチェアやテーブルの脚先の構造や設営場所の地面のコンディションによっては(雨が上がった後など)、撤収時には脚先がかなり汚れていることがあります。 しかし、こうしたイス脚カバーを使うことで撤収時は脚先を拭き掃除することがなくなるため、特に通常であれば泥が足先に詰まってしまうような場所でチェアの数が多い場合などに、撤収時間をそのぶん短縮することができます。 チェアによっては、脚先に複雑な溝が設けられていることが多いので、こうしたカバーは有効に利用できるはずです。100円ショップで気軽に購入できるものなので、買い物の際にでも見かけたら買って試してみてはいかがでしょうか。 通販であればカバー1個あたりの単価をさらに下げることもできるので、100円ショップ品で試してみて気に入ったら、通販でまとめ買いというのも良いでしょう。JTNDaDIlMjBjbGFzcyUzRCUyMndwYl9oZWFkaW5nJTIwd3BiX3NpbmdsZWltYWdlX2hlYWRpbmclMjIlM0UlRTMlODIlQTQlRTMlODIlQjklRTglODQlOUElRTMlODIlQUIlRTMlODMlOTAlRTMlODMlQkMlRTMlODElQTglRTklOTYlQTIlRTklODAlQTMlRTUlOTUlODYlRTUlOTMlODElRTMlODIlOTJhbWF6b24lRTMlODElQTclRTglQTYlOEIlRTMlODIlOEIlRUYlQkMlODElM0MlMkZoMiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkpLZHYyMyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjYxb1BxS3JELW9MLl9BQ19VUzIwMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJKS2R2MjMlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFMyU4MSVCRSVFMyU4MSVBOCVFMyU4MiU4MSVFOCVCMiVCNyVFMyU4MSU4NCVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSU4RCVFMyU4MiU4QiVFMyU4MiVBNCVFMyU4MiVCOSVFOCU4NCU5QSVFMyU4MiVBQiVFMyU4MyU5MCVFMyU4MyVCQyUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMjAlMjAlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwMTYlRTMlODAlOUMyMCVFNSU4MCU4QiVFNSU4NSVBNSVFMyU4MiU4QSVFMyU4MiU5MiVFMyU4MSVCRSVFMyU4MSVBOCVFMyU4MiU4MSVFOCVCMiVCNyVFMyU4MSU4NCVFMyU4MSU5OSVFMyU4MiU4QiVFMyU4MSVBOCVFMyU4MCU4MTEwMCVFNSU4NiU4NiVFMyU4MiVCNyVFMyU4MyVBNyVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU5NyVFMyU4MiU4OCVFMyU4MiU4QSVFMyU4MiU4MiVFMyU4MiVBQSVFMyU4MyU4OCVFMyU4MiVBRiVFRiVCQyU4MSVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYm9va2xpbmstZm9vdGVyJTIyJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYySXAwSWtUJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNTFJSDFGc041eUwuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMklwMElrVCUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUUzJTgyJUEyJUUzJTgyJUE2JUUzJTgzJTg4JUUzJTgzJTg5JUUzJTgyJUEyJUU3JTk0JUE4JUUzJTgxJUFFJUUzJTgzJTgxJUUzJTgyJUE3JUUzJTgyJUEyJUU1JTkwJTg0JUU3JUE4JUFFJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTklODclOEUlRTUlQTQlOTYlRTMlODElQTclRTUlQkYlQUIlRTklODElQTklRTMlODElQUIlRTklODElOEUlRTMlODElOTQlRTMlODElOTklRTMlODElQUIlRTMlODElQUYlRTMlODAlODElRTUlQkElQTclRTMlODIlOEElRTUlQkYlODMlRTUlOUMlQjAlRTMlODElQUUlRTglODklQUYlRTMlODElODQlRTMlODMlODElRTMlODIlQTclRTMlODIlQTIlRTYlQUMlQTElRTclQUMlQUMlRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJvb2tsaW5rLWZvb3RlciUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMnVPRENsSSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjQxT3p3TUJCSnNMLl9BQ19VUzIwMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJ1T0RDbEklMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFMyU4MiVBMiVFMyU4MiVBNiVFMyU4MyU4OCVFMyU4MyU4OSVFMyU4MiVBMiVFNyU5NCVBOCVFMyU4MSVBRSVFMyU4MyU4NiVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU5NiVFMyU4MyVBQiVFNSU5MCU4NCVFNyVBOCVBRSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUUzJTgyJUFEJUUzJTgzJUEzJUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJTk3JUUzJTgxJUE3JUUzJTgxJUFFJUU5JUEzJTlGJUU0JUJBJThCJUUzJTgxJUFCJUU1JUJGJTg1JUU5JUEwJTg4JUUzJTgwJTgyJUUzJTgyJUIzJUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJTkxJUUzJTgyJUFGJUUzJTgzJTg4JUUzJTgxJUFBJUUzJTgyJTgyJUUzJTgxJUFFJUUzJTgxJThCJUUzJTgyJTg5JUU1JUE0JUE3JUU1JTlFJThCJUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJUE3JUUzJTgwJTgxJUU1JTg4JUE5JUU3JTk0JUE4JUU0JUJBJUJBJUU2JTk1JUIwJUUzJTgxJUE3JUU5JTgxJUI4JUUzJTgxJUIzJUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJTk3JUUzJTgyJTg3JUUzJTgxJTg2JUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJib29rbGluay1mb290ZXIlMjIlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEE=

【更新】混雑する休日のデイキャンプを快適にする秘訣!

近年は休日にキャンプやバーベキューを楽しむ人たちが増え、無料で利用できるキャンプ場やバーベキューサイト(フリーサイト)は特に人気のスポットとなっています。それを裏付けるように、2014年に公益財団法人・日本生産性本部が公開した「レジャー白書2014」によれば2013年のバーベキュー人口は2110万人となっており、日本人のおよそ6人に1人がバーベキューを楽しんでいることになります。 バーベキュー体験を入り口にして、キャンプを始める人たちも多いようです。オートキャンプに関しては統計が出ており、一般社団法人日本オートキャンプ協会が2016年に公開した「オートキャンプ白書2016の目次と主な内容」によれば、2015年のオートキャンプ人口は800万人台。グランピングなどの豪華系キャンプも一部では専用施設もでき人気を伸ばし始めているようです。『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。併せて単独で楽しむソロキャンプや日帰りのデイキャンプ・ファミリーキャンプなどキャンプを楽しむ人たちが増え、便利なグッズも充実。SNSではキャンプ写真が数多く投稿され動画サイトでは人気キャンパーの動画が再生数を伸ばしており、皆さん様々なスタイルで思い思いのキャンプやバーベキューライフを楽しんでいるようです。休日のフリーサイトなどは、上記の写真の通り多くの愛好者で賑わいます。 もっとも、キャンプ人口そのもので見た場合はピークだった1990年代半ばに比べればだいぶ少なくなりました。オートキャンプで見た場合は最盛期のおよそ50%程度。2005〜2006年あたりからは減少が止まり緩やかな増加に反転しているようですが、ネットにおけるキャンプやバーベキュー系コンテンツの増加にも要因があると言えるでしょう。これまでの大震災においても、キャンプグッズを活用して被災生活を乗り切った方の話しも枚挙に暇(いとま)がありません。キャンプ人気は愛好家にとっては嬉しい現象ではありますが、悩みのタネは「混雑」。連休ともなれば、人気スポットの混雑ぶりは相当なものです。こうなると駐車場の確保が難しくなって駐車可能場所以外に無理やり停める利用者が出てきたり、設営場所の確保はもとより、場所を確保できてもお隣のグループとの距離が近すぎて焚き火やバーベキューコンロからの煙が原因でトラブルになったりすることも。 こういった混雑やトラブルを回避するための最適解は平日を使うことではありますが、平日はなかなかお休みが取れない方々が大半でしょう。では、休日のデイキャンプやバーベキューを出来る限り快適に楽しむためのポイントはどこになるでしょうか?秘訣といっても難しいことはありません。ポイントはたったの3つ。 ① 可能な限りの早朝スタート ② 混み合うランチタイム前には撤収 ③ 持参する道具類はなるべくコンパクトに 要は混雑が想定される日に行く場合は、ある程度割り切ったスタイルにするということです。上記写真は、編集部スタッフが実際にGW中にそのスタイルを実践した際の設営場所です。このときはバーナー類の使用も割り切って「利用可能ではあるが火気厳禁の場所」を敢えてチョイスし、食事はお弁当スタイルにしてみたところ、混雑するフリーサイトにも関わらずこの場所では周囲に他の利用者がほぼ居ないという状況を作り出すことまでできました。もっとも重要なポイントはコレです。特に宿泊利用NGなフリーサイトでは有効なことが多いようです。朝の開場時間が決まっている場合はその少し前くらいに到着するように、特に開場時間が決まっていない場所なら、日の出とともに行動開始です。準備は前夜までに済ませておきましょう。 多くの利用者の傾向としては、休日の朝9〜10時あたりに現地入りして設営と諸々の準備をおこない、バーベキューでランチを楽しむパターン。バーベキュー業者のサービスを利用する場合も、午前の部はおおむね9時台スタートが多いようですので敢えてその時間帯を外します。かと言って遅い時間では効果が無いので、早朝スタートで朝食としてのバーベキューやキャンプ料理を楽しむスタイルに切り替えてみましょう。朝7時台に設営を完了できればベスト(可能であればもっと早いといいですね)。ゆったりと朝食の準備に入ります。 早朝であれば駐車場も余裕があるので、お目当ての場所に近いところに駐車できるでしょう。もちろん設営場所も選ぶことができます。スタートが遅れてしまうと駐車場の確保にも時間がかかり、なおかつ設営場所も選ぶことができません。少しでもスペースがあるところに設営したとして、お隣さんとの距離も近いため快適性は下がってしまいます。各地のフリーサイトが混み合うGWでも日の出とともに早朝スタートしてしまえば、このように快適な環境を楽しむことができます(こちらは利用可能ながらも火気のみ使用禁止のエリア)。前夜のお酒はほどほどにしておくのも吉。朝9時あたりまでに朝食を完了できれば、その後はマッタリとフリータイム。コーヒーミルを使って挽きたてのコーヒーを淹れてみたり、混雑前のサイト内を散策するなど早朝スタートのメリットを満喫しましょう。 混雑日のランチタイム前に撤収する場合は、焚き火や炭火の利用は割り切って控えてしまうのも手です。残り火の始末も不要になり、ゴミもその分減らすことができます。 また周囲の混み具合を見ながら、片付けられる道具類はボチボチと片付けてしまいます。午前10時あたりを回る頃には駐車場はほぼ満車、サイト内もあちこちで本格的に設営が始まり混雑開始です。こちらは、いつでも撤収できるように準備しておきます。関東某所のフリーサイト、混雑が想定される連休の朝7時ごろの様子です。まだ人が少ないのがお判りいただけるでしょうか。ちなみにテントは編集部スタッフ所有の「COLEMAN アテナ スクリーン2ルーム」。2ルームの割には一人でも比較的短時間で設営可能な構造です。撤収しやすいようにインナーテントは使用せず、タープ代わりに使ってみました。別の記事 『天気の良い休日は「プチキャンプ」に行こう!』 でもご紹介したスタイルに近いのですが、混雑する日はとにかく荷物や使用する道具類を割り切ってしまうと諸々ラクです。 連休などの場合は、せっかくの休みなので張り切って大型のバーベキューコンロや焚き火台とダッチオーブンなどを使って、豪快にアウトドア料理を楽しみたくなるものですが、このあたりは好みによるバランスです。編集部では、大型の道具を使う場合は通常の土日の早朝や平日を中心にしています。 連休などではシングルバーナーを中心としたコンパクトな調理器具を使うスタイル。そういう点では、以前のレビュー記事としてご紹介している「trangia ストームクッカー」などは大き過ぎず小さ過ぎず、バランスの良いサイズの調理器具としてオススメできます。 持参する道具類をコンパクトにすると設営も撤収もラクでゴミも最小限で済みます。また、万が一の混雑時に少し場所を移動しようとなった場合でも格段に対応しやすくなります。デイキャンプやバーベキュー時に重要なものは「日陰の確保」です。フリーサイトなどでは、木陰などから場所が埋まっていきます。タープやテントがあると便利ですが、春〜秋までの時期にコンパクトなデイキャンプを楽しむなら、食事などに使うリビングとしてはテントよりもタープがオススメです(もちろん併せてテントもあれば、荷物置き場や子供の居場所としてなお良いでしょう)。 木陰にタープを張れればベスト。手間なく設営できる「ワンタッチタープ」も便利ですが、しっかりと日陰を作るなら六角形のヘキサタープや四角形のスクウェアタープなどがオススメです。こちらはオーソドックスなヘキサタープとその張り方。写真は編集部スタッフ所有の「ノースイーグル・イーグルヘキサゴンタープⅡ」。お手頃価格ながらも4.4m x 4.4mサイズ・高さは2.3mあるので、家族4人程度までならこの下でゆったりと過ごすことができます。タープの場合、張り方を工夫することで様々な形状で日陰とプライベート空間を演出することができます。これは後方の高さを落として若干シェルター的なスタイルに。イーグルヘキサゴンタープⅡ付属のポールは4本継ぎですが、前方は4本のままにして出入りしやすい高さを確保。後方から。後ろはイーグルヘキサゴンタープⅡのポールを2本のみ使用しています。側方からの視線をしっかりと遮ることが可能で、居住性が上がります。キャンプやバーベキューとなるとついつい道具が大きく多くなりがちですが、混雑時にも快適に使えるオススメのグッズを独断と偏見でご紹介してみます。【コンパクトなテーブル・Helinoxのテーブルワン】 何はともあれ食事の際にはテーブルが必要です。「Helinoxのテーブルワン」は、便利さとコンパクトさのバランスに特筆すべき点があります。混雑時は火気厳禁の場所を敢えて選んでみるのもいいわけで、その際の食事はお弁当になります。レジャーシートに座るスタイルの場合でも、こうしたコンパクトなテーブルがあると雰囲気も違います。 (Helinoxのテーブルワンのご紹介は、こちらの記事にもありますのでぜひご覧ください) 【キャンプにピッタリ!ホットサンドメーカー】 バーベキューもいいですが、キャンプで作って食べる「ホットサンド」もお手軽・簡単で美味しいメニューの1つです。ご飯を炊く場合は吸水→炊飯→蒸らしと、意外と時間が掛かります。キャンプで作るパスタも定番ですが、慣れないうちは茹でる際に使う水の量が無駄に多すぎたりするもの。 その点、ホットサンドであれば食パンに好みの具材をなんでも挟んでシングルバーナーで焼くだけ。材料もキャンプ当日の朝にコンビニに立ち寄れば揃います。 写真は「ホットサンドメーカー ニュー・バウルー ダブル」。もちろん編集部スタッフ愛用品です。 (ITOITO-STYLEで写真を添えてご紹介するものは基本的に、実際に購入して使用したモノです!)【挽きたてのコーヒーを楽しむなら、手挽きコーヒーミル!】 焼きたてのホットサンドと共に楽しむなら、やはり挽きたてのコーヒー。今はアウトドアにぴったりの手挽きコーヒーミルが気軽に入手できます。写真のコーヒーミルは「E-PRANCE 手挽きコーヒーミル セラミック」。コーヒードリッパーは2種類、それぞれ「ユニフレーム コーヒーバネットcute」と「MUNIEQ(ミュニーク) Tetra Drip 02S」。ケトルはストームクッカーとも相性の良い「トランギア・ケトル 0.9L」。(左奥に見えるのはバウルーのホットサンドメーカーです) ドリッパーはそれぞれ小さく収納できるもので、特にMUNIEQのテトラドリップは薄い3枚のプレートを組み立てるだけ。ユニフレームのコーヒーバネットは、フラットな収納状態から広げると自動的にこの形に広がります。【コンパクトに焚き火を楽しむなら、ミニ焚き火台!】 午前中に撤収するデイキャンプとは言え、やっぱり焚き火の1つも楽しみたい。そんなあなたにオススメなのが小さなウッドストーブ類。小さいながらも焚き火を楽しむことができ、その上で調理も可能。燃料となる枯れ枝などは現地調達もできます(生木は煙がすごいことになるので、しっかり乾燥したものを使いましょう)。 写真は「VARGO(バーゴ) ヘキサゴンウッドストーブ」のチタンモデル。より安価なステンレスモデルもありますが、チタンモデルは使うほどに「チタン焼け」という紫掛かった美しい風合いが出てきます。ウッドストーブ類は多種ありますが、このVARGOのヘキサゴンウッドストーブはそのサイズと風防構造が秀逸で、焚き火だけでなく固形燃料やアルコールストーブの利用にも最適。愛用者の多いグッズです。いかがでしたでしょうか。混雑するのが当たり前になっている連休時などのデイキャンプも、ちょっと行動パターンを変えるだけでその快適さは一気に上がります。できる限りの早朝スタートで午前中に撤収してしまえば、満足感とともにその日の午後の時間をさらに有効に使えるというもの。 昔から「早起きは三文の徳」と言います。ここで言う「三文(さんもん)」とは昔の貨幣の一文銭3枚のことで、現代の金額にすれば数十円という微々たるものですが、早起きすればわずかでも得るものがあるという意味です。キャンプも同様にスタートが早ければ早いほど、快適さ・充実度・満足感の「3点の得」。 超人気の有名キャンプ場などではこの手が使えないこともありますが、近場のフリーサイトなどで気候がいい季節の休日キャンプは、発想の転換と早い行動でぜひ快適に楽しんでみてください。JTNDaDIlMjBjbGFzcyUzRCUyMndwYl9oZWFkaW5nJTIwd3BiX3NpbmdsZWltYWdlX2hlYWRpbmclMjIlM0UlRTUlQkYlQUIlRTklODElQTklRTMlODMlODclRTMlODIlQTQlRTMlODIlQUQlRTMlODMlQTMlRTMlODMlQjMlRTMlODMlOTclRTMlODElQUIlRTMlODIlQUElRTMlODIlQjklRTMlODIlQjklRTMlODMlQTElRTMlODElQUUlRTMlODIlQjAlRTMlODMlODMlRTMlODIlQkElRTMlODIlOTJhbWF6b24lRTMlODElQTclRTglQTYlOEIlRTMlODIlOEIlRUYlQkMlODElM0MlMkZoMiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMnZTTGxRZiUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjMxSi14T2JVbU5MLl9BQ19VUzIwMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJ2U0xsUWYlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFRiVCQyU5MiVFMyU4MyVBQiVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyVBMCVFMyU4MyU4NiVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU4OCVFNSU5MCU4NCVFNyVBOCVBRSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMjAlMjAlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUUzJTgzJUFBJUUzJTgzJTkzJUUzJTgzJUIzJUUzJTgyJUIwJUUzJTgxJUE4JUU1JUFGJTlEJUU1JUFFJUE0JUUzJTgxJUFFJUUzJTgwJThDJUVGJUJDJTkyJUUzJTgzJUFCJUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJUEwJUUzJTgwJThEJUUzJTgxJThDJUU0JUI4JTgwJUU0JUJEJTkzJUUzJTgxJUE4JUUzJTgxJUFBJUUzJTgxJUEzJUUzJTgxJTlGJUU1JUE0JUE3JUU1JTlFJThCJUUzJTgzJTg2JUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJTg4JUUzJTgwJTgyJUUzJTgzJTk1JUUzJTgyJUExJUUzJTgzJTlGJUUzJTgyJUFEJUUzJTgzJUEzJUUzJTgzJUIzJUUzJTgxJUFCJUUzJTgyJTgyJUU5JTk4JUIyJUU3JTgxJUJEJUU3JTk0JUE4JUUzJTgxJUFCJUUzJTgyJTgyJUVGJUJDJTgxJUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJib29rbGluay1mb290ZXIlMjIlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJqYjU2Y0MlMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGaW1hZ2VzLWZlLnNzbC1pbWFnZXMtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkYzMXJOcFFsekpYTC5fQUNfVVMyMDBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyamI1NmNDJTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTMlODIlQTIlRTMlODIlQTYlRTMlODMlODglRTMlODMlODklRTMlODIlQTIlRTclOTQlQTglRTMlODIlQkYlRTMlODMlQkMlRTMlODMlOTclRTUlOTAlODQlRTclQTglQUUlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTIwJTIwJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFNiU5NyVBNSVFNSVCOCVCMCVFMyU4MiU4QSVFMyU4MyU4NyVFMyU4MiVBNCVFMyU4MiVBRCVFMyU4MyVBMyVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU5NyVFMyU4MSVBQSVFMyU4MiU4OSVFMyU4MCU4MSVFMyU4MyU4NiVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU4OCVFMyU4MiU4OCVFMyU4MiU4QSVFMyU4MiU4MiVFNSU5QyVBNyVFNSU4MCU5MiVFNyU5QSU4NCVFMyU4MSVBQiVFMyU4MiVCRiVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU5NyVFMyU4MSU4QyVFNSVCRiVBQiVFOSU4MSVBOSVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSU5OSVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYm9va2xpbmstZm9vdGVyJTIyJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYycjVxcVZ5JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGNDFTeFZNdmZGa0wuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMnI1cXFWeSUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUUzJTgyJUEyJUUzJTgyJUE2JUUzJTgzJTg4JUUzJTgzJTg5JUUzJTgyJUEyJUU3JTk0JUE4JUUzJTgzJTg2JUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTk2JUUzJTgzJUFCJUU1JTkwJTg0JUU3JUE4JUFFJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTMlODMlODYlRTMlODMlQkMlRTMlODMlOTYlRTMlODMlQUIlRTMlODElQUYlRTQlQkElQkElRTYlOTUlQjAlRTMlODElQUIlRTUlOTAlODglRTMlODIlOEYlRTMlODElOUIlRTMlODElOUYlRTMlODIlQjMlRTMlODMlQjMlRTMlODMlOTElRTMlODIlQUYlRTMlODMlODglRTMlODElQTclRTglQkIlQkQlRTklODclOEYlRTMlODElQUElRTMlODIlODIlRTMlODElQUUlRTMlODElOEMlRTglODklQUYlRTMlODElODQlRTMlODElQTclRTMlODElOTclRTMlODIlODclRTMlODElODYlRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJvb2tsaW5rLWZvb3RlciUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMktraGRSNyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjUxenIyZVM0MFRMLl9BQ19VUzIwMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJLa2hkUjclMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFMyU4MiVBMiVFMyU4MiVBNiVFMyU4MyU4OCVFMyU4MyU4OSVFMyU4MiVBMiVFNyU5NCVBOCVFMyU4MyU4MSVFMyU4MiVBNyVFMyU4MiVBMiVFNSU5MCU4NCVFNyVBOCVBRSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMjAlMjAlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUUzJTgzJTgxJUUzJTgyJUE3JUUzJTgyJUEyJUUzJTgyJTgyJUUzJTgzJTk0JUUzJTgzJUIzJUUzJTgxJThEJUUzJTgyJThBJUUzJTgwJTgyJUU4JTgzJThDJUUzJTgyJTgyJUUzJTgxJTlGJUUzJTgyJThDJUU0JUJCJTk4JUUzJTgxJThEJUUzJTgxJUFFJUU4JUJCJUJEJUU5JTg3JThGJUUzJTgxJUFBJUUzJTgyJTgyJUUzJTgxJUFFJUUzJTgxJThDJUUzJTgyJUFBJUUzJTgyJUI5JUUzJTgyJUI5JUUzJTgzJUExJUUzJTgxJUE3JUUzJTgxJTk5JUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJib29rbGluay1mb290ZXIlMjIlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJwTDhMUnclMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGaW1hZ2VzLWZlLnNzbC1pbWFnZXMtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkY1MUJFUUhjTDg1TC5fQUNfVVMyMDBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYycEw4TFJ3JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTMlODIlQTYlRTMlODMlODMlRTMlODMlODklRTMlODIlQjklRTMlODMlODglRTMlODMlQkMlRTMlODMlOTYlRTUlOTAlODQlRTclQTglQUUlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFNSVCMCU4RiVFNSU5RSU4QiVFMyU4MSVBNyVFNiU5RSVBRiVFMyU4MiU4QyVFNiU5QyVBOCVFMyU4MSVBQSVFMyU4MSVBOSVFMyU4MSVBRSVFNyU4NyU4MyVFNiU5NiU5OSVFMyU4MiU5MiVFNyU4RiVCRSVFNSU5QyVCMCVFOCVBQSVCRiVFOSU4MSU5NCVFMyU4MSU5NyVFMyU4MSVBNiVFOCVBQSVCRiVFNyU5MCU4NiVFMyU4MSVBQiVFNCVCRCVCRiVFMyU4MSU4OCVFMyU4MiU4QiVFMyU4MiVCMyVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyVBRCVFRiVCQyU4NiVFMyU4MyU5RiVFMyU4MyU4QiVFNyU4NCU5QSVFMyU4MSU4RCVFNyU4MSVBQiVFNSU4RiVCMCVFRiVCQyU4MSVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYm9va2xpbmstZm9vdGVyJTIyJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1ib3glMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWltYWdlJTIyJTNFJTBBJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyamYxY3p3JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NpbWclMjBzcmMlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmltYWdlcy1mZS5zc2wtaW1hZ2VzLWFtYXpvbi5jb20lMkZpbWFnZXMlMkZJJTJGMzFycGUyT2FGZkwuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMmpmMWN6dyUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUUzJTgyJUEyJUUzJTgyJUE2JUUzJTgzJTg4JUUzJTgzJTg5JUUzJTgyJUEyJUU3JTk0JUE4JUUzJTgxJUFFJUUzJTgyJUFGJUUzJTgzJTgzJUUzJTgyJUFCJUUzJTgzJUJDJUUzJTgyJUJCJUUzJTgzJTgzJUUzJTgzJTg4JTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTklODclOEUlRTUlQTQlOTYlRTglQUElQkYlRTclOTAlODYlRTMlODElQUIlRTUlQkYlODUlRTklQTAlODglRTMlODElQUUlRTMlODIlQUYlRTMlODMlODMlRTMlODIlQUIlRTMlODMlQkMlRUYlQkMlODglRTUlQjAlOEYlRTUlOUUlOEIlRTMlODElQUElRTMlODElQjklRUYlQkMlODklRTMlODAlODIlRTYlQjAlOTclRTMlODElQUIlRTUlODUlQTUlRTMlODElQTMlRTMlODElOUYlRTMlODIlODIlRTMlODElQUUlRTMlODIlOTIlRTUlOEQlOTglRTUlOTMlODElRTMlODElQTclRTYlOEYlODMlRTMlODElODglRTMlODIlOEIlRTMlODIlODIlRTMlODIlODglRTMlODElOTclRTMlODAlODElRTMlODIlQkIlRTMlODMlODMlRTMlODMlODglRTMlODElQTclRTclOTQlQTglRTYlODQlOEYlRTMlODElOTklRTMlODIlOEIlRTMlODIlODIlRTMlODIlODglRTMlODElOTclRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJvb2tsaW5rLWZvb3RlciUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMklhcGFYbCUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjQxQnBtZ0RFMCUyQkwuX0FDX1VTMjAwXy5qcGclMjIlMjAlMkYlM0UlMEElM0MlMkZhJTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbmZvJTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay10aXRsZSUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMklhcGFYbCUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJUUzJTgyJUI3JUUzJTgzJUIzJUUzJTgyJUIwJUUzJTgzJUFCJUUzJTgzJTkwJUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJThBJUUzJTgzJUJDJUU1JTkwJTg0JUU3JUE4JUFFJTNDJTJGYSUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstZGVzY3JpcHRpb24lMjIlM0UlRTMlODAlOTAlRTMlODElQTclRTMlODElOEQlRTMlODIlOEIlRTMlODElQTAlRTMlODElOTElRTMlODMlQUMlRTMlODMlOTMlRTMlODMlQTUlRTMlODMlQkMlRTglQTklOTUlRTQlQkUlQTElRTMlODElQUUlRTklQUIlOTglRTMlODElODQlRTMlODIlODIlRTMlODElQUUlRTMlODIlOTIlRTklODElQjglRTMlODElQjMlRTMlODElQkUlRTMlODElOTclRTMlODIlODclRTMlODElODYlRTMlODAlOTElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJvb2tsaW5rLWZvb3RlciUyMiUzRSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstYm94JTIyJTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1pbWFnZSUyMiUzRSUwQSUzQ2ElMjBocmVmJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZhbXpuLnRvJTJGMkh4b1g0biUyMiUyMHJlbCUzRCUyMm5vZm9sbG93JTIyJTIwdGFyZ2V0JTNEJTIyX2JsYW5rJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDaW1nJTIwc3JjJTNEJTIyaHR0cHMlM0ElMkYlMkZpbWFnZXMtZmUuc3NsLWltYWdlcy1hbWF6b24uY29tJTJGaW1hZ2VzJTJGSSUyRjMxU3NlQXhMaVVMLl9BQ19VUzIwMF8uanBnJTIyJTIwJTJGJTNFJTBBJTNDJTJGYSUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW5mbyUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstdGl0bGUlMjIlM0UlMEElMjAlMjAlM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJIeG9YNG4lMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSVFMyU4MiVBMiVFMyU4MiVBNiVFMyU4MyU4OCVFMyU4MyU4OSVFMyU4MiVBMiVFMyU4MSVBNyVFMyU4MiU4MiVFNCVCRCVCRiVFMyU4MSU4OCVFMyU4MiU4QiVFMyU4MyU5QiVFMyU4MyU4MyVFMyU4MyU4OCVFMyU4MiVCNSVFMyU4MyVCMyVFMyU4MyU4OSVFMyU4MyVBMSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiVBQiVFMyU4MyVCQyVFNSU5MCU4NCVFNyVBOCVBRSUzQyUyRmElM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMjAlMjAlM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWRlc2NyaXB0aW9uJTIyJTNFJUUzJTgwJTkwJUU5JTg3JThFJUU1JUE0JTk2JUUzJTgxJUE3JUU0JUJEJTlDJUUzJTgxJUEzJUUzJTgxJUE2JUU5JUEzJTlGJUUzJTgxJUI5JUUzJTgyJThCJUUzJTgzJTlCJUUzJTgzJTgzJUUzJTgzJTg4JUUzJTgyJUI1JUUzJTgzJUIzJUUzJTgzJTg5JUUzJTgxJUFGJUU2JUEwJUJDJUU1JTg4JUE1JUUzJTgwJTgyJUUzJTgzJTk5JUUzJTgyJUI5JUUzJTgzJTg4JUUzJTgyJUJCJUUzJTgzJUE5JUUzJTgzJUJDJUUzJTgyJTg0JUU5JUFCJTk4JUU4JUE5JTk1JUU0JUJFJUExJUU1JTkzJTgxJUUzJTgyJTkyJUU5JTgxJUI4JUUzJTgxJUIzJUUzJTgxJUJFJUUzJTgxJTk3JUUzJTgyJTg3JUUzJTgxJTg2JUUzJTgwJTkxJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJib29rbGluay1mb290ZXIlMjIlM0UlM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWJveCUyMiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYmFieWxpbmstaW1hZ2UlMjIlM0UlMEElM0NhJTIwaHJlZiUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGYW16bi50byUyRjJLbDIxNjklMjIlMjByZWwlM0QlMjJub2ZvbGxvdyUyMiUyMHRhcmdldCUzRCUyMl9ibGFuayUyMiUzRSUwQSUyMCUyMCUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHBzJTNBJTJGJTJGaW1hZ2VzLWZlLnNzbC1pbWFnZXMtYW1hem9uLmNvbSUyRmltYWdlcyUyRkklMkYzMUlpTmxOM1BGTC5fQUNfVVMxNjBfLmpwZyUyMiUyMCUyRiUzRSUwQSUzQyUyRmElM0UlMEElM0MlMkZkaXYlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLWluZm8lMjIlM0UlMEElM0NkaXYlMjBjbGFzcyUzRCUyMmJhYnlsaW5rLXRpdGxlJTIyJTNFJTBBJTIwJTIwJTNDYSUyMGhyZWYlM0QlMjJodHRwcyUzQSUyRiUyRmFtem4udG8lMkYyS2wyMTY5JTIyJTIwcmVsJTNEJTIybm9mb2xsb3clMjIlMjB0YXJnZXQlM0QlMjJfYmxhbmslMjIlM0UlRTMlODIlQTIlRTMlODIlQTYlRTMlODMlODglRTMlODMlODklRTMlODIlQTIlRTclOTQlQTglRTYlODklOEIlRTYlOEMlQkQlRTMlODElOEQlRTMlODIlQjMlRTMlODMlQkMlRTMlODMlOTIlRTMlODMlQkMlRTMlODMlOUYlRTMlODMlQUIlRTUlOTAlODQlRTclQTglQUUlM0MlMkZhJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTIwJTIwJTNDZGl2JTIwY2xhc3MlM0QlMjJiYWJ5bGluay1kZXNjcmlwdGlvbiUyMiUzRSVFMyU4MCU5MCVFMyU4MiVBMiVFMyU4MiVBNiVFMyU4MyU4OCVFMyU4MyU4OSVFMyU4MiVBMiVFMyU4MSVBNyVFMyU4MSVBRSVFOSVBMyU5RiVFNSVCRSU4QyVFMyU4MSVBQiVFMyU4MSVBRiVFMyU4MCU4MSVFMyU4MiVCMyVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU5MiVFMyU4MyVCQyVFOCVCMSU4NiVFMyU4MiU5MiVFNiU4OSU4QiVFNiU4QyVCRCVFMyU4MSU4RCVFMyU4MSU5NyVFMyU4MSVBNiVFNiVCNyVCOSVFMyU4MiU4QyVFMyU4MiU4QiVFNyVCRSU4RSVFNSU5MSVCMyVFMyU4MSU5NyVFMyU4MSU4NCVFMyU4MiVCMyVFMyU4MyVCQyVFMyU4MyU5MiVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiU5MiVFMyU4MCU5MSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQyUyRmRpdiUzRSUwQSUzQ2RpdiUyMGNsYXNzJTNEJTIyYm9va2xpbmstZm9vdGVyJTIyJTNFJTNDJTJGZGl2JTNFJTBBJTNDJTJGZGl2JTNFJTBB

九州を中心に活発化する火山活動は、南海トラフ巨大地震へ連鎖するのか!?

2011年に発生した東日本大震災以降、熊本地震や鳥取県中部地震といった大規模地震が発生し、また本州では御嶽山や本白根山・九州でも新燃岳が爆発的噴火を起こしました。 そして諏訪之瀬島でも爆発や噴火が発生、薩摩硫黄島では火山性地震が増加するなど、特に九州地方での火山活動が活発化しています。 2018年初には大きな被害を出した「台湾花蓮地震」も発生、同年3月初旬には沖縄の西表島付近で群発地震を想起させるような連続した地震も起きました。 また薩摩半島から約50km南にある「鬼界カルデラ」においては、海底からの高さが600メートルにもなる世界最大級の「溶岩ドーム」が存在し、熱水を吹き出すなど活発に活動していることが判明したのも2018年です。『備災FUN!』では、次の震災・災害に備える「備災」をテーマに、被災時にも大活躍のアウトドアグッズを日常で活用して「楽しみながら備える」情報をメインに発信しています。近年の日本全体に目を向けると、噴火を含め活発化する火山や連続性のある各地での地震が気になります。 【活動の活発化が見られる火山】 ・阿蘇山で孤立性微動が2017年3月初旬から激増 ・山形の蔵王山で火山性の地震が発生 ・秋田駒ケ岳で火山性の地震が発生 ・箱根山で2015年から大涌谷を中心に火山性地震増加(2018年初旬においては沈静化) 【2001年以降に噴火および爆発した火山】 ・新燃岳 ・硫黄山 ・本白根山 ・諏訪之瀬島 ・口永良部島 ・御嶽山 ・桜島 2018年時点で、日本国内で活火山と認定されている山の数は111。それにしても、近年の短期間における活動の活発化はかなりのものだという印象を持たざるを得ません。連続した地震に関しては上図で示したように、特に2018年3月には沖縄の西表島付近で、翌2018年4月には島根県西部で、極めて短期間に信じられない回数の地震が発生しています。 【連続性のある地震】 ・西表島付近 ・島根県西部 ・宮城県沖 ・茨城県沖 ・福島県沖 ・熊本県熊本地方 ・茨城県北部 ・和歌山県北部 2018年4月に島根県西部で1日の間に27回も発生した地震に関しては、図に起こしてみました。この島根県西部の連続地震については、こちらで簡単にまとめてありますので、併せてご覧ください。 関連記事:『【2分で読める】島根県西部の連続地震を断層と過去の地震歴で見る』 そして、なにより心配されることは以前より科学的に発生が想定されている、いくつかの巨大地震です。 トップ3は、皆さんもご存知のこちらです。 ・南海トラフ巨大地震 ・首都直下型地震 ・北海道沖(根室沖)巨大地震 しかしこれだけではありません。あまり報じられないが故に、忘れられがちな巨大地震の恐れのある地域があります。 それは『日本海沿岸』と『沖縄』です。2014年に政府の有識者会議は、日本海を震源とする大規模地震について初の調査報告書を公表しました。 それによれば、北海道〜九州北部の沖合にある60断層を震源として最大マグニチュード7.9の巨大地震が発生する可能性があります。 想定される津波被害は16道府県の沿岸に及び、津波の高さは崖地で最大23.4メートル(北海道せたな町)、人家のある平地部でも最大12.4メートル(同奥尻町)に達すると想定されています。 また、日本海側の60断層の動きから想定される地震規模はM6.8~7.9で、M7.9は北海道北部の断層と、青森・秋田県の沖合の断層とされています。実際にこの大きさの地震が起きた場合、人的被害や経済的損失は相当なものになります。 過去に日本海で起きた大地震で大きな被害を出したものとしては次の2つが挙げられます。 1983年:日本海中部地震(M7.7):秋田県などで死者104人 1993年:北海道南西沖地震(M7.7):奥尻島を中心に死者・行方不明者230人 ◆参考情報(日経新聞):『日本海の大地震、津波最大23メートル 政府が初想定』そして、「沖縄トラフ」の動きに起因する、九州西方〜沖縄〜台湾北方までの一帯に、巨大地震が発生する可能性も指摘されています。 沖縄本島と周辺諸島は、大陸を構成するユーラシアプレートに対して南方から移動してくるフィリピン海プレートが潜り込む、ちょうど境界付近(境界の少々北側)に位置しています。 そして沖縄の北側には「沖縄トラフ(長さ約1,000km、幅約200km)」が存在し、北端(東端)は別府-島原地溝帯、南端(西端)は台湾島に連続する構造になっています。 2018に起きた台湾花蓮地震の原因は、フィリピン海プレートの動きと沖縄トラフの動きの影響とも考えられます。(1)フィリピン海プレート内で発生する浅い地震 南北大東島周辺の地震活動。 過去約100年間に発生した最大の地震は、1998年に石垣島南方沖で発生したM7.6の地震。 (2)フィリピン海プレートとユーラシアプレートの境界で発生する地震 琉球海溝付近で発生する地震。 過去約100年間に発生した最大の地震は、1901年に奄美大島近海で発生したM7.5、1911年に奄美大島近海で発生したM8.0の地震。 (3)ユーラシアプレート内で発生する地震 南西諸島から沖縄トラフにかけて発生する地震。 過去約100年間に発生した最大の地震は、1938年には宮古島の北の沖合の沖縄トラフで発生したM7.2の地震。 (4)沈み込んだフィリピン海プレート内で発生する地震 南西諸島から沖縄トラフの直下で発生する地震。 過去約100年間に発生した最大の地震は、1960年に与那国島北方沖で発生したM7.8の地震。 沖縄周辺で発生した地震に関しては、Wikipediaの「南西諸島近海地震」に関する情報が詳細です。 画像出典:Wikipedia こうして見ると、比較的近い過去に沖縄周辺でも大地震が発生していることがわかります。 沖縄県内では活断層が少なくとも約90カ所に存在することが判明しており、今後発生が懸念される大地震はプレート型であると予想されています。 ◆参考情報(琉球新報):『沖縄でも大地震の恐れ 活断層、プレート要因 危機感の薄さに専門家警鐘』近年、素人目にも異常と感じるほど、日本各地で火山活動が活発化し、震源の浅い地震が増えています。2018年には国内でもいくつもの火山が噴火に至り、群発地震とも思えるような連続した地震も発生、本記事執筆中もそれらの活動が収まる気配はありません。 2018年の春は特に、 3月頭:沖縄の西表島付近で群発的な地震が発生 4/09:山陰地方の島根で最大震度5強の連続地震 4/19:九州の硫黄山が噴火 4/22:本州では草津白根山で再び火山活動が活発化 4/22〜4/23:関東の新島・神津島近海で地震が相次ぐ 4/23:島根で震度3の地震が震源深さ10kmで発生 4/24:北海道の根室半島南東沖で最大震度4の地震 といった状況で、短期間に全国各地の地下で活動が活発化しています。 現在進行形で発生している日本列島の地殻における活動が今後、想定されている巨大地震などへ連鎖する可能性はどれだけあるのでしょうか?特に新燃岳の過去300年間の爆発的噴火の記録と、歴史的な大地震の発生時期を突き合わせてみると、(半ば強引かもしれませんが)何らかの関連性を感じられるものとなっていることは否定できません。 直近で見ても、新燃岳は東日本大震災の直前にも爆発的噴火を起こしているという事実があります。画像出典:NIED 自然災害情報室火山活動と地震が連動して発生するようなケースについては、次のような前後関係になります。 ① 先に震源断層が動いて大地震が起き、その影響で火山が噴火する場合 ② 先に火山が噴火あるいは噴火しそうになり、その影響で震源断層が大地震を起こす場合 出典:静岡大学小山研究室のホームページより 広く理解されているのは①のパターンですが②もあり得るという研究結果を考えれば、現在九州地方で活発化している火山活動が、次の巨大地震へとつながる可能性はあると考えていいでしょう。 沖縄・九州から北海道まで火山活動と地震活動が広い地域でよく起きるようになった最近、少々のことでは驚きもせず、この状況に感覚が慣れていくこと自体が少々怖いとも感じますが、南海トラフ巨大地震や首都直下地震、ひいては富士山の大噴火などはだいぶ以前から発生の可能性が言われていることでもあります。 「いつ起きるのか?」が気になるとそれにタイミングを合わせて備えればいい、という発想になってしまいます。しかし、現実は「いつ起きるのかは判らない」という状況です。そのギャップを埋める答えは「いまから備えておく」ということ。 次の大震災などが起き、命が無事で生活場所を確保できた時、備えの有無がその後の生活の再建や質を左右することになります。 相手が自然災害であり、科学的な見地からの高確度な予測が難しいとされる以上、私たちにできることは個々人レベルでも粛々と「その日」に備えておくことでしょう。備えた上で、この先も大災害が発生しなければそれで良いと思います。備えずに後悔するより備えて納得する、という発想でいいのだと思います。 しかし、そこでは新たな問題が発生します。 「備蓄品などを持ったまま、避難所に入ることは可能なのか」 備えていた人たちと備えていなかった人たちが、避難所の同じ空間内で生活をおこなうことの難しさが現実問題として発生します。このあたりのことについては、また別途記事にしたいと思います。